採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

201911クアラルンプール弾丸旅行:バター爆買い

2020-04-01 | +乳製品・肉・魚・卵

2019年11月にクアラルンプールに3泊したときの記録です。
=====

2018年のマレーシア初訪問のとき、熱帯の国にもかかわらず、バターの品ぞろえが大変豊富だということが分かりました。
このときは梱包材の用意もなくあまり買えませんでしたが、今回は!
大きなスーツケースの半分に、発泡スチロールの箱を詰め、買う気満々。

勇んでお店に行ったのですが、あら、品ぞろえが前とちょっと違う?
宿の最寄のショッピングモールは、サンウェイプトラモール Sunway Putra Mall。
ここに入っているスーパーはCold Storageで、以前泊まったKLCCの近くのショッピングモールと同じはず。
だけどなんだか違います。
(お店の規模も違うような)
前に目をつけてあったブランドのものが見当たりません。
あれー。
今回は、ほぼ全行程ダンナサマと一緒で、いまひとつ自由に動き回れません。
あと、今回の宿は交通の便もいまひとつよくない立地で、KLCCのモールまで行こうとすると、乗り物を乗り継いでいかないといけません。地上交通機関だと、暑いんですよね・・。
大変な暑さなので、持ち歩くと溶けてしまいそう。宿の最寄のお店で買いたいです。
(もし自由時間があって、さっと地下鉄1本で行けたなら、KLCCのモールまで行って、バターだけ買って帰ってきた)

仕方がないので、最寄りのCold Storageで、とりあえずあるだけ選んできました。
なお、マレーシアでは、食品の鮮度管理(賞味期限管理)はあまりされていないので、自分で賞味期限をじっくり見て選ぶ必要があります。
今回は、自分用としてなら容認できる賞味期限のものを買いましたが、人様にプレゼントは出来ないレベルかな。
サンウェイプトラモールは、それほど人気のショッピングモールではないので、売れ行きが悪くて回転していないのかもしれません。


マレーシアで買ったバター

今回買えたバターはこちら。大半が無塩バターです。
(見るだけでコレステロールが上がりそう?)

有名メーカーのものが多いし、なんかちょっと不本意なチョイスだったので、食べ比べ大会みたいなのはしていません。
持ち帰ってすぐ冷凍し、冷凍庫からひとつずつ取り出して消費している感じです。



食べ比べはしていないのですが、明らかに「あれ、これ美味しい!」と思うものが(今のところ)2つありました。

マレーシアで買ったバター

ひとつはこちら。フランス、Le Gallの、フルール・ド・セル・ド・ゲランド入りバター。
しっかり塩が効いていて、塩の味もバターの味も美味しいです。
これをつけるだけで、パンがごちそうになる感じ。
次の機会があったらこれは必ず買いたいものでした。

マレーシアで買ったバター

もうひとつはこちら。同じフランスの Le Gall のBio無塩バター。
有塩の方のあと、いくつか別のバターをはさんだ後にこれの出番となりました。
「あら、おんなじブランドだ」、と冷凍庫から取り出してみて気づきました。

「前のフルールドセルの方は、うちには珍しい塩入りだったから特に美味しく感じたのかもね」
と、無塩のこちらには期待していなかったのですが、食べてみると、なんかとっても美味しい!
ほんのりした乳製品の甘みがあって、油っぽさはなく、お菓子のよう。
こちらもまた、パンにつけるとそれだけで、ごちそうになる感じです。

以前オーストリアのバターを食べ比べたときも思いましたが、この美味しい風味だったら、ちょっとお砂糖を足してバタークリームとしてケーキに使いたくなるのが理解できます。
(いつもの日本のバターはそれ単体で食べたいものではないと思っていたので、美味しいバターを食べるまでは、バタークリームの存在意義が分かりませんでした)
これも、次の機会があったらリピートしたいバターです。


失敗の買い物がひとつ。

マレーシアで買ったバター

Bocage Bridelというもの。
すべて純バターを選んだつもりでしたが、こちらは違うものでした。
バターもいくらか入ってはいますが、植物油脂主体の乳製品。
冷蔵庫から出したてのものを包丁で切るとパリパリと砕けるような感じで、おかしいなあ、と思ったのです。

はやく使ってしまいたいな。

 

コメント

201911クアラルンプール弾丸旅行:泊まったところ

2020-03-31 | +海外

なんかちょっとネタ不足なので、過去の旅行の写真をひっぱり出してきました。

昨年11月、マレーシアのクアラルンプールに短い旅行に行ってきました。
(あの頃は今みたいな問題がなくて平和でした・・・)
11月14日(木)の深夜発の飛行機で行き、18日(月)の昼過ぎの便で戻る、という、現地3泊3日半の強行軍。

なんでそんなにまでして行ったのかというと、ダンナサマがなんかちょっとだけ用事があったそうなのです。
更に、この時期私は柿でおおわらわなので、極限まで日程を短縮することに。
ちょっともったいない気もしますが、目的を絞り込んだ旅行もたまにはいいかも?
目的は、イスラム美術館と、バクラバ等の買い出し。
ダンナサマの用事はすぐに済んでしまうので、単独行動ではなくほぼ全行程、ダンナサマと一緒の行動。
いささかの不自由感がありますが、まあ仕方ないか・・。

宿は、AirBnBで探しました。
ホテルと違ってお掃除の人などが入ることがないので、なんとなく安心感があるようで、ダンナサマは気に入っているようです。
たった3泊なので私はホテルでもいいと思ったのだけれど。

泊まったのはRegaliaという巨大リゾートマンションの一室。
ワンルームマンションという感じのお部屋でした。
AirBnBのサイトにも写真はありますが、記念に記録しておきたいと思います。

Regalia

玄関ドア付近。ドアの幅が広い!
ドアを入って右側の面が、アクセント壁紙になっています。大きな鏡が。
左側は冷蔵庫と、それに続いて壁付けのキッチン。


Regalia

ドアを背にして撮った写真。
キッチンのそばにダイニングテーブルがあり、左側の壁からのびているカウンター。
カウンターの向こう側にソファ(ソファに座ったダンナサマの手が見えます)、低いテーブル、TVなど。
更に奥には、右側の壁から伸びている棚があり、その向こうがベッド。

Regalia

ベッドはこんな感じ。
ベッド左右の黒いパネルの影に間接照明が仕込んでありました。
窓は横幅いっぱいのほぼ全面サイズで、ベランダはなし。カーテンは天井から。

Regalia

ソファエリアとベッドエリアの間くらいに戸口があり、そこを入って右側がこんな感じの収納。
空間の両側に収納があって、片方が洋服掛けポールのみのオープンタイプ、もう片方には扉付きクロゼットになっていて、とても使い勝手がよさそうです。

Regalia

戸口入って左側が洗面所。
手洗いとトイレ、シャワーがあります。(バスタブはなし)
奥の壁はガラスタイル。青みがかった透明なものと赤、オレンジが混ざっていて、素敵でした。
洗濯機は部屋にはなく、共有のコインランドリーを使うようになっています。


ワンルームマンションの間取りとしては、ほぼ理想的だなあ、と思いました。
もし自分がワンルームマンション経営をするなら、この間取りを真似したいくらい。
変えるとすると、
・カウンターを壁からではなく、アイランド状にする(キャスター可動式ならなおよし)。
 (カウンターが壁とくっついているので、キッチンへの動線がとても悪く、キッチンの右半分が死にスペースに)
・カウンターの高さはダイニングテーブルと同じ高さにする。
 (バースツールってあんまり居心地よくないです。特に中高年になると)
・お風呂にはバスタブを
かなあ。


リゾートマンションなので、共有プールが2つあります。
片方は屋上近くにある絶景プール。
折角なので早起きして朝いちばんに行きました。

Regalia

朝もやにかすむ高層ビル群がプールから眺められます。
私は、折角だから運動しなきゃ、とわっせわっせと泳いだり歩いたりしていましたが、ほかの人たちは、うだうだしておしゃべりしたり写真を撮ったりしていました。

Regalia

ツインタワーも見えます。


このマンションは、ダウンタウンから少々外れた場所にあります。
一応、近くにショッピングモールと駅があります。
ただ、クアラによくあるパターンで、歩道がちゃんとしてなくて(車のことしか考えられてない?)大変に歩きにくいです。
立地的には少々不便なのですが、住めば都で、3泊した頃には去りがたく思えました。

(立地の点で、次は別のところに泊まりたいです)

コメント

わらび邸のすてきな洗面台

2020-03-26 | +その他

お友達のわらびさんが鎌倉に新居を建ててお引越しされました。
12月にお邪魔して、素敵なおうちを拝見してきました。

2階の洗面コーナーがとても素敵だったのでご紹介させて下さい。

わらび邸2階洗面台

窪み部分を洗面コーナーにしています。
メインの洗面所は1階にあり、こちらは2階のサブ洗面所。
トイレの中にも手洗いはありますが、外にこういうところがあると、何かと便利ですよね。

陶磁器の洗面ボウルだけで、足元にはキャビネットなしの、シンプルなしつらえです。
バックスプラッシュは白の濃淡の菱形タイル、正面には白い枠の鏡。

わらび邸2階洗面台

洗面ボウルはたっぷり幅があって、80センチくらいかな(75かな?)。
排水栓は、栓自体を押して開け閉めする、操作棒のないタイプと思われます。

水栓も、平たい操作レバーがとってもお洒落☆
確かボウルも水栓も、セラトレーディングのものと伺った記憶が。


わらび邸2階洗面台

メインの洗面所はキャビネットなどがあるタイプですが、サブだと、これくらいの軽やかな感じで十分ですよね。
色の濃淡があり、少し凸凹感もあるタイルが可愛い☆
(鳥取のキッチン、リフォームせずに売ってしまうかもしれないけれど、もし自分でリフォームするならば、タイルは替えたいなあ。
今のは一番安いタイルで、それだけならまだしも、なんか変なピンク色なのです。)

ちらっと見えている鏡は、実はお手頃価格のものだとか(ほかが素敵なので高級に見えます)。
塗装の白い壁などの全体と調和して、白のシャビーな感じの枠、というのがいいんだろうなあ。
(この調和っていうのがなかなか難しいのよね・・・)

わらびさんは、建てたり大規模改修したりの経験が豊富で、このおうちで3件目。
機能と美観、両方の点で細部まで気配りが行き届いて、とっても参考になります。
またお邪魔したいものです。

 

コメント (1)

『私の名は紅』とペルシャ細密画(『シャー・タフマスプのハムセ』)

2020-03-25 | ■本

マレーシアのイスラム美術館がきっかけだったでしょうか、イスラム美術の、写本絵画(ミニアチュール)が気になる今日この頃です。

『わたしの名は紅』(オルハン・パムク)という本を読んだのは、美術館に行く前だったか、後だったか。
16世紀トルコが舞台で、細密画の絵師やその関係者が登場人物。
殺人が2件起こって、ミステリー仕立てになりつつ、細密画に関する蘊蓄も語られて、読み応えのある小説です。

装飾美術的な伝統を踏襲するのが最善だったはずの細密画界に、西洋の写実的な画風(遠近法だったり影だったり)が入り込んでくる時代で、
登場人物たちが、「画風(スタイル)とは」「伝統芸術とは」、のようなことを語っています。
いま、実際にアートに携わっている人が読んだら面白いだろうなあと思います。

当時の写本は、国家プロジェクト的な芸術品でした。
王立芸術院みたいなところの書家、絵師が数年かけてようやく1冊完成させ、王様やその一族だけが、しかもたまにしか開いてみないような、大変に高級なものだったようです。

今だったら、アニメ映画に相当するかなあ、と想像したり。
大勢の人が年単位で精魂込めて絵を描いて、それでようやく1つの作品が完成します。
監督や原作者の名前は出るけれど、絵を一枚一枚描いたアニメーターの名前は基本的には知られないまま。
写本絵画も、主要な画家の名前は幾人かは残っていますが、その他大勢の職人達の緻密な作業がなくては完成しなかったはず。

当時は文字を書く書家の方が格段に地位が高く、絵を描くのはどちらかというと不遜な仕事で、書よりも下に見られるものだったようです。
でも、今、高値で取引されるのは、もちろん挿絵。
いろいろな写本が、バラされてサザビーズなどのオークションなどで流通するようですが、良質な挿絵には、1ページに何万ドル、何十万ドルもの値段がつくとか。
(それに比べると、文字だけのページは、少なくとも西洋ではそれほどの値段はつかないのではないかしら)
写本絵師達は、もしこれを知ったら驚いて、そして少し誇らしく思うだろうなあ・・。

『私の名は紅』

これが『私の名は紅』の表紙。
『ホスローとシーリーン』という本の挿絵で、大英博物館蔵と見返しに書いてあります。
綺麗な印刷ではありますが、もっと詳しく、絵のほかのところも見たいですよね。

そうだ、ネットで公開されているかも?
と思いついて、大英博物館のサイトを見に行ってみました。
nizamiや、その他思い当たる単語で調べてみてもヒットなし。
まあ、すべての所蔵品がネット公開されているわけでも無いだろうしなあ・・・。

大英博物館 コレクション検索 nizami
ニザーミー ウィキペディア
ホスローとシーリーン ウイキペディア

でもまだあきらめきれず、出版社の藤原書店にメールしてみました。
(出版社って、意外とお返事くださるのです。以前お菓子の本の分量もれを問い合わせたら回答が頂けました。)

今回もお返事がもらえて、この絵の作者がAgha Mirak アカ・ミラック(1520活動開始-1576没)ということが分かりました。
作者が分かるとだいぶ検索が捗ります。

教えてもらった画家の名前Agha Mirakで検索したら、Wikiのページがあり、表紙の絵も発見!

https://en.wikipedia.org/wiki/<wbr />Aqa_Mirak  
https://en.wikipedia.org/wiki/<wbr />Aqa_Mirak#/media/File:<wbr />Xosrovun_taxta_%C3%A7%C4%<wbr />B1xmas%C4%B1.JPG  
ここにも大英博物館と出典が。
 表紙のデザイナーさんはここから画像をとったのかな。色合いがちょっと似ています。

更に、画家名で画像検索したらたまたまこのページにあたりました。
アカ・ミラックの絵で、出典は(大英図書館Or.2265、f。66v)。
赤いとんがりのあるターバンが同じだし、同じ本かも!?

この推理はあたりでした。
探している絵は大英博物館ではなく、<wbr />ブリティッシュライブラリー(大英図書館)<wbr />の蔵書でした。
(Wikipediaの誤りは広まってしまいがちですね・・)

大英図書館蔵書は検索できるようになっていますが、今回の場合は、メインの蔵書検索サイトではなく、手書き写本検索ページから検索しないといけません。
manuscript の欄に %2265  と入れると2265のつくものがヒット。
(keyword に nizami と入れても)

探している書物は、写本番号 or2265 です。
http://www.bl.uk/manuscripts/<wbr />FullDisplay.aspx?index=1&ref=<wbr />Or_2265 
 
 
『私の名は紅』の表紙の絵は、ページ f.60v
 
ということが分かりました。 
Wikiの画像は画像加工なのかゴールドを強くしてあるようで、<wbr />ブリティッシュライブラリーの画はもっと薄い色合いです。
拡大できるので、細部まで鮮明に見えて、すばらしい・・・。

壁の幾何学模様やアラベスク模様はタイルでしょうか。床のまた違うアラベスク模様は、カーペットなのかな。最大に拡大しても細かい・・。
下端に見える濃いグレーの四角形は、人口の池のようです。池は銀箔で装飾されるので、時間が経つとこんな濃いグレーになります。
右のやや奥の方にはやはり濃いグレーに変色した小川があります。
(美術館でも、ここまで接近しては見られないです。研究者でもない素人が自宅で自由自在にみられるなんて、現代文明万歳です)


更に調べると、ブリティッシュライブラリーの写本 or2265 は、「シャー・タフマスプのハムセ(五部作)」(1539-1543)という別称もある、写本の傑作のひとつのよう。
『私の名は紅』の舞台となる時代のトルコにとって(今でもですが)、細密画の輝ける黄金期は1520年頃、シャー・タフマスプの時代のペルシャ(今のイラン)。
その時代の作品です。
小説の中で、細密画の老名人と若者が、とある理由でトプカプ宮殿の宝物庫に入って写本を沢山調べるのですが、老名人がこの時代のペルシャの絵を見て
「もうこのような絵は描けまい」と嘆くほど。
(伝統工芸に携わる人ならこの感じ、痛いほどわかるのではないかなあ)


この写本が、まだ本のかたちで残っているのはありがたいことです。
(例えば『シャー・タフマスプのシャーナーメ』という傑作写本は、近代になって所有していたアメリカ人が相続税対策のためにバラして売り払い、世界各地に分散所蔵されています)
でも、本のままだと、挿絵がどこにあるのか、探さないとよくわかりません。
折角なので、この写本の大体の構成と絵のありかを調べてみました。

●シャー・タフマスプのハムセ(五部作)の目次

f. 2 Makhzan al-asrār (مخزن الاسرار) 『マフザヌル=アスラール』 ( مخزن الاسرار Makhzan al-Asrār) (神秘の宝庫)
f. 36 Khusraw va Shīrīn (خسرو وشيرين) 『ホスローとシーリーン』
f. 120 Laylá va Majnūn (ليلى ومجنون)『ライラーとマジュヌーン』
f. 193 Haft paykar (هفت پيكر)(七王妃物語)
f. 260 Iskandarnāmah (اسكندر نامه)『イスカンダル・ナーマ』 (اسكندر نامهIskandar Nāma) (イスカンダル(アレクサンドロス3世)の書)
(細密画の解説: N. Titley: Miniatures from Persian manuscripts (London: British Library, 1977), p. 139  )

(f というのはフォリオ(葉)。rは表面、vは裏面。第一葉表面は、f1rとなります。写本独特のページの数え方)


●何らかの絵のある場所
(絵の説明は、調べたり、自分で勝手に書いたりしてます。それぞれストーリーがまだよくわからない状態なので描写が適当ではないかも)
数人の画家の作品が混ざっているようです。

f1v 写本の最初のページに描かれる星形の模様(シャムサ)
f2r 
f2v 
f3r 
フロント 後からの加筆?
バック 後からの加筆?
 
f. 2: Makhzan al-asrār (مخزن الاسرار) 『マフザヌル=アスラール』 ( مخزن الاسرار Makhzan al-Asrār) (神秘の宝庫)  
f15v 廃墟となった町を騎馬の男性ふたりが訪問。
   より高位の男性の馬の耳は短く、もう片方の男性の馬の耳はウサギみたいに長いのだけれど、馬の品種の違いということかしらん。
f18r 野山で老婆が貴人一行と面会
f26v 医師ふたりの勝負(アカ・ミラック画)
 
 
f. 36 Khusraw va Shīrīn (خسرو وشيرين) 『ホスローとシーリーン』  
f48v ホスローの親友で画家のシャープールが、<wbr />アルメニアの王妃とその姪シーリーンにホスローの絵姿を見せる。
f53v 水浴びするシリンを農民姿のホスローが見る
f57v テントでの野営。ホスローと近習たち(男性)の食事風景か。<wbr />背後に馬を連れた人々(男性)。 ホスローと恋敵フェルハド(建築家)の会話か?
f60v あずまやのホスロー。男性のみ多数。鷹?をもっている人3人。(アカ・ミラック画)
f66v ホスローとシリンが少女たちの物語を聞く(アカ・ミラック画)。中央にホスローとシリン。
   人口の池を挟んで左に、いろいろな人種と思われる女性10人。右には男性9人。
   衣装のきれいさは、男性と女性同じくらい。数人の女性の手に模様があるが、手袋なのかヘナなのか。
   瑠璃色に塗られた空には金の星が。金色の炎で描かれた松明もあるので、夜のシーンか。
f77v ホスローが(シリンを想いながら)音楽を聴く(ミルザ・アリ画)
   従者の持つお盆には、黄色の洋梨(マルメロ?)、ピンクと白の洋梨又は桃。
   床においてあるお盆には、デーツと、白い山形の、チーズかな。
   空はほんのちょびっとだけ描かれており、金色に塗られているので昼のシーンのよう。
 
f. 120 Laylá va Majnūn (ليلى ومجنون)『ライラーとマジュヌーン』  
f157v テント野営地、鎖につながれ石を投げられる半裸のマジュヌン。
   人物多数。羊の乳しぼりをする遊牧民、スピンドルで糸を紡ぐ老人、長い笛?を吹く老人、乳を飲む子羊、
   手で転がして1本ずつ長く伸ばす麺をつくる女性、甕をたき火にかける女性、
   テント内で刺繍したり子守する女性、水くみをする女性など。 
f166r 岩山、半裸青年、鹿たくさん、トラや豹(アカ・ミラック画)
f. 193 Haft paykar (هفت پيكر)(七王妃物語)  
f195r モハメットが天馬にのって天界へ。天使多数。(スルタン・ムハンマド画)
f202v 狩猟シーン。 竪琴奏者。 熊が石を落とそうとしている。
f203v 異質? 騎士のドラゴン退治
f211r 狩猟シーン。202vと同じ竪琴奏者。
f213r 異質? 邸宅の宴席に牛をかついだ人が来る
f221v 異質? 月夜、王と籠姫(非イスラム)のテラスでの夜宴。楽団。
 
f. 260 Iskandarnāmah (اسكندر نامه)『イスカンダル・ナーマ』 (اسكندر نامهIskandar Nāma) (イスカンダルアレクサンドロス3世)の書)  
挿絵なし。


f203v、f213r、f221v は、トルコに所蔵されている時代に付け加えられた絵ではないかと思います。
西洋の画風の影響がみられる気がします。
老名人の嘆きがなんか私もわかるような・・・。

ちなみに、この小説の時代の後、写本絵画の中心はインドに移り、インドでまた少し違う画風で花を咲かせています。
(『おどる12人のおひめさま』の挿絵画家エロール・ル・カインの『まほうつかいのむすめ』の何枚かの絵には、細密画の画風が取り入れられているような。
ル・カインはインド出身なのでバックグラウンドに多少関係あるかも?)
ーーーーーーーーーーー



老名人が『シャー・タフマスプのシャーナーメ(王書)』の絵を見るシーンもこの本に出てきます。
どのセリフがどの絵と対応しているのかも、いま調べ中。
まとまったらまた記事にします。
コメント

フルーツサンド

2020-03-24 | +お菓子(西洋)

畑はそろそろ春の作業開始。
週末は、古いマルチを剥がしたり、トウが立ってしまった大根を抜いてどけたり、表面の草をけずったり。
耕運機で一気に耕してしまおうかと思っていましたが、機械が不調でエンジンがかかりません。
仕方がないので、ジャガイモを植える場所だけ軽く耕して植え付け。
その他の場所は機械が治ってから・・。

ダンナサマはまだ足の負傷が治っていませんが、運転と、ランチの買い出しについてきてもらいました。
あと、耕運機のエンジン始動も何度かやってもらったけれど、やはりダメ。
ランチは、スーパーで買ってきてもらうつもりが、お財布を家に忘れたとのことで、携帯の電子マネーが使えるコンビニで。
なんかこう、「わー、助かる☆」と心からは言えない感じではありますが、一緒に来てくれただけ、まあいいか。
(エンジン始動の全く無駄な試みではなく、立ってできる草削りとかを頼めばよかった・・・)



帰りにいちごの無人販売を発見。
2パックでちょうどおつりがいらなかったので、買ってきました。
いばらキッスです。
そのまま食べても甘酸っぱくて美味しいいちごでしたが、生クリーム100ccのパックが余っているので(チョコがけ用にガナッシュを作ろうかなーと思って作らなかった)、何かできないかな?

スポンジ生地を焼くことも考えましたが、畑で疲れてちょっと無理。
そういえば、去年スーパーで見かけて「美味しそうだなあ」、と思ったけれど、自分でも作れるから買わなかったアレを作ろう。
フルーツサンド。

食パンと生クリーム、いちごがあれば、作れますよね。
翌日、山形食パンを買ってきて、ささっと作成。
市販品は対角線に3切れ(計1.5個)くらいしかイチゴが入っていませんが、自分で作る場合は、食パン一面に、びっしり並べます。
剥いてあった文旦のカケラもちょっと散らして、一晩落ち着かせて出来上がり。

朝食に、豪華フルーツサンド。

フルーツサンド

山型食パンで、生クリーム100ccだと、ちょっとクリームが多いかなという感じ。
このクリームの量ならば、いちごをもう1層詰めて、食べる際には一口大にカットするのがいいかも。
あと、食パンはスポンジ生地とは違って甘さがないので、生クリームはもうちょい甘めがよい。
食パンには、バターなど塗らなくてもさほどびしょびしょにはならなかったです。
文旦のツブツブは、あっても特に気にならず、ほどよい酸味と触感。

たまには作ってもいいな。

 

コメント (5)