採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

ふとんがわでシーツ

2018-07-19 | +縫い物

しばらく前、母がえいと思い切って、実家のふとんをいくつか仕立て直しに出しました。
ふんわりと打ち直すのではなく、解体して、別の物にしたのです。
重たい綿の布団は干したりなどの管理も大変。
なので最低限必要のものだけ残し(年末にダンナサマが滞在時に寝る分)、残りは小さくして使おうという作戦。
座布団がいくつかと、座椅子用の大き目長座布団が2つになりました。

もともとこの布団は、千葉(?神奈川?どっちだっけ)に引っ越した時、福井のおばあちゃん(母方の祖母)が誂えてくれたものだそうです。
長身の両親にあわせて、普通のふとんよりやや長め。
たっぷりしたいい敷布団でした。

中身を取り出して、残ったのはふとんがわ。

ふとんがわ

こんな模様です(敷布団)。
子供の頃から家にあったので、(千葉の時からあったかな?とすると小学4,5年の時私も使っていたかも)ものすごく見覚えがある柄です。
ふとんがわって、とても質のいい、さわり心地のいい木綿で出来ています。
なのでこれをシーツに改造することにしました。
 
うちのベッドは、シングルベッドを2つ並べて使っているので、200×200cm。
この長い敷布団を切り開くと、ちょうどこのくらいの大きさになります。

 

ふとんがわ

補強のため、周囲にじょうぶな布(帯芯を半分の幅にカット)を縫い付け。
ここまでは母がやってくれました。
そしてほっこり数か月、熟成。

はっ、うかうかしていると1年たっちゃうかも。
これは大変、と足りない資材をネットで購入。

 

ふとんがわ

買ったのは幅広のゴムバンドです。
折り返すほどの大きさの余裕がないため、ベッドパッドみたいに、マットレスの上から四隅をバンドで固定して使う作戦です。

 

ふとんがわ

シーツにしてはかなり派手かな?。まあいいや。夜は暗いし、寝てしまえば目に入らないし。

で、使ってみると、さあ寝よう、とかけぶとんをめくった瞬間、
「あれ、敷布団が裸のままだ。シーツ敷いてないじゃん!?」
とドッキリします。
長年敷布団として認識してきた柄だし、この上に(無地の)シーツを敷いて使うものだったので、これの上に直接寝るのは(分かっていても)一瞬ぎょっとしてしまうのでした。

最近ようやく慣れてきましたが、このあと、掛け布団カバーもひとつ新しくなって(母作)、それも柄もの。
いま我が家のベッドまわりは、目もくらむようなにぎやかさです。



(ふとんがわって大抵派手目の柄もので、シーツって大抵無地ですよね。なんで柄物のシーツってないんだろう?)

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形のだし

2018-07-18 | +ふたりの日

しばらく前に、刻みがごめ昆布を頂きました。
食べるのは初めてかも。お湯を注ぐと、ねろり~ん、と納豆のようになるものです。
昆布のうまみが濃く、塩気もあって、なかなか美味しいものでした。

その後、ふと、手元にナス、キュウリ、みょうが、ピーマン、青唐辛子、紫蘇、しょうががあることに気づきました。
(きゅうり、ショウガ以外は畑のもの)
「山形のだし」ってやつを作ってみるかな?


■山形のだし
きゅうり1本
長ナス1本
青唐辛子2本
小さいピーマン 2個くらい
ショウガ 適量
青紫蘇 7枚くらい
小さいミョウガ 8個くらい
納豆昆布 大さじ2くらい

野菜はみなみじん切り。ナスは刻んだ後にしばらく水にさらしました。
で、少量のお湯で戻してねろりん、とした納豆昆布と混合。
とってもねろねろ!(昆布が多かったかな?)
大量の具を混ぜたのに、全体がふわふわとゲル化していて、すごく面白いです。

山形のだし


混ぜて味見したところで、本物の「だし」を食べたことがないということに思い至りました。
ほんとはどんな味?
昆布の塩気に期待しましたが、これだけの野菜に味をつけるほどの塩分はないです。
検索して、醤油少々を入れてみましたが、ちょっと物足りない。
梅酢的なもの(梅干しを梅シロップに漬け込んだ液体)を入れると、なんとなく味がまとまったような気がしますが、本物からはもしかしたら遠ざかったかもしれません。
(本物は、結構強めの醤油味なのかな?)
 


とろりんとして、かっ込めるけれど、カリカリした噛む食感もあり、面白いものです。
お素麺のタレなどに使ってもよさそう。

薬味の香り満載で、ダンナサマが好きそうだけれど、残念ながら出張中。
帰ってきたらまた作ってあげたいけれど、この炎天でミョウガがあんまり出てきません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンニク2018:三つ編み(23)~(51)

2018-07-17 | +三つ編みニンニクgarlic braid

三つ編みニンニクこつこつ進めています。
ぶら下がっている分が、だいぶ少なくなってきました。
以前のブログを見ると、「50房編んだ状態でカートがまだ2ついっぱい」だったりしましたが、今年はカートがあと1つ弱。
今年は100房いかないかもしれません。

コメントにて、どの編み方が好みか、などマーケティングにご協力頂けると嬉しいです!
やっぱり量(個数)は少な目がいいのかな・・・。(つらい・・)

garlic-braid

右から(23)~(28)
(23)、(24)は、ソフトネックA。(23)は大玉ばら売り用。(24)はタネ用。タネ用がやや足りないので、ばら売り用を売り切らず、少し残しておいてタネにしようかと思います。
(25)~(28)はフランス薄ピンク。今年初めて植えた品種です。葉っぱの枚数が多い(もしくは分厚い?)のか、太めの三つ編みになる気がしました。
 

garlic-braid

右から(29)~(31)シチリア。
シチリアにんにくは、全体的に小玉で、なんというか、rustic?(皮が少しやぶれていたり、形がいびつだったり)
一気に片付けてしまいたくて、輪っかに編んでみました。
母に頼んで、実家のラムズイヤーのドライを作っておいてもらったので、それをリースに組み込んでみました。
かなり苦労してなんとか形にしましたが、乾いたラムズイヤーは、脆くて破れやすいです。
生のラムズイヤーを編み込む方がしなやかでうまくいきそうな気がする。うちの畑に植えるかな?


 

garlic-braid

右から(32)~(34)イタリアヴォギエーラ。
ヴォギエーラは、葉っぱが長めなので、ねじねじとして遊べました。
(こんな立派な葉っぱなのに、こんなに小玉?!というものも)
全体に形がいびつなので大半がタネ用ですが、比較的よいものは販売用に。
(32)は、前(16)にもひとつ作ったダブルハート型。
(33)は、「の」の字スタイルの発展型。ダブル「の」の字型。これは1本に編み続ければいいので、楽だ~。
このヴォギエーラ、マイルドな味わいとのことでためしに生で食べたら、やっぱり辛かったです。
(つまり普通のニンニクとして使える)

 

garlic-braid

ヴォギエーラの皮をアップで。わずかに湿っていたときとはまた違う質感になりました。
でも、これまで植えた品種のどれともちょっと違う感じ。
白くて薄くてパリパリしています。

 

garlic-braid

右から(35)~(38)スペイン、アホ・モラード。
あれ、これだけ? 植えた分量が少なかったのかな?
年々生育に苦戦しているように見えるので、タネを買い足してみようかなあ。
右からふたつめ(36)は、縦一列配置を実験してみたもの。床に置くとこけてしまうので、支えています。リボンをつけるとどう見えるかな。こういうスッキリしたのが好きな人もいるといいのだけれど・・・。

 

garlic-braid

右から(39)~(42)紫。
まずは小さいものから。
(40)は、しめ縄っぽいかしら。何かいい呼び名はないかな。
(41)、(42)の虫めがねスタイル、去年は結構沢山作りましたが、今年は少ないかも。

 

garlic-braid

右から(43)~(51)紫。
紫ニンニクは、葉っぱの数がやや少な目な気がします。綺麗に見えるところまで剥いていくと、あと数枚の葉っぱ。
でもって、茎部分が薄いため、首がぐらぐらして、ややもげやすい傾向も。
中央の(48)虫眼鏡スタイルは、もともと7個編み込んでいましたが、1個もげてしまって6個組に。(もげたのが端っこでよかった)



7月上旬頃、妙に風の強い日が多かったです。雨は降らないのに、暴風。
で、ベランダが大変なことに。 

garlic-braid

ぐわしゃ。
そもそも先日新しく買った洋服ハンガーは、荷重をかけるとしっかり自立しない弱さでした。
隣の、古い方にもたれかかるようにして置いてあったのですが、風でバランスを崩したのかこんなことに・・・。
落下事故にならなくてよかったです。
ニンニクも、ちぎれてしまうほどの被害はありませんでした。
万全を期して、このあと室内に取り込みました。
部屋が狭いです。(もうすっかり乾燥しているので臭いはない)
 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅ジャム(獅子柚子ミックス)

2018-07-06 | +ジャム・ピール(果物系保存食)

 

梅シロップ

冷蔵庫で、こんな風に梅シロップを仕込んでいました。
今年は梅が不作の年で、木からもいだ分は数個。あとは地面から拾い集めてたったこれだけ。
袋で作っていると、液が漏れてきたりしてやっぱり不便です。
早々に片付けてしまうことにしました。

地面に落ちたような完熟梅なので、漬けている間にも柔らかくなってきました。
ここ数年はドライアプリコットもどきを作っていましたが、今年は梅ジャムにします。

梅ジャムの手順は次のような感じ。
・梅シロップの梅を土鍋に入れ、電子レンジに軽くかける。
 梅がふよふよに柔らかくなる程度まで。
・裏ごし網の上にのせ、ぺろりん、と皮を剥く。皮はドンブリにとっておく。
 皮を剥いた梅を裏ごしする。タネ周辺に沢山果肉が残ってしまうようならば、皮のどんぶりに入れる。
 裏ごし器は目詰まりしてきたら時々洗うとさっさか裏ごしできます。
・裏ごしたものは、どんなにもとがソバカス梅でも、とってもきれいなピュレになります。毎回感動。これは瓶詰用。
 とっておいた皮+タネも捨てるのは勿体ないので、水(もしくは梅シロップ)を足して、電子レンジで煮崩れるまで煮れば、自家用梅ジャムの出来上がり。こちらはすぐ食べる用に。


 

黄梅と獅子ゆずジャム

こちらがその、ソバカス皮のジャム。
色がちょっと濃いめで、皮の食感が少しありますが、これはこれで美味しいです。
種の周りに果肉がちょっぴり残って勿体なかったので、皮とタネ、一緒に煮ておきました。種ごとヨーグルトに入れてタネはしゃぶって、とことん綺麗に食べつくしました。

 

黄梅と獅子ゆずジャム

綺麗な方の梅ピュレ、今年は獅子ゆずを混ぜて、具がちらほら混ざってるマーマレードっぽくしてみることにしました。
チョコがけ用のピールを作るため、干す前の段階の状態(蜜煮状態)で、冷凍してあったのです。沢山あるから、少し減らそうと思って。

で、1パック開封して刻んでみたら、なんかえらいこと量があります。
思っていたような「ピュレの中に具がちらほら」じゃなくなってきました。
でも、1パックは使い切ってしまいたい。このままいきます!

 

黄梅と獅子ゆずジャム

更に、ちょうどケーキを焼いたグレーズにアプリコットジャムが使いたくて、ただでさえ少ないピュレ部分をくみだしてしまいました。
具だらけ。
とても濃いから、ちょっと水を足そう、うん。

 

黄梅と獅子ゆずジャム

既にぽてぽての濃度なので、あまり煮詰めすぎないようにして瓶詰。
獅子ゆずは、かなり柔らかく煮えているため、少し煮とろけ気味かもしれません。
(もしまたグレーズ用アプリコットジャムが必要になったら、獅子ゆずもろとも粉砕してピュレ状にして使えばよさそう)

 

黄梅と獅子ゆずジャム

ぽってり濃度のあるものだったので、大き目の瓶に詰めました。瓶の数が少ないと手間も少なくて楽です。

2018/7/6作 黄梅、果糖、獅子ゆずピール(果糖、レモン汁)

 


来週は更新お休みです。
マンゴーを食べにさるところに・・・☆


■■■
全然編み進んでいないので不安ですが、三つ編みニンニクの出店予定は次の通りです。
「ブログ見てます」と声をかけて下さった方には何かちいさなプレゼントを考えています。
(じゃがいもでもいいかしら?だめかな)
昨年、武蔵新田に来て下さった方、お名前も伺えずお別れしてしまいましたが、もしよかったらまたお会いしたいです。

8月5日(日)東急多摩川線 武蔵新田駅 新田神社付近 
8月10日(金)有楽町駅 東京交通会館マルシェ(平日プチマルシェ) 12:00~18:00
8月11日(土)有楽町駅 東京交通会館マルシェ 11:30~17:30

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アプリコット入りパン・ド・ジェーヌ

2018-07-05 | +お菓子(西洋)

パン・ド・ジェーヌをまた作りました。
今度知人に会う機会があるので、おみやげにしようかと思って。

前回は、パウンド型の底か上、どっちを上にするか迷い、結局、どちらも地味だけれど上になっている方を上にしました。
今回は、底が上になるように、そして少し飾りがあるように考えてみました。

 

パン・ド・ジェーヌ

こんな感じ。
パウンド型の底に、から焼きしたスライスアーモンドと少量のパンプキンシードを散らしてみました。
具は自家製ドライアプリコット(本当は黄梅)。
前回はレモンの皮すりおろしを混ぜましたが、今回はダイダイの皮のすりおろしを干したものを混ぜてみました。
(あんまり香らないかな?・・)

前回はあまり膨らまず固いケーキになりましたが、今回は型からあふれんばかりにふんわか。
前回はハンドミキサー、今回は量も5本と多いためスタンドミキサーを使ったせいかもしれません。スタンドミキサーはやはりパワフル。
ただ、あまりしっかり泡立ててしまうと、ふわふわほろほろしてしまって、しっとり感がやや失われるかも。
次は適度な泡立て具合を目指してみよう。

今回、表面が珍しくテカっとしてるでしょ?
たまたま、いいものがあったのです。

 

パン・ド・ジェーヌ

作りかけの黄梅ジャム。
獅子柚子ピール(比較的ジューシーな状態で冷凍してある)をスライスしてママレードぽくしたのですが、ここからアプリコット部分をすくい出して、電子レンジで軽く煮て塗ってみました。


 

パン・ド・ジェーヌ

塗った後にしばらく乾かすと、なるほどテカテカの被膜に。
乾燥防止にもなるし、味もきりっと甘酸っぱくて、このケーキとよく合う気がします(具もアプリコットだしね)。

具のドライアプリコットはお酒に漬けてあったのですが、粉をまぶして入れようかなーと思っていたのに、そのまま入れてしまいました。
なのでやや沈み気味。次こそ、粉をまぶしてみよう。


型の底面に散らしたスライスアーモンドとパンプキンシードは、前よりは見た目が寂しくなくなって、よかったかな?どうだろうか。
見た目は彩りになったかもしれないけれど、切るときは、ちょっと切りにくかったです。
冷蔵して固くなった状態で切るとまだましかな?


渡すのはしばらく先になるので、ラップして、更に真空袋に入れてシールして、冷凍してしまいました。
塗ったジャムが、冷凍すると、残念なことになりそうな気も、します。
せめてべちょっとならず、うまいことケーキに吸い取られるといいのだけれど・・・。
 


自家製ドライアプリコットがだいぶ片付いてきました。
(「こんなに使ったらだいぶ減っちゃう。勿体ないかも」「いやいや、使うために作ったんでしょ」「今年は梅が不作で作らなかったし少し残しておいた方がいいかも」「いやいや、今年不作ということは来年豊作の可能性があるし、在庫は綺麗にしちゃって、来年またいっぱい作ればいいじゃん。2瓶作ってもいいからさ!」と自分で自分を説得していました。)

梅酒の梅を干したものはまだあるので(母に少し押し付けたほかは一向に減ってない)、今度はそれを使った何かを作ろう。
パンに入れてみようかしらん? 酸っぱすぎる場合は・・・、レーズンと混ぜて使うとか。あ、干し龍眼と混ぜて使うといいかも。あれは酸味がほとんどないし。



■パン・ド・ジェーヌ
■材料(ダイソーのパウンド型5個分)
ローマジパン 750g (ない場合はアーモンド粉500g、砂糖250g)
粉砂糖   165g
卵    650g
薄力粉   65g
コーンスターチ 65g(不足だったため一部レンコンデンプン使用)
溶かしバター 215g
ダイダイの皮すりおろしドライ
ドライアプリコット(黄梅) 
梅酒とリモンチェッロ原液を混ぜたもの  適量

■作り方
1)型にオーブンペーパーを敷く。
2)ボウルにローマジパン、粉砂糖、卵の3分の1を入れ、むらなく混ぜる。今回はスタンドミキサーで。
3)さらに残りの卵をまぜ、泡がリボン状に積み重なるくらい、とろり、ふんわりとするまで泡立てる。スタンドミキサーの場合は泡立てすぎに注意。
4)薄力粉とコーンスターチをあわせてふるったものを一度に加え、木べらでさっくりと混ぜる。
5)熱めの温度の溶かしバターを加え、つやが出るまでしっかりと混ぜ合わせる。
  アプリコットの水気を切り粉を軽くまぶして混ぜ込む。
6)型に流しいれ、台の上に落下させて大きな気泡がないようにする。160度のオーブンで35~40分焼く。比較的小さい型だが焼き時間は意外とかかる。
7)濃い目の茶色い焼き色がつき、表面に大きめのしわがよる。生地が縮んで型のふちから少しすきまができるくらいになる。多少焼き色が強く表面が固くても、あとでお酒を染ませるので大丈夫。
8)熱いうちに型から外してケーキクーラーの上におく。すぐにお酒を表面全体に塗る。
9)完全にさめてから表面に煮詰めたアプリコットジャムを塗る。(今回丁度アプリコット(黄梅)ジャムがあったのでやってみました)
 テカテカになって、すごくそれっぽくなりました。

■食べごろ
常温で。二日目がおいしい。保存は1週間以内。


■過去のパン・ド・ジェーヌ
オレンジコンフィを飾りに使ったもの(初めて作ったとき)
栗渋皮煮入り
生のブラックベリー入り。タルト皮つき 
ドライアプリコットとレモンの皮入り
ドライアプリコットとダイダイの皮入り(今回)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加