URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)
XML


今日のスッキリ!では、
葉山さんから急に誕生日を振られ、ビックリ。

今日は写真の話題が盛りだくさんだったので、放送時間内に話ができるか心配で、
焦りながらの話になってしまいました。

また、このホームページをご覧のみなさんからも
お祝いの言葉をいただきまして、ありがとうございました。

40歳は人生の節目であり、
寿命を考えれば、
折り返し地点を過ぎたところ。
いろいろ考えてしまう年齢ですね。

自分の寿命は60歳くらいかなと思っているので、
あと20年、やりたいことで、焦ってしまいそうですが、
一歩一歩、前に進みたいと思います。

皆さんに興味を持ってもらえるような話題を頑張りますので、
今後とも応援していただければと幸いです。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


2日頃までは晴天が続き、暑いくらいの陽気になりそうです。

明日からは夏日続出。
北日本も20℃とぽかぽかです。
雪の多い山岳部は雪崩に注意(登山者)。

雨の心配は3日から4日にかけて。
北日本のほか、九州~関東も雨の降るところがありそう。

例年、GW期間中に2~3日程度は雨が降るので、
3~5日あまりで雨が降るかもしれないと、旅行の方は準備をお忘れなく。

それから、紫外線もです。
気温は初夏でも、
日差しは夏だと思って下さい。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


昨日は青森で2センチの積雪。
最晩の積雪記録に並び、珍しい雪になりました。

満開の桜に雪が積もるという珍現象で、
いま、弘前や青森にいるかたは寒いお花見ではありますが、
めったに見られない幻想的な風景をご覧になれたことでしょう。

桜前線が一気に北日本を駆け抜けるほどの暖かさになったかと思うと、
雪が降る寒さになり、気温変化が大きいですね。

GW前半は低温傾向が続きますが、2日ころからは、また暑くなりそうです。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )


明日からゴールデンウィークというか微妙なところはありますが、
長いところでは、明日から16連休となるそうです。

しかし、GW初日は大荒れの天気になりますから、ご注意下さい。

発達した低気圧が日本を縦断しますから、
全国的に風が強く、
太平洋側を中心に100ミリを超える大雨が降ります。

ハイキングや潮干狩りなど、海や山は危険です。

雪山は吹雪になるところがありそうです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


桜前線は今、津軽前線をわたっています。
青森では昨日(4月22日)に満開になりました。

函館ではきょう(4月23日)、梅が開花したばかりですが、
週明けには桜も開花しそうで、GW前には桜前線は北海道へ渡りそうです。

今年は季節が早く進んでいますね。
今年に限らず、近年は、4月に沖縄で天気がぐずつき、
5月には東京でも日照時間が少なく、
梅雨も前倒しになっているような感じです。

季節前倒しの話を、日経BPのコラムに書きましたので、
興味のある方はご覧ください。
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20090422/101312/




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


今日は二十四節気の穀雨。暖かな雨で、麦など穀物が成長する季節です。

本当に、四月は畑の作物がみるみる成長しますよね。
風景が一変するのに驚かされます。

今日の雨は西日本ですが、
明日は東日本から北日本でも雨。
まさに植物が成長する雨です。

ただ、南風が強まり、春の嵐。フェーン現象となる山陰や北陸は気温も上がりそうです。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )


私が所属する気象キャスターネットワークでは毎月定期的に勉強会を開いているのですが、
きょうは同志社大学の市橋先生にお越しいただき、
「紫外線の強さと、肌への影響について」のテーマで勉強しました。

その研修についてメモを簡単にまとめました。

①紫外線が皮膚のDNA遺伝子に傷をつけることで、
 日焼けが起こったり、しわやしみになる。
 夏1時間で、一つの細胞に5万~10万の傷ができる。
 時間が経てば修復するが、細胞分裂するときに、
 傷が残っていると細胞に異変が起こりやすい(しみやしわ)。

②紫外線にはビタミンDを生成するいい面があるが、
 食物などから摂取できるため、日光浴する必要はないこと。

③実際に年間に浴びている紫外線量は、
 沖縄(3万J/m2/年)より東京(4万J/m2/年)の人が多いこと。
 沖縄の人は日中、炎天下にいないように注意しているため。

④紫外線には
 UV-A(320~400nm)とUV-B(290~320nm)に分けられるが、
 さらに、UV-A1(340~400nm)とUV-A2(320~340nm)にわけることもある。

⑤鹿児島の紫外線(UV-B)は秋田の1.6倍。
 秋田の60歳と、鹿児島の40歳の人が同じ程度の肌。
 紫外線に浴び過ぎると、肌への影響が大きい。

⑥オーストラリアでは
 赤ちゃんのときから紫外線を浴びている人のほうが、
 ガンになる確率が3倍になっているとの調査報告も。

⑦SPF50は影響が、素肌に比べて50分の1ですむと考えてよい。
 SPFは用途に合わせて選ぶとよい。
 長時間の外出であったり、海や山の場合は50など大きい数値ものもを。
 短時間であれば、SPF10~20でも十分。

⑧紫外線対策は子供のときから大切である。
 
⑨日傘の色は関係ない
 黒でも白でも違いはない。黒が防げるというのは違うようだ。
 紫外線の透過という意味では服の色も関係ない。
 ただ、白い服は紫外線を反射するので、首のあたりが日焼けしやすい。
 
⑩「目に紫外線を浴びると日焼けする」といわれるが、
 これはマウスの実験によるもので、人間では証明されていない。

⑪UV-Aは冬でも夏の半分程度の紫外線量があるが、
 夏のUV-Bは、冬の5倍にもなる。季節による違いが大きい。

⑫サケ(鮭)など、抗酸化の食品を食べると、
 しわやシミになりにくいらしい(記憶があいまいですが・・・)


⑬UV-Bはガラスを透過しないが、UV-Aはガラスを透過する。

⑭UV-Aを浴びるとすぐに黒くなる(即時型)。
 UV-Bを浴びると時間をかけて黒くなる。


⑮紫外線を浴びると、免疫力が低下する。
 唇に頻繁に出来るヘルペスが治らない患者の場合、
 紫外線を浴びないようにしたらよくなった。

⑯日焼けしない程度の少量の紫外線でも、
 毎日、紫外線を浴び続けると、DNAの傷が蓄積し、
 肌が赤く日焼けする。


以上、メモ書きでした・・・。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 2 )


東京や仙台は季節が逆戻りしたような肌寒さ。

東京の最高気温は15度を超えましたたが、
これは深夜に出た気温で、日中14時の気温は12.9℃。
仙台は4月4日以来、10度を下回っています。

しかし、土日は青空も暖かさも戻ります。
全国的に行楽日和になりそうですね。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


日本テレビ スッキリ!天気予報での話題から。




最近、このような風景を見かけませんか?
新緑の季節でもありますが、
落ち葉がたくさんみられ、落葉の季節でもあるんです。




常緑樹はいつまでも葉がついているのではなく、
世代交代をしているんですね。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )


« 前ページ