アマチュア無線局 JO1KVS

運用やグッズ、その他思いついたことを書き込んでいます。役に立たない独り言ですがよろしくお願いします。

本日は富士登山です

2016-07-23 00:00:00 | アマチュア無線

明るい時間帯はずっと富士山のどこかに居ますので、特に富士山の東側方面からはずっと見えている位置になりますから、お声がけください。

歩行中はメモが取れませんので、交信いただいた方はこのブログにログを書き込んでいただけるとありがたいです。

一番長く聞いているのは、特小L9チャンネル、トーン34、です。10mWの交信を楽しみましょう。コールサインは 「とうきょうCA52」 です。

144や430のメインを聞くようにしますが、日中は開いている周波数を見つけることは非常に困難なので、きちんと交信するのは難しいかも知れませんね。

朝8時くらいまでなら・・・周波数もあるかな?。その頃はまだ8合目辺りでしょうか・・・。

7,18,21,50,430,1200MHzに出れたら出ます。

よろしくお願いいたします。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

富士登山の日程を一日ずらします

2016-07-22 00:00:00 | アマチュア無線

同行者の都合により、金曜日の日中を中心としたプランから、土曜日の日中プランとしました。
かなり辛いのですが・・・。

皆さんとの交信チャンスは増えるかと思われます。

土曜日の明るい時間帯はまず富士登山ルートのどこかに居ますので、東京からは丸見えの状態です。

たまにAPRSでポジション出します。

山頂移動運用の時間は12時から14時のどこかだと思われます。

7,18,21,50,430,1200MHzにチャレンジしますが、天候次第でどのバンドに出るかはわかりません。悪天候の場合は430か1200MHzのみとなります。
猛パイルになった場合はRS交換のみ(お名前、QTHは送らないで)交信に切り替えることもありますのでご協力をお願いします。
その時はすぐに応答しますので、フルコール一発でお願いします。また、ずらし呼び、呼び倒し、自分じゃないのに応答するの(指定無視)はご勘弁ください。

SOTA JA/SO-001 にも該当します。この場合、当局が富士宮市でも小山町でも山梨県の鳴沢村でも該当するようです。

各局交信よろしくお願いいたします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

激安DC-DC 12V→13.8V アップバーター モービルテスト

2016-07-21 11:57:40 | アマチュア無線

結果から申し上げて 合格 です。

まずはFTM400D、50W機につないでみました。
車からの電源は太めの電線によるバッ直です。

車のエンジンを切り、アクセサリーも切りました。

送受信、フルパワーでも問題無し。 ノイズ等の問題も無し。

セルを回した時に、通常の電源の取り回しだとドロップの影響でリグが再起動してしまいますが、このアップバーターを経由しているので電圧が保たれ、リグはそのまま受信し続けました。

調子に乗って送信中にセルを回したら・・・リグが再起動してしまいました。一緒に電源を入れていたTM521は落ちずについたままでしたが。

そんな使い方はしないので大丈夫でしょう。

隣のIC7000Mで別電源で受信し、このアップバーターに電源を入れたり切ったりしながらノイズの有無を確認しました。50MHzにほんの少しだけノイズが聞き取れましたが、全然問題の無いレベルです。うちの車のACCをオンにした時のノイズの方が遥かに多い(笑)。

続いてIC7000Mの電源経路にこれを入れてみました。同じくバッ直でつなぎます。

送受信、フルパワー全く問題なし。セルを回しても電源落ちず。各バンドノイズは認められません。車のキーをオフにしたまま24MHzで8エリアと交信成功。

バッチリです。

これは各モービル機に一個、付けるのがいいのではないでしょうか。(デフォルトで内蔵して欲しい)

あとは長期的にどうか、ということですがとりあえずお勧めです。

amazonでクリックされる時は、この下のバナーも是非クリックしてください。(笑)

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

昇圧DC-DC 届きました 

2016-07-21 00:54:02 | アマチュア無線

思ったより小型でした。しかもずっしりしていません。軽い。

頼りないぞ!(笑) でもちょっとした山頂移動には全然持っていける。

早速18650 3本直列 約12Vをつないでみると、FT817の本体の電圧計で13.7V。
かなり細い電源ケーブルを使っているのでこんなもんでしょう。
ちゃんと動作しています。

ダミーロードをつないでフルパワー送信。

FMなどで継続すると13.0Vに下がりました。

もっとパワフルなリチウムポリマーの親分をつなぎましたが同じです。元電源のせいでは無さそうです。

ん?、わずか1A程度流しただけで?。この辺りは817のせい?、電源ケーブルのせい?というのもあるかも知れませんが。
10A流しても電圧を維持してくれるでしょうか。今度は50W機で試してみましょう。
(ある方の報告だとFT857で50W送信時に12.6Vだったそうです。やはり電圧落ちますね。)

ノイズは?、アンテナをつないでいない実験では感じませんでした。ライン上には出てない感じです。
もっと検証してみないといけませんね。

今夜はここまでで終わりです。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士山頂運用 アンテナの構想

2016-07-20 00:00:00 | アマチュア無線

荷物は軽量なほどいい。 しかし、登りも下りもえらく長い。生命維持にも大量な水は欠かせない。買えば買えるんだけど・・・。

食料はたくさん必要。小屋で食べられるんだけど・・・。 パン類を潰して持っていく。ゼリー系のエネルギー飲料も。2時間に1回はしっかり食べる。その分は持っていきたい。

寒さにも耐えられるようでないといけない。夜登る人は気温一桁に対応していないとダメだ。

雨具を持たないなんてことはあり得ない。ずぶ濡れになったら死にます。

無線機はハンディ1台ではもったいない。せっかく登るのだし。それに144や430のFMは空きが全然見つからなくてQRV不可能なことも多い。

荷物はたくさん持っていきたいものがある中で、必要最小限でなるべく軽く、厳選しないといけない。

そんな中で選ぶ無線機は KX3やFT817 ハンディ機は ID51、FT2D、DJ-G7、特小ハンディ、デジ簡ハンディ、さらに市民無線トランシーバー。

ICB87Rを持っていったらさぞ楽しいだろう。けれど全部を持っていくほど健脚ではない。どれか絞らないといけない。

アンテナはMP-1で7~50MHzまでカバーしていたことがあるが、コイルが結露に弱い。コンパクトだが少し重いので今回は外そうと思う。自立できるトライポッドが捨てがたいのだが。

軽量なアンテナとしてはグラスロッドに細い電線を絡めるか、細い電線でダイポールを張ること。
問題はグラスロッドをどうやって立てるかだ。

ストックが2本ある。3本以上あればこれを使って養生テープでグルグル巻けば支えられるだろう。

ロープとペグではどうか。3本か4本、ステーを張る。ペグが打てなくても大きな石はゴロゴロあるので重しにすれば支えられる。

どうしようか。作業は簡単なほどいい。山頂での作業は登山の疲労と酸素不足でえらく疲れるのだ。 

グラスロットが立てば逆Vダイポール構想も有り得る。7MHzを張れば21MHzも出れる。50MHzも簡単だ。 これらは細い電線で作れるので軽量でかさばらない。 一応持っていってみようか。 18MHzはオフセット給電でフルサイズ、エレメントを折り返して21MHzにも対応。 50MHzは電圧給電アンテナ。 逆ブイが張れれば7MHzにも出たい。 アンテナは悩みどころ。さて、どうなりますやら。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

甲州市の完熟桃食べ歩きキャンペーンに行って来ました

2016-07-19 00:00:00 | アマチュア無線

何年か前から気になっていたんです。これ。いろんな方のブログにも書かれてました。

とうとう参加できました。

 

甲州市は勝沼のぶどうのイメージが強くてぶどうの町でもあるのですが、実は桃も強力な産地です。
塩山から東のほう、少し高い地域はぶどうを押して桃だらけです。

その一大産地でやっている、「甲州市の完熟桃食べ歩きキャンペーン」に行って来ました。

詳しくはこちら まだ3回ありますので皆さんも是非!

桃の共選所5箇所で開催。行くと一個試食用の桃が食べられます。そう、ただで。
もちろん気に入ったら買いましょう。

各自思い思いの食べ方で食べます。

こんな感じで、一つ取って食べます。果物ナイフは備えてあるのでご心配なく。

桃は、持ち帰り、家庭用が、6個1000円、大玉13~16個くらいが2500円、小~中玉が同じ大きさの箱で2000円くらいでです。桃農家からさっき届いた桃を買うことが出来ます。 

これを買ってきました。

贈答用だと糖度計を通ったきちんとしたやつで、箱も変わり、等級が付いて、一番いいやつで特秀大玉13個で5500円となります。凄く美味しくてびっくりするくらいなのですが、逆にこの値段で最高品質が買えるなら安いですね。

今日は初参加、きっちり全制覇してきました。

この界隈はWiresXの山梨市のノードが快適に使えました。某ルームに接続して八王子の局長さんとお話することが出来ました。

行きも帰りもHF帯で遠くと交信して走ってきました。

8時頃高速に乗って現地を周って勝沼インターに昼頃戻ったのですがすでに三連休の帰りの車で渋滞しているようでしたので、国道20号を走って帰ってきました。スイスイでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12V→13.8V 昇圧コンバーター 低価格のものが登場

2016-07-18 00:00:00 | アマチュア無線

車のバッテリーは充電時は13.8Vあるものの、エンジンを切るとその電圧は維持出来ません。
12V前後になってしまいます。

一方近頃のモービル機(オールモードのHF機)は、12Vではまともに動きません。
まともに動いたとしても出力は半分くらいに落ちてしまいます。
FT857,897は12Vでもまともに動くようですが、FT100やIC7000は送信中に画面が乱れたり電源が落ちたりしました。
エンジンOFFでも13.8Vを供給し続ける必要があります。

そこで必要なのがDC-DCコンバーター。12Vから13.8Vに昇圧するやつが必要です。
本当は昇圧しないでも普通に動く無線機を出して欲しいですが。

今車には2台積んであります。50W機それぞれ一個ずつ付けてます。
どちらも2万円以上したと思います。
かなり痛い出費です。

そんな昇圧コンバーター事情ですが、50W運用にも耐える電流が確保できてかなり安いのが出現していました。
18A対応です。(他にも電流の少ない小型のタイプもあるようです)

南米の大きな川の名前のネットショップで、なんと2千円台です。 

2個発注していますが、ちゃんと使えるでしょうか~。特にノイズが心配ですが。

モービルや移動運用の電源回りに使えそうですね。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

1200MHzハンディに5エレプリンテナ

2016-07-17 19:12:39 | アマチュア無線


FCZキットのアンテナです。
効果抜群。
富士山頂でも活躍したことのあるアンテナです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JO7KVS局と交信

2016-07-16 18:45:02 | アマチュア無線

本日24MHzをワッチしていたところ、8エリアのアクティブでよくお相手いただいている方が、7エリアのKVS局と交信している様子が聞こえました。

スキップしているため7エリアのKVS局は聞こえません。

この交信が終わったところで8エリアの局を呼んでみよう。続けて交信しただけでも面白いかも。

交信終了後コール。

交信開始と相成りました。

恐らく7エリアのKVS局は、当局の電波は聞こえていないかもしれないけれど、続けて当局と交信が始まったことに気がつくのでは?

8エリアの局長さんは続けてエリア違いの局と連続交信になって驚くのでは?

という期待を込めて。

期待通り楽しい交信となりました。

 

そしてそして、その直後、何故か福島県が開け、59-59でJO1KVS局と交信が出来てしまいました。

開けたのはほんの僅かな時間でしたが、偶然とはいえ凄い出会いでした。

バンド内は殆どどこも聞こえていなかったのに、です。

偶然じゃないですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リチウム充電池18650 充電完了

2016-07-13 00:20:51 | アマチュア無線
この電池ケースは特殊な回路が入っていて、電池をセットしただけではなんと!電圧が出て来ません。
オフ状態なんです。

充電器をつないでみると・・・
あれ?、充電が始まってしかも電圧が出るように切り替わるはずだけど・・・
オフのままです。
充電器も無反応です。

一旦電池を外して再セットして充電器をつないでみたら・・・
今度は充電が始まって電圧も出力されました。

もうワンセットは別の充電器でバラの電池を充電。あえてそれを電池ケースにセットしてみました。満充電一歩手前の状態からセットしてみました。

先程と同じ、電圧が出力されずオフのまま。充電も始まりません。
満充電に近いとダメなのかな?と思いつつ、一旦外して再セットして充電器につないだら・・・
充電が始まって電圧も出力されました。

電池の状態はどうあれ、全く同じ動作をしました。
付き合い方がわかった気がします。

二組充電出来ました。

FT817はある電圧を切ると5Wから2.5Wに勝手に下がってしまいます。きっと途中で、結構すぐにそうなるでしょう。昇圧器を介せば防げますが変換ロスもあるし電気喰うし、無理しても損する話。ロケーションのいい所で運用するのなら問題無いですね。最初から2.5W機だと思えばいいのかと。

KX3もある電圧を切ると最大出力が10Wから5Wに勝手に制御されます。ところがこれではパワフルなリチウム充電池のポテンシャルが活かせないと、制御を解除する機能が追加されています。無く無く無い?みたいな表現ですが、出したい方は電圧が下がっても出せるように設定出来ます。但し運用時間が犠牲になります。
この辺りは頻繁なファームアップで実現されてきました。

近々この電池でテスト運用してみようと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加