平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週阪急3駅、JR2駅の5駅をのぼりを背負ってアピールランしています。

権力に追従させる国は「美しい国」か

2007年01月31日 | 日々雑感
 額に汗して働くものが報われない時代である。国鉄、電電公社、郵便局、そして社会保険庁、学校・・・と次から次へと権力者が勝手に首を切ったり、いじめたり、処分できる国になったし、またなろうとしている。教員免許更新制も、権力に追従する教員作りに大いに役立つだろう。

 週刊金曜日に佐高信さんが書いているが、労働組合も、市民運動団体も、要望に応えない民主党は支持しないぐらいの強さが欲しい。主権者は一人一人の市民なのだから。緊張関係がなくなれば、そこにでてくるのはなれあいと堕落しかない。もちろん民主主義の発展もない。

大岩郵便局の今後を考える会のビラを配布

2007年01月30日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 昼から山間部の上音羽、下音羽地区にビラ配布。市役所からバイクで30分かかる。配布もバイクを降りたり、走ったりとなかなかの傾斜地。日頃配達している人の苦労を思う。たった100枚のビラだが往復入れて2時間半ぐらいかかってしまう。
 夜は新社会党近畿ブロック会議で参議院選挙、国会状況、自治体選挙で交流する。写真は1月27日東京で見かけた光景
トラックバック (1)

HPのリンクの整理

2007年01月29日 | 日々雑感
 昨日からかかっていたHPのリンク集の整理を完成させ、学校給食のコーナーもとりあえず作りました。これから充実させていきます。国民投票法の危険性を訴える12Pのビラを作成、いろんな方にお渡ししたいと思います。昼は「新社会」の配布と集金
写真は皇居の外周コースにあったもので各新聞社が共同で作った言論の自由を謳ったブロンズ像

茨木同志社クラブの総会と懇親会

2007年01月28日 | 日々雑感
 大谷實同志社総長が記念講演。「憲法の中で第9条が焦点になっているが、個人の幸福追求権を認めた第13条に注目すべきではないか」と最後に話された。私にとって現在の日本国憲法は9条、13条に限らず、第一章の「天皇制」以外は珠玉そのものの存在である。自・公・民の汚れた手で汚されてはたまらない。

なお次のような情報がメールで寄せられた。

【ワシントン27日共同】イラク戦争に反対し、米軍の増派阻止を目指す大規模な反戦集会が27日、米国の首都ワシントンの連邦議会議事堂周辺で開かれた。
 主催者によると、集会には全米の少なくとも30州から数十万人の参加が見込まれ、2003年3月のイラク戦争開戦以来、米国内で行われた反戦集会の中でも最大規模とみられる。 主催者は全米1400以上の草の根平和団体、市民権運動団体などの連合組織「平和と正義のための連合」。代表者のレスリー・ケーガンさんは「昨年の中間選挙で米国民は戦争反対の意思を明確に示した。次は早期の米軍撤退実現に向け民意を託された議会が行動する番だ」と話している。

安上がりだけの学校給食民営化は許されない

2007年01月27日 |  #玉島 #平田
 早朝走る。ホテルから東京駅から皇居前に、外周5kとあわせ、全体で10kほど走る。ただ左足が調子悪いのでゆっくりしか走れない。車中で藤田英典さんの「教育改革のゆくえ」に目を通す。
昼、学校給食を考える勉強会がクリエイトであり参加。講師は堺の学校給食がいかに安上がりでおいしくないものになっているかを語り、茨木の給食の素晴しい、ぜひ守り続けて欲しいと話された。終わってから何でも民間委託の茨木市政に歯止めをかけようと今後の対応を協議した。
 夜は平田台住宅の規約検討委員会。議決権行使書など諮問された課題に結論を出して役割を終えた。
 街中にはためく東京マラソンののぼり

9条ネットが動き出す

2007年01月26日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 公民館、学校人権、学校給食で情報公開をしており、午前中は担当課長が次々と資料を持って控え室に。①資料提供で終わるもの、②コピーしてもらうもの、③個人情報を消して公開してもらうものに分類する。
 党の機関紙「新社会」だけではさびしいので、送られてくる新聞、ビラなどから選んで挟み込むことにした。今回は国労、イラク訴訟、阪神淡路大震災にあたっての市民宣言などである。少しでも楽しみにしてもらえればいうことはない。
 夜、東京で平和勢力の共同で参議院選挙を闘おうと会議があり出席する。参議院選挙での平和への結集を市民の風などが、社民、共産、みどりなど広範な平和勢力に呼びかけてきたが、今日に至っても共産、社民が独自候補にこだわっているまま。手をこまねいているわけにもいかず、共産、社民への呼びかけを継続しながら幅広く9条を大切にしたいと思う保守から革新までの結集を求めて「9条ネット」を立ち上げる事になる。
写真は土屋公献元日弁連会長(左側)

新社会党で新春懇談会

2007年01月25日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 「お元気ですか」の配布。夜は新社会党府本部で党員・関係者が集まり自治体選挙も含めた懇談会。ミニ旗びらきみたいなもので、会費制でアルコール、食事つき。今年も党員の親睦を深めながらがんばろうとなるのだが、話題の一つがガンなど病気にまつわるもの。病気を抱えた党員も多く、体調が悪いのに参加する気持ちがうれしい。ぜひ健康を取り戻して党活動だけではなく人生を楽しんで欲しいと願っている。
 写真はわが愛車。後ろに段ボール箱をくくりつけ、何千枚とビラを入れて走っている。

自民党が作る醜い日本、これでいいのですか

2007年01月24日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 「お元気ですか」の配布。朝から出かけ、安威川で昼食を摂る。おだやかな陽気。風もゆるやかに流れている。散歩する人、自転車で通り過ぎる人。気持ちがいい。時代も平穏であれば言うことはないのだが、そうもいかないようだ。
 支持率が低下する一方の「どうしようもないボンクラ」(日刊ゲンダイ)の安倍が政界のトップになりあがり、神国日本、軍国日本が大手をふってまかり通る。この国の危険な動きは敗戦直後の一時期を除けばいつもあったのだが、ここ15年ぐらいのそれはあまりにも露骨でみもふたもない。
 権力と金漁りしか念頭にない政財界と官界が、「民は従え」とばかりに悪法の連続。醜い国を作ってきた張本人が知らぬ顔して罪を他人になすりつけ、「だから美しい国を」と、のたまう。泥棒が良民に説教を垂れる図のばかばかしさ。それにしても怒る人があまりにも少ないのはどうしたことか。いつまでたっても「政治後進国日本」とばかにされるのだろうか。ともかく「自民党が作る醜い日本、これでいいのですか」と言い続ける以外ない。


以下、日刊ゲンダイから
安倍内閣の支持率下落が止まらない。フジテレビの「報道2001」の調査では、支持は昨年9月の67%から落ち続け、21日放映分では支持が41%、不支持が48%と初の“逆転”。朝日新聞の20、21日の調査では、ついに支持率は39%と、危険水域の3割台に転落した。
 原因は何か。TBSの「時事放談」(21日)で浅野史郎・前宮城県知事と、知日派であるコロンビア大のジェラルド・カーティス教授がそろってこう指摘していた。「政策の課題設定を間違えている。憲法改正をやりますと言っても中身がなければ、できるかどうかという議論にもならない。憲法改正は生活の実感として国民にピンとこない」「格差問題など、もっと国民の身の回りの問題をやるべきだ」
 まったく、その通り。政権として何を最優先させるのか、政策の選び方がピント外れなのだ。朝日の調査でも安倍首相を「国民から遠い政治家」と見る人が50%に達している。
「安倍首相は憲法改正だ、教育再生だと力んでいるが、国民は関心がない。そもそも、安倍にそんな大問題をこなす能力があるのかと冷めた目で見ています。国民を引きつける政策を打ち出せない一方で、大臣スキャンダルなどが重なるから、支持率がどんどん落ちているのです。ところが安倍首相は思慮がないから、そこに気づかない。先日の党大会では再びタカ派回帰を打ち出し、参院選の争点は改憲だと叫んでいた。つける薬がありません」(政治評論家・山口朝雄氏)

◆ 参院選前の退陣の可能性 ◆

 この調子だと、支持率はまだ下がっていく。17日の党大会では会場のアチコチで「元気が出ない大会だ」「中身がなさすぎる」「小泉さんが懐かしい」と嘆く声が聞かれた。「美しい国 日本」なる看板を背にしてカン高い声で演説する安倍首相ひとりが浮いていた。「安倍首相に気をつかってか、小泉さんは党大会に来ていなかった。それでも、7月参院選に向けて『安倍では頼りない』『小泉さんだったら』と、小泉再登板論が強まるはず。身内からも“不安説”が流れるようでは支持率が回復するわけがない。参院選前に30%台前半まで落ちることは覚悟しなければいけないでしょう」(自民党関係者)
 とうとう参院ドンの青木幹雄議員会長は「安倍さんは若いから日本のために働いてもらわないといけないが、参院選で過半数割れすれば自民党も内閣も死に体になる」と過激なことを言い始めている。
 嫌み半分、牽制半分にしても、党内の最大実力者が「安倍首相では勝てない」と参院選前の安倍退陣をにおわせているのだから異常だ。実際、やるべきことをやらず、国民の関心とは無関係のことに血道を上げているようでは、参院選の敗北は確実。
 ほんの4カ月前の総裁選で「若さ」と「人気」を売り物に7割近い支持で総理に選ばれた安倍首相だが、もう崖っぷちに追い詰められている。どうしようもないボンクラ首相だ。
トラックバック (2)

参議院選の件で大阪市内で打合せ

2007年01月23日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
午前中、参議院選の件で大阪市内で打合せ。今国会では国民投票法案が自・公に民主が協力して成立の見込みと報道され、何度も廃案の憂き目に会った欠陥法案=共謀罪を数で成立させる動きもある。
 なのに今年最大の政治決戦である参院選では残念ながら社民、共産から護憲統一候補の動きが見られない。なんともはや情けない事態である。
 やはりダメだった安倍内閣は成立した直後から下降線、既に「死に体」で後継候補が議論される有様。参院選は別の顔になる可能性が高く、自民の候補者はポスターの刷り直しを頭の片隅に入れておいたほうがよさそうだ。民主もよれよれで、政策ばかりかスキャンダルも自民と同じてんこ盛りだ。小沢以下の執行部全員、知恵もなく荒波にもまれて沈没寸前。
 こんな時こそ社民、共産が力をあわせて闘うべきなのに、社民、共産からは「共同ができない」いいわけばかり。聞かされる国民はため息ばかり・・・である。どこの政党も当てにならない以上、金も力もないが、がんばる以外ない。そんな結論になる。
 夜、西日本入管センターを考える会の定例会でビルマ難民の支援など話し合う。
写真は地域の風景、「二月で閉店」の張り紙があったカナート

学校給食について情報公開の手続き

2007年01月22日 |  #玉島 #平田
 更に文科省が毎年実施している学校給食基本調査に目を通す。この時期になると定年退職の話が話題になる。聞くと部長クラスで6名は確実、次長、課長、参事まで入れると大幅な人事異動になるらしい。退職予定者はそれはそれで大変だが、異動対象者も大変で、なかには期待やら不安やらで心中穏やかではない人もいるだろう。
「お元気ですか」233号をマンションに約2000枚配布。「新社会」の配布と集金。大岩郵便局の署名への協力依頼。「議会報告」印刷代の支払い。写真は堺の田中丈悦事務所で。