喫茶去

徒然に、日々の生活を書き留めたいと思います。喫茶去、まあ、お茶でも飲んで、のんびりしていって。

6万年前の「ケア」の精神

2008-02-29 | ナースの卵

看護師国家試験も無事終え(多分、全員、合格しているでしょう)、
昨日、卒業記念講演があった。

『現在医療における看護の力ーケアの人間学からー』

と言うテーマで、講師は静岡大学の浜渦辰二先生。
その中で、印象に残ったのが
イラク北部のシャニダール洞窟で発掘された
6万年前のネアンデルタール人の遺跡の話。

4号の遺骨と共に8種類の花粉が発見された。
花を捧げて仲間の死を悼み、「ケア」の精神で
死者を埋葬したのだろうと。
死体を埋葬するのは人間だけと・・・・
「そうだな~」と改めて感心。
また、1号と言う別の遺骨は、
右腕の肘から先がなく、おそらく先天的、
右足に関節炎を患い、左目が失明していた。
障害を持ちながら
40歳(現在で換算すると優に80歳)まで生き抜いていた。
このことは、
「ケア」の精神で弱い者をいたわる社会があった。

ネアンデルタール人を調べてみると、DNAの解析から
私たちホモ・サピエンスの直系の祖先ではないのだそうです。
たとえそうであっても、
6万年も前、野蛮だと言われていたネアンデルタール人の心に
すでに「ケア」の精神が芽生えていたのはすごい。

しかし、まあ何と、紀元前の大昔の花粉が残っていて、
花の名前までちゃんと判るのはすごい。

6万年前のイラクは「ケア」の心を持った人達が住んでいたのに、
イラク、今は争いが絶えないのは悲しい。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くっつく包帯

2008-02-24 | 健康

ザーネクリームをつけて
軍手をして寝るように言ってもしない主人。
手のあかぎれがひどくなって、
結局、土曜日に近くの皮膚科を受診。
家庭で手当てするように軟膏のついたガーゼをいただいてきた。
ガーゼを当てて、固定はバンドエイドででもしようかなと、
昨日、アピタにいったついでに、
一回に何枚も使うことになるし、もったいないと思いながら
バンドエイドを探していたら、
これは便利!



巻いたあと、止めるのに絆創膏は不要。
バンドエイドより経済的。
絆創膏より手間いらず。
日頃、包帯を使うようなことがないので、
こんな便利な包帯があるなんて知らなかった。


両手の親指は先なので、取れてしまった

朝、手当てをしていて、
「さすが元看護師。手際がいい」と褒められたけど、
私にしたら、「こんなことで病院に行かんでよ」
妻が看護師なのに「恥ずかしい」です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作り餃子

2008-02-24 | 食べ物

昨日の夕食のおかず、
次女がケンタッキーフライドチキンが食べたいと言うので、
(チキンは彼女のおごり・・・・・・ラッキー!)
結局、餃子は今日になった。

具は
フードプロセッサーにかけた人参ともどした干し椎茸。
細かく切ったニラ、白菜、豚肉。
おろした生姜。
味付けは塩、胡椒。
最後に水溶き片栗粉をからめて。




我が家の餃子作り一式

皮は大判26枚入りが二袋。
お菓子やパン作りの生地をのばすのに使うシート。
餃子の皮の周りを濡らす刷毛。
具を包んで合わせ押さえるのに使うはホーク。

ホットプレートを温め、餃子を並べ蓋をして両面を焼く。



最後にお湯を少し入れむ蓋をして蒸し焼きにして出来上がり。



我が家はごま油を少し入れたポン酢しょう油でいただきます。
餃子は手作りが一番美味しい


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御殿飾り

2008-02-24 | 徒然日記


久しぶりに豊山町の名古屋空港へ行きました。
馬上豊寿司やイチロー記念館から近いです。
常滑にセントレアができるまでは、ここに国際線がありました。

「御殿飾り」という
珍しいひな飾りがロビーに展示されているというので。





京都の御所を模したものだそうです。




「あら!はずかし」


精巧な茶道具のミニチュア

一緒に展示してあったちりめんのうさぎのひな飾り。














中には貝合せの貝が

こんなの私も欲しいな~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

吹き抜け 乳児転落死

2008-02-24 | 徒然日記
本当にいたたまれない事故。
母親に抱かれていた生後七ヶ月の乳児が
ぐずっったはずみに母親の手から離れて
階段の吹き抜けから約十四メートル下の床に転落して亡くなる。

今、この乳児のお母さん、
自分をすごく責めてみえるでしょうね。
このお母さんを支える周りの人たちも大変だと思いますが、
専門家に心のケアをしてもらう方法もあるかも。

1ヶ月ぐらい前だったか、
子どもを殺された母親が遺書を残して
自殺されたという記事が新聞に載っていました。
このような最悪な状況は避けたいですね。

早く心の傷が癒されますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加