okashihimeのおやつな生活

   こんなお菓子やあんなお菓子・・・そして、ときどきごはん。

mojoでランチ

2017-03-25 09:10:26 | 岩手のおやつ

 mojoでおひるごはん。

 今日は、念願?の昼のみ

 ランチ(¥1200)とは別にグラス(¥700)でオーダー。イタリアの「ネ?」、フルーティーでおいしかった 

 ランチには前菜がつきます。ポテトサラダに、パテドカンパーニュ、バゲッド&レバーペースト、ピクルス。・・・飲みたくなるでしょ笑

 メニューは3種類ぐらいだったかな? 生ハムのクリームスパゲティや、海鮮と春菊のドリア。

 チーズがとろとろ 具の下にはトマトソースとごはん。結構、ボリューミーです。

 ランチは数量限定。この日はなんと満席で! ピザはすでに売り切れでした。うーん、そちらは次回ということで。

 +¥300でミニデザートも追加。

 今日はティラミス。

 あやこちゃんにはちょっと大人味だったかな?

 

mojo cafe&bar  mojoごはん

岩手県一関市大手町6-16 TEL 0191-26-1200 休:月 ランチ11:30-15:00 カフェ15:00-16:00 ディナー18:00-24:00

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りんごりんご弁当

2017-03-25 08:48:07 | 東北のおやつ

 「りんごりんご弁当」(¥1000)、帰省するときに東京駅で買いました!

 りんごづくしのお弁当、なにがはいっているかな、とドキドキワクワク。

 中はごらんのとおり、りんご、りんご、りんご

 りんご酢をつかったちらし寿司には、姫りんごの甘露煮 まるごとりんごだ!ごはんは、青森ブランドの「つがるロマン」使用。食用菊の黄色と枝豆のきみどりと、りんごの赤がきれいな彩りですね。

 おかずは、りんごのきんぷら、焼きリンゴの津軽ガーリック豚ロースのミルフィーユ、りんご入り卵の厚焼き、えびしんじょうのりんご皮巻き、りんごと鶏肉のミードボール、卵のりんご酢漬、そして、玉子焼きの上にのっているのは、焼きりんご!

 りんごのフルコースをぎゅっと詰め込んだようなお弁当です

 どれもおいしかったけれど、特にりんごのきんぴらが、意外といけたし、家でも簡単にできそうで気にいりました

 津軽鉄道の駅弁らしいです。旅行ジャーナリストの小林しのぶ氏が考案し、和食店オーナーの高瀬亘氏が監修。青森県五所川原の「つがる惣菜」さん製です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松栄堂 橙大福

2017-03-24 07:02:26 | 岩手のおやつ

 大安吉日限定の橙大福!(5個入り、¥500)

 橙色のおもちに、橙ピール入りの白あん。

 さわやかなお味でおいしかった!

 「代々繁栄、代々繁盛」の気持ちを込めて、縁起良く橙大福。

 朝、この新聞広告をみて、お店にいったのでした

 

松栄堂 HP & 松栄堂さんのおやついろいろ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亀の子せんべい本舗大浪 こがねせんべい

2017-03-23 00:36:30 | 岩手のおやつ

 全国区ではないかもしれませんが、亀の子せんべいも一関の銘菓の1つ。

 亀の甲羅のようなおわん型のおせんべいに、黒ゴマだれをたっぷりと塗りツヤツヤに仕上げたお菓子。江刺のお店のおせんべいを紹介したことがありましたが、一関の大浪さんのはのせたこと、なかったですね、そういえば。

 大浪さんは、取り扱っている商品は亀の子せんべい1種類のみという、いまどき珍しいお菓子やさんなのですが、最近、新商品がでたそうで。

 その名も「こがねせんべい」(3枚入り¥486)。甲羅形のおせんべいに、黒じゃなくて、金胡麻を使用したおせんべいです。一見、なにもぬってないようにみえますが・・・香り豊かなごまの風味。甘すぎないし、個人的には、「こがねせんべい」の方がすきかも!

 ときどき、何も味がついていないこわれせんべいがでていることもあるんですよ。1袋で¥100ぐらいだったかな。自宅用には超おすすめ

 駅にほど近い上ノ橋店は、ちょっと新しめのスタイリッシュな店舗。季節でのれんも衣替えしています

 

亀の子せんべい本舗 大浪

上ノ橋店 岩手県一関市大手町2-12  Tel 0191-23-4322  10:00-18:00

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巖手屋 割りしみチョコせんべい いちご味

2017-03-21 00:45:34 | 岩手のおやつ

 南部せんべいの巖手屋さん。

 最近の新作は、南部せんべいにチョコをしみ込ませた「割りしみチョコせんべい」いちご味♪

 せんべいに割りしみチョコ?! と思うかもしれませんが、サブレにチョコをしみ込ませたサブレートみたいで、なかなかおいしいのですよ。

 ホワイトチョコが定番で、レモン味もあります。いちご味も春らしくっていい ミニサイズ6袋入りで¥1080だったかな。

 チョコシーズンには・・・チョコ南部プレミアムが

 ブラジル産カカオのチョコレートに、細かくした南部せんべいを混ぜ込みました

 従来商品の「チョコ南部」と・・・やはりチョコのレベルが違いますね。高級スイーツ店のチョコにひけをとらないお味。いちじくやマンゴーのドライフルーツもはいってて、フルーティーで、かつたべ応えもあって。 いつものチョコ南部の2倍ぐらいのお値段なのも、なるほど、納得(10個入りで¥1080)。

 抹茶は、ほろ苦の濃厚な風味で、上等な白胡麻&ちょっとした塩味がきいています。こちらも本格派チョコで・・・南部せんべい店のお菓子だとは思えないレベル

 このプレミアムチョコ、創業者のシキさんとブラジルに移住した幼なじみのみどりさんとの再会が誕生のきっかけのようですよ。

 そして、「Shiki's Sesami」と「Midori's Matchai」のプレミアムシリーズ、「マ・プリエール」の猿舘シェフが監修してます。猿舘さんは巖手屋さんの本社がある二戸出身。地元に大貢献ですね!

 南部せんべい=お手頃のイメージがあるので、巖手屋さんのおやつの中でもちょっと異彩をはなっているかもしれませんが・・・パッケージをもうひと工夫したり、1粒を小さくしたら、買いやすくなるかな?せっかくのおいしさなので、地元のひとたちにも食べてもらいたい!!!

 こちらは、秋冬限定だったと思います。

 生南部サブレの栗味。

 サブレの中に、白あん+栗ペースト・栗粒のあんをサンド。

 ちょっと香ばしいお味もします。栗は、どんなお菓子にも、当たり、ますね♪

 6枚入りで¥648です。

 

巖手屋 HP & 巖手屋さんのおやつ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加