平成徒然草

衛星通信つれづれなるままに…。 JE1CVL Kuge Fumio
衛星ごとに初回交信のみQSLカードを発行します。

衛星通信記録9月21日(金)

2018-09-21 07:57:05 | アマチュア無線

本日午前7時雨17.7℃ 涼しいを通り越して寒い感じ

 【はやぶさ2】探査ロボット2台投下。9月21日午後1時30分切り離されたことが確認された。1枚目の画像は9月12日、2枚目の画像は今日

 【Meteor-M N2】09:14 秋雨前線の影響か雲が多い、お彼岸の3連休天気はどうなるか

【SO-50】10:17 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6EGM JA1FMU 良好なパスでした。途中で切り上げてAO-92へ

【SO-50はなぜアップしにくいか】
1 原因:
   原因は良く分かりませんが、違法地上局信号の抑圧も一因と考えられます。
   ちなみに、衛星が太平洋上を通過する時は調子が良い感じです。
   すごく調子の良い時もあります。この時は簡単にアップします。
   5Wもあればらくらくアップします。
2 対応策 
   ①74.4Hzのトーンを送った時、中継器が10分間動作する仕組みになって
   いるので、時々重畳(ちょうじょう)して送信してみると良いかも知れません。
   このとき瞬時に重畳トーンを切り替える方法は、各自の工夫によります。
   ※67.0Hzと一緒に重畳するのは原理的に無理でしょう。
       マイクゲインを上げ過ぎるとToneがマスクされてしまってアップが
   旨く行かない場合があるので注意が必要です。
   時々そのような局が見受けられます。
   ②アップの偏波を変えてみる。アンテナ垂直系が多いと思いますが、
   水平、あるいはクロス八木などの円偏波を試すと良いと思います。
   偏波を切り替え式にするには工夫が必要です。

 【AO-92】「Fox-1D」10:22 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JI1VOG JA6EGM JA1FMU JA2MJA 〇〇1LBYという音声が最後の方で聞こえましたが、JAの局ではない感じでした。

【衛星カード】9月29日打ち上げ予定5機分の衛星カードを作ってみました。情報を書き込んで使います。大きさ:A5

【アマチュア無線という趣味について考える】世の中に趣味と言われるものは五万とあり、アマチュア無線も趣味の一つです。趣味もその内容はこれまた多岐にわたり、その中には様々なジャンルがあります。アマチュア無線にあってもいろいろなジャンルを多くの人が楽しんでいます。DX、衛星通信、EME、マイクロ波、長波、ARDF、APRS、D-STAR、QRP、CW、デジタル、データ通信、画像などキリがないほどあります当Blogの場合は「衛星通信」ですが、一応衛星通信の全分野をオーソライズしておきたい考えで取り組んでいます「趣味にどれだけお金を掛けるか」という問題がありますが、当Blogの場合はそこそこです。人工衛星を追う場合、自動追尾は必須と考え、少し投資しました。とは言ってもYAESUの「G-5500」が7万3千円。そのG-5500をコントロールするクライアントコンピューターとしての「PIC-NIC」が7,800円。アンテナは2mと430の八木アンテナが合わせて3万5千円程度、アンテナ直下型のプリアンプV/U2台(中古品)それくらいです。それからスペックの良いPCもこれは必要なものなので「Corei7」のPCを使っています。リグはFT-847が今のところ良く動いてくれているので愛用しています衛星通信にはマイクロ波も使われますが5.8GHzをオーソライズするとなるとその設備を整える投資が必要となっています。趣味はキリがないですが、これからも「そこそこ」に考えて取り組んで行きたいと思っています。

【AO-91】「RadFxSat」12:19 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6PL ■受信 JI1VOG JA2NLT JH1JBP JA3FWT ◆Payloads:75

【FO-29】16:52 ■交信(SSB)JA1AZR CW:-330Hz SSB:980Hz :完全ループを採るためにアップ周波数を調整した周波数 CWとSSBではキャリアの位置が違いますので、当然のことながら数値は違います。このパスではCWのTone低すぎで調整していた。通常その差は700~800Hzのはず

コメント

衛星通信記録9月20日(木)

2018-09-20 08:09:47 | アマチュア無線

本日午前7時曇り19.7℃

 【Meteor-M N2】07:54 GNU Radio + Meteor GIS

【AO-85】「Fox-1A」18:58 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA2WXN/2 JA6EGM JA3FWT ■受信 7J1ADJ/JR6 JA2NLT 19:08′19″にOFFになりましたPayloads:66

【FO-29】19:04 ■交信(SSB)JA3IKC JA3FWT ■受信(SSB)R0CQ E21EJC ほかCW運用局数局 790Hz

【SO-50】20:05 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA2NLT JA6EGM ■受信 UA0S?N JM1DVI 良く上がり、とても良好なパスでした。

コメント

衛星通信記録9月19日(水)

2018-09-19 08:18:39 | アマチュア無線

本日午前7時薄曇り20.3℃

【AO-85全日照】夕べ19:48のパスでは、FM Transponder ONでした。MY Blog 9月8日に書いていました「9月16日から21日まではAO-85は全日照になるので、そんな時は夜間もONになるかもしれない」今夜18:33(最大仰角72.4°∠)20:14(最大仰角16.0°∠)のパス、ONになるかどうか確認して見たいと思います。いずれにしても通常はAuto Safe Mode になっていて、衛星の電源状態により夜はOFFになる場合が多い現状です。

Working 08:30~17:00

【FO-29】18:14 ■交信(SSB)JA3IKC JA6PL 630Hz

【AO-85】「Fox-1A」18:33 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JR6DI JA1SCE JA2NLT JA2WXN/2 ■受信 JA1FMU Payloads:58 

【AO-85】「Fox-1A」20:14 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JR2NPC 7J1ADJ/JR6 Payloads:45

 全日照の真実 

  AO-85は現在、四六時中太陽が当たっている「全日照」となっていますので、衛星の電源環境は良い状態と言えます。そのためSafeModeではなく、夜間もFM TransponderがONになっていました。21日まで後2日全日照ですが、その後も日陰率はそんなに高くないようですが、SafeModeはどうなるでしょうか。注目して行きたいと思います1枚目の画像:DUVを受信、HKデータをリアルタイムで見ることが出来ます「Computer」の枠、下の方「Safe Mode」「Auto Safe Mode」とも「FALSE:偽り」つまり「セーフモード」じゃない「オートセーフモード」じゃない。

【SO-50】21:20 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JF1PTU JA2NLT JR6DI JM1DVI

【AO-92】「Fox-1D」21:38 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JR6DI JA6PL JA1SCE ■受信 JI1VOG JA3FWT JF1PTU Payloads:91 JR6DI局へ問う「沖縄、今仰角何度ですかぁー」「33度でーす」「33度了解、こちら12度でーす」北上のパスですから、沖縄の方が早く仰角が高くなるのは分かっているのですが、念のため聞いて見たところ、当局のロケーション「1309:埼玉県飯能市」とは21度の差がありました。当局のロケーションでLOS近くになると沖縄では「すでにLOS」ということもあり得ます。 

コメント

衛星通信記録9月18日(火)

2018-09-18 08:49:54 | アマチュア無線

本日午前7時晴れ23.4℃

 【Meteor-M N2】08:34 GNU Radio + Meteor GIS 日本列島まずまずの天気、少し秋めいて来たか

【芙蓉】つきなみですが、たびたび登場

【AO-91】「RadFxSat」12:51 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JS6DRQ JA6PL JA6EGM JA4GVA JA1SCE Payloads:66

【AO-85】「Fox-1A」19:48 ■交信(FM:Tone67.0Hz)7J1ADJ/JR6 DS2BWU ■受信 JH2AMN Payloads:77

【AO-92】「Fox-1D」20:25 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA3BLK JA2NLT JK2XXK ■受信 JA6EGM JH2AMN JE4UOF R0CBG Payloads:48 

 

コメント

衛星通信記録9月17日(月)

2018-09-17 09:09:08 | アマチュア無線

本日午前7時晴れ24.5℃ 敬老の日 祝日

 【Meteor-M N2】08:54 日本列島の真上を通る天頂パス。ノイズも少なく安定した画像が採れました。天頂から北の子午線を通るパスでしたので、途中でアンテナが反転しないようにフリップモードで追いましたSDR# + Meteor GIS Meteor GISは画像処理プログラム。QPSK DemodulatorをOFF~SDR#をOFFにすると画像処理が始まります。その時PCのCPUクーリングファンが回り始めます。相当の情報処理量で、PCの能力をフルに活用しているようです。画像処理は直ぐには終わらず、2~3分ないしそれ以上の時間がかかる場合があります信号が強い時は、4値PSKのConstellation(星座)の丸が小さくなります。逆に丸が大きい時は信号が弱い訳ですが、丸が4つ出ていればデコードします。

【AO-91】「RadFxSat」12:28 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6PL JA1CPA JA1SCE ■受信 JA2NLT

【SO-50】20:36 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA0CAW ■受信 JA2NLT 良好なパスでした。 

コメント

衛星通信記録9月16日(日)

2018-09-16 11:32:15 | アマチュア無線

本日午前7時曇り21.0℃

【SO-50】11:32 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA1FMU ほかにはいませんでした。良好なパス

コメント

衛星通信記録9月15日(土)

2018-09-15 09:16:10 | アマチュア無線

本日午前7時雨20.0℃ 9時頃かなり降っています。

【Falcon SAT-3】08:42 ■交信(FM Digipeating:UISS)JA5BLZ JA0CAW 最後にALL宛て「All Good job」を上げて終わりにしようと思ったら、LOSに近くなり信号強度下がって上がりませんでした。

【AO-92】「Fox-1D」09:18 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JH1KYB JA6EGM ■受信 JA2NLT Payloads:53

【Meteor-M N2】09:34 Constellation(星座)の4値PSKは、はっきり4つの丸が見えているのに「LRPT Analizer」に画像が現れませんでした。衛星側の異常と思われます。最初「GNU Radio」で受信を始めたのですが、このソフトの具合が悪いのかと思い、直ぐSDR#に切り替えて受信しましたが、同じ症状でした。

 【FM放送】ローカルFM局「Nack5(ナックファイブ):浦和」をSDR#とGNU Radioで受信。良く聞こえます。

【AO-92】「Fox-1D」10:52 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6PL JA3FWT ■受信 7J1ADJ/JR6 Payloads:49 BX2ABTは台湾の局、この前もDUVレポート上げてました。BG8IXQは中国重慶市(じゅうけいし:チョンチンシ)の局。市域の人口3022万人で世界最大の都市。かなり内陸ですが西低仰角のパスでしたので、重慶市も十分フットプリントに入っていました。DUVのTelemetry受信に挑戦している局のようです。

【FO-29】16:39「アナログトランスポンダー搭載衛星」■交信(SSB)JA2NLT ■受信(SSB)JK1AFI JA2NJA 770Hz 後半信号弱くなって来ました。

【AO-92】「Fox-1D」21:26 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JR6DI JK2XXK JA6EGM ■受信 JA2NLT JR6AZ JS6DRQ JR2NPC JE4UOF JH1JBP DS2BWU ◇ミドルとラストレターが「BG」の局。当局の交信記録リストに出てくのは「9M6YBG」と「JR6OBG」だが?土曜の夜まだ宵のうち、当局を含めて11局がQRV、ご同慶の至りであります。Payloads:74

【GitHub】開発者にはなれませんが…。

 

コメント

衛星通信記録9月14日(金)

2018-09-14 07:32:24 | アマチュア無線

本日午前7時雨20.1℃ 涼しい

 【Meteor-M N2】08:13 & 09:54 Windows版 GNU Radioで受信 NOAA-18が同時飛来でノイズが入っていましたが、Meteor GISが画像処理段階で補正したようです。2パス合成画像

【AO-92】「Fox-1D」09:39 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA2NLT JA6PL JA6EGM ■受信 JA1FMU JF1EUY JN1UBO JP7BNO JA3FWT  :Newcomer

 【時間のずれ】「WSJT」の場合、各モードとも時間のずれがあるとそれはデコードに影響するようです。地上局同士でもWSJT通信では、PCの内蔵時計をお互い正確に合わせておくことが必要となっています。

【SO-50】12:22 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA4GVA 良好なパスでした。お昼のため途中で切り上げ

【AO-92】「Fox-1D」■交信(FM:Tone67.0Hz)JA0CAW JA2NLT JA3FWT

コメント

衛星通信記録9月13日(木)

2018-09-13 13:05:48 | アマチュア無線

本日午前7時薄曇り18.0℃

【AO-92】「Fox-1D」20:34 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JE4UOF JA2NLT JA1AZR JK2XXK ■受信 JH2AMN ⇐呼びましたが応答確認出来ませんでした。

【AO-85】「Fox-1A」21:05 終始セーフモードでFM Transponder ONになりませんでした。Voicebeaconは2分10秒毎に5回出ました。2個2個2個で合計Payloads:6

【AO-92】「Fox-1D」22:08 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JR6DI JA6PL JK2XXK ■受信 7J1ADJ/JR6

【SO-50】22:10 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA2NLT 7J1ADJ/JR6  

コメント

衛星通信記録9月12日(水)

2018-09-12 07:49:00 | アマチュア無線

本日午前7時快晴22.0℃ 涼しい朝

Working 08:30~17:00

【AO-85】「Fox-1A」20:40 終始セーフモードでFM Transponder ONになりませんでした。最初のVoice Beaconは一瞬出ただけで音声無し(20:42′57″)以後2分10秒毎にパス中合計5回出ました。1個2個2個で合計Payloads:5

【AO-92】「Fox-1D」20:54 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JS6DRQ JA1AZR JR0UIU/1(1113:厚木市)JA2NLT JK2XXK ■受信 JH2AMN JA2MJA JR2NPC

コメント

衛星通信記録9月11日(火)

2018-09-11 08:03:05 | アマチュア無線

本日午前7時雨21.0℃ 相当涼しい

【AO-92】「Fox-1D」09:07 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA0CAW JA3BLK JA6EGM JA2NLT 違法地上局アップ周波数への混信「435.340~435.360MHz」

 【Meteor-M N2】09:13 GNU Radio + Meteor GIS で受信

【AO-92】「Fox-1D」10:41 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6EGM ■受信 JA1FMU⇐聞こえたような気がしたが?一旦切れましたが、10:46′35″にVoiceBeaconが流れその直後ONになりました。途切れていたEGMさんと応答確認。その後LOS近くになってまたOFFになりました。再度ONに出来ず。

【AO-73の現状】「FUN Cube -1」NORADカタログナンバー「39444」『太陽が当たり過ぎて困っている』人工衛星は地球の周りを回っているので、少なからず地磁気の影響を受けています。その地磁気の影響を受けている衛星の中で、電線に電流が流れるとどうなるでしょう。フレミングの左手の法則で「ある方向に力が働く」ということで、無重力状態ではこの力は無視することが出来ないようです。太陽電池で発電された電流が衛星内部でバッテリーの充電などで流れ、力が働くと「衛星がスピンする原因となる」と解説されていますAO-73は現在「全日照」でこの状態が8か月間続くとのことです。そんなこともあり得るのですね。したがって夜間運用モード、つまり「Linear Transponder ON」にすることが出来ず、High Power Beaconモードのままで今後推移するようです。合わせて前述のように太陽電池パネルの発電量が多いのでスピンを引き起こす可能性のある電流が常に流れている状態とのことです。太陽が当たり過ぎても困る。

【AO-91】「RadFxSat」11:54 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA2NLT JA6PL JA2WXN/2(浜松市内Mobile半固定)JA3FWT ■受信 JP7BNO JI1VOG 11:55′10″にVoice Beaconが流れました「This is Amatuer Radio Satellite Fox-1B」まだOFFでしたので、67.0HzのToneを重畳した信号を長押ししたらONになったような気がします。 Payloads:71 

【Fox-1シリーズ衛星の現状】このシリーズの各衛星はスピンがあり、それは「QSB」となって、受信信号に強弱があります。スピンはアップにも影響していると思います。つまり偏波が合わない時は上がりずらいということになります。衛星毎にスピンの周期は違いますが、QSBの山を待てば上がりますし、聞きやすくなりますアップ周波数に地上違法局の酷い混信があることはご承知のとおりですが、昔から無線に混信は付き物で相手は違法と言いながら現状どうすることも出来ません。そんなことにめげていてはいけません。酷い混信の中で最良の交信法を見つけましょう。違法の輩(やから)には「天中殺」が下ることを念じてFox-1シリーズ衛星にQRVしている局は私のリストでは114局になりました。ご同慶の至りであります。出来るだけニューカマーの局を呼ぶように心がけているつもりですが「聞こえる」「呼ぶ」「応答がない」こんなことが多く、なかなか交信に至りません。この原因は違法局の混信ですが、QSBの場合もあります。混信は止まる時がありますし、混信とQSBを回避する旨いタイミングで交信可能です。いずれにしてもめげずに交信を楽しみましょうFox-1シリーズ衛星4機目の「Fox 1C(Fox 1 Cliff)」は当初9月30日に打ち上げ予定でスケジュールに出ていましたが、延期になったようです「xx.11.2018」となっていますから、11月まで待つようです。

【AO-85】「Fox-1A」20:15 最初のうちVoice Beacon 聞こえず。20:20′55″に最初のVoiceBeacon流れる(2個)次いで20:23′05″に2回目、信号弱くゼロ 20:25′15″に3回目出る。LOS近くでしたが、信号強く2個都合Payloads:4

【AO-92】「Fox-1D」21:15 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JR6DI JA6PL JA2NLT JR0UIU/1 JA3FWT ■受信 JS6DRQ JK2XXK JR2NPC DS2BWU 〇〇〇TYC

【AO-85】「Fox-1A」21:15 ◆セーフモードでFM Transponder ONになりませんでした。最初のVoice Beaconは捉えず、22:14′14″以後2分10秒ごとに計3回受信、最後22:06′44″のVoicebeaconは聞こえませんでしたよってPayloads:6

コメント

衛星通信記録9月10日(月)

2018-09-10 07:35:30 | アマチュア無線

本日午前7時薄曇り24.0℃

【AO-85】「Fox-1A」07:20 混信もなく良く上がりました。後半07:28′35″頃OFFになりそのままでした。Payloads:39

【Meteor-M N2】07:53 JA0CAWさんに紹介していただいたので、Windows版「GNURadio」でMeteor-M N2の信号を受信して見ました。

Working 08:30~17:00

コメント (2)

衛星通信記録9月9日(日)

2018-09-09 07:53:26 | アマチュア無線

本日午前7時曇り22.0℃

【Meteor-M N2】08:13

【AO-92】「Fox-1D」09:48 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6PL JK2XXK ■受信 JA2NLT JR4XME JA6EGM JE4UOF JJ0TUC JA4GVA JA1FMU

◆↑前半は混信がなく良好。09:55、09:58頃JAと東南アジアの違法局の混信が出て来てしまいました。今日は日曜日、当局を含めて10局がQRV交互に交信、にぎやか、ご同慶の至りであります。

【AO-92】「Fox-1D」21:56 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JK2XXK ■受信 JR6DI JA6PL JA0CAW JA5BLZ JA6EGM

【ニュースミニミニ】

11日(火)朝予定の「こうのとり」打ち上げ延期

スーパーカミオカンデ内部報道公開「光電子増倍管」11,100本 

コメント

衛星通信記録9月8日(土)

2018-09-08 09:22:07 | アマチュア無線

本日午前7時晴れ24.5℃

  【Fox-1衛星の健康状態】毎回、Telemetryを受信してHouse Keeping dataを掌握しながら、それを読み解くことを怠っていました。もっと良く凝視すべきでしたSafeModeが「FALSE:偽り」はセーフモードになっていないということですから、FM Transponderが使える状態「TRUE:真実」はセーフモードになっているということで、使えないことになります。AO-85の夕べ21:56のパスでは「SafeMode TRUE」でしたから、どうやってもONに出来なかった訳です。ただし、どんな時にSafeModeがONになるのか理解出来ていません。常識的には衛星のバッテリー電圧が下がってくれば、バッテリーの浪費を防ぐためSafeModeになるのだろうと思われます。それが「Auto Safe Mode TRUE」でしょう。SafeModeの様子は飛来した時受信したTelemetryで確認出来るほか「Fox Server Leaderboard」のサイトでも確認出来ます今朝のAO-85、06:30と08:11のパス追いませんでしたが、Serverで確認(3番目の画像)するとSafeModeにはなっていませんので使えたはずです。それとJH4XSY/1さんが8個DUVをPayloadsしていますので、ONであったことも分かります。昼間はONになるのかも知れません。とは言ってもIllminationを見ると「いつも昼間に近い」状態なのですが…。その辺のところが良く分かりません。だんだん面白くなって来ましたので、今後も注視して行きます。例えば9月16日から9月21日までAO-85は全日照になりますので、その時はバッテリーの状態は良いはずで、そんな時は昼も夜もSafeModeにはならないのかどうかなど最初の画像は今朝のAO-92、2番目が昨夜21:56のAO-85(再掲)、3番目の画像がServerにあるAO-85のHKデータ

【AO-92】「Fox-1D」08:36 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JK2XXK Payloads:20

【AO-92】「Fox-1D」10:08 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6EGM JA6PL JK2XXK ■受信 JI1VOG JA1CPA JA4GVA DS2BWU JA2NLT JR6DI

 

コメント

衛星通信記録9月7日(金)

2018-09-07 08:03:32 | アマチュア無線

本日午前7時曇り24.0℃

【自然・気候】まだ「ミンミンゼミ」が鳴いています。逆に晩夏に鳴く「法師ゼミ」が聞こえなくなっています。

【AO-92】「Fox-1D」10:29 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JA6EGM JA6PL JA3BLK JS6DRQ ■受信 JH1KYB JE4UOF LOS近くになって9〇〇CYGのCQが聞こえました  Payloads:52

【Fox-1衛星DUV】Fox-1シリーズの衛星はData Under Voice でTelemetryを送って来ています。解読専用ソフトが用意されていて、リアルタイムOnlineでデーターベースサーバーへデータをPayloadsします。交信をしながら全く問題なく受信TelemetryDataを送ることができます。JH4XSY/1局は留守受信、CVLとJA6PLさんの間にBX2ABT局が入っていますが、台湾の局です。アップロードした順に表記されますので、このパス「W」から「JA」に南下し、台湾を通って「VK」へ抜けたパスであることが分かります。

【FO-29】20:30 ■交信(SSB)RV9CHB(Ramilさん)930Hz

【AO-92】「Fox-1D」21:03 ■交信(FM:Tone67.0Hz)JS6DRQ JR6DI JA6EGM JS2AAV/2 JK2XXK ■受信 JA1NWR JA2NLT JA1AZR

 【AO-85】「Fox-1A」21:56 高仰角のパスでしたが、ONになりませんでした。67.0HzのToneを重畳した信号を送るとONに出来ることになっていますが、だめでした。2分10秒間隔でVoice Beaconが出る訳ですが、最初のうち聞こえず、10:01′25″頃最初のVoice Beaconが聞こえ、その後2回全部で3回聞きました。相変わらず「…Fox-1 Safe mode」と女性の声でアナウンスですが「mode」はどう聞いても「ロード」にしか聞き取れません。3回のVoice Beaconで2個ずつTelemetryはDecodedしました。Illminationで見る限り日陰率は高くなく、太陽が良く当たっている感じですが、なぜセーフモードなのか分かりません。2枚目の画像Telemetryを覗いて見ました。健康状態をチェックするとなるとオレンジの四角部分と思えます◆気になる点:Computerの項、これはOBC(On Board Computer)の状態を表している訳ですが、そのBatteryのところ「Battery 12C FAIL」Failは直訳「失敗」ですが、これはバッテリーの12番目のセルが異常ということではないかと思われます。前、なんかそんなことがどこかに書いてあったような気がします。よってOBCに満足な電圧が供給できず、SafeModeに入ってしまう? ⇐この見立て間違いと思われますので削除します。8日(土)のBlogで解説

コメント (2)