採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

てまりやの「あるぷす」(玄米粉バウムクーヘン)

2021-04-16 | +お菓子・おやつ

奥飛騨へは、今回は公共交通機関で行きました。
新宿~平湯の高速バスです。

高速バスでの帰路、休憩でサービスエリアに駐車。
釈迦堂だったかな?でバウムクーヘンをみかけたので買ってしまいました。
(往路、新宿の駅ナカでやはりバウムクーヘンを見かけ、手ごろなサイズが売り切れであきらめたのでした)

サービスエリアで買ったのはこちら。
てまりやの「あるぷす」というものです。

玄米粉バウムクーヘン「あるぷす」

ごつごつしたタイプのバウムクーヘン。
このてまりやは、松本にあるバウムクーヘン専門店だそうで、このごつごつタイプのほか、すべっとした「みのり」、そしてすべっとして白い「あわゆき」などいろいろなバウムクーヘンを作っています。
今回、ごつごつタイプが好きなのと、玄米粉使用、という言葉に惹かれてこれを選んでみました。

(が、今ホームページを見直すと、「みのり」と「あわゆき」も、米粉使用なのだそう。サービスエリアには「みのり」はあったので、これも買ってみればよかったな~。)

玄米粉バウムクーヘン「あるぷす」
玄米粉バウムクーヘン「あるぷす」

しおりによると、長野県産玄米粉と国産発酵バター使用で、「カリカリ、モチっとした新食感」だそう。

玄米粉バウムクーヘン「あるぷす」

原材料を見ると、小麦粉が全く含まれておらず、粉としては玄米粉だけ!
(小麦粉と米粉、混ぜてるのかと思ってました)
米粉のお菓子って聞いたことはありますが、ほんとに米粉だけで作れるんだ・・・。

玄米粉バウムクーヘン「あるぷす」

中身はこんな感じ。

パッケージを開封すると、発酵バターの香りが強く漂います。
そして持ってみた感じが、割と軽いです。

食べてみると、ふんわり→ぽそ→ミッシリという触感。
割とドライな触感なのですが、嚙み締めた最後がミッシリしていて個性的な気がします。

見た目ではわかりにくいですが、表面にお砂糖のアイシングがしてあるようで、そのショリっとした触感とひんやりした味が、ややドライな生地とよく合います。


玄米粉バウムクーヘン「あるぷす」

しおりに、「トースターやオーブンで軽くあたためると、発酵バターのリッチな風味が増し、焼き立てのサクっと感がお楽しみいただけます」とあったので、ごつごつの一山を1カットにして焼いてみました。トースターの、160度で3分くらいだったかな。

焼いても、表面のアイシングはとろけたりせず、サックリ感が保たれていました(溶けちゃったら残念だなーと思っていたのですが大丈夫でした)。
で、発酵バターの香りがほどよく香ばしくなって、焼き立てのような香りに。
表面がより香ばしくなり、サックリ、ふんわり、そして最後がミッシリ(←これがモチッなのかな)して美味しいです。
(食感はやはり、ドライな感じなので、見た目からしっとりケーキを予期している頭の中が一瞬「?」となりますが)

ダンナサマも気に入ったようで、また買ってもいいね~ということでした。

 

コメント

高山で見た謎の栽培植物→シャクヤク

2021-04-14 | +その他

穂高に行った際、丸一日フリーな日があったので、高山に行ってみることにしました。

高山では、いわゆる観光地の旧市街とは、線路(駅)を挟んで反対側(西側)の和菓子屋さん(ひよこ庵)をまずターゲットに。

駅の西側は、比較的新しく開発されたエリアなのかな、お店はとびとびに散在しているだけですが、広々して歩きやすいところでした。

高山市街

なんで歩きやすいのかな~、と歩きながら思っていたのですが、町がなんとなく平らなのです。
この写真のように、歩道が、色分けされているだけで、段差がない状態。
ほかの場所では、ブロック的なものが飛び飛びに突き出していますが、面としては、車道と歩道が同じでした。
バリアフリー都市なのかな?除雪の都合?
とにかく、道は平らで歩きやすく、高層建築がないので空も広く、なんだかいい町でした。

和菓子屋さんやパン屋さんに寄りつつ、テクテク歩いていたところ、見慣れない植物の植わった畑がありました。

高山で見た植物

これは、明らかに植えてあるし、畑よね?
でも一体何。

高山で見た植物

地面から、赤っぽい色の新芽がにょきにょき出ています。
木本か草本かもよく分かりません。

高山で見た植物

大して情報量は変わりませんが、拡大写真を。
毛などはない、比較的つるっとした植物です。
色合いは、雑草のヤブガラシに似ていますが、あれはツル植物でまきひげがあります。
何だろうコレ。

高山で見た植物

もうちょい葉っぱが広がっているのがこちら。
でもやっぱり見たことないなあ・・・。


この時期こういう新芽があるということは、木本かな? とすると山菜系、もしくは観賞用園芸植物か、染織などの工芸に使うものか。

・「山菜 紫色の新芽」で検索してもいまひとつ似たものなし。

→工芸系かなと「麻 新芽」で検索すると、似た色の画像が!
 そのサイトを見ると、「曙升麻の球根を植えた場所から新芽が出ました。ヤブガラシの芽のようにも見えます・・」という記述が。
 そうそう、ヤブガラシの色なのです。でも、「曙升麻」って何だ?

→「曙升麻 新芽」で画像検索。すると新芽画像は出てこなかったものの、読み方が判明。「ショウマ」ですって。

→「ショウマ 新芽」で改めて画像検索。
 これだ!というものは出てこなかったのですが、ショウマと呼ばれる植物にはいくつかあり、山菜、もしくは生薬として使われるものもあるようです。


(1)サラシナショウマ
キンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草。草丈は1m以上になるものがあり、8~10月頃に、猫のしっぽのようなフサフサの目立つ白い花が咲く。
個体がまとまって生育する場所は、林縁あるいは立木密度の低い湿潤な林床。
昔と比べて人里に近い場所を中心に個体数が減少したといわれている。

 若芽は茹でたあと長時間水にさらして、あくを抜いてから、お浸し、和え物にして食べる。
独特の苦みが特徴の山菜だが、最近その苦みゆえにあまり食べられなくなった。
ひげ根を除いた根茎は升麻(ショウマ)という、漢方薬で解熱、解毒に用いる。

※新芽の画像検索は、おおむね緑色のような・・・。
でも林床と開けた畑では色が違ってくる可能性もありますね。

(2)トリアシショウマ
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草で、草丈は40~100cm。7~8月頃に白い花(円錐状花序)が咲く。
林内だけでなく、道路沿い、伐採跡地など日の良く当たる所にも生育している。
若芽は茹でたあと水にさらして、お浸し、和え物、煮物などいろいろな食べ方があり、おいしい山菜とされている。
地方によってはトリアシと呼ばれている。

※新芽は茎が赤褐色で全体に短毛がびっしりついている、という記載もあるので、今回見たのは毛がないのでこれではなさそう。


(3)ヤマブキショウマ
バラ科ヤマブキショウマ属の多年草で、草丈は30~80cmに達し、6~8月頃に白い花(枝分かれした円錐状の総状花序)が咲く。
トリアシショウマと一緒によく生育している。
若芽はトリアシショウマと同様に食べられる。地方によってはイワダラ、ジョンナと呼ばれている。

若芽でトリアシショウマと見分けることができ、トリアシショウマは茎が赤褐色で毛が生え、茎先が鳥の足状に3つに分枝するのに対し、ヤマブキショウマは、茎が緑色で毛がなく、数段になって分枝する。

※毛はないけど、色が緑色、ということなので、これでもなさそう・・・。


(4)レンゲショウマ
日本固有の1属1種の植物(キンポウゲ科レンゲショウマ属の多年草)で、東北地方南部から近畿地方にかけて分布。
深山のやや湿った林床に多く見られ、やや薄暗い林に大群落をつくっていることもある。
シャンデリアのように、蓮の花、もしくはクリスマスローズに似た大きな美しい花を無数にぶら下げて咲く姿は、夏の花の風物詩。

※今回みたのは、日当たりのよい乾いた畑だった。湿った林床とは違うけど・・・。


結局、どのショウマか(ほんとにショウマかどうかも)絞り込めませんでした。
こんなに沢山植えているということは、山菜として食べられるもの(ヤマブキショウマ)かと思ったけれど、花(レンゲショウマ)かなあ。
山野草みたいだけど、こんな風に育てたりするのかしらん。
むーん、すっきりしないな~。

もしご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さいませ!


→コメント欄で教えて頂きました。
これはシャクヤクだそうです。
シャクヤク、豪華な花は知っていましたが、若芽がこんなだったとは!!
みなさんありがとうございました~☆☆

■参考情報
山菜として食べられているショウマ

トリアシショウマ

レンゲショウマ

コメント (4)

飛騨の大あげ

2021-04-13 | +乳製品・肉・魚・卵

先日、奥飛騨温泉郷(新穂高温泉)に行ってきました。
ダンナサマの仕事の関係がありもう20年来、ちょくちょく訪れている場所で、内心、やや飽きているような場所だったのですが、今回は久しぶり。
前回は2年以上前かなあ。

コロナもあってどこにも行かない日々だったので、飽きかけた場所でも有難く、
まるで海外に行ったときのように、目につくものをシパシパと買いあさって、帰りのカバンはぎっしりでした。
(また別記事で、買い物の山をお見せしようかしら・・・)

新穂高温泉は、ハイシーズンは夏の登山シーズンなのかな。
山菜にはまだ早いようなこの時期は、閑散として、閉めている旅館も多かったようです。
経済が停滞しがちなこの時期、「買い物は善」よね??(無駄遣いの正当化・・・)

買ってきたもののなかからひとつご紹介します。

今回初めて見かけて買ったもの。
「飛騨の大(だい)あげ」

飛騨の大あげ

一片15cmほどもあり、分厚いお揚げ。
パックから出した方が、大きさと分厚さが実感されます。

高山市街のスーパーで見かけ、
「限定入荷!見つけたときが買い時。メインディッシュになれるお揚げです」
のようなポップに惹かれて買ってきました。

飛騨の大あげ

パッケージにあげステーキのレシピがありました。
ステーキとは呼ばないけれど、薄揚げでも作る、大根おろしとショウガを添える食べ方です。


①揚げをパックから取り出し、お皿にのせてラップをせずに1分加熱。
②フライパンに油をひかず、焦げ目がつくまで両面をじっくり焼く。
 (このときキッチンペーパーで揚げやフライパンの油を吸い取りながら焼くといいです)
③大根おろし、刻みネギ、生姜などをのせ、醤油または希釈しためんつゆ等をかける。


こんがり焼いて、ダンナサマと分けるため、半分にカット。
おお、中はこうなってるのか!

飛騨の大あげ

揚げたことにより、水分が抜けてスポンジ状の組織になっています。
スポンジ状にしては、なんだかずっしり感のあるお揚げです。
豆腐自体が濃いのかも。

このままかぶりついてみたところ、両面がサックリ、中はふんわり。(んー、ちょっとパンみたい?)
豆腐の味も濃く、表面もサクサクで(油をよく吸い取って焼いたので油っぽさは気にならず)美味しいです。


でも、まるごとかぶりつくと、少々分厚いかも。上下のサクサクを同時に食べてしまうというのも勿体ない感じ。
なのでこうしてみました。

飛騨の大あげ

厚さを半分にするように切り開き、その上に大根おろしとショウガ、お醤油を。
こうすると、お豆腐のスポンジ部分に大根おろしのジューシーな汁が沁み込み、皮のサクサクとお豆腐のジューシーさの対比もよりアップ、ほどよい厚さになって食べやすいです。
(片面サックリ、片面しっとりで、オープンサンドのよう?)

この大揚げひとつを二人で分けて、十分な満足感でした。


飛騨には、豆腐を巻き簾で巻いてよく茹でた、固くなってスが入っている「こも豆腐」というものもあります。この揚げといいこも豆腐といい、固めの(ドライ感のある)お豆腐が好まれる土地なのかしら。
私もお豆腐は固ければ固いほど好み(できれば厚さ半分くらいに脱水して食べたい)なので、こういうの、好み☆
買ってきてよかったです。

保冷剤と保冷袋、持って行ってよかったな~。

 

コメント (2)

ラズベリーのいまの様子

2021-04-12 | +きのこ以外

畑のラズベリー、昨年は収穫時期には心躍るおやつとして畑作業の和みになっていました。
なので今年も期待したいです。

折角だから少し手入れを・・・。
「ラズベリー 剪定」で、グーグル検索およびYoutube検索をして、なんとなくイメージをつかんで、剪定してみました。
といっても、現物を目の前にすると何をしていいかやっぱりよく分からなくなり、一応やったのは、
・枯れ枝を切る
・前回実がなった小枝は切る
・長く伸びすぎの枝は切って低くする
くらいです。

いまの様子はこんな感じ。

ラズベリーの木

背の高い枝は、地上から1mくらい。
短い枝もあちこちに。
刈り取って枯れた雑草を株元に敷き詰めてみました(草よけにならないかと期待)。
ユスラウメは、春一番で葉よりも先に花がびっしり咲いていましたが、ラズベリーの花はまだ。


同じ場所にブラックベリーも植わっています。
以前KOHさんに苗木を頂き、草にまみれて忘れ去られていたのに地道に生き延びていたもの。
昨年、実を発見して、存在を思い出したのでした。

ブラックベリーの木

ブラックベリーは枝がツルツル、つやつやしていて、濃紫色ぽい色合いです。

ラズベリーとブラックベリーの木

タテに見えている細いものがラズベリー、横に伸びているものがブラックベリー。
ラズベリーの枝は、薄茶でまだら、表面はザラザラで小さなトゲもあります。


そろそろ畑は植え付け準備。
今年は、動画で見たように、籾殻を混ぜて耕してみようかと考えています。
しっかり土づくりを・・・と思った矢先に、(菜園の会共用の)耕運機が不調。
この広さをスコップで掘るのはちょっと・・・。

でも少しずつでもやっておこうか、と掘り掘りしていたら、面白いものを発掘。

発掘くるみ

芽と根が出たオニグルミ。
しばらく考え込んでしまいました。

私、オニグルミなんて捨てたかしら????


最近はなるべくオニグルミは買わないようにしています。
でももし買ってしまったら、根性で割って食べると思うのよね・・・。
割らずに畑に埋めたりするかなあ。

(捨てたかどうかの)記憶はあてにならないけど、自分のやりそうな行動は分かってるつもりだったけど・・・。
でも自信ない・・・。

以前畑を耕していたら、殻を割った落花生がまとまって出てきたことがありました。
野ネズミの貯蔵庫じゃないかと思うのだけど、このクルミも、ネズミが保管していたものかも・・?
ということはこの近くにオニグルミの木が?
ネズミにオニグルミが割れるのだろうか。

やっぱ自分が捨てたのかなあ・・・。

発掘くるみ

金槌で叩いてもなかなか割れないあのかったいクルミ、芽が出るときにはきちんと割れるものなのですね・・・。

芽の先っぽを切ってしまって、もうダメかもしれませんが、畑の隅に埋めなおしておきました。

 

コメント

アミガサタケ出始めました(2021/04/08)

2021-04-09 | +きのこ

このあたりでは、4/4(日)5(月)あたりに、そこそこ雨が降りました。
春の雨と言えば☆

月~水と留守にしていたので、8日の木曜日、ふらりとキノコチェックに行ってみました。

そしたら、出てましたよ!

アミガサタケ

わーい、一年ぶりのアミガサちゃん。
かわいい☆

アミガサタケ

ここにもまとまって4本。
さほど古くなってもおらず、状態もいいです。


この場所に出ているならば、と夕方、いつものスポット(校門付近)に行ってみたところ、こっちにも出てた!
(カメラを持っていき忘れ、生えているところの写真はなし)

シーズン初収穫は、かなりの大漁となりました。

アミガサタケ

それにしても、色や形がさまざま。
カサが黄色くてとても細長いタイプは、傘の色がグレーがかったものよりもやや遅めに出るかな、という印象でしたが、今年は一緒に出てきているようです。


アミガサタケ

このヒトたち、なんて大きい・・。

 

コメント (3)