今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

良識的投資戦略の鍵は配当だ

2009-12-30 11:00:00 | Telegraph (UK)
やったー!
ボロモウケ!!
絶好調!!!

それでは、また来年。
皆様どうぞ良いお年を。


Dividends are the key to a sensible investment strategy
(良識的投資戦略の鍵は配当だ)
By Garry White
Telegraph:26 Dec 2009
As we entered 2009, no one would have predicted the strong rally in the FTSE 100, which is now up 22pc as we approach the end of the year.

2009年に突入した頃、誰もFTSE100がこれほど力強く値上がりするとは予測していなかったが、年末を目前にした今は22%もの上昇を遂げている。


テレグラフ紙に毎週月曜日寄稿しているクエスター社の記事です。
なんとなく思うところあって2009年最後の覚書にしました。


In fact, sentiment was so grim that the FTSE 100 fell by almost a quarter over the first three months of 2009.

実は、あまりの悲惨なセンチメントにより、FTSE100は2009年度第1四半期に4分の1近く下落した。

Questor has therefore been particularly defensive over the last year and focused on yield plays, recovery shares and defensives. This strategy has proved sound, with some real successes, although there have been one or two less than perfect calls along the way.

従って、クエスターは過去一年間、特に防御を厚くして、金利プレー、反騰銘柄、ディフェンシブ銘柄に集中した。
1-2件の失敗はあったものの、この戦略は正しいものであることが証明され、本物の成功もあった。

A dividend strategy should be the cornerstone of any sensible investor's portfolio. Various studies have suggested that more than 70pc of the long-term return in a portfolio is generated by reinvested dividend payments. In the UK we have some of the highest-yielding shares in the world ? and UK investors should continue to exploit this.

配当戦略は、全ての良識的投資家のポートフォリオの基盤であるべきだ。
ポートフォリオにおける長期的リターンの70%以上は、配当の再投資によって生み出されることが様々な研究によって示されている。
我々は英国で世界有数の高配当銘柄を保有しており、英国の投資家はこれを利用し続けるべきだ。

Yield plays over the last 12 months include National Grid, Northern Foods, Imperial Tobacco and Primary Health Properties. All of these shares remain buys as we enter 2010.

過去12ヶ月間に金利プレーを行った銘柄には、ナショナル・グリッド、ノーザン・フーズ、インペリアル・タバコ、そしてプライマリー・ヘルス・プロパティーズが挙げられる。
2010年を迎えようとしている今でも、この全てが「バイ」銘柄だ。

The mining sector has proved lucrative as commodity prices jumped after being oversold last year. The falling dollar has boosted the price of basic materials significantly, as a falling dollar makes them attractive to investors in currencies other than the dollar. Vedanta (up 368pc), Centamin Egypt (up 191pc), Petropavlovsk (up 67pc) and Randgold Resources (up 38pc) have been notable success. A buy stance remains on Russian gold miner Petropavlovsk and Egyptian gold miner Centamin. However, Questor did tip South African ferrochrome producer International Ferro Metals at the wrong time and the shares have plunged by more than 50pc.

昨年は売られ過ぎた商品価格が高騰するなか、鉱業セクターも儲かる業界だということが証明されている。
ドルの値下がりで原材料の価格は著しく上昇したが、これはドル安によって原材料がドル以外の通貨建では投資家にとって魅力的になるからだ。
ヴェダンタ(+368%)、センタミン・エジプト(+191%)、ペトロパヴロフスク(+67%)、ランドゴールド・リソーシズ(+38%)は大成功の銘柄である。
ロシアの金鉱山会社、ペトロパヴロフスクとエジプトの金鉱山会社、センタミンは引き続き「バイ」だ。
しかし、クエスターが南アフリカのフェロクロム会社、インターナショナル・フェロ・メタルズを間違ったタイミングで推薦してしまい、株価は50%以上下落したのは事実である。

Investments in the oil sector have also proved good investments, including Tullow Oil, Afren, BP and Dana Petroleum. The oil services sector has proved even more lucrative, with shares in Petrofac up 116pc and Cape shares up 226pc. The stance on Petrofac shares is hold and Cape shares remain a buy.

石油業界への投資も良い投資だと証明されており、これにはスロウ・オイル、アフレン、BP、ダーナ・ペトローリアムが挙げられる。
石油サービス業界は更に儲かる。
ペトロファクは116%、ケープは226%も値上がりした。
ペトロファクに関しては「ホールド」。
ケープは引き続き「バイ」だ。

It was not all a success, however. A bet on the direction of the oil price using an exchange-traded fund in the earlier part of 2009 proved disastrous ? and led to a 30pc loss. All these shares except for Tullow remain a buy.

しかし、全てが成功に終わったわけではない。
2009年初旬の、ETFによる石油価格への賭けは散々な結果に終わり、最終的には30%の損失となった。
スロウを除き、これらの銘柄は全て「バイ」だ。

Next year prospects look brighter than they did 12 months ago, but there is still scope for substantial upset. Dubai World's bond default is a recent example of the potholes that could be faced by investors next year ? and the chances of a double-dip recession are very real. Questor has said on a number of occasions that he would not start to become more positive on the outlook until global unemployment started to fall. There has been scant evidence of this so far.

来年の見通しは12ヶ月前よりも明るいようだが、それでも大混乱が発生する余地は残っている。
ドバイ・ワールドの債券デフォルトは、最近出現した、来年投資家が直面する可能性のある深い穴の一例だ。
また、二番底の可能性も現実のものである。
クエスターは、世界的に失業率が下落し始めるまで、より肯定的になり始めることはない、と何度も表明している。
これまでのところ、失業率下落の兆しは殆ど見られない。

One thing investors should bear in mind next year is that the FTSE 100 is not a reflection of the UK economy ? and that's why it should do quite well. About 30pc of the index's weighing is comprised of commodity-related plays such as mining and oil and gas groups. These shares will be influenced by changes in global GDP and prospects for the dollar. The FTSE 250 is by far a clearer reflection of what is going on in UK industry. If the UK economy starts to get back onto its feet, it should be positive for this index.

投資家が来年覚えておくべきは、FTSE100は英国経済の鏡ではないということだ。
また、だからこそ、かなり良い業績を上げるはずなのだ。
同指数の約30%は、鉱業や石油ガスのグループといった、商品関連プレーである。
これらの銘柄は、世界GDPの変化とドルの見通しに影響を受けるだろう。
FTSE250の方が、英国産業の行く末を遥かにくっきりと映し出している。
英国経済が回復し始めれば、FTSE250は好転するだろう。

One sector that should continue to perform is the outsourcing sector ? no matter which party wins the election in the first half of the year. In his pre-Budget report, Alistair Darling said: "We will sell those assets that can be managed better by the private sector." As governments all over the world strain to cut debt, this trend will be global and will be around for many years to come.

一つ業績を上げ続けると思われる業界がある。
それはアウトソーシングだ。
今年上半期に、労働党、保守党、どちらが総選挙で勝利しょうが関係ない。
来年度予算編成報告の中でアリスター・ダーリン財務相は「民間で管理可能な全ての資産を処分する」と述べた。
世界中の政府が債務削減の負担に苦しむ中、このトレンドは世界的なものとなり、今後何年にも亘って残り続けることだろう。

Over the past year Questor has recommended a number of outsourcing groups and still has buy ratings on Serco, Capita and VT Group.

過去一年間、クエスターは多くのアウトソーシング・グループを推薦してきた。
セルコ、キャピタ、VTグループの「バイ」は据え置く。

Questor will reveal his tips for 2010 in The Daily Telegraph on Monday, January 4.


コメント

株式市場、ピュア・バブル・テリトリー間近

2009-12-30 08:54:24 | Telegraph (UK)
Stock markets flirt with full bubble territory
(株式市場、ピュア・バブル・テリトリー間近)
Martin Hutchinson
Telegraph:29 Dec 2009
With the FTSE 100 back at levels last seen before the collapse of Lehman Brothers, Martin Hutchinson asks whether there is a bubble brewing in asset prices.

FTSE100がリーマン・ブラザーズ破綻前の水準に復活。これは資産バブル醸造中か?


Rapid increases in the prices of financial assets can be a healthy sign. Markets are doing their job when prices jump because of sudden economic strength or a disruption of supply. But when the causes are more monetary than real, a market bubble is forming. Are markets healthy or unhealthy now?

金融資産価格の急騰は健全な兆候、かもしれない。
突然の経済繁栄か供給の中断により価格が突然上昇する時、市場は自分のお仕事をしているのである。
だが、その原因がリアルというよりマネタリーな場合、生み出されつつあるのは市場バブルなのだ。
今の市場は健全なのか、はたまた不健全なのか?

Observers from the Bank of International Settlements to the Hong Kong central bank are asking the question. And quite right, too. The MSCI World stock price index is up 70pc since March and many commodity prices are rocketing. The Reuters-CRB Metals Index is up 74pc over the past year.

BISから香港中央銀行まで、あちこちのオブザーバーはその疑問を問いかけている。
また、それも当然なのである。
MSCI世界株価指数は3月以来最高70%上昇しており、多くの商品価格も急騰している。
ロイター/ジェフリーズCRB指数(金属)は、一年間で74%も上昇した。

Some portion of those increases is probably healthy. Prices were lowest when the financial and economic worlds were undergoing a near-death experience. Banking systems and the economy are not exactly up and running, but the trends are more positive.

上昇の中には、健全な上昇もあるのだ。
金融界と経済界は半死半生だった時、価格は最低だった。
銀行システムと経済は元気一杯というわけではない。
それでも、トレンドはより肯定的である。

Still, some markets seem to have moved past recovery into excess. The jump in commodities, probably the most "financialised" markets in the world, comes despite ample current inventories and limited recovery in demand.

だが、一部の市場は回復を超えて過剰になってしまった。
世界で恐らく最も「ファイナンシャライズ」された市場、商品相場の急騰は、在庫はたっぷり需要回復は限定的という状況にも拘らず起こっているのだ。

Global stock markets are in danger of hitting full bubble territory. Analysts expect global market earnings to increase by 30pc in 2010, and investors are already paying a fairly generous 14 times those expected earnings, according to Societe Generale calculations.

国際株式市場は、完全バブル領域に突入する危機にある。
アナリストは世界市場の収益は2010年に30%増加するだろうと予測している。
そして、ソシエテ・ジェネラルの計算によれば、投資家は既にかなり寛容な14倍という金額を払っている。

The case for a bubble is supported by day-to-day market behaviour -- prices often fall on good economic news. Investors seem to care less about the prospect of stronger demand than about the possibility that the authorities will tighten up financial conditions.

バブルだ、という裏付けは日々の市場の動きにある。
良い経済ニュースでも値下がりは起こっているのだ。
投資家は、当局は規制強化を行う可能性ほど、需要増大の可能性など気にしていないようだ。

If past practice is any guide, the tightening will be slow in coming. Central bankers have not yet fully cast off their long-established belief that asset prices aren't relevant to their task of keeping inflation at bay, while governments find it hard to abandon the many pleasures of deficit spending.

過去の行いが道しるべとなうならば、規制強化はゆっくりと実現されるだろう。
中央銀行のバンカーはまだ、長らく抱いてきた、資産価格はインフレ抑制という自分達の仕事と関係ない、との考えを完全に放棄していない。
一方、政府は借金放蕩三昧の歓喜を放棄し難く思っている。

Recent experience should teach another lesson. Financial excess leads to destabilising market crashes. More distant history suggests that monetary excess frequently leads to retail price inflation. Tighter money might make the recovery less robust over the next year or two, but would make the world safer for the next decade.

最近の経験は、もう一つの教訓を教えたはずだ。
金融的過剰は不安を生じる市場の破綻に繋がる。
より古い歴史は、金融的過剰は小売価格インフレに繋がることが多いと示している。
資金が苦しくなれば、回復の勢いは今後1-2年弱まるだろうだ、それでも、次の10年間は世界をより安全にするだろう。


コメント

米国:住宅価格、5ヶ月連続上昇

2009-12-30 08:54:10 | Telegraph (UK)
US house prices rise for fifth month
(米国:住宅価格、5ヶ月連続上昇)
Telegraph:29 Dec 2009
US home prices rise for the fifth month in a row in October, but the recovery continues to be uneven with only 11 of the 20 metropolitan areas tracked showing gains.

米国住宅価格は、10月も5ヶ月連続の値上がりを記録した。
しかし回復は均一ではなく、値上がりが記録されたのは、大都市20ヶ所のうち僅か11ヶ所だけだった。


The Standard & Poor's/Case-Shiller 20 City home price index released on Tuesday rose 0.4pc to a seasonally adjusted reading of 145.36 in October. The index was off 7.3pc from October last year.

S&P/ケースシラー指数は火曜日、0.4%上昇し、10月の指数は季節調整後145.36をつけた。
前年と比べると7.3%低い。

The index is now up 3.4pc from its bottom in May, but still almost 30pc below its peak in April 2006.

同指数は今、5月の底から3.4%高くなっているが、それでも2006年4月のピークを30%近く下回ったままだ。

Average home prices across the United States in October are at similar levels to where they were in the autumn of 2003.

10月の全米の平均住宅価格は、2003年秋頃の水準だった。

Eleven of the 20 cities posted month-over-month gains with San Francisco and Detroit posting the largest increases. Dallas recorded a flat reading for the month, while Tampa and Chicago had the largest declines.

前月比値上がりを記録した大都市は、20ヶ所中11ヶ所で、最も大きく値上がりしたのはサンフランシスコとデトロイトだった。
ダラスは横ばい、タンパとシカゴは最も大幅な下落となった。

David Blitzer, chairman of the index committee at S&P, said: "The turn-around in home prices seen in the spring and summer has faded with only seven of the 20 cities seeing month-to-month gains, although all 20 continue to show improvements on a year-over-year basis. All in all, this report should be described as flat.”

S&Pのインデックス委員会のデイヴィッド・ブリッツァー議長は、「春や夏に見られた住宅価格の好転は薄れ、前月と比べて上昇したのは7都市だけだった。しかし、20都市全てで住宅価格は前年に比べて値上がりした。全体的に見て、本レポートは横ばいとすべきだ」と語った。

The 10-City composite index edged up 0.5pc and was down 6.4pc year on year.

10都市総合指数は0.5%上昇し、前年比では-6.4%だった。

US shares extended their gains into a seventh day after the report. The Dow Jones industrial average rose 25 to 10,572 in early trading. The Standard & Poor's 500 index edged up 2 to 1,130, while the Nasdaq composite index gained 3 to 2,294.

同報告が出た後、米国株は7日連続で値上がりした。
ダウジョーンズは前場で25上昇して10,572となった。
S&P500も僅かに2上昇して1,130となった。
また、NASDAQは3上昇して2,294となった。


コメント

原子力は世界の水危機を解決出来るか?

2009-12-29 22:53:01 | Telegraph (UK)
最近はエコエコソルジャーも複雑で大変ですね。
ついこの間まで、エコエコソルジャーは原発のゲの字でも、蕁麻疹出してたのに(笑)。

Can nuclear solve the global water crisis?
(原子力は世界の水危機を解決出来るか?)
By Garry White, Commodities Editor
Telegraph:20 Dec 2009
If a person doesn't drink clean water they will be dead in less than three days. That's why water is the most valuable commodity there is.

綺麗な水がなければ、人は3日と生きられない。だからこそ、水は最も貴重な商品なのだ。


As the global population expands, demand for water for agriculture and personal use will increase dramatically, but there could be a solution that will produce clean drinking water and help reduce carbon emissions as well. That process is nuclear desalination.

世界の人口が増加するにつれ、農業や個人的に使うための水の需要は劇的に増加したが、綺麗な飲料水を作り出しながら炭素排出量の削減を助けるソリューションはあるかもしれない。
原子力淡水化こそ、そのプロセスだ。

Many areas of the world are suffering from a water crisis - and it's not just arid, developing countries that are suffering. The Western US is particularly vulnerable and its water crisis is getting more severe by the day.

世界中の多くの地域は、水危機に苦しんでおり、乾燥した地域や発展途上国だけではない。
米国政府は特にこの危機に弱く、水危機は日を追う毎に深刻になっている。

Las Vegas could be one of the first US cities to be hit by a serious water shortage, some are even questioning whether it can survive at all. The city gets 90pc of its water from Lake Mead, the body of water created by the Hoover Dam.

ラスベガスは、深刻な水不足に見舞われる米国最初の都市となるかもしれない。
生き延びられるかどうかも怪しい、と言う者すらある。
ラスベガスは水の90%を、フーバー・ダムによって出来たミード湖から得ている。

The water in Lake Mead, and the Colorado River which feeds it, has been falling for some time. It is slowly running dry due to overuse. The Scripps Institution of Oceanography believes there is a 50pc chance that the lake will be completely dry by 2021 if climate change continues as expected and future water usage is not curtailed.

ミード湖とそれに注ぐコロラド川の水は、しばらく前から減少している。
スクリップス海洋研究所は、気候変動が予測通り続き、今後も水の利用が減らなければ、ミード湖は50%の確率で2021年までに完全に干上がってしまうだろうと考えている。

Water is so important that, as a population grows and demand increases, there is a strong chance of conflict in the future.

水は非常に重要であることから、人口と需要が増加するにつれ、今後は紛争が発生する可能性が高い。

According to the World Water Council, 260 river basins are shared by two or more countries.

世界水会議によれば、2ヶ国以上が260の河川流域を共有している。

"In the absence of strong institutions and agreements, changes within a basin can lead to transboundary tensions," the Council said. "When major projects proceed without regional collaboration, they can become a point of conflicts, heightening regional instability."

「強力な機構か協定がなければ、流域内の変化は国境を越えた緊張感を生み出す可能性がある。地域の協力なく大規模な開発が推進されれば、紛争地となり、地域の不安定化を助長しかねない」と同会議は述べている。

The World Water Council cites the Parana La Plata in South America, the Aral Sea, the Jordan and the Danube as examples.

世界水会議は、南米のラプラタ、アラル海、ヨルダン川、そしてドナウ川を例として挙げた。

It's not just tensions between countries that are a potential problem. Civil unrest caused by scarcity has already started.

潜在的問題は、国家間の緊張だけではない。
水不足による社会不安は、既に始まっている。

In India on December 3, one man was killed and dozens injured during a protest over water rationing in Mumbai following the country's poor Monsoon. The prospect of further water riots is very real.

インドでは12月3日、降水量の少ないモンスーン後に、ムンバイで水の割り当てを巡る抗議デモが発生し、そのなかで男性一人が死亡し、数十名が負傷した。
更に水暴動が発生する可能性は、非常に現実のものだ。

However, nuclear energy could help provide the solution for this thorny issue.

だが原子力は、この厳しい問題に解決策を提供する助けになるかもしれない。

Oil-rich Middle Eastern nations are rushing to build new nuclear plants.

石油資源の豊かな中東諸国は、新たな原子力発電所の建設を急いでいる。

Anwar Gargash, a foreign affairs minister in the United Arab Emirates (UAE), said last month that nuclear power was "best able" to meet future power demand in his country. Demand for electricity is expected to double by 2020.

UAEのAnwar Gargash外相は先月、UAEの将来の電力需要に「最も良く」応じられるのは原子力だ、と述べた。
電力需要は、2020年までに倍増すると予測されている。

This followed comments from Saudi Arabia, which said it planned to generate up to a quarter of its electricity from nuclear power within the next 15 years.

サウジアラビアは、今後15年以内に電力の4分の1を原子力によって発電する、と述べたが、このコメントはサウジアラビアの同発言に続いて出されたものである。

Everyone thinks the trend for oil-rich nations to move towards nuclear power generation is about limiting domestic consumption so they can boost oil exports. However, that's just part of the story.

皆、石油資源の豊かな国々が原子力発電に向かっているのは、輸出する石油をより多く確保すべく国内消費を制限するためだと考えている。
だが、それが全てではない。

Saudi Arabia, for example, has very little water - and global warming is likely to make this situation much worse. This is a major problem because Saudi Arabia is about to see its population explode.

例えば、サウジアラビアには殆ど水がなく、地球温暖化はこの状況を一層悪化させるだろう。
サウジアラビアの人口は爆発しようとしているので、これは大きな問題だ。

The overwhelming majority of the Saudi people are young. Almost 40pc of its population is under the age of 14, with just 2.5pc being in the over 65 bracket. This means its population is growing at about 2pc per year - and as the young start to have families of their own, the rate of population growth will increase.

サウジアラビアの国民の圧倒的大多数は、若者だ。
国民の40%近くが14歳以下であり、65歳以上は2.5%に過ぎない。
これはつまり、人口が年率2%で増加しているとういことであり、その若者が自ら家族を作り始めれば、人口増加のスピードは更に加速するだろう。

In fact, many of the nations that are predicted to have the strongest growth in population over the next years are the areas where the water crisis is most acute.

実は、来年人口が大きく増加すると予測されている国の多くは、水危機が最も差し迫っている地域にあるのだ。

For example, the UAE has the largest growth rate of any nation in the world - at 3.69pc, according to data compiled by the US government.

例えば、UAEは世界で最も速いスピードで人口が増加している。
米国政府のデータによれば、増加率は3.69%だ。

Nuclear reactors can be used to generate electricity - but they can also be used to desalinate water.

原子炉は発電のために利用することが出来るが、同時に、水の脱塩にも利用出来るのだ。

Nuclear desalination is not a new idea - it's a proven technology, thanks to Kazakhstan.

原子力淡水化は新しいアイデアではなく、カザフスタンのおかげで証明された技術だ。

A single nuclear reactor at Aktau on the shore of the Caspian Sea successfully produced up to 135 megawatts of electricity and 80,000 cubic metres of potable water a day between 1972 and 1999, when it was closed at the end of the reactor's life.

カスピ海沿岸にあるAktauの原発は、1972-1999年の間、一日に最高135Mwの電力を発電し、80,000立方メートルの飲料水を作り出すことに成功した。
同原子炉は寿命が来て、1999年に閉鎖された。

Water has also been desalinated using nuclear reactors in India and Japan.

また、インドと日本では、原子炉で海水脱塩を行っている。

The problem with desalination is that it is very energy intensive. Most desalination today uses fossil fuels, contributing to carbon emissions.

海水脱塩の問題は、大変エネルギーを要するということだ。
目下、脱塩の大半は化石燃料を利用しており、これは炭素排出に加担している。

However, because nuclear power generation does not emit carbon, it is a clean and efficient way of producing the most important commodity around. For countries experiencing rapid population growth, it could be a lifesaver.

だが、原子力発電は炭素を排出しないので、最も重要な商品をクリーンに、効率的に作り出す方法なのだ。
急激な人口増加に見舞われている国々にとって、これは救いの手になるかもしれない。



コメント

2009年、新興市場は如何にして成功を収めたか

2009-12-29 21:48:32 | Telegraph (UK)

How emerging markets came out on top in 2009
(2009年、新興市場は如何にして成功を収めたか)
Garry White
Telegraph:28 Dec 2009
Investor sentiment this year was dominated by fear for the first three months, but March saw the nadir of this emotion and greed was back in charge. World markets have rallied since these lows, but by far the best investment has been in emerging markets. This is partly because they suffered from a stronger sell-off in 2008, but it is also down to the fact that these economies will return to growth faster than Europe and the US.

今年最初の3ヶ月間、投資家のセンチメントは恐怖に満ち満ちていたが、3月にはこの感情も底を打って欲望が復活した。これらの低迷以降、世界市場は反騰相場となっているが、大差をつけて大勝利を収めたのは新興市場投資だった。この大勝利の一端は、新興市場が2008年に見舞われたより強烈なセルオフだが、新興経済が欧州や米国よりも迅速に成長路線に立ち戻るだろう、という事実も原因である。


FTSE 100

Despite the fact the global banking system had almost collapsed just a couple of months before, Santa was certainly in evidence this time last year. The FTSE 100 staged its traditional Santa Claus rally and jumped 10pc between Christmas Eve and January 6. But this Christmas, joy would not last.

僅か2ヶ月ほど前には国際銀行システムが瓦解しかけていた、という事実にも拘らず、昨年の今頃もサンタクロースの姿ははっきりと見えていた。
FTSE100は伝統的なサンタクロース・ラリーを繰り広げ、クリスマス・イブから1月6日までの間に10%も急騰した。
しかし、このクリスマスの歓喜は続かなかった。

Highlighting the danger of buying into a Christmas rally, the bears were soon back in charge. The UK blue-chip index slumped a staggering 24pc over the next two months, bottoming out at 3,512 on March 3.

クリスマス・ラリーで買いを入れることの危険を浮き彫りにして、ベア派は直ぐに主導権を奪い返した。
英国優良株の指数、FTSE100はその後2ヶ月間に24%という驚くべき暴落を果たし、3月3日に3,512というどん底を打った。

March represented the low in Western markets, and it was the best time to buy shares in many years. The FTSE 100 has since added an impressive 54pc from that low. However, since January 1 the index is up a more modest 22pc.

3月、欧米市場は低迷し、何年かに一度という好機が訪れた。
FTSE100はその後、どん底から54%という素晴らしい上昇を遂げた。
だが、1月1日を基準にすれば、FTSE100は22%ほどしか値上がりしていない。

A recovery in banking stocks and the large exposure to commodity companies such as miners and oil groups were the main drivers of the FTSE's performance. Commodity stocks make up almost 30pc of the index by weight.

銀行株の回復と、鉱業や石油グループなど商品企業への大規模なエクスポージャーが、FTSEのパフォーマンスの主な原動力だった。
商品関連銘柄はFTSE100の30%近くを占めている。


FTSE 250

The FTSE 250 is a more accurate reflection of the UK economy.

FTSE250は、英国経済をより正確に映し出している。

The companies it contains are usually UK-facing and moves do not depend significantly on international commodity markets.

ここに含まれる企業は通常国内向けの企業であり、その動きが国際的な商品市場に大きく左右されることはない。

Investors' views on the prospects for British industry were very gloomy and the mid-cap index slumped 44pc between the start of the year and its March 9 low. The index has since bounced back by 66pc, giving a full-year return of 45pc.

英国産業の見通しに対する投資家の見解は非常に陰鬱であり、同指数は年初から底を打つ3月9日までの間に、44%も下落した。
その後は66%上昇し、一年間に45%の回復したことになる。


US markets(米国市場)

US markets also rallied strongly after falling in line with UK markets. The Dow Jones Industrial Average added 19pc and the S&P 500 added 24pc, with the indices being up 60pc and 66pc respectively from their low.

米国市場も英国市場とともに下落した後、強い反騰を見せた
ダウ・ジョーンズは19%、S&P500は24%上昇し、両指数はそれぞれ底から60%と66%回復した。

However, it is interesting to note that investors in US stocks over the decade would be sitting on significant losses, despite the 2009 rally. In 2000, US markets were near the peak of the dotcom boom.

だが、2009年の反騰にも拘らず、過去10年間、米国株に投資した投資家は巨額の損失を抱えている、ということは興味深い。
2000年の米国市場は、ドットコム・ブームのピーク間近だった。

Over the last 10 years an investor in the S&P 500 would have lost about 31pc of their capital.

過去10年間に亘って、S&P500の投資家は資金を約31%減らしたことになる。

An investor in the FTSE 100 would have lost 23pc of their invested money. However, it must be noted the UK blue-chips pay significantly higher dividends than American shares. However, even accounting for dividends investors still lost out.

FTSE100の投資家は23%の投資資金を失った。
だが、英国優良株は米国よりも遥かに高額の配当を支払っていることは、指摘せねばならない。
しかし配当投資家を考慮しても、やはり損失となっている。


Emerging markets(新興市場)

The best place for your money in 2009 was emerging markets.

2009年、最も素晴らしい投資先は新興市場だった。

Fledgling economies were hit hard by the flight to safety following Lehman Brothers' collapse. Money was repatriated from markets deemed risky, causing the dollar to appreciate and commodity markets to crash.

リーマン・ブラザーズ破綻を受けた投資資金の流出で、生まれたばかりの経済は大きな被害を被った。
資金は高リスクと見なされた市場から本国へ送還され、ドルの値上がりと商品市場の暴落を生じた。

Many emerging markets such as South Africa, Russia and Brazil are dependent on commodities.

南アフリカ、ロシア、ブラジルなど、多くの新興市場は商品に依存している。

Of the so-called "BRIC" countries, by far the runaway winner was Russia, with its blue-chip Micex adding an impressive 118pc. This was followed by China's CSI 300 composite index, which added 89pc, Brazil's Bovespa, which rose 80pc and India's Sensex, which also added 80pc.

いわゆる「BRIC」諸国のうち、大きく差を開けて勝利したのはロシアであり、有料銘柄を集めたMICEXは118%という値上がりを示した。
これに続き、中国のCSI300は89%、ブラジルのBOVESPAは80%、そしてインドのSENSEXは80%上昇した。


Gains were calculated on Thursday December 24 after the UK market close.

以上の計算は、12月24日木曜日時点の、英国市場終値に基づくものである。


コメント