KADOMIUMTANK ソフビブログ

ヘミングウェイの詩にこんなのがある。
「人生は素晴らしい 戦う価値がある」
後の方は賛成だ byモーガン・フリーマン

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デザインフェスタ36/ソフビ2日目

2012年11月12日 | イベントルポ


というわけで2日目も行ってきました デザインフェスタ36。
おとなの文化祭というのでしょうか、しばし日常を離れて
パッションが表現作業へと爆発する場所、デザインフェスタ。
自作品やアイテム、パフォーマンスは誰かの目に触れて新たな
触発を与えつつ、次のデザインフェスタへと熱気と
モチベーションが受け継がれていくことでしょう。

引き続きデザインフェスタ会場をステージに
疾風怒濤吹き荒れるソフビメーカーさんのブースの空気を
眺めつつ、会場で行われたいろんなパフォーマンスやARTも
見ていきましょう。会場に当日行ったヒトも、おや、こんなのがあったのか!
という展示や商品を発見することができたら幸いDeath。
ほんとにデザフェスは一期一会ですからね・



ソフビ関係でも、2日目にせっかくきたお客さんを退屈させまいと
メーカーさんも工夫を凝らしつつ初日家に帰ってから
ウケがよかったものを夜なべして増産し補充したメーカーさんもいた模様。
こういうところはフットワークの軽いインディーズソフビならではの面目躍如
というところですよネ。
2日目の新規展示品も気がついた範囲ではありますが載せてあります。

セレクションがタコ目線なのでアングラ・ハードコアダーク系のものが
多いかもしれんが(汗)とにかく自分はこの手のジャンルに目がないノダ・
パフォーマンスもこのデザフェスならでは、場になじんだツワモノたちが
今回も気合が入った演技披露してくれて楽しかったYO!




















NEWキャラぞくぞく増量!なMAXTOYさんのブース。










TOUMAさんが考案したMAXTOYさん向けの新ソフビキャラ2体(原型)。
怪人のようです。巨大ロボットに登場して戦う設定らしく、
搭乗機のほうも企画中との話でした。





MAXTOYさんのソフビシリーズ新機軸「モンスターブギ」。

まずはミニでネコ怪獣の主役格ネコロンとライバルの
ロボット怪獣・メカネコロン、ネコロン同様に怪獣化した犬の怪獣
プードラーなどが発売を予定。第一弾商品にはネゴラたちが
激闘を繰り広げる町をマッピングした「特撮セット」的な
特製イラストがつくのだとか。
もちろんイラストはMAXTOY総帥、マーク・ナガタ氏本人によるもの。
MAXTOYとの親交厚いTOUMAさんのサポートに加え
別な個性派アーティストさんのデザインサポートも予定。
キャラクターが多彩でにぎやかなシリーズになりそう。
ネゴラの生みの親の一人といえるTTTOYさんも原型師として
引き続き腕を振るうことでしょう。
キャプテンマックスや他のMAXTO怪獣たちと、新たに参入する新怪獣たちの
ソフビ商品を通した「決戦」場面も今後は増えていきそう。




もちろん従来のミニネゴラ、キングネゴラ、豆ネゴラの新規カラーも
販売していくとのことで、スタートする新怪獣シリーズと
おなじみネゴラたちとの両輪でMAXTOYソフビアイテムの展開が
加速していきそうです。



キグルミ系では大活躍だった下町を守る
ご当地オリジナルヒーロー「超装甲ジオブレード」メンバー。
3人ともなかなかイイ動きで
子供さんのみならず女の子たちからも声援を浴びてました。
スカル系のヒト(ルーニー・ザ・スカル=
ひとのこころをしはいするじゃしんていこくゾルドのかいじん、とのこと)
が悪役だけど「ござる」「たわけ」などといった時代劇チックな
言葉を披露しながら戦うなど、結構ひょうきんなキャラクターでした。



リクエストに応えてくれて、ヒロピンシーン!!
「殺すには惜しい娘じゃがここでお陀仏でござる」
「たすけてジオブレード!!」











会場でジオブレードたちと安部公房版を忠実に再現した
箱男が対決!!箱男の武器は水鉄砲だけなのに3対1でなぜか苦戦!!











この箱男、ちゃんと原作どおりに四半割のダンボールに
ビニールを雨よけに裏張りして強化してあるのだ。

さらにワッペンこじきや「偽箱男」に襲撃されたときの
ダメージも箱の表面に再現済み。箱男にうるさいタコもこれには大満足。

そうだ、自分もかぶらせてもらえばよかっ(突然の中断)。







ゾンビ絵師。回を増すごとに特殊メイクが緻密になっています。
今回はデビッド・クローネンバーグ監督もここまではやらなかった
ちん◎ガンまで自作・展示。













MAXTOYさんに最新展開をうかがっている途中なのに
目に入って、つい撮影に行ってしまった
うるわしのドーラートリオ。そうさせるものがあり、長身でキレイな
娘さんたちでした。



そふび道ブースは中央通路に面して長く伸びた
ソフビのショッピングモールといった感じのたたずまいで
いろんなお客さんがたちよって興味深く卓の上のカラフルな
ソフビたちに見入ってました。













自分がドールのようになって過ごすブース。雰囲気満点でした
ふだんもこんな部屋で生活してるそうです。いいな~




今回はきぐるみ率が高かった。オリジナルダークヒーロー、
ブラスを演じるマーミットの赤松氏も
「うーん、今回は増えたな~!」としみじみ実感しておられました。







会場内を獲物を求めて漂うコズミック・ハードボイルド
宇宙の賞金稼ぎ、ブラス!







ガスマスクを着け武装しピカレスクな日常にデカダンスなスタイルで
戦線布告し、さらにはアートで斬り込むダークヒロイングループユニット、
マスカーズさんの4人。
でも初日は4人ともシリアスにキャンバスに向かって
ガスマスク少女の絵を描いていたりして、マスクごしなので
表情はわからないけど真摯さに感心しました。





おやじの立体グッズばかり売っている、
「スーパーおやじフェスティバル」!!





上二枚は11月16日に開催される東京運河祭のイベント、
「キグルミ試着祭り」の広報担当者さんたち。会場は湯島アンダー
コンストラクションで午後7時~9時に開催。




「信長」「信玄」「光琳」などの有名歴史上人物たちの銘をこめた
ゴージャスな椅子を販売していたブース。








UKY DAYDREAMERさんのライブペイント、完成の図。
はるばる九州からの参加。
2日目も盛況で「ブースに立ち寄ってくれたみなさんありがとうございます」
と喜びをかみしめていました。







おどろおどろしくもキュートなベビーたちが集まった
モンチャイことモンスターチャイルドシリーズでおなじみ
a.k.productionさんのブース。



BLACK RABBITさんのイメージイラストボード。





またまた増殖していた常連の癒し系不思議キャラクターさん。



おなじみかんぶり屋さんのアノマロカリスぬいぐるみ。









POPな作風のイラストアーティスト、キッカワケイタ氏のオリジナルキャラクター
フィギュア新作、スーパーロボット・万歳獣ビッグサンダー。

http://www.keitymouse.com








キャストやレジンなどで作られたフィギュアもいろいろ見られました。







オリジナルキャラクター「CABIZOU」(カビゾウ)。



行列ができていた特殊メイクスタジオさん。








野台プロジェクトのブース。素敵なデザインの屋台「野台」を
極める造形探求ユニット。







2階の照明が暗い辺りにいつも出店しているホラーな展示スペース。
おどろおどろしいけど何か癒しムードも漂う不思議な場所。









ラテックス製も怪物の耳や手を売っていたスペースに
集っていたお客さん(?)



アパレルのお店にあった怪獣バッジのガチャポン。
人気で初日に売り切れていました。このそっけない感じのバックシートに
ついまわしたくなる秘密があるのかもしれません。




誰でもロリータになれるアニマル耳のお店。
その名もミミー。街のヒトに耳をつけてもらって撮影した
「ロリータ美少女写真集」もおいてありました。
被写体として男のヒトもけっこう映っていましたが。











なかよしさんブースにあったMAXTOYさんの装甲怪獣ザンガ。
とにかくデカい、つかおいしそうな色。
ヤモマークさんが「5000円くらいで売ってくれないかな」と
狙ってましたが。。。





サンガッツさんブースにあったバケネコ怪獣のパチソフビとして
今回投入されたなんともタイムリーなNECOCOLA(ネココラ)。



初日にナイスなうれゆきをしめし急遽2日目に投入された
黒い松茸師匠。これも完売しました。。。タコは初日の蓄光と
この黒も購入。





発売したばかりのぬらりひょんとはじかきの原作となる妖怪画。




2日目にMAXTOYさんのブースで販売された海外怪獣アーチストの
TROY STITH原型による公害怪獣「有毒」(YOUDOKU)。
「GOLILLA MOUTH」というメーカー名に聞き覚えのあるソフビファンも
多いことでしょう。MAXTOYさんはときどきこういうストレンジで
ホットなカイジュウスピリッツにあふれる現地アーチストの
怪獣造形を製品化してくれる懐の深さで定評があります。

この「有毒」も卓にあるのを半日見ていたんだけど
なんともいえない独特のテイストが気になって気になってしかたなくて
結局購入してきました。ミニソフビですが手も動き、
けっこうブニュブニュとした体表のディティールも細かいですよ。



ちょっとだけイタリアンホラーの「ゾンビ3」に出てくる男の子に
似てるのがしびれます。シバザキリカさんの龍之介。
結婚式や子供さんが誕生したときなどに
プレゼントするメッセージドールみたいな方向のニーズも
考えておられるようですが、このほんわか系のキャラながら
けっこうGOTH者がそそられる顔立ちでは
あります。実際今回ゾンビカラーもリリースされましたしネ。
なんと龍之介の原型担当はミロクトイさんだったりします。
そう書くとミョ~に気になってきたりしませんか。





「ARIさん」「GORIさん」などのステイショナリーと玩具の中間で
デスクの仲間を提供してくれるTAMA FACTORYさんから新製品が登場。
今度はペンを持っていてくれるロボット君。人気があるんですね、
初日でどの商品も完売していました。





黒づくめでカッチョイイ、からす天狗のレイヤーさん。



おみくじ神社のキツネさん。





2日目にヤモマークさんのブースにあった
ヤバいマークのブラシワークが施されているゴルゴンゾーラ。















怪獣美術研究所さんによる「東京怪獣景観」プロジェクトのブース。
2人の若い怪獣アーチストがそれぞれイラストと造形を担当して、
東京の街中や憧憬あふれる日本の原風景の中に出現した怪獣の物語を
立体物とCGイラストで表現していました。

聞くとウルトラマンパワードやネオス頃のウルトラ、
平成ガメラなどの怪獣映画に触れて育った世代なのだそう。
確かに山口修氏のデザインラインなどの洗礼を受けてる気配ですが
ツボを押さえたビジュアルの怪獣たち、何より佇まいが精悍で
愛がこもっています。心なしか「若さみなぎる怪獣」って感じが
しませんか。白い怪獣は初日にこのブースに感動してファンのヒトが
展示にと持ってきてくれたのだとか。怪獣ファンはやはり熱いですね。

さきに終了した庵野・樋口コンビによる「特撮博物館」も
しっかり見てきたそうです。
最近は怪獣の活躍する機会がメディアなどで減ってきたので
怪獣のかっこよさや豊穣な存在感に再度目を向けてくれるヒトが
増えるとうれしいですね。
怪獣者としては2人の展開に期待したいところです。



タコスの女。売り物のオブジェです。




店の売り子さんが空いてるブースに座っていたダミー人形。
実はヒトが入ってて駅前のピエロパフォーマンスみたいに
急に動き出すんじゃないかとか勝手に勘ぐってたんですが
ちょっと見、「SAW」のキャラみたいでこわいです。





勲章屋さん。









カッチョイイ甲冑鞄。





戦国美少女ものがトレンドですが、こちらは新機軸、
「将棋擬人化計画」。





ステキなGOTHおねえさまトリオ。



なんだかプチ撮影会状態でみんなに撮られていた女の子。




今回は動いているところをとうとう見なかったエコポン。



カッチョイイお店。原宿とかスペイン坂にありそう。















世界征服少女地帯さん。少子化の現代にあって、あえて
「子供さんが読むようなストレートな少女漫画を描きたい」と
日々鍛錬を積んでいる作家さん。
手にしているのはオリジナルデザインのファンシーキャラクター
なのだそう。









デザフェスという学校の楽しい学習発表の場、「文化祭」









妖怪食堂でもおなじみ、天狗アートさんのお店も。



デザフェスの間中ずっとマージャンをやっているブース。












(デザインフェスタ36その③に続きます。。。)

【Overkill/Motorhead】
http://www.youtube.com/watch?v=3VNUyjRRjxM

【Bad Woman/Motorhead 】
http://www.youtube.com/watch?v=c0N_nJebVak

【Stone Dead Foever/Motorhead】
http://www.youtube.com/watch?v=JBFhvEQMPME
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« デザインフェスタ36ソフビ | トップ | デザインフェスタ36③ソフビ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
超装甲ジオブレードです! (ジオブレード・ヒカル)
2012-11-13 23:47:35
こんばんは!
デザフェスでは、ありがとうございました!
急遽、行く事になり、少ししかいられなかったのですが、またデザフェスで声をかけてくださいね!
Unknown (タコペッティ)
2012-11-14 10:44:27
>ジオブレードヒカルさま

こんにちわ!こちらこそデザフェスでは
御三方にかっこいいパフォーマンスをお見せいただき
感謝です。
少ししかいられなかったのですか。自分は
何箇所かで活躍しているところに出くわして
いたので、運がよかったんですね。

ヒーローものの基本を押さえていて、親しみもあるし
華のあるイイキャラになってきましたね。
画像を編集しながら見てみるとシューティング
ポーズとか、戦う前の「ため」のポーズなどよく
特撮の始祖的作品を観て自分のものにしようと
研究しているんだなと思いました。

今後もイベント等で見かけたらぜひまた
撮影させてください。
そうそう、お二人にもよろしく。
どうもありがとうございました。
デザフェスではありがとうございました (キッカワケイタ)
2012-11-14 16:12:11
こんにちは

デザフェスではブースにお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
こちらのブログもよく拝見させていただいてましたのでタコペッティさんかなとは思っていたのですが、
『タコさんですか?』って言って間違えた時に変な空気になるのが怖くて声をかけれませんでした・・・スミマセン。
これからも色々と作っていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。
Unknown (タコペッティ)
2012-11-14 21:50:09
>キッカワケイタさま

こんばんわ!こちらこそ製品のお写真を載せさせて
いただいたのですが撮った写真で社名を確認できず
調べているところでした。

記事のほうにもお名前を添えておきましたので
タイミングよく書き込みいただき助かりました。
自分も印象に残っていたかわいらしいポップなロボットの
フィギュアを販売されており、紹介できて幸いです。

えー、このブログをみていただいてたんですか。
お恥ずかしいというかうれしいというか(汗笑)とにかく
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
Unknown (キッカワケイタ)
2012-11-15 08:49:29
色々とお気遣いありがとうございます。

僕も好きで色々と集めてたりするので、
こちらのブログは結構前から覗かせてもらってます。

こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを投稿

イベントルポ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事