蟻取物語

蟻の採集や飼育に関する研究成果を、写真等を活用して公開する。

1120 ケブカクロオオアリ ケース内ペアリング 現況

2019年05月12日 13時19分27秒 | Weblog
交尾が確認できている2匹は、産卵をしています。
交尾の確認できなかった1匹も健在です。

蟻巣内で脱翅した2匹も今のところ健在です。
産卵の徴候はみられません。
これから一カ月ほど暗所で放置します。
ストレスを与えないためです。
ひたすら死なないことを祈ります。

コメント

1119 ケブカクロオオアリ ケース内ペアリング考 回答編(7-6・7)

2019年05月10日 16時08分36秒 | Weblog
6 日光と時間について
日光に当たっていることは、重要な要素の一つです。
温度と共にペアリングの引金になる要素です、
前述したとおり、温度管理は重要ですが、日光の管理も注意しなければなりません。

午前十時ころから野外に出し、ケース内に日光が差し込むように設置します。
まずオス蟻が出てきて飛び始めまあす。
午後になって、メス蟻が活動始めます。

このような状況が数日続いたころ、
ペアリングの瞬間がやってきます。
その頃は、オス蟻は歩きまわっている状況なので、メス蟻と遭遇する機会が多くなっています。

7 まず実施してみよう
やってみなければ、実感として把握することはできないと思います。
経験を積み重ねて、感を醸成することがポイントだと思います。
簡単にあきらめることなく、根気よく経験をつむことが大事です。

わたしもまだまだ改良の余地があると思っています。
チャンスがあれば、再び挑戦したいと考えています。
コメント (1)

1118 ヨツボシオオアリ 結婚飛行

2019年05月04日 16時07分01秒 | Weblog
5月3日ヨツボシオオアリが飛行しました。
気温は26℃。午後2時から3時の間、多数の脱翅メスが樹幹を歩いていました。
とりあえず、12匹を採集して持ち帰りました。

 

 
コメント

1117 ケブカクロオオアリ ケース内ペアリング考 回答編(7-4・5)

2019年05月01日 15時01分20秒 | Weblog
4 温度設定
温度は27℃から30℃になるように設定します。
湿度は40~60パーセントに設定します。
温度は日陰調整、湿度はスポンジで行います。
わたしは経験と感で行っていますが、未経験の方は温湿計をケース内に設置して行ったほうがいいでしょう。

5 風との関係
ケース内ですので、風の問題は発生しません。
風の有無はペアリングには、直接関係ないようです。
コメント

1116 ケブカクロオオアリ ケース内ペアリング考 回答編(7-2・3)

2019年04月26日 13時28分29秒 | Weblog
2 羽アリの大量死の原因
ワーカー数が減少したことにあると考えています、
コロニー内の環境状態が変わり、栄養状態が極端に悪くなったことが主因。

3 交尾行動とフェロモンの関係
検査体制の不備から、確認できていません。

 
コメント (2)

1115 ケブカクロオオアリ ケース内ペアリング考 回答編(7-1)

2019年04月25日 10時59分30秒 | Weblog
バードさんからの質問に回答していきます。
あくまでも私の個人的な私見ですのでご承知おきください。

1 羽蟻の誕生と育成、女王の死亡の関係
  女王が死亡したことと、羽蟻が生産されたことは密接な関係があると考えています。
  前年産卵が終えた女王が死亡、同時に巨大ワーカーによるオス羽蟻の卵の生産が始まったと推論します。
  女王物質が失われると、コロニーによる次世代の生産がはじまるという考えによります。
  ミツバチにも見られる現象です。

 
コメント

1114 ケブカクロオオアリ ケース内ペアリング実施

2019年04月16日 16時03分12秒 | Weblog
越冬に成功した羽蟻は、メスが80匹程度、オスが110匹程度でした。
3月に入ってから、次々とメス羽蟻が脱翅していきました。未交尾なのは、明らかです。
オス羽蟻も死んでいきます。原因がわかりません。
脱羽蟻メスの多くは死んでいきました。現在10匹ほど管理しています。
後日この現象を推論してみたいと思います。

4月14日現在、メス羽蟻4匹、オス羽蟻20匹ほどになりました。
このメス羽蟻4匹は蟻巣から外に出てこなかった個体です。正常な個体だったと思えます。
4月15日、大型ケースに羽蟻とワーカーを入れた蟻巣を設置しました。
いよいよケース内ペアリングの実施です。
気温は24度ほどでしたが、ペアリングにいたりませんでした。

4月16日、午前10時に外の日光に日陰調整して、ケースを設置しました。
11時には、オス羽蟻が蟻巣から出てきて、さかんに飛びまわり始めました。
午後2時過ぎにメス羽蟻4匹が巣外に出てきました。
午後三時になって、最初の交尾が観察できました。
交尾は30秒以上続き、完全なペアリングでした。
続いてもう一匹交尾を観察できました。
後の2匹については、残念ながら確認できませんでしたが、交尾済みの可能性があります。
明日、脱翅状況をみればわかると思います。

今後の作業としては、
オス蟻がまだ健在なので、羽を落としているメスにペアリングを試みてみたいと思います。

鮮明な画像が撮れなかったのは残念ですが、参考に観ていただきたいと思います。


 

 
  
 

 
コメント (4)

1113 2018クサオオアリ 飼育環境

2018年10月07日 15時42分31秒 | Weblog
報告が遅れました。

去年はワーカー一匹の羽化に成功しましたが、
越冬に失敗し、ワーカーを失いました
今年もこうやんのご厚意で、新女王を得られましたので、
飼育環境をいろいろ試してみました。

その結果を以下の{1}、「2」、「3」の事例で説明していきます。

「1}ケース内に湿らせたスポンジだけを入れた事例です。
   湿らせたスポンジのすぐ傍で子育てをしています。
   ワーカーが6匹、幼虫も育っています。
   餌はいろいろ試してみましたが、メープルシロップが一番いいようです。

「2」ケース内に、湿らせたスポンジと、それに切り口を密着させたチュウブを入れた事例です。
   ご覧の通り、チュウブが湿気で変色しています。
   ワーカーが5匹、幼虫も多数います。

「1」、「2」の事例から導き出されるのは、水分の重要性です。
クサオオアリは木質中に営巣しますので、乾燥した環境を好むと思われますが、
少なくとも、新女王のコロニー建設には、潤沢な水分が必要と考えています。

「3」のように、湿らせたスポンジを入れたケースに採餌用のチュウブを差し込んだ場合、
ほとんどの新女王はチュウブ内に営巣します。
産卵、孵化はみられますが、殆どの場合、幼虫は成長しません。

勿論、新女王の個体差も大きな要因ですので、一概に言いきれませんが、
飼育の際は参考にしていただきたいと思います。

「1」

 

「2」

 

「3」

 
コメント

1112 2018クサオオアリ 現況

2018年09月16日 14時57分16秒 | Weblog
今年、こうやんから頂いたクサオオアリの新女王。
個体差、飼育環境の違いにより、現況状況は違いますが、
10個体はコロニー建設順調で、ワーカーが蛹化しています。
間もなく、羽化すると思います。

新女王は、3匹が死亡しました。
40匹が健在です。
飼育環境をいろいろ試してみました。
その結果、コロニー化に成功する飼育環境が、わかってきました。
一段落しましたら、報告いたします。


 

 

 
コメント (3)

1111 ケブカクロオオアリ 雄羽蟻

2018年09月11日 15時56分56秒 | Weblog
巣箱(1)
前回、雌雄別居と記載しましたが、間違いでした。
メス羽蟻の下に雄羽蟻が隠れていました。

もう一つの巣箱(2、3)には、雌羽蟻もいますが、多くは雄羽蟻です。



 ミステリー「仮面を被ってロボットになれ」 連載中


 サトヒロ(@3549A3562) カクヨム で検索

 カクヨム  ユーザー登録すれば、作者と交流できます
       メールアドレス(ユーザーID・パスワード設定



 (1)

 


 (2、3)

 

 

コメント

1110 ケブカクロオオアリ 羽蟻羽化

2018年09月03日 11時12分00秒 | Weblog
すべての羽蟻が羽化しました。
幸いなことに、ワーカーによる食害はありませんでした。
羽化後すべて羽蟻が健在のようです。

もうひとつの巣箱にオスアリがいます。
何故か雌雄が別居しているんですね。
それは次回投稿します。




  ミステリー「仮面を被ってロボットになれ」 連載中

  サトヒロ(@3549A3562) カクヨム




 
コメント (3)

1109 2018ミカドオオアリ 現況

2018年08月25日 15時17分46秒 | Weblog
ワーカー7匹と卵塊。今まで飼育した新女王の中では、一番優秀。
順調です。



 報告

 小説投稿サイトで、ミステリー小説を連載中です。
 「仮面を被ってロボットになれ」

 カクヨム サトヒロ(2549a3562) で検索



 
コメント

1108 2018ミカドオオアリ 羽化

2018年07月04日 13時02分05秒 | Weblog
ミカドオオアリのワーカーが羽化した。
サナギがあと4.
橙色の卵塊があり。

女王蟻の優劣の個体差が分かる事例です。

 

 
コメント

1107 ケブカクロオオアリ メス羽蟻羽化

2018年06月29日 13時00分04秒 | Weblog
メス羽蟻の羽化も始まりました。
現在3匹ほど確認できます。
サナギの数を数えると、70~80ほどあります。
全部が無事に羽化できるように頑張ります。
ワーカーによる食害を防ぐためには、充分な給餌に心がけることが大事です。

 

 

 
コメント (3)

1106 ケブカクロオオアリ オス羽蟻羽化

2018年06月27日 13時58分13秒 | Weblog
ついにオス羽蟻の羽化が始まりました。
現在10数匹。
200以上が目標です。

 
コメント (2)