URLをメールで送信する URLをメールで送信する
(for PC & MOBILE)
XML


【6月28日】
奄美地方で平年並みの梅雨明けとなりました。

しかし、梅雨入りが平年より16日も遅れたため、
梅雨期間は5月26日~6月27日までの33日間と
短い梅雨となりました。

梅雨期間の雨量も少なく、
名瀬で204.5ミリ(5/26~6/27)。
1951年の観測以来、2番目に少ない雨量です。
ちなみに一番少なかったのは、1971年の134ミリでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


【6月25日】
東京は梅雨らしく、しとしと雨が続きました。
最高気温も23度で梅雨寒。関東としては
典型的な梅雨のパターンといえるでしょう。

しかし、今年は、このような梅雨らしい天気が少ないです。
梅雨入り以降、25日までの雨日数は5日目。
梅雨はおおよそ40日あり、そのうち20日間ほど
雨が降るものですが、ことしはたった5日です。

振り返れば、6月14日に梅雨入りした翌日に、
東京で今年初めての真夏日を記録しました。
今日までに真夏日を記録したのは5日間あります。

雨が降った日数と真夏日日数が同じなのです。

6月の真夏日日数は平年で2.2日ですが、
今年は平年の2倍以上となっているのです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



関東では14日に梅雨入りしたばかりですが、
15日は青空が広がり、30.9度を記録。
今年初めての真夏日になりました。

15日夕方発表の週間予報では
晴れる日が続くとの予想で、
梅雨とは思えない天気が続く。

結局、梅雨入りした日だけ、雨ということになると、
梅雨入りとは呼べないですよね。

梅雨入りは6月下旬以降に、
あとで修正になるのではないでしょうか?

ちなみに、気象庁では毎年8月終わりころに、
その年の梅雨入りと梅雨明けの確定値を発表しており、
修正することがあります。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


6月14日、中国地方から関東甲信地方で
ようやく梅雨入りの発表となりましたが、

きょう15日の東京は早速、梅雨の晴れ間。
明日(16日)も晴れの予想で、雨が続きません。

すでに空梅雨の気配で、
この先、1週間も、雨が続くことはなさそうです。
(晴れる日も結構あります)

ラニーニャ現象が発生したことで、
過去の統計からみると、
梅雨明けが早まり、猛暑になることが予想されています。

ただし、統計的には、
夏の期間が雨量は多い傾向もあります。

必ずしも、

「ラニーニャ現象」=「猛暑」

ではないので、まだわかりませんが、

もし、梅雨が早く明けて、猛暑になってしまうと、
水不足が深刻になる可能性はあります。
今後の雨の降り方には注視していかなければなりませんね。


【梅雨入り発表状況】
九州南部 6月 1日(平年より3日遅い)
九州北部 6月13日(平年より8日遅い)
四国   6月13日(平年より9日遅い)
中国   6月14日(平年より8日遅い)
近畿   6月14日(平年より8日遅い)
東海   6月14日(平年より6日遅い)
関東甲信 6月14日(平年より6日遅い)


 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



(6月9日12時)

寒気の動きは非常にゆっくり。
きのうより、さらに南下してくるため、

南関東でも雨になるところが多そうです。
引き続き、落雷や突風にご注意ください。

雷が鳴ったら、すぐに建物や車の中に
避難してください。





コメント ( 1 ) | Trackback ( 3 )


西日本の梅雨入りが遅れている。
沖縄や九州南部は平年より遅れて梅雨入りしたが、
九州北部から近畿も平年日を過ぎた。

関東や北陸では、一部で雨が降ったが、これは梅雨前線によるものではありません。
寒気の南下によるものです。

夏の高気圧の張り出しが弱いため、梅雨前線の北上は週明けまではなく、梅雨入りは大幅な遅れになりそう。

関東は平年より一週間遅い、6月15日以降になる可能性も出てきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


6月2日、3日に東京・渋谷で、
エコライフフェア2007が開催され、
私も東京都環境局の展示ブースをお手伝いして来ました。




とはいっても、東京都環境局は気象キャスターネットワークと
共同で出展しており、計画段階から私も協力させていただきました。

「気象キャスターになろう!」では、
簡易的なクロマキーシステムを用いて、
雲画像や天気予報とお客さんを合成した写真をプレゼントしました。




「雲画像地球儀作り」は親子でいらした方に人気だったようです。
子供たちも、はさみとのりで、地球儀を自分で作り上げて、
お土産にしていただきました。


 

それから、クイズラリー。
地球温暖化についての3問ほどの問題と、
アンケートの協力をお願いしました。
プレゼントが大変良かったといこともあり、
長い列が出来てしまうほどでした。



なぜ、このようなイベントに参加したかというと、
気象キャスターネットワークでは、企業の協賛等によって、
地球温暖化に関する学校での出前授業(無料)を
全国で実施していて、この取り組みをアピールするためだったんです。



こちらは、一緒に出前授業を実施しているシャープさんのブースです。


そのほかの会場の風景の写真はこちら。




白熱電球と蛍光灯電球をそれぞれ使用したときに、
排出される二酸化炭素の量を比較していました。
わかりやすくて、いいアイデアですね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )


【6月4日】

梅雨入りが近づいていますが、
東京は3日連続で夏日が続き、
梅雨の気配をあまり感じませんね。
きょう、秋田では初の夏日になりました。

さて、梅雨前線はどこにいるのかというと、
ご存知のとおり、沖縄付近をウロウロしています。
「ウロウロ」という表現は適切ではないかもしれませんが、
北緯25~30度と、同じような緯度にいますよ。

例年ですと、5月中旬くらいから、梅雨前線が北上してきて、
梅雨の走りがあるのですが、今年はそれがありません。

その影響もあって、春から雨が少ない西日本では
早くも水不足となって、取水制限が行われています。

じゃあ、梅雨はいつころから入るのでしょうか?
ズバッと、答えるのは難しいのですが、
週明け以降になる可能性が大です。

今週半ばに雨が降りますが、
これは、北の寒気が南下してくるために降る雨で、
雷雨を伴うような雨の降り方をします。
しかし、これは梅雨前線によるものではないので、
梅雨入りを発表する可能性は低いです。

しかも、週末の日曜日はいまのところ晴れる予想ですから、
関東~九州北部地方の梅雨入りは、結局、
週明け以降に持ち越しとなりそうですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )