URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)
XML


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


東京は昨日、今日と雨が降り、しのぎやすくなっていますが、
土日は再び猛暑になりそうです。

西日本はひと足早く、今日から猛暑が戻っています。

東京は明日からしばらくは35度前後の暑さで、
群馬県や岐阜県などではまた体温並みの暑さになりそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


東京台東区は雨もさることながら、風が強いです。
台風の前ブレみたいで、
傘が裏返しになってしまいました。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


梅雨明け10日と、よく言ったものである。
梅雨明けしてから、10日間は猛暑が続くが、
それを過ぎると暑さがいったん収まったり、雨が降ったりするようになるのだが、
今年はその言葉通りである。

夏の太平洋高気圧は10日くらいの周期で、強まったり、弱まったりするが、
梅雨明けしてから10日がすぎ、やや勢力が弱まった。
高気圧の縁を湿った空気が北上して、
昨日は西日本、今日は東日本で雨が降った。

暑さは一段落して、ようやく凌ぎやすくなったが、
熱帯からの空気が北上して、雨を降らせるため、
熱帯スコールのような激しい雨の降るところがありそう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



7月25日(日)、東京のお台場海浜公園で、海の安全教室がありました。




気象キャスターネットワークも出展(日本財団の助成事業)し、
太陽をテーマに、熱中症や紫外線についての注意喚起として、
紫外線測定や砂浜の温度測定などを体験してもらいました。
また、貝殻を使ったストラップ工作などを子供たちにやってもらいました。



砂浜の表面温度を計測したところ、
温度はなんと60℃くらいもあって、裸足ではとても歩けません。

中学生くらいの生徒が「熱い~」といいながら、
砂浜を裸足で走って、気象キャスターネットワークのブースへやってきました。
実験用に用意していた子供用プールで水で足を冷やしていました(笑)。
よほど熱かったのでしょう。




この海の安全教室は、
B&G財団と船の科学館が主催となっていて、
無料のカヌー体験教室もあり、面白いイベントです。

しかし、一般にはあまり知られていなかったせいか、
訪れた人は多くなかったので、来た人は並ぶことなく、
いろいろ体験ができてよかったのではないでしょうか。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


連日の猛暑で、熱中症にかかる方が多く、
すでに亡くなっているかたも20名を超すといいます。

この人数は今年の大雨での犠牲者よりも多く、
重大な自然災害の一つといえるでしょう。

天気予報などで連日、「熱中症のご注意ください」
と報道されているが、この程度では被害が収まる気配がありません。

やはり、注意喚起のレベルではなく、
警戒レベルの積極的な対応策が必要なのではないだろうか。


そこで、私の提案としては、

①気象庁は37度以上の猛烈な暑さが予想される日を
 「異常高温警報」として、しっかりと警報を出すこと。
 (気温の数字は検討する余地はある)

②熱中症対策法で、気温が警戒レベルに達したときは、
 市区町村など自治体が冷房のきいた避難所を設ける。

③高齢者に対しては、避難所への誘導を行う。

④日ごろから、熱中症の正しい知識をつけるために、
 知識普及啓発活動を強化する。

 たとえば、小・中・高校の生徒、および、その父兄に、
 熱中症の予防、対処などについて、専門家が出前授業を行うこと。
 (気象キャスターネットワークでも少し行っています)

 また、資格制度のあるスポーツ・インストラクターには、
 熱中症の知識を得ることを義務付ける。


以上、他の災害と同じように、
国や気象庁、消防庁、自治体などには、ぜひ対策を考えていただきたいと思います。
国会議員の方々には熱中症対策を制度化していただきたいと思います。


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


北の方に積乱雲が。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


東京、上野で涼しい風が吹いてきました。雨近くで雨が降っているようです。

気象レーダーをみたら、
埼玉県や東京多摩地区で
激しい雨が降っているようで、23区内も時間の問題のようです。

暑さを冷ます、雨がありそうです。ただ、降り過ぎる懸念もあります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


灼熱地獄の日本列島。

東京都心はきょうも35℃以上の猛暑日となりました。

これで4日連続の猛暑日となり、
4日連続の記録は1994年以来、16年ぶりのことです。


群馬県や岐阜県で38℃を超える暑さで、
15時40分現在、岐阜県多治見市で38.6℃、
群馬県館林市で38.4℃となっています。

多治見市では体温より高い37℃以上が今日で5日連続です。

早く暑さが終わって欲しいところですが、
今後1週間も暑さが厳しい予想です。

くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


猛暑が終わる気配がありません。

7月15日頃の予想では、
7月25日以降の1週間程度は、北からオホーツク海高気圧が現れて、
暑さも収まるのではと思われましたが、

南の太平洋高気圧の勢力は依然として強く、
8月も西日本~東日本を広く覆う見込みで、厳しい暑さが続きそうです。

真夏日や猛暑日の日数も非常に多く、
「この夏は記録的な猛暑だった」ということになりそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ