鹿沢・万座パークボランティアだより

鹿沢・万座パークボランティアより皆様へ自然情報等をお届けします。

鹿沢園地から旧いこいの広場へ

2022年05月15日 | 活動報告

 5月14日の早朝、春まだ浅い鹿沢園地から湯尻川遊歩道を歩いて「旧いこいの広場」まで行ってみました。遊歩道は一か所崩壊した場所が有りますが迂回路が設けられているので、注意して通過しました。湯尻川の右岸にある「旧いこいの広場」のキャンプ場はとても素敵なキャンプ場でした。「旧いこいの広場」の各施設も営業を中止して久しいです。テニスコート脇からヤマネの森を抜けて鹿沢園地に戻りました。今ではこのコースはあまり利用されていないようですが、鹿沢の自然を感じることができるとても良いコースです、四季を通じて楽しめます。

2022年5月14日(土)の鹿沢園地の野草園、まだ花は少ないですがタチツボスミレなどが咲いていた。

 

野草園は休暇村鹿沢高原の本館のすぐ脇です。

 

春まだ浅い鹿沢園地

 

鹿沢園地のテニスコートは昨年度の工事で芝生広場になりました。昨夜の激しい雨で水溜まりがありました。

 

まずは、湯尻川沿いの古いテラスへ下ります、古いテラスは足元を注意して。

 

湯尻川の左岸は県道94号線、2019年の台風被害の復旧工事は完了していますが、県道下の湯尻川に残された倒れたミズナラの木はそのままです。

 

トクサの群落は昔のまま、奥には砂防ダムの滝が見えます。

 

砂防ダム近くの遊歩道、歩きやすい遊歩道です。

 

2019年の台風被害の以前から湯尻川の浸食で崩壊した遊歩道。台風の後、湯尻川の流れは左岸に移りました。遊歩道は迂回路があるので注意して通過します。

 

崩壊した遊歩道跡、以前の遊歩道は完全に消失しています。

 

旧いこいの広場のキャンプ場(湯尻川右岸)に到着しました。炊事棟の周りには灌木が生えて、夏になると木の葉で覆われそうです。

 

25・26・27サイトは今でもキャンプができそうです。

 

14サイトのミズナラの木にはクマダナ(熊棚)がありました。

 

クマダナ(熊棚)はクマが木に登って(ドングリの)食事をした跡です。

 

キャンプ場の入り口付近の様子

 

旧いこいの広場に通じる坂道を登りました、ハウチワカエデの新葉が開き始めています。

 

坂を登り詰めると旧いこいの広場の広い駐車場。放置された自動販売機があります。

 

旧いこいの広場の施設(本館)、夏になると木の葉で覆われるのでしょう。

 

旧いこいの広場の施設(キャンプ場)、昔あったキノコ型のバンガローは撤去されて今は無い。

 

旧いこいの広場のテニスコートは今でも使えそうです。

 

テニスコート北側のブナ(たぶん人が植えたブナ)の新葉。

 

テニスコート北側から鹿沢園地に続く遊歩道の木道部分は痛みが激しい。

 

ず~っと昔にあった「自然の小径」に続く遊歩道は2019年の台風被害で完全に崩壊しています。

 

ここは「清流の小径」に降りる別れ道(左方向)です。

 

「清流の小径」に続くこの道も2019年の台風被害で途中から完全に崩壊しています。

 

広い尾根を進むと土塁の跡。この時期は森の中が遠くまで見通せます。

 

この辺りがヤマネの森、ヤマネの案内板がある。

 

広い尾根の末端から「清流の小径」に続く下り坂。歩きやすい道です。

 

鹿沢園地の鹿沢インフォメーションセンターに戻って来ました。

 

鹿沢園地のキャンプ場、連休前から営業が始まっています、自然豊かで施設も充実。

 

鹿沢園地のキャンプ場、春がまだ浅いので見通しが良い。今年もこのキャンプ場でキャンプがしたい。

 

鹿沢園地のキャンプ場、土曜の午後、早々にテントを設営する親子のキャンパー。

 

(投稿:ワイルド馴鹿)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雨の中のハルザキヤマガラシ駆除

2022年05月14日 | イベント案内

画像は2019年のものです。当日は雨、外来種駆除のベストも着用してません。

コロナ禍、丸2年のお休みで、ハルザキヤマガラシの株は大きく育ち、

膝くらいまで伸び、継続は力なりを改めて認識させる。

鹿沢インフォメーションセンター運営協議会主催、

鹿沢温泉観光協会、嬬恋村観光協会、鹿沢万座パークボランテイア、

環境省上信越高原国立公園管理事務所の参加でおこないました。

アクテイブレンジャー日記(中部地区)にも公開されています。

目立たぬながら、自然公園のかたすみで、地道な作業を行っています。

(投稿:ワイルド三太)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新緑のグラデーション

2022年05月13日 | イベント案内

 

赤松、杉、カラマツ、コナラ主体の広葉樹、これらの織りなす緑のグラデーション。

識別する目の網膜の受光素子。

これらの色に名前を付けた先人たち。

新緑に先立つほんのわずかな一時、秋の紅葉と同じ世界が出現する。

冬至・春分点の通過など天文上の認識とそこからうまれたであろう神話の世界。

農業の神は冥界から地上に戻り、生命にあふれ、豊かな稔りをもたらし、

冬、冥界に戻ると、作物は凍り、花は枯れる。

太陽系第3惑星地球、地軸の23.4度の傾きは季節を生み、

新緑のグラデーションを恵む!

(投稿:ワイルド三太)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

浅間山山開き5/8

2022年05月08日 | イベント案内

神事が執り行われ、もろもろあって、急遽、神様の先導に

随行することになった。

神々と登るのは初めてだ。

 

湯の平シラビソ樹林帯のみ一部雪が残る。

 

黒斑のグリーンに白い雪が残り、印象的だった。

 

そして、ガンコウランの花をまじまじと見ることが出来た。

 

グリーンシーズン始まる。

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤマブキ

2022年05月03日 | イベント案内

七重八重花は咲けども山吹の・・・・

道路沿いの黄色はほぼこれ、ヤマブキです。

ネコの尻尾、ウワミズザクラも咲いてます。

林床には、名前の通り、ヒトリシズカが咲きます。

アズマイチゲやサクラソウは見栄えがします。

 

 

鹿沢周辺ではウワミズザクラくらいですが、里にはこれらの花々が見られます。

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野草園4/23

2022年04月24日 | イベント案内

ようやく見つけたショウジョウバカマ、陽当たりの良い所にひと株。

冬越しのヨレヨレ姿で花をつける。

 

ヤマドリゼンマイ

 

マルバダケブキ

 

ツリガネニンジン

 

ヤマトリカブト

 

カラマツソウ

 

ノアザミもしくはノハラアザミ

 

バイケイソウ

 

そしていたるところに生々しいニホンジカの足跡。

 

間もなく花も増えてくるでしょう!

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野に咲く

2022年04月21日 | イベント案内

春の野に咲く。

アズマシャクナゲ蕾み

 

アズマイチゲ

 

ミツバツチグリ

 

チョウジザクラ

 

ホソカエデ

 

アケビ蕾み

 

ミヤマウグイスカグラ

 

春の野に咲く。

(投稿:ワイルド三太)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鯉のぼりとキャベツ

2022年04月19日 | イベント案内

鯉のぼりは泳ぐ、元気よく。

 

畑ではキャベツの植え付けが始まっている。

 

ツバメは飛び交い、初夏を運んでくる。

すがすがしい春の訪れだ。

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シイタケカツ丼

2022年04月14日 | イベント案内

世にシイタケカツ丼なるものがあり、興味を持ち、食べてみた。

豚肉の代わりに肉厚大きめのシイタケを揚げ、カツ丼と同じようしたもだった。

・・・で、自分には、これは行ける!と思えた。

折も折、自家用の吾がシイタケは1cm以上の肉厚、

市場に出すことはこれっぽっちも考えていないので大きさも10cmほど、

シイタケカツ丼の具材に打って付けだ。

個人的な趣向としては豚肉半分、シイタケ半分くらいが良いかな!

楽しみだ!

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

池の平スノーハイキング

2022年03月25日 | 活動報告

3月23日、今年も雪の「池の平」に行ってきました。今年は降雪量が多く、さらに前日に降雪がかなり有り、この時期としては雪のコンディションは上々でした。参加者の履物はスノーシュー・SNOW HIKE・テレマークスキーと多彩でしたがゆっくり歩き、放開口でお昼を食べ、楽しいスノーハイキングができました。

雪の「池の平」湿原

 

第6リフトを利用、リフトの終点です。登山客やスノーシューのグループもいました。

 

「池の平」駐車場、夏は登山客・観光客でにぎわいます。

 

「池の平」に下ってきました。

 

放開口から小諸市・八ヶ岳方面、富士山も見えました。

 

放開口で昼食

 

放開口から湿原と雲上の丘方面

 

林道をたどって、スキー場に戻ります。

 

湯の丸スキー場第6ゲレンデ、遠景は湯ノ丸山と烏帽子岳

 

湯の丸スキー場・第6ゲレンデ基部に戻りました。

 

(投稿:ワイルド馴鹿)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

季節に逆行して黒斑へ

2022年03月17日 | イベント案内

フキノトウは4回採取、福寿草は一面に、オオイヌノフグリ、イヌナズナ、

ハコベは春分を待ちきれず咲く。

ヤマガラ、コガラ、ヒガラもさえずり出す。

猟を免れたキジは力強く羽ばたく。

オリオンは南の空に輝く。

もう全てが春を催促しているようだ!

・・・そんな気配に逆行して、シーズン最後の黒斑へ。

持参したスノーシューは不要と判断し、軽アイゼンを借りて登った。

軽アイゼンすら不要と思えた。

それは正解だった。

 

登山者はチラホラ、当方は手抜きの軽装、固く踏み固められた登山道を行く。

一歩踏み外すと腰あたりまで、場所によってはスッポリ埋まる。

トーミの頭の事故を受け、登山道入り口には注意看板が貼られていた。

後3回ほど雪の上に立ったら、ホワイトシーズンを終える予定だ。

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雪消えてフキノトウ

2022年03月11日 | イベント案内

今シーズン雪が多く、山は腰から胸あたりまでの雪だ。

我が家の庭も白一色だったが、ここ数日の暖かさで地面が出てきた。

見るとフキノトウ、花より団子、さっそく食べる。

ほろ苦い春の香り!

日だまりには福寿草、春に向かって加速する!

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春はそこまで

2022年02月24日 | イベント案内

積雪量多く、ようやく、軽トラで山林作業場に上がれるようになった。

雪面に残ったキジの足跡。

2月吉日ビニールハウスの中で蒔かれたキャベツ苗は、成長し、出番を待つ。

白一色の畑は、あと一月チョットでキャベツ苗が植えられる。

冬越しのカキドウシは間もなく花を付ける。

陽射しは暖かくなった。

神話によれば、農業の神デーメテールは、冥界から復帰し、

地上の植物は芽を出し花を咲か豊かな稔りもたらす。

春の訪れはそこまで来ている。

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どこの雪国?

2022年02月20日 | イベント案内

毎日、朝は雪掃きの作業になる。

 

 

 

どこの雪国?とおもいきや、嬬恋の我が家。

スパイク付きの長靴(冬の山林作業用)、スノーダンプ、ウエアー・手袋・バラクラバなどは、

アウトドアーのものを流用、原油高や停電とは無縁の薪ストーブ、食料もジャガイモやヤーコンは

自作したものストック、山の非常食を少しずつローテーションさせ食べる。

新聞配達のおじさんと話をした以外、しばらく人に会っていない。

江戸時代の古河藩主・土井利位(としつら)の雪華図説も初めて知った。

自分だったら、雪の結晶のトレードマークはどれにしようか、興味をそそる。

雪国と化した嬬恋で、ひっそり、雪と交流する。

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スノーシュー万座

2022年01月26日 | イベント案内

万座プリンスホテルのスノーシューコース、リフト利用で上がり、

動物コースを下りてくる。

 

積雪と装備、参加者の体力など考慮し、森に入ることもある。

積雪期しか見えないものもある。

コメツガの木に積もった雪

御飯(おめし)岳2160mや黒湯山2007mを望む。

背後は須坂市、長野県高山村だ。

2007年記念の黒湯山2007m登山を思い出した。

アニマルトラッキングやシラビソ、コメツガ、ダケカンバなどの木々、

パウダースノー、冬の魅力一杯のスノーシューイングだ。

(投稿:ワイルド三太)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする