デンマンのブログ

デンマンが徒然につづったブログ

性と愛と後悔 PART 1

2006-06-30 14:35:13 | 恋愛・失恋・不倫・性の悩み・セクハラ




性と愛と後悔
 





長い不倫生活の果てに、

得られたものは、

負の遺産ばかりでした。





2004-07-21 10:11:08

一度の関係で
終わろうと思っていました。

してはならないことをしてしまった、という思いと、
これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、
セックスして、
「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。

結局わたしたちは、
不倫関係に陥ってしまったのです。
そして次第にわたしは
苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は
心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、
“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”
という図式ができあがってしまい、
嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から
「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」
と言われました。

その時点ではその言葉は、
彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、
彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。
でも...
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。

そして、それと同時に
彼の奥さんに対する嫉妬は、
ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、
これからの生活などにも
嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、
妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、
どうすればいいのかわからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、
今でも情けなくなります。


わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

by レンゲ




『不倫の悦びと苦悩』より


デンマンさんは、この手記を持ち出して、またあたしを苦しめるのですか?

苦しめるのではありませんよ。僕は、レンゲさんが快方に向かっているという事をレンゲさん自身に知ってもらいたいからですよ。

でも、この手記はあたしが吉村さんとの長い不倫生活の果てに書いた悲しみの手記ですわ。

分かっていますよ。

分かっているのなら、どうしてこの手記をこのように何度も持ち出すのですか?

だから、僕は、レンゲさんが悲しみから立ち直っているという事を知って欲しいからですよ。

いいえ、デンマンさんは、あたしが忘れようとしている悲しみを何度も何度もあたしの胸に甦(よみがえ)らせようとしているのですわ。

ほらぁ~。。。レンゲさんは、またそうやって必要以上に自分を悲しいドラマのヒロインにしようとしている。

していませんてばあああああ。。。。んも~~

分かりましたよ。。。まだ書き始めたばっかりなんだから、ここで河内弁を使って僕をこき下ろさないようにしてくださいよね。

デンマンさんは、あたしの感情を高ぶらせて、世界のネット市民の皆様の前で、あたしに、はしたないマネをさせようとしているのですわああああ~ いけずやんかああああ~~

分かりました。どうか気持ちを落ち着けてくださいね。レンゲさんは誤解していますよ。僕はレンゲさんのすばらしさをここで書くつもりでいるんですから。。。

いいえ、そんなことはありしませんわ。上の手記は、あたしの懺悔です。後悔の手記ですわ。

だから、その事がすばらしいと言っているわけですよ。

どういうことですの?

実はね、Realogのメンバーの真新主さんから次のようなコメントをもらったんですよ。



確かに…あの子は自分自身は
『極めて単純な性格』だと言っていて、
でもそれを『制御統括』する人格が複数いて
知能が高いと…。

難しい単語をやたら並べてました。
レンゲさんより起伏が激しいというか…。

あの子の場合は何と言うか‥
難しい言葉を並べて知的な部分を見せていましたが、
中身が無いというか(汗)

あの子は、「声」 「ニュアンス」 「仕草」等で
相手の精神年齢が把握でき、
それに合わせて付き合うと(苦笑)
皆自分より馬鹿だと思っているようで‥。

あの~『自尊心』と『Pride』って意味的には同じですよね!?
「自尊心はないのにPrideが高いと言われました」(汗)

by 真新主 2006/06/28 11:37

『性と愛と苦悩 PART 3』 (6月24日)のコメント欄より


僕は、さっそく次のような返信を書きましたよ。



> 確かに…あの子は自分自身は
> 『極めて単純な性格』だと言っていて、
> でもそれを『制御統括』する人格が
> 複数いて知能が高いと…。


なかなかユニークな女性なんですね。
愚かな女性ではないようですよね。
僕は前にも書きましたが、自分で境界性人格障害を患っているという自覚がある人は
僕の経験では頭のいい女性が多いですよ。

でも、この女性はかなり自意識過剰気味ですね。


> 難しい単語をやたら並べてました。
> レンゲさんより起伏が激しいというか…。
> あの子の場合は何と言うか‥
> 難しい言葉を並べて知的な部分を
> 見せていましたが、
> 中身が無いというか(汗)


そういう印象を与えるところが
愚かなところなんでしょうね。
うへへへへへ。。。。



その女性は頭がよいと僕は言いましたが、
何から何まで完璧な天才というのは居ませんからね。
天才と気違いは紙一重とも言いますよね。

そのようなところが、彼女のほほえましい愚かさではないでしょうか!?


> あの子は、「声」 「ニュアンス」 「仕草」等で
> 相手の精神年齢が把握でき、
> それに合わせて付き合うと(苦笑)
> 皆自分より馬鹿だと思っているようで‥。


誰もが自分が可愛いし、大きな地震があって、他の人は死んでも
自分だけは生き残ろうするのが人間ですよね。

だから、彼女の気持ちは良く分かりますが、
自分が頭が良いと相手に思わせようとすると、
えてして“中身がない”印象を与えてしまうものですよ。
僕にも、経験がありますよ。うへへへへ。。。。


> あの~『自尊心』と『Pride』って
> 意味的には同じですよね!?


たいていの人にとって同じ意味でしょうね。


> 「自尊心はないのにPrideが高いと
> 言われました」(汗)


うひひひひ。。。。。
面白いことを言う女性ですね?



誰にでも、その人特有の辞書がオツムの中にありますからね。
彼女の言おうとしていることは分かるような気がしますが、
本当に頭の良い人は
誰にでも良く分かるような言い方をするものですよね。

その点、彼女のオツムのなかの辞書は、かなりユニークなんですよ。

ナポレオンは
“私の辞書には不可能という言葉はない”
と言ったものですが、
彼女はおそらく次のようなことを言うでしょうね。

あたしの辞書の言葉を引用すると、聞く人が汗を書くのですよ。

そういうわけで、真新主さんが汗を書いたんですよ。


> 自尊心はないのにPrideが高いと
> 言われました(汗)


でしょう?
うへへへへへ。。。。

とにかく、興味あるコメントをありがとうございました。
このことで、また記事が書けそうですよ。

では。。。
また気が向いたらコメントを書いてくださいね。

by デンマン 2006/06/28 13:12


どうですか、レンゲさん。。。?

ええ。。。あたしも、この人が大変ユニークな女性だと思いますわ。

。。。で、どうして僕が上のレンゲさんの手記を持ち出したのか分かりますか?

分かりませんわ。。。どうしてですの?

レンゲさんは、実は頭のいい女の子なんですよ。

そうでしょうか?

人間は、どんな馬鹿でも、心の底から自分が馬鹿だと思っている人は居ませんよ。“あなたは馬鹿ですか?” と言われて、“ハイ、馬鹿です。” と答える人が居たら、その人は馬鹿じゃなくてキの字ですよ。うへへへへ。。。レンゲさんだって僕が言おうとしている事が分かるでしょう?

ええ。。。まあ。。。

レンゲさんだって自分が処置なしの馬鹿だとは思っていないはずですよ。真新主さんが書いている女性は、間違いなく境界性人格障害を患っていると思います。でも、レンゲさんと決定的に違っている事は、レンゲさんは自分のことをよく理解している。だから知的レベルで、相手が高いとか低いとか問題にしていない。でも、この女性は、知的レベルで相手の知性や、プライドのことをとやかく言っている。そうしながら、自分の頭のよさを他人に理解させようとしている。つまり、知的レベルでこの女性は劣等感を持っている。その裏返しで、このように真新主さんに向かって“自尊心はないのにPrideが高い”というような支離滅裂な事を言っている。うへへへへ。。。この話を聞けば、たいていの人が、この女性の知的レベルを疑ってしまいますよ。でしょう?

ええ。。。やっぱり、ちょっと可笑しいですわ。うふふふ。。。

でしょう?僕がどうしてレンゲさんの手記を持ち出したかというと、次の箇所を注目して欲しかったからですよ。レンゲさんは上の手記の中ではっきりと次のように書いていますよ。


つまりわたしは、妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、どうすればいいのかわからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、今でも情けなくなります。


つまり、レンゲさんは冷静になって考え、自分の心理状態を分析している。しかも、自分の愚かさを認めている。。。そういうレンゲさんが居る。


わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。


少なくとも、恋愛を通して、そうやってレンゲさんは成長したいと望んでいる。僕は、上の手記を読んでも、これまでレンゲさんと付き合ってきた僕の経験からでも、恋愛を通して成長したいというレンゲさんの気持ちをしみじみと感じる事ができますよ。分かるでしょう? 僕がどうしてこのレンゲさんの手記を持ち出したのか?

デンマンさんは、マジでそう思っていてくださるのですか?

もちろんですよ。もし、レンゲさんが、上の真新主さんのコメントの中のような女性だったら、僕は初めからレンゲさんを相手にしていませんよ。。。僕の言おうとしている事が分かりますか?

ええ、なんとなく。。。

レンゲさんの中には、上のような手記が書ける思慮と分別のある熟女が居るんですよ。内省的で知的で素直で、しかもおごり高ぶるようなこともなく、自分の愚かさを素直に認めて、恋愛を通して成長してゆきたいと言う、けなげな女が居る。僕がレンゲさんに惹かれているのはそのような所ですよ。だからこそ、僕はこうしてレンゲさんをブログの中で取り上げているんですよ。レンゲさんのことを、僕は本当に“心の恋人”になるだけのすばらしい女性だと信じているんですよ。僕は、そういうレンゲさんを心から愛しているんですよ。僕の言う事がレンゲさんにも良く分かるでしょう?

ええ。。。

。。。なんだか、僕の言葉を疑っているような口ぶりですねぇ?

だって。。。デンマンさんは、マジでそうおっしゃっているのですか?
コメント (2)

性と愛と後悔 PART 2

2006-06-30 14:34:06 | 恋愛・失恋・不倫・性の悩み・セクハラ


マジですよ。僕が思っていることを素直に言う人間だということをレンゲさんも充分に知っているでしょう?かつて僕はレンゲさんを“心の恋人”として愛しています、とはっきりと言ったんですよ。それに対してレンゲさんが次のように書いたんですよ。覚えているでしょう?


冗談ぬきで、舞い上がるような

いい気持ちです。


2004-8-16 19:46



ご苦労様、ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんに
エスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

あたしの精神年齢は32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。

デンマンさんが感想を書いて下さって、
冗談ぬきで、舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、
少し不安です。

わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせてしまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、心配になっています。

それにしても、わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。

質問の方もできるだけ早く、残りをお答えしますね。

by レンゲ

『次元の違いとは端的に言うと』より


分かるでしょう、レンゲさん。。。? 「わたしがデンマンさんの“心の恋人”足り得るか・・・」なんて、心配しなくてもいいんですよ。レンゲさんは僕を充分に惹き付けて魅了するだけのすばらしいモノを持っているんですよ。僕の言う事が少しは分かってもらえましたか?

ええ。。。

まだ、僕を疑っているような口ぶりですよねぇ~。僕はレンゲさんのことを心から愛しているんですよ。これほど愛していると言っているではないですかぁ~。もう少し、うれしい表情を浮かべたらどうですかぁ~?

うれしのですわぁ~。。。。あたし、とってもうれしいのですゥ~。。。でも。。。

でも。。。何ですかぁ~?

こうして、あたしをベタほめにしたり、愛している、愛している。。。、とおっしゃる時のデンマンさんは、必ずあとから、あたしを落ち込ませるようなことをおっしゃるのですわぁ~~。

うへへへへ。。。レンゲさんはやっぱり、頭がイイですよねぇ~。。。決して有頂天にならない。。。馬鹿な女は、ここで、デレ~~として、ヨダレをたらして喜んでしまうんですよね。うへへへ。。。。でも、レンゲさんは頭がいいから、デレ~~とならない。

それで、デンマンさんは一体何がおっしゃりたいのですか?

次の手記を読んでくださいよ。


オマエと対話しないのは、

わたしはオマエが嫌いやからです。


2005 01/09 08:56 編集 返信

オマエに暴言吐かれてバ.カにされて憶測でわたしを非難した。
オマエのコロコロ変わる態度も不安感を与えてるんや、
今は耳障りのいい言葉を使ってるけど、
いつお気に召さないことがあって
コテンパンにやられるかって不安な相手と付き合いたかないやろ。

オマエと対話するって事は、
一か八かのバクチみたいなもんや。
わたしはおべんちゃら言う気はないからな。

でもオマエは自分の周りに、
耳ざわりのいい事ばかり言ってくれる
おべんちゃらの上手な、
オマエの思い通りになる、
ふぬけばっかり集めたいんやろ?
太鼓もちみたいな人間、
それでいて対話してて手応えのある
知性も兼ね備えた人材がほしいんとちゃうか?

甘いな。
そんなヤツおらへんわ。

頭のいいヤツは、そんなバ.カげた輪の中には、はいらへん。
入ってもすぐ気付いてどっかいってまうわ。
残ってるのは、かしこくない・気がついてない人間とちゃうか?

それに、何も裏づけもないのに、
わたしの事決め付けて余計なこと書くのもやめや。

オマエ、わたしに対話を申しこんでるんやろ?
あんだけクソミソに書かれて、
オマエのことなんか考えたくなくなるんちゃうん。
普通の神経やったらな。

あいかわらずの北風さんやな。
上着ぜったいぬがへんわ。
オマエの価値観、人に押し付けて洗脳でもしたいん?
オマエのせいで、「精神的な苦痛」を与えられ続けてるの、わかる?

告訴したろか?
さっきの不法アクセスの事も含めて。

by レンゲ

『わたしはオマエが嫌いやからです』より


分かりますか、レンゲさん? こんな事をかつて僕に書いたんですよ!んも~~ レンゲさんがキレると、まるで別人のような事を言うんですよね。このページのトップに載せた手記を書いた同一人物がこの手記を書いたなんて誰も信じることができないと思いますよ。

デンマンさん、かんにんして~なぁ~。。。この手記を見せ付けられるのは、とっても恥ずかしいねんやわぁ~

どうして僕がこうしてレンゲさんの両面を見せるのか?それはね、以前、真新主さんが次のようなコメントを書いてくれたんですよ。


ハジメマシテ。
鐵からデンマンさんのblogを聞き、少し見させて頂きました。

俺は少し前までレンゲさんと似た感じの女性と友達でした。
俺は付き合いを続けるうち訳がワカラナクなり、縁を切ってしまいました。

切ってから彼女のblogには暫くの間、
俺への誹謗中傷が長々書いてましたが、
付き合いがあった時同様支離滅裂。

彼女も自分の中に何人か別の人格が居ることを認識していました。

俺も理解をするというか、
自分なりに努力してましたが解ってもらえず、逆に潰される羽目に…。
俺は彼女を見捨ててしまった…。

唐突なコメントでスイマセン。

by 真新主 2006/06/22 16:11

『性と愛と苦悩』より
 

つまり、あれほど信頼を寄せ、愛着を感じていた僕に対して、レンゲさんは急に手のひらを返したように毒づく事もできる。これが境界性人格障害者の特徴なんですよね。その事をレンゲさんは冷静になると良く理解する事ができる。そのような時に書いたのが次の手記ですよね。





愛憎と苦悩



投稿日時: 2004-9-8 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。

誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。


そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

by レンゲ




『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より


デンマンさん、かんにんして~なぁ~。

僕はレンゲさんを責めているのではないんですよ。これを読めば、真新主さんが彼女の事をもっと良く理解できると思います。そのためにこうして書いてきたんですよ。レンゲさんは、こうして冷静になれば思慮と分別のある熟女になって、充分に反省する事ができる。真新主さんと投稿を交換していた女性は、おそらくレンゲさんが持っている思慮と分別を、まだ持っていないのかも知れませんよね。僕はそう思っています。

。。。で、デンマンさんは、あたしが書いた悪タレを根に持っていないのですか?

もちろん、持っていませんよ。僕は今でもレンゲさんを“心の恋人”だと思っていますからね。こうして仲直りして愛し合っているではないですか?今でもレンゲさんのことを熱烈に愛しているんですよ。

マジで。。。?

そうですよ。でもね、1つだけ言っておきたい事がありますよ。

何ですの?

同じ事を、現在、清水君に対してレンゲさんは感じているんですよね。

あたしが洋ちゃんに対して毒づいているとおっしゃるのですか?

そうですよ。レンゲさんが、冷静になって考えれば、清水君と仲直りしてまた一緒に暮らした方が良い事だと気づくんですよ。今だに失敗から学ばない。。。レンゲさんの悪いクセですよ。

でも。。。

でもじゃないですよ。。。今夜じっくりと考えてみてくださいね。

【ここだけの話しですけれどねぇ~、レンゲさんは、まだ清水君が浮気した事にこだわっているんですよね。誰だって、浮気の1つや2つはするものですよね。許す事も、時には大切ですよ。仲直りするのが一番なんですよね?あなただって、そう思うでしょう?。。。とにかく、レンゲさんの話はますます面白くなりますからね。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたから、ぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

コメント

資産運用の国際化?

2006-06-30 14:32:20 | 個人投資・資産運用・不動産・マイホーム



資産運用の国際化?



日本の銀行にお金を預けておいても利子がすずめの涙ほどもつかないでしょう?
あなたはどのような資産運用をしていますか?

ええっ?
運用するほどお金がないの?

そんなことないでしょう?
ないのならこれから増やすのよ。

元手がないから増やせない、と言うの?
まず、お給料の3か月分をためるのよ。

それでどうするのかって。。。?
それで、オプションをやるのよ。

ええっ?オプションって聞いたことがないの?

あのね、最近はやっている国際的な資産運用方法なのよ!
リスクを限定し、効率のよい資産運用を実現することができるのよ。
それが、オプション取引なのよ。

低迷する日本経済!
ペイオフ解禁!
超々低金利で先が見えない日本経済!

資産は預貯金の時代から自己責任において運用する時代へと確実にシフトしているのよ。
あなただって知っているでしょう?

ん? 知らないの?
それじゃあ、ダメよォ~~
あなた、。。。しっかりしなさいよ!
もう少し、目を海外に向けて勉強しなさいよ。

ええっ?オプションには危険なことはないかって。。。?

もちろん、投資には大きな利益(リターン)ばかりでなく、損失(リスク)も必ず存在しますわよ。
 
1982年、アメリカで誕生した「オプション取引」は
急成長する先物取引のヘッジ手段として開発された画期的な金融商品なのよ。
投資対象銘柄のリスク部分だけを限定することに成功したわけなのよ。

これにより、オプション取引は、リスクを極力抑え、より積極的な投資を実現させたのよ。
世界中に広まり、著しい成長を遂げたオプション取引。
この取引を行う市場も増大し続けているのよ。



多くの投資家の人気を呼び、確実に21世紀の金融商品の中心になるであろうと期待されているのよ。
だから、あなたも時代に取り残されないように、21世紀の効率的な資産運用方法を考えるべきよ!

だからね、この機会にオプション取引にチャレンジしてみてよ!

ええっ?オプション取引についてちょっとばかり教えて欲しいの?

じゃあね、ちょっとばかり教えたげるわね。

オプション取引では、多種多様な商品が取引の対象とされるのよ。
オリエンタルマザーズでは、世界的な景気回復を受け、需要が急拡大している原油に着目しているのよ。
ええっ?
オリエンタルマザーズって何?
オプション取引を扱っている会社よ。
米国のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)や、
英国のインターコンチネンタル取引所(ICE)で行われている
原油オプションを中心として商いを行っているのよ。

この会社ではね、グローバルな視点を持ち、世界の情報ネットワークを駆使して、
原油オプション取引に対するお客様の信頼にお応えしているわけなのよ。

まだ、分かったようで分からないの?

じゃあね、もっと具体的に説明してあげるわね。

あなたがアメリカへ旅行する事に当てはめて説明するわね。



いろいろな
アメリカツアーの                予約金8千円      予約した
中から人気の ==> 出発日を ==>  を支払い     ==>『アメリカ西海岸』
『アメリカ西海岸』を  7月28日      10万円の旅行を    ツアーの席を
選んだとします。    に決める。      予約します。       確保する。


これに当たる
のがオプションの    ■ アメリカンタイプ   ■ プレミアム     ■ 権利を得る。
取引銘柄を      満期日までの期間中 権利を購入する代金  オプションを手に
決める事です。    いつでも権利を                   入れることは
例えば、        行使できます。                   予約をした
原油、大豆、ココア                              ことになります。
綿花、木材、     ■ ヨーロピアンタイプ  ■ ストライクプライス   予約ですから
といったような     満期日にしか権利を   満期日までに      キャンセルする事も
商品の中から     行使することが      取引する         できます。
選ぶわけです     できません。        価格をあらかじめ    ただしキャンセル料を
                           決めておきます。     払います。




儲かると思う時には権利を行使します。
すると“予約金”の数倍儲ける事ができます。
儲からないと思う時には権利を行使しないでキャンセルして損失を少なくします。
オプションの基本はリスクを限定して、儲けを大きくするという事です。
最悪、損失は“予約金”だけです。
でも、儲けは理論的には無制限ですよ。

まだ、良く分からないの?
じゃあね、あなたのために分かりやすく説明した資料があるから下のリンクをクリックして取り寄せてね。
もちろん、無料よ。
最新の金融テクノロジーをあなた自身のためにゲットしてね。
資料(無料)請求はこちらから ↓

『あなたにもきっと分かるオプション取引の資料(無料)をゲットしてね』

じゃあ、頑張ってね。
Good luck!



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク





■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

また、こんなあらわな格好で

出てまいりましたわァ~~。

ええっ?

なぜ、資産運用に記事に

出てくるのかって。。。?

だって、あたくしも国際的に

資産を運用したいので

ござ~♪~ますのよ。

日本の銀行にお金を置いておいても

何もならないでしょう?

ちィっとも利子がつかないんですのよねえぇ~

馬鹿馬鹿しいたらありゃしないざ~♪~ますわあああ~~

ったくううう~~~

そういうわけで、あたくしもオプションを勉強しようと思って、

無料資料を取り寄せたんでざ~♪~ますのよ。

おかげで、大変勉強になっていますわ。

あなたも、資産運用をグローバル化して、

頭の良い利殖をしてくださいね。

うひひひひひ。。。

それから、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。

いくら国際化と言っても、

日本の良さを忘れないでくださいね。

興味深い記事がたくさん読めますことよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

 
コメント

日本で最も有名な三角関係 PART 1

2006-06-29 14:08:12 | 日本史



日本で最も有名な三角関係


おほほほほ。。。。

デンマンさんが
出ろっつうんでぇ~
また、出てまいりましたのよ!

日本で
最も有名な
三角関係ですってえええ~~

デンマンさんのことだから、あたくしの事を書くのかな?
。。。そう思ったのでござ~♪~ますのよ。
うひひひひひ。。。

でも、考えてみたら、あたくしの相手が居ませんものね?おほほほ。。。

でも、デンマンさんが、あたくしのアバンチュールを書いたのでござ~♪~ますのよ。
んも~~

あなたも興味があるでしょう?
絶対に面白いわよゥ~。

もし、お読みになりたいのならば次のリンクをクリックしてくださいね。

『平助さんが卑弥子さんに恋をしたのがウンのつき』

三角関係なんかよりも、よっぽど面白いわよ。
ほんとよ。

でも、余りあたくしのことばかり書くとデンマンさんに怒られてしまいますので、
この辺で三角関係のことに。。。。
あたくしが出てきたのだから、古代の三角関係ですわよ。

万葉集に出てくるのですわよ。
あたくしも、うわさで聞いた事があります。
詳しいことはデンマンさんがお話してくれるはずですわ。

ではこの辺で、デンマンさんにバトンタッチをしようと思いますわ。
おほほほほほ。。。。




なんだか卑弥子さんが支離滅裂な紹介をしてくれましたが、
実は、僕が6月25日にRealogで書いた記事(『平和を愛し仲良く暮らしていた古代日本人 PART 2』)に例によって更紗さんから次のような貴重なコメントをもらいました。
いつもいつもありがとね。
感謝感激で~♪~す。




その発禁処分の短編小説は、
たしか、高橋鉄を紹介した本
(ムックだったかも…)の巻末に載っていて、
10年位前に図書館で借りて
読んだことがあるのですが、

どんな内容だったのかは
忘れてしまいました。
(>_<)スミマセン

三角関係の話だったのは覚えているのですが…
たしか、和人の男性とアイヌ人の女性の
悲恋物語だったような記憶があります。

多分、「アイヌ人が主人公」という要素と、
「三角関係」という要素が、
発禁処分の原因だったのではないかと思います。

by 更紗 2006/06/27 10:28


僕は、さっそく次のような返信を書きました。


更紗さん、いつものことながら、コメントありがとね。
高橋鉄さんに関心があるということは
更紗さんもフロイトに関心がありそうですね?

僕は以前フロイトの名言を引用した事があります。
覚えていますか?
次のようなものですよ。




When two people make love, there are at least four people present---the two who are actually there and the two they are thinking about.

--- Sigmund Freud


つまり、フロイトの精神分析に従うと、
幸せなカップルでもオツムの中では四角関係なんですよね。

三角関係を書いて発禁処分だとすると、
現実の世界では、
すべてのカップルが“発禁処分”関係をしていることになりますよね。
うへへへへへ。。。。



これは半分冗談ですが。。。

とにかく、「アイヌ人が主人公」という要素で発禁処分ということは、
明らかに人種差別ですよね。

日本人はアメリカ人と比べると人種差別をしないと言う人が居ましたが、
とんでもない話で、第三国人に対する差別や、部落差別、。。。など、
日本人はインド人と同じくらい差別する民族だと僕には思えますよ。

ところで、この三角関係で急に思い出しましたが、
額田女王と天智天皇と天武天皇の三角関係ね。
これは日本史上有名な三角関係ですからね。

明日はこのことで記事が書けそうですよ。
いつものように、更紗さんのコメントから
インスピレーションが湧いてきましたよ。
明日の記事をまた読んでくださいね。
じゃあね。

by デンマン 2006/06/28 12:38

『平和を愛し仲良く暮らしていた古代日本人 PART 2』のコメント欄より


万葉集には額田女王(ぬかだのおおきみ)の次の歌が載せられています。






茜(あかね)さす 

紫野行き

標野(しめの)行き 

野守(のもり)は見ずや 

君が袖振る


茜色の光に満ちている紫野(天智天皇の領地)で、
あぁ、あなたはそんなに袖を振ってらして、
領地の番人が見るかもしれませんわ。
後で、その番人が天智天皇に告げ口するかもしれませんわよ。
。。。という意味です。

「君」は後に天武天皇になる大海人皇子(おおあまのみこ)。
標野(しめの)は上代、貴族の所有で、一般人の立ち入りを禁じた領地。
この歌は大海人と額田女王(ぬかだのおおきみ)との恋の歌とされています。

大化の改新から壬申の乱にかけて活躍し、
万葉随一の女流歌人と言われた額田女王(額田王とも書く)は神に仕え、
神祇を司る巫女であった。

彼女はまた絶世の美女とも言われていた。
天智天皇・天武天皇に深く愛された。

彼女の生きた時代には、朝鮮半島への出兵があり、白村江(はくすきのえ)の戦いがあった。
飛鳥から近江への遷都、壬申の乱といった事件も起きた。
激動の歴史の中で、額田女王は、ひたすら自らの想いに忠実に生きた。
美しく、才知にあふれ、強く情熱的な女性。

彼女は、巫女としての自分と、二人の天皇の愛の間で揺れ動く女としての自分、
そして天武天皇との間にもうけた十市皇女(といちのひめみこ)の母としての自分という、
複雑な立場からの葛藤の中で悩みながらも、
自分を高く維持し、歴史の荒波に耐えて、鮮やかに生きぬいた。


僕のオツムの中では額田女王は日本国首相の小泉純ちゃんよりも有名な人物です。
しかし、歴史的には、この女性は謎に包まれているのです。
なぜなら、その素性が良く分かっていないんですよね。

生まれも定説はありません。
大和とも近江とも言われています。
父親が鏡王なので近江の「鏡山」に関連して故郷を近江とする説や、
額田の名は大和にある平群郡糠田郷の出身であるとする説があります。
また、神事に携わる額田氏に養育されたからとも言われています。

父親の鏡王は、近江鏡山、現在の竜王町から野洲町にかけての鏡山付近を拠点に
須恵器生産に関わった渡来系集団の流れをくむ豪族の長とする歴史家も居ます。

当時、“王”と名の付くのは皇族の末か、あるいは中国や朝鮮の国王の末で、帰化した者のことを言いました。

でもね、出自を確かめても余り意味がないんですよね。
なぜなら、この当時の宮廷人の系図を遡(さかのぼ)れば、3代から5代前には祖先が大陸からやって来た可能性が強いのですよ。
少なくとも婚姻によって帰化人の血が流れていることはほぼ間違いがないんですね。

この事は藤原鎌足を調べてみるまでもなく、当時の政府の役人には圧倒的に帰化人が多かった。
なぜなら、律令国家には中国や朝鮮の歴史や法制、漢文に秀でた者が必要だったからです。
万葉集の原文を読んでも、漢字だけで書かれていますよ。
現在の我々が万葉集の原文を見たら、日本語の書物と言うよりも中国の書物を見ているような錯覚にとらわれてしまいます。

それ程、当時の日本の文化には大陸の影響がはっきりと表れている!
文化に影響が現れていると言うことは、それを運んできた人間がたくさん宮廷に入り込んでいたと言うことに他ならないんですよね。
つまり、帰化人が日本人化していった。

しかし、“よそ者”が宮廷で実権を握っていると言うのでは、地方の豪族に対して示しが付かないので、
『古事記』や『日本書記』を作って大陸からやって来た御食子(みけこ)を孫の藤原不比等は懸命に生粋の日本人であることを
“中臣氏”として日本の正史に残しているわけです。
しかし、婚姻によって中臣氏になっただけで、後にはわざわざ天智天皇に藤原氏を作ってもらって“中臣氏”とは袖を分かっています。
詳しいことは次の記事を読んでください。
『批判なき歴史は空虚にして、そのまま信じると馬鹿をみる  (2006年5月16日)』

額田女王の生年は不明ですが、讚良媛(さららひめ:後の持統天皇)とも(表面的には)親しく、
二人の関係から逆算して相前後して生まれ、額田女王が年長のようです。
持統天皇が藤原京で亡くなる直前まで、60才を越えてなお活躍した女流歌人でした。
それなのに、彼女を知るために信じるに足る履歴は『日本書紀』の天武天皇の条にある次の1行のみです。


天皇初め鏡王の女(むすめ)額田姫王を娶(め)して十市皇女を生む


この他では、『万葉集』に残されている上の歌も含めた12首だけです。
これだけが、額田女王を知るすべての歴史資料なのです。
つまり、謎に満ちている女性です。

上の額田女王の歌を単なる恋の歌として読むと上のような解釈になるわけです。
実は、この歌に対して大海人皇子(後の天武天皇)が次の歌で答えているのです。




紫草(むらさき)の 

にほえる妹(いも)を

憎くあらば 

人妻ゆえに 

われ恋ひめやも


右の写真の紫草(むらさき)は上代の紫染め染料として尊ばれた。
滋賀県の蒲生野はかつて紫草(むらさき)栽培の御料地であった。
江戸時代には江戸紫として流行し、武蔵野のムラサキが脚光を浴びた。
現在では野生のものが少なくなっているという。
いずれの地もほとんど絶滅し、今や幻の植物となっている。
花は白いがその根が紫をおびているのでその名となっている。

秋にこの根を採取し、日陰で乾燥したものが紫根である。
紫根は消炎、解毒剤として漢方薬に処方され、
華岡青州(はなおかせいしゅう)の創製した紫雲膏が有名。


額田女王は、大海人皇子の間に十市皇女をもうけていますが、
その後、額田女王は天智天皇に召され、大海人から見れば“人妻”となったのです。
この歌は、二人の“秘めた恋心”を大胆に告白したものと解釈している人が多いですよ。
つまり、後の天武天皇が、こう詠(うた)っているんですよね。
コメント

日本で最も有名な三角関係 PART 2

2006-06-29 14:07:13 | 日本史



今のオマエは天皇の妻であるかもしれない。
でも、ボカァ~、オマエのことが忘れられないんだよ。
こんなに愛してしまっているんだよ。
もう、恥も外聞もないよ。
ボカァ~、だから、オマエ見ると、どうしても、
あのように手を振ってしまったんだよ。
分かるだろう?


こんな気持ちだと思うのですよね。うへへへへ。。。。
この歌は、668年の蒲生野での遊猟のあと、大津宮での浜楼での宴の際に衆目の中で詠まれた、と言われています。
後に額田女王をめぐって大海人皇子と天智天皇(兄弟)との確執を招き、
壬申の乱の遠因になったという歴史家も居るほどです。

この歌は、“戯れ”の歌という見方もあり、戯れの中にこそ真実が秘められているといった解釈もあります。
いずれにしてもこの古代のロマンにあふれるこの歌が、今も多くの万葉ファンを魅了していることは疑いのないことです。

天智天皇の死後、その子である大友皇子と大海人皇子の間で皇位継承をめぐって戦われたのが672年に起こった壬申の乱です。
この乱は額田女王にとって大きな悲劇でした。
大海人皇子とは十市皇女をなした仲です。
一方の大友皇子は十市皇女の夫です。

つまり、かつての愛人と娘の夫が戦ったわけです。

戦いは大海人皇子に有利に展開し、瀬田の合戦に破れた大友皇子は山背国、山前の地で首をくくり自害したのです。
十市皇女も夫の後を追って自殺したと言われています。
乱後の大海人皇子は天武天皇となり、その時、彼を側で支えたのは額田女王ではなく、天智天皇の娘(後の持統天皇)鸕野讚良(うののさらら)皇女だったのです。

その後、額田女王の身の上にどのような変化があったのかは史実としては不明ですが、
彼女は自分自身の時代の終焉を悟ったに違いありません。
大津宮は遷都からわずか6年余りで廃都となりました。

額田女王は“万葉の女王”であるにもかかわらず、

なぜ謎の女性なのか?




額田女王こそ、万葉集という現代人には無縁のような歌集にロマンをちりばめている日本史上屈指の女流歌人だと僕は思いますね。
また、僕だけではなく、多くの歴史家や、文学愛好家や、歌人、詩人たちがそう信じていると思います。
額田女王は大化の改新から壬申の乱にかけて活躍し、
万葉随一の女流歌人と言われた。

彼女はまた絶世の美女とも言われ、
天智天皇・天武天皇に深く愛された。

激動の歴史の中で、額田女王は、ひたすら自らの思いに忠実に生きた。
美しく、才知にあふれ、強く情熱的な女性であった。

あなたもそう思いませんか?
だからこそ、万葉集の額田女王の歌はロマンを漂わせながら光り輝いている。

なぜ、光り輝いているのか?
もちろん歌そのものがロマンに満ちている。
しかし、それならば、なぜ、『日本書紀』には、額田女王の記述がたったの1行なのか?
なぜなのか?

額田女王のすばらしい業績が万葉集の中で光っている!
それなのになぜ?

僕はこのことでずいぶんと考えさせられました。
何も僕が深刻ぶって悩まなくても良いのですが、
僕にとって、額田女王が、あたかも“古代のレンゲさん”のような存在になっている。

叶わぬ僕の片思いなんですよ。
つまり、“心の恋人”です。うへへへへ。。。。
僕は気が多いのですよ。

では、マジになって。。。

あれほど万葉集の中で輝いている額田女王が『日本書紀』の中では、なぜ1行の記述なのか?
それは次の天皇家の系図を見ると実に良く分かりますよ。



この当時の実権を握っていたのは持統天皇と藤原不比等だったんです。
この二人の結びつきがこの系図にありありと表れています。
この二人の人物は政治的に2人3脚で律令政治を確立させて実施した同志だったんですよね。

『日本書紀』の編集長は誰か?
藤原不比等です。
壬申の乱の後、大海人皇子は天武天皇となった。
その時、彼を側で支えたのは額田女王ではなく、天智天皇の娘(後の持統天皇)鸕野讚良(うののさらら)皇女だった。
天武天皇はあれほど額田女王を愛していたのに!
なぜ?

あなたにも分かりますよね?
水面下で額田女王と持統天皇との女の確執がある。
額田女王は人から愛される性格だった。
それは、この女性が二人の天皇から愛されたことでも良く分かることです。

ところが持統天皇は人から愛されるような性格ではなかったのです。
持統天皇にしてみれば、同じ女として面白くあろうはずがない!

これは歴史家が誰も言っていないことですが、
僕は持統天皇が境界性人格障害者だと信じることができます。
もちろん、当時、そのような病名はない!
他に、このようなことを言う人も居ませんよ!うへへへへ。。。。

とにかく持統天皇は独占欲の強い人だった!

それは、天武天皇の血を引く天皇後継者の息子たちがたくさん居たにもかかわらず、
持統天皇は断固として、自分の血が流れていない者には皇位に就(つ)かせなかったことからも実に良く表れています。
上の系図を見てください。
これだけ女帝を立てたのもそのためです。
それを藤原不比等が自分の娘を皇室に入れてサポートしたんですよ。

つまり、この点で、この二人の権力独占志向の人間の気持ちがひとつになったのです。
つまり、幼少の頃から、この二人は、信じることのできるものは“権力”しかないということを身にしみながら自分の目で見てきたんですよ。
このことについては、あとで詳しく書きたいと思います。

では、万葉集の中でこれだけ額田女王を輝かせたのは誰なのか?
それは、『万葉集』の編集長の大伴家持です。
ここで大伴家持の事を書くと長くなるので書きません。
すでに次の記事の中で詳しく書いたので関心のある人はぜひ読んでみてくださいね。
『性と愛と批判 --- 万葉集の中の政治批判?』

大伴家持は反骨精神を持った人物です。
藤原不比等が横暴の限りを尽くしたことを苦々しく思っていた人です。
大伴家持自身も“藤原政権”に反抗して時の権力者によって“逮捕”され罰を受けたこともあります。
上の記事の中で、そのことも書きました。

つまり、持統天皇のごり押しによって、額田女王の記述が『日本書紀』の中にたった1行しか書いてないことも、大伴家持は苦々しく思っていたことでしょう。
『万葉集』は大和朝廷の正史ではありません。
だから、時の権力者は見逃してしまったのでしょうね。

「愛の歌を載せたんですよ。
政治とは関係ありませんからね。。。」

“発禁処分検閲官”が調べにやってきた時に、おそらく大伴家持はそう言ったでしょうね。

「まあ、そういうことならば、いいでしょう。。。」

馬鹿な検閲官は愛の歌と聞いて見逃してしまったのでしょうね。
でも、よく読めば、この相聞歌の裏には、生々しい政治的な“三角関係”が秘められている。
つまり、天智天皇が暗殺されて天武政権が出来上がって行く過程をこの相聞歌として万葉集に載せている。

■ 『天武天皇と天智天皇は同腹の兄弟ではなかった』

■ 『天智天皇は暗殺された』

■ 『天智天皇暗殺の謎』

持統女帝は天智天皇の娘です。
しかし、崩壊家庭に生まれ育ったこの娘は、自分の母親とおじいさんがこの非情な父親のために死に追いやられたことを恨んでいました。
この娘は、父親に利用されて、腹違いの兄(弟ではない。実は兄)、大海人皇子の妻になるようにと言われて、実の姉と共に大海人皇子の妻になったのです。
でも、大海人皇子の心は上の歌でも明らかなように額田女王を愛している。

実の姉が亡くなり、名実ともに天武天皇の皇后になったけれど、夫の心は自分にはないと分かっている。
腹の中では夫に対しても、額田女王に対しても頭にきている!
天武天皇が亡くなる。
自分の血がつながっていない夫の子供たちには、何が何でも皇位を渡したくはない!
持統女帝として、自分で皇位を継ぐ。

同志の藤原不比等が『日本書紀』の編集長になる。
持統天皇は言ったはずす。

「あのね、史(ふひと)さん、額田女王のことは1行だけ書けばいいのよ。。。
あなたにも私の気持ちが分かっているわよね。。。」

「かしこまりました。そのように手配いたします。」

女帝と藤原不比等の会話はこのようなものだったでしょうね。

しかし、万葉集の編集長の大伴家持は反骨精神に燃えています。

おまえたちの思うようにはこの世界は動かんぞ!
読む人が読めば分かるように万葉集の中に真実を載せるだけさ!
いづれ、分かる時が来るさ!

僕は大伴家持のそのような呟(つぶや)きを聞きながら万葉集を読んでいます。うへへへへ。。。。

では、恒例になりましたが、司馬遼太郎さんの言葉を書きますね。

生前、司馬遼太郎さんは、このようなことを言っていましたよ。

“作品は作者だけのものと違うんやでぇ~。。。作者が50%で読者が50%。。。そうして出来上がるモンが作品なんやでぇ~”

名言だと思いますねぇ~~。

あなたが読者として、どれだけ50%の分を読みつくすか?
それが問題ですよ!

額田女王が全身全霊の力を込めて詠(うた)ったのがこのページの上で示した歌です。

あなたも、全身全霊の力を込めて。。。あなたの人生経験と、これまで学んできた国文と、日本史と、すべてを噛み砕いた上で理解すべきなのかもねぇ~。

額田女王は、それを期待しながら、1350年後に生まれるだろうあなたに、この当時の波乱に満ちた政治の真相を伝えようと、上の歌を詠(うた)ったのかも知れませんよ。へへへへ。。。。

大伴家持は一読者として額田女王の歌を充分に読み取った上で万葉集に載せたのだと思いますね。

あなたは、どう思いますか? 

では。。。



ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『2ちゃんねるは世界のネットのために貢献できるか?』

■ 『日本のネットではありませんよ! 世界のネットです!』

■ 『日本の皇室はどうあるべきでしょうか?』

■ 『一体、日本は良くなるの?』

■ 『どうして、こうも犯罪が増えている?警察はホントに駄目になったの?』

■ 『日本人に欠けているものは?』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本 ☆ 日本人 ☆ 日本社会 ☆ 比較文化論』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



 

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。


コメント

ん?情報は売れる?

2006-06-29 14:05:50 | 在宅ワーク・SOHO



ん?情報は売れる?



もちろん情報は売れますよね。
あたただって知っているでしょう?

この記事で書こうとしていることは、あなたがどのようにしたら情報を売ることができるか?
。。。ということなんですよ。

ええっ?あなたは情報を売ることなど考えた事がないの?

ん?どうして?

だって。。。

だって、なにさ。。。?

ん?そんなことができると、これまでに考えた事がない?

考えてみたらどう?

たとえば、情報販売で週末起業をしてみたらどう?
あなただってできるんですよ!!!
今、この記事を読んでいるように。。。

インターネット業界の情報販売は現在成長期後半のようだと言う人が居ますけれどね、
情報販売はこれからですよ。
これから情報の需要がますます増えてゆくことは間違いありません。

あなただって、そう思うでしょう?
情報化社会なんだから。。。
しかも、国際化・グローバル化がますます進んでいる。
僕はこの記事をカナダのバンクーバーで書いているんですよ。
あなたは、地球の裏側でこの記事を読んでいる!
ネットによる国際化ですよ!

改めて情報を売る、なんて言っても、あなたの耳には、もうタコができているかも知れませんよね。
誰もが言っていることですからね。
でも、意外に誰もがやってないんですよね。

情報は売れると分かっている。
でも、どんな情報を売ったら良いのかが分からない。
あなただってそうでしょう?

あなただって、僕だって情報が売れると言うことを知っている。
しかし売れる情報とはどのようなものなのか?

これが分かれば、誰だって売り始めますよね。
情報を売るには元手があまりかからないから。。。
本当に売れる情報が分かっていたら、僕だってあなたに教えませんよ。
僕がこっそりと売り始めますよ。

では、なぜ、情報を売る人がそれ程多くないのか?
1つには、競争が激しいと言うことですよね。
売れる情報は、すぐに大手の出版社のような組織が大々的に売り始める。
大きな資本と人材を使って売りまくる。
例えば、リクルートのように。。。

しかし、買い手の欲しい情報とは何か?
ところで、あなたはこれまでに情報を買った事がありますか?
せいぜい、本や雑誌を買った程度でしょう?

出会い系サイトも、あれは、言ってみれば情報を売っていますよね。
出会い系なんてサクラがたくさん集まっている。
分かりきっている。
だから、ネットを3年もやれば、出会い系サイトの裏が分かってきます。

ポルノサイトやエロサイトも、情報を売っているようなものですよね。
でも、粗悪な写真や動画がほとんどです。
売れないから、迷惑宣伝スパムが横行する。

情報が売れると分かっていながら、それ程情報を売ろうとする人が出てこないのは、
出会い系サイトやポルノサイトのように非常に粗悪な情報を売ろうとしている輩(やから)が多いからですよ。
見ているだけでも、儲かっているようには思えない。
だから、情報を売ろうとする熱が醒めてしまう。

しかし、例えば、ブログを書く事を考えてみてください。
あなたはおそらくブログを書いているでしょう?
でも、一体どのくらいの人が見てくれるのか?

僕と投稿を交換していた人が、“ブログを見てくれる人は、1日でせいぜい100人から200人程度ですよ”と言った人が居ました。
確かに、ブログを1つのところで書き始めて3ヶ月から6ヶ月でその程度ですよね。

でも、僕は1日2つの記事を約30のブログに毎日書いているんですよ。
おとといのQLEPのアクセス数は1日で 10801
昨日のアクセス数は1日で 15825

どうして急に増えたのかまだ良く分からないのですが、QLEPでの累計アクセスが昨日で 105590 です。
SO-NETでの累計アクセスは21万を越えています。



これはSO-NETの僕のブログの統計ですが、
6月18日のアクセスは約2000でした。

平均が1000アクセスだとします。
このうち半分の人が僕の記事の下に貼ってあるリンクをクリックして僕の掲示板の記事を読むとします。
すると、総アクセス数は、1日で

(1000 +500) * 30 ブログ = 45000 アクセス (Page views)

僕はいくつかのアフィリエートに参加しているので、ページには広告バナーが貼ってあります。
100人のうち3人が広告バナーをクリックするとします。
つまり3パーセントの人がクリックするとします。
1クリックが仮に10円の収入をもたらすとすれば、

45000 (Page views) * 0.03 * 10円 = 13500円 (1日の収入)

13500 * 30 日 = 405000 円 (1ヶ月の収入)

もちろん、僕はブログで情報を売っているのではありません。
でも、読者が読みたい情報を書く事によって集客することができると言うことをここで示したつもりです。

この集客力を利用すれば、ブログをマーケティングツールとして利用することができます。
このようにして情報を売ることも可能ですし、情報以外の商品を売る事も可能です。

いずれにしろ、情報販売は、昔は書籍がそれであったわけで、今はその形態が変わっているだけで本質は変わっていません。
そういう意味で、情報商材へのニーズがなくなることはありません。
競争が厳しい分、「本物」が求められるということにはなるでしょうね。

その「本物」を提供すれば、間違いなく儲ける事ができます。

一番大切なことは、販売する情報の質です。
“時は金なり”と言った賢人が居ますが、
まさに“情報は金なり”ですよ。

しかも、“情報はインスピレーションにもなる”
“情報はモチベーションにもなる”
“情報はパワーなり”

しかし、ネット上のほとんどの情報はジャンクです。
情報をいかに上質なコンテンツとして発信するのか?
それがあなたの考えることです。
僕の考えることです。

2番目に大切なのが集客力でしょうね。
ブログを使えば、上で説明したように集客することができます。

ええっ?
どのような起業の可能性があるのか?
どのようにして起業したらよいのか?
SOHOについてもっと知りたいのですか?

あなたのためにガイドサイトを立ち上げましたよ。
もちろん無料です。
登録する必要もありません。
次のリンクをクリックして覗いてみてくださいね。

『あなたが起業するために、メチャ役に立つ SOHO ガイド』

じゃあ、頑張ってね。
Good luck!



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク





■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

例によって、

また出てまいりましたわ。

ええっ?

なぜ、こんなあらわな格好を

しているのかって。。。?

だって、あたくしも情報化社会を

うまく泳ぎたいのでござ~♪~ますのよ。

先日、なんと、スポーツカーの

マスコットギャルになって

イベント会場でこの格好になって

ぇへらぇへら笑っているだけの

短期バイトをしたんですのよ。

ばからしいけれど、

けっこういいお金になるんで

ござ~♪~ますのよ。

うひひひひひ。。。

十二単(じゅうにひとえ)を

着ている場合じゃないんですのよ!

平成時代はずいぶんと

便利になったもので

ござ~♪~ますわね。

パソコンっつうものがありますでしょう?

あたくしも使い始めたので

ござ~♪~ますのよ。

これを使えば、絶対に情報化社会を

うまく泳ぎきることができますわよ。

“猫に小判”なんて言われないためにも、

あたくし、ネットでうまく泳いで、

これからますますデンマンさんのブログで

活躍したいと思っているのでござ~♪~ますのよ。

おほほほほ。。。。

それから、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。

興味深い記事がたくさん読めますことよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

 
コメント

性と愛と悔恨 PART 1

2006-06-28 13:44:22 | 恋愛・失恋・不倫・性の悩み・セクハラ


性と愛と悔恨
 






特効薬も無ければ、

必ず治せるという治療法もありません


Name: 精神科医のつぶやき

Date: 2005/12/19 12:21

この“境界性人格障害”という“病気”は20年前にはほとんどなかったのです。ここ5年から10年ほどの間に、この人格障害はかなりの勢いで増えました。レンゲさんが10年程も精神科医の治療を受けているという事は、この病気の“先駆け的な患者”さんだったんでしょうね。

原因や症状も人それぞれで、そのために治療法も一人一人違うんです。
境界性のその時々に出る症状は患者さんと直接かかわっている人間の“合作”なんです。

患者さんが家族と一緒に暮らしている場合には、そのようなわけでご家族と一緒に治療を始めるのがベターです。

現在の治療法は投薬で精神を安定させたり、軽い症状の場合にはカウンセリングだけの場合もあります。
他の精神病のように確立したマニュアルがありません。

つまり、精神科医が手さぐりで患者さんの“感じ”をつかんでいる状態です。特効薬も無ければ、必ず治せるという治療法もありません。

『レンゲさんの症状や手記を興味深く読ませてもらいました』より


デンマンさん、あたしの人格障害は治らないのでしょうか?

治りますよ。レンゲさん、安心してくださいよ。

デンマンさんは、そんな風に簡単におっしゃいますけれど、あたしは10年以上も精神科に通っているのですわ。

レンゲさんのドクターも神様ではないですからね。レンゲさんと同じように長所もあり、欠点もあるんですよ。完璧ではありえない。だから、日本で発生している診断ミス・診療ミスの数々を見てみれば分かるでしょう。僕の叔父も診断ミスで亡くなってしまいましたよ。現在裁判に持ち込もうと叔母が頑張っていますよ。このことで僕はかなり詳しい記事を書いているんですよ。関心がある人は次の記事を読んでくださいね。
『診断ミス・診療ミスによる死亡例』

デンマンさんはお医者さんを信用していないのですか?

それは人によりますよ。僕が尊敬している医者もいますよ。

あたしはドクターの事を全面的に信頼しています。

分かっていますよ。でも、レンゲさんを診てから10年になるのに、いまだに治していない。

デンマンさんはあたしのドクターが悪いとおしゃるのですか?

つまりね、上の精神科医のつぶやきでも分かるように境界性人格障害を治すのは難しいんですよ。

どうしてでしょうか?

要するに、その人の人格に深く根ざした病気だからですよ。ばい菌を取り除いて治る病気だったら、そのばい菌を見つけて取り除けば治るけれど、人格障害はばい菌によって引き起こされるものではなくて、トラウマによって人格が変わってしまったという病気ですよ。このトラウマがその人の性格の中に深く食い込んでしまっている。だから、治す事が難しいんでしょうね。

あたしは一生治らないのでしょうか?

治ります。

デンマンさんははっきりとおっしゃいますが、何か根拠があるのですか?

レンゲさんをこれまで見ていて、少しづつだけれど良くなっていますよ。

そうでしょうか。。。? どういうところがですの?

去年の今頃は働ける状態ではなかった。でも現在ではブティック・フェニックスの熊谷店長として頑張っているではないですか。今でも15店中で売り上げがトップですからね。



でも、あたし洋ちゃんのことでまた躓(つまづ)いてしまいました。

レンゲさん...、何もかもうまくゆくということはないですよ。誰だって問題の1つや2つは抱えているものですよ。

デンマンさんも、問題を抱えているのですか?

もちろんですよ。

。。。どんな?

だから、レンゲさんのことですよ。うへへへへ。。。

そうやって、あたしをからかうのですね?

違いますよ。僕はマジですよ。どうしたら僕の愛をレンゲさんに分かってもらえるだろうか?レンゲさんの期待しているような愛で愛し合うと不倫になってしまう。でも、心の恋人として愛し合っているだけではレンゲさんはつまらないと言う。

だって、そうでしょう?あたしは恋愛を通して成長したいんですねん。デンマンさんとのお付き合いは洋ちゃんよりも長いんです。それにあたしの詩を良く理解してくれているし、あたしの障害の事も良く理解してくれているし、それに、あたしはデンマンさんとならイケるんですねん。

だから、レンゲさんがそれを言うと誤解を与えるんですよ。イク事が幸せではないんですよ。それは、オマケのようなものですよ。60代70代の幸せな夫婦を見てくださいよ。幸せが顔の表情に表れているような、そのような老夫婦を見た事があるでしょう?そのような老夫婦はレンゲさんと清水君のように毎晩毎朝ベッドの中で愛し合う訳ではないんですよ。レンゲさんのように、イクとか、イケないとか、イキたいとか。。。そういうことが問題にならないほどお互いに信頼しているし、心が通い合っている。それまでの楽しい思い出や、つらいことを二人して切り抜けてきた、その喜びを共有している。。。そういうものが老夫婦を強く結びつけ、それが幸せになっている。つまりね、男と女の幸せというのは、イク事ではないんですよ。二人で育ててゆくものなんですよ。ちょうど子供を育ててゆくようにね。。。

そういうことを今のあたしに理解しなさい、と言っても無理ですわ。あたしはまだ50才、60才になっていないのですから。。。

でも、僕の言おうとしていることは分かるでしょう?

分かりますわ。。。でも、今のあたしは愛している人と本当にイキたいんですねん。

レンゲさんにとって、今、大切だと思っていることを突き詰めてゆくこと。。。また、その事を素直に口に出して言うこと。。。その素直さはすばらしいと思うけれどね。。。、どうして、イクことにそれほどまでにこだわるの?

だって。。。愛し合っているのにイケないって不幸でしょう?

あのね、イケない女性でも、愛し合っていることに満足感を覚え、幸せだと思っている人はたくさん居ますよ。

どうして、デンマンさんに、そういうことまでが分かるのですか?

分かるのですかって。。。そういう統計が出ているでしょう。。。

どういう統計ですか?

『本当に性の平等になってる?。。。(2006年4月25日)』 僕はすでにこの記事の中で書いたので、繰り返してここでは書かないけれど、夫婦生活で性的満足を得ている人は日本では25.7%なんですよ。ジュンコさんは『完全なる結婚』という記事の中で“21世紀を迎えた今日、女性の95%がオーガズムを知らないという状況が続いているそうです” と書いていますよ。この数字が仮に正しいとすれば、イクことが性的満足感、つまり、レンゲさんのようにイクことが幸せだと感じている女性は5%ということになりますよね。でも25.7%のカップルが満足感を得ている。でも、これは性生活だけを調べた統計ですよ。もし、夫婦の幸せということで統計を取れば、25.7%よりも高い数字が得られるはずですよ。なぜなら、「夫婦の幸せイコール性生活の満足感」だと考えている人は年を取るにしたがって少なくなってくるからですよ。要するに、信頼感だとか、それまでの結婚生活で、どれだけ楽しい思い出や愉快な思い出を共有しているか?ということが幸せにつながってくるからですよ。

でも、今のあたしには。。。

レンゲさんの言おうとしていることが分からないわけじゃないけれど、レンゲさんのようにイクことにこだわるのも人格障害と関係があると思いますよ。

どういうことですか?

レンゲさんは次のように書いていましたよ。





愛憎と苦悩



投稿日時: 2004-9-8 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。

誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

by レンゲ




『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より


つまり、白か黒か?の世界ですよ。レンゲさんはイクことを白か黒か?と考えて愛情の満足感のように受け止めてしまう。妥協するということがなかなかできない。レンゲさんの愛欲生活・性生活にも、このことが感じられますよ。清水君が浮気したぐらいで、レンゲさんは頭に来て。。。というか、見捨てられ感で別れてしまう。仲直りしようという気持ちよりも、捨てられる前に捨てようとする気持ちの方が強い。つまり、逃げの行動なんですよね。でしょう?

そうです。

レンゲさん自身が手記で書いているように、あなたは自分でも良く知っているんですよ。Realogの真新主さんからコメントをもらいましたが、真新主さんもコメントの中でレンゲさんが人格が変わることを気付いていること、自分の人格障害を良く理解していることに驚きを感じていますよ。
コメント

性と愛と悔恨 PART 2

2006-06-28 13:43:12 | 恋愛・失恋・不倫・性の悩み・セクハラ





コンバンワ。
俺の意見をレンゲ゛さんが拒否反応を起こさなくて安心しました。

昨夜、精神科の先生と話す機会があり、
俺が付き合いのあった
境界性人格障害を持ってる友達の話をしました。

医者は

「境界性人格障害、所謂ボーダーラインというのは
見極めが難しいんです。
思い込んでる患者さんもいますから…」

みたいな事を言われました。

俺は、人格障害というのは全く意識が無くなると思っていました。
自分で人格が変わっていると気付く事に驚きです。

後、前に話した友達の家庭も
(鐵からデンマンさんの言っていた事を聞きました)
直接見たワケじゃありませんが、
崩壊の一途を辿っています。

by 真新主 2006/06/25 17:48

『性と愛と苦悩 PART 3』のコメント欄より


僕はさっそく次のような返信を書きましたよ。


僕のこれまでの経験では境界性人格障害者は結構頭のいい人が多いですよ。
レンゲさんの知能指数は140もありますからね。
レンゲさんの書いた文章を読むと、知的なことが良く現れていますよ。

境界性人格障害には馬鹿はなりにくいようですよ。
僕はそう信じることができます。
少なくとも馬鹿は自分が境界人格障害者だと全く気付いていませんね。

気付いている人はレンゲさんのように頭が良い人が多く、
そのために、なおいっそう悩んでしまっている人が多いものです。

むしろ、頭が悪くて境界性人格障害を患っている人の方が幸せかもしれません。
なぜなら、自分で気付いていませんからね。本人は悩んでいないと思いますよ。
しかし、周りの人が困っているはずですよ。

レンゲさんはまだ自覚があるだけ周囲の人にとっては救われますよね。
治療を受けていますから。

“馬鹿は風邪を引かない”と言いますよね。

“馬鹿は境界性人格障害にもならない”ようですよ。

しかし、これは真実ではありません。

馬鹿も風邪を引くし、馬鹿は境界性人格障害にもなると思いますよ。
ただし、馬鹿は気付かないだけのようですよ。

うへへへへ。。。。
(失礼!笑うところではないですよね。)

とにかく、真新主さん、コメントありがとうございました。

また気が向いたら読んで、コメント書いてくださいね。
では。。。
 
by デンマン 2006/06/26 13:13


あたし。。。なんだか、デンマンさんに馬鹿にされているような。。。コケにされているような。。。

いや、決して僕はレンゲさんを馬鹿にしていませんよ。それどころかレンゲさんがとても頭のいい女の子だと思っていますよ。上の返信に書いたとおりですよ。

デンマンさんは、本当にそう思っていてくださるのですか?

そうですよ。。。だから、いつまでも清水君の浮気にこだわっていないで仲直りしたらどうですか?レンゲさんだって、そうすることができないわけじゃない。冷静になれば、レンゲさんにだって熟女の思慮も分別も戻ってくるんですよ。でしょう?レンゲさんはオツムでは分かっているんですよ。でも、なかなかそれが行動にならないんですよね。

洋ちゃんは久美子さんと一緒に生活していますわ。

レンゲさんが勝手にアパートを飛び出してしまうからですよ。

だからといって、久美子さんを呼び寄せて一緒に暮らすことはないでしょう?

でもね、清水君の目から見ても、レンゲさんはずいぶんと突飛(とっぴ)な事をやっていますよ。アパートを飛び出したと思ったら、今度はバンクーバーまで跳んで行く。清水君も境界性人格障害者ですからね。二人でお互いに強迫観念に駆られてつぶし合いをやっているような。。。

だから、あたしと洋ちゃんとは、うまくはゆかないんですわ。

それは短絡的な結論ですよ。

どうしてですか?

清水君が境界性人格障害を患っているからうまくゆかないということではないですよ。だいたい、日本で暮らしている人に、完璧な精神の持ち主なんて居ませんよ。あの複雑で建前と本音の交錯する縦型社会で、健全で健康な精神を持てるかというと。。。僕は疑問に思えますよ。つまりね、完璧な人間は居ませんよ。。。ということは、精神も完璧ではないということですよ。多かれ少なかれ、人間は誰でも精神を病んでいるものですよ。ところが、日本という国は、他の先進諸国に比べると、本音では生活しずらい国ですよ。僕は、30カ国近い国々を放浪してみて、しみじみと感じましたよ。

つまり、日本は心の病んでいる国ですか?

先進諸国の中では、かなり心の病んでいる国だと僕は思いますよ。日本ほど悲惨な事件が多い国はそう多くはないですよ。しかも、家庭崩壊が進んでいますよ。ニュースを見れば分かりますよ。ネットで事件の内容を調べてみると、若い犯罪者の家庭の80%が崩壊家庭ですよ。

あたしも洋ちゃんも家庭崩壊の落とし子だからうまくゆかないと。。。そうおっしゃるのですか?

ぶちあけた話が、僕が今言ったように、完璧な精神の持ち主なんてこの世には誰も居ませんよ。多かれ少なかれ精神的に誰もが問題を抱えているんですよ。それが現代社会ですよ。

昔は完璧だったんですか?

そういうことを考えなくても生きてゆけるほど素朴な生活をしていたんですよ。でも現代社会は複雑になったから、精神状態を問題にする事が多くなった。ただそれだけの違いですよ。

でも、あたしは洋ちゃんとうまくやってゆけません。

それは、清水君だけに限ったことではないでしょう?これまでにレンゲさんは両手両足の指では数え切れない程の恋愛をしていますよ。でも、残念ながら、ベターハーフに出会っていない。いつでも、見捨てられ感に襲われて相手を振ってしまう。今度もそうですよ。

デンマンさんは、そうやって、いつでもあたしの心にグサリと冷たい刃(やいば)を突き立てるのですわああああ~~。

僕は、はっきりとものを言うタチですからね、レンゲさんの気持ちが傷つくかも知れませんよ。でもね、当たり障りのないことを言って、ぇへらぇへら笑って、その場をごまかしたって仕方のないことでしょう?それでは、何の問題の解決にもなりませんよ。僕が言いたいことは、レンゲさんほど恋愛経験がある人ならば、誰と一緒になっても、それ程変わらないということが結論として分かりそうなものだと思うのですよ。ところがレンゲさんには、そういう単純なことが理解できていないような。。。どうなんですか?

つまり、誰と一緒に暮らしたとて、それ程変わりがないとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよ。レンゲさんは“青い鳥”を探し続けているんですよ。16才の乙女の夢を追い続けているんですよ。星の王子様を追い求めているんですよ。魔法が醒(さ)めれば、星の王子様はカエルになってしまうんですよ。それが分かっているのだろうけれど、現実の世界で、いまだに夢を見ているような。。。

つまり、あたしが失敗から学んでいないとおっしゃりたいのでしょう?

レンゲさんは、ちゃんと分かっているではないですか?

あたしは、デンマンさんのように、何もかも割り切ってやってゆくことができないんですわ。

でも、それをすることが成長するということでしょう?いつまでも、イクことにこだわっていても仕方がないことでしょう。それよりも、これまでどおり、清水君と愛し合っていた方がレンゲさんのためにも清水君のためにもプラスですよ。

でも、洋ちゃんは久美子さんと。。。

いづれ、レンゲさんのところに戻ってきますよ。

そうでしょうか?



久美子さんとは浮気なんだから。。。

でも、一緒に暮らしていますわ。

レンゲさんが清水君を拒否したからですよ。だから、他の女性に目が移ったんですよ。レンゲさんはアパートを出てゆくべきではなかったんですよ。そのことも失敗から学んでいないことですよ。

あたしはどうしたらよいのですか?

清水君に電話して一緒に暮らしたいと言えばいいんですよ。

そんなこと言えしませんわぁ~。

どうしてですか?

だって、洋ちゃんが久美子さんを引き入れて一緒に暮らしているんですもの。。。一緒に暮らしたいなんて、あたしからは言えませんわ。

清水君とは2度と会わないつもりなんですか?

それは。。。

レンゲさんはね、必ず寂しくなって、また落ち込んで死にたいと言い始めるんですよ。だから、そうなる前に仲直りした方がいいですよ。

でも、久美子さんが。。。

つまり、なんですか?レンゲさんは、久美子さんと清水君の幸せの方が大切なのですか?

それは。。。

だったら、バンクーバーにやってきたように、行動すればいいじゃないですか?

【ここだけの話しですけれどねぇ~、レンゲさんは、このようなときに優柔不断になるんですよね。清水君が浮気をしたぐらいでレンゲさんは別れようと言う。吉村さんとの不幸な不倫以来、レンゲさんが成長しているとは僕には思えないんですよ。。。仲直りするのが一番なんですよね?あなただって、そう思うでしょう?とにかく、レンゲさんの話はますます面白くなりますからね。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたから、ぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

コメント

リサイクルして、あなたも地球に優しくなりませんか?

2006-06-28 13:41:14 | 地球・環境・自然・動物・ペット




リサイクルして、あなたも

地球に優しくなりませんか?




パソコンが古くなったり、
使い物にならなくなって
捨てなければならない時、
あなたはどうしますか?
ええっ?
そんなの決まっている。捨てるの?



でも、あなたは知っていますか?
実は、法律で、パソコンのリサイクルは
決められています。
つまり、捨ててはいけないんですよ。

2003年10月に「資源有効利用促進法」
通称、パソコンリサイクル法が制定されました。
この法律により、不用になったパソコンを、
粗大ゴミとして捨てることが禁止されてしまいました。
必ずリサイクルをするよう、
きちんと処分しなければなりません。

回収業者は、回収したパソコンを、全てリサイクルセンターに運んでいます。
そこで一台一台、手作業で部品が分解され、
貴金属・鉄・ガラス・プラスチックなどの素材ごとにまとめられます。
これをまた再利用していくわけです。
リサイクルもなかなか大変ですが、
リサイクルする事により地球に優しくなっているわけです。
つまり、資源を大切に使っているわけです。

業者はパソコン1台でも引き取りますよ。
あなたも回収業者を利用してくださいね。





ところで、話は変わりますが、
日本のわりばし事情を知っていますか? 
 
250億膳。
これは、日本で一年間に使われるわりばしの量です。

ひとり当たり年間およそ200膳使っている計算になります。
わりばしの原料となる木は、シラカバやエゾマツ、アカマツなどです。

日本は、ほとんど木材を、中国やロシアから輸入しています。
そして伐採により、地球から森林が失われています。

使い終わったわりばしを、もう一度リサイクルしようという動きもあります。
でも、お金とエネルギーはかかってしまいます。
なるべく割り箸を使わないようにするのがいちばんです。

自分用の「マイはし」を持ち歩き、お店やコンビニで箸をもらわないようにしている人もいます。
箸袋に「マイはし」を包み、かばんに忍ばせてみてはいかがでしょうか。

そう言うわけで、あなたも不用品の再利用を考えてみたらいかがでしょうか?
あなた自身にも優しく。
そして地球にも優しくなれますよ。

では、優しいあなたのために、
リンクを貼っておきます。
あなたもクリックして、
業者がどのようなものを引き取り、
あるいは買い取ってくれるか、
チェックしてみてくださいね。

『不用品の再利用で地球に優しくなってみませんか?』

それでは、あなたも私のように気分がウキウキ、ルンルンル~♪~ンとなるように祈っていますね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




では、今日も一日

楽しく愉快に

ネットサーフィン

しましょうね。


 
コメント

母なる言葉を奪われたアイヌ人 PART 1

2006-06-27 10:34:17 | 日本史



母なる言葉を

奪われたアイヌ人



おほほほほ。。。。

デンマンさんが
出ろっつうんでぇ~
また、出てまいりましたのよ!

そうなんですのよ。
アイヌの人たちは
母なる言葉を
明治政府から
奪われてしまったのですよ。

こういう事は絶対にしてはならない事でござ~♪~ますよ。

ちょっと考えてみてくださいな。

太平洋戦争に日本が負けて
アメリカに占領されました。

あなたもきっと驚くと思いますが、
なんと、戦争に負けた1945年から
1952年までの7年間、
占領時代が続いたんでござ~♪~ますのよ。

この間に、もし日本語を使う事が禁止されたら
どのような事になっていたか?

万葉集は読めなくなる。
日本史もなくなる。
古文の授業もなくなる。
俳句や短歌も作ってはダメと言う事になる。
日本語の歌謡曲も演歌もなくなる!

日本の文化は消滅させられたはずです。
おそらく、デンマンさんはエルビスプレスリーのロックを子守唄として育てられたでしょうね。
日本語を話すことができず、英語がぺらぺらになっていたでしょうね。

現在のデンマンさんは、苦労して英語を勉強しましたが、
まだぺらぺらではござ~♪~ませんのよ!
うひひひひ。。。。

でもね、そういうひどい事を明治政府がアイヌの人たちにしたんでござ~♪~ますのよ。
アイヌ語を使うと厳しく罰せられた!
アイヌの子供たちは日本人として日本語を使って育てられた。

中には、自分がアイヌ人ではなく、
日本人だと信じていた子供もいたほどです。
アイヌ人差別にあうので、両親が隠れて暮らし、
子供たちにアイヌ人だということを隠していたのです。

これは、アイヌ人を生かしたままジェノサイドをしたようなものですよね。
デンマンさんが書いていたように
1979年にはアイヌ語が話せる人が10人ぐらいに減ってしまったのでござ~♪~ますのよ。

ふんと~♪~に、ひどいことをしたものでござ~♪~ますわねぇ~。
あたくしも、平安時代に生まれた大和撫子として責任を感じておりますことよ。

では、デンマンさんにバトンタッチしたいと思います。
おほほほほ。。。。。




卑弥子さん、いつもながら面白い表情を見せて紹介してくれてありがとう。
では、初めて読む人のために、言葉を奪われたアイヌ人の人たちの嘆きをここに引用したいと思います。


アイヌ語を奪われたアイヌ人



イランカラプテ。
この言葉を教わったのは、農家に嫁ぎ、二風谷のアイヌ語教室に通っている女性からだった。

「あなたの心にそっと触れさせて下さい」

そんな慎ましやかな意味をもつ言葉をアイヌは挨拶のときにかわす。
和語の「はじめまして」と同じように、である。
私には「イランカラプテ」がアイヌ語との最初の出会いだったけれども、
アイヌの、心の奥行きを見たようだった。

私は数ヶ月ぶりにアイヌ語教室を訪ねた。
開講して11年目を迎えたアイヌ語教室・子供の部に、
今年はちょっとした出来事があったと聞いた。

久しぶりの教室には、自分たちの想い出がつまったビデオを見る子供たちの騒がしい声に包まれていた。
「ああ、あの人だ!」と誰かが画面を指さして、皆の歓声が「爆発」する。
ビデオには、五月の連休にカナダの先住民を訪ねたとき、そこで出会った人たちが映っている。

先住民として、誇り高く生きる人々。
子供たちは、その生きざまと暮らしに触れて帰ってきた。

ここに来ているアイヌの生徒たちは、アイヌ語を母語として受け継ぐことはなかった。
母語とは、母が子に乳を与えるように、周囲に囁きかけられながら、知らず知らずのうち身につけていく言葉だとすれば、高齢者でも、母語・アイヌ語を獲得した人は、少ない。

「滅びゆく言語」と、実際を無視していわれた時期があった。
言葉をここまで追いつめた歴史を辿ると、アイヌ自身が自ら言葉を放棄せざるをえないほど、有形無形の社会的な圧力が存在していたことがわかる。

明治政府はアイヌから一方的に生きる基盤を奪い、彼らが貧窮してもそのまま「放置」していた。
だが、天皇制国家である以上、その子弟は「教育」し、皇民化しなければならない体面もあった。
「教育」とは民族の否定、同化を指向した。

アイヌ集落に建てられた「旧土人学校」は、アイヌに多大な影響を及ぼした。
「アイヌの言葉を喋ると、先生にひどく叱られた。
殴る先生がとても恐かった」と、ある老人は当時を語る。
また、アイヌ系児童の成績が良いと、「アイヌのくせに、そんなにできるはずはない」と叱り、シャモの子には、「アイヌでさえできるのにお前達はなぜできない!」と教師が渇を入れたとも聞いた。

子供たちは出口のない袋小路にいた。ひたすら、民族の誇りを奪われ、劣等感を植えつけられていく。

「悲しむべし今のアイヌはアイヌをば
 卑下しながらにシャモ化してゆく」

そう歌ったのは、昭和4年、27才で逝ったアイヌの歌人、違星北斗である。
容赦のない、同化への圧力が働いていた。
目には見えない、凍りつくような差別の空気。
真綿で首をしめていくような重たい圧迫感。

父や母、祖父母たちもアイヌのことを伝えられない。
口をつぐむぎ、わが「血をうすめる」ことが子供の幸せと考えるほかなかったからだ。
母語の灯は、自らの吐息で一つ一つ、ふき消されていった。

『イランカラプテ』より


当時の明治政府はアイヌ人同化政策のためにアイヌ人からアイヌ語を奪ってしまったんですよね。
同じような事を明治政府は台湾人、それに当時の朝鮮人に対してもしたんですよね。
明治政府が推し進めた“義務教育”は昭和になってから
日本が“経済大国”になる原動力になったけれど、
その影で民族の言葉を奪われてしまったアイヌ人が居たわけです。

このようなことは2度としてはならない事ですよね。

ところで、僕が6月25日にRealogで書いた記事(『平和を愛し仲良く暮らしていた古代日本人 PART 2』)に、しばしばコメントを書いてくれている更紗さんから次のようなコメントをもらいました。
いつものことですが、ありがとね。



セクソロジストの高橋鉄(1907~1971)は、
当初は小説家を目指していたにもかかわらず、
アイヌ人を主人公にした短編小説が
発禁処分になってしまい、
それ以来、小説を書くことをやめてしまったそうです。

絵本や児童書ならアイヌ関係の本は結構残っているのに、
昔はアイヌ人が主人公のフィクションは
発禁処分だったなんて想像もつかず、
ちょっとショックでした(>_<)

by 更紗 2006/06/26 13:27

更紗さんはRealogのメンバーではありません。
彼女のブログは次のリンクをクリックすると読めますよ。
『更紗のタペストリー』


僕はさっそく次のような返信を書きました。



おおおお~~~更紗さん、
ちょうど良い時にコメントを書いてくれましたよ。
ありがとう!

あさって28日の題材はすでに決まっているんですよ。
真新主さんがレンゲさんの記事にコメントを書いてくれたので何を書くか決まったんですよ。

さて、明日何を書くかと考えていたところ、
更紗さんのコメントの通知をメールで見ました。

これで、明日27日の記事の題材が決まりました。
また更紗さんのコメントを使わせてもらいますよ。ありがとう。

僕は高校生の頃にフロイトの本を読んで精神分析にかなり興味を持ちましたが、
その関係で高橋鉄さんの本もかなり読みましたよ。

しかし、更紗さんのコメントを見るまで1971年に亡くなっている事を知りませんでした。
亡くなってはいるかもしれない。。。とは思いつつも、
まさか30年以上前に亡くなっていたとは。。。?
ちょっと驚きでした。

そうですよね。
高橋鉄さんは日本のセクソロジーの草分け的な存在でしょうね。
懐かしい名前を見ましたよ。

アイヌ人を主人公にした短編小説を高橋鉄さんが書いていたなんて全く知りませんでした。
それも驚きですが、アイヌ人を主人公にした短編小説が、
ただそのことだけのために発禁処分になると言うのも驚きですよね。

とにかくアイヌ人は大和朝廷の頃から不当な差別を受けてきたんですよね。
現在アイヌ語は復活したようですが、
Barbara Aoki Poissonという日系アメリカ人の書いた本
“First Peoples The Ainu of Japan”
を読むと、1979年には、アイヌ語を話せる人が、たったの10人程度だったそうですよ。

25日の記事(『平和を愛し仲良く暮らしていた古代日本人』)の中で引用したように、
アイヌ文化を残そうと言う人たちが現れてアイヌ語がまた息を吹き返してきたということはすばらしい事ですよね。

世界史を見ると過去にも、このような政府や時の実権者の差別政策によって
たくさんの言語が消滅しているんですよね。
つまり、その言葉でのみ記憶された歴史が、
その言語と共に消滅してしまったと言うことですよね。

人類の歴史の一部が欠けているということですよね。
こう言う事を繰り返さないためにも、
絶対に他の民族の文化を消滅させてはいけないことなんですよね。

人間として、自分の首を自分で絞めていることですからね。

他民族といえども、人間として、絶対にジェノサイドをしてはならないですよね。

とにかく、更紗さん、コメントありがとう。
またインスピレーションが湧いてきましたよ。
じゃあね。
時間があったら、明日の記事を読んでくださいね。
バ~♪~イ。

by デンマン 2006/06/26 14:43

『平和を愛し仲良く暮らしていた古代日本人 PART 2』のコメント欄より


戦争と言う狂気の中の良識

ここで話しはガラット変わりますが、アメリカ占領軍がなぜ明治政府がやったような“文化的ジェノサイド”をしなかったのだろうか?
このことを突き詰めるために、僕は原爆と京都との関係を調べ始めたのです。
おそらく、かなりの人が知っていると思いますが、京都は空襲も原爆も免(まぬが)れた日本の文化都市、古都です。

京都を空襲から免れさせたのはワシントンに居た当時の日本文化愛好家が、戦争遂行関係者に文化都市京都を戦災から守るべきだ、と説得して回ったという事実があったことを僕は歴史書で読んだ事がありました。
それを確認するためにネットで調べ始めたというわけです。

そうしたら、とんでもない書評にぶち当たったのです。
次に引用します。


『日本の古都はなぜ空襲を免れたか』
吉田守男 朝日文庫 ISBN4-02-261353-X

「太平洋戦争時、京都や奈良が空襲を受けなかったのは、
古い寺社などの文化財が多かったため、
アメリカが攻撃を控えていたからだ」
...という説を、あまり疑いもせず子どもにも教えていました。

山田克哉『原子爆弾(講談社ブルーバックス)』を読んで、京都が原爆の標的として上がっていたのを知っていたにもかかわらず、です。
全くもって不明のいたりです。

筆者は、アメリカ側のぼう大な資料や、どこがどれだけ爆撃を受けたかという日本側の資料を引き、

「京都が爆撃を免れたのは、原爆を落とすターゲットとして保護されていたからである」

...という自説を証明します。

では、奈良や鎌倉の場合は? 
これも明快に、

「軍事施設のない都市はほぼ人口の多い順に爆撃を受けていたが、
奈良や鎌倉は人口の少ない小都市だったから」

当時の人口(約5.7万人)から考えて、
もう少し終戦が遅ければ奈良は爆撃を受けた可能性が高いそうです。

ではなぜ、デマがもっともらしく吹聴され、現在まで信じられてきたのか。
それは、戦時中に京都市民の間で実際に流れた

「大都市のなかで京都だけ空襲を受けていないのは、
名所旧跡が多いせいだ」

...といううわさに、アメリカや御用学者が乗っかって広めたから。

同様なうわさが横浜・長崎(古くから外国とつきあいの深い港町だから)や広島(アメリカ本土には広島からの移民が多かったから)でも流れていたのは、自分の所だけは安全だと信じたい祈りのような心理が働いたからだろう、それがデマに過ぎない証拠に、横浜は大空襲を受け、広島・長崎は原爆を落とされた。
京都は、もう少しで原爆か大空襲を受けるというところで戦争が終わったために、デマまで生き残ってしまったのだ。

『黒推薦図書リスト』より
注: 読みやすく写真を加え、改行して大幅に構成を変えています。
   もちろん、内容には手を加えていません!

コメント   トラックバック (2)

母なる言葉を奪われたアイヌ人 PART 2

2006-06-27 10:27:54 | 日本史


これはお話としては大変面白い考え方であり興味深い発想ですよね。
真理はやがて歴史が証明するでしょう。
まだ太平洋戦争が終了してから60年ほどです。
これが真相だ!。。。というには歴史的に早すぎるかもしれません。

でも、僕がこれまで20年余り自習してきた歴史的な事実を考えて批判するならば、
上の書評には大きな誤りがあるということです。

どこが?

つまり、歴史を一点だけ取り出して見ている。
この場合ならば太平洋戦争中の戦略的観点でしか見ていない。

しかし、歴史というものは一点だけを取り出して語っても意味がありません。
つまり、“群盲象をなでる”という事になってしまう。



ある人は尻尾を触って象とはヘビのようなものと言い、
ある人は足を触って象とは柱のようなものだと言う。
また、ある人は耳を触って、象とは団扇(ウチワ)のようなものだと言い、
別の人は鼻を触って、大きなホースのようなものだと言う。

目の見えない人にとって、一つの生き物を確認する場合、
このように、どこを触ったかによって、いく通りにも解釈ができてしまう。

要するに歴史を見る場合にも、これと全く同じような事が起こる場合があります。
上の書評も、本を書いた著者も同じような誤りを犯しています。
つまり、大局的に見てないんですよね。

歴史上の事件というのは相互に関連したものです。
全く孤立して事件が発生するという事はありえない。
自然現象とは違うのだから。。。

では、上の書評の見方のどこが明らかに間違っているのか?

それはね、明治政府がアイヌ人にやった“文化的ジェノサイド”と
敗戦後アメリカ占領軍が行った日本での占領政策を見比べれば明らかな事です。

つまり、アメリカ占領軍は日本文化を、また日本文化の中核をなす天皇制を抹殺する事を良策とは考えていなかった。
だから、日本語を使わせた。
天皇を戦争犯罪人リストからはずした。



このことから考えても、京都を爆撃標的からはずした事も明らかなんですよ。
京都を空襲しても全く意味がないばかりか、
アメリカの日本文化愛好家にとっては打撃になる。
つまり、世界の文化のために京都を残す必要があると考えていた人たちが居たのです。

その人たちにとっては、個人的にも、世界の文化のためにも京都は意味のある文化都市だった。
日本人のために保護したわけではない!

つまり、いつの時代にもそのような大局的な見方、考え方が取れる人間が居るものです。

ところが、明治政府の文部省の役人の中には、そういう大局的で文化的な考え方のできる人たちが居なかった。
だから、アイヌ人に対して“文化的ジェノサイド”を行ってしまった。
この“同化政策”を台湾人に対しても朝鮮人に対しても明治政府は行った。
これは、明らかに帝国日本人の恥部です。

我々現代日本人はこのような過ちを犯してはならないのですよね。
そう思いませんか?

京都を爆撃標的からはずす、という考え方が、現在の“世界遺産”という考え方を生み出したんですよ。
このように歴史というものは一部分だけを取り出してみると、どのようにも解釈ができる。
しかし、歴史の流れとして見る時、そこにはおのずとある方向が現れてくる。

“国際化” “グローバル化” は京都を爆撃標的からはずした時にすでに始まっていたんですよ。
それが、現在の“世界遺産”という考え方に結実している。

だから、文化的、国際的に見るならば、明治政府がアイヌ人に対して行った“文化的ジェノサイド”は帝国日本の汚点ですよ。
あなたも僕も世界のネット市民の一人として、このことを肝に銘じて文化的ジェノサイドは絶対にしてはいけないことだ!と言う事を子孫に語り継ぐ使命を持っていると僕は信じているのですよ。
うへへへへ。。。。。
(でも、マジだよ!)

では、以前に紹介したじゅぁきさんのコメントをもう一度。。。



アイヌの話はどこかで聞いた事があって、
正直すばらしい民族だと思いました。
確か宗教も万物に神が宿り、
全てに感謝して生きるというものだったと記憶しています。
もし、この文化が根付いていれば
戦争なくなる第一歩なんですが。

それと戦争インフラはものすごくわかります。
明らかに日本の政府は取り込まれてますよね?
ケネディがそうだったという噂はありますが、
まぁ内心事実と思っていますが、
一応証拠ないですので^^;;。

お金儲けのために何でもありの武器商人。
でもアメリカだけでなく三菱系や住友重工系でも武器って作ってませんでしたっけ?
こういった戦争インフラが戦争を好むんですよね?
どうやって失くせばいいんでしょう・・・。

最近は戦争とずれますが、
障害者自立支援法案という悪法が通ってしまいました。
無力を感じたできごとでした。

まずは声を出して言うことから始めるしかないですかね?
黙っていても何も変わらないのはわかってるし。

今はそんな気分です(笑)。

by じゅぁき 2006/06/16 09:19

『戦争を無くす事はできますよね。(2006/06/15 Thu)』のコメント欄より

 
つまり、僕が何を言いたいかというと。。。
古代日本人(アイヌ人の祖先)は万物に神が宿ると信じ、平和に感謝しながら生きていた、という事ですよ。
つまり、戦争など馬鹿馬鹿しくてやらなかった。
だから、中国やヨーロッパのように町を城壁で囲む事もしなかった。

万物に神が宿ると信じている!
戦争などできるはずがないんですよ!

山を崩したり、岩を押し上げたりして山城を築く事なんて神を冒涜する事ですよ。
山は聖域だった!
戦火で森や林を焼く事も神を冒涜する事です。

現在だって、素朴な農村に行けば、今でも万物に神が宿ると素直に信じているお年寄りが日本にはたくさん居ます。
我々、現代日本人の血の中にも、古代日本人の血が少しは流れているんですよ。


ミノア人のファッショナブルな女性たち。
クノッソス宮殿の発掘現場で
考古学者のアーサーエヴァンズが初めてこのフレスコ画を目にした時、
思わず “可愛いパリジェンヌ” と口から出たと言う、いわく付きの壁画。

このお話については次のリンクをクリックして読んでくださいね。
『ラピスラズリ と 美女アメニア (前書き)』


古代日本人はミノア人(古代クレタ人)と同じように平和を愛する民族だったんです。
現代日本人のようにアメリカの防波堤にされて、ぇへらぇへら不気味に笑うような国民ではなかったんですよ!
(これはちょっと飛躍でしたよね!えへっへへへ。。。。)

とにかく、そのようなわけで、現在、純アイヌ人は好戦的な日本人に追いやられて、北海道の北の端でひっそりと暮らしています。

でもね、どちらが幸せな民族なのか。。。?
昔ながらの伝統を守って、こじんまりと落ち着いた生活を送っているアイヌ人。

現代日本人は経済大国になったけれど、
今夜のテレビニュースを見るまでもなく、
崩壊家庭に育った若者が常識では考えられないような悲惨な事件を引き起こしている!
それも、ほとんど毎日のように!

日本はどこか狂ってしまったのではないか?
。。。こう思うのは僕だけではないと思いますよ!
でしょう?
あなただって、日本がちょっと異常になり始めていると思いませんか?

何度も言うように、政治家が年金をごまかす!
日本国民の福祉と幸せを願って国政を預かる人たちが年金をごまかす。
一体、どういう神経を持っているのか?
どういうオツムを持っているのか?

年金をごまかした国会議員のほとんどすべてが、
今でもあなたの税金を使いながら、国会議事堂の中を歩いていますよ。
うへへへへ。。。。

“デンマンさん、日本へもどってきて政治家になってください”、と言ってくれた人が居ますが、
年金をごまかすような日本のダメな政治家と国会で政治をやるなんて馬鹿らしくてできませんよ。
あの大橋巨泉さんが嫌気がさしてしまうぐらいの政治の内容なんですからね。。。。
馬鹿馬鹿しくてやってられないんでしょうね。その気持ちが分かりますよ。

だから僕は、国を越えたレベルで、世界のネット市民の一人として正しいと思うことを一人でも多くの人に読んでもらう。
それが僕のできる事だし、それが僕にとって“草の根政治”だと信じていますよ。

戦争が無くなるまであと200年はかかるでしょうね。
でもね、いつか必ず地球から戦争は無くなりますよ!

戦国時代のことを考えてみてくださいよ!
戦国時代に、マジで戦争がなくなる日本を考えた人が居たと思いますか?
でも、現在、日本国内で県と県が戦争する事なんて絶対にありえませんよね。

つまりね、まだまだ、世界レベルで政治や戦争の事をマジで考える事のできる人たちが、極めて少ないという事ですよ!
僕は早く生まれすぎたんですよ!
100年遅く生まれてきたら政治家になりますよ!
しかし、日本に年金をごまかす政治家が居る限り、馬鹿馬鹿しくて政治家なんかになれませんよ。
時間の無駄です。
意味のない事をやる事は犬死ですからね。
年金をごまかす政治家と肩を並べて政治をやるのは、僕にとって犬死に等しいですよ。
それよりも、自分の信じる事をこうしてブログで記事にして書いた方がよっぽど世界のネットの発展のためになると信じているんですよ。
うへへへへ。。。。

いつの時代にも、戦争などする事は馬鹿馬鹿しいという事は常識だったんですよ。
頭のいい民族はやらなかった。
古代ミノア人!
古代日本人!

どうして戦争をやめないのか?
戦争をすると。。。
金が儲かる人たちがいる。
権力を維持できる人たちがいる!

馬鹿を見るのは何も知らない庶民です!
僕はそのような馬鹿な庶民の一人として死にたくない。

だから、世界のネット市民の一人としてバンクーバーでこうしてブログを書いています。
Grassroots Net Politicsを実践しているつもりなんですよ。。。うへへへへ。。。。。

"grassroots net politics" を入れてGoogleで検索してみたら、一つも引っかかりませんでした。
でも、このような活動をしている人が全世界に居ますよ。
僕もそのうちの一人です。

So, let's carry out grassroots net politics, shall we?

とにかく、時間があったら次の記事を読んでくださいね。

■ 『戦争はなくす事ができるものです』

では。。。



ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、ためになる関連記事

■ 『デンマンのブログを削除した管理人に対する公開抗議文とその面白い顛末』

■ 『日本は軍国主義への道を歩んでいるのでしょうか?』

■ 『2ちゃんねるは世界のネットのために貢献できるか?』

■ 『日本のネットではありませんよ! 世界のネットです!』

■ 『日本の皇室はどうあるべきでしょうか?』

■ 『一体、日本は良くなるの?』

■ 『どうして、こうも犯罪が増えている?警察はホントに駄目になったの?』

■ 『日本人に欠けているものは?』

■ 『日本のネットで迷惑を振りまいているウツケ者たち』

■ 『国際化・グローバル化とはあなたにとってどのようなものですか?』

■ 『日本 ☆ 日本人 ☆ 日本社会 ☆ 比較文化論』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



 

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。


コメント (2)

ほたるを見に行こう!

2006-06-27 10:25:59 | 海・河のスポーツ・旅行・車



ほたるを見に行こう!

ホタルを見に行こうよ!

蛍を見に行こうね!



  




6月中旬頃から7月にかけて、
川辺で光る蛍を眺める蛍狩りは各地で盛んです。

初夏の夜、ほのかに光りながら乱れ舞う蛍は、
「火垂る」とも書かれ、魂や心、胸を焦がす恋の象徴として、
古来より多くの詩歌に詠まれています。

源平の合戦以後は、源氏蛍、平家蛍の呼び名も生まれ、
蛍が乱舞するさまを蛍合戦と言うようになりました。
あなたもホタルを見に行きませんか?

まだ今年のホタルを見ていないあなたのために、
取っておきのホタル情報とホタルの宿を紹介しますね。

□■関東地区■□

◆お得なホタル狩りプラン販売開始しました!
  湯元ならではの源泉掛け流し温泉を満喫できる老舗宿

 ☆旅館 藤屋(群馬県 水上温泉)
  1泊2食付 定価 ¥12,600~ → 会員 ¥7,650~
  最大39%OFF!

◆【ユネッサン入館半額券】付プランはなんと【最大半額】!!
 お得な料金で、100種類のお風呂を満喫で心も体もリフレッシュ!!
 夏の風物詩の一つホタル鑑賞はこれからが見頃ですよ♪!

 ☆箱根ホテル小涌園(神奈川県 箱根小涌谷)
  1泊食事なし 定価 ¥10,000~ → 会員 ¥5,000~
  最大50%OFF!

◆武田信玄の隠し湯といわれて400年の歴史のある秘湯!
 中川温泉。
 宿から至近距離に【ホタル観賞】スポットがあり、
 たくさんのホタルが毎夜飛翔してます。
 ホタル観賞用の特別プランで是非ご鑑賞下さい。

 ☆中川温泉 湯元 蒼の山荘(神奈川県 西丹沢)
  1泊2食付 定価 ¥14,175~ → 会員 ¥9,400~
  最大34%OFF!

◆幻想的な光のイルミネーション“蛍”を見に行こう!
 近隣施設の「ロマンの森共和国」は、
 ゲンジホタルやヘイケボタルが数万匹も飛び交っています!

 ☆亀山温泉ホテル(千葉県 亀山温泉)
  1泊2食付 定価 ¥10,500~ → 会員 ¥6,720~
  最大36%OFF!

□■甲信越・北陸地区■□

◆ホタル舞う里一色へは下部温泉のお泊りが便利!
 ご宿泊のお客様は無料送迎OK!
 効能抜群の「ぬる湯」に
 つかり、ゆるやかな時間が流れる湯治場的風情をお楽しみ下さい。

 ☆登富屋旅館(山梨県 下部温泉)
  1泊2食付 定価 ¥8,400~ → 会員 ¥6,426~
  最大24%OFF!

□■東海地区■□

◆眼下に流れる桂川のせせらぎを聞き、温泉に浸かりながら、
 あなただけのゆったりした瞬間を時をお過ごしください。

 ☆湯寮いすゞ(静岡県 伊豆修善寺温泉)!
  1泊食事なし 通常 ¥5,250円~ → 会員 ¥2,000~
  最大62%OFF!

◆自然の中で遊び学び食べることを楽しむプラン満載!!
 自然を満喫した後は!
 女性に大人気の『牛乳風呂』でお肌もすべすべに♪
 今月はホタルが園内に飛びかい、とても風流ですよ♪
 ホタル観賞用の特別プランも販売中です!

 ☆グリーンパーク大内山(三重県 大内山)
  1泊2食付 定価 ¥13,125~ → 会員 ¥9,350~
  最大29%OFF!

□■北海道・東北地区■□

◆宿周辺で幻想的な光をちりばめるゲンジホタルを見る事ができます。
 【平日限定プラン】ならナント2食付が5,200円~!と格安!

 ☆国民宿舎さぎの湯(福島県 猪苗代)
  1泊2食付 定価 ¥7,350~ → 会員 ¥5,200~
  最大30%OFF!

□■近畿地区■□

◆万博公園内ではホタルが鑑賞できますよ♪
 ホタル観賞も終わりにむかっております!お早めにご覧下さい!
 万博公園の入園券付のスペシャルプランも販売中です!

 ☆ホテル阪急エキスポパーク(大阪府 万博公園)
  1泊食事なし 定価 ¥8,000~ → 会員 ¥2,400~
  最大70%OFF!

◆只今、ホタルがペンションの周りを優雅に飛翔しております!
 至近距離でホタルをじっくり観察することもできますよ♪
 幻想的なホタルの光を是非鑑賞して下さい!!

 ☆ペンシオーネ キタムラ(兵庫県 神鍋高原)
  1泊2食付 定価 ¥9,450~ → 会員 ¥4,725~
  最大50%OFF!

□■中国・四国地区■□

◆初夏を感じる幻想的ファンタジーのホタルを見に行きませんか?
 今なら、ホタル観賞ができるバスが無料運行中です。
 ぜひ、この機会にお申し込み下さい。

 ☆秋芳ロイヤルホテル秋芳館(山口県 秋吉台)
  1泊2食付 定価 ¥10,000~ → 会員 ¥7,225~
 最大27%OFF!




ええっ?

どのようにしたら会員になれて

安く利用できるの?

そう、お聞きですか?

次のリンクをクリックしてくださいね。

『あなたが癒しの旅を楽しめるように。。。』

じゃあ、あなたもホタルを見て

それからゆっくりとお風呂に入って

ストレスをきれいさっぱりと流してくださいね。

Have a good trip!




あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク





■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

例によって、

また出てまいりましたわ。

ええっ?

蛍狩りの記事に

なぜ、顔を出すのかって?

だって、あたくしも

蛍狩りに行きたいので

ござ~♪~ますのよ。

平安時代の頃が懐かしくなりましたわ。

現在の平成時代は、ちょっとあたくしにとって

テンポが早すぎるのでござ~♪~ますわよ。

だから、ホタルでも眺めながら、昔の事を偲びますわ。

あなたも今年のホタルをぜひ見に行ってくださいね。

それから、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。

興味深い記事がたくさん読めますことよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。

コメント

性と愛と浮気 PART 1

2006-06-26 11:02:33 | 恋愛・失恋・不倫・性の悩み・セクハラ




性と愛と浮気
 








愛憎と苦悩



投稿日時: 2004-9-8 11:45

わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない
境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という
発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、
相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が
未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって
「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、
相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、
理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、
かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、
防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

by レンゲ




『未熟者であることに甘えていることがすべての問題を生んでいる』より


デンマンさんは、またこの手記を持ち出すのですか?

おとといレンゲさんに言い忘れたことがありました。

なんですの?

清水君が浮気した事は確かにほめられた事ではないですよ。でもね、清水君だけが一方的に悪いわけではないですよ。

どうしてですの?

レンゲさんにだってその責任がないわけではないんですよ。

あたしのせいで洋ちゃんが浮気したとおっしゃるのですか?

僕は清水君本人ではないのだから僕の言うことが真相だと言うつもりはないですよ。でもね、僕はレンゲさんとはもう2年、詩や手記や投稿やメールを通して付き合いがある。レンゲさんと清水君の付き合いは半年ですよ。去年僕はバンクーバーで2ヶ月間レンゲさんと同じ屋根の下で生活を共にした。だから、レンゲさんのことは清水君に勝るとも劣らないほど知っているつもりですよ。

そのことはあたしも認めますわ。。。それでデンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

清水君の浮気もその原因の半分はレンゲさんにあると僕には思えるんですよ。

一体あたしのどこにその責任があるのですか?

今回のレンゲさんのやり方を見ていると、また“逃げの行動”で清水君から離れたとしか考えられませんよ。

洋ちゃんが私から離れて行ったんですわ。

それはレンゲさんが自分で決め付けている事ですよ。清水君はこれまでどおりアパートに居る。レンゲさんが勝手にアパートを飛び出して直美のマンションに転がり込んだんですよ。離れたのは清水君ではなくて、誰が見たってレンゲさんの方なんですよ。

あたしは精神的なことを言っているのです。愛情のことを言っているのですわ。

だから、レンゲさんがそのように思い込むことに問題があると言っているわけですよ。

あたしが思い込んだわけではありません。洋ちゃんが久美子さんと浮気をしたのです。洋ちゃん自身が認めたことですわ。

僕はその事を問題にしているのではないんですよ。上のレンゲさんの手記に書いてある次の箇所に問題があると思っているんですよ。


愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、
シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、
怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、
全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。


現実の世界は白と黒の世界ではないんですよ。特に日本のような社会は白と黒の世界ではないんですよ。白と黒の間のにごった社会ですよ。本音と建前をうまく使い分けないと世間を渡ってゆくことができない。それが日本の縦型社会ですよ。時には心にもないことを言って上役の機嫌をとらなければならない。レンゲさんだって、分からないわけじゃないでしょう?だからこそ、そういう本音と建前の社会に対して、自分の世界はシロとクロだとレンゲさんは言っている。。。でしょう?

デンマンさんはちゃんとあたしを理解してくれているではないですか?

分かっていますよ。でも、レンゲさんが分かっていませんよ。

どういうことですか?

レンゲさんほど頭のイイ女の子が、いまだに自分をそのにごった社会に適応させようとしない。

あたしだってその努力をしました。でも、できません。

だから、そのこともレンゲさん自らが、白か黒かと判断して短絡的に“できません”と言う結論を出してしまっている。普通の、つまり、境界性人格障害を患っていない人は、そのような思い込みをしないんですよ。

どうするのですか?

白か黒か。。。? そのように決め付ける前に、妥協するんですよ。つまり、白と黒の中間に歩み寄ろうとする。要するに清濁併(あわ)せ呑むわけですよ。そうだよなあああ。。。そういうことだってあるんだよなあああ。。。人間は誰でも長所もあり欠点もある、完璧ではないのだから。。。そうなんだよなあああ。。。時には他の女性に目が移る事だってあるよなあああ。。。そう思いながら妥協して、歩み寄って仲直りをする。

それは男の身勝手な理屈ですわ。

そうとも言えませんよ。レンゲさん自身の事をじっくりと考えてみてくださいよ。清水君は確かに浮気をしたかもしれません。しかし、レンゲさんだって、清水君の目から見たら浮気をしているように見えますよ。

どういうことですか?

だって、そうでしょう?衝動的にバンクーバーにやって来て僕のところで3晩泊まっている。目には目を歯には歯を。。。清水君が浮気をしたからレンゲさんも、腹いせに、あるいは仕返しに、そう思って他の男の懐に飛び込んでゆく。。。正に、白か黒か?の世界のやり方を見ているようなものですよ。違いますか?

あたしは。。。あたしは。。。そういうつもりでバンクーバーに行ったのではありませんわ。

どのようなつもりであろうが、レンゲさんの行動を見る限り、感情的になって、衝動的で、短絡的で、正に、白か黒かの世界を見ているようですよ。

あたしは自分に正直なだけです。

余り正直すぎるとねぇ、日本のような本音と建前の社会では暮らしてゆけないんですよ。僕自身、そのことについては良く分かっている。だから、僕にとって暮らし易い、つまり、本音で生活し易いカナダのバンクーバーに居るんですよ。

だから、あたしはバンクーバーに行ったのですわ。

ほらぁ~、それが衝動的、短絡的だと言うんですよ。僕は今、レンゲさんと清水君の問題について話しているんですよ。レンゲさんがカナダへ移住するかどうかについて話しているのではないんですよ。レンゲさんは、そうやっていつでも、早急に白か黒かを決め付けて、飛躍した行動にでる。バンクーバーにやってきたこともそのように衝動的で短絡的な白か黒か?の行動ですよ。普通の女性なら、成田空港にたどり着く前に思いとどまるものですよ。

そうでしょうか?

そうなんですよ。だから、僕はレンゲさんが“爆弾女”に見えるんですよ。爆発すると何をするのか分からない。阿部定さんも似たようなところがありますよ。愛情が爆発、独占欲が爆発して、好きな余り、愛している余りに、石田吉蔵さんの喉を絞めて殺してしまった。普通の女性なら、喉を絞めても、その結果を考えるから、怖くなってやめるものですよ。
『愛のコリーダ - 阿部定事件』

つまり、あたしも阿部定さんも“爆弾女”と言うわけですの?

そうですよ。当時、境界性人格障害という病名はありませんでしたからね。でもね、僕はレンゲさんのことを理解すれば理解するほど、阿部定さんとレンゲさんに共通するものが見えてきて、怖くなってきたほどですよ。

もしかして、あたしがデンマンさんを独占したい余りにデンマンさんを殺すとでも思っているのですか?

だから、そのような事もありえるかもしれないと。。。

いややわあああ。。。あたし、そのような事、ようしませんわあああ。。。

して欲しくないですよ。。。僕はまだ死にたくないですからね。。。こうしてブログで書かなければならない事が、まだたくさんあるんですよ。

つまり、デンマンさんは、これからあたしがまだいろいろな問題を起こすと考えているのでしょう?

。。。そう言うところがレンゲさんの頭のいいところなんですよ。ちゃんと自分でも分かっている。でも、分かっているのに、失敗から学んでいない。それで問題を起こす。

どうして学べないのでしょうか?

レンゲさんが甘えの中に逃げ込んでしまうからですよ。

その甘えとは。。。?

だから、思うように行かなくなると、僕に甘えたりする。。。

あたしはデンマンさんに甘えているのですか?

違うのですか?

あたしとデンマンさんは“愛の正体”を見つけるために、一緒にネットで旅に出たとおっしゃいましたよね?

そういう事はしっかりと覚えているんですね?

あたしは“愛の正体”を見つけるためにバンクーバーへ行ったのですわ。

レンゲさんは、本当に頭のいい女の子だと僕は思いますよ。さぜならねぇ、僕がレンゲさんの問題の本質に近づこうとすると、こうして矛先をかわそうとする。それだけ聡明なレンゲさんが、なぜ失敗から学んで、すばらしい人生の伴侶を見つけることができないのか?僕にとって、それは世界の七不思議の一つですよ。

これまでのあたしの人生で、あたしを最も理解してくれているのがデンマンさんですわ。

そう言ってくれるのはうれしいけれど、僕はレンゲさんの人生の伴侶にはなれないんですよ。何度も言っているように、レンゲさんと僕は詩の世界では比翼連理になれるけれど、現実の世界ではそうなってはダメなんですよ。

どうしてですの?

僕にはすでに直美と言う人生の伴侶が居るからですよ。

あたしをもう一人デンマンさんの人生の伴侶に加えてくださいな。

レンゲさん、冗談はここまでにしましょうね。重婚が犯罪である以上、これ以上話しても意味がありませんよ。それに、ここで問題にしているのは、レンゲさんと清水君が仲直りするということなんですよ。レンゲさんは次のように書いていたんですよ。
コメント   トラックバック (1)

性と愛と浮気 PART 2

2006-06-26 11:01:20 | 恋愛・失恋・不倫・性の悩み・セクハラ






不倫の悦びと苦悩



わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。

でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

世間のすべての不倫カップルがそうだとは
限らないとは思いますが、
わたしたちの場合は、
おたがいを傷つけあって
後々笑顔で思い出せるようなものではありませんでした。

おそらく今、会ったとしても、
お互い自分の残した
嫌なものを見ているような気持ちしか、
生まれてこないでしょう。

最初の頃のときめき。
彼のやさしさ。
いきいきとしたわたし。
何もかも、なくしてしまってからの別れ。

本当は、彼と和解したいと考えている自分がいます。
よりを戻すのではなく、ただ、醜い別れを修正したい。

・・・そんな甘い話は、ありませんよね。

by レンゲ




『不倫の悦びと苦悩』より


レンゲさんが本心から恋愛を通して成長したいのなら、ここで清水君と仲直りをする事こそ意味があることですよ。それ以外のことはすべて“逃げの行動”なんですよ。その事をレンゲさんは分かっている。でも、直面しない。なぜなのか。。。?

なぜですの?

人間は誰もが弱いものですよ。強がりを見せても、所詮、神様ではないんだから、弱みを持ってますよ。僕も。。。レンゲさんも。。。

それで。。。?

だから、誰でも甘えてしまう。どこかに甘えがある。。。

あたしはデンマンさんに甘えていると。。。?

違うのですか?

甘えているのではありませんわ。。。あたしは。。。あたしは。。。デンマンさんと一緒に暮らしたいのです。

だから、それが甘えだと言っているんですよ。

甘えではありません。あたしはマジですねん。

レンゲさん、すぐ上の手記をもう一度じっくりと読んでくださいよ。吉村さんと不倫して、結局破綻を迎える事になった。それから、数ヶ月がたって冷静になり、心が落ち着いてから書いたものが上の手記ですよね。レンゲさんが熟女になる時には、こういう文章が書けるんですよ。この時から、もう5年の月日が流れている。レンゲさんは恋愛を通して成長したいと、はっきりと書いている。でも、吉村さんと別れてからでも、もう両手の指では数え切れない恋愛を経験している。それなのに、一向に成長していない。なぜだと思いますか?

どうしてですの?

ついつい甘えて脇道にそれてしまう。清水君と二人して幸せな関係を育ててゆこうとする前に、“デンマンさんと一緒に暮らしたい”と言う甘えが頭をもたげてくる。このような甘えがあるので、レンゲさんは、いつまでたっても失敗から学ぶことができないんですよ。僕はそう思っています。

あたしはどうしたら良いのでしょうか?

僕に聞かなくても、頭のいいレンゲさんは分かっているんですよ。分かっているのにできない。

洋ちゃんはあたしの事を本当に愛しているのではありません。

。。。で、今まであれほど愛し合っていたのは、一体どういうことなんですか?

だから、その程度の愛だったんです。



その程度の愛って。。。サクラの咲いていた頃は、夜桜を見に毎晩のように荒川の土手に行き、きれいに咲いた夜桜を見ながら、車の中で愛し合ったんでしょう?それからアパートに戻ってすぐに寝るのかと思えば、もう一度愛し合う。でも、それで終わりじゃないんですよね。翌朝、すがすがしい気分で目覚めると、さらに求め合う。

デンマンさんは、どうしてご存知なんですの?

ご存知なんですのって。。。レンゲさんが僕に聞かせたんですよ。“ねっ。。。ねっ。。。デンマンさん、。。。聞いて、聞いて、。。。夕べは洋ちゃんと。。。” そう言って、どれほど愛し合ったのか僕にイヤと言うほど聞かせたでしょう?もう忘れてしまったのですか?

そんな事があったかしらぁ~?

とぼけないでくださいよ。。。んも~~ 僕の身にもなってくださいよ。 レンゲさんは午後6時頃、仕事が一段落してほっとした頃ですよ。でもね、バンクーバーは午前2時ですよ。僕は夜型人間だから、まだ起きている時もあるけれど、眠り始めた頃に電話で起こされる事も結構ありましたよ。。。それで何かと思えば、“ねっ。。。ねっ。。。デンマンさん、。。。聞いて、聞いて、。。。夕べは洋ちゃんと。。。”というわけですよ。

でも、デンマンさんだって“それで。。。それで。。。そんなことまでしたの?。。。それでどうだったの?。。。”そう言いながら、あたしに根掘り葉掘りいろいろと尋ねましたわ。

僕だって、そういう話が嫌いじゃないから。。。でもね、眠ったばかりの時に起こされるんですよ。常識と言うものがありますよ。バンクーバーは真夜中なんだから。。。

でも、デンマンさんは、いつでもおっしゃいましたわ。“僕は別に気にしていないよ。そういう話なら、いつでも聞いてあげるからね”。。。こう言いましたわ。

確かにそう言ったけれど。。。

だからあたし、デンマンさんに聞いてもらったのですわぁ。

とにかく、清水君と毎晩毎朝、愛し合っていたんですよ。まるで新婚さんのようでしたよ。僕に言わせてもらえば、ちょっと時期は早いけれど倦怠期が訪れたようなものですよ。もし結婚していれば、これほど早く離婚しないでしょう。まだ半年ですからね。

でも、洋ちゃんがあたしの事を本当に愛していないと言う事が分かったんです。

だから、そのこともレンゲさんが白と黒の世界で判断してしまったんですよ。もし結婚していたら、二人で愛を育ててゆこうとしますよ。でも、レンゲさんは、あれ程愛し合っていたのに清水君との生活にそれ程のこだわりを持っていない。清水君がちょっと浮気したぐらいで、見捨てられ感と迫害妄想で別れてしまう。それも僕には不思議な事ですよ。

今回もあたしが逃げの行動をとったとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよ。いつもの事ですよ。それ以外に説明のしようがないでしょう?他に理由があるのですか?

ありますわ。

一体、何ですか?

あたし。。。あたし。。。洋ちゃんとはイケないんです。

また、その話を蒸し返すのですかぁ~?

だってぇ。。。デンマンさんが理由を尋ねるからですわぁ~。

その事については、これまでに、もう何度もレンゲさんに話したでしょう。まだこだわっているのですか?

だってぇ~。。。あたしにとっては。。。、とっても大切なことですわぁ~。

分かりますよ。それは理解できるけれど、レンゲさんはこだわりすぎますよ。

いけませんか?

イク事だけにこだわる必要はないですよ。イケない女性はたくさん居るんだから。その人たちがすべてが不幸なわけではないですよ。早い話が100メートルを10秒を切る人が居ますよ。でもね、誰もが100メートルを9秒台で走る必要はないんですよ。9秒で走ろうが、10秒で走ろうが11秒で走ろうが、全く走れなくても、人生を幸せに送ることはできるんですよ。

分かりますわ。でも、その例え話はちょっとおかしいと思いますわ。

おかしくありませんよ。レンゲさんは100メートルを9秒台で走らないと幸せにはなれない、と言っているんですよ。清水君とでは100メートルを9秒台で走れないので、清水君と別れると言っているようなものですよ。

だってぇ、100メートルを9秒で走りたい人には重要なことでしょう?

オリンピックに出て100メートルに優勝したい人にとっては確かに重要かも知れませんよ。でも、レンゲさんはオリンピックに出たいわけではないでしょう?

もちろんですわ。オリンピックなど全く関心がありませんもの。

だから、100メートルを9秒で走る必要もないでしょう?

でも、あたしは愛し合っている人とイキたいんです。

誰も、清水君とイってはダメだと言ってないでしょう。。。? イケばいいじゃないですか?

でも。。。でも。。。デンマンさんがおっしゃるように、そう簡単にイケる訳ではありませんわ。だから、あたし。。。バンクーバーまでデンマンさんに会いに行ったのですわ。

僕に会っても仕方ないでしょう?レンゲさんは清水君とイキたいんだから。。。

あたしは別に洋ちゃんとイクことにこだわっているわけではありません。愛する人とイクことにこだわっているのですわぁ~。

レンゲさんは、ここで、また問題をすり替えようとしていますよ。この話を続けてゆくと僕とレンゲさんは不倫しなければならなくなってしまいます。そうなると、“阿部定事件”になってしまうんですよ。それが、見え見えだから、止めましょうね、と僕は何度も言っているんですよ。

分かりましたわ。。。デンマンさんは、やっぱりあたしを愛していないのですわ。

だから、そのように短絡的に判断してしまう事が白と黒の世界だと言うのですよ。このページのトップに載せたレンゲさん手記の中に書いてある世界です。その世界から抜け出さない限り、レンゲさんは恋愛を通して成長できませんよ。

デンマンさんは、いつだって、あたしとは、ある距離を置いて、じっと観察しているだけで。。。あたしを暖かく抱きしめてくれるような事はありませんわ。



。。。そ。。。それは。。。それは無理ですよ。僕はカナダのバンクーバーに居る。レンゲさんは埼玉県の熊谷に居る。僕とレンゲさんはこうしてウェブカムを通して、太平洋を挟んで会話しているんですからね。。。でも、僕の気持ちは、いつだってレンゲさんを優しく抱きしめていますよ。うへへへ。。。

デンマンさんは、ベッドの中と、あたしの詩や手記や日記を読んでいる時だけは優しいのですわ。あたしが近づきすぎると、冷たく突き放すのですわ。。。いつもそうでしたわぁ~。

レンゲさん、この記事を読む人に誤解を与えるような事を言ってもらっては困りますよ。

あたしが誤解を与えるようなことを言いましたかぁ?

ベットの中で優しい。。。そんな事を言ったら、この記事を初めて読む人は僕とレンゲさんが不倫しているのではないかと誤解してしまう人も居ますよ。

でも、どのように誤解されようが、あたしはバンクーバーでデンマンさんに抱かれて眠りましたわ。

ちょっと。。。ちょっと。。。レンゲさん、。。。その事は言わないようにしようねって、僕があれほど頼んだではないですかああああ~~忘れてしまったんですかあああ?

覚えていますわぁ~。

だったら、どうしてこのような時に言ってしまうんですか?

あたしが思っていることを言うことぐらいデンマンさんはご存知ですよね?

だからぁ~~、言わないようにしようねって、レンゲさんに、あれほど念を押したんですよ。。。んも~~。。。

【ここだけの話しですけれどねぇ~、レンゲさんは清水君が浮気をしたことに、まだこだわっているんですよね。吉村さんとの不幸な不倫以来、レンゲさんが成長しているとは僕には思えないんですよ。。。とにかく、レンゲさんの話はますます面白くなりますからね。これまでの話を読みたい人はリンクを貼っておきましたから、ぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多い日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』



レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』

コメント

美容と入浴とアラビアン・ナイト(千夜一夜物語)

2006-06-26 10:59:29 | 美容・健康・心の病気・ダイエット



美容と入浴と

アラビアン・ナイト

(千夜一夜物語)




知ってますか?
古来より人は脱毛、入浴、化粧を非常に大切なものと考えていました。

アラビアン・ナイトには、人々が浴場に入って身体を洗い、
体毛を剃り、精神を安定させる話があります。
彼らは温められた大理石の上にクッションを置いて横になり、
毛抜師が石灰状のもので体を擦って、ムダ毛を取りました。
そしてその後ハーブ入りのオリーブオイルで、体を磨き上げたのです。
これは現在でいう垢すりのようなものです。

実際、彼らは麻を叩いて柔らかくした布で、
指先や足先から体の中心に向かって、擦りあげていきました。

そもそもコーランの教えに「体毛は不潔なものであり、体から取り除くこと」というのがあります。
そういうわけで男も女も体中のムダ毛を取っていたのです。
そのあとで薔薇水を飲み、体の内側から臭いを消したのです。

また女性の場合は小袋に入れたじゃこう(麝香)を陰部に差し入れ、
体臭を消していたそうです。

アラビアン・ナイトに出てくる第五代教王ハルン・アル・ラシッドは400人の寵姫を囲い繁栄を極めました。
その頃の教王は三大陸にまたがる広大な土地を持ち、今のバグダットからナイル河に至るまでがその領土でした。
彼は入浴をこよなく愛し、常に香料を神聖なものとしてインドから輸入していました。

他にもアラビアン・ナイトは、「アリババと40人の盗賊」や「シンドバッドの冒険」、「ヤムリカ姫」、「海のザクロ姫」などの興味深い話に満ちています。
しかし、生活の基本は一般の人から教王に至るまで、浴場で体を磨き上げることだったことが、どの物語にも書かれています。

ところで、当時ヨーロッパ人はほとんど体を洗わない生活をしていました。
フランスで香水がはやったのも、風呂にほとんど入らなかったので、香水で匂いを消すためだったというのもうなづける話です。
つまり、当時中近東に住んでいた人たちは世界でも類まれな清潔を好む人たちだったのです。



日本人もけっこう風呂好きですよね。
では、日本人の入浴の習慣はいつ頃から始まったのでしょうか?
多雨多湿な日本の気候風土が入浴と大きく関係しているのでしょうか。
それとも「湯水のごとく」という言葉があるように、
豊かな水に恵まれていたことと関係があるのでしょうか?

寒い冬、たっぷりと湯を張った風呂に肩までつかれば、冷え切った体は芯から温まります。
日本人の約8割は、毎日風呂に入るといわれていますが、こうした習慣ができたのは、
実は一般家庭に風呂が普及し始めた40~50年くらい前からです。
ちょっと、驚きでしょう?
また、風呂といえば湯を張った浴槽を連想しますが、風呂とはもともと蒸し風呂のことでした。

古事記や日本書紀には、水の中へ入り体を清める「みそぎ」の場面がしばしば登場します。
体の汚れとともに、心の穢も洗い清めるという意味がありました。
もちろん、それ以前から水の中で体を洗うという行為は、縄文人や弥生人も行っていたことでしょう。
こうした行為が入浴の起源といえるのかもしれません。

しかし、入浴とはたんに水で体を清潔にすることではありません。
入浴は湯を使うことが前提です。
当然、火と湯を沸かす道具が必要となってきます。

都市部において井戸がかなり自由に使えるようになったのは、江戸時代になってからのことです。
でも、庶民が毎日入浴できるほどには水が豊富にはなかったのです。
例えば、埼玉県で江戸時代になってから新田開発された地域では「芝行水」という風習がありました。
水が乏しいため、干した芝で体を拭いて垢や汗をぬぐいとったというのです。

風呂を沸かす燃料についても同じです。
農村ならば里山などから柴を刈ってくることもできるでしょうが、
毎日、風呂を沸かすほど大量の柴を取ってくることはできません。
さらに、浴槽を作るのにもかなりの技術と費用がかかり、
江戸の庶民が自宅に浴槽をもつことはとても無理な話でした。
実際には、日本人は風呂好きどころか、現代人ほどには入浴の習慣はなかったのです。

つまり、風呂好きだと思われている日本人も、
風呂に毎日入るようになったのは歴史的に見れば、ごく最近の事だったんですね。
そういうわけで、アラビアン・ナイトの時代に遡(さかのぼ)れば、
日本人もアラブ人の清潔好きには及ばなかったという事です。

日本人の平均寿命が世界一になった理由として、医学の進歩がまず言われますが、
中には、日本人の入浴の習慣もそのひとつではないかと考えている人もいるほどです。
考えてみれば納得がゆきますよ。

なぜなら、風呂に入る事で清潔が保てるし、
風呂に入る事でリラックスできてストレスが発散できます。
最近の研究では、ストレスが原因で発病する病気がかなりあるということが分かってきました。
例えば、胃ガンなどはその良い例ですよね。

そういうことを考えながら、今夜もゆっくりと入浴して疲れとストレスをとってくださいね。
では、あなたの健康と美容のためにメチャためになるサイトをご紹介しますね。
もちろん無料ですよ。
登録とか、そういうものは一切ありません。
次のリンクをクリックして気軽に覗いて見てくださいね。

『あなたの健康と美容のためのナウい、めちゃグーなガイド』

あなたも上のガイドを充分に活用して、
より健康に美しく麗(うるわ)しい人生を送ってくださいね。
応援していますよ。

Good luck!



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて

実にためになるリンク






■ 『クレジットカードを上手に使うためのあなたのガイド』



■ 『安心してお得なローンガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



■ 『あなたが楽しむための 娯楽 スポーツ レンタルDVD ガイド』



■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ます。

ビックリしたでしょう?

あたくし変身したのでござ~♪~ますのよ。

あたくしだって

ビックリしたのでざ~♪~ますから。。。

ええっ、なんで変身したのかって?

だってね、

十二単(じゅうにひとえ)なんて

もうダサいでしょう?

あたしだって、美容と健康に

心がけているのでござ~♪~ますのよ。

あたくしって、けっこうボインでしょう?

おほほほほ。。。。

平安時代は“鳩胸でっちり”と言いましてね、

あたくしのような体型は

ダメだったのでござ~♪~ますのよ。

長生きするものでござ~♪~ますわね。

おほほほほ。。。。

とにかくね、あたくしがマスコットギャルをやっている

『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。

おもしろい記事がたくさん読めますよ。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。ば~♪~い

コメント