房総閑話

廉価版コンデジでどれだけ撮れる?

ヒイラギ(柊)の雄花

2019-12-11 10:08:00 | 写真
葉を見ればヒイラギとすぐわかります。あのトゲトゲのような葉が印象的です。

ヒイラギ。漢字で、柊。学名は、『モクセイ科モクセイ属の異形の葉のある種』です。学名も印象的な葉で表されています。花期は11月から12月です。




調べるとヒイラギは雌雄異株(いしゅ)となっています。
よ~く調べると雌雄異株ではないことがわかります。2種類の株があるようですが、雄株には雄しべが発達した雄花が咲きます。もうひとつの株は雌花と思いきや、普通の花です。ひとつの花の中に雌しべと雄しべがある普通の両性花の構造の花です。
ヒイラギは雄花の株と普通の花の株があるというこです。ちょっと雌雄異株とは言い難いですね。
花びらは鐘形で4つに深く裂けています。
雄花は2つの雄しべとその間に緑色の未発達の雌しべがあります。普通の花は2つの雄しべとその間に長く伸びた緑色の雌しべがあります。

写真を撮った場所の近くを探したけど雄花しかありませんでした。

雄花は長く伸びた雄しべと緑色の小さな突起があります。



葉はトゲではないのだけど尖っていて痛いです。







葉の付け根や幹の節のあたりから花が咲いています。





(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   

コメント   この記事についてブログを書く
« 有料道路の気温計はまだマス... | トップ | フユイチゴ(冬苺)2019 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事