無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

孟宗堀り

2018-05-15 20:12:46 | 防災

 

 日曜日、Sさんの竹林に孟宗を掘りに出かけた。Sさん親子と女性3人組が同行したのだが、このSさんのお父様がタケノコ掘りの名人で、たった一振りでタケノコを掘り起こす。女性3人組は手ぶらで出かけた昨年とは違い、鍬なども持参してタケノコに挑んだが、一振りで完結どころか十振りするも目的の位置に当たらず、汗ダクダクの奮闘をしたのである。

写真はその成果なのだが、タケノコだけだと実感が湧かないので、特別に一人のモデルを一緒に撮してみた。大きさも丁度良いサイズから少し小さめまで、何十本も採れたのである。この後場所を移動して、ワラビ採りに寄り道してから、今日来れなかった友達の友達まで、手分けしてタケノコを配り回ったのである。堀立てのタケノコは美味しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公開されたイラク日報にあるバグダッド日誌

2018-04-18 10:49:11 | 防災

 

公開されたイラク日報にあるバグダッド日誌が面白すぎる【自衛隊文学】

自衛隊の日報を公開するなんて、狂気の沙汰だと思っていた。日本には各国のスパイがゴマンといるから、自らその手の内を晒してどうするのかと思っていた。案の定、マスコミは「戦闘があった。」と鬼の首でも取ったように報じている。これも元小泉純一郎総理のせいだ。困ったものだと私は苦々しく思っていた。

朝日新聞によるイラク派遣の日報(PDF)

ところが、Twitterで流れてくる日誌は、稀に見る面白さだった。暑くて食欲が無いので、素麺を茹でて食べたが、24人分を5人で食べた。コンテナの中を探したら蕎麦が見つかったので、ネギなどのトッピングを集め、蕎麦を茹でて腹いっぱい食べたが、この蕎麦は賞味期限が1年前に切れていて、胃腸の弱い上司には内緒だったとか。日本食の缶詰やインスタントや麺つゆなどが減り、「誰が食った!」と食べ物だけは疑心暗鬼になるなどが載っている。書いた本人は文才があるのだろうと思えるほど面白い。ぜひ書籍化した欲しいほどだ。

戦闘があったと駆けつけると、場所は結婚式で、結婚を反対した花嫁側の親族が威嚇射撃を行ったのが真相だとか。サマワを離れる日、住民たちが「帰って欲しくんないデモ」を行って、他の国の軍人たちから驚かれたこととか。韓国軍の人が意外にいいヤツだったとか。現地でなければ伝わらないことが沢山あった。私は、この面白い所だけ楽しもうと思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっちゃ~

2018-04-02 08:09:14 | 防災

鍋をかけたまま、農作業をしてはならない。

見事に焦げ付き、じゃがいもは煮えているのか固いんだか、めっちゃ不味い!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3.11

2018-03-12 10:58:40 | 防災

 

2011年3月11日に起きた東日本大震災から、7年の時が過ぎた。

今年も閖上に行くとY先生に連絡をし、朝の6時半に出発して石巻に向かった。ひさしぶりに平和堂に寄って、ボストンパイを買うんだと張り切ってカーナビに従う。(本当は高速を走らせたいカーナビに逆らって48号線を走ったのだけど)

平和堂は、いつも驚かされる。「目的地周辺です!」とナビに言われ、店の前辺りに着くも、辺りがすっかり変わっていた。建て売りの住宅が並ぶニュータウンになっていた。あの道路の狭さはそのままにである。小脇に停めて平和堂に電話するも「現在、この電話は使われていません。」建て売り住宅のセールスマンに尋ねると、「平和堂さんはね、おやじさんが亡くなって、店と工場は手放したのです。ここの土地は平和堂さんの物だったのです。御家族は引っ越して、元気のようですよ。連絡先は分かりますよ。」なのだそうだ。以前お会いした時に、おやじさんが、「2代目も頑張っているから」と、若い人を紹介したような気がするが、やはり震災後は大変だったようだ。

気を取り直して、大川小学校跡地に向かう。結局は到達せずに、変な所をグルグル回って、別の小学校に着いた。時間が足りなくなったので、閖上に向かう事にしたのだが、まだ私には来るなと言うことなのだろう。後にY先生から大川小学校の跡地のイノベーションの話を伺った。やはり内容が重すぎて断ったいきさつだったようだ。

さて、もの凄い道路の渋滞とどでかい空き地の駐車場での場所の確保など、こんなに人が集まるんだと、名取の人達にとって、閖上は特別な所なのだと再認識しながらも、閖上の朝市場についた。

ちょっと見ぬ間に、港は堤防で水面が見えなくなっていた。

こんな天気の良い日は、家族で出歩いて、美味しい物を食べることは幸せだと思う。

家族連れに混じって、あちこちのTVクルーが来ていた。あのクレーンの先にも、カメラマンが載っているようだ。

カモメ達は、ご馳走をくれる人がわかるようだ。

「あっ、無理だな。」と飛んで行った。

閖上は、仙台空港からも近い。

筋子と明太子とスルメとワカメを買う。結構重い。

お花は、酒田で買った物を献花する。私のはピンクの薔薇とはかすみそう。

仙台味噌の焼きお握り。

焼き団子。仙台味噌は美味しいだろうに、お土産としては重くてね。

こちらはレストランがは入っている棟。

朝市がメインなので、昼を過ぎると、人の数はずっと減る。

日和山。昔からあったそうだが、家々に囲まれていて知る人が少なかったそうだ。津波で廻りの家が流されて、その存在を知ったそうだ。

ここに着く前に、地震が起こった時間になった。サイレンが鳴って、黙祷をささげた。

その日和山の上では、能の献上があった。茣蓙か何かで舞台を造る事もせず。足袋のままに舞っている。

せっかく舞っているのに、観客は少ない。

慰霊碑のそばからも、舞っているのは見えるのだが、もうちょっと何とかしてくれれば良いのにと思う。

慰霊碑に献花した。

皆さんが一番気に掛けていたのは、皆で飛ばす風船だ。なかなか飛ばす時間が定まらない。

電線などに絡まずに、空へと舞い上がって欲しいとアナウンスされたが、立派に絡まっているいるのが、10個ほどあった。

少し風もあったのか、見る間に上っていった。

もう、白い点々でしかない風船は、青い空に飲み込まれていった。

この日、H先生は約束していた船に乗って、魚釣りに出かけたのだそうだ。その成果をお土産に貰った。皆で仲良く分けるようにと言付けされた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津波避難タワー

2018-02-14 10:05:47 | 防災

津波避難タワーの見学で、酒田共同火力発電(株)に出かけた。

避難タワーは、共同火力の石炭埠頭の近くに建っている。津波の到達予定時間は8分で、石炭埠頭から会社まで1Kmあり、走って逃げることが不可能と判断された為だ。

通常は施錠されているが、緊急時にはプラスチック板を破って入る事が出来る。イタズラをされないのかと心配したら、各箇所に防犯カメラが付いていて、会社で受信しているらしい。

この日は風が強かった。

階段を登って3階の避難室に入る。広間と物置とベンチが設置されていた。

 

飾られていた図面。

椅子の中からは、100人数分の毛布。

こちらは布団

物置には、100人が1日に使用する物資と煮炊きのコンロも可能なストーブ。隣には、自家発電装置。

北東側。

南西側

南側

南東側

東を見る。

北東側。どの辺りの位置かわかるだろう。

屋上に上がる。

簡単な風力発電とソーラーパネルが見える。

県道の向こう側には、巨大なソーラー発電所が見える。

県道側にだけ、津波避難タワーのマークが見える。タワー自体は地味な色合いになっており、避難タワーの存在が廻りにもっと知られれば良いなと思う。

共同火力の事務所に戻り、詳細を聞く。その帰りに、避難タワーを県道側から見ることにした。

相変わらず、海は荒れている。

離岸堤脇を走る。

これが県道側から見たタワー。

酒田共同火力発電(株)

宮海埠頭側からタワーを見る。風力発電の風車の間に、姿は見える。勿論、こちら側からは辿り着けない。

この宮海埠頭は、耐震岸壁になっている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾地震

2018-02-07 14:40:32 | 防災

数日前にも台湾で地震があったが、その後の2月6日に、もっと大きな地震が起こったようだ。

台湾の花蓮で震度6.0の直下型地震に見舞われ、多くの建物が倒れて救助活動が行われている。阪神淡路の震災のように、階がまるっと潰れている。日本からも救助隊が向かったようだが、余震の続く中、二次被害の起きないように気を付けられて過ごして欲しい。現在死者4名に増えているそうだが、お気の毒に思う。心からお見舞いを申し上げたい。

↓ 台湾のテレビ局のニュースが流れる。言葉は聞き取れなくても、画面の漢字で内容は理解できると思う。

台灣民視新聞HD直播  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年11月30日 参議院予算委員会 青山繁晴 北朝鮮・森友・加計・硫黄島

2017-11-30 12:57:26 | 防災

2017年11月30日 参議院予算委員会 青山繁晴 北朝鮮・森友・加計・硫黄島  1:12:55

ラジオみたいに、音だけ聞いてても良いな。野党の質問も、これ位のレベルになって欲しい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ICBM発射!

2017-11-30 10:18:58 | 防災

報道特注【北朝鮮緊急撮って出しSP前編】 米本土攻撃可能なICBM発射! 38:04

ICBMが発射されたのに、国内ニュースは 相撲だし、国会はまだモリカケだし。新聞を見ても詳しい話が判らない。大雑把に考えると、米国全土を攻撃可能なミサイルになったので、米国は黙って見ることはない。朝鮮有事が現実になるのかなと思う。

まぁ、米国以前に、日本全土を火の海にするだけの武器を北朝鮮は持っていて、いつでも発射出来るが、日本は自国で防衛出来ないのは変わらない。その現実を見ないように目を塞いでいるだけだ。

そんな中、報道特注がミサイルについて緊急特番を発信した。特にミサイルの性能と弾頭の話はゾッとする。

報道特注【北朝鮮緊急撮って出しSP後編】 米本土攻撃可能なICBM発射! 31:10

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ICBM?

2017-11-29 11:24:34 | 防災

北朝鮮が米トランプ大統領の来アジアを中心に、ずっとおとなしかった。これは米国と中国からの忠告を聞いたのかなと思いきや、久しぶりに今朝ミサイルを打ち上げた。なぜ休みの期間があったかと言うと、農繁期だったからだ。田植えと稲刈りの時期は、北朝鮮は静かだ。

温和しくないのが日本海での動きである。大和碓での日本の烏賊釣り船の周りに群がって、明るい照明に寄ってきたイカを横取りする。武器を日本船に向けたと言う話もある。400隻もいるし、中には中国船もいると言う話もある。

冬の日本海は荒れている。毎日のように流れ着く不審船。ハングルや数字の書かれている小型船なのだが、中には漂う幽霊船のように乗組員のいないもの、半ば白骨化した死体が入っている物と様々だ。

山形県沖にも漂着する。

庄内浜でも警察がパトロールをしていると言うが。

毎年40-50隻が流れ着くと言う。

さて、秋田県の本荘市のマリーナに流れ着いた烏賊釣り船。

8人の乗組員は陸地に上がり、船は係留されたそうだが。

照明器具の少なさと、木材で出来た柱は、他の船では波に持って行かれたのか。

ケーソンの向こうを見ても、波が高いことが判るが、この翌日船は姿を消した。

洩れ伝わってくる話によると、漁民は軍隊の兵士だと聞く。この小型船でよく冬の日本海に出られるものだと感心する一方で、不審船が流れ着く浜は拉致事件の多い地域と重なっている。昔から日本の防衛はスカスカだなと思う。ちなみに、北朝鮮の拉致は、金正日だけが指示したと長いこと聞いていたが、その親の金日成の頃からだったらしい。

この本荘市の8名は北朝鮮に帰りたいと言っているようだが、日本に住む人(脱北者)や、支援団体「北朝鮮難民救援基金」によると、北朝鮮に戻ると当局の取り調べを受けて監視対象となり、処罰される恐れもある。一度他の国に出た者はスパイだと疑われて処分されるそうだ。日本に人道的支援をなどと言っているようだが、まるで難民の為の予行練習だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球防衛軍

2017-09-27 10:58:12 | 防災

カラスの被害からゴミ集積所を防衛している地球防衛軍の隊員3匹。日々のパトロールも怠りない。

昨日の夕方は車庫の中に2匹が入り込んで、なかなか出て行かなかった。我が家では、こんな季節なのにネズミが出没して、本来なら是非とも実力を発揮して欲しいと願うのだが、そうはいかない現実も悲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

300万円らしい

2017-09-18 17:47:22 | 防災

 

 

これなら、5分で逃げられるだろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

電磁パルス攻撃

2017-09-08 15:33:46 | 防災

9月3日の北朝鮮の核実験を受けて、直接的な核弾道ミサイルでの攻撃に加え、電磁パルス攻撃を行うことも出来る由の発言を聞いた。核弾道ミサイルは、ピンポイントに命中させるミサイル技術が必要だが、電磁パルスは大体の位置の大体の高さでBOMすれば良いので、日本列島を通過する技術があれば済む。折しも、太陽フレアが地球を直撃するとかで、電子や電機の故障に注意するようにとニュースでも流れた。まぁ、太陽フレアも電磁パレスも似たようなものだけど、電磁パルスを直接兵器にするとどのような被害が出るのかは、ぼんやりとしか知らなかった。

★ニュースジャパン24 電磁パルス攻撃とは・都市機能を麻痺させる【核攻撃】過去にハワイで実被害も

★ニュースポストセブン インフラ破壊し1年後に9割死亡 「電磁パルス攻撃」の恐怖

諸説色々とあって、電子機器もコンセントを抜けば良いと言う意見や、雷のように電気が走るから抜いても無駄だと言う意見もある。核兵器の大きさにも影響はされると思うが、核兵器を地上30~400キロの【高高度(高層大気圏内)】で爆発させると、放出されたガンマ線が大気中の分子と衝突する。すると強力な電磁波である「電磁パルス」が発生し、被害が出るのだそうだが、直接核兵器で死ぬとは別の恐怖がある。

単に停電が起こったり、PCが壊れたり、自動車や電車が止まったりするだけでなく、電気を必要とする水道や銀行のATM、国の経済はおろか、もちろんインターネットやTV報道にも影響は受ける。機械は直せばとか、電気が復旧すれば良いとか言う前に、「電力喪失で、過去に大変なことが起きてはいませんか。」を思い出して欲しい。電磁パルスで電力が供給できなくなれば、電子力発電所は水の循環が出来なくなりメルトダウンを起こす。そして今度は何の報道もないままに、核爆発は起こる。

北朝鮮シンパの皆さんは、そんな事は起きないと言うかも知れない。しかし、覚醒剤を生産販売し、他国民を拉致し、偽札を刷り、気にくわないと行って実の叔父さんや兄を殺害する人が、その発射ボタンの前にいる。そして無防備の日本国民がいる。「9条」と紙に書いて、頭の上に貼っておけば、免れるとでも思っているのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インサイダー取引

2017-08-30 11:51:48 | 防災

ミサイルを撃たれれば、撃たれた国の株価も通貨も下がるのが一般常識。それなのに、昨日のミサイルでは、株価は下がったものの、円高に振れた。

しかもJアラートよりも早く、円高アラートになる不思議。ミサイルが撃たれる時間を知っていた人間がいる。もしかすると北朝鮮では?もしかすると・・・だよ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Jアラート

2017-08-29 12:45:49 | 防災

私の携帯はバックの底に眠っていて、せっかくの Jアラートは聞こえなかった。その代わり、スイッチを切っていたTVがブイブイ鳴ったので、急いでリモコンを押したら北朝鮮のミサイル発射の速報だった。地上波のTV局は、Eテレも含めて押し並べてミサイルのニュースだったのに、少し安心する。危険を知らせる地域が北海道と東北だったのを、あれ?愛媛を除く中国四国はどうなったと、ねぼけ頭で考えた。

米韓共同訓練が行われているから、ミサイルを撃つのは当たり前と考えていた。そのままで温和しくしていたら北朝鮮ではない。本当はグァム方向へ撃ちたかったのだろうが、撃ったら撃ったで結末が大変だ。それでチョコチョコっと日本海へ打って誤魔化していたが、やはりそれでは腹の虫が治まらない。グァムへ撃つと見せかけて、バトミントンのフェイント並みにハワイ方面へ飛ばす。新たな第3次世界大戦・真珠湾攻撃の始まりである、なんちゃって。

日本政府の「厳重なる遺憾の意」がFAX1枚だって、誰かが言ってたけど、本当に日本はコケにされていると思う。同じ日本人の中にも、ミサイル訓練を笑ったり、Jアラートがうるさいと言う人間もいる。人間さまざまである。今回のミサイル発射で、東北を中心とした新幹線が停まった。日本列島に直接被害がないとしても、1週間東京上空を通勤のラッシュアワー時に飛ばしたら、日本経済は滅茶目茶になる。(あっ、こんな設定を映画のシンゴジラで観た。)日本人は我慢強い。これが静かに怒りを増幅させた時の恐さを、彼らは知らないのだろうな。

ミサイルが北海道を通り越したとのニュースを受けて、落下点が襟裳沖ではなく、北方領土に配備されたロシアのミサイル基地に落ちたら面白いだろうなと悪魔の私は思った。日本が「自国の領土に落とされた。」と騒ぐか、ロシアが「我が国の&#%&#ふじこふじこ」と叫くのか、ちょっと見てみたいと思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖い話第2弾

2017-08-25 09:01:12 | 防災

【DHC】8/24(木) 有本香・和田政 宗・小野寺秀・居島一平【虎ノ門ニュース】

8/22の虎ノ門ニュース。百田直樹氏と櫻井よしこ氏の話が恐かったと書いた。その内容が、余程CHINAに都合が悪かったと見えて、ソニーミュージックエンターテインメントジャパンなんちゃらと言うアカウントから、著作権侵害の申し出があり、YOUTUBEの動画は消されている。そのアカウントが本物かどうかも判らずに、詳しい内容をYOUTUBE側に問いあわせをしている状態だそうだ。途中に曲が流れる訳でもなし、著作権うんぬんには当たらない筈なのだが、多分、ニコ生では動画が残っていると思う。また虎ノ門ニュース側でも別アカウントを取るとか検討するそうだ。

日本の発言の自由と、CHINAでの自由は天と地との差がある。CHINAは日本の発言にも邪魔をする。桜井氏の22日の発言は、CHINAの南シナ海での赤い舌と、陸の一心一路と、海の真珠の首飾りの話だった。一帯一路では現在のシルクロードと文化の接続みたいな耳障りの良い言葉で、各国に融資をお願いしている。ブータンには数億の金をぶら下げて、たぶらかそうとしているが、陸の構想はまだまだこれからだと思う。逆に、海の真珠の首飾りは、南シナ海からインド洋を抜けアフリカからスエズ運河近くまで、各国の港を押さえていると言う。東では津軽海峡を抜けて北極海からバルト3国まで、その首飾りは続いているそうだ。

さて、これにも続きがあって、8/24の虎ノ門ニュース、特に後半の北海道元議員の小野寺まさる氏の北海道に於けるCHINAの侵略が、輪を掛けて恐かった。すでに日本は真珠の首飾りの一部になってしまったのか。北海道の産物のCHINAへの輸出と言う飴をちらつかせて、某港を押さえている。津軽海峡をCHINAの公船が海底の調査をしていたのは周知の事実だが。北海道の土地も随分彼らの手に渡ったそうで、大挙して中国人が渡ってくれば、自治体が危ない。危機感のない地方自治体は、選挙権は与えないが、自治に対する住民投票(?)は与えられる所も出てきている。武力を使わない侵略が続いている。尖閣、沖縄、それに北海道だもの。この国は本当に大丈夫だろうか。特に外務省は国を守ろうとする気持ちがあるのだろうか。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加