平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週阪急3駅、JR2駅の5駅をのぼりを背負ってアピールランしています。

【紹介】NHK 戦争証言 アーカイブス/「英霊」は餓死、自殺攻撃をさせられた

2013年12月31日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
上が開聞岳、下が桜島



 早朝はテレビ朝日で「標的の村」を見ました。この国の政府は誰のために存在しているのかという沖縄の人々の問いに答えられるように来年も頑張らなければなりません。今日の大晦日はひたすら資料の整理の一日でした。

【情報紹介】

NHK 戦争証言 アーカイブスを深夜まで見ていたことがあります。

 あの太平洋戦争がいかに人々を苦しめたのか。無謀な戦争、兵士を虫けらのごとく扱った日本の戦争指導者。それはA級戦犯だけではありません。最高指導者であった昭和天皇の責任も問われなければなりません。史実に向き合い、そこから考えることが何より大事。そこから自分の世界観を作り上げていく作業になります。自分の都合に合わせて史実を捻じ曲げてはいきません。靖国についても同様です。

【情報紹介】

靖国参拝、この凡庸さと幼さこそが危ない

以下の石井さんの考えには基本的に納得できるものです。

「英霊」は餓死、自殺攻撃をさせられた--装置「靖国」賛美の違和感 石井 孝明 


靖国神社社殿。事実上の国章だった天皇家の菊紋が飾られ、天皇家との関係を誇示している。(Wikipediaより)

宗教施設ではなく「聖化」の装置

安倍首相が戦没者の慰霊を目的に、靖国神社を訪問した。太平洋戦争をはじめ、戦争で亡くなった方を慰霊することに反対する人はいないであろう。私もそうだ。

しかし慰霊の形が「靖国神社を参拝すること」であるべきとは思わない。靖国神社は、合理性、人間性を欠いた組織である帝国陸海軍の施設であり、問題の多いイデオロギーである国家神道の「装置」である。「慰霊の場」だけの意味を持つ存在ではないのだ。それを賛美するのは不思議だ。

そもそも靖国神社はどのような存在か。日本の軍事史を学べば次のことが分かる。

1・近代国家では、どの軍隊でも、異常な行為である戦争を遂行するための精神的支柱を必要とする。日本帝国の場合は、天皇を神とし、それが軍を統率するという虚構を作った。国家神道というイデオロギーを作り、天皇を祭祀長とした。

2・国家神道は、日本の土俗宗教である神道を変容させたものだ。そして内容は漠然とした面があり、理を突き詰めない日本の精神的風土と合っていた。

3・靖国神社、また全国に置かれた護国神社は、戦争による不条理の死を、生きる軍人、また周囲の遺族に納得させるための存在だった。死者が尊い神になるという虚構をつくり、その死を意味のあるものした。

4・つまり、靖国神社は死を「聖化」するための国家神道内の「装置」であり、「人工物」である。純粋な宗教施設ではない。

ちなみに、高橋哲哉東大教授の著書『靖国問題』(ちくま書房)、池田信夫アゴラ研究所所長のコラム「靖国参拝という非合理主義」も、同趣旨の認識を示していた。左右に言論界を分けるのはばかばかしいことだが、左(?)の高橋氏も、右(?、というより合理主義者だが)の池田氏にも共通したということは、これらはどの立場の人も問題を考える際に受け止めるべき事実であろう。

靖国神社が当時の人々の戦死の恐怖を完全に乗り越える装置になったとは思わない。しかし重要な役割を果たした。境内には戦前の陸海軍関係の記念碑が大量に並んでいる。

日本帝国陸海軍の非合理性

日本帝国陸海軍、そして日本帝国の戦争観は、醜悪な面がある。兵士の命を粗末に扱うのだ。旧軍は明治の建軍以来、戦勝を重ね、日本の国際的地位を高めた栄光の歴史がある。一方でその醜悪な面、そして太平洋戦争で大敗した負の歴史がある。恥ずべき歴史は、記憶をしなければならない。

太平洋戦争(満洲事変・日中戦争は除く)は軍人・軍属230万人、民間人80万人の死者を出した。(厚生省の統計。後述の数字と違う。)そして国土は破壊され、国富の3割をなくした。しかも、その敗北は歴史上のあらゆる敗者と同じように、自国の失敗が大きく影響している。

私が腹を立てるのは、この戦争で頻発する非合理性である。戦争の勝利という軍の追求すべき目的に基づく合理的行動より、軍官僚の保身、人命の軽視、プロにあるまじき錯誤が目立つのだ。「戦没者に感謝」などと、きれいごとで決してすまない。普通の感覚なら「責任者でてこい」と、糺弾すべき話が多い。特にひどい2つの問題がある。

第一の問題は、大量の餓死者を出したことだ。終戦時に多くの部隊が全滅、また資料が破棄されたため正確な事実は分からない。しかし数十万人単位で、餓死が出たと推定される。歴史学者の藤原彰氏は、太平洋戦争の戦没者の212万人のうち、約6割の127万人が餓死、病死、戦地の栄養不足で死亡したと推計している。(「餓死した英霊たち」(青木書房))この人は、日本軍を批判する情報に片寄りがちの歴史家で、同書も精緻な分析とはいえない。しかし大量であったことは疑いない。

普通の軍事常識なら、補給に基づいて軍を展開する。ところが、日本の陸海軍は調子のいいときに戦線を拡大。その後に制海権、制空権を奪われ、部隊を孤立させてしまう。米軍の有能さだけではなく、自らの過ちによって日本軍は自壊した面がある。歴史家の保坂正康氏の『昭和陸軍の研究』(朝日新聞社)によると、戦後、作戦を立案した大本営陸軍部(参謀本部)作戦課の課員のエリート将校が、「あんなに餓死がいると戦後初めて知った」と振り返ったという。彼らには、兵士は「駒」だったのだ。

第二の問題は、兵士に自殺攻撃を、部隊に全滅をうながす命令が大量に出されたことだ。敗北が確定的になったときに、米軍が言うところの「バンザイアタック」という白兵突撃が各地の陸戦で繰り返された。そして全滅を「玉砕」(玉とくだける)という言葉で隠した。また特攻という美名で爆弾を持ち、航空機、潜水艦で突入させる戦法もあった。その要員となった若者の精神的な苦痛を想像すると、言葉を失う。戦後、「特攻は志願だった」という虚構が軍の立案者によって振りまかれたが、事実上の強制だった。

これらの事実について、私は日本軍の作戦・戦備立案者、それを認めた組織に怒りを覚える。戦争は人間の社会で避けられない以上、軍は必要かもしれない。しかし国も軍も、飢餓という地獄に直面させる、爆弾を持って突っ込ませるなどの非人道的行為を、国民に強制させる権限は絶対にない。

この2つの問題、そして人命軽視の思想は、戦死者は神として鎮座するという靖国と密接に関わっていた。戦争末期、陸海軍の文献を読むと、訓示で特攻要員に「諸神は」と呼びかけるしらじらしい表現がある。死にゆく人々を、神とおだてている。これは靖国の存在が前提になっている。

合理性欠如の風潮への懸念

こうした日本帝国とその陸海軍の負の側面と密接に絡み付いた靖国神社に肩入れすることを、私は理解ができない。慰霊はどこでもできる。もし特定の場でしたいなら、靖国神社からわずか500メートル離れたところに、無宗教の追悼施設の千鳥ヶ淵戦没者墓苑がある。

「慰霊」というなら、静かに祈るべきである。靖国には政治的意味がまとわりつきすぎている。そこに首相が訪問する、そしてそれに喝采を叫ぶことによって、政治的な問題となり騒擾が起こっているのだ。

昭和30年代、8月15日の終戦記念日になっても靖国神社は、今とちがってがらがらだったという。靖国神社の虚構を、戦争を体験した人が知っていたためであろう。一方、ここ数年の終戦記念日に、靖国神社は私が見学したところ混雑していた。虚構の構造が見えなくなっている人が多いのだろうか。

私個人は靖国神社に否定的な見方をしているが、それを信じる人、またここを慰霊施設と見る人の意見は尊重するし、靖国神社を感情的に罵倒する人も不快だ。また中国、韓国、北朝鮮、米国など他国が干渉するのも、反感を抱く。

しかし靖国神社に首相が訪問することは、国家意思の表明となる。これは対外的なメッセージになるだけではない。それよりも、日本帝国とその軍が、自国民と兵士に行った恥ずべき歴史を肯定するという意味を持ってしまうのだ。

私は日本の軍事史を読む際に必ず出てくる、合理的思考の欠如が嫌いだ。そしてその非合理性の原因の一つは、「神の軍隊=皇軍(こうぐん)」という異様な自己規定から発生していると私は考える。そこに靖国神社はかかわっていた。

そうした非合理性から空疎な言葉が生まれた。大戦中には「アジアの解放」「自存自衛」「八紘一宇」(日本中心の共同体という意味)という、誰もが肯定する、しかし抽象的すぎて、中身のない言葉がスローガンとして広がった。

そして今は「戦没者を慰霊しよう」という誰もが異論のない叫びが社会にあふれはじめた。異論のない大きな問題設定をすることで、必要な問いを忘れ、思考が停止することがよくある。今回の騒擾もそのような危うさがあると思う。

国や組織による空疎なスローガンが、私たちの生活の現場では混乱の種になることを、太平洋戦史を見て考えた方がいい。かつても今も、靖国神社という装置は、非合理的な波紋の元になっている。

私が、太平洋戦争中に兵役の適齢期となり、徴兵「させられ」、自殺攻撃や、餓死を「させられ」、靖国で英霊に「させられた」としよう。多分私は、高級軍人、また後から祭られた東条英機などのA級戦犯を殴って歩くだろう。

安倍首相の靖国参拝とその喝采の風潮は、日本の政治と社会がいつまで経っても、感情に傾き、合理性から遊離している証(あかし)に見えてしまう。

(追伸)字数が大幅超過してしまうので入れなかったが、日本帝国陸海軍のもう一つの問題は、国民保護という観点も欠落していたことだ。南方、中国、満洲で100万人の在留邦人が、そして30万人の沖縄県民が戦争に巻き込まれた。この人々を守る戦い方はあったのに、それをしなかった。


HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

知覧特攻平和会館の【特攻隊員の紹介】 / 【紹介】子宮頸がんワクチン接種事業中止は叶わず

2013年12月30日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 この子犬を抱いた荒木幸雄隊員ら5人の写真は特攻隊の写真としては最も有名なものです。ところがFacebookには万世基地ではなく知覧基地のような投稿がありました。勘違いされている人も多いようです。

 その一因が知覧特攻平和会館のホームページにある【特攻隊員の紹介】というページ。

特攻隊員の紹介

 この中に写真があり、「1,036柱の隊員の遺影が出撃戦死した月日順に掲示されている。その下には家族・知人に残した遺書・手紙・辞世・絶筆等を展示してある」と解説しています。万世基地で撮影され(ここから飛び立っていった)ことについての説明はありません。となれば掲載されている写真の隊員が「1,036柱」に含まれると思うのは極めて自然なことです。知覧の観光パンフレットにもこの写真が使用されています。故意かどうかはわかりませんが「写真は知覧基地と思わせている」といわれても仕方ありません。

 あまりにも有名な写真であり誤解されるようなことはしてはなりません。ましてや歴史館の役割もあるわけですから史実には正確であるべきです。

 私は万世の出身で基地跡までは家から直線で約1㎞の近さで、ここで走ったり野球の練習をしたものです。そんなこともあってこだわっています。なお万世特攻平和祈念館にも当然ですが同じ写真が展示されています。

万世飛行場跡 - 鹿児島県南さつま市

振武隊員異動通報 第一號と號業務班 六月十二日調 (荒木幸雄隊員は第七十二振武隊です)

 安倍首相の靖国神社参拝、その安倍首相の友達で百田尚樹氏の小説「永遠の0」が映画化されていることもあり、当時の状況について調べています。

 特攻隊員は軍国主義の被害者であり、いたずらに美化することは戦争指導者の責任を免罪し、実相を覆い隠すことにつながります。後から俺も続くといって、死地に追いやった上官が戦後生き延びていくなど理不尽がまかり通ったのが戦争です。英霊と美化する権力者はまず自分が率先して死地に赴く覚悟があるのでしょうか。私は命令し、あなたは従うのだと考えているように思えて仕方ありません。

 太平洋戦争が勝ち目のない無謀な戦争であり、靖国に祀られている人の多くが戦死ではなく飢えと病気で亡くなったこと、また無謀な戦争を引き起こしたA級戦犯と、その被害者とが区別されずに祀られていること、西南戦争、戊辰戦争で政府軍と戦った兵士は賊軍として祀られていないこと、戦争肯定する遊就館の存在、皇国史観・国家神道のシンボル、・・・など、私は平和を祈る場所として靖国神社は理不尽そのものだと考えています。

【情報紹介】

インフルエンザ:昨季ワクチン効果低く 製造中、株が変質

接種事業中止は叶わず――厚労省は子宮頸がんワクチン接種事業継続を発表、勧奨再開は持ち越しに

「日本」という国家から、この日の少女たちへのクリスマスプレゼントが、これなのか。クリスマスの夜、政府は少女たちの未来を危険に晒し続ける判断を下した――。

 全身が痙攣(けいれん)し、失神にまで至ったり、四肢の機能に障害が出たり、知覚が異常になったり、全身が脱力するなど、深刻な副反応被害が出ている。そうした報告が相次ぎ、ワクチンの中止を求める声が高まる中、接種事業は今後も継続されることが本日(12月25日)決まった。判断を下したのは、厚生労働省である。

 厚生労働省は、12月25日に行われたワクチン副反応検討部会で、現状の措置を維持し、子宮頸がんワクチンの「積極的勧奨」の再開を見送った。これは、ワクチン接種事業に対する多くの反対の声を無視できなかったためとみられる。とはいえ、接種事業が中止されることはなく、子宮頸がんワクチンの接種は継続されるので、結局、被害者の少女らの声は聞き入れられなかったも同然である。

 子宮頸がんワクチンをめぐる、国と医師会と自治体の発言を辿っていくと、福島第一原発事故による放射線被爆問題についての、国や東電の弁明が脳裏に浮かぶ。御用達者と役人が手を結び、被害者の救済よりも、業界の利権を最優先に守ろうとする構図が重なりあうのだ。子宮頸がんワクチンの副反応被害対応でも同じ愚行を繰り返すのか。犠牲になるのは、今回もまた子どもたちだ。

 下の動画をご覧いただきたい。IWJが5月10日に取材した全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会で紹介された、ワクチン被害者の少女らの映像である。子宮頸がんワクチンを接種したことで、全身痙攣や歩行困難などの副反応に苦しむ少女たちは、外に出て友達と遊ぶことも、運動をすることも、学校で勉強をすることもできなくなってしまったのだ。

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

コミュニケーション能力とは何か?内田樹の研究室 なかなかいい話です。

2013年12月29日 | 日々雑感
コミュニケーション能力とは何か?内田樹の研究室 からです。

 内田樹さんの以下の内容は説得力があります。学ばなければと思いました。最後に取り上げている幕末の逸話の中で《コミュニケーションを架橋したのは鐵舟の「赤誠」である。》はまさにその通りで、感動的な逸話です。以下は一部ですが、全体を読んでいただければ「なるほど」と共感していただけるのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミュニケーション能力とは、コミュニケーションを円滑に進める力ではなく、コミュニケーションが不調に陥ったときにそこから抜け出す力だということである。

マニュアル主義者は「想定外の事態に遭遇した場合にも、現場で自己裁量することは許されない」と深く信じ込んでいる。現代日本のシステムがことごとく機能不全に陥っているのは、私の見るところ、この病的なマニュアル主義のせいである。

「臨機応変で事態に処することのできる力」は生物にとって必須の能力であり、それを涵養することが教育の本務であるという合意は私たちの社会にはもう存在しない。求められているのは「すべてを列挙した網羅的マニュアル」の整備と、「決して自己決定しないで、逐一上位者に諮って、その指示を待つ」人間の育成である。

まことに愚かなことと言わねばならない。この病が蔓延したことによって「どうしてよいかわからないときに、適切にふるまう」という人間が生き延びるためにもっとも必要な力が致命的に損なわれたからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

立場が大きく異なる者同士が互いにわかり合えずにいる」のはそれぞれがおのれの「立場」から踏み出さないからである。「立場」が規定する語り口やロジックに絡め取られているからである。「わかり合う」ためには「立場」が定めるコードを適宜破ることが必要だというコミュニケーションについての基礎的知見が共有されていないからである。

「あなたは何が言いたいのですか。わからないので、しばらく私の方は黙って耳を傾けますから、私にわかるように説明してください」と相手に発言の優先権を譲るというのが対話のマナーであるが、このマナーは今の日本社会では認知されていない。
今の日本でのコミュニケーションの基本的なマナーは「自分の言いたいことを大声でがなり立て、相手を黙らせること」である。相手に「私を説得するチャンス」を与える人間より、相手に何も言わせない人間の方が社会的に高い評価を得ている。そんな社会でコミュニケーション能力が育つはずがない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
幕末の逸話をもう一つ。
山岡鐵舟が江戸開城の交渉のために駿府に西郷隆盛を訊ねて東海道を下ったときの話。薩人益満休之助ひとりを伴った鐵舟は、六郷川を渡ったところで篠原國幹率いる官軍の鉄砲隊に遭遇した。鐵舟はそのままずかずか本陣に入り「朝敵徳川慶喜家来山岡鐵太郎総督府へ通る」と大音あげて名乗った。篠原は鐵舟のこの言葉を受け容れて、道を空けた。

鐵舟と篠原では立場が違っていた。ロジックが違い、コードが違っていた。コミュニケーションが成立するはずのない間柄であった。けれども、鐵舟はそこに奇跡的に架橋してみせた。

鐵舟はあえて「朝敵」と名乗ることによって、篠原に次のようなメッセージを送ったのである。あなたがたから見たら私は殺すべき相手であろう。私はそれを理解している。あなたの立場であれば、それは当然だろう。だが、その判断を機械的に適用することを今いっときだけ停止してはもらえまいか。判断を留保して、「目の前にいるこの男の言い分にもあるいは一理あるのかもしれない」という仮説的な未決状態を採用してはもらえまいか。現に私は幕臣であれば決して口にすることのない「朝敵家来」という名乗りをなしているではないか。私は私のコードを破った。あなたはあなたのコードを破ってはくれまいか。

 篠原に向かって鐵舟はそう言って「身を乗り出して」みせたのである。コミュニケーションを架橋したのは鐵舟の「赤誠」である。
私はこのような力をこそコミュニケーション能力と呼びたいと思うのである。

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

橋下市長の特別秘書 奥下剛光氏の冬期ボーナス

2013年12月29日 |  #新社会党
一昨日のいばらき自立支援センターぽぽんがほぽん、しよう会(地域・校区で「障害児・者」の生活と教育を保障しよう茨木市民の会の忘年会で)



 資料の整理。議員になった1980年ごろからの大阪新報を整理しました。大阪新報は社会党の大阪府本部で発行されていたものです。当然ですが自分の関わってきた運動、選挙、そして多くの党内外の顔と名前。懐かしいものです。ただ社会党が新社会党、社会民主党、民主党に分解して消滅する中で発行されなくなります。

 気になるのは果たして大阪新報はどこかで保存されているのだろうかということです。保存に私が責任があるわけではないのですがどこかに保存されていてほしい。そう願いながらの処分でした。今日大方処分したもの。大阪新報、河内新報、茨木で発行されていた茨木タイムス。

【情報紹介】

橋下市長の特別秘書 奥下剛光氏の冬期ボーナス ジャーナリスト西谷文和さんのブログから

 権力の私物化、公私混同のダブルスタンダード。安倍や橋下など口先だけの人間につきものです。

橋下市長の特別秘書 奥下剛光氏の冬期ボーナス

 年末ギリギリになって、大阪市役所から情報公開請求していた文書が開示された。それは橋下市長の特別秘書である、奥下剛光氏に支給された冬期ボーナス明細だ。

557,966円。毎月の給与が453,631円なので、その2、05か月分、つまり92万9943円が予定の支給額だった。実際にはこの額の60%、55万7966円が支給された。なぜか?

彼は2013年6月21日から7月21日まで、「一身上の都合」で休職し、さらに9月1日から9月30日まで、やはり「一身上の都合」で休職したので、40%減額されたのだ。6〜7月の休職は、参議院選挙で日本維新の会の選挙運動をしていたからであり、9月は堺市長選挙で、維新候補の応援をしていたからであろう。念のため言っておくが、奥下秘書への給与もボーナスも税金だ。日本維新の会、あるいは橋下氏個人から給与が出ているわけではない。
問題点を列挙してみよう。

1 特別秘書で一般職員ではないが、選挙のたびに1か月、合計2か月も休職することが、なぜ認められるのか? 橋下市長は一般職員には常々「政治活動をするな」と厳命を飛ばし、外回り勤務の後、10分だけ喫茶店で休憩した職員を懲戒処分にしている。ならば、奥下秘書の休職は、認められず、2か月も仕事を休んだのなら、最大級の懲戒処分を受けるべきではないのか?

2 奥下秘書にはタイムカードもなく、業務記録もない。そもそも大阪市の秘書の仕事をしているのか、維新の会の仕事を手伝っているのか、何をしているか分からない状態で、毎月45万3千円の給与が支払われている。雇用主は大阪市長だ。これでは雇用責任が問われる。業務日誌はないが、彼の行動を垣間見ることができる。それはツイッター。12年末は日本維新の会共同代表としての橋下氏にくっついて全国遊説をしていたようだ。ちなみにこの時は(私たちが騒いでいなかったので)、休職もせずに、選挙の手伝いをしていたようだ。

3 そもそも特別秘書を雇う理由が見当たらない。市役所には一般職員の秘書がいるし、半年の間に2か月も休暇が取れる秘書を、なぜわざわざ条例まで作って税金で雇用しなければならないのか。
4 給与とボーナスの支給額に驚く。休職していなかったら、年末に92万円プラス45万円で、137万円!特別秘書は課長待遇だそうだ。タイムカードもなく、業務日誌も書かずにすんで、2か月も休暇が取れるほど「自由な」職場で、普段は市役所の維新議員団控え室でダベっていて、この報酬。

橋下市長は、大阪市立の保育士の給与が高すぎる。だから民間委託にする、と言う。私は、保育士は子どもの命を預かり、発達に責任を持ってくれる貴重な仕事なので、公務員として給与を保証し、人材を確保すべきだと思う。むしろ民間保育士の給与が劣悪すぎると思っている。給与水準を低い方に合わせて切り下げてきたから、ブラック企業がはびこり、出口の見えない消費不況に陥っているのではないか。

子どもの命を預かり、女性の社会進出を支えてくれる保育士の給与が切り下げられようとする一方、自分の特別秘書には税金で大盤振る舞いの報酬を与え続ける。こんな大阪市でいいのだろうか?橋下という人物をトップに選んでしまったことに、後悔する人がますます増えてくるだろう。


HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

社会科学者の時評 幼稚と傲慢,安倍晋三の「靖国理解のトンデモな間違い」 ・・・。

2013年12月28日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
以下のページを見つけました。「なるほど」とうなづくことの多い論考で、じっくりと読みたいと思っています。「社会科学者の時評」を読むまでもなく、権力者がいかにウソつきか、そのウソによって多くの人をだましてきたのか。そのことを多くの人に知ってほしいなと思います。

社会科学者の時評

とりあえず最近の話題の参考になればと思うもの。見出しだけここに書いていますが、ぜひじっくりと読んでください。
「戦時中、国民の生命を鴻毛のごとく扱いながら、死んだら英霊として祀る」ことなど断じて許されるものではありません。死者への冒涜であり、大きなごまかしです。

■ 幼稚と傲慢,靖国神社には「不戦の誓い」のために参拝したという,安倍晋三の「靖国理解のトンデモな間違い」 ■

 ◎ いまの「天皇陛下」もなぜ,靖国に参拝しないのか,その理由(天皇家の個人・家庭的事情)をしらないのか? ◎

【歴史への無知・無理解が,勇猛果敢にも,靖国神社参拝という行為を,安倍晋三にやらせた】

① 昨日〔2013年12月26日〕,靖国神社に参拝した日本国首相の安倍晋三の歴史無理解精神の構造的問題

 1) 戦争神社である「靖国神社」に固有である〈歴史的な基本矛盾〉
    -その存在価値は敗戦によってすでに無に帰していた-
 2)「賊軍」のための神社が必要か?-負け惜しみをいうための橋頭堡が靖国なのか-

②「不戦の誓い」を靖国神社参拝の理由にする暗愚
     -「好戦の誓い」のための靖国神社であるのに,
        それとは真逆の〈誓い〉をたてるという倒錯の
          「屁理屈」,歴史の知識に無縁でしかない時代錯誤-

 1) 自己欺瞞である敗戦後史における靖国神社の歴史
 2) 靖国神社の犯歴とは距離を置きたい防衛省自衛隊の「メモリアル・ゾーン」の設置
 3) 国家が簒奪してきた庶民の祭祀

③ 鎮霊社にも参拝したという,これまたひどい,安倍晋三流の〈暗愚の行動〉

④「国に捧げられた尊い命」という陳腐な〈決まり文句〉
 1)『戦 陣 訓』
 2)『軍人勅諭』
 3)『生きてゐる兵隊』は鴻毛の軽さでも,死んだら「靖国の〈英霊〉」になるというこの落差
 4) 昭和天皇の歴史的な打算がみえないのか?

■ 昭和天皇が帝国臣民を愚民視した敗戦直後の証拠文書 ■
■ お手軽愛国主義が斬れない自身・自国の問題点 ■
■ 憲法改正問題と特定秘密保護法案の成立 ■

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

今年最後の茨金/しよう会忘年会/【紹介】子宮頸がんワクチン “副作用”に苦しむ少女/重い副作用538件

2013年12月27日 |  #茨木市議会


 夜の予定もあって今日は2時間早めて午後4時から今年最後の茨金(「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動 阪急茨木市駅)、10名の参加でマイク宣伝とビラ配布。冷たい雨は途中から止みましたが一番の寒さ。来年も継続します。

 夜はしよう会(地域・校区で「障害児・者」の生活と教育を保障しよう茨木市民の会)の忘年会。今年も多くの当事者、家族、スタッフ、ボランティア、支援者の皆さんでにぎやかでした。今年は社会福祉法人化に向けて大きく踏み出した年でもあり、関連しての発言が目立ちました。



 仕事納めということもあって一年間のお礼をしながら「新社会」の新年号の配布と集金。 

子宮頸がんワクチン “副作用”に苦しむ少女 TBSより

 重い副作用が相次いで報告されている子宮頸がんのワクチン。行政が接種を呼びかけるかどうかの議論は今も続いています。ワクチンの是非をめぐる議論の影で、今も「副作用」に苦しんでいる少女たちがいます。効果的な治療もないまま学校にも通えず、心に大きな傷を負っています。

 家の中の移動は椅子に座ったまま。階段は後ろ向きで、手で体を引き上げながら一段ずつ上っていきます。自分の部屋にたどり着くのも一苦労です。神奈川県の中学2年生・吉川佳里さん(13)は、3か月前から自力で立てなくなりました。

 「指先に力が入らないので、握力がないので落ちてしまう。お茶わんも普通に持てない」(吉川佳里さん)

 ダンスが得意で活発な女の子でしたが、去年から今年にかけ、3回に分けて子宮頸がんワクチンを接種した後、過呼吸の発作が出るようになりました。ついに9月の体育祭の練習中に手が震え出し、足の力が入らなくなったのです。

 「できたことができなくなっちゃって、やっぱりつらいですね」(吉川佳里さん)

 4つの病院で検査を受けましたが、詳しい原因はわからないまま。ワクチンの副作用だと訴えていますが、病院の医師からは否定されました。

 「医師から“精神的なもの、現代的な病気だ”と言われて、“そのうち立てるだろう”と」(母親 吉川ともみさん)

 吉川さんの母親は、自治体からの勧めに従ってワクチンを受けさせたことを後悔しています。

 「自分で責めてしまう。娘が注射を嫌いなのを『行こうよ』と誘って『嫌だよ』と言うのを打たせた。母親としての愛で打たせようと。結果的にはこういうことになってしまって本当に申し訳ない」(母親 吉川ともみさん)

 副作用に苦しむ少女たちの姿。突然起こるけいれん。手足のしびれ。歩くこともままなりません。こうした副作用について、国や病院は、ワクチンとの因果関係を証明するのは難しいとしています。

 「注射したところと全然違うところに痛みがでてくることも多い。今回の女の子たちの痛みも1万人に数例出るか出ないかのレベル。ずっと続いている痛みは原因を特定するのは難しい」(愛知医科大 牛田享宏教授)

 なぜ、自分の体に重い症状が出たのか、その原因を知りたい・・・吉川さん親子は被害者の会に参加し、同じような症状を訴える中高生と会いました。

 「頭の中で文章がまとまらない」
 「物忘れが激しくなった」
 「『CAT(キャット)』という字が覚えられなかった」
 「副作用があるということが普及していない」
 「体調悪くて保健室に行くと、クラスの男子から『お前、さぼり?』って言われない?」(副作用に苦しむ少女)

 ワクチンによる副作用の報告が相次ぐ一方、日本では年間1万人近くが子宮頸がんになり、およそ2700人が亡くなっています。ワクチンはおよそ130か国で承認されていて、海外でも副作用の報告例はありますが、日本以外に接種の推奨を一時中止した国はありません。ワクチンは有益だとの意見も少なくないのです。

 しかし、こうしたワクチンの是非をめぐる議論の影で、少女たちは副作用に苦しみ続け、救済を求めています。

 「(副作用が出た人数が)少ないからって関心を持たない人が多い。みんな他人事なので。皆にわかってもらいたい。私たちのつらいこと、不安なこと」(吉川佳里さん)
(25日15:48)

子宮頸がんワクチン、重い副作用538件 TBSより 

 子宮頸がんの予防ワクチンの接種で副作用が相次いでいる問題で、ワクチン接種の扱いをめぐり、25日午後から厚生労働省の専門家会議が開かれています。

 子宮頸がんワクチンについて、厚労省は女子中高生たちに接種を積極的に推奨し、今年4月には小学6年生から高校1年生を対象に無料の定期接種としました。女子中高生を中心に261万人が接種を受けていますが、重い副作用の報告が相次いだために、厚労省は今年6月に方針を変え、積極的な推奨を一時中止していました。

 現在行われている専門家会議では、最新の調査結果が発表され、ワクチン接種後に失神など意識レベルの低下や全身に広がる痛みなど副作用を訴え出たケースが2320件あり、このうち、重症な症状は538件に上ることが報告されました。前回の調査から37件増えています。症状が回復するケースも多く見られますが、症状が回復せず、現在も感覚の麻痺や運動障害などの後遺症に苦しんでいる人もいるということです。

 会議では最新の調査結果を踏まえ、ワクチンの接種の推奨を再開するかどうかの検討されていて、今晩中には結論が出る見通しです。(25日17:23)

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

安倍首相が靖国参拝/【紹介】「もっとおいしい食事をさせてあげたかった」/「もう役所には行きたくない」

2013年12月26日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 昼から雨。「お元気ですか」の原稿書き。安倍首相が靖国参拝。以下は小泉首相が参拝した2005年9月30付のこのブログからです。

 本人や家族の意思を無視して霊魂を奉るという靖国神社の傲慢さ。魂があるとすれば靖国なんかじゃなくて、家族の住むふるさとに帰っただろう。

 国家とは一部支配者のこと。そんなもののために誰が死ぬかと私は思う。本人が自らの意思で命を捨てたのではなく、支配者が捨てさせた、奪ったというのが正しい。

 それを国家のために命を捨てたのだから、国家が奉るのは当然だと権力者はウソをつく。これでは死者は死んでも死に切れないだろう。

 天皇の軍隊は階級が一つ違えば天国と地獄の理不尽な世界 。俺の命令は天皇の命令だといって、下のものを痛めつけた。誰が「天皇万歳」などといって死ぬものか。天皇制でマインドコントロールされていたから「天皇万歳」と叫んだ兵士はいたとは思う。

 しかし大部分は愛する家族や身近な人のためなんだと自らを言い聞かせながら不条理な死を受止めていった。生きたい、生きたいと思って死んでいったことだろう。そう思う。

 兵士の命を鳥の毛よりも軽く扱った戦争指導者を神と奉る小泉氏の神経を私は許せない。ましてや侵略されたあげく、日本兵として死んでいった台湾や朝鮮の人々の無念はいかほどかと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以下は2006年9月12付のこのブログからです。

 最も右翼のぼんぼん安倍に決まっているような総裁選の演説会に人はくるのだろうか。

 佐高 信は「新社会」に次のような事実を基にして「安倍は闘う政治家どころか姑息な政治家」だと批判している。

 安倍は叔父の西村正雄(日本興業銀行元頭取、この8月1日に急逝)に偏狭なナショナリズムに陥ってはいかんと強く戒められ、また「私の目の黒いうちは晋三を次の首相にはさせません」と周囲に明言されていた。安倍側が8月3日に´4月のこっそり靖国参拝´をマスコミにリークしたが、このことを言えば西村に頭ごなしに叱られるので隠していたが、西村がなくなったのでリークしたのだと・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生活保護に関する二つの情報です。

 窓口に相談に来られる人たちにいかに接するのか。くれぐれも水際作戦的な感覚で申請を拒むことのないように願いたいものです。また申請者からの音沙汰がない場合に訪問できるだけの人的充実が望まれます。

「もう役所には行きたくない」生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち 【第181回】 2013年12月26日 池上正樹

痛ましい事件。
大阪市北区 母子餓死 「もっとおいしい食事をさせてあげたかった」

大阪市北区で2遺体が見つかったマンションで
息子と住んでいた母親の井上充代さん(28)が
転居前の昨年9~10月、夫の不在が続く中
繁華街の飲食店でホステスとして
接客の仕事をしていたことが30日、分かった。
元同僚や知人が取材に証言した。

 昨年7月に生活保護の相談窓口を訪れたが
その後の申請はなかったことが既に判明。
行政の支援は受けない一方、井上さんが
当時収入を得る必要に迫られていた可能性が強まった。

 元同僚や知人によると、井上さんは
息子の瑠海ちゃん(3)、夫とともに
大阪府守口市で生活していたが
一昨年の秋ごろから夫はほとんど家に不在となっていた。

 昨年9月、井上さんは大阪市北区の
繁華街で営業する飲食店に入店。
託児所に瑠海ちゃんを預けながら
ホステスとして店が営業を終了する
同10月まで働いていた。

周囲には自身の生活状況を語らなかった。

「もっとおいしい食事をさせてあげたかった」。
先日、大阪市内のマンションで
母と幼子の遺体が見つかった。残されたメモに心が痛む

 亡くなったのは、2月ごろ。室内に食べ物はなく
電気やガスも止められていた。
餓死や無理心中を視野に捜査が続く。
育ち盛りの幼子の腹を、最期まで満たせてやれなかった
母親の無念さはいかばかりか
 母子は誰にも住所を伝えていなかった。
何らかの家庭内トラブルで、周囲に居場所を言えず孤立
困窮したとみられている。

生活保護も受けていなかった。
なんとか救う手だてはなかったのか。社会全体で考えたい

 折しも国会では、不正受給対策を強化する
生活保護法改正案が成立する見通しとなった。
申請時に資産や収入を記した書類の提出を
義務づけた政府案の修正で与野党が合意した

 そもそも手続きが厳格化し、本当に助けが
必要な人が申請しづらくなるとの反対は根強い。
修正では、口頭申請も認められるよう法案に明記されるという。
それでも、現行の運用が保障されるだけだ。
身を隠さねばならない家庭内暴力(DV)被害者らが
より申請しやすくなるわけではない

 最後のセーフティーネット(安全網)の間口を
できるだけ広げるのは国の役目。
なのに弱者いじめにばかり目が向くよう。
社会の隅々にまで光をあてる。
政治本来の責任を思い起こしたい。

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

茨金のメンバーで懇親会しました/ 【紹介】秘密保護法 自民の「反論」は正当か/報道の自由度

2013年12月25日 |  #茨金 #脱原発
写真は脱原発をリードしてきた神山さん

 茨金(「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動 阪急茨木市駅)が1年4ヵ月続いています。いつも駅前だけではなくということで、今日はゆっくりと懇親会。

 原発だけではなく、なぜこのような活動をするようになったか、それぞれの生活などが話題に。楽しい時間でした。

 また片山前市議からは、戦争中の学校教育では天皇のために命を投げ出すことが最高の道徳と教えられ、臣民としての3つの誓いを毎日斉唱していたこと。ところが戦争が終わった直後に、すべてのものが焼却され、毎日拝んでいた天皇の写真も燃やされていてびっくりしたこと、父親が赤紙で戦争にとられ、なんの保障もなかったために生活が母親によって支えられたこと。今年亡くなられた神山さんとの付き合いなど、まさに戦後史そのものの歩みが感動的でした。

 党派を超えての運動が脱原発だけではなく、国政選挙も含めて広がればと思った次第です。

秘密保護法 自民の「反論」は正当か 2013年12月23日 東京新聞より

特定秘密保護法を批判する報道に対し、自民党が「反論」と称する文書を同党の国会議員に配布した。反論権は十分に認め、謙虚でありたい。それを踏まえても、中身には疑問を持たざるを得ない。

 文書のタイトルは「特定秘密保護法に関する誤った新聞報道への反論」だ。東京新聞(中日新聞東京本社)や朝日新聞、毎日新聞の報道や社説を二十三本、取り上げて、それぞれ逐条的に「反論」を加えている。

 例えば、「『行政機関の長』が、その裁量でいくらでも特定秘密を指定できる」と書いた新聞について、「反論・事実に反します」と冒頭で記す。さらに「特定秘密は、法律の別表に限定列挙された事項に関する情報に限って指定するもので、(中略)恣意(しい)的な運用が行われることはありません」と記している。

 問題なのは、肝心の別表の中身があまりに茫漠(ぼうばく)としていることだ。外交分野では「外国の政府との交渉」と書いてある。こんな言葉では、どんな交渉も含みうる。拡大解釈も、恣意的な運用も可能であろう。どこが「限定」していると言えるのか、不可解というほかはない。

 「国会や司法のチェックも及ばない」と書いた新聞にも、「反論・事実に反します」とし、「国会の求めに応じ、特定秘密を提供しなければならず、国会で必要な議論ができます」と書く。

 この記述は、議員が誤解しよう。たしかに国会の秘密会に提供する定めはある。だが、行政機関の「長」が「安全保障に著しい支障を及ぼすおそれがないと認めたとき」に限られる。

 そもそも特定秘密とは「安全保障に著しい支障があるため、特に秘匿するもの」である。支障がないと行政側が判断する情報は元来、特定秘密になりえない。法を読む限り、論理矛盾でないか。


 テロリズムの定義をめぐっても、「反論」があった。政府とは異なる解釈ができる条文の書き方で、根源的な問題である。法律自体が欠陥なのだ。

 自民党の文書は「一部の新聞は誤情報を流して国民を不安に陥れています」と記している。批判に背を向ける姿勢がうかがえる。

 報道機関は良心に従い、権力を監視し、問題点があれば、報道し、言論を述べる。野党も追及する。国民もデモなどで声を上げる。民主主義社会では正常な風景である。国民を不安に陥れるのは、秘密保護法そのものである。

安倍政権になって急落した報道の自由31位も低下して179国中53位です
報道の自由度ランキング

 「報道の自由度ランキング」の説明です。

 ジャーナリストによる非政府組織「国境なき記者団(Reporters Without Borders)」が公表している 「世界の報道の自由度指数(World press freedom index)」を基に作成。報道の自由に対する侵害について、ジャーナリストに対する拘束や暴力、メディア規制、インターネット検閲などの項目で調査している。

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

京丹後市・経ヶ岬に 米軍基地はいりません/国民年金滞納者、差し押さえ…予告督促状送付へ

2013年12月24日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 玉島小学校集団登校の見守り。今日が終業式で持ち物が少なくなっています。成長を感じる子どももいて、あっという間に中学生になるんだろうなと思ってしまいました。「お元気ですか」の原稿書き。

【情報紹介】

 私は時間が取れなくて行けませんでしたが、多くの人たちが参加して近畿初めての米軍基地に反対の声を上げています。

(30分)京丹後市・経ヶ岬に 米軍基地はいりません 平和の叫び&

金持ちには天国、貧乏人には地獄の安倍内閣です。

厚生労働省、国民年金滞納者に予告督促状送付へ!支払い期日を過ぎた場合、財産の差し押さえを実行!延滞金も発生!

引用:
読売新聞 12月12日(木)20時53分配信
 厚生労働省は12日、国民年金保険料を指定された期限までに納付しない滞納者全員に対し、財産差し押さえを予告する督促状を送る方針を固めた。

 13日の社会保障審議会専門委員会に案を示す。

 督促状が届くと同時に延滞金が課されることになる。ただし、督促状で指定した期限までに納付されれば、財産差し押さえは行わない。

 現在、督促状は一部の対象者にしか送付されていないが、厚労省は日本年金機構の担当職員を増やして対応する。
:引用終了

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌

★「秘密保護法と闘う男」(Aさん) よりメッセージ

2013年12月23日 |  #平和 #民主 #人権 #憲法
 申し込んでいた加古川マラソン。練習していなかっただけでなく走りたいとの意欲がわかずキャンセル。今年の走りは故障からの回復まではいかず不本意な一年となりました。しかしそんな年もあって当然かもしれません。来年に向けて故障しない身体、基礎体力の強化、筋力トレーニングなどコツコツと調整するつもりです。

 12月議会報告の「お元気ですか」の原稿書き始めています。

秘密保護法と闘う男」(Aさん) よりメッセージ

 みなさん。私は、特定秘密保護法を、断じて許すことができません。
たった一つの法律が、日本国憲法の三大原則である国民主権、平和主義、基本的人権の尊重を揺るがしてしまうのです。戦後約70年続いてきた平和な日本、これを支えてきたのが日本国憲法だと思います。ところが、ぽっと出てきた好戦的な総理大臣が、私たちが築いてきた70年間の平和をくずそうとしています。これを許すわけには絶対にいきません。

 私は、12月6日の夜、日比谷野音から何千人もの人たちが秘密保護法の裁決反対を訴えて国会に向けて大行進してきたのを見て、本当に心から感動しました。そして、これは今夜、日本初の市民革命が起こると確信しました。その盛り上がりを一緒に見た仲間も、「これだったら、公明党が通常国会で法案を出し直しましょうと自民党に言うはずだ」と言いました。私は、その時の様子を見て、政府が強行採決をしてもしなくても、高まった世論の力によって安倍内閣を倒せると感じました。

 しかし、現実には、集まった人々の気持ちや心からの怒り、願いを感じ取る感性が全くない安倍首相の愚かな決断により、私たちの気持ちは踏みにじられ、本会議で強行採決されてしまいました。私は、どうしてもこれが許せず、何日も何日も朝から晩まで「秘密保護法反対!」を叫び続けている仲間の気持ちを思えば思うほど、この強行採決を黙って見過ごすわけにはいかなくなりました。

 自民党議員がおそろしく下品なヤジを叫ぶ中で、私たち傍聴者にはヤジどころか拍手すら許されていません。この状況では、与党の議員が、“我々が主人であり、国民は我々の下にあるのだ”と勘違いしても仕方がありません。事実、与党議員のおごり高ぶりをこの目で見て、それは目に余る耐え難いものでした。

 私は、秘密保護法廃案を心から願う日本中の心ある仲間たちと世界中で心配してくれている友人たちに「私たちは絶対にこの強行採決を許さない!」というメッセージを伝えたいと思いました。また、私たちの怒りがどれほど強いものかを与党の議員たちに伝えたいと思いました。そのために、傍聴していた私は、やむにやまれず自分の靴を本会議場に投げ込んだのです。

どうぞ、皆さん、私の気持ちを理解して下さい。そして一日も早く私が自由になり、秘密保護法を廃案にする運動に皆さんととも関わることができるように力を貸して下さい。心からよろしくお願いいたします。

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。その意味も込めて投稿のトップにあきらめないぞ!の歌を持ってきました。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌