平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週阪急3駅、JR2駅の5駅をのぼりを背負ってアピールランしています。

デジカメがない

2006年07月31日 | 日々雑感
朝あるはずのデジカメがない。昨日の(仮称)いのちと平和の近畿ネットで写したのが最後。会場のPLP会館になければ万事休すである。社民党のOさんに確認したら預かっているという事でホッとした。
 朝「お元気ですか」の配達、昼は「新社会」の配布と集金。夜、玉島公民館の役員会で夏祭りの役割、9月の球技大会についての相談と続いた。
 写真は扇町公園

戦争をしない平和憲法の日本に敵国はいない

2006年07月30日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 (仮称)いのちと平和の近畿ネットの学習交流会も第3回目を迎える。提案する資料をバタバタと作成し、昼から会場のPLP会館に。

 今日の講師は品川正治さん(経済同友会終身幹事)で戦争体験、靖国問題、日本外交と話された。
 「中国は戦争指導者と日本人民を分け、日本人民を被害者と扱った。日本に賠償を求めれば日本人民を窮状に追い込むとして、自国民に悪いのは日本の戦争指導者であり日本兵を憎んではならないと訴えた。日本兵から残虐行為を受けた中国国民はそれを納得せず、説諭に来た共産党幹部が80人も自国民に殺害された」
 「韓国では日本兵として召集を受けた家が、対日協力者として周りから迫害された。反対の声が強かった日韓条約は戒厳令を布いて成立させた。あの侵略戦争は何度謝ったら済むのだという次元のものではない」
 「戦争は①生命や自由、平和、人権といった理念よりも勝つという事が最優先する。②全てのものを動員する。医学、化学といった自然科学、政治、歴史の社会科
学も動員された。③戦争指導者が全ての権力を握る」

 規制緩和は大企業が権力から自由になっただけのことである。「官から民へ」というが財政赤字は企業救済のためにつくられたのであって、赤字だから公務員の数が多い。給料が高いというのは間違いである。そもそも日本は大きな政府ではない。

平和憲法を持っている日本と戦争国家であるアメリカに共通の理念などあるはずがない。自公政府はテポドンの件で北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)への制裁や先制攻撃まで持ち出してきているが、世界で北朝鮮が日本を軍事攻撃すると見ている国はどこにもない。ロシアも中国も日本に軍事攻撃する意図はない。いたずらに戦争不安を煽ってアメリカに追随する政治はおかしい。

国民投票で「改憲ノー」と言える声を今から広げようと話された。

原爆被害を語り継ぐ

2006年07月29日 |  #玉島 #平田
 大岩郵便局の集配業務廃止に反対するビラを印刷し、折ったのち配布関係者に配達する。その後で茨木原爆被害者の会の細田さんを講師に迎えてしよう会の学習会に参加。

ホームページとブログについて報告

2006年07月28日 |  #玉島 #平田
早朝、扇町公園を走る。太極拳のグループが40人程か。中には犬の散歩がてら太極拳という人も幾人かいた。

 午前9時から昨日に引き続いての会議。ホームページとブログの活用について報告。続いて堺の田中議員、東大阪の松平議員からも報告があり、議論となった。夜は大岩局の機能大幅縮小について、ビラの配布、地元の声を聞く会など関係地域への働きかけについて相談した。

こちらの側も我を通そう

2006年07月27日 |  #玉島 #平田
 全国自治体労働運動研究会政策研修会という長い名称の一泊二日の勉強会に参加。「社会保障の後退と自治体の役割」と題した松枝さんの記念講演が初日のメインである。松枝さんから「自治体の合併が強制され、役場が遠くなり、住民の声を届ける議員も減らされた。民営化が進み、労働組合も弱体化された。どんどん自治体サービスが切り捨てられている。支配者の側が骨太の改革と称してほんとにやりたい放題、彼らの我を通してきている時に、こちらの側も我を通して半歩でも闘うことが必要だ」と話された。ほんとにそうである。
 講演の後で各地からの報告があり、食事を含めた交流会で飲み語り合い唄いあった。
写真は扇町公園からの北野病院

身体が大事 人間ドック

2006年07月26日 |  #ラン #ウォーク #サイクル #のぼり
 朝から人間ドック。尿検、身長、体重、血圧・・・と進む。ありがたいことに引っかかるものは何もなく後は検査待ちである。
写真は大池まつりで

なんとか梅雨ともお別れか

2006年07月25日 |  #自分史
久しぶりに早朝走り、ダッシュを100m6本入れた。中学時代インターバルトレーニングでスピードをつけていたが少しでも体に刺激を与えるのが狙いである。
 ホームページはアクセスカウンターで戸惑っているが、来週にはなんとかなりそうである。今週ある勉強会の準備をすすめる。「新社会」の配布と集金。
 写真は大阪市役所東口

本家のホームページもぜひどうぞ

やっとホームページの更新ができました

2006年07月24日 |  #玉島 #平田
 3週間近く容量不足に端を発し、更新できないままでしたがなんとか自力で更新できそうです。とりあえず必要な更新を行いました。
 今日は厚生年金の受給の件で裁判中の方が控室に来訪され1時間余りお話を聞きました。「お元気ですか」の印刷、発送作業。夜は新社会党大阪府本部執行委員会

小雨のぱらつく安威川を走りました

2006年07月23日 | 日々雑感
 長梅雨でなかなか走れないままだったが、何とか雨もあがり、安威川の様子を確認がてらに走る。長い間走ってなかったため、足は重たくスピードも出ない。それでも14㎞走り体重も67キロジャストに。安威川はかなり増水したらしく、大木とまではいかないが、そこそこの太さと長さの木が河川敷に放り出され、ごみもだいぶ上のほうに引っかかっていた。
写真は大阪市役所前の風景

フロントページが使えない

2006年07月22日 |  #玉島 #平田
 新サーバーへのデータ移転は大方無事にいった。次に、更新する際のソフトであるフロントページで設定を依頼したら「弊社ではフロントページに対応していない。しかしどうしてもフロントページを希望するなら、不具合調査や再設置は有料です」の返事。大した事はないのかもしれないが、初めての事にチャレンジするのは気が重い。できたら慣れているソフトでやりたいと思うが、相手に合わせるほうがベターなんだろう。
 私にとってコンピュータは未知のことだらけ。政官財がつるんで「IT社会への対応は必然、ついて行かなければ社会から脱落する」と不安を撒き散らしているが、私には脅しにしか思えない。普通人が知りようもない領域を拡大し、その世界に追い込み、そして人を慣らしていく。IT社会は支配の道具としては極めて好都合なのだろうと思う。
 そうはいってもしばらくは慣れないソフトと悪戦苦闘を覚悟しなければならない。気が重たい。

 写真は大池フェスティバル。明日の天気が心配されるため今晩と考えてのことかも知れないが大賑わいだった。