アマチュア無線局 JO1KVS

運用やグッズ、その他思いついたことを書き込んでいます。役に立たない独り言ですがよろしくお願いします。

モスクワからSWLカードが来ました

2016-09-28 00:00:00 | アマチュア無線

モスクワからSWLカードが届きました。

以前相模川の河川敷で21MHzの3エレ八木を上げた時、イタリアと交信したのを受信されていたようです。
カードには車の脇に巨大なアンテナを立てた絵を書いて送ります。
グローバルですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JLRS第45回パーティコンテスト 電話の部参加しました

2016-09-27 00:00:00 | アマチュア無線

土曜の昼から頑張りました。

7MHzのコンディションはここ数年では一番良かったようで、夜までJLRSパーティーコンテスト以外の局でひしめき合っている状況でした。
このめちゃくちゃ混んでいる7MHz懐かしい感じ。これだよこれ、これぞ7MHz、という大混雑ぶりでした。
以前7MHzと言えばこんな毎日、という印象でしたが、近頃は夏枯れとか全く聞こえなくなる日も多くて開けることが珍しい日も多いですが、やっとイメージ通りの7MHzになった、そんな印象です。混雑は良し悪しなんですけどね。
7MHz以外にこういうバンドは無いので初めての人にはかなり異質でしょうけど。それでも倍の広さになったのでまだいいほうです。

さて、コンテストの話に戻ります。JLRSのコンテストはYL局と交信しないとポイントにならないので、基本YL局がCQを出し、OM局が群がります。
これが凄いパイルになるんです。
このようにコンディションがいいとそれはもう忍耐しかありません。Hi。
一時間近く粘ってやっと、ということもありました。
夕方になってもコンディションは良く7MHzは大賑わい。8エリアや6エリアが聞こえてくる頃かなぁと思ってもまだ聞こえてきません。
夜になったら聞こえてきました。8エリアは1回で拾ってもらえることもあり、あまり苦労しなかったのは当局のベランダアンテナが北海道方向であること、壁を背にしているためビームになっているとか、打ち上げ角が低いから?かも知れません。

一番苦労したのが1エリアでした。すごく強く入感しているのに他局に負けまくりでした。1エリアから1エリアを取るには真上に電波を打ち上げるくらいでないと勝ち目がありません。別のコンテストですが某大学ではコンテスト用に水平ループで真上に打ち上げて稼いでいるそうです。

アパマンの割にはそこそこ飛んでいる方だと自負しているのですが、いや~、まだまだです。

そんなわけで少しでも強くなろうとコンテスト中に臨時エレメント、SD330の脇に4mのロッド+2mのワイヤーエレメントを設置。SD330につないで 運用しました。
信号はぐっと強くなりましたが、それでもパイルを抜けるほど簡単ではありませんでした。 
このエレメントは夜に撤去しました。

このコンテストは昼は7MHz、夜は3.5MHz、スキップするとV,Uに、という流れがあります。ハイバンドのコンディションがいい時は14と21MHzもぼちぼち出てきます。日中からV,UでCQを出す方はほとんど居ませんが、今回は頑張っている方いらっしゃいました。感謝ですね。

さて、夜の3.5MHzは酷かった。コンディションはいいはずなんです。ところが、あの電波が・・・。ミサイル探知の電波でしょう。OTHレーダーの新型かな。
あれ専用のノイズブランカー、必要ですね。
IC7600のノイズブランカーは3つパラメーターを持っていて、どれも最強にするとかなりカットできますが、それでもかなり厳しいです。取れても音が酷くなりますし。
3.5MHzではほとんど交信できずに終わってしまいました。残念。

あれはアマチュア無線にとっては害です。なんとかしましょう。

あの電波はバンドスコープで見ると広帯域で高速で周波数を移動していることがわかります。
ミサイルに反射したほんの少しずれて聞こえた電波で探知しているのでしょう。
ってことは僅かな出力でも似た電波をこちらから発射すれば誤動作しまくってアマチュアバンドから逃げていく可能性はあります。
きっと録音して流せばいいんです。みんなで分散して。
でもそういう目的の電波を我々が出すことは恐らく法的にまずいでしょうから出来ません。

総通さんによる撃退を望みます。

話が飛んでしまってばかりですみません。(電波は飛ばないが話は飛ぶ)
3.5MHzを終えて144MHzのSSB、430MHzFMと、交信局数をプラスして、ひとまず終えました。

今年の成績はどうかなぁ。

次週電信の方も頑張ります。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日だけのスペシャルエレメント

2016-09-26 00:00:00 | アマチュア無線

JLRSパーティーコンテスト

このコンテストは少ないYL局をOM局がコールする大会。
コンディション次第では猛パイルになります。

メーターではプラス振っていても、アパマンの自分にはそう簡単には勝ち抜けません。
フルサイズダイポールの方にはもっと強く聞こえていることでしょうから。 

ある局を呼んだ時は1時間呼び続けました。そりゃもうつらい・・・。

というわけで、呼び続けている最中にアンテナエレメントの製作。
いつもはSD330の先端に電線1m強、ぶら下げて全長3m強のL型アンテナなのですが、今日は特別にSD330の脇に長いロッドアンテナを突き出してエレメントを接続。ロングホイップとしてみました。もちろん先端には電線を少し垂らします。これで合計6m強?。

やっと取ってもらえた!と思った時にはパイルもかなり止んでいて・・・結局自分が最後か??。

でも7MHzのシグナルは軒並み強くなった。効果ありです。

コンテスト以外の局長さんともたくさん交信しちゃいました。

夕方、8の局長さんが聞こえた頃にはパイルに負けず、難なく交信出来てます。 

ちなみに1.8MHzでも同調取れました。

仮設のその日限りのお楽しみアンテナでした。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臼田宇宙空間観測所

2016-09-25 02:42:05 | アマチュア無線



金曜日は八ヶ岳高原ロッジで豪華なランチを食べて





臼田宇宙空間観測所に行ってきました。
無線家には巨大パラボラアンテナはたまらない!
大きさも凄い。
直径64mもあります。
この日は地球の自転に合わせて動いていました。
晴れた日に見たいな~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

144MHzで北杜市とつながりました

2016-09-24 00:00:00 | アマチュア無線
南側のベランダに付けたアンテナのテストを兼ねて、いつもネットや山梨県に移動の時にお世話になっている北杜市の方と固定同士でつながるかどうか試してみました。
まずは連絡用にD☆で通信。
先方は甲府430です。こちらは地元立川430と言うのが普通ですが、このアンテナだと甲府430が直接アクセス出来るのでゲート越えせずに山かけで交信しちゃいました。

確実な通信回線を確保したあとは今度はチャレンジ。
144のSSBにQSY。
51ー53で交信できました。やったー。
FMのメインではかなり厳しく、430メインではノーメリットでした。

交信成功。北杜市とは常時通信可能となりました。
もう少しアンテナ良くしたいな~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

電光掲示ネームプレート

2016-09-23 00:00:00 | アマチュア無線
2009年のハムフェアの某ブースで販売され、大勢の局が付けていたあの電光掲示ネームプレート。
電池がボタン電池で長持ちしないのが欠点でした。
懐かしいな~と思いつつ、最近はどんなのがどのくらいの値段で出ているのか検索してみました。
進化していたのは、スマホと同じUSBで充電、連続10時間以上発光可能という点。
これならハムフェアでつけっぱなしでいられる!(笑)
買おうかな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JLRS第45回パーティーコンテスト 今週末と来週末

2016-09-22 01:51:54 | アマチュア無線

JLRS第45回パーティーコンテスト

通称、YLコンテスト

今年もこの時期がやってきます。

規約はこちら http://www.jarl.com/jlrs/test/44yl.pdf

是非欠かさず参加したいです。

7MHzのコンディションがいいといいですね。

条件の一つ、「同一場所からの運用の事」 ここ、パーティーなら緩和して欲しいなぁ。
アパマンの自分には7MHzのパイルを抜くのが大変で、たまには河原でドーンとフルサイズ逆Vで参戦したい、ところが、夕方撤収して夜に自宅から他のバンドで、と思っても、もう出れないわけです。 翌日も、また同じ場所に戻らない限りは出れません。勿体無いなぁと思うわけです。

OM局がCQを出してもOKなのですが、出している局は滅多に居ませんね。CWの部では少し居ます。
CQYLを声を出して言うのはかなり勇気が要りますもんね。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IC7100 いろいろ設定

2016-09-21 00:00:00 | アマチュア無線
IC7100は移動運用セットに組み込んでいるので、室内でじっくりと向かい合ったことがないんです。
南側に付けたアンテナにつないだのを機にじっくりと操作、各種設定をしてみました。

メモリーを打ち込みます。FT2Dのメモリー内容をなるべく再現してみました。
少なくなったワイヤーズⅡも入れました。ワイヤーズXはアナログノードだけ入れてみました。
航空無線、消防無線(署活系)、特小、簡易無線等々。名前も漢字で打ち込みました。
D☆の緒設定も入れてみました。
そしてセーブ!

ところが過去のファイルでロードしてしまい…ガーン(|| ゜Д゜)

努力が水の泡。

セーブとロード間違えました。
ここは日本語にしておいて!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南側のベランダにアンテナを建ててみました

2016-09-20 00:00:00 | アマチュア無線

南側のベランダからは富士山とか山梨の山がたくさん見えるので、こっちにアンテナを立てたほうが山岳移動の各局との交信も得意なはず。

マルドルの144MHz3エレ、430MHz5エレのFOXなんとかというアンテナ、しかもかなり古いバージョンのを仮設してはいたのですが、今日はケーブルを引き込む工事を行いました。

エアコンの配管に添わせて、今回は思い切って2本通しました。
一本はこの八木に、もう一本はモービル基台用のケーブルをつけて、近いうちにホイップを設置します。

道志みちや甲州街道、どこまで追えるかが楽しみです。今日は大月市を走るローカル局とかろうじて交信できました。

Dスターは甲府430が直接アクセスできました。 

これからは南と西が改善されます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eQSLはDXのみにします

2016-09-19 00:00:00 | アマチュア無線

移動が大半で、あちこち動きまわる当局には、eQSLでエリアごとにアカウントを作ったり、それだけじゃ移動地を示しきれないからハムログのRemarksの書き方をeQSL向けにしておかないといけない。もし移動地ごとにつくると同じ1エリアでたくさん作ることになるけどそうなると届いたカードの振り分けはどうなるのかなぁ・・・。

当然でしょうが全部常置場所、固定局の状態でアップしたらたくさん拒否られました。「/1? 正しくアップして、間違いは削除して、」みたいなメールも来ました。
追加アカウントを設定して、ハムログのデータを整えてアカウント別のログを出力して、さらに常置場所のログから移動運用のものを選んで一つ一つ消して・・・流石に無理です。
これからの交信なら日々の作業でしょうから出来るんでしょうけど。 

城山湖移動だけでも、選別してアップするのはいいけれど、すでにアップした約2500件の交信実績を見つけながら一つづつ消すのは到底無理。バッチ処理出来ないし。

ハムログのremarksは、印刷時に移動なのか、どのエリアなのかデザインが変わるための仕掛けや、リグとアンテナは何なのか、道の駅などの情報など満載なので、もう書き換える余地はありません。

ADIFファイルを出力してからそっちをいじる手もありますけど・・・。

一方ハムログにはDXのみ出力する機能があるので、これは簡単。そうだ、これだけにしよう。
というわけで、eQSLはDX専用として、ビューローが届かないところとのカード交換代わりとして用いることに決めました。

これからアップしたログを一つ一つ削除していくことは大変な労力となるので一旦アップロードした過去のデータはすべて削除させていただきました。
(コンファームしたものは消せないので残っています。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加