無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

山形の話

2017-08-30 17:41:41 | 社会

★酒田甚句が明治時代の流行歌だったのを知って、歴史が浅くてちょっとがっかりした。先日、花笠音頭の本場の尾花沢市で、花笠祭りが開かれ、市民達が踊った。小学生達の傘回しも、やっぱり上手いなと思った。この花笠音頭も古いんだろうなと思ったら、大正の頃の尾花沢の灌漑用水池「徳良湖」を造った時の土搗き唄だそうで、酒田甚句よりも若かった。古い歌は、今と違ってテンポも遅いし明るい歌がないのかもなと思った。

★TVでも新聞でも取り上げられた鶴岡市の妹島和代設計の文化会館の屋根などに批判が飛んでいる。ガハログNEWSから

曲面のある屋根を、私はRCで仕上げるんだろうな、だから難しくて施工者が決まらないんだろうなと思っていたら、ガルバリウム鋼板仕上げだった。あの長さを冬の時期に葺いて、夏になれば膨張する。短い距離であってもデコボコは出るのが普通だと建築屋は言うけれど、確かに見た目は悪い。ちょっ~~っと悪い。どうするんだろうな。

本当に設計の段階から、何かと話題を産む建物である。

★ラーメン消費日本一の山形市 その中で一番人気は何処だ!

山形市はラーメン消費にかかる金額が日本一だそうだ。酒田も負けてはいないと思うけど、いつからか山形に逆転されたのかな。ここに載っているラーメン屋さん以外にも美味しい店はある。ラーメンだけは、育った頃の味の記憶が残っていて、世間が選ぶ一番人気の店が、自分の一番とは限らない。カレーライスは、少々不味くても食べられるが、ラーメンの不味いのは幾ら好きでも食べられない。ラーメンはご馳走で、心底贅沢な料理だと私は思う。昔は、家に来たお客さんしか食べられなかった。家人は匂いだけで我慢したんだっけ。

 

コメント (6)

北村くらた農園

2017-08-30 13:20:39 | 食べ物

Facebookで、営業しているかを確かめて、北村くらた農園に枝前を買いに車を走らせた。

幟旗と畑の向こうに、雲を被った鳥海山が見える。

他の野菜よりも、だんぜん枝豆の方が多かった。今日から庄内3号が販売されるのだと言う。2袋をゲットする。

ナスを買えずに残念。ジャガイモは3種類並んでいた。種類別に2袋を買う。

私は枝豆を寸胴で茹でる。大きめの寸胴鍋は、お湯が吹きこぼれたりしない。豆が茹で上がったら、ザルですくい水にさらす。豆の袋の数が多くても、水を取り替えたりせずに、塩を入れたお湯をそのまま使う。それでもお湯がもったいないので、残り湯に卵を入れて温泉卵にしたり、ジャガイモを入れて茹でたりする。今回は皮付きのジャガイモに決めた。塩気が丁度良いのだ。

東側の県道353号線の方を眺めると、日本海沿岸自動車道の工事の真っ最中である。道路の規格が違うのだろう。ウエストラインの高規格道路よりも、工事の進捗は遅い。早く全線繋がってくれればと思う。

コメント (2)

インサイダー取引

2017-08-30 11:51:48 | 防災

ミサイルを撃たれれば、撃たれた国の株価も通貨も下がるのが一般常識。それなのに、昨日のミサイルでは、株価は下がったものの、円高に振れた。

しかもJアラートよりも早く、円高アラートになる不思議。ミサイルが撃たれる時間を知っていた人間がいる。もしかすると北朝鮮では?もしかすると・・・だよ。

コメント (2)

Jアラート

2017-08-29 12:45:49 | 防災

私の携帯はバックの底に眠っていて、せっかくの Jアラートは聞こえなかった。その代わり、スイッチを切っていたTVがブイブイ鳴ったので、急いでリモコンを押したら北朝鮮のミサイル発射の速報だった。地上波のTV局は、Eテレも含めて押し並べてミサイルのニュースだったのに、少し安心する。危険を知らせる地域が北海道と東北だったのを、あれ?愛媛を除く中国四国はどうなったと、ねぼけ頭で考えた。

米韓共同訓練が行われているから、ミサイルを撃つのは当たり前と考えていた。そのままで温和しくしていたら北朝鮮ではない。本当はグァム方向へ撃ちたかったのだろうが、撃ったら撃ったで結末が大変だ。それでチョコチョコっと日本海へ打って誤魔化していたが、やはりそれでは腹の虫が治まらない。グァムへ撃つと見せかけて、バトミントンのフェイント並みにハワイ方面へ飛ばす。新たな第3次世界大戦・真珠湾攻撃の始まりである、なんちゃって。

日本政府の「厳重なる遺憾の意」がFAX1枚だって、誰かが言ってたけど、本当に日本はコケにされていると思う。同じ日本人の中にも、ミサイル訓練を笑ったり、Jアラートがうるさいと言う人間もいる。人間さまざまである。今回のミサイル発射で、東北を中心とした新幹線が停まった。日本列島に直接被害がないとしても、1週間東京上空を通勤のラッシュアワー時に飛ばしたら、日本経済は滅茶目茶になる。(あっ、こんな設定を映画のシンゴジラで観た。)日本人は我慢強い。これが静かに怒りを増幅させた時の恐さを、彼らは知らないのだろうな。

ミサイルが北海道を通り越したとのニュースを受けて、落下点が襟裳沖ではなく、北方領土に配備されたロシアのミサイル基地に落ちたら面白いだろうなと悪魔の私は思った。日本が「自国の領土に落とされた。」と騒ぐか、ロシアが「我が国の&#%&#ふじこふじこ」と叫くのか、ちょっと見てみたいと思った。

コメント

面白い建築

2017-08-25 11:47:56 | 建築・都市・港

日経アーキティクチャの8-24版が面白い。特集の藤森氏は、タンポポハウスなどで有名で、独特の作品がある。

行ってみたいと思っていた多治見市モザイクタイルミュージアムは、女性達のリピーターで溢れているそうだ。

岐阜県かぁ。遠いなぁ。山形空港から名古屋まで飛べば、なんとかなるかな。

 

コメント

メダカの稚魚

2017-08-25 11:26:54 | 動物・自然

 

下の方に稚魚が数匹。上の大きなのは成魚。稚魚もようやく魚の形をしてきた。

水槽が汚いのはおいといて、海老と巻貝の数が異常だ。

海老の餌は、貝に占領されている。この貝は、幾ら捨てても復活してくる。

コメント (2)

怖い話第2弾

2017-08-25 09:01:12 | 防災

【DHC】8/24(木) 有本香・和田政 宗・小野寺秀・居島一平【虎ノ門ニュース】

8/22の虎ノ門ニュース。百田直樹氏と櫻井よしこ氏の話が恐かったと書いた。その内容が、余程CHINAに都合が悪かったと見えて、ソニーミュージックエンターテインメントジャパンなんちゃらと言うアカウントから、著作権侵害の申し出があり、YOUTUBEの動画は消されている。そのアカウントが本物かどうかも判らずに、詳しい内容をYOUTUBE側に問いあわせをしている状態だそうだ。途中に曲が流れる訳でもなし、著作権うんぬんには当たらない筈なのだが、多分、ニコ生では動画が残っていると思う。また虎ノ門ニュース側でも別アカウントを取るとか検討するそうだ。

日本の発言の自由と、CHINAでの自由は天と地との差がある。CHINAは日本の発言にも邪魔をする。桜井氏の22日の発言は、CHINAの南シナ海での赤い舌と、陸の一心一路と、海の真珠の首飾りの話だった。一帯一路では現在のシルクロードと文化の接続みたいな耳障りの良い言葉で、各国に融資をお願いしている。ブータンには数億の金をぶら下げて、たぶらかそうとしているが、陸の構想はまだまだこれからだと思う。逆に、海の真珠の首飾りは、南シナ海からインド洋を抜けアフリカからスエズ運河近くまで、各国の港を押さえていると言う。東では津軽海峡を抜けて北極海からバルト3国まで、その首飾りは続いているそうだ。

さて、これにも続きがあって、8/24の虎ノ門ニュース、特に後半の北海道元議員の小野寺まさる氏の北海道に於けるCHINAの侵略が、輪を掛けて恐かった。すでに日本は真珠の首飾りの一部になってしまったのか。北海道の産物のCHINAへの輸出と言う飴をちらつかせて、某港を押さえている。津軽海峡をCHINAの公船が海底の調査をしていたのは周知の事実だが。北海道の土地も随分彼らの手に渡ったそうで、大挙して中国人が渡ってくれば、自治体が危ない。危機感のない地方自治体は、選挙権は与えないが、自治に対する住民投票(?)は与えられる所も出てきている。武力を使わない侵略が続いている。尖閣、沖縄、それに北海道だもの。この国は本当に大丈夫だろうか。特に外務省は国を守ろうとする気持ちがあるのだろうか。

 

コメント

本当にあった実物ミニタリー装備怖い話

2017-08-23 15:31:03 | 社会

★ハッシュタグ付きでTwitterで見つけた「本当にあった実物ミニタリー装備怖い話」は、ぞっとする内容があった。

★北朝鮮情勢で、ただでさえイージス艦が足りないのに、米国第7艦隊のイージス艦2隻が、横っ腹に穴を開けられる。行方不明者や死傷者も出て、そんなにもろい物なのかと驚く。もっと丈夫かと思ったのに、やはり当たった船の積み荷とかで重量のある船には弱いのか。何だかな~、この時期に弱点をさらけ出してどうするよ。

22日の虎ノ門ニュースで、火曜日のコメンテーター百田直樹氏の他に、ゲストで出ていた櫻井よしこ氏の話が滅茶怖かった。英語圏や他の国からはCHINAと呼ばれても平気なくせに、日本から支那と呼ばれるのを嫌う某国。日本は漢字を使う国だから意味がわかっちゃうんだよね。何故中華と呼ばれたいか。その下心がありありなんだよね。君たちはモンゴル帝国じゃないんだよ。

★「世界史はモンゴル帝国から始まった」で知られている宮脇淳子氏の話は、東洋史の一角かなと思いきや、出てくる出てくる世界の歴史。ヒストリーの語源、司馬遷の史記から、文字で書かれていないと歴史とは言えない事を知る。その為、1万年ほど続いたと言われる日本の縄文時代も、文化的には優れた所があっても、歴史の上には載らない。久しぶりに彼女の話が聞きたいとYOUTUBEを探すと、彼女の師でもあり夫でもあった岡田英弘先生の死を知る事になる。一回り小さくなった宮脇淳子氏、辛かっただろうなと思った。日本を支えてくれる重要な方々がいなくなる。

 

コメント

22日の現場

2017-08-23 14:19:05 | 建築・都市・港

23日からキャノピーの鉄骨建て方が始まるので、この曲面の外観は見えなくなる。キャノピーは車の誘導路の上屋であり、キャノピーから施設へは風除室を通じて入ることになる。

キャノピーの柱は基礎に埋め込まれるので、柱を設置してから基礎の2期工事を行う。キャノピーの正面は木製の格子で覆われる為、格子越しに曲面の硝子面を見ることにもなる。

この日は、内部を見ている内に雷鳴が轟き大雨になった。とても外に出られるような雨の量ではなかった。鉄骨工事の時、雷雨にならねば良いなと思う。

コメント

オオシロカラカサタケ

2017-08-23 11:55:15 | 動物・自然

名古屋で、BBQをやっていた30代男性3人組が、公園で採れた茸を食べて嘔吐などの中毒症状を訴え、病院に運ばれた。

どんな茸かと思っていたら、この食用茸には似ている物がないほどの、猛毒テングダケのような茸だった。茸を知らない人間が、そこらに生えている茸を採って食べるかな。もしかして酒に酔っていたのかな。と驚いた。

私が山の茸や山菜を採れるようになったのは、自分でも何冊かのきのこ辞典を買って勉強もしていたが、山のお師匠さんがいて採れる場所さえ教えて貰っていた。茸は天候と時期と場所が大切で、当たり外れがあり、リュックサックに満タンのナメコを担いでくることもあれば、手ぶらの時もあった。ある時、お師匠さんと一緒に、一人の年輩の女性が来たこともあったが、その方が豪傑でどんな毒茸も毒抜きが出来て食用に出来ると言う腕を持っていた。その方法は教えて貰えなかった。

しかし、素人は見分けのつかない茸は採らない方が良い。食用きのこにそっくりで猛毒も存在する。食用きのこであっても、少し傷んでいたり、アルコールと一緒に食したりすると、当たることがある。残念なのはスギワケで、上品な茸として販売もされていたのに、腎臓の機能が低下した人が食べて急性脳症を発症したりもする。きのこは不思議だ。単なる菌なのにと思う。

コメント (2)

鳥海山・大平

2017-08-22 10:15:54 | 動物・自然

県の景観審議会の審査部会で、鳥海山の大平からの展望を景観資産に認定できるかの視察が21日行われた。実は先月その日程が組まれたのだが、土砂降りの天候の為に延期になった。

 

 

この日も鳥海山の全体が見える天気ではなく。微妙な所に雲がかかっている状況だった。

秋の気配が忍び寄ってきた草むらを抜けて、展望の出来る地点へと移動する。

南側の酒田方面を見る。雲群は頭上に漂っていて、動く様子もない。ただ海からの風は斜面を駆け上がって吹いてくる。中央の高い塔は、共同火力の煙突である。天気が良くて空気が澄んでいると、新潟県の粟島や佐渡島も見えるのだが、この日は此処までだった。

霞んで良く見えないのが残念だが、鳥海山に登って一番嬉しいのは、飛島がその名の通り宙に浮いて見える。左の海に突き出た部分は御崎公園で、右のぽっこりのお椀型に見えるのが観音森である。

秋田方面を見る。にかほ、由利本荘市が見える。こちらも天気の良い日には、男鹿半島の先の能代の向こうの白神山地が見える。能代に行った時に、港から鳥海山の山頂が見えた。

大平山荘は、以前は国民宿舎の歴史を持つ。現在は宿泊は出来ないが、お風呂だけは入ることが出来るそうだ。ちなみに水は沢水で、夏には渇水することがあり、毎日給水車で水を運ぶことがあったと聞いた。

雲が段々下がってきた。

遊佐町役場から、説明に訪れた職員のユニフォームは、ジオパークの物だった。

蝶が飛び、とんぼも飛ぶ。委員達が話をしている横をオニヤンマがすり抜けていく。これが速くて撮せない。

この岩は何故あるのかとの話の中で、上ってみると視界が開ける。これは子供達は上りたいだろうと思った。

南の方には、飾りのようにロープでこさえた手摺りがあった。

山の方を見ると碑があった。

駐車場には工事用の資材が並んでいる。山小屋のトイレの改築用に、ヘリコプターで荷物を運ぶのだそうだ。

雲はあっと言う間に降りてくる。

 

 

森敦の碑だった。

森敦は、山形県で月山と鳥海山を書いた。

もう1つの碑は、このブルーラインを作ったのが自衛隊の隊員の方々だったのを記念した物。

その碑の裏側。

 

 

 

 

この丘が展望に良い場所。ここを視点として計画する。

 

 

 

丁度お昼になったので、大平山荘に移動する。

近くに鳥海山大物忌の神社の中宮と、鹿公園があった。時間の関係で近くに寄れずに終わる。

鳥海山カレー、またの名を遊佐カレー。地元の野菜が入っている。こんなに沢山食べられないわと思いつつ、ペロッと平らげる。

大平山荘のホールの中。

模型を指さしながら話が進む。

モンベルのコーナー。今度の土日には、シートッーサミットが開催される。これは海でカヤックをこぎ、鳥海山の大平まで自転車で登り、その上は足で駆け上り競争すると言う、ちょっと過酷なレースである。個人でも団体でも出場が出来、役割分担をして参加する事が出来る。鳥海山は人気で、年々参加者が増えている。

鳥海山のポスターは人気だ。撮影者は齋藤さんだそうだ。なるほど。

 

コメント

吹浦・十六羅漢

2017-08-22 09:54:03 | 動物・自然

大平の気温に慣れた身で車から降りると、真夏の焼け付くような陽ざしに見舞われた。(汗をかくものの、顔は化粧して無事だったが、首は見事に日焼けした。)

橋で国道の上を歩く。

吹浦港方面。ここはカーブがきつい。

十六羅漢と言うけど、本当は22体の仏像と1体の狛犬がいる。看板はジオパーク指定を受けて、QRコード付きで説明を受けられる。

海に浮かぶのは飛島だ。

飛島と十六羅漢。

浚渫工事中の吹浦港。ここも川からの土砂の堆積で、浚渫をしないと港が埋まってしまう。

ソバナかツリガネニンジンか。

 

水平線に飛島が浮かぶ。

これは海とは逆の位置の観音様。

若い観光客が、羅漢を背に自撮りなんぞをしていた。何体の羅漢を見つけたかを声高に話し合っている。

ここにもコードがある。

酒田と風力発電の風車が見えた。後ろの山並みは鶴岡市の山。

 

 

コメント

神秘・丸池様と牛渡川

2017-08-22 09:13:24 | 動物・自然

行程の最後に、丸池様と牛渡川に行く。鳥海山がはぐくむ湧水は地元では勿論、日本の中でもちょっと有名である。数々のドキュメンタリーが作られたりもする。

看板の横に、夥しい数の小枝の山があったが、きっと地元の人達が牛渡川の清掃をした後だと思う。この農道の脇の牛渡川は、水草もすっかり除かれていた。

海に近いこの湧き水で出来た川は、鮭の遡上する短い川である。鮭だけでなく、海の魚も上ってきて、川魚と海の魚(ヒラメなど)が共存する川である。

ここのバイカモは有名で、丁度花も咲いていたが、確かに落ち葉などのゴミも浮いていた。

水は澄んでいて美しい。

川の横から、水が湧いてくる。

あんな所に魚が居る。

飛び回るトンボを映す。その右側の岩陰に魚が顔を出す。

さて、こことは反対側の丸池様に向かう。

ちょいと間伐した方が良さそうな杉林である。

丸池様は神聖な場所だから、動植物を採ってはいけない。

 

 

さて、これが丸池様である。湧き水で出来た池なのに、「様」を着けて呼ぶ。

陽の光の作用で、水色にも見えるのだが。

朽ち木が腐らずに池の底に横たわっている。魚もいるようだ。見た事もない大きなアメンボが水面を歩いていた。普通のアメンボの3-4倍はある。

この丸池様は人気もあるし、沢山の人達が訪れているようだが、私は若干怖い。畏怖の念と言うか、もしかして私とは合わない何かがある気がする。そんな私の心理状態を察してか、映した写真の1枚が変な事になっていた。撮してはいけないものを撮ってしまったか。

コメント

獣医師連盟

2017-08-21 09:44:01 | 社会

家計学園問題で、愛媛県の獣医師会の政治団体・愛媛県獣医師連盟の会員脱退が進んでいると言う。産経新聞のニュースから

獣医師会から政治献金を受けている民進党の玉木議員や、同じく献金を受けて新設に規制をかける4条件を作った自民党の石破議員の行動に、嫌気や不満を感じた獣医師が会費支払いを拒否している人がかなりの数に達していると言う。自分の支払った会費が、既得権益に消えて行くし、獣医師教育が世界の基準から下がっていくのだもの。心ある人は拒否するだろう。

安倍政権打倒に形振り構わなくなった表のマスコミに対して、ジワリと国民が反応しているのだと思う。愛媛県から始まったのも道理だろう。

コメント

若者

2017-08-20 17:06:49 | 動物・自然

最近の日本のTVは面白くない。ドラマは元々見ないが、特に日本のニュースやワイドショーはフェイクで嫌になる。そんなに日本を卑しめて、中国領にさせたい勢力がいるのかと思う。

海の向こうの米国のCNNもトランプ大統領とバトルを行っているが、CNNの役員3人の会話で、ロシアとの関係もフェイクだと言っているのを隠し撮りされた。何故フェイクを流すのかと聞いたら、そりゃ視聴率が取れるからだと言う。視聴者をどう思っているのかと聞くと、あいつらは馬鹿だからと言うのがYOUTUBEで流れて、その3人は辞めさせられた。その話は流さずに、トランプ大統領とCNNの名を付けた人物のプロレスを、日本のTVは面白おかしく流している。どうせ以前から自分に都合の良いように映像を切り取り編集して放送するが、最近は特に酷い。日本の放送法は、ちっとも守られていないと思う。

若者達がTVよりネットの情報を信じる人が多くなっている。ニュース速報は地震を除いては、Twitterの方が速い。イスタンブールに雹が降ったのも、バルセロナでテロが起きたのも、ネットの方が速かった。バルセロナでは丁度お祭りを行っていた時だと思う。その犯人が17歳の未成年で、逃走に成功して2度目のテロを起こそうとしている時に射殺された。ネットでは、その現場のエグイ映像も流れていたが、日本のニュースでは現場のエグイ部分は切り、そのかわりに犯人の顔は流した。

こんな事件が日本で起きたら、そして犯人が未成年だったら、TVは顔は映さない。2度目のテロを行おうとしていても、誰が犯人やらの注意を国民に知らせようとはしない。未成年と人権を擁護していると言うが、それが外国での事件で、外国人なら映すのか。それこそ人種差別であり人権問題ではないのか。日本のTV界は、異常だと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ :ー :ー ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、話は変わって、事務所のメダカの水槽は、相変わらず貝と沼エビでいっぱいだ。メダカが卵を水草に産み付けているのを知っても、今年は保育箱を作らなかった。卵も幼魚も、オトナのメダカから食べられてしまうのを知っていてもである。メダカの寿命は案外と短く2-3年で代替わりする。元気な内は、水槽の真ん中で泳ぎ回っているが、身体が弱ると水草の中に姿を隠す。つい先日、水槽を眺めていたら、小っこいメダカが1匹泳いでいた。生まれたばかりのではなく、10日以上も経ったと思われる大きさだった。水替えにも耐え、よくこれだけ成長したと驚いていたら、翌日、翌々日と細かいメダカが、続々と登場してきた。その数は30匹を超える。カメラで写そうとすると、逃げ足は速い。しかも細かすぎて、ピントが合ってくれない。

よし、メダカの餌を買いに行こうと店に行った。いつも買う餌の横に「ハイパー・メダカの餌」が並んでいた。説明書を読んだら、成長が早いんだそうだ。何が入っているんだ?

 

コメント (2)