無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

田代食堂のラーメン

2018-04-12 17:21:17 | 食べ物

 

渡会電気土木の出張所は酒田にもあって、そこでペレットを買うことが出来る。S氏が残り少なくなったペレットを心配して酒田の店に電話すると、もう今年の販売は終わったと言われた。鶴岡の田代にある工場では、いつでも買えるらしい。田代に行かねばの声に、私は立ち上がった。

先日の松ヶ岡の帰りに、道路をどう走ったのかは判らないが、角を曲がったら渡会電気土木の工場と向かいの田代食堂が見えた。その時には、「ああ田代食堂のラーメンが懐かしいな。」と脳裏に焼き付かせただけだった。

うふふのふ。私の目的は田代食堂のラーメン。輪切りと白髪ネギの食感が違うネギが付いてくる。向こう側で沈んでいる黒い物体の正体は、海苔である。

ああ美味しい。スープもシコシコした縮れ麺も、これが本当のラーメンだわと戴く。丁度昼時とあって、店は混んでいた。玄関に入ることも出来ない人達も多数待っていた。行列に並んででも、納得するラーメンだと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーグルト

2018-04-12 17:16:40 | 食べ物

容器にドリンク用R-1ヨ-グルトの1/3と牛乳を入れてストーブの縁に置く。

暖まったら(熱くなりすぎるとヨーグルト菌が死ぬので)タオルにくるんで放置する。

数時間後には固まるのだが、一晩置いた方が確実だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そば処すぎのラーメン

2018-04-03 16:31:05 | 食べ物

車の窓を開けて運転したいほどの気温の上昇の中、山形市へ走る。雪があった頃の惰性で、下道を3時間ほど余裕を見て走ったら、余目酒田線の開通で、思わぬ時間短縮になった。まずは、山形市小立2丁目(芸工大のもっと下)にあるそば処すぎで、先日食べ損ねたラーメンのリベンジを計る。

とびっこラーメンだぞ!

ただ、摩耶そばのげそ天付きも美味しそうだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼食はラビィで

2018-03-25 21:30:13 | 食べ物

11時半に予約を入れた新井田川の川辺の館の2階にある「ラビィ」で、昼食を摂る。

ラビィの駐車場は、酒田奉行所跡地の隣にある。奉行所跡地に入って模型などを観る。これは出たばかりのツクシ。

市役所の駐車場まで車を置きに行った人達もやっと合流して、前菜が運ばれてきた。

ほうれん草のパスタ。色が春に相応しい。クリーミーなパスタだった。

メインディッシュで、肉組と魚組に別れる。私は魚を注文していたらしい。昼食の参加人数が最後まで増え続けた為に、連日のようにメールや電話で「魚か肉か」は合い言葉のように我々の間を飛び交った。

デザートはヨーグルトのスフレ。それと珈琲。

針生事務所と男性達が帰った後も、今後の女性部の予定などを延々と語り尽くして、ようやくお開きになった。今年は役員改選の年。大荒れにならねば良いが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講演会の後で

2018-03-25 21:05:41 | 食べ物

せっかく仙台から針生先生がいらっしゃってるので、先生の講演会を行おうと建築士会の研修部が企画した。先生の今までの作品や震災の復興の話、これからのコンペやプロポーザルの話を1時間半に渡って語って頂いた。

そして、懇親会へとなだれ込んだのである。場所は本町の喰道楽で、私には初めての店である。

元々が寿司屋さんらしく、魚がメインで、この皿は河豚である。

出来たての暖かい手作り豆腐。

ホタテと大根野菜の炊き合わせ。ちょっと、味付けがすんごく良い!

驚いたのはタコの茹で加減。絶妙なのである。

剥き蕎麦。

鰆だったかな。

お寿司だ、お鮨だ。

キンキの煮付け。味つけが抜群である。

これも河豚だな。

春の味、孟宗汁でご馳走は締めになった。アルコール類は、メニューに無くても何でもある。裏口から隣の酒屋さんに直行するのだそうだ。本当に、これで良いの?と驚く会費だった。今度、また機会を見つけて行ってみようと思う。ただ、すぐに満席になるらしい。予約も金曜日なのに、よく取れたものだと、感心する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女子会

2018-03-10 23:19:38 | 食べ物

土曜日は、レストラン欅のローズの間での女子会。

オードブルは、ヤリイカの詰め物とサラダ

小松菜のクリームポタージュ。一品づつ、お料理の説明をして貰うのだが、今年は小松菜も高くて、スープを作れば作るほど赤字になったそうだ。一把300-400円もした事があったねと女子部。

メインディッシュは甘鯛と海老。真似の出来ない桜色のソース。フランスパンも美味しかった。

デザートは、チーズケーキ

そして珈琲。

Sさんが、ご自分の作品をプレゼントして下さった。布を織って、帽子にしたものと。

その織物。

私は、どちらも頂いた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬限定品

2018-03-08 15:15:48 | 食べ物

ト一屋で見つけたお菓子。

サクサクコーンの中に、ほんのりと小豆の味がする。何と言って表現したら良いのか、迷うような味である。もう少し買いたいと思ったが、もう見つからない。来年になったら再発売するのかな。

カルビーのポテトチップス。何となくふざけた名前だと思って見たが、特定地域の呼び名だとすれば面白い。

まだ、どんな味なのかは試してはいない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の苺

2018-03-05 11:40:50 | 食べ物

日本の苺が某国へ自然に飛んで行って増えたそうだが、苺に限らず和牛もそうらしい。北海道の大学の研究所からは、収穫間近の新しい品種のジャガイモもごっそりと消えて、某国へ飛んで行ったらしい。さくらんぼも、シャインマスカットも、風前の灯火で、性善説で成り立っている日本社会は、もう終わりかなとも感じている。

苺の季節はいつなのだろうか、路地植えだと4-5月なのだけど、最近の苺は美味しくて安い。同じとちおとめでも粒が揃っていない物は1カップあたり100円ほど安い。私の買ってきた苺も298円だった。小さい粒のカップを買ってきたのに、洗おうと容器から出したら、下の方に随分とデカイ苺がゴロゴロ入っていた。普通なら小さいのを下に、見た目に大きいのを上に並べるようなものだけど、日本の苺は違うらしい。

風邪っぴきで食欲がないが、苺だけは食べられる。有り難い話だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北限定なの?

2018-03-03 13:52:53 | 食べ物

カップラーメンの容器に、東北のゆるキャラが載っていた。6県分全部は、一度に載せられない。

見てると、なんとなくその県らしいイメージが湧くのだけど、青森と福島は何なのか分からない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石巻から

2018-03-03 13:43:56 | 食べ物

 

市役所の道路課から電話があって、私に石巻から荷物が届いていると言う。そして天気の悪い中、届けてくれた。

ウエストラインの大会の意見発表のお礼に、送ってくれたらしい。今まで色々意見発表したことはあっても、お礼を貰ったのは初めてだった。

開けて見ると、沢山のかまぼこが入っていた。上げ底なんてモノでは無く、ぎっちりと3段重ねに詰まっていて、取っても取っても、違う種類のかまぼこが出てきた。凄い!

今度、石巻に行ったら、これもお土産に買ってこよう。石巻のボストンパイも忘れずに、買ってこよう。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2次会

2018-02-13 15:22:46 | 食べ物

○月×日、某新年会があった。スタッフは宴会時には飲み物を運んだりと忙しい。

2次会で兵六玉に入る。

箸袋が可愛い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べるぞ!

2018-02-08 12:31:08 | 食べ物

節分前に某スーパーに行ったら、長さ60cm幅40cm高さ30cmほどの圧縮袋に入った落花生が売られていた。こんなに大量に買う人がいるんだ。どこかの保育園や団体で豆まきをするのかなと思ったが、一度に見た量の多さに驚いた。

我が家は宗教上の理由から豆まきをしないのだと教えられてきた。それでも節分になると、床の間の掛け軸の前には大豆の入った枡が置かれていたりもした。何時の頃からか、大豆が落花生に変わった。一年中売られている落花生も、この時期は美味しい。

紙を敷いてバリバリ食べていたら、3つ子の落花生が見つかった。あら珍しいと思ったら、また見つかった。二つ黄身の玉子が嬉しいように、3つ子の落花生も嬉しい。

「ビ~♪ りんごはまだビ~♪ ビ~ビ~!!」と高飛車でうるさいヒヨドリが啼いた。

リンゴをバキッと割って、いつもの椿の枝に刺した。すぐにヒヨドリはやってきて、盛んに突っついている。ヒヨドリって、こんなにデブだっけ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絞りたて

2018-02-05 17:17:41 | 食べ物

昨日、絞ったばかりの原酒を頂いた。本当にラベルに2月4日と記されてある。

火入れをしていない生酒なので要冷蔵なのだが、果たして冷蔵するまで残っているか心配だ。

美味しい所を早速に頂くことにしよう。加藤壽八郎酒造は、大山の酒蔵で、加藤清正の末裔だと言われている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鱈汁会

2018-02-01 11:25:29 | 食べ物

酒田に着いた日曜日は、きーぷらんの鱈汁会だった。酒田組はSさんの車に乗せて貰い鶴岡へ向かった。

ここ数日の悪天候で、本命の鱈が捕れないと噂で、もしかして今回の鱈汁はなんちゃら汁になるかも知れないと言う話だった。

珍しく雪の積もったSさんの家に着く。台所はメンバー達が調理の真っ最中だった。

ちゃんと鱈があるじゃないか。ただ地元の鱈は手に入らず、岩手の鱈だったらしい。

酒田で鱈の子炒りと呼ぶ。(ただ酒田では人参は入れない。)鶴岡では子漬と呼ぶそうだ。酒田で子漬と言ったら真鱈の子の醤油漬けなのだが、庄内なのにちょっと離れると言葉が変わる。

毎回、Kさんが大量のお土産を持ってきてくれる。これは左が黄色で右が紫のメークインの種類のジャガイモだ。

サツマイモは茹でて小分けにしてくれていた。

もの凄い量のラッキョウ漬け。以前はお母さんが造ってくれていたが、最近は自分で作っているのだそうだ。お茶碗で3杯づつ袋詰めにする。

ご馳走は全部がテーブルに載らない。

デザートも食べきれずにお持ち帰りになった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役員会と新年会

2018-01-22 09:56:55 | 食べ物

20日、建築士会酒田支部の役員会だった。会場の鈴政(寿司屋)まで、テクテク歩く。いつもは会が始まってから電話で呼び出される事が多かったので、今回は早めにやってきた。

床の間には、背丈を超えるほど大きな熊手が飾られていた。なんぼすんの?と大阪のおばちゃん気質が出た。

難しい会議をサラッと終えて乾杯になった。肴は、季節の食材で溢れている。

タコの下に蟹が隠れていた。

鈴政の酒。中身は初孫の魔切で、さっぱりとした辛口。

カワハギの刺身の肝合え(携帯での撮影なので、ピントがあまい。)

鮭の西京焼き。

メバルの煮付け

握りとどんがら汁。

ここで解散なのだが、2次会でケルンに行く。

暖かい店内は、美味しそうな珈琲の香りがした。「雪国」をチョイスする。

その後珈琲を飲んでだべって、最後に追い出される。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加