採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

わさび丼(「孤独のグルメ」より)

2020-07-09 | +ふたりの日

最近、TV東京の番組、「孤独のグルメ」にハマってます。
毎晩一話ずつ、アマゾンプライムで見ています。

東京ほか各地の食堂(実在)で、おじさんが一人で(いろいろと独白しながら)モリモリごはんを食べるだけという単純なストーリー。

最初にハマったのはダンナサマ。
「この人すごくおいしそうに食べるよねえ☆」と。

私はおじさんを見てても特に萌えなかったのですが、最近慣れてきて、「なるほど、美味しそうに食べるよなあ」と思うように。

ダンナサマは特に、最近出張がなくて外食の機会がぐぐっと減ったので、出先・旅先のごはんを懐かしむという意味でも、見ていて楽しいみたい。
「今度ここに行ってみようか」とか、グーグルマップ片手に言っています。

私はもともと外食の機会が少ない方なので、番組を見ながら、「これなら作れるかなあ?」とか「これはやっぱりお店ならではだよなあ、作れないなあ」など、作れるかどうか、という観点で見ています。

先日見て、「え、これならすぐ作れるじゃん!」と思ったのは、伊豆のとある食堂の「わさび丼」。
わさびを摺り下ろしてごはんに乗せ、鰹節をふりかけて、お醤油少々で頂く、というもの。
わさびと鰹節さえあれば、自宅でも簡単に!
(コレでお幾らなのか気になりましたが、350円という大変良心的な価格でした)


いつか作ってみようか、と言っている矢先、スーパーで、とっても立派な本わさびを発見。
モンキーバナナくらいある大きなワサビでした。

早速朝ごはんに「わさび丼」。

わさびめし

ここに、お醤油を滴々と(最近の1滴ずつ垂らせるお醤油ボトル、こういう時便利ですね!)。
(サイドディッシュはきゅうり、トマト、かまぼこ)


本物のわさびはほんとにいい香り!
そして、かつお節の旨味が際立ちます。
わさびだけだと、精進な感じになって、それもまたよさそうですが、鰹節ありだと、旨味が桁違い。
普段、冷ややっこもお好み焼きも、かつおぶしはあってもふりかけずに食べる方なのですが、このわさび丼に関しては、かつおぶし有りの方が断然美味しいです。
かといってワサビ抜きで、ごはん+鰹節だけでもこのスキッとした美味しさは出ないです。
わさびの香りがカツオの生臭さを消して、美味しい風味を際立たせているのかな。


シンプルでありつつ、ごはん1膳では足りない美味しさでした。
本わさび、いろいろ使えるし、ちょくちょく買ってもいいなー。
このわさび丼もまた作ろう。(なんの準備もいらないですしね☆)


鰹節の代わりに、釜揚げしらす、とかでもいいかな?
やっぱ鰹節ならでは、なのだろうか。



コメント

三つ編みニンニク2020:(31)~(67)

2020-07-08 | +三つ編みニンニクgarlic braid

三つ編みニンニク、コツコツ編み進めています。


garlic_braid

(31)(一番左):スペイン
小玉ということもあり、まとめてリースに編んでしまいました。これは、値下げしてでも、誰かにもらってもらえるといいなあ。
来年植えない予定なのです。

(32)~(35):紫

garlic_braid

中央から左右に編み進めてみました。ワイヤーは入れてみましたが、吊るすと重さで縦長になってしまうかも・・。

garlic_braid

この紫ニンニクは、薄紫色のツヤのある皮できれいなのだけれど、稀に、鱗片数がむやみと多くなるときがあるのです(特に大玉)。
外見からはよく分からないので、そんな不安定なものは、あまり売りたくない・・・。
なので大玉は、まとめて編んでおいて、つかみ取り用に回す予定。(右端の大きな房)


garlic_braid

次はイタリアピンクの種類。
鱗片の皮がこんな風に赤紫で、外皮は白です。

晩生の品種で、今年は特に玉の太りが遅く、長く畑に置いておいたおかげで、葉っぱが傷み気味。
枯れ落ちてしまっていて、短くしか編めないです・・・。

garlic_braid

(36)~(41)(右から並んでます):イタリアピンク
ちょっと下ぶくれ感が足りませんが、すべすべでずっしりして綺麗なニンニクだと思います。
外皮を最後の一枚くらいまで剥くと、中の色が透けて綺麗なピンクに見えますが、外皮が何枚も残った状態だとピンク色はあまり透けてこず、白っぽいです。

garlic_braid

(42)~(48):イタリアピンク
少な目の個数で編むのにつかれてきて、9個組とかもたまに編んでます・・。

葉っぱの長さが短いと、編み方のバリエーションが少ないです。
イタリアピンクはまだありますが、気分を変えて、別の品種に。


という訳で

garlic_braid

(49)~(52):ナポリピンク
これは、外皮に筋状の紫色が入って、一番個性的かも。鱗片は薄いブラウン色。

garlic_braid

でもって、ラフィアをもう一色入手しました。「カラーラフィア」で検索して探し当てたもの。
頂きものの飾りにこの色のラフィアが使ってあって、探していた色でした。
早速使ってみたのですが、このナポリピンクと色合いがピッタリ。
ピッタリすぎて、アクセントとはいえないくらいかも?

garlic_braid

三色のラフィアの比較。何がいいかは、ううう、私にはよくわからない・・・。
どれが合うか、などアドバイスがあればぜひお願いします☆

garlic_braid

(53)~(58):ナポリピンク

garlic_braid

新作! 名付けて「三つ葉編み」?
何かいい名前がありましたらお願いします~。
これは、一本に編み上げたものをぐねぐねさせているので、葉っぱが長~いものならではの編み方です。
(リボン(ラフィア又はサテン)を結ぶとどうなるかは不明・・・)


また、葉っぱが短いイタリアピンクを編んで、片づけてしまおう・・。

garlic_braid

(59)~(67):イタリアピンク
一番右は、タネ用。
個数少な目の方がニーズがあるので、3個組も編んでみましたが、どうだろうか・・。
リボンをつければもうちょい良くなるかな・・・。

garlic_braid

葉っぱが短めでも何か面白い編み方を、と試してみたもの。
下のフサフサは切ってしまってもいいかな?
このフサがあると、なんかタコっぽくない?



出店予定は今のところ次の通りです。
7/25(土)有楽町 交通会館マルシェ 11:30 ~ 17:30
7/26(日)有楽町 交通会館マルシェ 11:30 ~ 17:30

もしお近くを通りがかるような場合はお立ち寄り下さい。
ブログ読んでます、と言って来て下さった方には小さなプレゼントを考えています。
交通会館やその近所には、いろいろな県のアンテナショップがあって楽しいですよ☆
雑穀屋さんも。


gooブログの会員用の、手作り品販売サイト、みたいなものがあります(マルシェルby goo)。
このブログを読んで下さっている方で、東京には行けないけれど興味あるかも、という方いらっしゃるかなあ。
もしちょっと興味あるという方がいらしたら、コメント頂けると嬉しいです。
(値段によっては買う検討をしてみたい、とかでも)

コメント

梅、不作

2020-07-07 | +きのこ以外

ちょっと前のことですが、そろそろ梅の季節かなーとMy梅の木を見に行ってみたのです。
(勝手にMy梅と呼んでいる木)


梅不作

こんなに茂っているのに実は見当たらず・・。


梅不作

え、全部落ちた?と地面を見ても、全然なし!

もう一回上を見上げたけれど、やっぱり上にもなし・・・。


今年は近来稀に見る不作の年みたいです。
確か昨年も不作。

ということは、来年、ビッグウェーブが来るかも?
あてにせずに期待しておきましょう☆


お店で南高梅も見かけますが、お店のものも、今年は高くないですか?
例年こんな値段でしたっけ。
大箱の値段を見たからかもしれないけれど、目玉が飛び出るようなお値段でした。(何万円もしたような)
いい匂いだけぐぐっと吸い込んで、梅気分を味わってきました。




コメント

きのこ出始めました

2020-07-06 | +きのこ

まだ6月のうちから、東京ではヤマドリタケモドキがどっさり採れたという情報が。

こちらもそろそろ?と見に行ってみたところ・・・

アンズタケなど

アンズタケが出てました。
なんかとっても大きいかも!

アンズタケなど

アカヤマドリの幼菌が1個。

アンズタケなど

ヤマドリタケモドキは、古びたのが数個あった程度でした。
あと、(あこがれの)ムラサキヤマドリタケも古びたのが数個(ああ、残念!)。

写真は撮りそびれましたが、ススケヤマドリタケの方が沢山出ていて、古いのもありましたが、いいものも少々。

まだ6月ですがキノコシーズン到来です!


翌日もチェック。
この日は、ススケヤマドリタケがそこそこ採れました~。
(私の印象では、ススケヤマドリタケの方が涼しい気候が好きな感じなので、なんとなくわかるような気が。もうちょい暑くなってきたらモドキが大発生じゃないかなー)

アンズタケなど

(写真はかずさんからの借り物です。かずさんありがとうございます!!)


その後も日々チェックしていますが、ヤマドリタケモドキの大発生の様子はまだなし。
雨の直後などはアンズタケが鮮やかな色で目立ちます。
ススケヤマドリタケはちびちび出続けています。

 

コメント

実家のびわ収穫(ネット効果あり)

2020-07-02 | +きのこ以外

5月末、実家のびわに袋掛けしてきました。


実家のびわ

お役立ちだったのはこれ。
ストッキングタイプの排水口ネット。

実家のびわ

ネットの伸縮力を利用して、びわの房にはめこみます。
結構ぎゅむぎゅむになりますが、それくらいで、抜けにくくていい感じ。


さて、収穫。
何もネット掛けをしない場合は、ほぼ全部、鳥に持っていかれてしまうような感じです。
特に大き目の鳥は、枝ごと折っていって、(お隣の)屋根の上でのんびり味わったりするようで、雨どいに食べかすが詰まってしまったり・・・。

ネット掛けした今年は、
じゃん!

実家のびわ

どっさり~。

実家のびわ

こちらも。

ネットをかけた分については、多少口が開いていても、ほぼすべて無事だったとのこと。
効果抜群ですよ!


今回は5月末、色づく直前くらいの袋掛けでした、4月くらいに摘果して、そのついでにネットかけをすると、粒も揃うしいいかもしれません。


びわの味は、今年は春からこのかたやや日照不足だったせいか、気持ち薄味とのことでした。
でもコンポートにしてしまえば問題なし。
母がせっせと作ってくれて、10瓶も出来たそうです。
ヤッタネ!

私の方は、ニンニクに埋もれている間にビワの季節を逸してしまいました・・・。
(鳥被害も多し)
こっちでも袋掛けするかな!

コメント (6)