八十路徒然なるままに

なさけは説くも なさけはしらぬ うきよのほかにも 朽ちゆくわがみ 島崎藤村 月光 より

日暮れ

2012年12月31日 20時36分24秒 | Weblog
今日は大晦日。いつもの空で、いつもの夕暮れ。日中、一時風が強かったが、さほど寒くない。所在なく、こたつで、数時間も、もぐっていた。今は背から、スト-ブのファンで温まり、キ-ボ-ドを打つ、ポツボツボツの音だけだ。仕事の大半は、別のところへ引き継ぎをした。仕事をしていた時は、人との会話があた。この会話がなくなったので、さみしく感じる、年末だ。仕事から離れた時に、読んでみようと、買った本も、ただ、積ん読ぐだけだ。明日になれば、夢と希望を考えるかも。拙いブログ、支離滅裂なことや、自嘲を閲覧くださいまして、ありがとうございました。皆々様方、どうぞ、良いお年をお迎えください。
コメント

煩悩

2012年12月30日 19時36分32秒 | Weblog
題とは関係のない、シクラメン。鑑賞用なので、日本が原産なのかと、思っていたが、地中海沿岸が原産地という。今日は雨の一日だつた。なんの変哲もなく、日が暮れて明日になる。「味がついたかなぁ」って、正月に食べる馳走が、二つ三つ、食卓に並ぶ。今日、正月飾りをした、お駄賃かなぁ。ちょつとばかり年の暮れの感じがする。明日は、大晦日。一年の終わりに、除夜の鐘が、打たれる。108つの煩悩を洗い流して、心身を清めるのだという。正しくは過ぎ去る年に107回、打ちならす。107回で、心身が洗い清められる。108回目の鐘を打つのは、新年を迎えた時という。新年の一回の鐘は、どんな意味があるのだろうか。「108つの煩悩とは」と、考えてみた。年に一度の、にわか信心には、あまりにも、難しいようだ。身体が、大過なく過ごせたことを感謝して、新たな年も健康で過ごすことを願っている。
コメント

大晦日

2012年12月29日 19時03分15秒 | Weblog
画像は、冬の空。肉眼では、もう少し暗い。今年もあと二日で終わる。あまり来てほしくない、年の暮れと、正月。あまり来てほしくないなんて云うと、マイナス思考だ。この歳になると、希望もない。しいていえば、迷惑をかけないで、終期を願うだけだ。このブログをはじめた頃に、「まだ、七十七よ」というように、「まだ」「まだ」「まだ」と云っていれば、プラス思考で、過ごせると、牧師さんの講演のテ-プを聞いたと、ブログした気がする。「わあぁ、今年も暮れるのかぁ」、「寝正月だあぁ」では、運気も逃げていくのかも。以前、仕事を盛んにやっていたころ読んだ、守屋洋著「中国古典の名言録」から。「平穏無事。そんなものは頼りにするな。いつまでも続くと思うな。一度や二度の困難にぶっかつてもへこたれるな。困難にぶっかつたら、ここが正念場と、自分に言い聞かせて耐えていく。」と、ある。新年を迎えたら、「まだ、七十八よ」って、云ってみっかあぁ。
コメント

いわきの伝説、丹後沢の人柱。

2012年12月27日 19時59分58秒 | Weblog
いわき駅前は、人の往来も、車の往来も多い。今の時代のにぎわいに応じて、近代的に整備されている。この、いわき駅の北側に、丹後沢がある。お城を守る堀にするため、沢の流れを堰き止める工事をしたが、一夜の雨で崩れてしまったとか。神様のお告げで、「この、堰を作るには、沢にすんでいる大亀を追い出して、人柱を立てればよい」と、告げられたそうだ。丹後という姓の、95歳の老人が、申し出て、人柱になったとか。もし、お城があったら、近代的な駅まわりとの、風景はどんな風に見えるのかと、歩きながら、想像をしてみた。「いわきの伝説、50選」より。
コメント

年賀状

2012年12月25日 20時08分08秒 | Weblog
昔-し使っていた筆で書いた。今年も図柄を替えようと、年賀状の素材集を、買ってきた。あいさつ文も、多種あるし、図柄も、カラフルで、いま風に仕上がるはずだ。問題は、宛名書きだ。小生の、宛名のデ-タ-は、ソフトには合わない。宛名は入力を、あらたにしなくてはならない。結局、今まで通りの、タックシ-ルに、ドットプリンタ-で、印字をした。いただく賀状に、ドットで印字をしたのは、取引先の会社のものだけだる「オフコン」と言われた時代の、宛名書きのものだ。鬼が笑うようだが、来年こそはと思っている。
コメント

コロッケ

2012年12月22日 19時04分44秒 | Weblog
画像はメンチかも。何回か食べてしまった残り。コロッケは小判型だと思う。ここのコロッケは、「うまい」の一言。このお店は、街の中にあるのだが、最近、妻は足が遠のいている。キャベツを刻み、ほかほかのコロッケに添えると、これまた、美味だ。義妹等が、遠方より来たときは、小生のところの分も、買ってきてくれる。三、四回たべている。なんか昔の歌に、「今日もコロッケ、あしたもコロッケ―--」なんていうのがあったけっか。アツアツに揚がるのを待っている間、お天気のことでも話すのか、言葉をかわしているようだ。年に数回しか、買いにいかないのだが、来たときは買いによる。フアンはいるものだなぁって、パチリした。
コメント

冬の海

2012年12月19日 19時41分20秒 | Weblog
ちょっと回り道をして、海を見てきた。大地震と津波とで、地盤が下がった影響か。前に見た光景と同じく、夏の海水浴客の監視塔が、今も、土台が波に洗われている。以前は、白い砂浜がひろがり、風光明媚だった。日の出を見る海でもあるし、沖行く白い船を見ることもあるし、考え深げに、はるか水平線を見る海でもある。あたりの道路は、行きかう車も少なく、人影もない。あたり一面は、大津波で家屋も流されてしまっている。自然災害の恐ろしさを、まのあたりにしている。
コメント

初夢

2012年12月18日 19時27分36秒 | Weblog
画像は、ちょつと珍しくなった手拭。以前は重宝していた。今の世は、手、足、体を拭うには、タオル地が多い。機能タオルも多い。画像の手拭は、注染という染め方だ。手造りで、図柄も、「一富士、二鷹、三なすび」と言っていたもの。大樹林によると、「初夢に見ると、縁起の良いものを列挙した文句。駿河国の名物を列挙したものとする説もある」とある。今年もあと、十日あまりになった。冬至も近い。日照時間も冬至を過ぎれば、長くなり始める。「冬至、冬中、冬はじめ」という言葉がある。寒さもこれから。暖かさがもどるのは、「立春」ころからという。話しはそれたが、初夢は、どんな夢なのか。年があけると、どんな現実がまっているのか。年老いれば、ちょつとだけでも、いいことがあればと、願うだけだ。
コメント

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる

2012年12月16日 01時18分11秒 | Weblog
今日は、衆議議院議員の選挙の投票日。比例代表の党の多いこと。せめて、政治が安定すればいいのにと思う。画像は、この拙いブログをはじめた頃に、書いたもの。四度ほど載せた。仕事をしていた時に、心のよりどころと、守屋 洋 著、「中国古典の名言録」から、引用をした。小生「官」ではない。社会的に少しばかり、責任を負う立場であった。従業員を雇えば、夫あり、妻があり、子供がいれば、給与を支払って、家族の生活を守る。取引先にも、また、仕入れ先にも、なにかかにかの、責任があった。自分自身の、心得のひとつでもあった。
コメント

不具合のパソコン

2012年12月14日 20時47分20秒 | Weblog
机の上の2台のパソコン。右側が、がっかりしたパソコン。文字の変換の時に、エラ-が出でてしまう。つまらないブログを書くのに、漢字変換するたびに、サ-バ-に報告をしろといってくる。はじめはサ-バ-がおかしいのかと、思った。4、5年続けて使っていたので、そんなわけはないだろうと思った。事実、こう書いているパソコンは、なんの問題もない。「選んだ自分がわるいのよぉ」って、云ってみても、悪くなるのが、ちょっと早いのではと、思っている。この機種の前にも、一台ダメにしている。物には、寿命がある。あたりはずれは、しかたのないことと、あきらめることにする。
コメント

夕闇がせまる

2012年12月13日 20時47分59秒 | Weblog
ある日の夕暮れ。画像以上に、地表は暗く、車もライトを点灯をしている。同じ時刻に撮ったのは、前にも載せた。もの悲しく感じる歳の暮れ。十二月十四日は、赤穂浪士の討ち入りの日と、報じている。新暦に換算をすると、1703年一月三十日と、「旧暦は くらしの羅針盤」、「小林弦彦著」でみた。14日は、お月様も、満月に近く、月明かりもあり、雪明かりもあって、それを利用したのかとも読んだ。ちなみに、今年の十二月十四日は、新月の次、二日月で、暗闇だ。「そうなんだあぁ」って、いうだけ。今年一年、私事は、どんな一年だったかと、考える昨今だ。
コメント

がっかりしたパソコン

2012年12月12日 20時03分52秒 | Weblog
キ-ボ-ドのボタンも、こわれてしまった。前回、「安物買いの---」と、書いたが、高額だったのが、17万円弱になつたので、通販で、買った。昨年、マザ-ボ-ドがダメだと、7万円弱で、修理をした。その頃も、ボタンも具合が悪かった。結局、高いものになった。保障期間内ならばいいのだが、保障期間が過ぎては、しょうがないと。あまり必要ではないが、壊れたパソコンから、時代遅れの、フロッピ-で、デ-タ-の移し替えをした。誰も知らないソフト、「マイ、ツ-ル」をつかっている。「ワ-ド、エクセルは、わからん」と、頭が古いのを、棚にあげている。今使っている、このパソコンは、昨年購入をしたものだ。ようやく、使いなれてきた。と、云うより、素人に、使いこなせるように、できているのだろう。
コメント

パソコンの寿命、「安物買いのなんとか」。

2012年12月10日 21時17分22秒 | Weblog
通販で、5年ほど前に、仕事に使うので、XPが入れられるというので、購入をしたパソコン。その頃には、フロッピ-ディスクは、すでに、時代遅れになっていた。古い、95や98から、デ-タ-を移し替えなければならなかった。当時、XPを探したが、家電店では、「もう、ないよぉ」って、笑われた。仕方がなく、通販で、XPをいれてもらい、フロッピ-デイスクをつけて、購入をした。95と98から、デ-タ-を移し替えは、相性がわるいのだろう、ダメだった。当時、80GBを付けたので、大丈夫だと思った。マザ-ボ-ドの修理を去年した。文字の変換をすると、2位、3位になると、エラ-。「サーバーへ報告しろ」と。サ-バ-じなくて、パソコンそのものが、寿命なのかも。キ-ボ-ドのボタンも欠落、修理はしないことにした。まあ、結局、「安物買いのなんとか」だなぁって。画像の、この拙いブログを書いているパソコンは、外付けのフロッピ-ドライブだ、なんら問題もない。あちこち探しあるいて、やっとこさ、見つけ出した。今使っている、このパソコンは、「Let`s note」。以前、マイ、ツ-ルで、印刷機、コピ-機で世話になった会社の、営業マンから、買った。 この長年使えることを、願っている。
コメント

衆議院議員選挙

2012年12月09日 20時01分58秒 | Weblog
ちょっと、ひまつぶしに、選挙結果の予測、獲得議員数が、新聞にのった。数字を見ると、ついつい、図形にしてみたくなる。図形にした元の数のほかに、増と減の数もある。ゆらいでいる数は、ほかのことのことでもある。この図形に使った元の数にたいして、増加の数と、減少の数は、選挙の場合は、無党派層の数が、加味しているのだろう。第三極といわれる政党で、当選議員が多くなれば、極が乱れ、混乱が続くのかも。安定をねがっている。
コメント

衆議院議員選挙

2012年12月07日 20時33分01秒 | Weblog
衆議院議員の選挙がはじまった。「第三極」の言葉が、報じられている。難しいことは、別にして、「政権奪還」の言葉もあるようだ。新聞に「各党の推定獲得議席数」が、報じている。それを、グラフにしてみた。政治のことは、皆目わからない。世の中が、混乱をしているのかも。意味合いが違うが、「弱り目に、ただり目」なのか。外国から、「弱いところを突かれる」こともあるのかも。国の安定が、第一なのかも。前回の選挙の前に読んだ本で、民主党は、こんなに素晴らしい政権なのかと、思った。今思えば、ただの一票しかないのにだ。今回、どんな結果がでるのだろうか。
コメント