タマちゃんのスケッチブック

日々の暮らしの中で見つけたもの、感じたものをスケッチにして明るく元気に人生を楽しんでいます。

青山の 風を感じる ダイニング

2019年02月17日 | 風景・国内その他

只今「断捨離」中
そこらにスケッチブックがいっぱい

水彩スケッチを始めたころは
A6のはがきサイズで
ちょこっとスケッチが多かった

コンパクトで
持ち運びしやすく
どこでもスケッチできる

大阪カワチ画材店のオリジナル
用紙も描きやすく
タマちゃんにピッタリ

見開きでA5サイズに
但し真ん中につなぎの線が入る



整理をしながら
このまま捨てがたいので
時々ブログにアップしよう
最近描いてるスケッチと
比較しながら見ると面白い

今使ってる用紙も
これと同じカワチオリジナル
サイズはB5

コメント (3)

皮むきが めんどうなどと ぜいたくな

2019年02月16日 | 野菜・果物

柑橘系はあまり好みでないタマちゃん
皮をむくのが面倒なこともある
もちろん、あの酸っぱさが苦手なことも

キュウリの酢の物など大好きなのに
甘酸っぱいのは大丈夫かな

みかんでも、すごく甘いのもあり
まったく嫌いというわけではないが

どちらかというと
男性は柑橘系が苦手かも・・・
コメント (2)

寒くても ぐいぐいのびる 春の使者

2019年02月15日 | 植物

今年は雪が積らないけど寒い
寒くても芽吹いてくる
春を告げる使者

川べりにキラキラと輝くネコヤナギ
ふさふさの毛皮をまとってあったかそう

額と画用紙が一体に成形された
「ガクラフト」

額の部分にも自由に描けるので
額まではみ出した絵ができる

のびのびと自由に描く
楽しいスケッチ
描いてるみんなも楽しそう







コメント (2)

のんびりと チョコをほうばり 雪見酒

2019年02月14日 | お菓子

今日は2月14日
「バレンタインデー」

「タマちゃんカレンダー」の番外編
めくってもらうと
ハート形のチョコレートが出てくる
今日一日だけ
この絵を見て過ごすといいね

最近は女性の方も
自分へのご褒美として
自分の好きなチョコを買う人が多い

雪がないので
雪見酒とはいかないが
雪はなくとも
お酒はおいしい!







コメント (4)

あの頃は ビジネスホテル 珍しく

2019年02月13日 | その他

只今「断捨離中」
写真や資料も山ほどに
いろんなものがなつかしい

肖像画は高校生時代
社会人になってからは
油絵やイラストにも興味深々

これは勤めていた会社が
ホテル事業に進出
当時ビジネスホテルも珍しく
東京赤坂で初めて泊まった時に
イラスト風に描く

テレビは12時間200円
バスとトイレの同居も珍しく・・・

日付を見ると1973年だ!


コメント (6)

若き日の かつてのスター 肖像画

2019年02月12日 | 人物

以前「森鴎外」の肖像画を
描いたと紹介したけど

写真を整理してたら
他の肖像画の写真が出てきた

若い人たちには
誰なのかわからないだろうけど
当時の人気スターばっかり

石原裕次郎、美空ひばりはわかるやろけど
後は誰なのか考えてみて・・・



コメント (8)

山の手は 坂道ぶらり 北野坂 

2019年02月11日 | 風景・国内その他

神戸異人館が並ぶ北野坂は
さすがに坂道多く疲れる

急がずゆっくりと
建物を見ながら
楽しめば疲れも吹っ飛ぶ

以前にも同じ場所を描いたようで
こんなスケッチが見つかった




コメント (4)

いつの日も みまもる神戸 風見鶏

2019年02月10日 | 風景・国内その他

神戸・三宮駅を降りて
山手の北野異人館に向かう

緩やかな坂道だけど
結構きつい

上りつめると
レンガ外壁の
「風見鶏の館」に着く

振り返ると神戸の
街が眼下に広がり

尖塔の上に立つ風見鳥
北野異人館の象徴として
毎日みまもってくれる
コメント

見つめあう 二人の先に 春芽ばえ

2019年02月09日 | 静物

近江商人のふるさと五個荘では
「商家に伝わるひな人形めぐり」開催中

江戸時代のひな人形から
現代のひな人形まで

ぶらり歩きながら
見学するのも楽しい

こちらはNさんが
持って来たひな人形
早描きしようと
ソリッドマーカーで
お手本を描く



コメント (2)

春近し びわ湖の空も 晴れやかに

2019年02月08日 | 風景・滋賀県

♪もうすぐ春でねえ♪
といいつつも
まだまだ春は遠い

びわ湖岸
大津のなぎさ公園
ウオーキングする人の
足取りも少し軽やか

比良の山なみは白く
青空に映える



コメント (2)