平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週阪急3駅、JR2駅の5駅をのぼりを背負ってアピールランしています。

問われているのは差別も暴力も許さない社会にするんだとの構えです。

2010年04月30日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
社民党大阪選挙区予定候補公の大川あきこさん

 早朝は4駅ゼッケンアピールラン(2回目)で阪急総持寺駅、阪急茨木市駅、JR茨木駅、阪急南茨木駅と回りました。ほんの少し減量できたせいか、体が軽くなったのを感じます。

 昼から「新社会」の配布と集金を済ませ、新社会党大阪府本部での参議院選対会議に。その後で6時からPLP会館での戸田前門真市議の記者会見に参加。内容は在特会(在日特権を許さない市民の会)から戸田前門真市議が暴力を受けた事件です。4時からはマスコミ対象、6時からはそれ以外のメディア対象になっていて、PLP会館には週刊「金曜日」などが取材に来られていました。

 男と女、健常者と障がい者、日本人と外国人、老若男女みんな共に生きていける「共生」社会をめざしていこうという時代に、朝鮮人、中国人を蔑視し、口汚くののしる差別者集団。しかも暴力までとなると取締りしかありません。

 問われているのは差別も暴力も許さない社会にするんだとの構えなんだと思います。

■【特報】津波のような怒り- 沖縄県民大会ルポ(東京新聞)2010年4月26日から ②

「飛行機爆音 授業が中断」

 大会は、「沖縄県民が基地を選択したのではない。保守だ確信だと争っているときではない」という開会あいさつで始まった。最後まで迷った末に出席した仲井真弘多沖縄県知事に続き、「政府は移転先に迷走し、沖縄県民を愚弄(ぐろう)している」(稲嶺進名護市長)などと首長の発言が続き、ヒューイッという指笛と拍手が会場から起きた。

 ひときわ大きな拍手がわいたのは、高校生代表の発言。宜野湾市の普天間高校三年岡本かなさんは「窓いっぱいに飛行機の胴体が見え、低空飛行の爆音で授業が中断される。ここは日本なのか、基地のフェンスで囲われているのは私たちなのかと疑問がわいたが、そのうち感覚がまひした。みんな基地は仕方ないとあきらめていないか。もう一度考えて」と訴えた。

全41市町村の首長ずらり

 会場のひな壇には、県議全員、代理を含む全四十一市町村の首長、議長がずらりと並んだ。これまでの大会には見られなかった光景。鳩山由紀夫首相が昨年七月、沖縄市で「最低でも県外移設」と明言した影響だ。

 「今年一月には現行案移設反対の候補が名護市長選で当選。二月には県議会全会一致で県内移設反対の意見書が採択された。ここまで一致団結したのは初めて」と、県民大会実行委員会事務局長の新里米吉県議は話す。

 鳩山発言は、多くの県民が驚きとともに歓迎した。那覇市から参加した医師の男性(五九)は「鳩山さんの言葉に涙が出た」と話す。「今まで、日本のために沖縄だけが我慢しろと言われてきた。フラフラしているといわれるが、ふらつくだけマシ。今も期待している」

 「戦後六十年以上も我慢を重ね、これが初めてのチャンス」(読谷村の七十代女性)との思いは多くの人に共通する。四歳と一歳の子がいる那覇市の非常勤教員の女性(三一)は「ここで県内移設を阻止しないと、この先何十年も基地が残る。子どもに被害を引き継がせたくない」と話した。

 「基地のせいで、まだ戦争が終わらない」と話す高齢の参加者も。読谷村の嘉陽昌弦さん(八○)は、終戦時は十五歳。終戦間際に米軍が進攻してきたとき、非難小屋で煮炊きする火を米軍のものと見間違えた日本軍の爆撃で、何十人もの住民が死ぬのを目の当たりにしたという。「死体を踏み越えて逃げた。血でどす黒く染まった足から、ものすごい臭(にお)いがした。あんな哀れなことは二度と起きてほしくない」

 村内では昨年十一月、名兵による男性=当時(六六)=のひき逃げ死亡事件が起きたばかり。嘉陽さんは「ひき殺して罪を償うどころか、見捨てて逃げるなんて人間じゃない。戦争中のようだ。米兵を殺したいような気持ちになる」とつぶやいた。

原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

津波のような怒り- 沖縄県民大会ルポ

2010年04月29日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
メールでいただいた4・25沖縄県民集会の写真です

春のいいお天気でした。仕事は原稿だけ・・・、といってもあーでもない、こーでもないと推敲しながら書くので、時間はけっこうかかります。なんとかめどをつけて連休初日ゆっくり過ごしました。

 「鳩山政権にもう一押しする為に、東京新聞による特報を紹介いたします」とメールで配信がありました。下記はその中の一部ですが、その中に「沖縄県民の問い掛けは、迷走する鳩山政権だけにでなく、日本人全員に向けられている」とあります。  ぜひ多くの国民がそのことを意識してほしいと願っています。

■【特報】津波のような怒り- 沖縄県民大会ルポ(東京新聞)①

2010年4月26日

 「沖縄に基地の負担を押し付け続けるのか」「米国の言いなりになるのか」-。米海兵隊普天間飛行場の県内移設に反対し、約九万人(主催者発表)が集まった二十五日の県民集会。怒りの声は津波のように盛り上がった。戦中戦後を通じて“犠牲”を背負い込んできた沖縄県民の問い掛けは、迷走する鳩山政権だけにでなく、日本人全員に向けられている。 (出田阿生)

 抜けるような青空、焼け付くような日差し。この日、会場となった沖縄県読谷村の運動広場には、島中から人々が続々と集まり、広場を埋め尽くした。布やTシャツなど、黄色いものを身に着けている人が多い。「政府にイエローカードを突きつける」意味という。

 「参加できなくても黄色で意思表示を」という大会実行委員会の呼び掛けに、自宅ベランダに黄色の布を結んだ人や、店に黄色の旗を掲げたという飲食店主もいた。

 貸し切りバスで住民を運ぶなど、大会を支えたのは市町村ごとの実行委員会。首長や議長が委員長となり、事務局の大半が役所の中にある。各地の防災行政無線でも大会参加の呼び掛けが流れた。市民運動でもなく、行政運動でもない、本土ではあり得ない現象だ。

原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

阪急総持寺駅で宣伝活動、「お元気ですか」配布、西日本入管センターを考える会例会

2010年04月28日 |  #玉島 #平田
武庫川駅伝

 早朝は阪急総持寺駅で宣伝活動。配布した「お元気ですか」は1週間の私の動き、憲法9条を紹介したもの。2週続けて同じビラを配る訳にはいきません。

【今日の動き】午前中、「お元気ですか」を1400枚配布、西日本入管センターを考える会の例会。

 総持寺駅前で宣伝していたら「核の傘がなくなったら、朝鮮、中国が攻めてくる」という方が突っかかってきました。じっくりと物事を考える経験がないのは残念なことです。

 世間的には種々の考え方があり、その背景も様々です。それぞれの主張に対して賛成、反対は別にして、その背景を客観的に考え、その上で自分の考えも固定化せずに柔軟性を持たせる。テーマによって自分の主張が世の中の多数派になる場合もあるでしょうし、極めて少数派の場合もあります。

 自分は少数派になるけれども、この考えは譲れない、やがて歴史がその正しさを証明するだろうと気負ってみたり、日の目をみることはないだろうけど、正しいことに間違いはないし、少なくとも正しいと思う自分が存在している事実は疑えない、それで十分じゃないかと納得する場合もあります。

 物事を深く考えない人に限って、自分が正しいとばかりに大声でわめくのですが、知者の存在など考えたことがないのかもしれません。知者が謙虚で、愚者が尊大なのはいつの世もそうなのでしょうか。

 関係ないかもしれませんが、ウィキペディアからデカルトの有名なことば「我思う、ゆえに我あり」についての解説です。真理を追求する学問の世界。俗界にどっぷり浸かっている身にとってはあこがれの世界です。

 「我思う、ゆえに我あり」(『方法序説』(ほうほうじょせつ)は、1637年に公刊されたフランスの哲学者、ルネ・デカルトの著書から。原題は《Discours de la méthode pour bien conduire sa raison, et chercher la vérité dans les sciences》で、「理性を正しく導き、もろもろの知識[1]の中に真理を探究するための方法序説」である。

 一切を疑うべしDe omnibus dubitandumという方法的懐疑により、自分を含めた世界の全てが虚偽だとしても、まさにそのように疑っている意識作用が確実であるならば、そのように意識しているところの我だけはその存在を疑い得ない―“自分はなぜここにあるのか”と考える事自体が自分が存在する証明である(我思う、ゆえに我あり)、とする命題である。

原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

米海兵隊の撤退を求める沖縄署名に賛同しました。

2010年04月27日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
原 和美 百景

 早朝、阪急茨木市駅での宣伝行動。朝から雨の天気予報通り、駅に向かう途中でポツリポツリ、いつもの場所を離れ、屋根のある方に移動しました。

 今日配布したビラは先週の私の動きと憲法の条文の紹介です。私の動きはこのブログを要約したもの、議員の日常の動きを少しでも知ってもらえればありがたいと思っています。

【今日の動き】夜、映画「未来の食卓」上映実行委員会があり、そのための資料作成。今日の激しい風雨は会議の最中も続いていました。「新社会」の配布と集金、反基地集会賛同の要請があり承諾。 

なお以下の署名の要請があり、賛同しました。

普天間問題、第二の声明、ご賛同のお願い

 年初には、普天間移設問題に関する声明にご賛同いただき、
ありがとうございました。

 その後の推移を見て、呼びかけ人は第二の声明を出すべきだと
考えました。そして今回は沖縄の人たちとも共同して
声を挙げようと考えました。

 沖縄にも、本土にも、代替基地を受け入れることはもはや
無理であり、それは米海兵隊の撤退を求める以外にありません。
今回は、その主張をはっきりと打ち出しました。

 4月23日、東京と那覇で同時に発表しました。


 下記のフォームにアクセスし、署名して返信してください。
また出来るだけ多くの方々に転送してください(目途として
5月20日を考えております)。
英訳したものもあり、国際的な署名も求めていきます。

 いま、日米安保と米軍基地を変えていく、決定的に
重要な時点に来ています。よろしくお願いします。

声明呼びかけ人(世話人)
岡本厚

一般署名

http://form1.fc2.com/form/?id=501657

英語署名

http://form1.fc2.com/form/?id=539738 

米海兵隊普天間飛行場は、住宅密集地の中にある世界でもっとも危険な基地として、すみやかな閉鎖、撤去が求められてきた。旧自民党政権は、普天間の移設先として、北部名護市の辺野古(キャンプ・シュワブ沿岸部)に代替基地を建設することを米国との間で「合意」したが、それは、沖縄の中に新たな巨大基地を建設することに他ならず、沖縄県民はあらゆる機会にそれに反対する意思を表明してきた。

 2009年秋の政権交代と、民主党の「国外、最低でも県外(移設)」という選挙での訴えが、沖縄県民に希望を与え、状況を大きく変えた。2010年1月の名護市長選挙では、辺野古への移設に反対する稲嶺進候補が勝利した。2月には、これまで移設を容認してきた自民党、公明党を含め、沖縄県議会が全会一致で「普天間基地の県外移設」を求める意見書を採択した。また県内41市町村長全員が県外・国外を主張している。保守が擁立した仲井真弘多県知事も「県内(移設)は厳しい」と語り始めた。沖縄は、いまや“オール沖縄”で「県内移設」反対を明確にしたのである。

 しかし、2010年5月まで「決断」を先送りした鳩山政権は、県外移設の可能性を真剣に追求することなく、キャンプ・シュワブ陸上案や勝連半島沖埋め立て案など、「県内」を軸に決着することを図り、動き始めている。
 私たちはこの政権の動きを深く憂慮し、以下のように声明する。(呼びかけ人のうち18人は、2010年1月に発表した本土の学者・知識人声明の呼びかけ人である。沖縄でもすでに学者・知識人による海兵隊撤収要求の共同声明が出されており、その意味でこれは合同での第二の声明ということになる)

(1) 私たちは、辺野古陸上案(キャンプ・シュワブ内)、勝連半島沖案はもちろん、すべての沖縄県内移設に反対する。これ以上沖縄に過重な負担をかけてはならない。沖縄の意思を無視してはならない。沖縄の環境を破壊してはならない。

(2) 民主党は、衆議院選挙で「国外、最低でも県外」を訴えた。また名護市長選では、辺野古移設反対を主張する稲嶺進候補を推薦し、勝利させた。鳩山政権が、県内移設で決着させるならば、それは明確な公約違反であり、国民・県民への裏切りといわなければならない。鳩山政権は、仮に現在の日米安保体制を前提にするとしても、まず県外移設の可能性を徹底して追求すべきである。

(3) 県外でも県内でも移設を受け入れる地域がなかった場合、現在の普天間飛行場をそのまま継続使用するという案が出ているが、それは許されない。周辺住民の生命と暮らしを脅かしているこの危険な基地は、すみやかに閉鎖されなければならない。

(4) 県外移設を追求した結果、どの地域も受け入れないということならば、日本国民には海兵隊の基地を受け入れる意思がないということを意味する。必然的に米海兵隊は日本から全面的に撤収する以外にない。日本国民には、米海兵隊の存在なしに、東アジア地域の平和と安定を構築する積極的な役割を果たす意思があるということである。米国は、日本国民の意思を尊重しなければならない。

(5) そもそも政権が奔走し、メディアが関心を集中させたのは、「基地用地」探しばかりであった。いま考えるべきことは、本当にそのようなことなのだろうか。むしろ冷戦時代の思考法である「抑止力」とか「敵」とか「同盟」といった発想そのものを疑い、その呪縛から逃れることが必要なのではないか。国際社会に「共通の安全保障」や「人間の安全保障」といった考え方が現れ、冷戦の敵対構造を解体していく大きな力になった。私たちは、米軍基地の代替地をタライ回しのように探すのでなく、米軍基地を沖縄・本土に存在させ、米軍に勝手気ままに使用させている構造こそを問わなければならない。日米安保条約は、冷戦時代の遺物であり、いまこそ、日米地位協定、ガイドライン(日米防衛協力の指針)などを含めて、日米安保体制を根幹から見直していく最大のチャンスである。その作業を開始することを、日本政府、そして日本国民に訴える。


〈呼びかけ人〉
宇沢弘文(東京大学名誉教授) 遠藤誠治(成蹊大学教授) 岡本厚(岩波書店「世界」編集長) 加茂利男(立命館大学教授) 川瀬光義(京都府立大学教授) 古関彰一(獨協大学教授) 小林正弥(千葉大学教授) 小森陽一(東京大学教授) 千葉眞(国際基督教大学教授) 寺西俊一(一橋大学教授) 西川潤(早稲田大学名誉教授) 西谷修(東京外国語大学教授) 原科幸彦(東京工業大学教授) 前田哲男(評論家) 水島朝穂(早稲田大学教授) 宮本憲一(大阪市立大学・滋賀大学名誉教授) 山口二郎(北海道大学教授) 和田春樹(東京大学名誉教授) 新崎盛暉(沖縄大学名誉教授) 大城立裕(作家) 大田昌秀(元沖縄県知事) 我部政明(琉球大学教授) 桜井国俊(沖縄大学教授) 島袋純(琉球大学教授) 新城郁夫(琉球大学教授) 高里鈴代(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会) 高良鉄美(琉球大学教授) 高良勉(詩人、批評家) 照屋寛之(沖縄国際大学教授) 富川盛武(沖縄国際大学教授) 仲里効(メディア工作者) 仲地博(沖縄大学教授) 比屋根照夫(琉球大学名誉教授) 三木健(ジャーナリスト) 宮里昭也(ジャーナリスト) 宮里政玄(沖縄対外問題研究会代表) 山城紀子(ジャーナリスト) 由井晶子(ジャーナリスト)

原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

地方自治の本旨はそれぞれの自治体によって違う 市議会研修会

2010年04月26日 |  #玉島 #平田
茨木・9条の会講演会 

 早朝、平田2丁目と玉島2丁目の境界線でカーブになっている地点で集団登校の見守り。元気な子どもたちと挨拶を交わすのはうれしいものです。

 昼から議員研修会。講師とテーマは龍谷大の富野睴一郎教授が「分権時代の地方自治と議会の役割」、同じく龍谷大の土山希美枝准教授が「議会改革」の動向と方向についてでした。

 いずれも地方自治体の役割を従来よりも広くとらえ、その分だけ行政と議会の果たす役割が大きくなっていることを前提に話されていました。

 また富野教授は憲法の第八章にある地方自治の本旨について「決まった解釈があるのではなく、個々の自治体がそれを規定することが地方自治の本旨なんだ」といわれており、全く同感でした。

 私が地方自治に関して思うことは、国と自治体のあり方であり、財政を含めて中央集権から地方自治体がどれだけ自主性、主体性を持った分権・自治になっているかです。茨木でも議論になる議会改革が本当に市民の方を向いたものになるのかどうか、またそうするための努力が求められています。 

 これまでの流れは「平成の自治体合併」に見られるようにまさしく国家主導でした。道州制も同様です。自治体の首長がいうのだから地方自治に沿っているだろうと見るのは大きな間違い。橋下知事の背後には関西財界がいて関西州になることによって膨らむ利潤を狙っています。

 自治体の規模が大きくなるだけ、そこから受注できるのは大きな企業になり、中小企業はその下請けになるか、排除されていきます。町役場、村役場の単位では受注できていたものが、保守政党が主張する人口30万単位の基礎自治体に集約されれば入札からも排除されていくことになります。大きなものが更に大きくなる弱肉強食の構造がそこでもつくられることになります。

 全ては誰が誰のために動いているのか、その階級的役割にまで目を凝らす必要があります。その点から見れば自・民や雨後のタケノコのような保守新党は庶民大衆からもっとも遠い存在といえます。

原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

自らの辞職で生じた補欠選に立候補し、当選した小山広明議員

2010年04月25日 | 日々雑感
2008年9月の泉南市議選で 

昨夜の懇親会の疲れが出たのか、熱が38.5℃まで上がってしまい、一日中寝込むことになりました。

 今日は沖縄の10万人集会、JR尼崎脱線事故5周年、そして泉南の市長選、市議補選の投票日、全日建連帯フェスティバルがありました。

 心配しましたが泉南の市議補選に出た友人の小山広明さんは6票差で当選。しかし市議補選をやるために、なぜ現職の小山議員が直前に辞職して、しかも自らの辞職で生じた欠員1の補選に出るのか誰しもが理解に苦しむところだったに違いありません。

 もともと小山議員は現職市長の多選に反対で、それに対抗して現職市議が市長選に出るのなら、そちらを応援することを明らかにしていました。そして現職市議は早めに辞職して、補欠選挙をやるのが筋だといってきました。しかしその市議は辞職せずに自然失職を選ぶ中で結局は小山議員の辞職に伴う分だけの補欠選挙となり、結局欠員1の議会になってしまいました。

 現職市議が辞職するかしないか、そして補欠選挙があるかないかは一定の段階で判断できます。そして10日前までに辞職しなければ、欠員が生じるわけで、小山議員が辞職してまで、しかも自らの辞職で生じた補欠選挙をやる意味はなくなります。

 自ら辞職することによって現職市議に辞職の道を選ばせる意図はあったのかもしれませんが、それは甘かったことになります。ただ小山議員は常識にこだわらないというより、それを超えたところがあって、そこが魅力でもあります。次は何をしてくれるのでしょうか。
 
原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

沖縄の住民を苦しめてきた日米安保、地位協定 地方議員学習会

2010年04月24日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
講師の服部良一衆議院議員

 早朝はゼッケン着けてのアピールラン。安威川から桜通り、JR茨木駅へ。駅の利用者に「お元気ですか」を配布しました。さすがに土曜日です。利用者層も中高年男性の比率が極端に少なくなり、時間帯もあるのでしょうが、ゆったりしています。

 右足首の違和感もあってゆったりと負担をかけないように走りましたが、1ヶ月後のオリーブマラソンはどんな身体状況になっているのでしょうか。なおラン後は65.2kgの体重でしたが、大会時には63kg台に持っていきたいものです。

 昼から大阪府庁近くの議員会館で地方議員が集まって沖縄問題の学習会。講師は服部良一衆議院議員で、現在の政府の動き、日米地位協定の不当性、県民の方々が年間1000件を超える米兵による様々な犯罪、交通事故に苦しめられ、損害賠償になっているのはごくわずか、しかもその額は不当に低い。また沖縄密約も数々あり、米国が沖縄ではやりたい方題してきた。安保条約の変質によって米軍沖縄海兵隊の位置づけも変わってきたこと・・・。

 会場ではアメリカの不当性をどうして黙っているのか、5月末の決着など政局の動きはどうなりそうかなど、社民党の対応についての質疑がなされました。

 夜は昨年度公民館役員の慰労会。二次会、三次会と続きました。
 
原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

4駅サイクルアピール(第1回)、わかくさ会挨拶、9条の会・茨木の小森陽一講演会、公民館役員会

2010年04月23日 |  #玉島 #平田
講師の全国9条の会・事務局長小森陽一さん

 早朝は4駅サイクルアピール(第1回)しました。イエローのウインドブレーカーに前後のゼッケン、自転車にのぼり、メガフォンで昨日と同じ阪急総持寺駅、阪急茨木市駅、JR茨木駅、阪急南茨木駅のコースを走りました。やはり走るよりはスピードが出ます。

 阪急南茨木駅に着くとほぼ8時、先着の下野議員がひたすら挨拶していました。ただ「おはようございます」だけですねん、マイクで訴えることもなければ、ビラも配ることもしませんと本人は語っていましたが、人ほんとにそれぞれです。
 
 夕方は9条の会・茨木が主催して9条の会全国の事務局長小森陽一さんの講演会、7時半から地元公民館の役員会があり、少ししか話が聞けなくて残念でした。普天間基地を即時撤去させることが大事で、移転先を日本が確保する必要はないという話はもっともです。私も駅前での宣伝で主張しているのですが、もっとそのことは訴えなければと思いました。全ては自公政権の後始末です。

【今日の動き】
参院選関係で文書作成、午前中は障がい者団体であるわかくさ会の第29回総会で挨拶、市民相談(役所への提出書類について)

昼は「お元気ですか」の発送作業、なんとか郵送分は終了できました。茨木地区メーデー実行委員会から参加要請あり。

夜は玉島公民館役員会議で2009年度事業報告、会計報告、新年度の方針と予算について協議しました。

原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

第一回 4駅リレーアピールランしました。

2010年04月22日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
武庫川駅伝終了後の懇親会でひょっとこ踊りを披露するRUNNERS9の会・鹿児島のメンバー、大受けでした。全国大会でも優秀、準優勝しているとのことです。

 一日雨になりそうです。7時前からアピールラン。前は「米軍・普天間基地はアメリカに移せ」、後ろは「変革ほんもの 原 和美」のゼッケンです。

 コースは大同町、寺田町、橋の内、総持寺駅前町、阪急総持寺駅、庄、阪急茨木市駅、駅前通り、JR茨木駅、西中条町、奈良町、阪急南茨木駅、美沢町、真砂、若園町、つばさ高校、平田台で4つの駅を回ります。これが時間にして1時間15分、万歩計で11567歩ですので、距離は約14㎞弱のコースです。

原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。

天気に恵まれ阪急総持寺駅で街頭宣伝。  今日も多くの顔なじみにお会いできました。

2010年04月21日 |  #玉島 #平田
武庫川で見かけたカヌー 4/18 

 今朝は阪急総持寺駅で街頭宣伝。平田台の家から駅まで自転車で12分余り、そんなにかかりません。駅に向かう途中でウォーキングされているОさんご夫婦にバッタリ、久しぶりでした。

 宣伝中も昨日同様多くの方に声をかけていただきました。若い人から「知っている人が(「私と同じ鹿児島県南さつま市)万世の出身なんです」と話しかけられました。二言三言しか話できず、彼は「僕は右ですから」と言って改札に向かいましたが、できたらゆっくりと話したいものです。帰りは知り合いのマラソンランナー・Nさん、、、、といった具合で結構出会いがありました。

【今日の動き】午前中、議会事務局から電話があり、幹事長会で岩本議員の私の部屋への移動が決まったとのこと。事前に事務局長から聞いていたので了解ですと返事する。午後、控室に行くと備品の移動が始まっており、後で岩本議員も来られた。しばらく体調を崩していると聞いていたのだが元気そうで安心する。仲良くやりたいものである。

 原 和美です。原 和美応援ブログ  原和美の井戸端考

山下HP・「お元気ですか」     今日もビラニック(山下ブログ別館) 

下記のblogランキングに参加しています。(←1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの1クリックが山ちゃんの元気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ  にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ  にほんブログ村

鹿児島の表情をリアルタイムで伝えるホームページ・今日の桜島です。桜島、錦江湾、天文館、知覧などご覧になれます。時々ご覧いただければありがたいです。