平和とくらし 茨木市議 *山下けいきの日々是好日

平和憲法が私の原点。鹿児島の吹上浜、桜島が原風景。毎週、総持寺、茨木市、JR茨木、南茨木の4駅をアピールランしています。

PTAのあり得ない話、任意加入の周知を /【紹介】橋下徹はなぜマック赤坂を恐れるのか?

2014年03月18日 |  #茨木市議会 #茨木市情報#地方自治
 夕方から学校教職員の方からの相談事への対応。学校管理職が児童だけでなく教職員に対してもきめ細やかな配慮があればと思う次第でした。学校教職員のストレスによる休職は増える一方で、文科省からの縦からの締め付けと、授業アンケートなど必要以上に地域の目を気にしなければならないような環境下にあります。もともと子どもたちが好きでなった人が大部分と思っており、子どもと過ごす時間が大切にされるような環境にしたいものです。

【今日のメモ】彩都地区にある緑風観光バスの車庫に出入りする際に周辺住民に多大な迷惑をかけている件で箕面市議と状況確認。

PTAのあり得ない話、任意加入の周知を 3月市議会・文教委員会質疑概要①

 ある中学校でPTA会長と学校長の連名で「PTA専門委員の選出について」のプリントが配られ、その中には「立候補で委員が決まらない場合は子どもさんのくじ引きにより決定いたします」、「未提出者は選出対象になる」とあった。

①PTA会員でもない子どもが、PTA役員の選出に関わること自体、組織運営上あり得ない話である。社会ルールとしても間違った認識を生むことになる。
②もし子どもが抽選で専門委員を引き当てた場合、親とのトラブルのもとにならないか。
③任意団体で学校は関与しないといいながら、学校長の名前で関わっているのはおかしいのではないか。
④今回の指摘で市教委はどのような指導を学校長に行ったのか。
⑤朝日新聞でもPTAが任意団体であり、加入非加入は自由と知っている人は半数ではないかとの認識が文科省や関係者、学校現場からも示されている。任意によることを前提にしてPTA活動のあり方を考えていくことが重要と思う。教職員、保護者に任意加入であることの周知を図られたい。

【情報紹介】

東京大学・教授が解説「橋下徹はなぜマック赤坂を恐れるのか?

【たまにはYouTubeでくつろぎみませんか】
愛しきわが出雲 竹内まりや

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles)あきらめないぞ! (いつの世もあきらめたらおしまい。自民党安倍政権が政治の私物化をもくろみ、国民だれでも逮捕自由自在の「なんでも秘密」法(特定秘密保護法は自由民主党が自由と民主の真逆であるのと一緒で、特定ではなく官僚が秘密と言ったら秘密になる)に反対し続けます。この歌に勇気をもらって頑張ります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山下HP・「お元気ですか」  ◆今日も元気だ のぼりラン
◆山下Facebook ◆山下Twitter

blogランキングに参加しています。(1日1クリックでできる山ちゃんへの励まし。みなさんの「茨木情報」クリックが山ちゃんの元気になります。→  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 茨木情報へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国の放射能(水道、雨の放射能)濃度一覧
山下HP反核・反原発サイト、放射能情報公開、反原発の歌 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 文教委員会 ヘイトスピーチ... | トップ | ヘイトスピーチは表現の自由... »
最近の画像もっと見る

#茨木市議会 #茨木市情報#地方自治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事