家事のスキマにロードバイク!

自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。
今時主婦の非日常的趣味。

日根野の十色。

2017-12-16 23:41:57 | Weblog

もう何年続いてるのかな。

高校の同級生で忘年会。

教科書通り、ファッションから子どもの話題へ、親の介護やらの話から女性ホルモン系の話題へ。やがて、具合の悪いあっちゃこっちゃの話になって行くんやろなぁ。

知った仲、同いどし、話は尽きない。

また来年、元気に会おうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みかん星人わっはっは。

2017-12-14 22:25:35 | Weblog

みかんを頂いた。

顔を描いてくれとばかりにすり寄って来るので描いてあげると、描く前に比べて格段に美味しくなった、てな事を言ってみたり。

 

昨日も今日もジテ通。

合わせて43km。累計162km。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レスキュー、less急。

2017-12-12 23:31:47 | Weblog

予報通りの寒い朝。

暗い頃から洗濯物を干し、乾くかしらコレと思う。

少しでも早く体を温めたいので、1枚ギアを落として回転をあげる。

回転上がったら息も上がってふ〜は〜だ。

上りで吹き降ろしてくる風はフリーザーレベル。

雪まで舞い散って来た。

けどそんな頃には体はホカホカ。

仕事しながら見下ろす見慣れた風景。

少しずつ晴れて来た。この時には家に干して来た洗濯物が助かったなんて全然頭にない。

何とか年内に片付きそうな仕事。

チームって一丸となるまでが大変。いろんな人に助けてもらいながら後もう少し。

 

21km走って、累計119km。レスキューですやん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素敵な実を確認してみよう。

2017-12-11 23:12:42 | Weblog

もうこれで最後やでー、と銀杏をもらった。

銀杏は拾った後が大変。

ぽっちゃりと湿った香しい実。

綺麗に剥がして中から以外に硬い殻が出てくる。

長年わかっているから意外性が鈍っているのだ。

冷静に見てみると何もかもが意外だ。

あの木、黄色の奇抜なデザインの葉っぱ。普通の木の葉っぱとは全く違った斬新なデザインだ。

そしてポトポトと惜しげも無く落ちてくる実。

あの香り。ぷ〜〜〜ん。

誰や?と周りをキョロつかせるような疑わしきあの香り。

ぽっちゃりツルリンの中からあんなに硬い実。

その中からまた実が出てくる。しかもビビッドなミロリイロ。ぎゃ〜

そしてちょっとした苦味が肩を張って上から目線で見てくる。

どう?食べれる?わかる?この美味しさ。みたいな。

 

12km走って、帰りはお迎え。累計98km。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラグビー初観戦。

2017-12-10 23:56:09 | Weblog

人生初のラグビー観戦。
興味はなかったが、こんな機会でもなければ楽しいかもしれない事に出会わずじまいになるかもしれないのだ。
与えていただいた機会はフル活用して人生を楽しみたい。
前日に一夜漬けでテレビ観戦&ルールの勉強。
初心者向けのページをググってさらっと読んでみる。
基本的な事だけかじり覚え。
1チーム15人か、多いな。陣取り合戦的に進んで前にパスしちゃだめ。ふむふむ
前にボール落としてもダメ。蹴るのはあり。あり?
タックルされる→上から乗っかっれる→さっさとボールを離すこと。

細かい事は覚えられないのでポジションと特徴的なことをさらりと読んでいざ試合観戦。
みんなに分りやすいようにデッカいモニターにルール説明がムービーで出てくるのがおもしろい。キャラクターが最高なのですっかりハマって調べてみたらYoutubeでもでてきて大喜びだ。
そして、試合を実際観戦してみると・・・
お、ほぼ私の大好きな格闘技ですやん。
選手の体系、体当たりの迫力、どないしても前に行かさんようにぐっちゃぐっちゃになる感じ。
これは面白い!これからはテレビでも楽しく観戦できそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状スタート。

2017-12-08 22:59:51 | Weblog

年賀状を書き始めた。

今年だけは「年賀」限定の52円らしい。

でも「年賀」と書いてなかったら62円。不足分は受け取る側が支払う。

これでまた年賀状を出す人が減る。

そんな中、50枚書こうと思う。

住所と名前は手書き。文字を書くのは自信なし。

私にとっての文字は誰が見ても読めるように書く。それだけ。

なので決して上手な字ではない。

これまでいろんな事に手を出して来たが、思い引かれながらもペン字はしてこなかった。

習字も子どもの頃に数年習っただけで身につかず。ピアノもしかり。

いつもイラストを印刷してもらってちょっとしたスペースにメッセージを書く。

年賀状のおつきあいが続けていられる事、今年いただいた年賀状を見ながら思う。

家族の話が多い。長女はもう高校生、長男が就職、次女が一人暮らし、若い人から〇〇ちゃんがおしゃべりするようになりました。など。これ以上微笑ましいことがあるだろうか。

子どもの写真の年賀状、好き嫌いはあるだろうけど私は大好きだ。家族の状況、ハッピーな日常、守るための頑張りが一目瞭然。

年賀状。私は好きだ。

逆に喪中のハガキも届く時期だ。同じくご家族の状況を知る。

無くなっていく習慣なのかな。

 

雨なので落ち葉を見ながら帰る。

枯葉はベージュのグラデーション。上品で美しい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博士だぞ。

2017-12-07 22:04:58 | Weblog

何か買い物をしようとすると、自分の条件に合ったものを探しているうちに、その商品博士になってしまう。

例えば掃除機について調べ倒して、掃除機の事なら何でも知ってる掃除機博士になるのだ。

そして私は今、一人デスクこたつ博士だ。何でも聞いてくれ。

いや、そんなでもないが、実は83歳の母から股関節痛の訴えがあった。

でたーーと、暗澹たる気分だったが、一応骨に異常はないと主治医に言われたのでそれを信じている。では生活スタイルを見直そう。

どう考えたって、こたつに座椅子でいちいちよっこらしょというのは関節に負担がかかる。

怠けてADLが落ちるのは良くないが、負担軽減は必要。

デスク型で小さなこたつ、回転する椅子。いいね〜

ところが3点セットが多くて、セットの椅子は背もたれが低く一日中座ってる母にとっては快適と言えない。

しかも足を下ろしっぱなしにすると肺塞栓症を起こすことを元看護師の母はよくわかっているので、中途半端な高さの椅子よりもある程度の高さがあって、上げ下ろし自由なオットマンがあれば快適。

どちらも単品でいいのを見つけた。

あちこちサイズを測りまくり、若干デスクが高いかとは思うが、こればっかりは使って見なくてはわからない。かと言って、時間を割いて探し回るには本人の負担が大きすぎる。

ここはエイヤでポチッとな。

20km走って、累計86km。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れに追い立てられる。

2017-12-06 23:04:49 | Weblog

ほんま忙しないわぁとおばちゃんが走って帰る。

日暮れが早くなった。

キラキラ輝くクリスマスイルミネーションを通り抜けて帰る私。

真っ暗じゃなくてよかった〜🎶

 

22km走って、累計66km。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やな季節到来。

2017-12-05 23:54:16 | Weblog

今日からむちゃむちゃ寒い時バージョンの出で立ち。

ちょーめんどくさいシューズカバー投入。

手順を思い出すのに頭をひねる。

通学の女子高生、マフラーが風にあおられ自転車のタイヤに巻き込まれないか心配。

原チャリの女子高生はブランケットがあおられ、それに気を取られて歩行者巻き込まないか心配。

夕方はすぐに暗い、起きた時も暗い、支度に時間がかかる、洗濯物は乾きにくい、動きも鈍い、かといって鍋料理が美味しすぎて食べすぎるスパイラル、ああ寒い。

 

22km走って、累計44km。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ずっと覚えてられそうなこと。

2017-12-04 23:25:45 | Weblog

次男の結婚式に長男の息子、つまり孫がリングボーイを務めた。

その際に普段は滅多に会う事も少なくなった2人が電話で言葉を交わしたらしい。

次男が3歳に満たない甥っ子にリングボーイをやってほしいと兄に申し入れる。

弟「来てくれるかなぁ?」

兄「ちょっと待って、…おーい、けっこんしきいく?……」

兄「行くって」

弟「…リングボーイしてくれるかなぁ?」

兄「待って、…おーい、りんぐぼおい、やる?…×÷%」

兄「やるって」

弟「…んーできるよなぁ?」

兄「…☆#…、できる…?…」

兄「できるって」

弟…(だいじょーぶかなー)

 

長男曰く、そら本人に聞かんとなぁ。

当日、ちゃんとやってくれました。大役をやり遂げ熱を出したそうです。

可哀想に小さいながらも、「泣いたらあかん場」やと思ったのでしょう。

じっと我慢して寝てしまいました。

しんどかったのかと思うと健気でそれもまた泣けてくる。

すぐにベビーベッドを用意してくださったホテルのスタッフにも感謝です。

披露宴では新郎新婦の思い出アルバムを友人が作ってくれた。

忙しいのに時間を割いてくれた事にとても感謝。

お嫁ちゃんを育てたのは私じゃないのに、子どもの頃の写真や、お父さんへの挨拶で私たち夫婦はボロボロと泣いた。おかしいな。

 

一大イベントなのでここに記す、と。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加