採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

山菜摘み

2019-04-18 | +きのこ以外

アミガサタケ、出ていないかなあとちょっと歩いてみましたが、地面はすっかり乾いていて、気配もありません。
念のため、と、巡回ルートをひとまわり。

キノコはないのですが、山菜方面が、ちょうどいい時期でした。
 

山菜摘み

特にウルイ(ギボウシ)!
この林床、あちこちにびっしりと群生地があります。
あっさり系の味で、例年はスルーしているのですが、あまりに見事に生えそろっているので、思わず摘んでしまいました。


あと本命のこちら。 

山菜摘み

ウコギ。
いつものウコギスポットは、どうやら昨シーズン下草狩りがめぐってきたようで、地面際まで短く刈り取られています。
それでも、なんとか生えてきている若葉を、(容赦なく)採集。
あと数年は下草狩りがまわってこないはずなので、来年にはもっと大きく育ってくれると思います。

 

山菜摘み

ウルイ、ウコギ、そしてアマドコロ。
アマドコロもちょうどいい成長度合いでした。

この日の晩御飯は、塩サバ、ウコギごはん、トマトとアマドコロの茎のサラダ(マヨネーズかけ)、アマドコロのサヤの甘酢漬け、ウルイとエリンギのお浸し。
アマドコロの先端部分は一番苦みが強いため、2日ほど冷蔵庫で水にさらしてから使います。
苦みが薄れると、普通の野菜として何にでも使えます。
昨年は確かベーコン炒めにしました。今回は・・・卵とじにでもしようかな。


山菜摘みのときに見かけた花もご紹介します。
今頃まだ、サザンカが咲いています(ツバキでしょうか!?)。
 

山菜摘み

この花、中央がとっても立体的に豪華になっていて、不思議な構造です。
1輪だけれど、コサージュみたい。

 

山菜摘み

中央部に花(顔)がいくつか背中合わせに寄り集まっているようで、阿修羅像をふと思い起しました。

 

山菜摘み

規則的な形状と、淡いピンク色が綺麗・・・。

 

山菜摘み

さきほどのピンクの花が、蕊部分がまったく見えなかったのに比べ、このヒトはすごいです。
太くてみずみずしい雄蕊がびっしりうにょうにょ。
植物というよりも動物のような・・・。イソギンチャクみたいだ・・・。

 



コメント

台湾2019.3:台南市美術館二館

2019-04-17 | +海外

台中のオペラハウスに行ってみて、(よく分からないなりにも)現代建築も見ておく価値はあるなーと思ったのでした。
(観光客ならば、「これが我々の血税××億円分か。。。だったらそのお金は○○に・・・」などという苦い思いはなくて、「わーすごー」とか「えー、へんー」とか勝手に思っていればいいですしね。)

 台南にも、最近できた現代建築が。
台南市美術館ニ館(2号館)です。日本人の建築家、坂茂(ばん・しげる)氏の設計。

板茂氏は、紙管を使った建築物(教会、仮設住宅、災害時避難所のパーティション)で知っていた方でした。
(勿論通常の立派な建造物も作っています)
以前TEDの講演を聞いて、印象深く、機会があれば作品を見てみたいと思っていた建築家です。

この日は大変な暑さで迷いましたが、ネットで調べたら、まだ開館記念無料公開期間中でした。
無料なら行ってみるかな! 
という訳で、タクシーで向かいました。

台南市美術館二館

到着。
どこが正面入り口かはよく分かりませんが、周囲一帯はしらじらとしたコンクリートで、日影がないです。
上の方にちらっと見えますが、巨大な五角形のガラス屋根がかぶさっているデザインです。
(この屋根を、ここのタタキのところまで広げてほしかった・・・日影が欲しい・・)


台南市美術館二館

上からも下からも紫外線地獄。モニュメントとか見てる場合ではないです(鏡面素材だし)。
早速館内へ!

台南市美術館二館

館内は涼しい・・・。
壁と天井はほぼ白。床はコンクリートを磨いたような感じでした。
いくつかのギャラリーがとびとびに配置されています。

台南市美術館二館

平面図はこんな感じ。
方向音痴の私には、「この地図見せられても無理!」という複雑な形状ですが、なんとなく時計回りに回っていくとすべてのギャラリーが回れるようになっています(よく出来てます)。
ランダムにジグザグしているようですが、基本のモチーフは五角形。
台南市の花、鳳凰花(ハイビスカスをスカスカにしたような花)をモチーフにしているとのこと。


台南市美術館二館

ギャラリーは、広さや天井の高さ、壁の色が、それぞれ違っています。この部屋は、天井がとっても高いもの。
ここの壁は青ですが、赤い部屋もありました。


台南市美術館二館

無料公開期間は、台中市にゆかりのあるアーティストの作品、書などを展示していたようです。
このハトが素敵でした。


台南市美術館二館

吹き抜け部分。ここにエレベーターシャフトがあります。


台南市美術館二館

カウンターがあるこの壁面は、(おそらく)天然石です。(クリックすると拡大します)
大きな石材の塊をスライスして石のタイルをつくり、それを、(もともとの模様を生かしつつ)ロールシャッハ模様のように配置してあります。
あっさりした白い内装のなかで、ここだけは天然石。
結構お金がかかっているのではないかと思いますが、白とグレーの材料を使うことで目立ちすぎないようになっています。
(実物は、この写真よりしっかり迫力があって目を惹きますが)
目立たないものにお金がかかっている、というのが日本的かも、と思いました(実は台湾発注側のリクエストかもしれませんけれど)。


台南市美術館二館

五角形のパイプ組の中に、四角いガラスエレベーターが入っています。

台南市美術館二館

エスカレーターもあり、外観は館内の雰囲気に合わせて白いです。


台南市美術館二館

最上階までくると、この美術館全体にかぶさっている五角形のガラス屋根が見えてきます。
ここはちょっと高級なレストラン。
オープンしてまだ間もないようで、開店祝いに飾りつけた花がまだ飾ってありました。
(この花も綺麗だったのでまた後日記事にしたいと思います)



台南市美術館二館

屋根の中心部。
五角形の構造が分かります。

台南の暑さでガラス屋根!?と最初思いましたが、模様みたいに見える何か(金属?フィルム?)があるためか、ガラス素材がハイテクなのか、直射日光でじりじり、ということはないです。


台南市美術館二館

ミュージアムショップも、白を基調としたデザイン。



真っ白で広々、天井も高くてスカ~っとした空間でした。
でも壁は垂直だし、展示会にあわせて飾りつけたりなどもしやすそうです。
今後、どんな風に使われていくか、台南に行ったら、確認してみたいと思っています。


たまたまかもしれませんが、台中オペラハウスも、台南市美術館も、内装がとてもとてもシンプルで、白い感じ。
コンペの他の作品はどんな感じだったのか、見てみたいです。

台湾の、ふた昔くらい前の建築(ホテルなど)や内装は、色つきの天然石をあちこちに使ったりなど、もっとずっとデコラティブでゴージャスな印象があります。(日本の同時代作品より、もっと豪華系。勝手な想像ですが、石を愛する国民性がある気がします)
そういうデコラティブからの反動で、いま、こういうスッキリ真っ白なのが好まれているのかな。
色をなくして、構図・構造の妙を楽しむ、みたいな。
オペラハウスや美術館のような非日常空間は特に、住宅、マンション、ホテルなどの住空間とは全く違うテイストが採用されるのかも。

あと何十年か後になると、また別の流行が来るのでしょうか。
再びデコラティブ系が流行ったりしたら面白いなあ。
金ぴかで天使やら花綱の立体があちこちにモコモコしているロココ調(?)とか、もう来ないのかなあ。
(私などはああいうのは情報量の多さには胃もたれする感じですが、当時の人はそうでもなかったのかなあ)

■参考情報
台南在住の方のブログによる
 建築前の更地の状態と完成イメージ図
 建築開始~1年目の追跡レポート
 建築2年目の追跡レポート


坂茂氏のTEDでの講演
建築家は人助けもしなければ 社会の役にも立っていないのに 特権階級の人たちや お金持ちや 政府や開発業者の為に 働いているからです」という言葉が印象的です。



コメント (1)

トルコの老舗のバクラバ

2019-04-16 | +バクラバ・アラブ菓子(購入)

お友達のGさんがまたトルコに行かれたとのことで、お土産を送って下さいました。
(Gさん、ありがとうございます!)

何という幸せ。


トルコのバクラバ

とても立派な箱が2つ。上は、バクラバ。下は干しイチジクです。
ものすごいずっしり感です。
持ち運ぶのだけでも、大変だと思うのに、本当にありがたいです。

 

トルコのバクラバ

今回のバクラバは、イスタンブールのアジア側にある老舗とのこと。

KARAKÖY GÜLLÜOĞLU

というお店です(読めません)。
ホームページはこちら

読めないけど、なんだかちょっと見覚えがある店名かも、と思いました。
確認してみると、mayugeさんが、新宿のトルコ文化センターのバクラバパーティに参加された際に提供されたバクラバのメーカーがこちらでした。

ブログを拝見して、「う、うらやましい・・」とうめいていましたが、そのバクラバが我が家にあるなんて☆ ☆☆
う☆・・・☆う☆れ☆し☆い☆☆ 
舞い踊るほどです。


ではバクラバのお姿を。
じゃーん!
 

トルコのバクラバ

うわ~。綺麗~!!
輸送中、いろいろな衝撃があったはずなのに、パイ皮一枚剥がれておらず、端正なたたずまい。
(水平に持って帰って下さったのだと思います。本当に大感謝)

右端は、とてもおおぶり。ピスタチオを細かく刻んだものが挟まっています。
一度にこのサイズ1個は迷う大きさですが、なぜか食べ終わってしまいました。

中ほどのトッピングなしは、クルミが挟まっています。
ほろ苦いクルミ味もいいものだなあ・・。

その左の小さ目ピスタチオは、やや粗く刻んだピスタチオがたっぷり挟まっていました。
ナッツ感たっぷりで、至福の味です。

緑色のロール状のものは、ごく細かいピスタチオ粉を薄いフィロ生地でびっしり巻いてあるもの。シロップが均一にしみこんでいることもあって、とても滑らかな食感で、なんとなく羊羹のような印象もあります。これはナッツの比率が高いからか、かなりの高級品のはずです。

左端はココアバクラバ。初めて食べました。ナッツは挟まっておらず、生地のうま味を楽しむものです。
(本当はかぶりつくのかもしれませんが)上から剥ぐように食べていったのですが、てっぺんはサクサク、下に行くほどしっとりして、上から3分の2くらいの場所は、しっとりもっちりした食感。丁度シュー側の内側の柔らかな膜のようです。で、一番下までいくと、また焼かれた際のこんがり感があって、パリパリザクザクしています。
私としては、シュー皮っぽい、柔らかい部分が好み☆ もちもちしてほんのりココア味。新しいバクラバ体験でした。


 

トルコのバクラバ

イチジクの箱も、びっくりするほどずっしり。
うっすら粉を吹いた上等のイチジクが、綺麗に並べて入っています。そしてローリエの葉が何枚も。
トルコのいちじくの詰め合わせは、なぜか必ずローリエが入っている気がします。香りの相性がいいという組み合わせなのかな(タケノコと山椒の葉みたいに)。


今度このイチジクでケーキを作ろうかなと思っています。(そしてGさんにお礼として・・・)
ケーキを作るときは、ローリエの香りを意識してみたいです。
(型に入れる際に一番下に敷いて焼くとか、上にのせて焼くとか)


 


■参考情報

KARAKÖY GÜLLÜOĞLU の紹介動画Youtube

コメント (3)

2019.3台湾:8の字クッキー(8結蛋捲)

2019-04-15 | +お菓子・おやつ

台中の名物というお菓子屋さんに連れて行って頂きました。
六月初一 June 1st」というお店。
「台中 お土産」という通り一遍の日本語検索では出て来なかったところです。

台中で学生時代を過ごした女の子たちのご案内なので、地元愛があふれたお店のチョイスです☆ 嬉しい☆

台中六月初の8の字クッキー

こちらがそのお店。こぢんまり。

 

台中六月初の8の字クッキー

店名の看板にある、「8結蛋捲」(8の字クッキー)が商品です。(写真はお店HPよりお借りしました・・)
極薄のラングドシャ生地?のクッキーをシワをよせるような要領で、かわいく8の字に整形したもの。

ルマンドの芯になっているあの生地(名前が出て来ない)よりは、油脂(おそらく植物油)を多く含んで、リッチな感じのクッキーです。
チョコがけしてもいいなあ、と思うサクサク感。

台中六月初の8の字クッキー

商品は、この8の字クッキーのみ!
台湾のお店って、潔く商品を限定する場合が結構あります。
「うちの名物はコレですよ」と。
で、お店の規模は小さ目。あれもこれも手広くやるよりも、お店側も楽ではないかしら。

種類はいろいろあって、オリジナル、ゴマ、コーヒー、チョコレート、海苔塩味。
どれもサクサクで美味しいです。

試食して、どれも美味しいので大変悩んだ末、ゴマとコーヒーを買ってきました。


こわれにくいように、また湿気ないように密閉容器に入っています。
軽いのですが、かなりかさばるものでした。
気軽に2種類買ってしまったものの、帰りのスーツケースのパッキングが大変でした。
 

チョコがけしてもいいなあ、と思って買ったのですが、もうだいぶあたたかくなってきて、チョコという気分ではないです。
一気食いを防ぐため小分けしてシールしてあるのだけれど、全部このまま食べ終わってしまいそうだな・・・。

コメント

台湾2019.3:台中国家歌劇院

2019-04-12 | +海外

台中へは、お友達が同行して下さったのですが、お友達のガイドで、自分だけだったら行かなかったかもしれないところへご案内して頂きました。

台中国家歌劇院
オペラハウスです。 

なんと、日本人の設計。伊東豊雄氏という建築家です。
総工費43.6億元(日本円で150億円以上)。


完成までの道のりはとても波乱万丈だった模様です。
コンペで決まったのは2005年でしたが、超高難度の設計のせいで何度も入札が流れ、ようやく業者が決まって着工したと思ったらいろいろな難問で工法の変更などがあって更に工期が遅れたり。しかも、一度2014年11月に完成お披露目をしたのに、施工不良を改善するため、2015年初頭から1年9か月休館、再工事をしたり。
着工から10年あまりたって、ようやく2016年9月に完成しました。

予算面も紆余曲折あった模様。
そもそも最初の計画ではグッゲンハイム美術館の分館と歌劇院、セットで計画され、国と台中市の共同事業だったはずが、台中市で予算がつかず、グッゲンハイム美術館分館の計画がお流れに(コンペであのザハ・ハディドの建築というところまで決まっていたのに)。共同事業計画はなくなってしまい、市の単独事業になって、歌劇院のみ建設することに。建設中段階で、国家に無償寄贈されて、「国家歌劇院」となったようです。

いろんな人が、胃を痛くする思いで完成にこぎつけたのだろうなあと想像してしまいます。


さて、見学。

台中国家歌劇院

窓の線がカーブしてはいますが、全体としてはキューブ状のプレーンな外観。
正面には浅い水面(噴水)があります。
ガラス部分には、プロジェクションマッピングなのかな、この劇場のこけら落としのときの映像が映し出されていました。

 

台中国家歌劇院

ミュージアムショップの本より。
この歌劇院の周囲は再開発された土地のようで、超高層高級マンションが立ち並んでいます。
マンションの背が高いので、このキューブ状の劇場は、ずんぐり小さく見えるほど。

 

台中国家歌劇院

建物のふもとあたりには水面が。
これは実は館内とつながっています。

 

台中国家歌劇院

中から正面広場を見たところ。
こけら落としの際は、このあたりでパフォーマンスがあったようです。

 

台中国家歌劇院

道を挟んで向こう側は、緑地が残っています。
六本木ヒルズからの眺めみたい。


さて、館内。
外観は、私にとっては、「ふーん、なるほどねー。お値段の割にはそれほど奇抜ってワケでもないかな」という印象でしたが、中は、なんだかすごく変わっています。

現代建築って、奇抜さ(建築家の自己顕示欲)を至上とするあまり、使い勝手とか妥当な建築経費などを軽視しているのではないか、という先入観があります。
なのでつい斜に構えてしまう私ですが、「ほわわわわー」と素直に圧倒されてしまう迫力がありました。



 

台中国家歌劇院

広くて天井が高くて、壁も床も基本は白。
でもって、壁が、どこもかしこもぐにょ~っとカーブしています。

 

台中国家歌劇院

”「サウンドケーブ(音の洞窟)」をコンセプトに「カテノイド(懸垂面)」を用いた三次元曲線の壁面が最大の特徴” とのこと。
床以外は、平らな面がなく、直角とかもあまり見当たりません。
ほんと、洞窟みたいです。

 

台中国家歌劇院

1階の右奥の方には、館内に水面がありました。

 

台中国家歌劇院

この水は外の水面とつながっているようです。
水をとりいれた建築は、カッコいいけどメンテナンスが大変そう。
15年後くらいには、水はなくなっていて、玉砂利とかが敷いてありそうな気がする・・・。

 

台中国家歌劇院

どこもかしこもぐねぐねしてさっぱり分かりませんが、一応図面を。
館内には、大劇場、中劇場、小劇場があるようです。
大劇場は約2000人収容。

 

台中国家歌劇院

そうか、この外観は、複雑なモグラトンネルをキューブ状に切り出したようなイメージかも。

屋上には庭園があるのですが、この時は雨のため閉鎖されていました。

 

台中国家歌劇院

どこを見ても、ぬめぬめと有機的な曲面が組み合わされています。


 

台中国家歌劇院

窓から明るい光が入ってくるほか、照明は基本的には間接照明。
目立たない隙間から照らされている感じです。

 

台中国家歌劇院

ここの吹き抜け空間には珍しく照明器具が。
奥に見える水玉は採光窓かな。

 

台中国家歌劇院

奥の方に大きな階段が。
(別の場所にはエレベーターも。エスカレーターはなし)

 

台中国家歌劇院

階段の手すりはとっても繊細な感じ。
素敵。
(別の場所にはエレベーターも。エスカレーターはなし)

 

台中国家歌劇院

2階に上がってみると、更に高い天井で、思わず見上げてしまいます。
天井の穴から光が差し込むところなど、まさに洞窟のよう。
 

台中国家歌劇院

トイレへは、長いスロープを下ります。この写真は、トイレ側、低い方から撮ったもの。
 

台中国家歌劇院

女子トイレ。
トイレもそれなりに曲面。
内装工事の人、面倒臭かっただろうなあ・・・。

 

台中国家歌劇院

トイレのドアがやや弧を描くように並んでいます。
新幹線のトイレ?と思うような、小さ目の扉。
 

台中国家歌劇院

手洗い台。
全部つながっている細長いタイプ。

 

台中国家歌劇院

トイレですが、個室がかなり狭いです。
もうちょっと広いといいのになあ。
空港くらいの広さはとれなかったのだろうか。

 

台中国家歌劇院

これも2階のどこか。
G22というのは、大劇場への入り口の一つではないかな。
右の明るいところは、確かお店。館内の職員さんも、上下とも白い制服でした。
 

台中国家歌劇院

2階のある壁面には、アーティストの絵が描かれていました。

こういうぬるりとした三次元曲面の壁だと、額縁に入れた絵画を飾る訳にはいかないので、装飾したければ壁にじかに絵を描くしかないです。
 

台中国家歌劇院

劇場の中は、本の写真より。
舞台側から見た様子。

 

台中国家歌劇院

横の方。壁が激しく凸凹。音響効果のためでしょうか。
天井には砂漣みたいな曲線の段差があって、そこに照明が仕込んであります。
 

台中国家歌劇院
台中国家歌劇院

2階の奥の方まで行ってみると、こんな丸窓が。
バルコニーの柵もガラスになっていました。

台中国家歌劇院

ゆるやかな裾野をもつ壁。

壁も床も白いためうっかりしていると、つまづきそうではありますが、見た目はとても面白いです。

 

台中国家歌劇院

変わった建築構造なので、防火対策のスプリンクラーも新方式を考案する必要があったとか。
この両端のがそのスプリンクラーかな?

 

台中国家歌劇院

らせん階段がありましたが、この時は通行禁止になっていました。
 

台中国家歌劇院

くにゃりと適当な角度でカーブする階段。
適当に写真をとっても、おもわぬ構図で曲線が交錯して、とても面白いです。


 



洞窟のような繭のような、包みこまれるような印象が特別な建築物でした。
長年にわたって愛される建物でありますように。

(曲面ばっかりで、リフォームはほぼ不可能だと思うのよね)



■参考情報
ディスカバリーチャンネルで建設に関する番組が作られたとか。
検索するといくつか動画が。
・ディスカバリーチャンネルの10分短縮版はこちら
実際の建築工事を担当した方へのインタビュー番組(中国語)
建築物を特集する番組(中国語)
伊藤豊雄氏へのインタビュー


ハンブルク・エルプ・フィルハーモニー
劇場も、財政問題で紆余曲折あってようやく完成した劇場。こちらのドキュメンタリーは見ました。
どちらも音響は日本の会社(永田音響設計)によるものだそうです。

コメント