採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

アーティチョーク入りシェパーズパイ

2019-10-16 | +ふたりの日

アーティチョークの茎の部分、今年は柔らかかったので加熱後、冷凍してありました。
これは、風味がとても強くて美味しいパーツです。香りが濃いので、じゃがいもと合わせると丁度いいくらい。

これまで、ジャガイモとあわせてマッシュしてコロッケを作ったことがありまた。
イモ生地にはハム少々を混ぜ、中心にチーズを入れておくというスタイル。

ジャガイモが沢山余っているためまた作ろうかと思っていたところ、今度はコロッケでなく、シェパーズパイがいいという希望。
下層に加熱済みのひき肉、その上にマッシュポテト、そしてオーブンで焼くという料理。
ちまちま丸めて衣をつける手間がいらないし、まとめてどっかんと作れるので好きな料理です。

芋部分にもう少し滑らかさがあってもいいかもなー。
レシピを検索したところ、アッシ・パルマンティエというフランス由来の似たような料理があって、そのレシピではマッシュポテトにベシャメルソースを混ぜていました。
なるほど、いいかも。

手順は次のとおり。

・芋とアーティチョークのマッシュはあらかじめつくっておく
・ベシャメルソースを作り、チンした芋に混ぜる。少し残しておく。
・ひき肉、塩コショウを香ばしくなるまで炒め、玉ねぎ、にんじん、ポルチーニみじん切りなどを混ぜて炒める。
・ひき肉、ベシャメル入りマッシュポテト、ベシャメルソース少量、チーズの順に容器に。
・ふつふついうまでオーブンで焼く。

夕方、お腹が減っている状態でベシャメルソースを作りはじめ、肉をフードプロセッサーにかけるのは終わりが見えない気がしましたが、
マッシュポテトは出来上がっていたので助かりました。(えらい、自分!)

空腹でがつがつ食べてしまって、写真は翌日、残り物をあたためなおしたものなのですが・・ 

アーティチョーク入りシェパーズパイ

一番下にひき肉の層、その上に緑色っぽいアーティチョーク入りマッシュポテトの層、そして表層にクリーミーなベシャメルとチーズ。
結構おいしくできました。

マッシュポテトって、離乳食ぽいというか、歯が全部そろってて固いものでも噛める大人がこんなやらかいもの食べていいんだろうか、と思う食べ物ですが、たまにはいいものです。
 


今回思ったのは、アーティチョークとじゃがいものコロッケのときも、ベシャメルソースを混ぜてはどうか、ということ。
とても滑らかで(濾したりはしてなくても)、風味もまろやか、じゃがいもとアーティチョークの味がよくなじむ感じで美味しかったのです。
サクっとしたコロッケの中に、ちょっとなめらかな、この生地が入っていたら美味しいんじゃないかな。
次は、ベシャメルソース入りで作ってみます。


あ、コロッケといえば。
コロッケ生地を、天ぷら風に揚げるのってどうなんでしょう。
粉+卵+パン粉 というのはかなりの手間。粉+天ぷら衣 ならばひと手間省けます。
やってみた方いらっしゃいますか? 


ちなみに、お友達の天ぷらの達人は、牡蠣を、フライではなく天ぷらで召し上がるそうなのです。
牡蠣フライ、以前チャレンジしましたが、具である牡蠣がぐにゃぐにゃで衣つけがむずかしく、「もーやだ」と思いました。
天ぷらなら多少ましかも。
この冬、やってみます。


コメント (1)

ニンニク2019:植え付け

2019-10-15 | +ニンニク

ニンニク植え付け、少しずつ進めて、台風前に終わらせました。
品種によっては早すぎるのもよくなさそうな雰囲気。
フランスピンクの生育不良がそのせいではないかと・・)
なので、なるべく10月に入ってからに植えるようにしてみました。

植え付けは、作業としては簡単なのですが、ずっとしゃがんで下を向いての作業なので、結構腰がメキメキになります。
効率化なるか?と今年はじめてダンナサマを動員してみましたが、全く使い物にならないということが判明。
膝を曲げてしゃがむ姿勢を10分もキープできない感じ。
しかたない、これは私の作業か・・。

ダンナサマは、落花生収穫やサツマイモ掘りなどはまあまあ。
ずっとしゃがみっぱなしではない作業の方がいいみたいです。

植え付け中のスナップをいくつか。 

ニンニク植え付け

ナポリピンク。この品種は、鱗片がぐるりと放射状に一層に並ぶかたち。
鱗片数が少な目というのはセールスポイントになります。
外皮を剥いてみると、鱗片は、割とスカスカな感じで並んでいます。こういう品種なのか、やや成長(肥大)が足りなかったのか・・?
外皮は紫色の縞、鱗片はパープル~ブラウンでいちばん個性的かもしれません。

 

ニンニク植え付け

今年、茨城北部の城里の産直で見かけて買ってきたニンニク。
鱗片数が5~7片と少な目で使いやすそうな形なので植えてみます。
鱗片を包む皮はピンク系ベージュ。外皮は白。
我が家のどれかに似ている可能性もあります。
ちゃんと育ってくれて、割れにくいタイプならば、完全抽苔早生をなるべく減らしてこちらに移行したいな・・・。
 

ニンニク植え付け

この方の商品でした。

 

ニンニク植え付け

さて、紫と呼んでいた品種ですが、どうも2つが混ざってしまった模様。
もう一度分離すべく、花茎や珠芽のサイズで分類しておきました。
左が太くまっすぐな花茎で、大粒の珠芽が数個つくもの。
右が、長くひょろんと柔らかな花茎がつくもので、珠芽は小さくて多数。
なんか、違いますね。
左は鱗片を包む皮が紫色が濃いめ、外皮の紫も強め。大粒珠芽紫と呼ぶことにします。
右は色がだいぶ薄いです。花茎長薄紫と呼ぼうか。
花茎長薄紫のは、鱗片のサイズが比較的揃い、放射状に並んでいます。こちらはいいニンニク。


 

ニンニク植え付け

大粒珠芽紫は、最近は、鱗片数が分かれすぎ、という問題が起こっています。
例えばこんな感じで、ひとつの皮のの1鱗片のはずが、中で二つに分かれていたりします。
中でふたつに、ならまだよくて、極小の鱗片が全部それぞれ皮に包まれていたりして。
こういうのは大変に使いにくいので、もし今回植えたものもそうなってしまったら、植えるのをやめようかと思います。
昔はこういう感じじゃなかったんだけどなあ・・・。
何がいけないんだろうか・・・。
 


台風後(10/14)見に行ってみると、芽が出ているところに関しては、折角伸びてきた芽が、強風やマルチのめくれなどで傷んでしまったところがありました。今後の回復に期待したいです。
芽が出ていないところは無事のよう。
そうだ、モロヘイヤを片付けないと、せっかく芽が出たあと、日当たりが悪いかも。


落花生の収穫があと少し、そしてサツマイモの収穫も始めたいところなのですが、沢山降った雨のせいで畑がどろんどろん。
隣の芝畑は湛水しています。
土がもうちょっと乾いてくれるまでは作業は難しそうです・・。


●植え付け日メモ
完全抽苔早生 9/29
ソフトネックY 9/29、10/9、10/10
ナポリピンク 9/29
アブルッツォ 9/29
城里6-7片 9/29
ソフトネックA 9/29
スペイン 9/29
イタリアピンク 10/2、10/4、10/10
大粒珠芽紫 10/4
花茎長うす紫 10/4
フランスピンク 10/4
ヴォギエーラ 10/3、10/8
シチリア 10/7
ナポリ白 10/7、10/8

コメント (1)

2019.3台湾:台南の可愛い古ビル

2019-10-11 | +海外

大山顕さんという建築系ライターさんがいて、デイリーポータルzに、「かわいいビル」についての記事を何度も書いていらっしゃいます。
特に古い時代の小さ目のビルには、あちこちにまるみがあったり、建物自体や窓枠にあえてふちどり線のデザインを採用していたりなど、なんともいえないかわいさがあるというのです。

2008 「デビル」(デッドストックビル/古いビル)を鑑賞する
2009 「デ・ビル」に夢中
2012 かわいいビルを求めて
2017 「かわいいビル」はなぜかわいいのか

建築ってなんだか複雑で難しそうで、味わいどころってさっぱり分かりませんでしたが、これを読んで、そうか、「かわいい」という観点でもいいのか、と目からウロコが落ちました。
古いビルは、まさに「かわいい」に同感。
特に私は「角丸」の意匠が好みです。

台湾は、紫外線が強いのでペンキ塗装がすぐに傷んでしまうためか、表面にタイルをよく使います。
古い時代のタイルは釉薬が厚めで不均一なのか、独特のぽってり感があって、現代のペッタリ平面的なタイルと趣が違います。
タイルのサイズも昔はかなり小さ目。小さい方が値段が安かったということもあるのでしょうか。
施工する手間は小さい方が大変だったはずですが、昔は工賃が安かったのでしょうね・。

台北や台中はじゃんじゃん再開発されていますが、台南には古い小型のビル(3階建とか4階建てとか)がまだ沢山残っています。
これまでは、道を歩いているときはショーウィンドウやそのビルの内部にばかり目が行っていましたが、ふと、道の反対側を見ると、可愛いビルだらけ。お店も何もない普通の道でも、実は見どころが沢山です。


この前(2019年3月)行った際、ぽってりしたタイル、そして丸っこい意匠をコレクションしてきました。

ぺかぺかの現代建築、台南市美術館2館から出たらすぐ、可愛いビルがみつかりましたよ。

可愛いビル

角ばった積木をごっちゃり寄せ集めたような、直線と平面からなるトガッた台南市美術館に比べると、角が丸かったり、曲線があったりする古いビルはなごむなあ。


 

可愛いビル

縦のパーツの下端が、くるっと丸く角をとってあります。
表面はどこもタイル張り。下(奥)側のこげ茶のタイル、および縦パーツの白いタイルは、おそらく建築当初のものです。
その間のベージュでまだらのタイルはどうかな。ほかよりも汚れがないように見えるので(まだらだから目立たないだけかもしれないけど)、貼りかえてあるかもしれません。


 

可愛いビル

古いビルには、エアコン室外機置き場がビル構造物として用意してあります。
これもまた見どころ。
タイル張りにしてあって、側面はきれいにカーブして刳りこんであって、なかなか気を使ったつくりですよね。
ここにタイル貼るの、手間暇かかったことだと思います。

 

可愛いビル

左側の面は、浅いくぼみの形が角丸、右側の斜めの面は交差点に面していて、この部分は直線的なデザインです。
わざわざ変えているみたい。
 

可愛いビル

となりのビル。こちらはくぼみの部分が角丸ではなくて、上端が半円のアーチ状。
ここに貼ってあるえんじ色のタイルは、汚れも少ないのでもしかしたら新しいものかもしれません。
白っぽい部分はよく見ると全部タイル張りで、古いままだと思います。室外機置き場はやはり側面が刳りこんであるタイプ。

 

可愛いビル

隣のビルと、白い部分は同じタイルかもしれません。
今となってはこの室外機置き場に嵌らないものもあるだろうなあ、と思ったらやはり。
この中央の室外機置き場は、パイプだけ来ています。室外機本体は1階にあるのか、長々と配管しています。

 

可愛いビル

こちらも窓周りに角丸のデザインが。
チェック模様のようなものが窪みでもって表現されています。
白い部分も、窪みの茶色の部分も全てタイル張りです。
窓のところ、カーブするように綺麗にタイルが貼ってあって仕事が綺麗です。

 

可愛いビル

どこからどこまでが1つのビルなのかよく分かりませんが、中央の部分、ぐいーんとせり出した構造が面白いです。

 

可愛いビル

支えている梁のような部分がカーブしてせり出していますし、それの土台部分もぐいーんと曲面になっています。
こういう反り返る部分にタイル貼るのって、大変そう。

右のビル、室外機置き場は、ボックス状ではなく、板状で、その上に室外機を乗せるようになっています。
三角形ぽい浅いでっぱりは、飾り・・?

 

可愛いビル

古びたふつうのビルに見えますが・・

 

可愛いビル

よく見るとあちこち、丸みをもたせてあります。そしてこのでっぱり部分は全部タイル張り。
ベランダの金属製の柵が、繊細なデザインです。
 

可愛いビル

4件長屋のビル。
看板がとりどりなので分かりにくくなっていますが、もともとは同じデザインの4軒です。
薄緑色のふちどり(小さな正方形のタイル)と、窓と窓の間の3本線(白い小さなタイル)がデザインのポイントでしょうか。
右からふたつめだけ、全面的に大き目の白いタイルに貼りかえてあります。

 

可愛いビル

中央と右側、どちらもベランダの部分が茶色いタイル張りですが、おそらく中央はやや古いもの。タイルにツヤがあり、意匠も凝っています。
 

可愛いビル

わざわざ中央がくぼんで、上と下にせり出すようになっています。

 

可愛いビル

かなり古い感じのビル。

 

可愛いビル

よく見ると、白い部分も青い部分も小さな正方形のタイル。
青い窪み部分は、角丸ではなく、角が切ってある形状です。

 

可愛いビル

エアコン室外機置き場は、上下に出っ張りがあってその間に挟むタイプ。

 

可愛いビル

一番左のビルは、細い開口部の上端角が角丸ですね。バルコニーは曲面になってます。
その右の黄色いビルは、窓部分の形が薬のカプセルのような形状で中央に縦の帯が。ガラス窓の下、わざわざ出っ張らせて2段階に装飾してあります。
その右のビルは、室外機置き場のデザインがポイントでしょうか。正面部分が横倒しのUみたいになっています。

 

可愛いビル

いろいろな経緯がありそうな一角。
一番右の薄水色タイルがあるものと、その左の茶色いタイルが目立つものは、窓まわりの部分の端っこが( )みたいになったデザインが共通しています。でも、なんか中途半端。
右端のは上が唐突にちょん切られていない?
あと茶色のは、右半分だけになってない?
左から2つ目の区画だけは、比較的新しいもののように見えるのだけど、茶色の左半分と置き換わっていないかしら。
で、一番左。こ、これは?

 

可愛いビル

上もちょん切れているし、ファサードだけ残ってるし、映画のセットのよう・・。
裏側はいま、何か工事しているのかしらん?

 

可愛いビル

中央のビル、右端の茶色の部分には、上下に板が突き出しているタイプの室外機置き場。ここを白くしてアクセントにしています。

一方で右側のビル。同じく茶色のタイルの上に室外機置き場が3つありますが、これも上下板タイプですが色は茶色。
ちょっとテイストが違います。
 


アンドレ・マルローがフランスの文化大臣だったころ(1960-69)、パリの歴史的建造物の洗浄事業を敢行したそうです。
それで、黒々と煤けた建物が建築当初のように復活。街並みが明るくなったそうです。
台南の古いビルはおそらくみな個人所有のものなので難しいかもしれませんが、市で補助するなど工夫して洗浄されたらいいのになあ、と思います。
電動バイクも増えてきて以前より空気は綺麗になっているはずで、いま綺麗にしたら結構ながくもつのではないかなあ。
素敵なタイルの建築、綺麗になったらもっと嬉しいです。

洗浄ではなく再開発によって、根本的に綺麗になってしまう可能性の方が高いかも。
懐かしい古いビル、今のうちに採集しておかねば、と思いました。



■参考情報
マルロー法とパリ、ディジョンの景観(pdf)

コメント (1)

貝印のシールカッター

2019-10-10 | +食べるもの以外

ワインボトルの口のところにかぶさっているシールというかフォイルというか、それをカットするための道具「シールカッター」というものがあります。
なくてもナイフなどで切れば何とかなりますが、あると意外と便利なものです。

シールカッター

うちにあるのは、何年か前、実家から貰ってきたもの。
母のお友達からの頂きものだったかな、確か。
実家ではさほどワインは飲まないので、我が家に来ました。

大変重宝していつも使っていましたが、最近になって、切れ味が落ちてきました。
あと、表面にすべり止め加工のような処理がしてあったのですが、塗装が劣化してしまったのか、なんだかベタベタ・・。

そろそろ買い替えるかな?
 

シールカッター

丁度、キッチン道具のお店に行ったときに、こんなものが目につきました。
「貝印 本格派の雰囲気を添えるワインボトルのシールカッター DH7264」
・赤くて可愛いし
・信頼している貝印だし
・えらく安いし(確か300円代)
買ってみることにしました。(ニトリにも同じものがあるようです)


折角買ったのになかなかワインを開ける機会がありませんでしたが、先日、ついに。 

シールカッター

ふむふむ。塗装も劣化しにくそうだし、色はぱっと目立つ感じでいいじゃない☆
 

シールカッター

裏を見てみると、おお! カッターとなる金具が、2個だ。
もともと持っていたものは4個、丸い金具がついていますが、新しい赤い方はそれが2個。
なるほどそれでこんなに安いのか。
(といってももともとの方の値段は分かりませんが・・・)

カッターが2個でも、180度回せば同じように切れるはず・・・なのですが。

この新しいカッター、なんか、えらいこと切りにくい!!!
ぱかっとはめて、ぐりぐり回しても、さっぱり切れてこないのです。
ええー。なんで~???

ふたつ並べてじっくり見てみると・・・。
あ、なんか大きさというか、カッター部分の配置の間隔が違うかも。
赤い方が、かなり大きく見えます。

実証してみましょう。
まず黒い方。 

シールカッター

力を入れない状態で、対角の刃の中心から中心の距離は36mm。

 

シールカッター

力をいれた状態では34mm。
力をかけない状態でボトルの先端にぱかっと嵌め、ぎゅっと握ってくるっと回すと綺麗に切れる、という構造です。


 

シールカッター

さて新しい赤い方。
力を入れない状態での対角の刃の中心から中心の距離は、42mm。
黒い方よりも6mmも大きいです。
 

シールカッター

ぎゅっと力を入れた状態で、40mm。

なるほど!
力を入れた状態でも、黒い方の自然状態(36mm)よりもゆるい構造です。
渾身の力を籠めればもっと縮まるかもしれませんが、この赤い方、新しいせいかえらく固く、なかなかそこまではいきません。

これではボトルの口にフィットしないです。
どうりで切れない訳だわ。
貝印さん、どうしちゃったの。
設計ミスといってもいいのではないかしら。
300円ちょっとという値段だから切れなくてもいい、というものでもないですよね。
これは恥ずかしいレベルのミスではないかなあ。
回収してもいいくらいだと思いました。

あ、もしかしてうちにあるワインボトルが(普通のよりも)細いものなのかしら?そんなはずは???


設計ミスの赤い方、全く使い物になりません。
でこうすることに。 

シールカッター

カッターの刃2つを、黒い方に移植。
刃の切れ味はちゃんとしていたようで、これですっぱり綺麗に切れるようになりました(さすが貝印の刃)。

 

シールカッター

古い方、ベトベトの表面(左側)が残念でしたが、「もしかして」と思って消毒用アルコールで拭いてみました。
そうしたら、劣化した塗装がすっかり綺麗になり、すべすべの表面(右側)に。

全部アルコールで拭いて、すっかり綺麗になりました。

もともとの塗装(つや消しっぽい感じの)が有機溶剤に弱いものだったのかも。
ワイン用の道具なのに、溶剤に弱いのはダメですよね。
 


楽天市場で検索すると、この赤い方のシールカッター、沢山出てきます
いまのところレビューがついているものはなし。
あまり売れていないうちに、全て回収してちゃんとしたものを売った方がいい気がするんだけど。。。
色や質感はよかったのに、勿体ないです。

コメント (1)

クサギの実

2019-10-09 | +きのこ以外

 

9月初旬、クサギの花の記事をアップしました。 

クサギの実

こんな花。いい香りがします。
このあとも花は少しずつ咲き続ける一方で、実も出来てきました。
とっても特徴的な実です。

こんなの!
 

クサギの実

薄緑色だったガクがピンクでやや肉厚になってそっくり返り、青紫色の実が。
羽根つきの羽根のよう。

 

クサギの実

実は、ガクに包まれているうちは白っぽいようです。
そして開いたばかりは水色。
そのあと青、茄子紺となり、最後は黒っぽく変わります。



お友達のアーティストonoさんによると、この実は青い染料になるそうなのです。
ざっくり流れを教えて頂きました。

・染める布の半分~2倍くらいの実を用意
・お湯を入れて沸騰させて15分。晒しで濾す。
・染液をやや高温(50度くらいかしら)にキープして、シルクの布を20分程度浸す。
好きな色の濃さになったらあげて優しく絞って陰干しして出来上がり。
・時間をおいて再度この工程を繰り返し、また染めるとより濃くなる(翌年とかでも)。


黒っぽく熟した実を、目につく範囲で摘んでみましたが、50gにもまだ全然足りません。
染め工程の前に、必要分量収穫するのがなかなか難関かも。
まだガクが閉じている実が沢山あるので、これからコツコツ摘み集めます。
楽しみ~。
(ブルーベリー混ぜちゃだめかしら??ららら?)



 



コメント (3)