無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

遊佐町

2018-04-16 11:25:58 | 建築・都市・港

遊佐町を案内して頂いた。ここは升川の三上神社。この隣には、地元は勿論のこと日本の為にも尽くされた先駆者の碑が立っている。

公民館前のお地蔵さん。

昼食会場の床の間。

永泉寺前の湧き水。遊佐町は湧水が多い。

永泉寺は格式の高いお寺である。今回、始めて建物の中に入り、説明をして戴いた。

丸池様に向かう。

牛渡川の上にはコブシの花が咲いていた。

バイカモの花はまだ見えない。相変わらず水は綺麗だ。左の奥に、黒いビニールで囲んだ一角があった。あれは何をしているのだろう。

丸池様の廻りは、綺麗に整備されていて、茶色のロープが張られて近くに寄ることが出来なかった。観光客が多くなって、危険を回避する為の措置だそうだ。つまらないと言えばつまらないが、自家用車は言うに及ばず、大型の観光バスも多くなり、多くの人が訪れるようになったからだ。特に大型バスは、吹浦から直接来る広い道路が無い為に、狭い県道と言うか農道のような所をくねくね曲がって走らねばならず、運転に苦労しているそうだ。道路の幅が狭い上に、集落の道路にせり出した樹木の枝がバスにぶつかると、民家の方に伐採を協力してもらったそうだが、問題はまだあり、牛渡川の駐車場にはUターン出来る所が無い為に、バックで農道を走ると言う、げに楽しき運転技術が見られるそうだ。

県道がこれまた整備されておらず。近道をしようにも、重量制限の為に渡れない橋もあるとか。バスはもとより重機の運行も難しいなど、良い観光資源があるのに、広い国道や今度造られる日沿道は目と鼻の先なのに、悔しい想いをしているらしい。

と言う訳で、本題の道路のことで遊佐町の現状を見て歩いた。

何十年も前から要望されていても、運だったりタイミングだったりが合わないと進まない。

日沿道の用地。

遊佐IC(仮)近く。

JR羽越線。コンテナ貨物列車が走って行った。

おまけ:丸池様の廻りのスミレ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 遊佐町・中山河川桜祭り | トップ | 世界一と言われた映画館 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蛇足ついでに…… (Candypapa)
2018-04-16 22:04:28
のっけから閑話休題ネタですけど、1枚目の写真のコメにある「……先駆者の…」とあるのは、この枡川出身の「佐藤政養」氏ではなかったですかね?
先のコメントの難読話の続きで、この方の名前の読み方(せいよう?まさやす?まさよし???)が解らず難儀してるんでした。
国立国会図書館のレファレンスデータベースで見ても実は結論が出てないようなんですが……
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000050785
遊佐町の吹浦駅前にも銅像がありますけど、鉄道に詳しい方でしたら多分に知らないと恥というような方だと思いますけど。
http://www.shonai-nippo.co.jp/square/feature/exploit/exp56.html

あと、本当に蛇足になりますが、枡川界隈からいきなり遊佐ic予定の菅野界隈へ飛んでるんで、位置関係がどうも……分かりにくいですよね……。


升川から菅野への道…… (Candypapa)
2018-04-16 22:21:10
11枚目の写真だけだと実は解りにくいんですが、私も昔から升川〜箕輪〜吹浦のルートは昭和50年代から良く走ってまして、その変遷も結構記憶に残っております。10数年前にようやくフツーに車がスレ違い出来るようになった……という話はさて置いて、確かにCakeさんが気付かれた通り、箕輪→菅野の羽越踏切まで抜ける部分は、ごく最近の道路線形では「???」というような道路形になってるには確かです。圃場整備に関連なのか、新しい橋が出来るのを想定した線形なのか、ちょっと見では本当に???というような道路になってますね。
何となく最終形は解らないでもないんですが、途中経過の状態が確かに長すぎますけどね……。
Candypapaさん (cake)
2018-04-17 10:35:23
升川の石碑では、詳しい説明をして頂いたのですが、肝心の私は廻りをウロウロしお地蔵さんなど撮しておりました。石碑は2つあり、佐藤藤佐(さとう とうすけ)顕彰碑、右側が佐藤 政養(さとう せいよう)顕彰碑になっているようです。政養さんはご存じ鉄道の父と呼ばれておりますね。藤佐さんは、庄内酒井藩が三方領地替えの時に反対運動の先方をとった方で、幕府に捕らえられてしまいます。この方の長男は順天堂大学の創始者で、永泉寺の本堂の脇に親子で肖像画が掲げられておりました。

遊佐町の道路を知っている方は、流れがつかめないかと思いますが、実はもっと広い地域で移動し、沢山の写真を撮ってきています。ですが、途中は載せていません。見せて良さそうな所だけにしています。

コメントを投稿

建築・都市・港」カテゴリの最新記事