Hiro’s Diary (あしあと)

『TEAM DU BON TEMPS』に所属。 チーム名の意味は、フランス語で『楽しい時間』なんですよ。☆ミ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冬の穏やかな晴天

2013年01月31日 | スキー






今日の晴れ日に、前日からワクワク。
スキーに行こうか、それとも自転車にするかと悩みに悩むよ~。
昨年の今頃では考えられない天候です。
本年、1月10日に行った時は、晴れていたものの雲がかかっていて白山見えなんだしなぁ。
やっぱり、白山見てみたい。

しかし、晴れた越前海岸も綺麗だろうなぁ~。
あぁ~、身体は一つしかないしね…。

じっくり考えてみると、朝の気温は氷点下まで下がって寒い。
更に、道路に雪がないといっても凍ってる可能性もあるよね。
しばらく、じっと指くわえて待ってるより、スキー行ったほうがマシかと考えました。
どうせなら、2つ遣りこなせばいいじゃん。

そんな訳で、昨日の夜はサッと出かけられるように、スキーを車に積んで準備万端。
更に、帰ってきてすぐに着替えられるようにと、着替えを一箇所に揃えておく。
自転車もすぐに積めるように、空気を入れておきます。
ヘルメットやシューズ、グローブは、忘れないように車に積んでおきました。

スキージャム勝山は、8時からリフトの始動が開始です。
リフト券も、7時30分から販売。
8時から1時まで、みっちり滑って5時間。
こんだけあれば充分だよね。

そんな訳で、朝は6時30分にジャム勝に向けて出発でした。
途中、勝山に入る手前でも、氷点下4℃を表示してます。
朝は、やはり寒いようですね。





朝方は、ちょっぴりガスがかかってるような感じでしたが次第に晴れてくる様子でした。
誰も、滑ってないバーンが素敵ですね。
ワクワク、致します。





最初、ファンタジーを数本滑ります。
圧雪されたバーンの雪も固く凍った感じ…。
滑っていても、エッジが引っかかりガリガリといった感じです。
それにしても晴天の青空に、嬉しさを隠せず滑りが楽しいこと…。





雲の形が、常に変化しています。

ところで、イリュージョンサイトの頂上付近のガスが晴れて来ました。
これはと思い、場所を移します。





法恩寺山、山頂に到着。(トップの写真)
思った通り、白山が綺麗に見えました。
(これで、目的は達成です。









それどころか、360°全貌出来ます。
やっぱり、こちらに来て良かったと思うばかり。
気温は、氷点下8℃でしょうか?
手袋を外すと、とたんに手指が凍りそうになります。





しばらくは、スキーを楽しんでました。
中国からの黄砂のせいでしょうか?
ほのかにボンヤリとしてますが、あの境界線は海なんでしょうかね?

ところで、今日は娘も学校からこちらに来ています。
先週の日曜日に練習したしね。
今日は楽勝に滑れるでしょう。
ちょっと、様子を見に下まで下りました。
イリュージョンから下まで一気に下りると、流石に足に来ますね。

子どもたちは、それぞれのレベルに分けられてグループで滑ってる模様です。
娘を見つけようと思いましたが、それらしいのがいません。
折角、下まで下りたので、サーティワンに直行です。





チョコチップアイスをゲット。
今日は、31日。
月の31日がある日はサービスデイです。
『どうぞ、お好きなのをお取り下さい。』ってことで、タオルハンカチーフをゲットでした。

あまりにも日差しが良く、暖かいので外で食べることに…。

娘を探しますが、どうも下のゲレンデにはいない様子です。
時間も勿体ないので、またまたファンタジーサイトへと移ります。
タイムリミットは3時間を切りましたね~。

青空の下、気持よく滑ってウキウキです。

時間制限イッパイ使って滑ってましたよ~。
段々、気温も上がってきて、雪もとけ出し水分を含んできました。
帰る時間に持って来いの条件。(笑)

そんな訳で、ササッとスキー板を片づけ帰ることに…。
途中、勝山市の県道でネズミ捕りしていました。
メーターを見れば68km/h。。。
捕まらなかったぞよ。
スピード違反じゃなく、シートベルトだったんだろうか?
それとも、60km/h制限だったのか???

家に着いたのは、40分くらいで到着。
用意してあったウェアに着替えて、自転車をつぎ込みます。
そのまま、鷹巣方面へと進み、車をデポ。
午後2時30分前に到着でした。





越前海岸は全く雪なし。
ホント、海風って暖かいんですね。
気温もこのへんでは、8℃くらいあります。
暖かいですよね~。

ところで、初走行のリドレーです。
中々、走りやすいロードバイクですね。
変更点は、クランク長とブレーキシステムです。
中々、良い出来上がりになってますよ~。
インプレは次回書きますね。





海岸線では数人のローディとお会いします。
流石に、この日を逃さず走ってる方は多いですね。





日が沈み出して、夕日が差して来ました。





久しぶりの越前海岸の夕日。
カメラマンの方も多かったですよ~。





写真撮影時間も入れて、約3時間は走れましたよ。
いつもなら、5時過ぎには真っ暗なのに、今はまだ明るいですね。
段々、日が長くなりますよ。
嬉しいことです。(春よ来い~。


家に帰り、まだ食事までには時間があるし、どうせ汗のかきついでです。





ウェアは、このままでランニングのシューズだけに履き替えて走って来ました。
しっかし、朝からよ~、遊びましたね。
ふぅ~、ちかれた~。

スキー(ジャム勝)  滑った本数 23本?(多分)
ロードバイク     76.3km
ラン           5.2km

コメント (24)

愛娘とデートな日

2013年01月27日 | スキー
    





今日は、娘と『スキージャム勝山』に行って来ました。
普段は、『どっか行く?』というと、「行きたくな~い。 友達と遊びた~い。」の返事が多かったのに…。

またまた、小学校の授業でもスキーに行くらしいです。
その前に、一度滑っておきたいというのが、娘の心情だったかもしれません。

息子はこの日、進学のことについて先生と面談のため、ワイフは付いて行きました。
そんなわけで、今日は娘とのデートとなりましたよ~。


さて、前日の土曜日からかなりの雪の量。
流石に、私の車で登れるかなぁと、ちょっと心配でした。
この日の気温、平地でも氷点下3℃。
山はもっと冷えていますものね。

でも、綺麗に除雪されてるし、『乾いた氷は滑らない』の言葉通りです。
なんなく、ジャム勝に到着でした。
しかし、ここへ来るお客さんは大阪や奈良の方が多いですね。





さて、今日のお天気はというと、青空の見える晴天。
実際、昨日の天気では、『雪のち曇』でした。

流石に、娘の晴女ぶりには感服致します。





最近、ブログの事を知ってる娘ですが、写真を撮られるのが嫌いです。
更に、グルメなどの写真を撮ろうとすると、ファインダーの中に指を入れたりして邪魔を致します。
写真撮るのも一苦労なんですよ。





さて、1日娘のお相手をと思いましたが、一応スキースクールに入れて先生に見ていただくことに…。
その間に、ちょいと自分の楽しみも満喫するために、イリュージョンコースへと行きました。





リフト待ちは、それほど酷くはないのですが、一人待ちの順番に並びました。
この方が、更に早くリフトに乗れますからね。
日曜日のリフトは、こんな方法がいいですね。

ところで、同席した横の2人は、どうも高校生みたいでした。
今年初めてスキーをされるようです。
でも、この若者たちはスノーボードじゃないんです。
履いてる板は、カービングの板。
これには驚きでしたね~。

お二人の話から、どちらかの父親に習っているみたいでした。
その父親の勧めだったのかしらねぇ。
でも、その高校生の友人までが、スキーに乗ってるのが不思議に思いました。
そこで、ちょっと訪ねてみました。



hiro     『高校生ですか?』


お二人    『はい

        元気な返事です。


hiro     『最近の若い方は、ボードだと思っていたんですが、何故にスキーを…?』


高校生A   『みんなと同じ事より、違ったことをしたくって…。』


高校生B   『最近、ひそかにボードよりスキーの方が流行ってきてるみたいです。』



なんと、驚きのお言葉を頂きました。
本当にねぇ~、我が息子もスキーよりボードと言うヤカラです。
若い者達は、猫も杓子もボードを手にしてる中、この子たちの考えに驚きを隠せません。

でもねぇ、なんとなくわかるこの子たちの考え方。
目立とうとするなら、やはり今はスキーなんですね。
また、時代は繰り返されそうです。


高校生A   『みんな、上手いなぁ~』


hiro     『大丈夫、すぐに上達しますよ。』


お二人    『(笑)』



リフト終点間際で…。


hiro     『バー、上げるね。』


お二人    『ありがとうございま~す。』



あぁ~、なんと気持ちの良い高校生なんでしょうね。
キチンと挨拶まで…。
ホント、親の教育がいいんでしょうなぁ。





さて、場所はイリュージョンコースへと向かいます。
後ろを振り向くと、素敵な風景が…。


イリュージョンコースで数本滑りますが、こちらは氷点下7℃の世界。
寒いですよ~。
それに、ガスがかかっていて、雪もホンの少しちらつきます。
そんな中、スキーグローブに目をやると…。





うおおぉ~、雪印マーク
こんな、ハッキリとした雪の結晶見るのは久し振りですね~。

この後、こちらはちょっと天候が悪く雪が振ってます。
視界も悪くなり、酷い降りになってきたのでファンタジーコースに移ります。
やや、こちらのほうが雪は降ってませんでした。
ここでも、数本滑り、そろそろスクールの終わる時間なので、バラエティコースへと移動しました。





ほんのりと降ってくる雪ですが、青空が広がってますね。
いったい、我が娘、どんだけ晴女なんでしょうね。





降りてくると、スクール中の娘を発見。
ボーゲンから、足を引き寄せてパラレルに移る所まで来たようです。
パラレルが出来れば、スキーももっと面白くなるはず。
頑張れ、娘





スクール終了後、先生からのアドバイスを聞きました。
時間を見れば、正午過ぎ。

『お腹すいたぁ~。』の一言。

それではと食事に向かいますが、混雑。。。







なもんで、たこ焼きを注文して、外で食べました。

この後は、7本くらい娘にお付き合いです。
リフトに乗ってる間も、色々と話しが弾みましたね。
学校のことも色々話してくれて、良い時間を持てました。
先ほどの高校生みたいになってもらいたくて、礼儀もキッチリ教えましたよ。
素直に聞いてくれて良かったよ~。
たまには、こういう孝行もしないとね。





喉が渇いたやら、小休止。
ホテルの中で、31(サーティワン)のアイスクリームを物色。
娘曰く、『なんで、ハーゲンダッツなくなったんやろ?』って…。
娘もハーゲンダッツの方が好きなようです。

時間も3時過ぎ。。
娘も、相当疲れたみたいです。
ちょっと早いのですが、今日はお終い。。

スキーを片づけ、着替えて、さぁ帰ろうかという時に、空からは大粒の雪がボタボタ…。
ホント、こやつの晴れぶりは凄いものです。
結局、今日のスキーしてる時間は、殆ど晴れていたんですから…。
娘を自転車乗りにしたら、ず~っと晴れるかな?


お昼ご飯らしきものは食べてないので、ラーメンを食べに行くことに…。
娘も賛成したものの、車の中では疲れたやらスヤスヤ…。





で、来たのが『岩本屋 春江店』。





今日は、辛味噌ラーメンにしました。
辛さの度合いは、1~5のレベルがあるらしい。
そんな訳で、2を選択しましたが、頭から汗がドッと吹き出すほど辛い。
いやいや、今日は汗かきっ放しですね。

この後、ミクのつぶやき見たら、Fuomiさんもお昼に来てたらしい…。
どうも、僕と同じ辛さで注文したそうですが、普通とか…。
あ~、Fuomiさんの舌って…。

コメント (12)

初滑り(スキージャム勝山)

2013年01月10日 | スキー
    






折角の休みだというのに、路面はウエット。
今日の冷え込みで、気温も上がらずでした。
そんな朝、空が意外に明るいです。

天気を調べてみると、意外に晴れ間が出そうな感じでした。
ササーッと着替えて、スキーを車に積み込みます。
スキー板のワックスはいつでも行けるように、事前にかけてあります。
この間、約30分。
自転車と違って、用意は簡単だねぇ~。

さて、前日に我が職場にいる方(スキーバカです。)に話したら、3,000円になる割引券を2枚頂きました。
なんでも、ジャム勝のシーズン券を買ってあるのでいらないそうです。
そんなわけで、お安く入ることが出来ました。





まずは、勝山にある『恐竜博物館』近くにある、恐竜くんにご挨拶。
道は、凍りついてツルツル。
スノーシューズでも、滑りそうになります。
しかし、車のスノータイヤはそれほど滑りません。
ホント、素晴らしく出来てますね。
ジャム勝に登る斜度もなんなくクリアで、ジャム勝の駐車場に着きました。
車の台数数えてみても、100台くらい。。。
流石に平日ですよね。

1day ticket を買うのに、正規で買おうとしていた方がいたので、ご一緒にどうぞとお誘いをかけました。
このチケット、4人までOKですからね。





朝早くには、青空が広がってました。
しかし、今日はガスがかかりやすい日ですね。





とりあえずは、ファンタジーコースを1本滑り、イリュージョンコースにと移ります。





そして、頂上へと登りましたよ~。
雲の流れは早く、その内、白山も見れるかな?
と、待ってましたが、中々スッキリとは流れてくれません。





空を見あげれば、すっごく綺麗な青空なのにねぇ~。
数分待ってる間に飛行機が3機と自衛隊ヘリが飛んでましたよ。





諦めて、しばらくはイリュージョンコースを滑っていました。





さて、頂上ももう一箇所あります。
イリュージョンのリフトを下りた直ぐ目の前に…。
リフトはないのに、綺麗に圧雪されており、ここも滑れるよ~と言わんばかり。
ガスも少しはれてきて、雲海が見え出しました。





誰かが先に踏み込んだ足跡あり。
私も、そのあしあとをたどり登りました。





あしあとも、途中で止まっており、真っ白な銀世界。
やはり、人が踏み込んでない一面は綺麗ですね。
雪面が、太陽の光にあたって、星のようにキラキラ輝きます。
(雪面の白い粒は、雪の結晶が輝いています。

ここに一人佇み、感無量の一時を味わいました。





帰りは、モフモフの新雪パウダースノーの中を滑ります。





下りになってる所で、雪が踊るとコロコロと転がり、大きくなって行きます。
なんとも、この動きが愛らしく思えますね。
しかし、漫画じゃないけれど、これが大きな雪玉になったらヤバイですね。

あまりの人の少なさと、雪が締まっておらずパウダースノーで滑り安いのとで、時間を忘れて滑ってましたね。





気づけば、別山が顔を出してきました。
やはり晴れたスキー場はこうでないとね~。





なにぶんにも、朝から14時までこんなコンデションで滑ってられますから…。





少し、ガスがかかってきたので遅めの昼食となりました。
大人のミックスカレーです。
ハンバーグの中は、トロリと熔けたチーズが入っており、これも美味しい。
カツはサクサクでジューシーでしたね。
さらに、トマト仕込みのカレーと通常のカレー。
たまに、これらを混ぜあわせてもグットなお味に感激。
混ぜ合わすと、3つのカレーを楽しめて美味しいですねぇ~。
スキー場で食べるものはと思っていましたが、意外にグットな味わいでした。

イリュージョンは、3時30分にリフトが止まってしまいます。
ファンタジーコースに移り、もう1本滑り、ファミリーコースへと移っていきます。

あまりにも空いていたので、滑りごたえは充分すぎるぐらい。。。
4時近くでスキーを片付け帰りました。


今年に入っての初滑り。
とても、気持ちのよいスキーを味わえましたね。

コメント (17)

木曜日の晴れ日に…。

2012年03月01日 | スキー





 写真提供はフレディ・Mさんです。


先月より、月末にお休みを取らないといけないとフレディ・Mさんからのご連絡が…。
平日のお休みをということで、木曜日に『スキージャム勝山』へ行こうということになりました。





朝7時に我が家を出発です。
今回も、フレディ・Mさんのムルにお世話になります。
駐車場に着きましたが、止まってる車は、40~50台ぐらい…。
流石に平日のゲレンデは、スキスキです。



 写真提供はフレディ・Mさんです。


そして、駐車場は霧がかかってました。
早速、準備に掛かりチケットを買ってリフト乗り場へです。
今回は、割引チケットを持っていたのですが、フレディ・Mさんの割引チケットがお得でした。
(何から何まで、お世話になりっぱなし…。





下のゲレンデでは、霧がかかってて視界がイマイチの状態でしたが、リフトで登るうちに晴れてきました。
で、後ろを振り返ると、雲海の広がりに山がポッカリ
嬉しくなりますねぇ~。
気持ちがいいです。



 写真提供はフレディ・Mさんです。


まずは、足慣らしに『ファンタジーサイト』を数本滑ります。
カリカリのバーンですが、奇麗に整備されていて、気持ち良く滑れました。



 写真提供はフレディ・Mさんです。


ふと空を見上げると、太陽のまわりに薄っすらと虹ができてました。
中々珍しいもので、『日暈(ひのかさ)』という現象らしいです。
私の写真は、カメラにうまく入りきれなかったので、フレディ・Mさんの写真を拝借しました。



 写真提供はフレディ・Mさんです。


ところで、スキーの滑ってる写真て殆ど無いんですよね。
とても、貴重な写真を撮って頂きました。





リフト乗り場には、チョッパーの雪像がありました。
(今年は、これ一体のみみたいですね。)



 写真提供はフレディ・Mさんです。





『ファンタジーサイト』から『イリュージョンサイト』へと移り、お昼頃までに20本近く滑りました。
リフトに乗ってる間は、『物欲トーク』で盛り上がります。
あと、ランのお話も聞けて勉強になりました。





今シーズン初めてのフレディ・Mさんも、調子が出てきたのかどんどんスピードが上がります。
今日の気温は暖かく、雪も重くなってきたので、昼食に…。





今日の、お昼はプリプリ海老のピラフです。
そして、ビールのおつまみに、ピザ風ナンとソーセージ盛り合わせ。

運転をしてきた、フレディ・Mさんには悪いので同じくキリンフリーにしようと思いました。
しかし、フレディ・Mさんから『どうぞ、ビール飲んで下さい』と言われて、甘えちゃいましたねぇ~。
(あ~、ここでもお世話になりました。)





まずは、今年の初顔合わせに『カンパ~イ』です。
そう言えば、今年初めて合ったことになるんですね。
いつもは、メールやブログ上でやりとりしてるので、気にもしてませんでした。
でも、久しぶりでしたので、よー喋りましたよ。





食事を済ませ、『イリュージョンサイト』を数本滑りました。
しかし、雪はかなり重くなってました。
あまりにも足が辛くなってきたので、ファンタジーサイトへ移動することにしました。
と、その前に…。





空は青いものの、若干モヤがかかっておりスッキリしなかったんですが、お昼過ぎから白山が奇麗に見え出します。
折角、ここまで来たので、フレディ・Mさんにお願いして、登って貰うことに…。








う~ん、やっぱり登って正解ですね。
やっぱり気持ちがいいや~。





ファンタジーサイトの雪も重いのですが、斜面がユルイせいか雪がばらけてません。
意外に滑りやすく、時間ギリギリまで滑ってました。





ところで、フレディ・Mさんのバランスの良いこと…。





いやぁ~、楽しい一日でしたね。
自転車もいいのですが、こうして北陸独特の遊びも良い物です。

本当に、今日はお世話になりっぱなしでスミマセンでした。
そろそろ、自転車のシーズンになってきましたね。
また、自転車の方も宜しくお願いします。

2月の総距離数   只今、計算中…
コメント (8)

ふたたび、スキージャム勝山へ

2012年02月12日 | スキー
    






今日は、MA310さんのお誘いでスキージャム勝山に行ってきました。
と、その前に前日の記事を書かせていただきます。


 2月11日(土曜日)


この日は、雪の予報に反して晴れておりました。
ちょっと、勿体ない日和でしたね。
本当は、前日よりターンを使って、京都へのぶらり旅をとも思っていたのですが、計画が立ってませんでした。
それと、京都にしては気温が低く、思い止まったのもこのせいがあったのかもしれません。
午前中に部屋の片付けなどをし、昼からはジムにとリラ○ムへ行きました。





そろそろ、走るのに慣れておかないといけないだろうと言うことで、ランニングのトレーニングです。
初めて履くランニングシューズです。
一体、足にはどんな負担が来るのだろうかと不安でした。
結局、6.5kmでダウン。
タイムは36分23秒。。。
とてもとても、5km 25分台なんて無理ですね。

ところで、最後にクールダウンしたときなんですが、シューズが跳ねてるような感じがしました。
おぉ~、これがクッション性の良い理由なのかとシミジミ思いましたね~。
膝の負担は全く感じませんでしたが、股関節当たりに違和感がありました。
今日は無理をせずに、これぐらいにと…。





さて、やはりサイクルトレーニングの方が得手です。
対外何処にでも置いてあるマシンは、ママチャリのような感覚を覚えるのですが、ここには1台だけこんなマシンがおいてあります。
乗った感じもロードの姿勢と変わらないので、こちらの方が気分を味わえますかねぇ~。
ただ、サイクルメーターも何にも付いてないので、ちょっと面白みがないかも…。
前輪が重りの役目をしていて、負荷はプラスかマイナス方向へ回すだけです。
でも、負荷の掛かり方は、ハンパないですね。
ブレーキは付いて無く、ピストバイクのような感じです。
こちらは、1時間弱回して終了。
あとは、お風呂に入ってマッタリでした。
ところで、お風呂まで行く階段を下りるときは、足がギクシャクしておりました。





今日は、お風呂でホッコリだったので、ご褒美に牧場ソフトクリーム。
風呂上がりのソフトは美味しい~。
しかし、ここでもう体中が筋肉痛のようなものを感じます。
明日のスキーは大丈夫なんでしょうか…。



     2月12日(日曜日)


今朝、起きたら雪が凄く降っている。
雨じゃないからいいのですが、あまり雪が酷いのもどうかと思いますね。
前日に、スキー板のワックスや、ブーツ、ストックなどは車に積んであるのでのんびり出来ました。
集合は9時からと言うことだったので、これも気持ち的に余裕があります。

さて、今日のスキーメンバーは、MA310さん、事務兄ぃさん、やっちさん、特別出演はMA310さんの息子さん(ここでは、マーくんと呼ばせてもらいましょう)、そして私の5人です。
まきちゃんさんは、スノーボードで別のグループと先に来ていた様子です。
イリュージョンサイトで滑ってると言うことだったので、どこかで会えるでしょう。

9時頃に事務兄ぃさんと合流。
MA310さん、やっちさんもそのあとに合流でした。
MA310さんのご配慮で、何と1日券がなんと、2,500円で購入できました。





早速、リフトに乗りイリュージョンサイトへと向かいます。
朝方、ここに到着の時は、視界が見えないほど凄い雪も、今は全然無くこの青空。
流石MA310さん、スキー場の晴男は違いますねぇ~。





MA310さんのマーくん、中々可愛い子です。





まずは、緩やかなところから何本か滑ります。





しっかし、みんなヘルメット被ってる…。







最近、多くなってきましたね。
事務兄ぃさんに聞くと、なんでも快適だそうです。
雪が降ってきても、別段どおってことないし、これ被ってると結構温かいそうなんですね。
(そう言えば、職場のスキーバカも被ってたなぁ~。





視界も良好みたいだし、雪が降ってきてもウェアのフードもいらないから、もたつきも解放されて快適そうです。
僕も、買ってみようかしらと思いましたね。
やっちさん曰わく、なるべく軽いのがいいですよ~って。(それって、高いんじゃ





何本か滑ってうちに、視界が見えにくいようなガスが掛かってきました。
そんな中、まきちゃんさん発見

お会いしたのが、ここで最初で最後になってしましました。
(お昼から用事で帰られました。)

この時、雪の視界が悪く、雪の段差に足を取られて転倒でした。
脹ら脛のちょっとした打撲でしたが、ちょっと休むことにしました。

イリュージョンサイトのレストランに入ると、人でわんさか…。
流石に日曜日です。
平日とは違いますね~。
みんなが帰ってくるまでに、場所の確保と思いましたが、全然空きません。
そんなコトしてるうちに皆さんが戻ってきました。





それじゃってんで、外のテラスで食べようって事になったんですね。
(今回は、ビーフカレー(辛)とコロッケです。)

先ほどのガスは無くなり、雪も降ってません。
またまた、素晴らしい青空が広がり出します。





青空とコロッケ~~~。





途中で降った雪も、まだ柔らかい感じで素敵な雪質でした。





しかし、みんな速いですね~。
自転車もさることながら、スキーも素晴らしい滑りです。
やっちさんなんて、ピューってくらい速いのなんのって…。







私の滑りに見かねたMA310さん、基本から教えていただきました。
理屈な説明が、凄くわかりやすかったですね。(ありがとうございます)







マーくん、先頭に一列連携。





MA310さんのジャンプ台
私には真似できません。







で、マーくんも…。

いやぁ~、楽しい1日でした。
リフト止まるまで時間制限いっぱいの、スキーを楽しめましたね。

このあとは、ここのホテルのお風呂にGOです。
事務兄ぃさん曰わく、『身体がとろける~』。
いやいや、まさにその通りです。
ホント、気持ち良かったですね。
皆さんとは、ここでお別れでした。

今日は、本当にありがとうございました。
私にとっては、とても大切なスキーの手ほどきを受けたように思います。
ど下手な、私に色々とアドバイスありがとうございました。
これに懲りず、また是非お願いしますね。





さて、このあとは私の特異分野。
実は、数日前に大野市では、『でっち羊羹まつり』ってのをしていたようです。
何でもFuomiさんの情報によれば、15店舗あって、お味もそれぞれとか…。
そんなんで、Fuomiさんから得た情報では『陽明堂』の羊羹が『黒砂糖きつめ』に引かれて買いに行きました。
お店、締まっちゃってるかもという心配もありましたが、取りあえず行ってきました。
ナビで探して到着した頃には、シャッターが半分締まっていて、カンバンの電気も付いてなかったので、ちょっと探すのに苦労でしたね。
でも、開いてて良かった。

お店の中に入ると、まだ3つ残ってました。
ただ女将さん曰く、『大きいのしか残ってないんですけど…』 と言われる。
こちらとしては、大変ありがたい。

しかし、このズシッとくる重さ…。
箱の厚さは、4cmはあろうかという、見たことのない厚さでした。





で、お品代を支払うときに、『今作りたてなんです。こちらも食べてね』と、ブッセをサービスに貰っちゃいました。
帰りに、お店の写真を撮ろうとしたら、女将さんが表までお見送りに出てきました。
ということで、写真は撮れなかったのですが、私の車が出ていくまで待って頂き、深々とお辞儀をいただきました。
なんとも素敵なお店ですね。
今時、こんなお店ないだけに感動しちゃいましたね。





家に帰って、開けてみると3cmはあろうかという厚さの水羊羹です。
いやはや、こんなデッカイ水羊羹、見た事無いですよ。





お味は、それ程甘ったるくなく、とてもよい甘さです。
その甘さも、黒砂糖の甘さであって、私の好きなタイプでした。

この黒砂糖の甘さも、江○の水羊羹とは違う上品な甘さなんです。
ちょっと、ファンになっちゃいそうです。
流石、Fuomiさんの素晴らしい味覚には感服致しました。(ありがと~、Fuomiさん





そして、帰りにもう一点寄った所があります。
この前、F RIDER KICKさんの情報であった、勝山にある『勝食』におじゃましました。
で、食べたのは『すき焼きうどん』をチョイス





鉄鍋で熱々のすき焼き風うどんは、本当に身体が温まります。
急いで食べると、火傷してしまいそうでした。
中々、美味しゅうございました。

さて、私の前に帰ったお客さんは馴染みのお客さんなのか、お見送りに出て行きました。
私も、お食事代を払い終わり、帰り際に『のれん』の写真でもと思っていたんですが、やはり私にもお見送りに出てきてくれました。
そして、車が消えるまでお見送りと、深々としたお辞儀を…。
なんなんでしょうね、一体、今日という日は…
大野市も勝山市も、心温まるお店があるんですね。
こういうお店に二度も逢えるとは、とても幸せでした。
また、サイクリングの帰りにでも寄らしてもらおうと思います。



ところで、この日『ホイットニー・ヒューストン』さんが、亡くなられました。
48歳という若さで…。
とても、早すぎる死です。





私が、この『ホイットニー・ヒューストン』さんの歌が記憶的に残っているのは、映画『ボディガード』でした。
1992年公開で、歌は『i will always love you』です。
サウンドトラックは全世界で3000万枚の 売り上げをされた名曲です。
映画より、この『i will always love you』の歌のほうが印象に残るほどでしたね。

また、スーパーボウルの時に歌った、国歌斉唱は今でも心に残っています。
素晴らしい、素敵な歌声でしたね。
ここに謹んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈りいたします。
コメント (12)