URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)
XML


再び、強い寒気が南下。
大晦日から元日は冬型の気圧配置が強まり、季節風も強く吹きそうです。

全国的に風が強く、
日本海側では吹雪。山間部は大雪の恐れがあります。

正月登山は注意が必要です。
急に積雪が増えていて、雪山遭難が起こりやすいので、
少しでも不安のあるかたは登山を中止する勇気を持って下さい。

初日の出は太平洋側が中心ですが、
東の空に雲が多く、日の出が邪魔される地域が多そうです。

初詣は完全な防寒で!


〓岩谷〓
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


お昼になっても、東京都内から富士山がよく見えます。

冬晴れの朝には見えることがありますが、
昼になってもよく見えるのは、
それだけ空気が冷たく、すんでいる証ですね。

関東は冬晴れですが、日本海側は雪。
北日本のあらしは28日まで続きそうです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


あす(26日)は西高東低の冬型気圧配置が強まり、
冬の季節風も非常に強くなります。

このため、全国的に冬のあらしで、
日本海側は吹雪、山間部は大雪になりそうです。
雪不足に悩むスキー場にとっては待望の雪ですね。
ただ、車の事故が多くなるかもしれません。

一方、関東は乾燥した冬晴れ、快晴の天気です。
からっ風が強く、寒さは厳しくなります。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


昨日に続き、今朝も冷え込みましたが、
風が弱く、日中は日差しの温もりが感じられそうです。

ホワイトクリスマスは北海道や青森くらいでしょうか。

明日も暖かい予想ですが、
クリスマスのあとに強い寒波がやってきて、
今季一番の寒さになりそうです。

26日から27日にかけて、北日本は大荒れで、
吹雪や大雪に注意が必要。
関東から西の太平洋側は晴れますが、
北風が強く、厳しい寒さです。

今季一番の寒さで、朝は東京や名古屋、大阪などでも氷点下になるかもしれません。

氷点下になった日を冬日といいますが、東京で冬日になると、12月としては3年ぶりとなります。


また、ことしはスキー場で深刻な雪不足ですが、
今回の寒波で年末は滑走できるところが
多くなるのではないでしょうか。

お正月は寒さが緩みそうです。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


以前、質問をいただいていました。

「晴れ」と「快晴」の違いですが、
私たち気象予報士は使い分けをしています。

雲の量を0~10にわけていて、
雲量0~1が快晴。雲量2~8が晴れ、9~10がくもりです。

すなわち、
雲があっても1割程度なら快晴です。

逆に、日が差していても、
9割以上、雲が閉めていたら、くもりとなります。

なので「快晴=雲ひとつない天気」とは違うこともあります。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


今日は暦の上では「冬至」ですが、冬至とは思えない暖かさでした。
東京の最高気温は19.8度と10月下旬並みの暖かさ。
冬至としては過去20年間で最も暖かい記録です。

そのほか、静岡20.6度、館山20.1度、和歌山20.6度、
宮崎22.3度、鹿児島23.1度など、20度を超えたところがありました。
季節はずれに春の花が咲いてしまっている(不時現象)が起こっていても、
不思議ではありません(きっとどこかでありそうです)。

また、12月の平均気温(~12/20)で、
10.4度と観測史上、最も気温が高くなっています。
きょう(21日)とあす(22日)は気温が高いので、
さらに記録を引き上げそうです。

この12月は気温の変化が大きく、
明後日からクリスマス寒波の襲来。
23日と24日は再び冬の寒さが戻りそうです。
コートを持つか持たないか、
天気予報の気温情報が大切な年も珍しいのではないでしょうか。

また、気温が極端に高いというのは、
活発な前線が近づいている証拠でもあり、
寒冷前線が近づいた今、東京では風が強まっています。
明日は気温が高くても、風が強そうです。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


名古屋は綺麗な朝焼けです。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


気象庁は2008年の世界の平均気温が統計開始以来(1891年以降)、
10番目に高い気温になるだろうと発表しました。

最も高い年は1998年。次いで2005年、2006年と続きます。
じつは2001年以降は毎年、トップ10に入っていて、
高いのが当たり前になっています。

この理由は
数年~数十年程度の規模で繰り返される自然変動も
影響していますが、地球温暖化も大きな要因のひとつです。

今年の平均気温が、ここ数年に比べてやや低かったのは、
太平洋の海面水温分布の変動であるラニーニャ現象の
影響が考えられています。





コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )


今朝は冷え込み、
江戸川区でもこの冬初めて、
霜がおりたのを見ました。

(追加)
15日の最低気温
東京3.6度、横浜3.5度、千葉3.3度。

気象庁の観測でも、
これら3地点で初霜を、
横浜では初氷を観測しています。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )


昨日から明日(13日)まで、東京ビックサイトで日本最大級の環境展示会である、
エコプロダクツ2008」が開催され、
10回目を迎える今年は750社・団体を超える企業やNPOなどが出展しています。

ビックサイトの東館には、6つのホールがあり、
昨年は5つホールでしたが、今年は6つすべてのホールを使っています。
それだけ、環境への関心の高まりを感じます。



主催者発表によると、
初日(12月11日)の来場者数は、57,236人ということで、
昨年より5,000人近く増えています。

 

ただ、秋以降、急速に企業の業績が落ちているので、
来年も同じ規模で、このようなイベントが開催できるか心配です。
今年は洞爺湖サミットがあり、また、前半は景気もよかったため、
これだけ大規模になったのかもしれません。

景気後退を受けて、企業は環境に対して、後ろ向きになりがちですが、
金融危機がなくても、脱化石燃料の過程で、
企業業績が落ちることもあるのではないでしょうか。

ただ、こうした時代だからこそ、環境戦略を進めることで、
将来、企業が生き残るかどうか、決まるように思います。





緑のカーテン応援団(緑の広場)では子供たちが発表もありました。
みんなで歌ってくれた歌がよかったですね。


我が、気象キャスターネットワークも出展していますので、
お時間のある方はぜひお立ち寄り下さい。



雨粒実験装置や手回し発電による電球比較などの実験、体験コーナーのほか、



お天気キャスター体験のコーナーも設けていて、
雲や天気マークとの合成写真をプレゼントしています。

場所は、東1ホール 入って左のN-99です。 

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )


« 前ページ