■日タイ&アジアの新潮流を探る■ 國際ソ-シァル情報サイト(Jtiro.Jpn) Copyright:2019

■「21世紀は日本とアジアとの協働の時代」■ Editor(K.Yamada)

■栄光の自立

2019-03-20 14:50:47 | ●時流
今回の府市クロス選挙に勝利すれば、大阪は都市としてのレベルが格段に上がり、大転換を遂げる気がする。そこで既成政党が惨敗すれば自公連立やマンネリの政党運営も変わるかもしれない。「大阪維新」は中央からの補助金に依存せず、既得権益を排して地域を自立させていこうという革新的政治集団である。その躍進はもしかしたら日本全体に変革の動きをもたらすかもしれないし、逆に今回、負ければ日本は衰退の一路をたどるかもしれない。それくらい私は大阪の選挙に注目している。商都大阪の自立こそ、新しい都市が目指す栄光の試金石になると思う。 . . . 本文を読む
コメント

■Head Line News 3月)

2019-03-18 13:00:39 | ●Head Line News
●あと、1ヶ月で平成が終る。平成の30年の国の足跡は、まがいなく私どもの足跡でもある。まずは、なによりも平和であることを共に喜ぶ気持ちを共有したい。そして、米中の覇権争いが募る矢先、「21世紀は、日本とアジアの協働の時代」という私どものスローガンを改めて見つめなおしたいと思う。 . . . 本文を読む
コメント

■平成の軌跡(3)

2019-03-10 13:14:03 | ●平成の時代
■■■■■■■■■■■■平成の軌跡(3)■■■■■■■■■■■■■「ロングスティ事はじめ」●欧州では、「シルバー・コロンビア計画]という、海浜や山岳リゾートによる高齢者のロングステイが、戦後はやくから実現していた。日本でも通産省が、毎年増え続ける定年後の高齢者が、常に生甲斐を持って余後を過ごすための構想を検討していた。折しもこの日本の構想が、自国の観光インフラを生かして日本の定年高齢者をロングステ . . . 本文を読む
コメント

■平成最後の3月歳時記

2019-03-02 12:38:56 | ●歳時記
■■■■■■■■■■■3月の歳時記■■■■■■■■■■■■「ことの始まり」●改めて「日本の四季」と「日本のしきたり」が見直されている。インバウンドで日本を訪れる外国人の趣向から、再発見される事が多いという。最近よく使われる言葉に「モノ」と「こと」がある。 総じて「モノ」とは商品を指し、「こと」とは、習慣やしきたりをさす。●年を追うごとに拡大する訪日外国人の爆買いは、まさに日本にとって「モノ」売りで . . . 本文を読む
コメント

■平成の軌跡(2)

2019-02-20 18:23:49 | ●平成の時代
■■■■■■■■■■■平成の軌跡  (2)■■■■■■■■■■■■「昭和から平成へ」  ●あと2ヶ月で平成が、終わる。ゼロからスタートの戦後復興、そして安定成長に沸いた昭和の時代から、激動と低迷に揺れ動いた平成の時代へ。平成は「失われた20年」という経済の大停滞をもたらした大苦難の時代だった。しかし、タイやASEAN諸国との交易や交流では、格別の進展と飛躍があった。■「タイ政経の軌跡」● . . . 本文を読む
コメント

■平成の軌跡(1)

2019-02-12 18:32:58 | ●平成の時代
■■■■■■■■■■■平成の軌跡  (1)■■■■■■■■■■■平成の終わりに!■「昭和から平成へ」 ●あと2ヶ月で平成が、幕を閉じる。昭和は復興と高度成長の時代」だったが、平成は「危機と停滞の時代」だった。ゼロスタートからの戦後復興、そして安定成長に沸いた昭和から、激動と低迷に揺れ動く平成へ。その平成は、バブルの崩壊と2つの大震災で、「失われた20年」という経済の大停滞をもたらした。 . . . 本文を読む
コメント

■平成最後の2月歳時記

2019-02-02 12:17:36 | ●歳時記
■■■■■■■■■■■如月の歳時記■■■■■■■■■■■ February■「花鳥風月を愛でる」●日本の2月は、一番の寒さのために重ね着を着込むために、古くから「着更着」(きさらぎ)といわれ、別に「衣更月」とも言われてきた。●私の書斎にあるカレンダーは、昨年の「さらい」から、雑誌「和楽」の「若冲&其一」カレンダーに替わった。なかなかの趣である。1月の若冲「竹梅双鶴図」、そして、2月は鈴木其一の「椿 . . . 本文を読む
コメント

■大変革の時代

2019-01-27 14:46:34 | ●シニアの生き方
■■■■■■■■■■■■人生百歳時代■■■■■■■■■■■■■■大変革の時代■■●30年続いた平成は、あと3ヶ月で終わる。そしてポスト平成が始まる。先日の深夜、NHKラジオ深夜便「千夜一夜」で、作家、五木寛之さんの対談「人生百歳時代をどう生きる」を聞いた。             ●その要 . . . 本文を読む
コメント

■Head Line News 1

2019-01-19 22:09:43 | ●Head Line News
「Head Line News」(Jan.2019)    ■■タイの最新情報■■■■■■■■■■■■■■■■■■■「国王の戴冠式」 ●タイ王室は、ワチラロンコン国王の戴冠式を5月4日行うと発表した。タイ国王の戴冠式は、プミポン前国王以来69年ぶりとなる。  ■「民政選挙と政党支持率」●民政復帰のための総選挙は、2月24日実施の公算が大きい。但し一方で国王の載冠式を理由に . . . 本文を読む
コメント

■天皇のご苦労

2019-01-07 13:51:00 | ●平成の時代
■■■平成天皇■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■「天皇のご苦労」●来る4月には平成天皇が生前退位し、平成は終りを告げる。そして新天皇が即位し、新元号に代わる。 俗にシニアと言っても、いまや数少ない昭和シングル生まれの私どもは昭和と平成2つの時代を生き抜いてきた。振り返るとそれは戦争、敗戦、再興、国際化と、まさに波乱万丈の道のりだった。平成天皇も同じ世代として85歳の今日まで 気配りの多い国 . . . 本文を読む
コメント

■歳時記1月

2019-01-03 12:27:16 | ●歳時記
■■■正月の歳時記■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ■「皇紀2679年」●日本は今年、皇紀2679年という事になる。 日本書紀にある史実にもとずき太陽暦に変換すると、日本は、紀元前660年に神武天皇により建国された、世界的に見て最古の皇統国家である。 日本ほど素晴らしい歴史を持つ国はない。●その日本では古くから正月を大切に扱うが、欧米やアジアは日本ほどではない。宗教感の違いからだろうか。 確 . . . 本文を読む
コメント

■2019年(平成31年)賀正

2019-01-01 22:46:38 | ●jtiro挨拶状
■■■■■■■■■■一陽来福■■■■■■■■■■ 賀正 明けましておめでとうございます。新年のご多幸をお祈りします。今年も よろしくお願いします。Happy NewYear  May thisyear be happy and fruitful  初暦知らぬ月日の美しく  吉屋信子         ■平成31年はーー●西 . . . 本文を読む
コメント

■師走を彩る終い弘法

2018-12-24 00:02:33 | ●日本のお寺
■■■■■■■■■■■■終い弘法■■■■■■■■■■■■■「平成終りの師走」●12月を旧暦で師走(しわす)という。その師走もあと数日となった。平成最後の師走ともなれば、想いはまた格別である。 「人間にとって最高の幸福とは、一年の終わりにおける自己を、 その一年の始めよりも、はるかに良くなったと感じることである」ロシアの作家トルストイは人々に1年の思いを、そのように示唆している。 要は、楽天的に前 . . . 本文を読む
コメント

■微笑みの国の復活なるか。

2018-12-15 16:50:56 | ●政治と行政
■■■■■■■■■■蘇るか 微笑みの国■■■■■■■■■■■「微笑みを忘れたタイ」●2014年のクデター後,暫定軍事政権が樹立されてからから、4年半が経過。やっと来年2月の総選挙の実施が発表された。通常、クデターで生まれた暫定軍事政権は,総選挙による新政権が出来るまでの暫定的な政権のはずだが、いつしか4年半にもなり、内外から、軍部の横暴ではないかとの批判の声が挙っていた。そして、かって「微笑みの国 . . . 本文を読む
コメント

■師走の歳時記

2018-12-02 15:17:07 | ●歳時記
■■■■■■■■■■平成最後の師走■■■■■■■■■■ ■「年の暮れ」      面白し雪にやならん冬の雨 芭蕉●平成最後の師走である。師走とは、この一年、無事に終わりますようにとの願いが込められた古くからの季節の言葉でもある。しかし平成最後の師走は、終わりの終りまで平成には終りそうにない予感がしてならない。■「一年を顧みる」振り返れば、内外ともに . . . 本文を読む
コメント