三度のメシより…イタグレびっちゃん☆

イタリアングレーハウンド(イタグレ)わさび(♀)の大百科

少しずつ、少しずつ…

2011年10月31日 | 関節変形に伴う理学療法的アプローチ
通院日
先生に診ていただきました。

家でのマッサージは継続していますが、劇的に回復している感触はまだありません。
ただ、以前は、腕をしっかり上げた状態で歩いたり、座ったりしていたのですが、足が地面に当たる(着く…というほどではない…)ようになったので、これは明るい兆しといえるかもしれません


先生はアメリカにいらっしゃる外科の恩師の先生にもわさびのレントゲンを見せ、意見を仰いでくださったそうです。
そのときに、プレートとわさびの骨の生体親和性があまりよくないのでは?という意見を言われたそうです。
実際、レントゲンをよーくよーく見ると、プレートと骨の接触面できれいに癒合していない部分がありました。
それが今回の引き金になっているとしたら、プレートを除去する方向で考える必要がありますし、しかし、それが原因とも限らないので、非常に悩ましい判断にせまられているようです。
とにもかくにも、骨を支える筋肉をつけること、関節を柔軟にすること、鈍っている神経の働きをよくすること、が今のびっちゃんの優先課題なことに変わりはないようです。


先生は近々のうちにアメリカに出張されるそうですが、その際、わさびの歩行動画を携えて、向こうの先生方と意見交換してきてくださるそうです。
専門識者の意見を効果的に伺うことができますし、そういう意味では、不幸中の幸いだったのかな、とわさびの強運を喜んでいます



びっちゃんとは、まめにマッサージの時間をもつようにしました
(わ)マッサージね

今後はそれに加え、左足に負荷をかけるトレーニングも加わります。
左足だけに負荷がかかるのを嫌がるびっちゃん…。
それは痛みからなのか違和感からなのか…その程度がわからないのがもどかしいところですが、様子を見つつ、継続してみようと思います。

毎日ゴキゲンなのが幸い
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« IGカレンダー作ろう大作戦! | トップ | これも「年」のせい?♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maaa )
2011-11-01 07:12:07
びつこさんのご機嫌さんにこちらまで
励まされます。。。

得策が見つかりますように!

それにしてもひっくり返りびつこちゃんの
アザラシ度の高いこと!
Unknown (ラテトワ母)
2011-11-01 07:55:31
まあさん!アザラシ度って(爆)……どんなの?私も一瞬 思ったかも(笑) ひめさまラテは あの頃 引っくり返る事さえ出来ませんでした。今も(笑) 聞いてくださって 感謝!安心、心強いです。原因が解れば タメ息が消えます。
maaaさま☆ (ひめ)
2011-11-02 07:53:49
アザラシ度高いですか?
今朝もゴキゲンにアザラシってました
簡単にひっくり返っちゃうびっちゃんの心理ってどんなんなんでしょうね
らてとわ母さま☆ (ひめ)
2011-11-02 07:58:31
原因がわかるといいんですが…

やっぱりアザラシ度高いです?
アザラシ姉妹にあやかって元気いっぱいになれそうですね(*´艸`)
Unknown (エクルの姉)
2011-11-02 20:34:52
わさびちゃんの表情が本当に明るく、変わらず、お目目もくりくりで、元気にみえるので、本当に、少しづつかもしれないですが、いい方向へと、歩みだしている気がしています。

いい先生に出会われている様に感じますし、これだけでも、かなりの幸運と思います。(知り合いで、探しに探し、5人目の先生にめぐり合えて、ようやく、わんこの皮膚疾患がよくなってきたという話を聞いたところでしたので・・・。)

それにしても・・・わさびちゃん鼻が丸いわあ~(笑)
エクルちゃんのお姉さま☆ (ひめ)
2011-11-03 19:24:31
ありがとうございます
そうなんですよ足の付き方は普通じゃないのに、それ以外はこれまでと何ら変わらなくって、『ボールで遊んで~』と毎日催促されます(ボールは封印中です
ワタシのほうが不思議な感覚かもしれません

わさびの鼻、丸いですか
意外なご指摘にちょっとびっくり
これを機にチャームポイントにしちゃいます(*´艸`)

コメントを投稿

関節変形に伴う理学療法的アプローチ」カテゴリの最新記事