今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国のアフリカ攻略大作戦@タイムス

2007-01-31 19:41:41 | Telegraph (UK)
China aims to bring peace through deals with dictators and warlords
(中国、独裁者だの軍閥だのとの取引を通じて平和をもたらそうと目論む)
Jonathan Clayton in Johannesburg
The Times:January 31, 2007
President Hu Jintao began an eight-nation tour of Africa yesterday, seeking to reaffirm China's commitment to the continent at a time of international and domestic concern over Beijing's growing influence.
胡錦涛主席は昨日、中国政府の影響力に国内外で懸念が高まる中、中国が同大陸に約束した事を再度保証しようと、アフリカ8カ国歴訪を開始した。

Mr Hu's 12-day visit, his third since coming to power in 2003, takes him to Cameroon, Liberia, Zambia, Namibia, South Africa, Mozambique, Seychelles and Sudan. He is expected to announce new investment worth billions of dollars and to follow through on promises of aid, including debt relief, made during last year's Africa summit in Beijing.
12日間に亘る胡氏の訪問は2003年に政権について以来3度目だが、カメルーン、リベリア、ザンビア、ナミビア、南アフリカ、モザンビーク、セイシェル、そしてスーダンを訪れる。
彼は総額数十億ドル相当の新たな投資を発表し、昨年北京で開催したアフリカ・サミットで約束した債務救済を含めた、支援の約束を守ると予想されている。

Trade between Africa and China has risen fourfold this decade to $40 billion (£20 billion) in 2005, driven by China's voracious appetite for natural resources, particularly oil.
アフリカ・中国間の貿易は、2005年には$400億と、この十年間で4倍に増加したが、これは中国の天然資源、特に石油への貪欲な要求に後押しされている。

The burgeoning relationship between China and Africa has passed largely unchallenged, with African leaders keen to take advantage of investment and aid that is delivered with few strings attached at a time when Western trade partners are imposing onerous conditions of accountability and the environment.
中国とアフリカの間で急成長する関係は、ほぼ何の障害にも出会っていない。
西側の貿易相手国が説明責任と環境のわずらわしい条件をつけてくる時に、ほとんど何の条件もなくもたらされる投資と支援を利用するのに、アフリカ諸国の首脳陣は夢中だった。

Now the relationship is being questioned, in Africa and beyond. Domestically, there is alarm at the adverse impact on local companies of a flood of cheap Chinese manufactured goods. In elections in Zambia in December the opposition attacked China's "exploitation of workers" and low safety standards in copper mines that it took over, near the border with the Democratic Republic of Congo.
現在、その関係が疑問視されている…アフリカの内外で。
国内的には、雪崩を売って入り込んでくる安価な中国製品の現地企業に対する悪影響について、警鐘が鳴らされている。
12月にザンビアで行われた選挙では、コンゴ共和国との国境近くにある、中国が乗っ取った銅山での、中国による『労働者の搾取』と酷い安全基準を野党が攻撃した。

Internationally, there is unease about Beijing's support for dictatorial regimes such as Zim-babwe and the DRC, and of China's willingness to overlook human rights abuses. The most pressing example is Sudan, which will play host to Mr Hu on Friday.
国際的には、中国政府がジンバブエやコンゴ共和国といった独裁政権を支援している事について不安がある。
また、中国が人権侵害を看過するに前向きである事も。
最も喫緊の例はスーダンであり、ここは金曜日に胡氏を迎える。

The country has become a vital source of oil, pumped from oilfields developed by the China National Petroleum Corporation. China receives about 350,000 barrels a day through a Chinese-built pipe-line to ships off Port Sudan, financed by Beijing at a cost of £4.2 billion.
スーダンはCNPCによって開発された油田から採掘しており、重要な石油源となった。
中国が£42億という費用を投じて、スーダン港から輸出する為に中国が建設したパイプラインを通じて、同国は一日に約35万バレルを受け取っている。

Sudan has used some of the revenues to reequip its armed forces, which have been waging a brutal campaign in the Sudanese region of Darfur. More than 200,000 people have been killed and three million have fled their homes over the past three years, in what President Bush has repeatedly labelled a genocide.
スーダンは売り上げの一部を軍備の為に利用したが、この軍隊はスーダンのダルフール地区で悲惨な戦闘を行っている。
ブッシュ大統領が繰り返し「大量殺戮(ジェノサイド)」と呼んだ事件の中、この3年間で20万人以上が殺害され、300万人が家を追われた。

During this period China, one of Khartoum's few allies, has threatened to wield its Security Council veto to prevent tough UN measures against Sudan over Darfur. Its stand has led to mounting criticism over its support of the hardline Muslim Government of President Omar al-Bashir.
この期間、スーダン政府にとって数少ない同盟国の一つである中国は、ダルフールに関連して国連がスーダンに厳しい措置を採る事を妨害すべく、国連安保理で拒否権を発動するぞ、と脅している。
その姿勢は、バシル大統領の強行はイスラム教政府への支援に関する批判を高めている。

Aid agencies hope that Mr Hu will use China's leverage to persuade Sudan to accept a greater role for the UN in Darfur. Urged on by Ban Ki Moon, the Secretary-General, the Chinese Government is under pressure to force Khar-toum to reach agreement over the deployment of international peacekeepers.
胡氏が中国の力を、ダルフールでの国連の役割を拡大する事をスーダンに受け容れさせるべく説得に使う事を、支援団体は願っている。
潘基文国連事務総長に迫られ、国際平和維持軍の派遣をスーダン政府に合意させろ、という圧力が中国政府にかけられている。

Chinese officials say that Mr Hu would be looking to help to broker lasting peace in Darfur. "I believe this visit will not only boost bilateral ties, but also peace and stability in the region," said Zhai Jun, the Assistant Foreign Minister, on the eve of the Africa mission. Mr Zhai said that criticism of China's relationship with Africa was unfounded. He said that Beijing was trying to help Africa to build infrastructure and alleviate poverty.
中国当局は、胡氏はダルフールで恒久的平和を仲介するのを助けようとするだろう、と言っている。
「この訪問は二カ国関係を強化するだけでなく、この地域に平和と安定性を強化すると考える」
とZhai Jun副外相がアフリカ任務前夜に語った。
Zhai氏は、中国のアフリカとの関係に関する批判は根も葉もない事だ、と述べた。
彼は、中国政府はアフリカがインフラを建設し、貧困から抜け出る手助けをしようとしているのだ、と言った。

Shi Yinhong, of the International Relations department of the People's University in Beijing, said: "Hu Jintao wants to persuade Sudan not to reject the UN resolution. This will bring moral and diplomatic pressure on Sudan and also help China's ties with the US, the EU and greater Africa."
北京人民大学国際関係部のShi Yinhongはこう語った。
「胡錦涛はスーダンに国連決議を拒絶しないよう説得したいのだ。これはスーダンに倫理的、外交的圧力をかけるだろうし、中国のアメリカ、EU、アフリカとの関係を助けるだろう」。



↓本気で日本改造だ(#゜Д゜)ゴルァ!



BBCが世界の良識?嗤わせるな!
BBC the world's conscience? Cut it out!

FCCJが適切公正なら、日本人は今頃褒め称えている。
Should FCCJ be sound & fair, Japanese are now praising them.
コメント

北朝鮮、核実験でイランを支援@テレグラフ

2007-01-25 14:38:55 | Telegraph (UK)
関連記事:「アヤトラの侮辱がイラン大統領に圧力@テレグラフ」

N Korea helping Iran with nuclear testing
(北朝鮮、核実験でイランを支援)
By Con Coughlin
Telegraph:24/01/2007
North Korea is helping Iran to prepare an underground nuclear test similar to the one Pyongyang carried out last year.
北朝鮮はイランが、昨年北朝鮮が実施したものと同様の、地下核実験を準備する手伝いをしている。

Under the terms of a new understanding between the two countries, the North Koreans have agreed to share all the data and information they received from their successful test last October with Teheran's nuclear scientists.
両国間で結ばれた新たな協定の下、北朝鮮側は自分達が昨年10月に成功した核実験から得たデータと情報の全てを、イランの核科学者と共有する事に合意した。

North Korea provoked an international outcry when it successfully fired a bomb at a secret underground location and Western intelligence officials are convinced that Iran is working on its own weapons programme.
秘密地下核施設で核爆弾を爆発させるのに成功した際、北朝鮮は国際的非難を引き起こし、また、イランが独自の兵器開発を行っている、と西側情報当局は納得している。

A senior European defence official told The Daily Telegraph that North Korea had invited a team of Iranian nuclear scientists to study the results of last October's underground test to assist Teheran's preparations to conduct its own - possibly by the end of this year.
ヨーロッパ国防当局の某高官はデイリー・テレグラフ紙に、独自の実験を、恐らく年内に実施する為のイラン側の準備を支援すべく、昨年10月の地下核実験の結果を研究する為に、北朝鮮がイランの核科学者派遣団を招いた、と語った。

There were unconfirmed reports at the time of the Korean firing that an Iranian team was present. Iranian military advisers regularly visit North Korea to participate in missile tests.
イラン派遣団がいた、という事は、北朝鮮が実験を実施した当時は未確認レポートだった。
イランの軍事アドバイザー等は、ミサイル実験に参加する為に、定期的に北朝鮮に渡っている。

Now the long-standing military co-operation between the countries has been extended to nuclear issues.
今、両国間の長期に亘る軍事的協力は、核にまで拡大されているのだ。

As a result, senior western military officials are deeply concerned that the North Koreans' technical superiority will allow the Iranians to accelerate development of their own nuclear weapon.
その結果、西側国防当局の高官らは、北朝鮮側の技術的優越性が、イランが独自の核兵器開発を加速する事を可能にするのではないか、と深く懸念している。

"The Iranians are working closely with the North Koreans to study the results of last year's North Korean nuclear bomb test," said the European defence official.
「イラン側は昨年の北朝鮮の各実験結果を研究する為に、北朝鮮と密接に協働している」
とヨーロッパの国防当局者が言った。

"We have identified increased activity at all of Iran's nuclear facilities since the turn of the year," he said.
「年明け以来、イランの核施設の全てで活動の活性化を我々は認めている」
と彼は言った。

"All the indications are that the Iranians are working hard to prepare for their own underground nuclear test."
「全て、イランが独自の地下核実験準備の為に必死で努力している、という事を示している」。

The disclosure of the nuclear co-operation between North Korea and Iran comes as Teheran seems set on a collision course with the West over its nuclear programme, although it insists it is entirely peaceful.
北朝鮮とイランの核協力の暴露は、完全に平和的なものだ、とイランは言い張っているものの、イラン政府が核開発について西側と衝突路線に乗ったように見える中で行われた。

Both countries were named in President George W Bush's famous "axis of evil" State of the Union speech in 2002.
両国とも、2002年にブッシュ大統領が行った有名な『悪の枢軸』教書演説の中で名指しされた。

The United Nations Security Council has unanimously authorised the imposition of "smart" sanctions against Iran.
国連安保理は全会一致で対イラン『新制裁』の実施を承認している。

This is because of its refusal to suspend its uranium enrichment programme, which most Western intelligence agencies believe is part of a clandestine nuclear weapons programme.
これは、西側情報と紆曲の殆どが秘密の核兵器開発の一環だ、と考えているウラン濃縮活動の停止をイランが拒絶したからだ。

France expressed concern yesterday over an Iranian decision to bar 38 UN nuclear inspectors from Iran, claiming that Teheran appeared to be singling out westerners from the inspection team.
フランスは昨日、イラン政府が西側の人間を意図的に監査チームから抜き出している、と主張して、国連核査察官38名をイランから締め出す、とする同国政府の決断について懸念を表した。

Intelligence estimates vary about how long it could take Teheran to produce a nuclear warhead. But defence officials monitoring the growing co-operation between North Korea and Iran believe the Iranians could be in a position to test fire a low-grade device - less than half a kiloton - within 12 months.
イランが核弾頭を製造するまでにどれほどかかるかについて、情報当局の予想は様々だ。
しかし、北朝鮮とイランの間で強まる協力を監視している国防当局は、イランは12ヶ月以内に小型核爆弾(1/2キロトン以下)を実験するに到るかもしれない、と考えている。

The precise location of the Iranian test site is unknown, but is likely to be located in a mountainous region where it is difficult for spy satellites to pick up any unusual activity.
イランの実験施設の正確な場所は不明だが、スパイ衛星が何らかの異常な活動を見つける事が困難な、山岳地帯にありそうだ。

Teheran successfully concealed the existence of several key nuclear sites - including the controversial Natanz uranium enrichment complex - until their locations were disclosed by Iranian dissidents three years ago.
これらの場所がイラン亡命者によって3年前に暴露されるまで、問題になっているナタンズのウラン濃縮施設を含め、複数の主要各施設の存在を隠蔽する事にイランは成功してきた。

Western intelligence agencies have reported an increase in the number of North Korean and Iranian scientists travelling between the two countries.
西側情報当局は、両国を行きかう北朝鮮及びイランの科学者の人数が増加している、と報告している。

The increased co-operation on nuclear issues began last November when a team of Iranian nuclear scientists met their North Korean counterparts to study the technical and political implications of Pyongyang's nuclear test.
イラン側の核科学者チームが北朝鮮の核実験の技術的及び政治的影響を研究すべく、北朝鮮側のカウンタパートと会談した昨年11月に、核に関する協力の強化は始まった。

The Iranians are reported to have been encouraged by the fact that no punitive action was taken against North Korea, despite the international outcry that greeted the underground firing.
イランは、北朝鮮の核実験に応じて起こった国際的非難にも拘らず、北朝鮮に対して懲罰行為が一切実施されなかった、という事実に励まされた、と伝えられている。

This has persuaded the Iranian regime to press ahead with its own nuclear programme with the aim of testing a low-grade device, which would be difficult for international inspectors to detect.
これはイラン政府に、国際監査官達にとって発見が困難となる、小型核兵器実験を行う事を目的とした、独自の核開発を押し進めさせている。



↓本気で日本改造だ(#゜Д゜)ゴルァ!



BBCが世界の良識?嗤わせるな!
BBC the world's conscience? Cut it out!

FCCJが適切公正なら、日本人は今頃褒め称えている。
Should FCCJ be sound & fair, Japanese are now praising them.
コメント

アヤトラの侮辱がイラン大統領に圧力@テレグラフ

2007-01-25 14:38:05 | Telegraph (UK)
ふーん…でもさあ、「ネオコンの巣窟テレグラフ」にそう言われてもなあ(爆笑)。

Ayatollah's snub pressures Iran president
(アヤトラの侮辱がイラン大統領に圧力)
By Con Coughlin
Telegraph:25/01/2007
Internal pressure on President Mahmoud Ahmadinejad of Iran to abandon his confrontational policies with the West has intensified after Ayatollah Ali Khamenei, the country's supreme spiritual leader, snubbed a request for a meeting on the country's controversial nuclear programme.
イランの精神的最高指導者であるハメネイ師が、問題とされている同国の核開発に関する会議要請に肘鉄を食らわせた後、西側との対立政策を止めさせる為の、イランのアハマディネジャド大統領に対する国内の圧力は一層強まった。

Iran's president meets regularly with Ayatollah Khamenei, who is regarded as the guardian of the Islamic Revolution, to brief him on international and domestic political issues. But when the president requested a meeting earlier this month, the ayatollah declined.
イラン大統領は、イラン革命の保護者と考えられているアヤトラ・ハメネイ師と定期的に、国際政治問題及び国内政治問題の説明を行う為に会談している。
だが今月先に大統領が会談を要請した際、アヤトラは拒絶した。

It is the first time that he has refused to meet Mr Ahmadinejad since the former Revolutionary Guard commander was elected president in 2005 and is a further indication of the growing unrest within Iran at his hard-line policies.
2005年にかつての革命防衛隊司令官が大統領に選出されて以来、アヤトラ師がアハマディネジャド氏に会う事を拒絶したのは、初めての事だった。
また、これはアハマディネジャドの強硬路線政策にあるイラン国内で、高まる不安を更に示唆するものだ。

"It is a clear indication that the cracks are starting to appear in the highest echelons of the Iranian regime," said a senior Bush administration official with responsibility for monitoring Iran. "If the country's leading religious figure is not talking to the political leadership then obviously something is going seriously wrong."
「イラン政権の最高峰で、ひび割れが見え始めているという明確なサインだ」
とブッシュ政権内のイラン監視担当高官が言った。
「イランの宗教指導者が政治指導者と話さないなら、これは明らかに何かかなりおかしな事になっているわけだ」。

Ayatollah Khamenei became Iran's supreme spiritual leader following the death in 1989 of Ayatollah Khomeini, the leader of Iran's Islamic Revolution which overthrew the Shah in 1979. A leading conservative, his influence exceeds that of the president, and his refusal to meet Mr Ahmadinejad has been taken by opposition politicians in Iran as a criticism of the government's handling of the controversial nuclear issue, which has resulted in the country's mounting international isolation.
ハメネイ師は、1989年のホメイニ師の死去に続いて、イランの最高精神的指導者となった。
ホメイニ師は1979年にシャーを追放したイラン・イスラム革命の指導者だった。
主要保守主義者である彼の影響力は大統領のそれを超えており、彼がアハマディネジャド氏との会談を拒絶するという事は、イラン国内の野党政治家に対して、イランの国際的孤立を悪化させた、問題の核開発に対する政府の対応批判、として理解されている。

The snub comes as new details have emerged of Iran's deepening co-operation with North Korea on its nuclear programme.
この拒絶は、イランの深まる北朝鮮との核開発協力について、新たな詳細が明らかになる中で行われた。

As The Daily Telegraph reported yesterday, Iranian scientists have been working with their North Korean counterparts to study the results of the controversial nuclear test North Korea carried out last October.
デイリー・テレグラフ紙が昨日伝えた通り、イランの科学者等は北朝鮮が昨年10月に実施した問題の核実験の結果を研究すべく、北朝鮮のカウンターパートと協働してきた。

Western intelligence agencies believe the Iranians, who insist that they are trying to develop nuclear power for peaceful purposes, are preparing the ground to conduct their own underground test of a small atomic weapon.
西側情報部は、平和的目的の為に原子力開発をしようとしているのだ、と言い張っているイラン人は、小型核兵器で独自の地価各事件を実施しようとしている、と考えている。

James Arbuthnott, the Conservative chairman of the Commons defence select committee, said he was concerned by the report.
下院国防委員会の保守党議長であるジェームス・アーバスノットは、自分はこの報道で心配していると述べた。

"This is deeply disturbing though I cannot say I'm wholly surprised. We have simply got to keep up the pressure on Iran."
「これは非常に不愉快だ。まあ、全く青天の霹靂、とは言わないが…。我々は兎に角、イランに対して圧力をかけ続けなければならない」。

Mr Ahmadinejad's refusal to suspend Iran's controversial uranium enrichment programme at Natanz has resulted in the United Nations Security Council passing a unanimous resolution to impose sanctions on Iran.
問題となっているナタンズでのウラン濃縮計画停止に対するアハマディネジャド氏の拒絶は、国連安保理に対イラン制裁決議を全会一致で出させてしまう結果となった。

But the country's growing international isolation, together with a dramatic decline in the economy, has seen opposition to Mr Ahmadinejad harden. Last week 150 Iranian parliamentarians took the extraordinary step of signing a letter blaming him for the country's economic woes.
だが、イランの悪化する国際的孤立は経済の劇的衰退と相俟って、アハマディネジャド氏に対する反対は強まっている。
先週は150名のイラン国会議員達が、彼の所為でイラン経済が災難に見舞われている、と彼の責任を当初間に署名をする、という驚くべき行為に出た。



↓本気で日本改造だ(#゜Д゜)ゴルァ!



BBCが世界の良識?嗤わせるな!
BBC the world's conscience? Cut it out!

FCCJが適切公正なら、日本人は今頃褒め称えている。
Should FCCJ be sound & fair, Japanese are now praising them.
コメント

暖冬で石油価格暴落中@エコノミスト

2007-01-14 07:40:13 | Economist
Keeping out of the cold
A mild winter has sent oil prices plunging
(寒さは何処だ ~暖冬で石油価格暴落中)
AFP, From Economist.com:Jan 8th 2007
ECONOMISTS bracing themselves for Chicago's icy snows as they arrived for this weekend's meeting of the American Economic Association got something of a shock. The sun has been shining over the Windy City and temperatures are relatively mild. On the east coast the weather is even better; New York has not got this far into the year without snow since 1877. Though Colorado lies buried under a blizzard, the territory to the north and east has so far escaped winter's embrace.
アメリカ経済学会が今週末に開催する会議に到着する中、シカゴの凍えるような雪に覚悟していたエコノミスト達は、ちょっとビックリした。
ウィンディー・シティには太陽が輝き、気温も比較的穏やかなのだ。
東海岸ではもっとお天気である。
ニューヨークはこれまでの所、1877年以来初めて雪に見舞われぬ新年を迎えている。
コロラドがブリザードに埋もれていはいるものの、その北と東に延びる地域は、これまでの所、冬将軍の洗礼を間逃れている。

The odd weather has created some unusual conditions in the oil market. For the past few years, the main worries for big producers have been security problems in the Middle East and Africa, and economic populism in Latin America. Despite these continuing pressures, oil prices plunged last week, dropping to $54.90 a barrel in intraday trading on Friday January 5th, the lowest price for over 18 months, though after the weekend prices rebounded a little on world markets.
この異常気象は、石油市場にちょっと珍しい状況を創り出している。
過去5年間、大規模生産会社にとっての主な懸念は、中東およびアフリカのセキュリティの問題であり、ラテン・アメリカの経済ポピュリズム*だった、
これらの圧力の継続にも拘わらず、石油価格は先週急落した。
1月5日金曜日の日中取引では、バレル当たり$54.90まで下落したのだ。
週末を超した後、世界市場での価格は僅かにリバウンドしたが、2これはこの18ヶ月間で最低価格である。

*:定義@みずほ;blaming middle-class insecurity on rich Americans(中流階級の不安定さの責任は金持ちアメリカ人にある、とする事)@WP

The best explanation seems to be the warm weather in both Europe and America's north-east, the world's largest market for home heating oil. Inventories are piling up, pushing down crude prices. Even if winter makes a belated appearance, the higher stocks will cushion upward price pressure, as well as the sort of supply shocks of recent years that have sent prices soaring. American demand may be depressed for another reason: several years of high oil prices are finally sinking into the country's consciousness. Sales of fuel-thirsty SUVs are suffering, while hybrids and smaller cars have grown more popular. There is evidence that consumers and governments are pushing for conservation of heating oil too, with more efficient furnaces and higher standards required for home insulation.
最も適切な説明は、家庭暖房用石油の世界最大の市場である、ヨーロッパとアメリカ北東部両方に於ける温暖な天気のようだ。
在庫は積み上がり、原油価格を下げている。
たとえ冬将軍が遅刻してやって来たとしても、近年価格を暴騰させている供給ショック同様、在庫の多さが価格上昇の緩衝剤となるだろう。
アメリカの需要は、もう一つ別の理由により抑えられるかも知れない。
つまり、数年間に亘って石油価格が高騰した事で、遂に米国を正気にさせた、という事だ。
燃費の悪いSUVの販売は伸び悩み、その一方でハイブリッド車や小型車は、より一層人気が高まっている。
より一層効率的な暖房や家庭用の断熱材の条件基準をより高くするなど、消費者や政府が暖房用石油の節約も押し進めている、という証拠はある。

But demand is not the only side of the equation. Security problems for the big producers could send prices rising sharply again. And even if there are no big disruptions in Africa or the Middle East, OPEC will surely act if prices drop too low. The oil cartel's public pronouncements have grown increasingly hawkish since prices peaked at over $78 in July and it has cut quotas since then. But many member governments have become dangerously dependent on the windfall revenues from oil.
だが需要だけが均一化の唯一の側面ではない。
大規模生産者の安全保障問題は、再び価格を急騰させるかも知れない。
また、たとえアフリカや中東で大きな障害が一切発生しなかったとしても、石油価格が余りにも低くなり過ぎれば、OPECは確実に手を打つだろう。
この石油カルテルの公告は、7月に$78のピークに達して以来日に日に好戦的になっており、割当量もそれ以来削減している。
だが、加盟国政府の多くは、石油による思いがけない歳入に危険なほど依存してしまっている。

Hugo Ch?ez, who has been particularly pugnacious, has been using Venezuela's state-run oil company to fund social spending at the expense of reinvestment in oil production. Many believe that other countries, such as Iran, have similarly shortchanged investment to bolster popular support. If prices fall precipitously, Mr Ch?ez and others with similar problems could find themselves in deep fiscal and political trouble. Though other governments may not face problems so dire, none are eager to see revenues fall.
格別に好戦的であり続けるヒューゴ・チャベスは、石油生産における再投資経費を賄う為に、ベネズエラの国営石油企業を利用している。
イランのような他の国々は(ベネズエラと)同様に、世間一般の支持を強化しようと投資を誤魔化してきた、と多くの人々は考えている。
価格が急落すれば、チャベスさんや同じような問題を抱えた人々は、財政的、政治的に“ドツボにはまっている”と気付くだろう。
他の国々の政府はそこまで危機的な問題に直面していないかも知れないが、収入が少なくなるのを喜ぶ国は一つもないのだ。

OPEC's power over prices will be checked by two factors. The first is the negative impact of prices on demand, which limits the ability of the cartel to maintain price discipline over the long term. This happened in the mid-1980s, when a sustained period of high prices encouraged oil companies to invest in new non-OPEC capacity, while governments and individuals adopted measures to use fuel more efficiently, causing prices to collapse. Economists have marvelled that the recent price increases had encouraged so few conservation measures, but there is evidence that this is starting to change, particularly in America.
価格に対するOPECの影響力は、2つの要素によって抑制されるだろう。
先ず一つ目は、長期に亘ってこのカルテルが価格秩序を維持する能力を限定する需要に対する、ネガティヴな価格の影響だ。
このような事は、価格の高騰が続いて、新しい非OPEC加盟国への投資を石油企業に奨励し、その一方で政府と個人が燃料をより効率的に利用する方策を採用し、価格下落を生じた1980年代半ばに起こった。
最近の価格上昇が、殆ど保護措置を奨励しなかったものの、これが特にアメリカに於いて変わり始めたという証拠の存在に、エコノミスト達は驚嘆している。

The other challenge to OPEC's price discipline is cheating. Over the past few years members have been racing flat out to keep up with the growth in global demand. But if OPEC cuts production to well below the peak capacity of its members, governments in the throes of a fiscal shock will be tempted to produce more than their quotas to make up some of the lost revenue. Historically, this has been a strong check on OPEC's ability to keep prices high.
OPECの価格統制への他の問題は、ごまかしである。
この数年間、加盟国は世界的需要の高まりに付いてゆくのに疲労困憊している。
だがOPECが加盟国の生産能力のピークよりも遙か下まで生産を削減すれば、財政ショックの断末魔に悶える各国政府が、失われた収入を幾らかでも埋め合わせようとして、自分達の割当以上に生産したい、という誘惑に駆られるかも知れないのだ。
歴史的に、これはOPECの価格を高く保つ能力に対する、強力な抑制装置なのだ。

The other unknown variable is the performance of the global economy in the coming year. Lower oil prices would improve matters but if the economy strengthens, demand for oil will probably pick up. After this weekend, energy economists might have trouble judging which way the wind is blowing in the oil markets.
他の未知の変数となるのは、来るべき一年の国際経済のパフォーマンスである。
より安価な石油価格は事態を改善するだろうが、経済が強くなれば、恐らく石油需要も再び高まるだろう。
今週末の後、エネルギー専門のエコノミスト諸氏は、石油市場の風向きを判断するのに苦労するかも知れない。



↓本気で日本改造だ(#゜Д゜)ゴルァ!



BBCが世界の良識?嗤わせるな!
BBC the world's conscience? Cut it out!

FCCJが適切公正なら、日本人は今頃褒め称えている。
Should FCCJ be sound & fair, Japanese are now praising them.
コメント