喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

浄土の鳥

2018-05-13 | 寺・仏像

以前、石山寺の多宝塔で浄土の鳥のこと、チラッと書いたけど、
「仏説阿弥陀経」という仏典があって、その中に、
浄土には六種の鳥がいて
仏法僧の三宝を奏でて荘厳していると。

その六鳥とは、




白雁(びゃっこう) 西国第十二番 正法寺


孔雀 西国第十三番 石山寺

白鳥に近いとされる白雁と孔雀は
浄土の世を華やかに彩る鳥。
浄土にて出迎えてくれる鳥とされているそう。


鸚鵡 西国第十四番 三井寺


舎利 西国第三十番 宝厳寺

鸚鵡と九官鳥の一種とも言われる舎利は、
共に人間の言葉を解し、話す賢い鳥で、
仏法を奏で浄土を荘厳にする鳥だそう。


迦陸頻伽(かりょうびんが) 西国第三十一番 長命寺

雀あるいはカッコウの一種とされ、
鳴き声は極めて優雅で、
仏の説法の音声の流麗さが、
「迦陸頻伽の如し」と喩えられるのだそう。
日本では音楽の神様と同一視され、
楽器を手にした人面鳥身の姿で描かれることが多いと。


共鳴之鳥(ぐみょうのとり) 西国三十二番 観音正寺

六鳥のうち、唯一この世には見られない鳥。
1つの胴体に2つの頭を持つ双頭の鳥。
それぞれ別々の心を持っていて、
「もう片方が邪魔に感じ毒を盛る。
すると自分まで死んでしまった。」
という話が残っている鳥で、
お互いが生かし生かされているということを教えているのだとか。

近江六札所限定の特別企画だそう。
それにしても色鮮やかで綺麗。




コメント

石山寺の多宝塔

2018-05-06 | 寺・仏像

京阪石山坂本線の下りの終点が坂本比叡山口で
上りの終点が石山寺ということで、
唯一買いそびれていた「浄土の鳥」を買うために、
石山寺にも行って来た。
「浄土の鳥」については後日。

天野山 金剛寺で書いた多宝塔、石山寺にもあって、
須弥台の墨書から建久5年(1194年鎌倉時代)の建立で、
建立年代が明らかな多宝塔の中で、最も古い多宝塔だそう。




最下層が期間限定で開扉がされていて、
中をのぞいたら、ご本尊、


石山寺ホームページより 快慶作

やはり、大日如来だった。
石山寺の宗派調べたら、こちらも、やはり真言宗。

多宝塔開扉記念の御朱印。
タイミングよく来たものだ。





コメント

かるたの聖地

2018-05-06 | 寺・仏像

京阪電車石山坂本線の沿線に近江神宮があって、
瑞應山法王陰盛安寺の帰り、
途中下車して行って来た。







近江神宮には天智天皇が祀られていて、
有名な、天智天皇の
「秋の田のかりほの庵の苫をあらみ
        わが衣手は露にぬれつつ」は、
小倉百人一首の巻頭歌だったらしい。
歌かるたの祖神としても仰がれているのだそう。

じゃ、巻末はだれ?・・・・・ってことで調べたら、
後鳥羽院の第三皇子で承久の乱で父親に連座して
佐渡に配流されその地で亡くなった、順徳院の、
「ももしきや古き軒端のしのぶにも
         なほあまりあるむかしなりけり」



この映画の中で、競技かるたの決戦の舞台として使われた
近江勧学館で、



実際に練習してるとこ、見学させてもらえた。

余談。
この辺り、



あのテニスの有名な選手の名前の読み?!
少し違うけど、
地名で、実際にあったんだと
錦織圭さん、「ルーツ、ここ?」ですか・・・・・・・・・。
で、気になって調べてみたら、↓
https://www.topigoo.com/nishikorikei-myouji/

しかし、毎回思うけど、旅は面白い!
これだから、止められない。

コメント

瑞應山法王陰盛安寺

2018-05-05 | 寺・仏像

5月の連休、開扉だったので、


JR石山で京阪に乗り換えて、





穴太衆という石工の集団が拠点としていた、穴太で下車。



山門へ続く穴太衆積みの石垣。





この収蔵庫に、







像高180.5cm、檜の一木造り。
平安時代に造られた、四臂の十一面観音立像。

今は廃寺となっっているが、この盛安寺の南西4~5キロの山中にあった
崇福寺に安置されていた観音様だそう。

で、ご朱印も



「かつての大寺院、崇福寺の観音様」と言う意味だそう。











客殿の襖絵。



明智光秀ともゆかりがあるようで、
彼の供養塔もあり、こじんまりとしたお寺だけど、
見応えのあるお寺だ。












コメント

天野山 金剛寺

2018-05-04 | 寺・仏像

先日、大阪の4つの秘仏国宝めぐり猪目だらけで拝観したお寺。







駐車場から桜門まで、新緑がやさしい。









平成の大修理を終え、朱が鮮やか。





パンフレットに「塔婆(多宝塔)」と書いてあって、



調べたら、「宝塔」はもともと塔婆一般の美称だそうで、
多宝塔は主に真言宗系の寺院で見られるのも特徴だそう。
そう言えば、ここのお寺、真言宗だ。

しかし、塔婆って、お墓でよく見る木の板のイメージだけど、
調べたら、古代インドの言葉で「ストゥーパ」を音訳して、
卒塔婆としたもので、ストゥーパは仏塔とも訳され、
お釈迦さまの遺骨を納めた塔のことだそう。
五重塔の起源と言われ、その五重塔をもとにして作られたのが五輪塔。
塔婆(卒塔婆)は五輪塔が起源だそう。



しかし、多宝塔を塔婆としてあったの、初めてだなぁ。

 

コメント