せろふえ

チェロとリコーダー
自閉症の娘
本と漫画 農と食 囲碁パズル
とっちらかっているので、気になるカテゴリーやリンクを

学習曲線は階段状

2004年11月29日 | 音楽

 楽器の練習のことで思い出すのは「悪魔のトライアングル」ともう一つは、高校の時の吹奏楽部の顧問、M先生の話だ。以下、まさに受け売りだが。

 楽器でも勉強でも、練習(勉強)すれば、必ずその成果は現れる。でもそれは、こちらが思うような形ではない。
 つい、我々は勉強すればするだけすぐ成果が現れるように、つまり勉強時間とその成果が比例するように期待してしまう。実際は比例するのではなく、グラフで言うと階段状にのびるんだね。(図参照)
 勉強してもすぐには結果が出ない。意味わかんない。あ!そうか! いや、わかったと思うと、またわからなくなる。あ、なんだ、こんな簡単なことか、と思う。思ったように実力がつかない。だめだ、おれって、本質的にはばかだ。ひょいっとのびる。なんだよ、簡単じゃん、おれって天才?わかんないよ、こんなの無理。ひょいっ。なんだよ、わかったわかった。早く言ってよ。
 だんだん進歩していけば行くほど、階段のとどまっている時間が長くなるし、下手すると落ちてるように感じられる。(これがスランプとかプラトーと言うやつだ。)君らはこの、わからない、上手くならない、と言う状態に耐えなければならない。潜在的にはやればやっただけのことは必ず身についていくのだ。

 いたいけな少年だった僕は、いたく感動した。
 タモリはトランペット買ってきて、その日のうちにマイルス・デイヴィスのように吹けないのが耐えられない、なんて言っていて、まったくだまったくだ、と思う。
 それでも「楽器演奏のこつは、短期的にはすぐあきらめる。でも長期的にはあきらめないということだ」と、今でも思っております。

コメント   この記事についてブログを書く
« 悪魔のトライアングル | トップ | 会議には「自分の意見を変え... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事