セレナ日和

黒猫セレナと serena な日々♪
国内外の犬猫や、アフリカ中心の野生動物に会う旅をしています。

花園ランチ~エビと野菜のフリッター~

2016-09-25 | abi の食卓

 

夜中に遊んで、朝6時ごろから、おやつの3時までずっと寝ていたセレナです。

セレナがロックガーデンを歩く度、香ってくるタイム。
そんなタイムを摘んで・・・

 

 

ブラックタイガーのフリッターにしました。
エビのフリッターは、スペイン風にオリーヴオイルで揚げます。
その前に、タイムを素揚げしてオイルに香りづけします。

ハフハフの熱々が美味しい~ ♪

 

ゴーヤのフリッターも♪ コレ、おススメ。

 食べながら揚げているので、同じお皿に乗せていますよ^^

 

まだ衣が残っているので、アスパラも揚げました。

 

バゲットのイクラ乗せで〆ました

(=^v^=)

フリッターの衣の作り方
2~3人分の材料に対して、
薄力粉100g
ベーキングパウダー少々(入れ過ぎると油を多く吸います)
塩 小さじ1/2
白ワイン 大さじ1~2
水150ml

全部混ぜ合わせて、材料につけてカリッと揚げます。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒマラヤトレッキング12~幻の青いケシに会えた日~

2016-09-25 | ★ヒマラヤトレッキングの旅
 
 
 

大阪の花博( EXPO'90)で、一目で虜となっていた、ヒマラヤの「幻の青いケシ」(メコノプシス)
その美しい色と姿は可憐で、愛おしく、透明のケースの中で震えるように…
手の届かない、まるで妖精のようでした。
あれから歳を重ね、登山に夢中になるうち、旅行社のパンフレットが目につき、イケるかも!
でも一人で行くのには戸惑いがあり…
スイスのトレッキングで意気投合したお友達に相談すると、「是非一緒に行きたい」と言って下さいました。が・・・
雨期のヒマラヤトレッキングなんて、土砂崩れは起こるし、危険だからと、皆さんに止められたそうです。
abi が友人からそのメールを受け取った時、
「幻の青いケシは、やっぱり幻なのね・・・」と、お返事をしたらしい…(笑
そこで、友人が何が起こってもいいから、行きましょう!という気持になってくれたのだと、後で教えてくれました。

雨期にしか咲いてくれないのが、「幻の青いケシ」なんですよね・・・   


花の谷とヘムクンドトレッキングの旅

【 12日間の北インド旅程と宿泊予定地 】
成田 → デリー → リシケシ → ルドラプラヤグ → ガンガリヤ(トレッキング拠点地) → 花の谷
ヘムクンド湖 → バドリナート → ルドラプラヤグ → リシケシ → デリー泊 → デリー発(機内泊)→ 成田
今、書いている場所を青字で示しています♪

 
いよいよ、花の谷へ向かう日がやって来ました。
テント場からさらに登って行くと、住まいのような建物?が並んでいます。
 
 
 
 お店もありました。
(この辺で歯ブラシを買いました)
 
 
 
朝の光が差し込んで、最高のお天気です。
 
 
 
 おはよう!ロバさん。
 
 

   テント場からどれくらい登ったでしょうか・・・小1時間かな?
ココが、この日に向かう 『 花の谷 』 と、次の日に目指す 『 ヘムクンド湖 』 への分岐点です。
左が 『 花の谷 』 へ。まっすぐに進む道が 『 ヘムクンド湖 』へ 。
シーク教の巡礼者たちは花の谷へは向かいません。
 
 



   ♪ あなたは右に~ 私は左に~・・・
 
振り向いたのは・・・abi でした(=゚m゚=)
 


花の谷の入り口にはゲートがあって、入場料を支払います。

 
 
入場料とは別に、写真撮影をする人は撮影料を支払いますが、全員に決まっています(笑


   

お花が咲き乱れる道を進むうち、思ったより早く念願のブルーポピーに会えました♪
 
 

はじめまして・・・ブルーポピーさん^^
来たよ(≧ε≦○)chu♪

abi たちは、この日12人のツアーでしたが、先頭を歩いていた女性が、
「私が見つけた!私が見つけた!!」
と、大騒ぎをされたので・・・少し場がしらけました(笑)

abi はもっと感動的な出会いがしたかったな~。
そっと・・・「 やっと会えたね~☆ 」 みたいな。。。
さらに、お決まりの、
「 待っていてくれてありがとう~ 」とか。。。(=゚m゚=)

でもまあ。。。それだけ、皆さんもブルーポピーに寄せる想いが大きかったのでしょう^^
でも、焦らなくても、まだまだこれからです♪
 
 
   

全員が順番に、初めて出会ったブルーポピーをカメラに収めました。


   
 
川を渡ります。
 
 
 
なかなかスリルのある橋です(笑
 
 
 
川を渡ったところにハイキングのマップがありました。
 
 
 

そして☆ 
大きな岩の下の日陰でランチタイムです。
食事係の方たちが準備をして下さいました。
いつでも、どこでもカレー!です(笑
聖地なのでお肉は使っていません。


   
 
 abi はまだ、全然食べられず、お友達のお皿を撮影に拝借^^
ジュースだけ頂いたのですが、それが生き返るような美味しさでした。


   

大岩の後方に、人ひとりが入り込める隙間があって、そこに
ブルーポピーが咲いていると教えて頂き、順番に入って見て来ました。
 
 
 
本当に狭い所です。
 
 
 
私の番♪
 
自生のアジアンタムも初めて見ました。
 
 


別ブログに綴っておりました、ヒマラヤトレッキングの旅(過去)日記を「セレナ日和」にお引っ越ししています。
この日記、長くなりそうですが、いつものニャンコ記事はこれとは別に毎日投稿予定です。
又ヒマラヤ日記はコメント欄を閉じさせて頂きますネ(=^v^=)abi

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンチヒッター・よろしくニャン

2016-09-24 | 台湾 * Taiwan

 

台湾のクロネコちゃん♪

 

お彼岸のお墓参りなどで自宅に戻っていましたが、昨夜、秘密の花園にやって来ました。
セレナはまた夜更かしをして、今日はずっと寝ていて写真を撮れないの。
なので今日は、
いつかアップしようと、ストックしてある中から、台湾のクロちゃんです(=^v^=)

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒマラヤトレッキング11~テント場~

2016-09-24 | ★ヒマラヤトレッキングの旅
 
『 花の谷 』 と、『 ヘムクンド 』 への拠点となるテント場です。
 
 
 
一晩寝て起きると、晴れてきました。
 

花の谷とヘムクンドトレッキングの旅 

【 12日間の北インド旅程と宿泊予定地 】
成田 → デリー → リシケシ → ルドラプラヤグ → ガンガリヤ(トレッキング拠点地)→ 花の谷 →
ヘムクンド湖 → バドリナート → ルドラプラヤグ → リシケシ → デリー泊 → デリー発(機内泊)→ 成田
今、書いている場所を青字で示しています♪
 
 
 
テントに着いてバタンキューでしたが、叩くような雨の音で、1時頃には目が覚めてしまいました。
 
 
 
 
朝~
 
テントの中はツィンベッド(笑)、広さもあって思ったより快適です。
 
 
 
少し離れた所に寄りそう小さなテントはお手洗い(笑
 
 

手を洗うための雨水のタンクがあります。
バケツにも雨水が溜まっています。
 
 
 
 
上の段の方は、大きなテントや小さめテントが。
 
 
 
ヒマラヤレッドローズ
 
 
 
テントの外にいた ヒマラヤナキウサギ。
 
 
 

テントでは3泊するのに、ホテルに預けてきたスーツケースの中に、歯ブラシを忘れて来てしまいました。
貴重品以外の大切な物って、意外なところにもありますね!
 
現地ガイドさんに歯ブラシが欲しいと言ったら、にゃんと!
歯磨きの草、みたいな植物を与えられたのには笑えました。
本当に、それで歯を磨くのだそうですけれど・・・
 
 
 
雑貨屋さんがあった辺りです。

翌日、テント場の近くにあった雑貨屋さんのようなお店で、ダメもとで尋ねてみると・・・


   

ありました、ありました♪ 
意外にもちゃんとした歯ブラシに感動して思わず写真を☆
2日振りの歯磨きでした~
日本の山小屋で、環境汚染防止のため歯磨き粉を使ってはいけない所もあり、
不便さには慣れているつもりでしたが、さすがに歯ブラシなしではショックですね。
 
 
 
 
テント近くの理髪店には、やはりお水がありませんでした。
お店はドアのないオープンスタイル!
 
 

別ブログに綴っておりました、ヒマラヤトレッキングの旅(過去)日記を「セレナ日和」にお引っ越ししています。
この日記、長くなりそうですが、いつものニャンコ記事はこれとは別に毎日投稿予定です。
又ヒマラヤ日記はコメント欄を閉じさせて頂きますネ(=^v^=)abi
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傘が大好きニャンコです

2016-09-23 | 秘密の花園 (黒猫の庭)

雨がいっぱい降ったニャ。

 

いつものことだけど・・・

干してある傘に入るのが好き

(=^v^=)

 

 
ヒマラヤ登山日記を多くの方にお読み頂いているようで有難うございます♪
コメント等を頂戴しまして、おかげさまで大変励みにさせて頂きながら振り返っております^^

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒマラヤトレッキング10~希望~

2016-09-23 | ★ヒマラヤトレッキングの旅
 
駐車場を後に、いよいよ「花の谷」の拠点地、
ガンガリヤ(3048m)のテント場へ向かいます。
 
 
 
登山道は石畳が続いていて整備されていますが、急な坂道です。
テントに着くまでの必要な物以外(3泊分)はロバが運んでくれました。
 
 
花の谷とヘムクンドトレッキングの旅 2009 ⑩

【 12日間の北インド旅程と宿泊予定地 】
成田 → デリー → リシケシ → ルドラプラヤグ → ガンガリヤ(トレッキング拠点地)→ 花の谷 →
ヘムクンド湖 → バドリナート → ルドラプラヤグ → リシケシ → デリー泊 → デリー発(機内泊)→ 成田
今、書いている場所を青字で示しています♪
 
 
体調不良のまま、異国でのトレッキングが始まりました。 
気温は30度以上!暑い~!
 
写真も思うようには撮れませんが、気になる風景にはカメラを向けて^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ! abi のバッグ♪

思いのほか早く自分のバッグに追い越されました…
ラバさん、運んでくれて本当にありがとう~!
 
 


道中、売店の子供たちが人懐っこく寄ってきます^^
一人がマンゴーの種をチューチュー吸って見せるので、面白いね~と言ったら、
種を持っていない子が真似をします。。。
苦しい時、この子たちの笑顔にホッ♪ ありがとう^^
 
 
 
おじさんもニッコリ、ありがとう~♪ あ、左側のおじさんね(笑
 
 
 
はい、ありがと~・・・(笑
 
 


黙々と、ひたすら歩く、ただ歩く。。。
 
胃が痛い。。。
 
 
 
わ~、川原です。
 
 


ココでひと休み。
川にとても癒されたひと時でした。
 
 


いいな、いいな~(笑

実は、ロバにはとても安価で乗ることができるのですが、ヘトヘトで体に力が入らず、
急勾配を登るロバから落ちないように踏ん張れそうもありません。
体力がなければロバさんに乗る自信もなく・・・
 
 


そんな時、抜かれました~~~!
同じツアーの男性が・・・ロバに乗ってゆく~
 
 
 
まだ~?
ジグザグは続きます。
 
 


 11km歩いたようです。あと 2km。
もうひと頑張りです。
 
 
 
日も暮れそうです。
 
 
 
突然、目の前が開けたと思ったら。。。
見えました~~~(=^▽^=)テント場です!!
灯りがついてる。
薄暗いのと気力切れでひどいピンボケ~^^;


   

abi は最後尾だったのですが、中盤からマイペースを掴み、
徐々に前の人たちを抜いてゆき、3番目に到着しました。
もちろん登山に順位は関係ありませんが、歩ける時に少しでも前進しなければ!
という気力だけで、マジで必死でした。

この旅は、いつものようなのんびり旅行とは全く違うので、予め3000m級の登山訓練に加え、
毎日歩き、ジムへ通ったりと、トレーニングを重ねたつもりでしたが、もう。。。本番はダメダメでした。

体調さえ良ければ、へっちゃらなのに!と、悔しかったのですがそれも実力のうちでしょう…
大体・・・初日からお腹を壊す愚かさ∵ゞ(≧ε≦; )ブッ! 100%自分の不注意です。

夕食が用意されたテントに顔は出したものの、お湯を一杯だけ頂いてテントに戻り、ぶっ倒れ~
また何も食べられませんでしたが、湯たんぽの暖かさが疲れきった体を癒してくれました。
 
天秤のおじさんから買ったフルーツを食べられる日はいつ?
 
でも、本当に苦しかったけれど、楽しかったなあ・・・
テントに着いて良かった・・・
 
(=^v^=)
 
 
 
ありがと~♪^^
 
 
 
ありがと~♪^^
こちらのボッカさんとはペースが同じになり、色々お話をしました。
正しくは、女の子のママたちの歩行ペースと同じということです。
 
 


別ブログに綴っておりました、ヒマラヤトレッキングの旅(過去)日記を「セレナ日和」にお引っ越ししています。
この日記、長くなりそうですが、いつものニャンコ記事はこれとは別に毎日投稿予定です。
又ヒマラヤ日記はコメント欄を閉じさせて頂きますネ(=^v^=)abi

p.s.コピペが上手くいく時と、行かない時があり、原因がわからないのですが・・・
無駄に行間があくのが直せません・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内緒の・お気に入りの場所

2016-09-22 | セレナ * serena

さ~、お風呂に入ろうかな~♪

洗面所のランジェリーチェストを引きだすと、
ヒョイっと私の肩に飛び乗って、ストン!と入る。

間違えて冬用の引き出しを引いちゃったものだから…
セレナ、喜んでレギンスをもみもみ^^; 

 

私がお風呂から上がるまで、そのまま待っているセレナだよ。

(=^v^=)

 

オマケ♪

(一年前の記事より)

今年もキノコの季節がやってきましたネ~

 

 

先日も七輪で焼いた、手のひらより大きな、肉厚の「てんけいこ」は…

 

バターソテー&お醤油が最高でした☆

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒマラヤトレッキング9~カンガリヤへ続く旅~

2016-09-22 | ★ヒマラヤトレッキングの旅

 バスは、北インドの奥地の方までやって来ました。


 

神秘的で美しい風景が続きます。

 

目指している駐車場まで、デコボコで崖続きの山道が続きます。

 

 

 

バスの窓から撮っています。
道は、上も下も崩れています。

 

対向車とのすれ違いでハンドルを何度も切り返しています。
   

あのう。。。もうちょっとで落っこちそうなんですけど。



 花の谷とヘムクンドトレッキングの旅 

【 12日間の北インド旅程と宿泊予定地 】
成田 → デリー → リシケシ → ルドラプラヤグ ガンガリヤ(テント泊) → 花の谷(テント泊) →
ヘムクンド湖(テント泊) → バドリナート → ルドラプラヤグ → リシケシ → デリー泊 → デリー発(機内泊)→ 成田
今、書いている場所を青字で示しいます♪ (今は矢印の所)

 


【 はかり 】

この日のバス移動は6時間です。
途中で果物を買いました。
おじさん、面白い秤を使って真剣に量っています。

 

【 おつりはマンゴーで♪ 】

マンゴーを2個買ったら、おつりにマンゴー(小)をくれました(=゚m゚=)
バナナも買って、全部で¥100くらいだったかな?
この時点では、まだ何も胃が受け付けませんでしたが、
この先、これらの果物に救われることになりました。
お釣りが果物で助かりました^^

 

崖崩れが頻繁なせいか、自衛隊員を多く見かけました。

 

【 着きました~!】

これからテントへ向かうという、駐車場に到着です。

 

ここから先は、車とバイクは通行禁止です。

 

現在地はゴビンダガードという村です。標高は1828m。
夜までに、カンガリヤ(標高3000m以上)のテント場まで山登りです。

私が会いに行った、ヒマラヤに自生する青いケシは、
「花の谷」 と 「ヘムクンド」へ登る道に咲いています。

 

麓はお店が並んでいて、ロバがたくさん。

 

お洒落をしてお仕事をしています。

 

人や荷物を乗せて・・・

 

さあ、登山口はすぐそこの橋。

 

登山の第一歩☆ 川を渡ります。

 




とても楽しみだったトレッキングですが、体調を崩し、ほぼ絶食3日目。
水さえも嘔吐するので受け付けません。
睡眠時間は合計1時間という状態のまま猛暑の炎天下、一歩歩くごとに振動で痛む胃を、
手で強く押さえながら歩き始めました。
大きな荷物はロバが運んでくれますが、カメラのレンズなど、もしロバちゃんが落っことしちゃったら…
と考えると預けられず、大切な物だけでもザックが重いです。

楽しいはずのハイキングが、『 修行の旅 』 に変わった頃でした^^;
とにかくツアーの皆さんにご迷惑をかけられないと思うと、テントに辿り着くしかありません。
体調は最悪だけど、足が最後まで頑張ってくれることを信じて、ゆっくり進みました。
出発は午後1時。
「 暗くなる前にテント到着 」 がツアー全体の目標でした。

 

別ブログに綴っておりました、ヒマラヤトレッキングの旅(過去)日記を「セレナ日和」にお引っ越ししています。
この日記、長くなりそうですが、いつものニャンコ記事はこれとは別に毎日投稿予定です。
又ヒマラヤ日記はコメント欄を閉じさせて頂きますネ(=^v^=)abi
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花園 ワンプレートランチ

2016-09-21 | 秘密の花園 (黒猫の庭)

秘密の花園へようこそ(=^・^=)

 

 

 

 

昔NZ生活で学んだ・・・
いつしか忘れかけていたワンプレートです^^

メニューはチキンのブルーベリーソースかけ。
パンプキンサラダ、焼きナス、塩茹でのオクラ、
ミニトマトのピクルス、お花はフェンネル。
イカスミスパゲッティは60g^^
ある物の寄せ集めランチプレートになりました。

 

トマトサラダのドレッシングはプレーンヨーグルトに三温糖、
本日のトッピングは、ミョウガの蕾と葛の花のピクルスです。

 

まったり 

(=^v^=)

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒマラヤトレッキング8~ようやく着きました~

2016-09-21 | ★ヒマラヤトレッキングの旅
 

ルドラプラヤグのホテルに、ようやく到着しました。
お祭りで通行止めのため、入山許可がなかなかおりず、予定外の 「リシケシ半日観光」 をして、
午後から5時間以上のバスの旅となりました。
ホテルに到着すると、入り口でおでこにカレー粉をつけて下さり、この歓迎の飾りを首にかけてくれました。
ミーティングルームで、翌日から始まるヒマラヤトレッキングの説明を受け、緊張感が高まります。


花の谷とヘムクンドトレッキングの旅

【 12日間の北インド旅程と宿泊予定地 】
成田 → デリー → リシケシ → ルドラプラヤグ → カンガリヤ(テント泊) → 花の谷(テント泊) →
ヘムクンド湖(テント泊) → バドリナート → ルドラプラヤグ → リシケシ → デリー泊 → デリー発(機内泊)→ 成田
今、書いている場所を青字で示しています♪
 
 
 
道中、アラクナンダー川と、バギーラティー川が合流してガンジス川になる地点で少し休憩。
 
 

二本の川の合流地点は、水の色の違いがわかりました。
 
 
あんなところに人がいます。
 
 
 
こちらがホテルのお部屋です。
翌日からはテント泊になるので、ホテルらしいところは暫くお別れとなります。
 
 
お部屋にはバルコニーがあるので、開放的です。
 
 

こちらからも星空を眺めることが出来ます☆
そうそう、リシケシのホテルでは、運悪く、シャワーのお湯が(水も)出なかったので~
翌朝(この日の朝)、添乗員さんのお部屋のシャワールームをお借りしましたが、
こちらのホテルでは、ちゃんとお湯がでました。ラッキー♪ って・・・^^;
お湯が出たら、とても嬉しい、そんな旅の始まりです^^
大丈夫です、覚悟しています。明日からはシャワーなしですから。
自慢じゃないけど、夏の北アルプス縦走で一週間お風呂に入らなかった経験もあります(/∇≦*)
 
 


さて、スーツケースとも、しばしお別れです。
明日からのトレッキングは、別のソフトバッグに必要なものだけを入れて行くのです。
その際のバックはロバが運んでくれるので、自分はザックをひとつ背負って歩きます。

このように荷物を分けるということは、意外と神経を使いますね・・・
テントでは電気も使えないので、カメラなどの電池の充電もして、忘れ物をしないように要注意です。
私は歯ブラシを忘れてしまいましたっ!! これはかなりショック・・・

そして、このカバンに再会できるのは、5日後、この同じホテルに戻ってきてから、のはずでした。。。


別ブログに綴っておりました、ヒマラヤトレッキングの旅(過去)日記を「セレナ日和」にお引っ越ししています。
この日記、長くなりそうですが、いつものニャンコ記事はこれとは別に毎日投稿予定です。
又ヒマラヤ日記はコメント欄を閉じさせて頂きますネ(=^v^=)abi
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加