採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

いちごジャム、いちごもどきジャム(フェイジョア)

2018-05-24 | +ジャム・ピール(果物系保存食)

ダンナサマが退職(&再就職)したので、今年はやっぱりこれまでより時間にゆとりがあります。
2、3週間に一度くらいは、週末、大き目の産直に一緒に行く機会があります。

一緒に買い物行くと、嬉しいのだけれど、予想外の展開も。
想定外の買い物をしてしまうことが。

今時分だといちご。
ダンナサマは、ジャムといえばイチゴジャム☆

私もいちごジャムは好きですが、4パック1000円になるまで待ちます(そしてなかなかその値段にならず、ここ数年作り逃してばかり・・・)。
ダンナサマは、(ボクが家計簿つけようかな~と言っている割には)男の買い物で、4パック1500円でも、小粒の可愛いいちごがあると、「いちごジャムいいよねえ☆」とリクエスト。
そんなに好きだったのにここ数年作ってあげなくて悪かったなーという思いもあり、NOとは言えず・・・。
(作るのは好きだしね)

自分でやるときは、安いのを見つけた日に、1000円(4パック)×3箱くらい買って一度に沢山作るのですが、今年は、1箱×数回、という製作体制。
1回あたり3瓶くらいを何度も作りました(だいたい1パックで1瓶できます。いくらかは生で口に入るので、4パック買ってもこのくらいに)。
まとめて作るのも、ある面では効率化できますが、少量ずつ、というのもそれなりに楽です。
平日夜に、ささっと作ってしまうことも可能。

買ってきた日に、洗ってザルに並べ、TVを見ながら二人でヘタとり。
(時々口に放り込みながら)
ダンナサマは緑のヘタを手でむしる係で、私はヘタの付け根をナイフでカット。
このいちごにお砂糖をまぶして冷蔵庫で一晩。
翌日、煮詰めて瓶詰、という工程です。

いちごジャム

2018/5/17作 いばらキッスジャム

例年はとちおとめで作ることが多いのですが(一番値段が下がりやすい品種)、今年は値段を気にせず買ったため、いばらキッスという品種も使ってみました。
とちおとめとちょっと違います。ヘタがしっかりついていて(むしるのに少し力がいる)、ヘタのギザギザが多め。
煮てみると、濃い赤になって綺麗です。
作る分量が違うので印象が違うのかもしれませんが、ペクチンがやや多めのような気もします。泡が出やすく、またとろみがつきやすい感じ。
味は、どちらも勿論いちごジャムの味だけれど、いばらキッスの方がなんとなく風味が濃いような気もします。
(でもブラインドで食べてみて分かるかというと、自信ないです)

私のいちごジャムは、粒をなるべく残すタイプ。
まず軽めに電子レンジで加熱して、ザルにあげて、水分のみ煮詰め、かなり煮詰まったところにいちごを戻し、火にかけて少し味をしみこませ、もう一度ザルへ。いちごを混ぜたことでまた汁が薄まっているので、もう一度煮詰め・・・という感じで2~3回煮詰めています。

この日は、うっかりいちごにバサーとお砂糖を注ぎ込んでしまいました。
シロップはふだんより大甘。これを全部煮詰めると甘くなりすぎるので、ある程度のところでイチゴは瓶詰。赤くて甘いシロップが余りました。
ふと思いついたのが、冷凍庫のフェイジョア。
フェイジョアって単体で煮ると地味な茶色のジャムになってしまいます。
赤くしたらきれいでいいかも!

という訳で、いちごシロップでフェイジョアを煮てみました。

いちごジャム

写真では茶色っぽいですが、結構赤いジャムになりました。

食べてみると、フェイジョアの風味はするのですが、ひとかたまりの大きさが、丁度いちごサイズ。
そしてフェイジョアのざりざりした感じが、いちごのタネのようでもあります。
「いちごもどきジャムになったね~」
と二人で楽しみました。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソファ修理

2018-05-23 | +自宅 家具等製作・改良

だいぶ前(2016年9月)、ふとしたはずみでヤフオクで椅子を落札してしまいました。

ブルクスボBruksboミネルバ

なんとなく形が気に行ったのです。
我が家に既にあった一人掛けソファ(拾ったもの。ボロボロ)を処分して、こちらに交換しようかと思ったのでした。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

届いてみたら、ちょっとそのままでは座れない状態でした。
本体価格3000円ですから、こういうこともありましょう。(送料は思ったより高かったですが・・・)
直すのも面白そうと思いつつ、鳥取リフォームなどで忙しくしていて、1年以上経過。
ようやく修理にとりかかりました。


 

ブルクスボBruksboミネルバ

まずは裏張りの布を外し、びろん、と伸びきったゴムバンドを撤去。
タッカーの針も根気強く外していきます。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

ゴムの上には赤い合皮が張ってあったようですが、これもボロボロ。外します。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

中に入っていたウレタンを取り外しました。
後端でつないであり、床に近い側は台形の補強?がつけてあります。
ふにゃふにゃなので、もうちょっとしっかりしたものを詰め直そうと思います。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

ウレタンを取り外したところ。椅子の内側ってこんな風になってるんだ・・。

外したゴムバンドの代わりに、ウェビングテープ(webbing tape ウェービングテープと書かれることが多いけれど、英語だとwebなのでウェーブではなくてウェブですよねきっと)を貼り直すのが普通だと思うのですが、この向き(裏側)でテープをタッカーで固定するのは難しそう。
どうしたものか・・。
ダイニングチェアなどは、板の上にウレタンをのせているだけなので、テープではなくて板にしてみようかな。
ウレタンも交換してみよう。

とりあえず、外したウレタンを持って、ホームセンターへGO!

 

ブルクスボBruksboミネルバ

これが椅子の座面のサンプル。(ホームセンターにて撮影)
座面って、板、固いチップウレタン、やわらかいウレタンという構造になっています。


 

ブルクスボBruksboミネルバ

座布団コーナーには、こんな感じでカットされたウレタンが沢山。
低反発(しにょっと凹みっぱなしになる感じのもの)、高反発、などなど。
 

ブルクスボBruksboミネルバ

この中で、ポリエステル固綿というものがしっかりした固さがあって、よさそうでした。
安いし。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

座布団コーナーとはまた別の場所に、大きなサイズのウレタン売り場が。
自分でカットして使えるのはいいのですが、意外と高価。それにキッチンのスポンジよりも柔らかいくらいのふわふわ感でちょっと物足りないです。結局こちらは買いませんでした。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

固めのチップウレタン(アンダーカーペット)の分厚い方を、多めに買ってみました。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

こうやってカットされたものも売っているのですが、今回はサイズがこれらよりも大きかったため、こちらは使えませんでした。(取り外したウレタンの現物を持って行ってよかった。見比べれば大きさが合わないのは歴然)


 

ブルクスボBruksboミネルバ

座面クッションの中には、ポリエステル固綿を入れました。
固綿全体をくるむ薄い綿、クッションを入れやすくするための木綿布の内カバーは、前のものを流用。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

明るい黄色のものは強反発ウレタン。へなへなでなく、比較的弾力があるスポンジです。
使えないかと一応買ってきたのですが、もとのウレタンよりサイズが小さいため、やはりあまりよくないので、使わないことにしました。(小さいと分かっていて一応買ってみた)

 

ブルクスボBruksboミネルバ

伸びてしまったゴムバンドの代わりに、こんな感じで板をとりつけました。
材料はうちにあった桐スノコ、および廃材。
中身は、様子をみながら適当に詰めてみます。
一度目はぽんぽんに詰めすぎて失敗。
二回目も仮に詰めてみたつもりが、割といい感じなのでとりあえずこのままいくことにします(なので写真がない)。
固いウレタンが下側というセオリーとはちょっと違って、チップウレタンで、ポリエステル固綿をカバーするような感じになっています。


 

ブルクスボBruksboミネルバ

次は革の修理。かなり白くすり切れています。
これに関してはプロにお願いすることにします。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

ひじ置きのところもこんな感じに白っぽくなっていましたが、幸い破れているところはまだありません。
修理をお願いしたのは、以前革の大きなバッグを直していただいたところ。
すりきれたところがなくなるだけで、ものすごく印象が変わるのです。


さて、しばらくお預けして、帰ってきましたよ! ↓ 

ブルクスボBruksboミネルバ

お~、黒々~。2つ上の写真と見比べてみて下さい。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

全体的に黒々としました。
革にシワはあるけれど、ずいぶん印象が変わったのではないでしょうか。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

これで一応使えるようになったのですが、実はちょっと微調整が必要なところが。
この写真を見ると、座面とひじ置きの高さの差があまりないのが分かるでしょうか。

 

ブルクスボBruksboミネルバ

こちらの写真は座面クッションを外してみたところ。
座面とひじ置きの比高差は、これくらいの方が座りやすいのです。
もともとはゴムバンドで、座ると多少沈むような構造だったのが、板にしてしまって沈まなくなったせいかも。
あと、中にも詰め物を詰めすぎている可能性もあります。

「直そうか」とダンナサマに言ったら、「しばらくこれでいいんじゃない?」ですって。
 

ブルクスボBruksboミネルバ

座面に、こんな風に薄い座布団を敷いて座ると丁度いいとのこと。

まあ、しばらく使ってみて、そのうちまた調整すればいいかな。 



この椅子は、もともとは日本鋼管株式会社の備品だったみたいですが(シールが貼ってあった)、ブランド等が分かるタグはついていませんでした。
ネットサーフィンをしていたら、ノルウェイのBruksboブルクスボ社の “Minerva”シリーズ(Torbjørn Afdalデザイン)のラウンジチェアに似ているようです。 

スウェーデンのBröderna Anderssons社のソファにも似てます。

でも、うちにあるのは、ひじ掛けの木部はローズウッドではなさそう。
コピーか何かかしら。
まあ、1960年代のデザインとはいえそうです。

これとおそろいの3人がけのソファもいいなあ、と、ぽーっとなってしまいますが、幅が200cmもあります。
(たとえ買うことが出来るとしても)我が家には大きすぎだよなあ・・・。ちぇー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お弁当

2018-05-22 | +お弁当

ダンナサマの新しい職場には、食堂的なものがないとのことで、なるべくお弁当を持って行ってもらうようにしています。

我が家では食器洗いはダンナサマの担当なのですが、退職後、時間にやや余裕が出来たので、以前よりマメに食洗機へのセッティングなどをやってくれるようになりました。
なので台所が結構綺麗。
片付いていると作業もしやすく、夕食やお弁当の準備も、ささっとできます。
(以前は? 聞かないで・・・。)

お弁当

5/7。
蕗とささみ燻製の炒め物、もち麦入りごはん、辛子明太子、トマトとしらす干し入りもずく

蕗は下ごしらえして水に漬けておくと、1週間近くもつ気がしました。
この状態だとすぐに使えるので、実は手早い野菜です。
つい最近まで、皮むきがうまくできる気がしなくて買わない山菜だったのですが、今年は2回くらい買いました。
来年は、採集してきたいものです。

 

お弁当

5/9。タケノコ入り野菜スープ。
オニオンスライス、トマト(マヨネーズをかけた)。
ヤングコーンごはん、辛子明太子、塩鮭。

ヤングコーンは楽子さんからの沖縄土産。コーンのひげまで炊き込みました。糖分のせいか、お米がつやっつやに炊き上がります。その晩頂いたほか、小分けして冷凍して、こうやってお弁当にも。(楽子さん、ごちそうさまでした!)
 

お弁当

5/14。コールスローサラダ(キャベツ、りんごなど)、らっきょう、マヨネーズ(コールスローがやや薄味のため)。
甘い卵焼き(前日ちらし寿司で、錦糸卵ではなく卵焼きを多めに焼いておいた)
もち麦入りごはんに、味つけ賽の目タケノコを混ぜたもの(後混ぜのタケノコごはん)。香りづけにウコギ(茹でて冷凍しておいたもの)。
トンポーローのごぼう、煮卵、肉少々。

 

お弁当

5/16。もち麦入りごはんに、味つけ賽の目タケノコを混ぜたもの(後混ぜのタケノコごはん)。香りづけに蕗の葉味噌。
コールスローサラダ(キャベツ、りんごなど)、トマト、マヨネーズ。
肉じゃが。

すき焼きなど甘辛い味付けのものって、あまり好きではなくて、リクエストがないと作らないです。
特に肉じゃがは、苦手感があって滅多に。(前に作ったのは、もう何年も前かも)
肉豆腐やすき焼きなら何とか作れるのだけれど・・・。
でも、今回は肉じゃがってことになってしまったので、本やらサイトやら読み返してはみたものの、やっぱりイメージわかず・・・。
結局、まず肉豆腐の作り方でジャガイモ以外を煮て、皮を剥いたジャガイモは別鍋で茹で、粉ふき芋みたいに水分を飛ばしてから、肉の煮汁を加えて煮含めてみました。
ジャガイモの煮え具合、味のしみ具合を、芋単体でコントロール出来るので、割とよかった。
次にまた作るならこの方法がいいかも。

 

お弁当

5/17。夜、飲み会とのことで、お弁当箱を持ち歩かなくていいようなサンドイッチに。
イングリッシュマフィン、レタス、トマト、スモークささみ。
ちょっと少ないかな?とクッキーをつけたのだけれど、スイーツに興味ないダンナサマはこの存在を思い出さず、食べなかったみたいでした。

 

 また別の日、前夜に揚げたフライ(ささみ、玉ねぎ、タケノコ)を挟んだサンドイッチも作りましたが、写真とりそびれ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャッサバ芋

2018-05-18 | +食べるもの・お酒

今回も沖縄の珍しい食材です。

キャッサバ芋

楽子さんから頂いたものの中に、サツマイモのような形状の塊がありました。
芋?かぼちゃ?
ラベルを見ると、「タピオカ」ですって。
あのタピオカのもとになる芋???
調べてみると、芋の状態ではキャッサバ(マニオク、マンジョカ)というようです。
キャッサバで検索してみると・・・
 

キャッサバ芋

んん?
こんな感じの細長い形状の画像が多いです。(この写真はWikipediaより)

 

キャッサバ芋

頂いたものはずんぐりむっくり。

 

キャッサバ芋

太い方の端の表皮がひび割れ気味なところは、検索画像とちょっと似ているかな?

 

キャッサバ芋

細い方の端からはもじゃもじゃと根だか芽だかが生えてきていました。
このぷっくりしたお芋の、どっちが上だか下だかすらよく分かりません・・・。
 

キャッサバ芋

切ってみると真っ白!
なるほど、これはサツマイモではないですね(ちょっと疑ってた)。
形成層のあたりから、白い樹脂がにじみます。
中心は他の芋ではあまり見慣れない感じのㇲが入っています。りんごの芯みたい?
 

キャッサバ芋

縦にカット。
ㇲが入ったところが、ちょっと傷んでいました。
(頂いてから10日くらい経ってしまっていたからかも・・)
中央部はややフワフワしていて、周辺部はシャッキリ固い組織の感じでした。
皮を剥いて茹で、その後で揚げると美味しいというサイトをみつけました。
こちら。「フライド炭水化物の中で一番好きかも」との評)
茹でた状態で冷凍もできるようなので、みんな茹でてしまいましょう。

 

キャッサバ芋

で、せっせと皮むき。形成層のところから、ぺりり、とはがれるように表層が剥けました。
(樹脂状のものはちょっと手にねばつくので、手袋をするといいかも。ただしかゆくなったりはしないし、すぐに粘つきは収まるので素手でも問題ないです)
芯の傷んだところも取り除いて、綺麗にしたのがこちら。
ジャガイモやサツマイモより、やや軽い感じのお芋です。

・茹でる
・茹でたものを揚げる
・生をスライスして揚げてキャッサバチップに
・茹でたものをつぶしてフフに

と、いろいろ試してみます。
 

キャッサバ芋

ゆであがり。
どうなったらゆであがったのかよく分かりませんが、竹串がすっと刺さったらいいことにしました。
外側部分と、芯に近い部分で、茹であがりの色がちょっと違うのがわかるでしょうか。

この状態で食べてみたところ、ほんのり甘い風味があり、食感は大根に近い感じ。
(以前未熟なジャガイモを食べて見たら全然ホクホクしていなくて大根みたいだったのですが、あれを思い出しました)
デンプンを含むような粘り気は感じるのですが、芋によくあるようなホクホク感や、口の中でほぐれて溶けていく感じはないです。
大根とサトイモの、だいぶ大根寄りの感じ。
アクっぽさは全然ないです。
(キャッサバには苦味種というのがあって、とてもアクが強くて水にさらさないと毒になるほどの品種もあるようです。こちらはおそらくアクのない甘味種。)

何しろキャッサバ芋が初めてなので、こんなものなのか、茹で不足なのかよく分かりません・・。

 

キャッサバ芋

茹でたキャッサバ芋、そして生のものを薄くスライスして揚げてみました。
南米あたりではこの芋がフライドポテトのようにして食べられているようなのです。
揚げたらどうなるかな?と期待しましたが、茹でたものを食べたのと、大幅に変わる訳もなく・・・。
こんがり香ばしくなって、ほんのりした甘みもあってとっても美味しいのですが、揚げてもホクホク感はさほど出ず、芋というよりは大根ぽい感じ・・・。

チップの方は、焦げたらマズイな、とちょっと控えめに揚げたので全体がパリパリにはならず、中央はまだ柔らかめでした。
でも周辺はこんがりカリカリに。
で、この部分が、水分が飛んで味が濃縮しているのか、お菓子のように甘くて香ばしいのです。
カラメルクッキーみたいかも☆
茹でたものを薄くスライスして揚げても、これに近い感じになりそうなので、また作ろうかと思うほどです。

ただし、インドネシアやマレーシアでキャッサバチップとして売られているものとはちょっと違いました。
今回のものの方が甘く、市販キャッサバチップはもう少しデンプンぽい気がします。

 

キャッサバ芋

ふと思い立って、茹でたものをひとかけ石臼に。
ぺったんぺったん気長に搗くと、アフリカのフフになるはず。
じっくりではなくて、ちゃちゃっと搗いて出来たのがこちら。
 

キャッサバ芋

結構ねっとり感はありますが、大根ぽい組織感はまだ残っており、お餅というよりは、んー、粒あん?
あ、ねっとり+ツブツブで、おはぎのごはん部分かな? もっと念入りに潰すとお餅になるかな?
塩も砂糖も何も入れないのですが、ほんのりしたいい風味です。

キャッサバフフも、本物を食べたことがないので、これでいいのか比べられません・・・。
インスタントのプランテーンフフとは、だいぶ違いますが、インスタントだしプランテーンだし、比べられないですよね?)
 

いろいろ遊んで、美味しくって面白かった!
でも、当初の、いわゆるキャッサバと外見が違う、という謎はやっぱり残ります。
味も、デンプンっぽさが少な目というのが謎。
あと、参考サイトを見直すとゆであがりが黄色なのですが、今回は真っ白。何かが違うのかも・・?
今回頂いたものは、比較的未熟でデンプンの形成が少な目だったのではないかと想像しているのだけれど、実際こんなものなのかもしれません。

どこかで見かけたら、絶対もう一度買ってしまうと思います。
今回みたいに大根っぽくても美味しいし、芋っぽかったらそれはそれでどんな味か試してみたいです。

楽子さん、楽しくて美味しいもの、ありがとうございました!


■参考情報
フライドキャッサバ芋

キャッサバ芋からタピオカでんぷん作成

アマゾンに冷凍キャッサバ芋

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グルミチャマ

2018-05-16 | +食べるもの・お酒

 

グルミチャマ

「こんな実が木になっててね、食べると甘酸っぱくて美味しいの。」
と聞いたら、子供のお絵かき、もしくはファンタジーの世界のことだと思いますよね。
ところが本当に実在するのです。
その名も「グルミチャマ」。
 

グルミチャマ

グルミチャマって、何語?
(パントマイム芸人の「が~まるちょば」が頭に浮かびました)
お友達の楽子さんからの、沖縄みやげで頂きました。
(楽子さん、素敵なものをどっさり、ありがとうございました!)
 

グルミチャマ

ほら、絵の通りの、シュールな外見でしょう?

 

グルミチャマ

とってつけたようなヘタ。
このヘタはとてもとれやすく、触っただけで簡単にぽろりと外れてしまいます。
この特徴的な見た目を生かすためヘタをつけて出荷するには、おそらくハサミで軸を切って収穫しないといけないはずです。

グルミチャマ

花落ち側。
ぴらぴらした細長いものが4枚ついています。
このぴらぴらも、指でひっぱると簡単にとれます。

グルミチャマ

ぴらぴらをとったところ。
りんごや枇杷のように、花落ちの痕跡がくぼんでいます。

グルミチャマ

切ってみました。
表面は濃い紫色で、とても柔らかい皮。
内側は枇杷のようなプラムのような薄いオレンジ色。
中には空洞があって、白いタネが1個~2個入っています。種の表面はちょっとぬるっとしています。
空洞の壁面は柔らかい組織です(枇杷の空洞壁面より全然気にならない)

これは果物だそうで、甘酸っぱい味です。
しいて言えばさくらんぼに似ています。
表皮はさくらんぼよりずっと柔らかく、傷みやすそうな印象です。
食感は、さくらんぼってぴっちり張りつめたような固さ(果汁はじけ感)がありますが、こちらはちょっと違います。
噛んでみると、「ふに」とスポンジのようなふんわり感がどことなく。
食べてみるとジューシーではあるのですが、すぐには果汁が滴ってこないような印象です。

味は甘酸っぱくて、とても美味。
どことなくマンゴスチンに通じるような香りがあります。


調べてみると、これはブラジルから沖縄に持ち込まれた果樹のようです。
グルミチャマと呼ばれていますが、ブラジルでgrumichama(グルミチャマ、グルミシャーマ)と呼ばれているものではなく、cherry of the rio grande(チェリー・オブ・ザ・リオグランデ)の方に近いようです(こちらの情報より)。

画像検索してみると、grumichama は今回のものと違って扁平な形状で、可愛いヘタもなし(ブルーベリーっぽいかたち)。
cherry of the rio grande は、今回のもの同様、やや縦長で、ヘタがついています。こちらと同じっぽい感じ。


(検索していたら目についたのですが、これらの近縁で、スリナムチェリー/ピタンガと呼ばれる果物もあって、カボチャみたいな不思議な形!)

先日食べたジャボチカバよりさらに果皮が薄く傷みやすそうなので、なかなか遠くから輸送されて出回ることはなさそうな果物です。とっても珍しく、美味しいフルーツで、大興奮でした。
楽子さん、ありがとうございました!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加