「初夏のオープンカフェ」

お客さんからオーダーをいただいて描きました。
(依頼主さんの意向でオリジナルを少し加工してあります。)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ホットマットに完全敗北した話

 猫と同じで寒いのが嫌いだ。寒いくらいなら暑いほうがよっぽどいい。だから冬は嫌いなのだけれど、冬にも3つだけだがいいところがある。
 ひとつは、夏のあいだ、それぞれが好きな場所で伸びて寝ていた猫たちが集まって、丸くなって眠ることだ。猫の集合体はとてもかわいい。ふたつめは、床暖房をつけると猫たちが床の上で溶けること。暖かい部屋で猫とごろごろすると、もう動けなくなる。
 そして三つ目が、夜、みゆちゃんが布団の中に入ってくることだ。みゆちゃんは布団の中でゆっくり方向転換して、私の腕に頭を乗せて眠る。朝、布団をちょっと持ち上げて見てみると、福福とした顔で目を閉じて、私の腕の中で香箱を組んでいる。みゆちゃんが眩しくないようにすぐ布団を閉じるのだけれど、可愛い顔が見たくてまたちょっと開けてしまう。陳腐な表現だが、この時間が永遠に続いてほしい、そう願うほどの幸福を感じる。
 ところがこの冬は、みゆちゃんが一緒に寝てくれなくなった。理由はわかっている。「ホットマット」だ。電気の力で無限の暖かさを生み出すことができる魔法の座布団。猫たちが喜んでくれるだろうと思ってミニサイズのホットマットを買ってみたところ、喜びすぎた。
 まさに文字通り24時間、水、食事、トイレ、ときどき私にマッサージを要求するとき以外は、みゆちゃんはずっとホットマット上で過ごすようになってしまった。当然夜もホットマットでぬくぬくしているので、私の布団へ寝に来ることはない。
 みゆちゃんに捨てられてひとりで寝るようになった結果(正確には、布団の上に1~3匹いる)、よく寝られるようになったという面は確かにある。腕枕をしていると腕が痛くなるし、寝返りもできない。トイレや水で夜中に何度も布団を出入りするので、そのたびに目が覚める(もっとも、慣れてくるとほぼ覚醒せずに布団の開け閉めができるようで、気がついたらみゆちゃんが布団の中にいた、ということもよくある)。しかしそのような短所があってもなお、あの幸福感には代えがたいのだ。
 それに、薄々は分かっていたことだけれど、みゆちゃんが寝に来るのは私が好きなためではなく、ただ暖かい寝場所を求めているためだという事実をはっきりと突きつけられたことで、私は傷ついた。私は暖房器具としてホットマットに敗北したのだ。

 それが先日、久しぶりにみゆちゃんが布団に入ってきた。みゆちゃんも少しは私のことを恋しく思ってくれたのかもしれない。私は嬉々として、みゆちゃんに腕枕を提供し、夜中に何度もみゆちゃんのために布団を開け閉めした。
 翌朝、理由が分かった。なんのことはない。ホットマットの電源コードをさし込んでいるコンセントのスイッチが、何らかの拍子で切れていたのだった。

↓ホットマットに敷いたムートン風ラグと一体化して寝るみゆちゃん。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

「ねことおひるね」さんのねこ漫画その2

人とペットのこだわりインテリア雑貨店「ねことおひるね」さんのねこ漫画を描かせていただきました!
店長さん考案のシナリオをもとに、「ねことおひるね」のねこスタッフさんたちの日常をご紹介。
「ねことおひるね」さんでお買物されたお客さんには、ねこ漫画が掲載されたチラシがお品物と一緒に届くので、ぜひチェックしてくださいニャ!

↓杏珠(あんじゅ)ちゃんと葵斗(あおと)くんの日常です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2022年寅年

あけましておめでとうございます。

あまり更新できていませんが、
今年もゆるくよろしくお願いいたします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【ねこ漫画】きょうのできごと



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ねことおひるね」さんのねこ漫画制作しました

人とペットのこだわりインテリア雑貨店「ねことおひるね」さんのねこ漫画を描かせていただきました!
店長さん考案のシナリオをもとに、「ねことおひるね」のねこスタッフさんたちの日常をご紹介。
「ねことおひるね」さんでお買物されたお客さんには、ねこ漫画が掲載されたチラシがお品物と一緒に届くので、ぜひチェックしてくださいニャ!


チラシの左上にある犬さんは、けりけりぐるみ(ミニサイズ)です。

ちなみに我が家でもちょうど冬に向けてねこベッドを探していたので、「ねことおひるね」さんのトンネルクッションを購入しました。
まだ寒くないので広げて使っています。みゆちゃんのお気に入り。
クッションに埋もれて寝ている姿が可愛すぎる(*´ω`*)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おねこ様用かき氷

もうかき氷なんて食べたくないような涼しさですが、「おねこ様用かき氷」です。
だし入りの氷にちゅ~る掛け、カリカリとお刺身のトッピング。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桃の中の虫

 いただき物の桃の中に、虫がいた。
 桃を切って入れたお皿の内側に何かついていたので、桃の皮か何かだろうと思ってフォークで皿の縁によけておいたのが、急に動き出したのでびっくりした。
 1センチメートルに満たないほどの芋虫である。よく見ると桃の切断面に小さな穴があったので、そこから出てきたのだろう。せっかく穴の中で桃を食べていたのにごめんなあ。冷蔵庫で2時間、寒かったなあ。桃と一緒に虫を切らなくてよかった。いや、それ以上に、知らずに食べてしまわなくてよかった。虫にとっても、私にとっても。
 野菜についていた虫などは庭に捨てたりするのだけど、桃についている虫となると、うちの庭には桃に代わる食料がないので、捨てるには忍びない。
 戸棚を開けて何か入れ物を探していたら、虫嫌いの長男が、「ちょっと、飼うとかやめて。庭に捨てて。ベランダじゃなくて庭に。」とできるだけ遠くへ捨てるよう必死の抗議をしてきた。
 そもそも草木のないベランダには捨てないけれど、仮に捨てたとしても、全長8ミリほどしかない芋虫が、這って台所まで戻ってくるか?さらにそこから君の部屋まで行くかよ。
 長男の抗議は無視して、私はプリンのカップに、桃の穴のあいた部分を切り取って入れて、その上に幼虫をのせた。えさの取り替え用にもう一切れ冷蔵庫にしまっておいて、残りの桃は注意深く調べてから、全部食べた。とてもおいしい桃だった。
 桃の上にのせられた幼虫も、桃を食べ始めた。ずいぶんうまそうに食べているように見えた。おいしいねえ。同じ釜の飯、ではないが同じおいしい桃を美味しく食べた仲となり、親しみがわいた。
 何の虫なのかネットで調べてみると、「シンクイムシ」という小さな蛾の幼虫らしい。「昔は、シンクイムシがいると『熟している証拠』だと言って、虫をよけて残りは食べました」
 現代は虫を取り除いても、実の残りは食べないのだろうか?とくに桃みたいな高価な果物はもったいなくて捨てられないし、実際すごくおいしかったですよ?
 しばらくしてプリンケースをみると、虫はもとの穴にほぼ潜ってしまっていた。部屋の壁が全部おいしい桃だなんて夢のような家だ。
 しかし、切った桃は常温でどのくらい持つのだろうか。人間様でも高くてなかなか買えない桃を、こやつのえさのために買ってくるというのは少々辛いものがある。
 できるだけ早く蛾になって、さっさと飛んで行ってくれないかなと思う。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

【ねこマンガ】猫を飼っていると困ること

今日は8月8日「世界猫の日」なので「猫を飼っていると困ること」を書きました。
これから猫を飼おうという人は、重々注意してください。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゴミ付きロナちゃん

京都の桜はほとんど散ってしまいましたね。
もうあまり美しくなくなった桜の花びらやごみをロナちゃんが体にくっつけて、
せっせと部屋の中にまき散らしてくれるのは、毎年恒例です。
(ロナちゃんだけベランダでごろんごろんするからゴミが付く)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ