採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

ニュー掃除機(中古)

2020-08-05 | +食べるもの以外

結婚したあとに買った掃除機を手放して、2017年にリサイクルショップで中古の掃除機を買ったのでした。

それが、この夏、ニンニクの葉っぱクズなどを吸い込みすぎたのか、故障。
まだ3年しか経ってないのに~。

でも使ってみて、あんまり使いやすくもなかったので、未練はないです。

今回もまた、リサイクルショップに行って買ってきました。


こちらは先代のもの。

掃除機

三菱のTC-FXC5J-Aで、2013年製で、6000円くらいでした。吸い込み仕事率は500W。

先端に回転ブラシがついていましたが、すぐにとってしまいました。
(大きいものを吸いたいため)
先端に動力パーツがついていると、パイプがそう簡単には外れない構造になっているのですが、それがものすごく不便でした。
あと、小型のものを選んだのですが、小さいということは、ごみ袋も小さいということ。
私が吸うのは、おがくずや木片、葉っぱくずなど、割とかさばるものが多いです。
小さいとすぐにいっぱいになってしまって、そのまま吸い続けたのが故障の原因かなと・・。


新入りはこのヒト。

掃除機

ちょっと大きくなり、そして原始的になりました。
パイプはすぽっとはめ込むタイプだし、先端に回転ブラシはありません。こういうのを探していたのです。

掃除機

東芝のVC-KA1(L)。
吸い込み仕事率は470Wで、30Wダウン。
製造は2011年。先代よりも2年古い!
お値段は、古さもあり、また原始的なタイプだからか、3000円台。


掃除機

先端部。回転ブラシなしの構造。
いまどき、電器屋さんに行くとこういう掃除機は売っていないですよね。
でも、回転ブラシつきは、ルンバもあるし、ダイソンもあるのでいらないのです。

日常的に部屋を掃除するのではなく、ベランダの枯れ葉や、DIYの際のおがくず、石膏ボードの粉などを吸いたいのです。
あと、ルンバ自体を綺麗にするため。

ダイソンは、先端ノズルを外してしまうと、驚くほど吸引力は弱いです。ルンバの掃除にはちょっと役不足。
あと、石膏ボードの粉や土などを吸うとフィルターが目詰まりするので(ダンナサマがいやがることもあって)使えません。

掃除機

先端部を足で踏んで、すぽっと外せるのも好みのポイント。


前のものは、ホース(固いところ)がえらく短く感じましたが、今回のはやや長くなった気がします。
あと、前のは、スイッチを「強」にしていても、フローリングなどを吸っていると、自動で「弱」になってしまいましたが(故障?)、今回は自分で切り替えない限り「強」のままでいてくれます。

懸念事項としては、ホース(固いところ)が希望より細いこと。
初代の、学生用チープ掃除機は、もうちょい太かったです。かなりの大きさの木片も吸ってくれました。
細めのホースだと、枯れ葉や木片を吸うと、詰まってしまうかも・・?

ま、3000円台なら贅沢はいえませんね。
どのくらいもってくれるでしょうか。
頑張ってほしいものです。

コメント

チタケの加工とチタケそば

2020-08-04 | +きのこ

7/28、Myナワバリで、初めてチタケがたくさんとれました
慣れないながらも頑張って加工してみました。

料理方法を検索してみたのですが、詳しいサイトがなかなか見つからず、結局、Youtubeのこちらの動画を参考にさせて頂きました。

この方のおうち流の料理法だそうですが、作り慣れていらっしゃる様子が伺えます。
ポイントは次の通り。

・塩水に5分ほど漬けて虫出し
・水中で手で千切るようにして分割
(別に、乳を無駄にしないようにヒダを上にして包丁で切るという流儀も。2センチ幅くらい)
・油でよーく炒める。最初は汁が白く濁っているが、それが透明になった状態でさらに炒める。
 よく炒めることでダシが出るとのこと。
・ナスを縦にスライスして、チタケの鍋に加え、一緒に炒め合わせる。
 めんつゆ、酒、醤油、砂糖などで味付け。煮ふくめていく。
・(ここで、1日おくとすごく味がよくなるという説もあり)
・そばつゆにする場合は、水分を加えて煮てアクをとる。適宜味付け。


動画、および各種情報を総合して、次のようにやってみました。

チタケ

まずは洗浄。
塩水に漬けて虫出し。チタケは、撥水加工みたいな感じで結構水をはじくので、10分くらい漬けた方がいいかも。
漬けた水は白く濁って、乳をムダにしてしまったか?とあせりますが、これくらいなら大丈夫だと思います。
虫出しのあとは水洗い。
そして、こんな感じで紙の上に広げてしばらく水切りしてから加工しました。

チタケ

切ると乳がじゃんじゃん出てきます。
動画では水中で割っていましたが(こうすると手がねばつかないのかも)、今回はまな板の上で2センチ幅くらいに切りました(大きいカサは半分に切ってから)。
(鍋の上にまな板をかざして、切ったそばから鍋に入れるようにして乳を無駄にしない、とまで書いてあるサイトもありました)

軸は縦半分に切ったあと、適当な長さにカット。

チタケ

炒めはじめ。
水洗い後、結構乾いた状態だったので、それほどびしょびしょと水が出る感じではないです。
炒めていくと、なるほど、ナスの皮を焦がしたような香りが漂います。
ナスと相性がいい、といわれるのも分かります。

チタケ

汁が透明になって、更にそれが蒸発するくらいによく炒めてみました。
(量が多くて2回に分けて炒めました)
よく炒めると、すごく黒くなります。
大半は冷凍するので、ナスは加えず、自家製めんつゆで味付け。

一部については、スライスしたナスを加えて炒め合わせ、味付けしました。

チタケ

こちらが茄子入りチタケ。
この状態で翌日まで置いておきます。
(チタケは、炒めた翌日の方が美味しい、という説があるのです)

チタケ

翌日、水を足して煮なおして、そばのつけ汁にしました。
冷たいおそば+熱いつけ汁という方針。

チタケの色もあってとても黒々していますが、それほど醤油どばどばという訳でもないです。
(味はともかく色合いだけ見ると、関西では受け入れられにくそうに見えます)


チタケ

お蕎麦はダンナサマが茹でてくれました。
「ひや・あつ」のつけ麺スタイルは、猫舌の私にはぴったり。


今回は、つゆとして煮立てたとき、それほどしっかりとはアクをとりませんでした。
そのせいか、食べ終わると、くちびるがちょっとぺとぺとに。天然ゴム成分かしら。
でもかゆくなったりはしないし、じきに気にならなくなります。

味は、きのこの土の香りと海産物のあわさったような風味。
チタケ自体の食感は、ボソボソ、とよく表現されますが、よーく炒めたせいか、豚ロース肉くらいの感じ。
思ったよりしっとりしています。
茄子との相性もよく、美味しいです。

おそばと合わせるほか、炊き込みご飯にもいいようです。
みじん切りにして、ひき肉とお団子にして、スープ系はどうかな。
シューマイという手もあるかも☆

今回は全部醤油の下味をつけて冷凍してしまいましたが、洋風料理にするとなると(イタリアでも食べるんですって)、どういう調理法が合うんでしょうね。

何しろ沢山あるので、いろいろ試してみようかと思います。





コメント

ニュー台車「カルティオ」

2020-08-03 | +食べるもの以外

マルシェ出店前、大急ぎで買ってきたのが、台車。
これまで使っていた台車は、ハンドルと台の接合部が激しく腐食して、ハンドルがグラグラになっていました。

不調が発覚したあと、ホームセンターに見に行ったりしましたが、
希望より大きい気がしたり、やっぱそれでいいかと買いにいったらなくなっていたり。

グラグラのまましばらく使立ていましたが、今回は、絶対買わなきゃ。
こんな信頼性に欠けるボロ台車で出店荷物を運ぶのは、すごいストレスです。

ホームセンターに行ってみると、狙っていた台車が入荷していました。
これまで使っていたものより、かなり上等な品物。
お値段も張りますが(9000円前後)、静音で軽々動くので、ゲット!

軽量樹脂製運搬車カルティオ

おニューの台車がこちら。
黒とオレンジの、ハロウィンみたいな色合いです。
今調べたところ、商品説明に「今までの台車のイメージを払拭するスタイリッシュなデザイン」とありますが、スタイリッシュ・・・かな・・。
(ハンドル部が黒・オレンジのほか、黒一色、台は黒のほか、白、青と、カラーバリエがあるみたい)

軽量樹脂製運搬車カルティオ

名前もわかりやすく「カルティオ」。
軽さ、耐久性、静粛性、機能性を併せ持つ、とあります。

台車自体の重さは8.4キロで、前のボロは、サイズも小さかったのでもう少し軽めでした。
でも、重さのバランスがいいのか、畳んで車に摘む際も、割と持ちやすいです。
台車として転がすときは、ほんとに軽い!
荷物を載せていても、指一本でするする動かせてしまいます。

台がプラスチックで、メッシュ構造になっていて、雨水が溜まらないようにかなーと思っていたら、キャスターが転がる底面からの反響音を減少するためなのだそうです。ほーう。反響音。そうだったのか。


軽量樹脂製運搬車カルティオ

先端の丸い部分は、こうやって地面につけたりすることが多いですが、わずかに弾力性があり、とりまわしが快適です。


台車のキャスターって、前輪が自在、後輪(手元側)が固定になっています。

これに気づいたのは割と最近。
全部自在キャスターだと、グネグネしてしまって動かしにくいんですよね。
自作家具にはほぼ全部キャスターをつけてありますが、全部自在キャスターをつけていました(たまたま持っていたものがそうだったから、というのもありますが)。
動かす方向をある程度決めて、2輪は固定キャスターにしたら、もっと動かしやすかったかもなー。


軽量樹脂製運搬車カルティオ

とても静かで軽々動くキャスター。
ぱっと見はふつうのキャスターですが、ラジアルベアリングと、エラストマー樹脂車輪で、省音設計なのだそう。
エラストマー樹脂車輪は、跡が室内床につきにくい効果もあるようです。

交換パーツとしてキャスター単品で買うと、500円弱。あれ、意外と安い。
キャスターのカタログを見てみると、同じ耐荷重(~80kg)、取付高さ(122mm)でも、1000円~2500円という高級キャスターもあったりして、興味深いです。耐腐食とかいろいろな目的があるのかな・・・。お高いキャスター、触ってみたい・・・。)
(取り替えキャスター:TYSFHG100SEL(自在)、TYSR100SEL(固定))


2009年グッドデザイン賞受賞だそうですが、(黒とオレンジがスタイリッシュな色かどうかはさておき)なるほど納得な気もします。



ニュー台車で交通会館マルシェに行ってみると、出店者さん仲間の何人もが、同じ台車(サイズ違いとか)を使っているのを見かけました。

おお、やっぱプロはこれを選ぶのね!

自分のチョイスが間違っていないことが分かって、なんかうれしかったです。
(あと、名前書いておいた方がいいな、と思いました。)

コメント (1)

路地裏のタベルナ ビッケ

2020-07-30 | ■外食

交通会館マルシェが二日連続だったので、その間は東京に泊まることにしました。
泊まったのは日和ホテル銀座
ダンナサマが、駐車場のあるホテルということで、探してくれました。
本来ならそこそこお値段がしそうなホテルですが、この時期、ちょっとディスカウントがあったようです。
(ほんとなら今頃オリンピック客で満室だったでしょうね・・・)


夜ご飯もダンナサマがリサーチ済み(やさしいにゃあ)。
小さなイタリアン食堂です。

タベルナビッケ

路地の突き当りにあるこちらは、「路地裏のタベルナ ビッケ」。
マスターがひとりでやっていらっしゃる小さなお店です。

連休のさなか、あけて下さって助かりました、と言ったら
「ですよねえ。休もうかとも思ったのですが、お客さん、来るかなあと思って・・」
と。

ちょうど入れ替わりに二人組が出たところで、店内は我々ふたりの貸し切り。
こ、これは、食べれるだけ食べなきゃ(ダイエット棚上げの名目が立ったわ)。

メニューには魅力的なものが沢山。
それぞれ小と大があるのですが、小サイズでいろいろな品数を頼むことにしました。

タベルナビッケ

まずはフォアグラと豚肉のテリーヌ。
テリーヌは、塩味もちょうどよく、かなり贅沢にフォアグラが使ってあります。
(あと、すごく厚切り!)
添えられたニンジンサラダは、みかんが入っていて、フォアグラに合う少し甘めの味付け。好み~☆
スパイスが印象的で、アニスですか?と聞いたところ、キャラウェイシードです、と。
ええ~、キャラウェイシード~?間違えてくやしいぞ。


タベルナビッケ

テリーヌには、右のパンが添えられてきました。
で、次に頼んだのは真ん中のお皿、小タコのトマト煮。
パクチーが沢山載っています。
トマト煮は、辛みも効いて、パンチの効いた味。
辛みはいいのですが、塩漬けケイパーが多めに使ってあるのかな、ちょっと塩辛かったです。

タベルナビッケ

自分では作れないもの、ということで、馬肉のタルタル。
パルミジャーノ(ペコリーノ?)チーズやピクルスなどが混ざっていて、初めて食べる複雑な味わい。
こういう赤身のお刺身的なものを目にすると、脳が自動的に醤油味を予想するようで、口に入った時に醤油の味がしなくて驚きます。
でも、とても美味しくてペロリと食べてしまいました。


タベルナビッケ

石鯛の南蛮漬け。
小骨もない大きな石鯛のフィレの南蛮漬けで、とっても食べ応えがありました。
パクチーがこんもりなのもうれしいです。
各種ピクルスと盛り合わせてあって、どれもほどよい酸味で美味しいのですが、アスパラのピクルスが印象深かったです。

以上は、前菜メニューからのお料理。

タベルナビッケ

これはサラダのなかのお料理で、砂肝ときのこのホットサラダ。
砂肝はコンフィにしてあるものなのかな、ゴリゴリじゃなく、くにゅくにゅとソフトな触感で、でも塩辛すぎず美味しかったです。
全体にチーズがまぶしてあって、自分では作らない味わいでした。

メニューの2ページ目にはパスタや主菜の肉料理(豚肉ローストや牛ほほ肉煮込みなど)があったのですが、2ページ目に気づいたのがだいぶ食べてからだったので、2ページ目のお料理までは到達しませんでした。
後からグーグルマップの口コミを読むと、ロースト肉もとても美味しいそう。
また次かな・・・。



2ページ目から頼んだのはデザート。
自家製ジェラートから、ほうじ茶と、ライムヨーグルトを頼みました。

タベルナビッケ

ほうじ茶ジェラート。
右にある小瓶は、グラッパ。
まずそのまま食べてほうじ茶の味を楽しみ、そのあとグラッパをかけると「コーヒーの味になるんですよ」と。

やってみると、ほんとだ! なんかコーヒー味!
グラッパだけ舐めるとグラッパの味なのですが、かけるとコーヒー風味。
不思議・・・。
アルコールのせいで甘さも控えめに感じ、幸せ感倍増です。


奥に見える薄緑色のものがライムヨーグルト。
これもまた、香水みたいな化粧品みたいな(←褒めてますよ)香りが強く、とても好みでした。
試しにこちらにグラッパをかけてみると、グラッパの生臭さが際立ってしまって、あんまり美味しくないの。
ほうじ茶ジェラートとグラッパは、驚きの相性でした。


おなかはちはちになるまで食べて、大満足の夜でした。
ご馳走様でした。


コメント

交通会館マルシェ

2020-07-29 | +三つ編みニンニクgarlic braid

7/25、26の交通会館マルシェの様子です。

まずは25日。
この日は蒸し暑かった・・!

交通会館マルシェ

本屋さんの入口脇のすみっこで、なんか居心地がよかったです。
展示は、今回は傾斜台の上に段ボールを敷いて、そこに画鋲を使って固定する方法にしました。
箱の中に入れるよりも平面が広くて飾り付けやすいです。
レイアウトは、ダンナサマにお願いしたら、綺麗に並べてくれました。

交通会館マルシェ

どでかリース。
ものすごい重さです。
湿気で補強の段ボールがしんなりしてきて心配なくらい。

実はこのリース、出店者さん仲間(キルギスの蜂蜜屋さん)で見染めて下さる方がいらっしゃいました。
なので二日目終了時、格安でお譲りすることに(5000円)。
スタッフの女性の皆さんもみな歓声をあげて下さって、まあよかったかなと。
「じゃあ明日メルカリに1万5千円で出そうか」と冗談で言っていたので、もうちょびっと高くしてもよかったかなー。
今年のこれは、クズといっても本当のクズではなくてマシなもので作ってあるので、それなりに使ってもらえるといいのですが。
作ってしまうと厄介な巨大リースですが、こんなに早くお嫁入してしまうと、ちょびっと寂しい気もしました。


一日目終了後は、東京にお泊りしました。
久しぶりに外食して、美味しいものをどっさり食べてきました(また別記事にて)。



こちらは翌日、26日。今度はスペースの真ん中らへん。
この日は、前の日よりも湿度が下がって、比較的耐えられる気候でした。

交通会館マルシェ

今年はなんか、パープルのリボンが多かったかも。

交通会館マルシェ

この位置取りの場合、どでかリースの置き場所がやや不便でした。
通路をあける都合上、ナナメ向きになってます。

交通会館マルシェ

展示台の上の様子。
リボンをつけると、編んだだけとはまた印象が変わります。

今回、人通りもとても少なく、販売はかなり苦戦したのですが、中におひとり、とても気に入っていくつかまとめ買いして下さる方が。
伺うと、その方はお正月のしめ縄づくりをされたことがあるという人でした。
しめ縄と、三つ編みニンニク、やはり通じるものがあるんだ!
(昨年、三つ編みニンニクワークショップをさせて頂いたのも、しめ縄づくりのサークルでした。今年はコロナでないのですが・・)

交通会館マルシェ

ラフィアは、なんかピンピンはね気味。
でも、薄紫とナチュラルのラフィアの組み合わせを見て、「これがいいわ~」と選んでくださった方もいました。

交通会館マルシェ

今年も6品種セット、出してみました。
出店前日に、「うがが、めんどぐざい」と呻きながら箱を作り始めたのですが、ありがたいことに、去年、ちゃんと設計図をのこしてありました。
ひと箱残ってたのを解体して計測するところから始めずにすんで助かりました。
(でもやっぱ、箱作りってなんかコマかい仕事なのでひときわ集中する必要があります。軌道にのれば楽になるのですが)

売れないのだけれど、「ニンニクって、実はいろいろ品種がありまして」と説明するときに、これがあると便利です。


ブログのお友達では、ちひろさん、パウンドさん、松太郎ママさん、miyakoさんの娘さん、そして歩くバオバブさんが来て下さいました。
(差し入れも頂いてしまいました・・。ありがとうございました!)

ちひろさんは、アーティストなのですが、音楽の趣味もあると教えて頂きました。
しかも、楽器ではなく歌関係。ほっそりして、物静かな声の方なので、意外~。カッコいいだろうなあ。発表会とか聞きにいきたいなー。

パウンドさんは、かなり前からの知り合いですが、お目にかかるのは初めて。
私と同様に甘いものが好きで、激甘バクラバも大丈夫な方。
激甘物のおいしさを誰かと分かち合いたくなったら(ダンナサマではとうてい無理なので)パウンドさんに無理やりお裾分けしちゃったりしていました。
パウンドさんの手作りパウンドケーキは、みっしりしっとり、それはそれは美味しいのです。
トルコ語を習っているとのことですが、トルコに行ける日はいつになるでしょうね・・・。
私もトプカプ宮殿の宝物を見てみたいし、最近、シリアのバクラバがトルコで売っているようなので、それを買いたいなあ・・。
そうそう、交通会館で一番おすすめのソフトクリームは、(北海道アンテナショップではなく)「村からまちから館」のものだといういい情報を頂きました。
(私もこの2つは食べたことがあって、賛成!)

松太郎ママさんは、インスタで活動をちょくちょく拝見しています。
東京にお住まいのきのこハンターで、東京はこちらよりちょっと早くきのこが出るので、あ、そろそろこれの季節か、と参考になるのです。
いくつかの家電が壊れそうで壊れない、と去年おしゃべりしていて、その後どうなったか伺ったところ、まだがんばってくれてるとのこと。
(一気に壊れませんように。むふふ)

miyakoさんの娘さんは、マスクから見えている目元だけでも、miyakoさんにそっくり☆
最初に会ったときは中学生じゃなかったかなー。
もう大学を卒業されて社会人です。いつの間に・・・(遠い目)

歩くバオバブさんは、本来ものすごくアクティブに旅行やダイビングなどお出かけされている方です。
最近はどうですか、と伺ったところ、「家でじっとして、ひとのブログとか読んでます」と。
今、旅行好きの人はみんな妄想中だと思いますが、次に行くとしたらどこにするか、聞いてみればよかったなー。


沢山売れ残ったけれど、でも、もう一度お店を出すにはちょっと足りないかな、という感じなので、今年の出店はこれで終わりにしようかと思います。
お出かけしにくい中、来てくださった皆さん、ありがとうございました!


コメント (2)