デンマンのブログ

デンマンが徒然につづったブログ

ハワイに恋した敦子の懺悔(PART 1 OF 3)

2016-06-30 11:18:02 | ハワイに恋して客室乗務員になりました

 

ハワイに恋した敦子の懺悔(PART 1 OF 3)

 

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー ワイに恋した敦子の懺悔
(zange02.jpg)

 

アタイは次の写真の中の

どれでしょうか?

きゃははははは。。。


 

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(atsuko8.jpg)

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(hawaii56c.jpg)

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(hawaii98.jpg)

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(hawaii52.jpg)

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(atsuko9.jpg)



客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(atsuko01.jpg)

デンマンさん。。。 アタイはネット市民の皆様の前で懺悔しないといけないのでしょうかァ~?


(kato3.gif)

あのさァ~。。。 オマエには罪の意識がないのォ~。。。?

アタイは懺悔しなければならないほどネット市民の皆様に対して悪い事をしたのでしょうかァ~?

あれっ。。。 オマエはこれまでに悪い事をしたという自覚が全くないのォ~?

ありません!

あれっ。。。 オマエは自信を持って「ありません!」と言ったけれで、それってぇ、マジ。。。?

マジですわァ~。。。

だったら、ちょっとオマエの悪徳ブログの次のページを見てごらんよ!


(baka60626b.png)


『拡大する』

『実際の記事』


客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー

あらっ。。。 これはアタイの素晴らしいブログの記事ではありませんかァ!



あのさァ~。。。 このような内容の無い記事がどうして素晴らしいのォ~。。。?

だってぇ~、“いいね”が 4,489個も付いてますわあああァ~。。。 うふふふふふふ。。。

あのさァ~、たった6行の内容の無い記事を 4,489人のネット市民の皆様が読んで マジで感心して“いいね”を付けたと、オマエは真面目に、そう思ってるのォ~。。。?

そう思ってはいけませんかァ~?

呆れたねぇ~。。。 オマエは義務教育を中学校3年生まで ちゃんと受けたのォ~?

アタイはこれでも 橘卑弥子・准教授が教えている京都の女子大学を卒業しているのですわァ~。

なるほどォ~。。。

何がなるほどなのですかァ~?

常々、卑弥子さんが京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義していると言っていたけれど、オマエは、落ちこぼれの その腐女子の一人だったんだねぇ~?

うししししし。。。 やっぱり、アタイが腐女子の一人だったということが判ってしまいますかァ~?

オマエと話をしていると、すぐに判るよォ~。。。 つまり、卑弥子さんの評判に傷をつけようとして下の写真をキャンパス中にバラ撒いたのもオマエなんだねぇ~。。。


(preg12.jpg)

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー

うふふふふふ。。。 やっぱり判ってしまいますかァ~。。。?



卑弥子さんは、まだ未婚なんだよ。。。 この写真は卑弥子さんを“未婚の母”にしようという誹謗・中傷なのだよ! オマエは悪い事ばっかりしているんだねぇ~。。。

でも。。。、でも。。。、上の記事に関する限り悪い事はしていません。

あのさァ~、オマエには常識と言うものがないのだよ。。。 さらに、良心というモノもほとんどない!

その証拠でもあるのですかァ~?

あるのだよ。。。 次のリストを見て欲しい。


(baka60626a.png)


『拡大する』

『実際のリスト』


客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー

あらっ。。。 アタイのブログの「最新の記事一覧」ですわねぇ~。。。



そうだよ。。。 2016年6月25日の時点で、オマエのブログには 7つの記事しかないのだよ! 最初に記事を書いたのが2015年の1月14日。。。 それから、2つ目の記事を書いた2016年の5月25日まで、オマエは 1年4ヶ月間、記事を書かずに「自動いいねスパムツール」を使って、読みもしない記事に“いいね”をボコボコ付け回っていたのだよ!

うふふふふふふ。。。 やっぱり、判ってしまうものですかァ~?

あのさァ~。。。 そうやって薄ら馬鹿笑いをしている場合じゃないだろう!?

笑ってはいけませんかァ~? うふふふふふふ。。。

オマエはマジで、罪の意識がまるで無いのだねぇ~?

罪の意識を持たないといけないのでしょうかァ~?

いけないのだよ。。。 オマエは世間で認められている悪い事をしても 罪の意識が無いから、“腐女子”と言われているのだよ!

アタイは腐った女の子なのでしょうか? うふふふふふふ。。。

だから、笑っている場合じゃないのだよ!。。。 オマエは間違いなく精神を病んでいるよ!

つまり、アタイは精神科のお医者さんに診てもらったほうがいい、とデンマンさんは言うのですか?

たぶん、そうした方がいいと思うよ。。。 オマエは深刻に精神が蝕(むしば)まれていると僕は思うのだよ。。。 だいたい常識のある人間ならば、“お返しの いいね”が 4,489個も もらえるぐらいに1年4ヶ月もかけて 「自動いいねスパムツール」を使って、読みもしない記事に“いいね”をボコボコ付け回るなんてことはできないのだよ。

でも。。。、でも。。。、アタイには出来ました。。。 うふふふふふふ。。。

だから、オマエは普通の常識ある女の子ではないのだよ! マジで“腐女子”なんだよ。。。 それも、オツムのネジが 3本どころじゃない! おそらく十数本緩(ゆる)んでいるのだよ!

つまり、アタイは精神的に病んでいるということですか?

間違いないと思う。。。 オマエには助言してくれる友達とかが 周りにいないだろう!?

デンマンさんは、よくわかりますねぇ~。。。 そうなのですゥ。。。 アタイは現在、部屋に閉じこもりっきりで“いいねスパム”を飛ばしまくっているのですわァ~。。。 うふふふふふふふ。。。

あのさァ~。。。 オマエが“悪徳いいねスパマー”だと言うことは、ネット社会に広まりつつあるのだよ!

マジで。。。?

ちょっと次の検索結果を見てごらんよ。


(gog60613a.png)

『現時点での検索結果』



「ハワイに恋した敦子」と入れてGOOGLEで検索してみたのだよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目して欲しい。



あらっ。。。 もしかして。。。、もしかして。。。、赤枠で囲んだリンクをクリックするとデンマンさんが先日 アタイを呼び出して書いた記事が表示されるのですかァ~?

そうなのだよ。。。


(hooker13.jpg)


『ハワイに恋した敦子』

『ハワイに恋した敦子に注意!』

『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

『ハワイに恋した敦子の欺瞞』




オマエが更にネットで有名になっているのだよ。



あらっ。。。 それは素晴らしい事ですわァ~。。。 スキップして喜んでもいいですかァ~?

あのさァ~。。。 オマエがネットで有名になっている、と言ったけれど、実は、オマエは僕に晒されているのだよ。。。 つまり、悪名が高くなっているのだよ。。。

晒されようが、何されようがネットでアタイの名前が知れ渡るというのはうれしいのですわァ~。。。 きゃはははははは。。。

でもさァ~、オマエは上のリストの中にもハワイに恋して客室乗務員になりましたと書いてあるけれど、実は オマエはキャビンアテンダントをクビになったのだよ。 日本航空でキャビンアテンダントの教育を担当していた則子さんが僕に次のように教えてくれた!



(atsuko9.jpg)

敦子さんはキャビンアテンダントの中では

お客様からの苦情が最も多い人でした。

日航の教育方針としては、

お客様が満足の行くように誠実にサービスすることを

心がけることが第一なのですわ。

ところが、敦子さんは自己本位の人で、

自分だけがよければ、それでよいという性格で、

何事も自分本位で仕事にも誠意が感じられず、

お客様からの苦情が絶えないので、

結局、辞めてもらいました。




あらっ。。。 このような事をネットで公開されては困りますわァ~。。。



あのさァ~、オマエは何事も自分本位で 他人の迷惑など考えないで 自分だけ金儲けができればいいという、拝金主義に凝り固まっているのだよ!

あらっ。。。 そのような根も葉もない事を言わないでくださいなァ~。。。 んもおおおォ~!

根も葉もあるだろう! 則子さんも、オマエが自己本位で、「お客様が満足の行くように誠実にサービスしない」と言っているのだよ! それで苦情が続出しているので、オマエに辞めてもらったと言う訳だよ。。。

。。。で、どういうわけで“ハワイに恋した敦子の懺悔”というタイトルで、またアタイを呼び出したのですか?

だから、いい機会だから、ここで懺悔して、また一から“まともなブロガー”として出直すのだよ!

つまり、このままアタイが“いいねスパム”を飛ばすと、アタイは更に有名になってしまうのですか?

そうだよ。。。

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ。。。 次のリストを見て欲しい。


 (すぐ下のページへ続く)




コメント

ハワイに恋した敦子の懺悔(PART 2 OF 3)

2016-06-30 11:17:25 | ハワイに恋して客室乗務員になりました






 

ハワイに恋した敦子の懺悔(PART 2 OF 3)




(ame60626b2.png)

『拡大する』



これはアメブロの僕のブログの6月20日から26日までの1週間の「リンク元URL」のリストだよ。。。 赤枠で囲んである 5番と31番に注目して欲しい。

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー

次の2つの記事を読んだということですね。

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(atsuko8.jpg)


『客室乗務員ハワイに恋した敦子に注意』
 (PART 1)

『ハワイに恋した敦子の欺瞞』(PART 1)




そうだよ。。。 上の2つの記事を読んで、更にオマエの事が知りたくて PART 2 を読んだと言うことだよ。。。 つまり、「自動いいねスパムツール」を使って“いいねスパム”を飛ばしている悪徳スパマーのオマエに興味を持つネット市民がいるわけだよ。

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー

でも。。。、でも。。。、たったの11人じゃありませんか!

あのさァ~。。。 オマエはネットで悪名高くなることが、どういうことなのか?。。。 その事がよく理解できていないのだよ。。。 ちょっと次の小文を読んでごらんよ。


ブログの注目と評判


(free01.jpg)

もしも、注目や評判を金銭のように数量化できたらどうだろうか。
それらを適切な市場で扱えるような形にすれば、経済学者が貨幣経済学で使っている方程式でそれらを説明し、定式化できるのではないだろうか。
そのためには、注目と評判も従来の通貨と同じ特徴を持つ必要がある。
すなわち測定でき、有限で、交換可能という特徴だ。

私たちはそれを実現しようとしている。
1989年にティム・バーナーズ=リーの開発したハイパーリンクのおかげだ。
それは単純なもので、http:// で始まる文字の羅列にすぎない。
だが、それがつくり出すのは注目と評判を交換するための正式な言語であり、両者のための通貨だ。

今日、皆さんが自分のブログを誰かのサイトとリンクすれば、皆さんは事実上、自分の評判の一部をその人に与えたことになる。
皆さんはブログを見てくれる人にこう言っているのだ。
「ここを出て、あのサイトに行くといいよ。 たぶん気に入るはずだ。 もし気に入ったら、それをすすめた僕の評価も上がるだろう。 そうなれば、きっと僕のブログをもっと見てくれるだろうね」

こうして評判をやり取りすることで、両者を富ませるのが理想だ。
よいものを推薦すれば、読者を得られるし、推薦されたほうも信頼される。
こうして信頼がトラフィックを生み出すのだ。

現在、本物の評判市場は存在する。
グーグルがそうだ。
グーグルのページランク・アルゴリズムは、ウェブという意見のネットワークにおいて決定的に重要なリンク数を測定するので、オンラインにおける評判の通貨としてこれ以上のものはないだろう。
そして、ウェブ・トラフィックにまさる注目の測定基準はない。

ページランクは、冗談みたいに単純なアイデアなのに、大きな力を発揮する。
基本的にリンク数を人気投票だと考えて、リンク数の多いサイトにリンクされることは重要で、少ないサイトにリンクされることはそれほど重要ではないと考えるのだ。
この種の計算はコンピューターにしかできない。
なぜなら、ウェブの全リンク構造を記憶して、各リンクを帰納的に分析しなければならないからだ。 (略)

経済学の観点からは、次の算定式を使って評判経済を注目経済に変え、現金に換算できる。


あるサイトの経済的価値 =

ある一定期間のうちにページランク(1~10段階評価)によってグーグルの検索結果ページに載ることで生まれるトラフィック量 X

検索されたキーワードの、その期間内における価値


そして、グーグル・アドセンスの広告をそのサイトに掲載して収入をグーグルと分け合うことで、このトラフィックを通常の現金に変えることができる。

好き嫌いにかかわらず、今日、私たちの生活の少なくとも1部はグーグル経済にかかわっている。
一般的なサイトではトラフィックの4分の1から半分がグーグル検索からのものだ。
SEO (検索エンジン最適化)と呼ばれるひとつの業界があり、グーグル検索においてサイトが上位に来るように手伝っている。
ページランクは評判を扱う金本位制なのだ。

 (中略)

リンクスパム形式など、ページランクを故意に操作しようとするサイトを見つけたときには、アルゴリズムを修正して、それが検索結果に出てこないようにする。
グーグルは検索結果の相関性をライバルの検索エンジンよりも高く保つことで通貨の価値を維持している。
だから、グーグルは高い市場シェアを保てるのだ。
現在は70%に達している。


(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




241-244 ページ
『フリー 無料からお金を生み出す新戦略』
著者: クリス・アンダーソン 訳者: 高橋則明
2010年1月10日 第5刷発行
発行所: 日本放送出版協会




あらっ。。。 GOOGLEが世界の検索市場の 70%も占有しているのですか?



そうだよ。。。 つまり、GOOGLEの検索結果の上位に表示されると ネット市民の皆様の目に触れる機会が多くなる。 だから、オマエのことが書いてある記事がGOOGLEの検索結果の上位に出てくれば、当然、その記事が読まれるのだよ! だから、上の本にも書いてあるようにウェブ・トラフィックにまさる注目の測定基準はないというわけだよ。

つまり。。。、つまり。。。、デンマンさんのこの記事も GOOGLEの検索結果の上位に表示されて アタイが、ますます有名にたって、アタイが“悪徳いいねスパマー”に変身したことが判ってしまう、というわけですか?

その通りだよ!。。。 “悪事千里を走る!” というわけだよ。。。 もう一度検索結果を見てごらんよ!


(gog60613a.png)

『現時点での検索結果』



見れば解るように“ハワイに恋した敦子” は “悪徳スパマー敦子” としてネットで知れ渡るのだよ。。。 だから、今後は、オマエの悪徳ブログで騙されるネット市民はいなくなるのだよ。。。

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー

じゃあ。。。、じゃあ。。。、アタイはどうしたらよいのでしょうか? デンマンさんが引用した上の本のテーマのように アタイが“無料からお金を生み出す”には、どうしたらよいのでしょうか?

あのさァ~、まずニーチェのおっさんの言ったことをかみ締めることだよ!


脱皮して生きてゆく


(nietzsche9.jpg)

脱皮しない蛇は破滅する。

人間もまったく同じだ。

古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、

やがて内側から腐っていき、

成長することなどできないどころか、

死んでしまう。


(snake3.gif)

常に新しく生きてゆくために、

わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

 

『曙光』 ニーチェ




043 『超訳 ニーチェの言葉』
訳者: 白取春彦
2010年3月20日 第11刷発行
発行所: 株式会社ディスカバー・トゥエンティワン

『脱皮しない蛇』に掲載。
(2014年1月20日)




アタイは脱皮してない、とデンマンさんは言うのですか?



当たり前だろう! オマエは“コメント・スパマー”から“いいねスパマー”に変身したけれど、相変わらず悪徳ブログを立ち上げて、今度は“いいねスパマー”を始めてしまったのだよ。

“いいねスパマー”もやっては駄目なのですか?

当たり前だろう! “いいねスパマー”も“コメントスパマー”も、どちらも愚か者がやるものなんだよ! 全く効果がない! 金儲けなど絶対にできない。。。 それほどネットでも、オマエがやっている迷惑行為は知れ渡り始めている!

じゃあ、どうしたらよいのでしょうか?

だから、ニーチェのおっさんの言ったことを心に命じて、2度とネット市民の皆様を騙さないと 日本語が解る世界のネット市民の皆様に誓うことだよ!

でも、それはできません!

どうして、できないのォ~?   

だってぇ、“いいね”を飛ばして ネット市民の皆様の関心を呼び起こさないと、アタイのサイトにやって来る人がいなくなってしまうのですわァ~。。。。

でもなァ~、オマエがネットで悪名高くなったら、もう誰もオマエの悪徳ブログに行かなくなるのだよ。。。! つまり、「自動いいねスパムツール」を使って“いいね”を飛ばしても、無駄なことなんだよ!

でも、アタイは一度始めると、止められなくなってしまうのですゥ~。。。

だから、そういうのを昔の人は “バカの一つ覚え!” と言ったのだよ! オマエが破滅の道から抜け出すには、悪徳ブログを立ち上げるのを止め、“スパム・コメント”や“いいね”を飛ばすのも止めて、まともなブログを立ち上げ、ネット市民の皆様のためになる、面白い記事を書けばいいのだよ!

そうすれば、“スパム・コメント”や“いいね”を飛ばさなくても アタイのブログにネット市民の皆様がやって来るのですか?

その通りだよ!

でも信じられません!

あのさァ~、昔の人が何と言ったか? オマエは知ってるゥ~? 次のように言ったのだよ。

 

信じる者は救われる!

 

だから、オマエも僕の言った事を信じて まともなブログを立ち上げ、ネット市民の皆様のためになる、面白い記事を書けよなァ~。。。

分かりました。。。 じゃあ、今日の分の“いいねスパム”を飛ばしてから、そうします。 おほほほほほ。。。



馬鹿ですよねぇ~。。。

どうしてこれほどまでに人間は

馬鹿になりきれるのか?

僕には、もう付き合いきれません!

そう言いながら付き合ってます。



(laugh16.gif)

 (すぐ下のページへ続く)

コメント

ハワイに恋した敦子の懺悔(PART 3 OF 3)

2016-06-30 11:16:41 | ハワイに恋して客室乗務員になりました


 

ハワイに恋した敦子の懺悔(PART 3 OF 3)


【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
そうですよね。
“いいねスパム”を飛ばして 集客する行為は 誰もが嫌うものです。

ネット市民の皆様が嫌う事を続けていれば、スパマーが宣伝しているブログが削除されてしまうのは当たり前ですよねぇ~。。。

つまり、スパマーは自分が“北風”になっていることを知らないのです。

何度削除されても ネット市民の皆様に嫌われる愚かな事を続けているのです。

そんな事を続けていたら、やがてホームレスになるのも時間の問題ですわ。


(homeless.jpg)

そうなる前に、スパマーは早く正業について、
まともな人生を送って欲しいものです。

とにかく、ネットには。。。 特にアメブロには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいます。

また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『愚かな女の悪知恵』

■ 『愚かで貧しい洋子』

■ 『いいねバカ』

■ 『いいねバカに注意!』

■ 『いいねバカダントツ』

■ 『ハワイに住みたいマリ』

■ 『あんぽんたん』

■ 『いいね馬鹿』

■ 『ニート・リサ』

■ 『スパマーのブラックリスト』


(bigcash.jpg)

■ 『馬鹿の波紋』

■ 『ハワイの笑える腐女子』

■ 『削除された山下英語』

■ 『リサ ニート城を買う』

■ 『優香のちょっとここだけの話』

■ 『悪名高い愚かな優香』

■ 『洋子☆主婦の貧乏脱出物語』

■ 『15分でバカになる』

■ 『キモい洋子の表象空間』

■ 『睡眠は病のくすり』


(yuri03.jpg)

■ 『ななの七変化』

■ 『ともみさんからのメッセージ』

■ 『ともみさんの素顔』

■ 『有名になったシドニーの悪女』

■ 『1日15分で英語がペラペラ』

■ 『ともみさんとGOOGLE』

■ 『初対面で嫌われない法則』

■ 『ネイティブのように』

■ 『shu01591スパマーに注意!』

■ 『柏原知美ダントツ』

■ 『戸田亮に注意!』

■ 『スパマー 戸田亮』


(bikini901.jpg)

■ 『森田伸二に注意!』

■ 『詐欺師 森田伸二』

■ 『森田伸二社長に注意!』

■ 『森田伸二de詐欺師』

■ 『詐欺認めた森田伸二』

■ 『森田伸二に要注意!』

■ 『柏原知美@不徳』

■ 『モラハラ夫に内緒のブログ』

■ 『モラハラ夫の妻にも落ち度』

■ 『柏原知美@不誠実』

■ 『モラハラ夫のウザい妻』

■ 『海外住み隊に注意!』

■ 『小保方る柏原知美』

■ 『ネットで嫌われる柏原知美』

■ 『柏原知美@悪名』

■ 『モラハラ夫に内緒』

客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意 いいねスパマー
(atsuko8.jpg)

■ 『戸田亮@三国』

■ 『笑える腐女子えり』

■ 『いいねバカの真実』

■ 『いいねバカに騙されない』

■ 『いいねバカの素顔』

■ 『新年もいいねバカ?』

■ 『30歳からの英語@戸田亮』

■ 『洋子☆主婦の貧乏脱出物語』

■ 『30歳からの英語@戸田』

■ 『もこ姫の愚かな秘事』

■ 『いいねスパマー古田』

■ 『ニートえり@お城馬鹿』

■ 『もこ姫の愚かな夢』


(dotto6.jpg)

■ 『もこ姫バンザイ!』

■ 『平田由里子@いいねスパマー』

■ 『ニート@7029637』

■ 『メチャ有名なモコ姫』

■ 『スパマーえり&友成隼』

■ 『ハワイのなみ&友成隼』

■ 『集客ツール馬鹿』

■ 『自作自演 友成隼』

■ 『友成隼と聖書スパマー』

■ 『集客ツール ダントツ』

■ 『下着女装するとワクワクする』

■ 『友成隼ダントツ』

■ 『集客ツール馬鹿と軽井沢夫人』

■ 『愚かな洋子の貧乏物語』

■ 『優香は何者だ?』

■ 『あんれまァ~やだァ~』

■ 『ど~も馬鹿』

■ 『洋子は馬鹿の見本です』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

ベクトル成城店に注意 悪徳 不誠実 いいねスパマー
(vector2.jpg)

■ 『ベクトル成城店に注意』

■ 『えり@17歳に注意!』

■ 『ベクトル成城店 不誠実!悪徳!』

■ 『ベクトル成城店 悪徳商店!』

■ 『ベクトル成城店 悪い評判!』

■ 『愚かなズボラママ』

■ 『友成隼とGOOGLE』

■ 『銀竜草バカ』

■ 『銀竜草スパマー』

■ 『レイカの挫折』

■ 『ハワイに恋した敦子』

■ 『ハワイに恋した敦子に注意!』

■ 『きさ☆51ヶ国訪問中に注意!』

■ 『Xenovisに注意!』

■ 『客室乗務員@ハワイに恋した敦子に注意』

■ 『ハワイに恋した敦子の欺瞞』

■ 『フォロワーになって晒されて…』



(juneswim.jpg)


(byebye.gif)
コメント

テカリをとる

2016-06-30 11:14:06 | 役立つ生活情報
 

テカリをとる

 


(yen0201.gif)


こんにちは。ベティーです。
お元気ですか?

毎日着るスーツや学生服。
お日様が照る日には
アイロンをかけることも多いのですよね。
すると、生地がテカテカ光ってしまうのです。
あなたにも経験があるでしょう?

また、アイロンをしばしばかけなくても、
長年着ているとスーツや学生服が
いつの間にかテカテカ光ってることもありますよね。

あのテカリって、ちょっと気になりますよね。
買い替えるのも、なんだかもったいないし、
テカリを取るのに、何かいい方法はないの?

あなたも、そのように思ったことがありませんか?

テカリをとる方法があるのですよう。
あなたも、ちょっと覗いてみませんか?

次のリンクをクリックしてあなたも試してみたら?

『あなたもきっとうれしくなってしまう、テカリを取る裏技』

では、今日のホットな情報に参りますわねぇ。


今日のホットでお得な情報

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

あなたも、より美しく!


(golfer3.gif)

ハイセンスなランジェリー姿の上の女性はジューンさんに似ていますが、
実は、アンナさんです。
デンマンさんが20年ほど前に恋をしてしまった女性ですわ。

興味のある人は次のリンクをクリックして読んでくださいね。

■ 『ベーグルの恋は水色』

アンナさんはメチャ素敵なランジェリーを身につけて
ルンルン気分になっています。

かつて卑弥子さんが次のように言いました。

“贅沢な素材を使った、

ちょっと高めのランジェリーを

身に着けると、

なんとなく自分がいつもよりも

きれいになったような

感じがしませんか?”


下着とランジェリーは

女の繊細さと美しさを

際立たせる

最後の砦ですわぁ~


ちょっと高めのランジェリーを身につけると
本当にきれいになったと言う気持ちになれるの?

ウソだ~♪~い???

あなたはきっとそのように思うでしょう?

だったらね、次のリンクをクリックして
覗いてみてね。
あなたもその気になれますよう。

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』



(bravo.gif)


ネットサーフィンに疲れたら、
美容について考えてみたら。。。?

時間があったらぜひ覗いてみてくださいね。
では、幸運を祈っていますね。



(house03.gif)


(surfing9.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』


(himiko90.gif)

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko22.gif)

おほほほほ。。。

平成の紫式部でござ~♪~ますわよ。

またの名を橘卑弥子と申しますう。

くどいようですけれど、

また現れましたわ。

やっぱり、ベティーさん

ぱっかりに任せていると

退屈するのよねぇ~。

それで。。。つい、つい、

出て来てしまうので

ござ~♪~ますわよ。

ええっ、余計な事は言わなくてもいいから、

さっさと言いたいことを言って消えろ!

あららあああぁ~

あなたはそのような厳しいことをあたくしに

言うのでござ~♪~ますか?

いけすかないことォ~♪~

分かりましたわ。

では、今日の一言を。。。

うふふふふ。。。

Shoot for the moon.

Even if you miss,

you'll land among the stars.

--- Les Brown


(hunter03.gif)

数撃ちゃ当たる。

文字通りに訳せば次のようになりますよね。

月を狙って撃ってね。

外れたとしても、星に当たるわよ。


あたくしは、このように訳しました。

もっと素晴しい訳があったら教えてくださいませ。

このレス・ブラウンさんは英語で言うと

motivational speakerです。

日本語に訳すと

“意欲を起こさせる演説者”

つまり、人々にやる気を起こさせるような

講演をして暮らしている人です。

えっ?他になんか面白い話はないのかって。。。?

ありますわよ。

次のリンクをクリックして読んでみてね。

■ 『あなたが笑って幸せになれるサイト』


(laugh16.gif)

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

気持ちがくさくさしていたら、

あなたも覗いてみてね。

笑えるわよ。

本当に面白いのよ。

騙されたと思って覗いてみてね。

うふふふふ。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね、バ~♪~イ。



(himiko5.gif)


(byebye.gif)

コメント

レダの卵を探して…(PART 1 OF 3)

2016-06-29 13:01:37 | ハワイに恋して客室乗務員になりました

 

レダの卵を探して…(PART 1 OF 3)

 


(leda002.jpg)



(june001.gif)

デンマンさん。。。 レダの卵を探しているのですか?


(kato3.gif)

いや。。。 僕が探しているわけじゃないのですよ。

じゃあ、どなたが探しているのですか?

ちょっと次のリストを見てください。


(ame60626b.png)

『拡大する』



これはアメブロの僕のブログの6月20日から26日までの1週間の「リンク元URL」のリストですよ。。。 赤枠で囲んだ 11番に注目してください。



あらっ。。。 YAHOO!で「レダの卵」を入れて検索してデンマンさんのブログにやって来たネット市民が5人居たということですわねぇ~。。。

そういうことです。。。

。。。で、「レダの卵」を入れて検索すると、どのような結果になるのですか?

ジューンさんのために僕も「レダの卵」を入れて検索してみました。。。 その結果を見てください。


(yah60629a.png)

『現時点での検索結果』



121,000件ヒットして、2番目に、そのものズバリ!僕がアメブロのブログに投稿した『レダの卵』というタイトルの記事が出てくるのですよ。


(ame41227e.png)

『実際の記事』



あらっ。。。 わたしが記事に出てくるのですわねぇ~。。。 上の絵を見て思い出しましたわ。。。 実物の絵では、レダはビキニを身につけてはいないのですわよねぇ~。。。



そうですよ。。。 上の『レダと白鳥』を描いたレオナルド・ダ・ヴィンチを侮辱することになるとは思ったのだけれど、僕がレダにビキニを着せたのですよ。

どうしてですか?

あのねぇ~、教養のある人は“裸のレダ”と白鳥の絵を見てもなんとも思わないけれど、世の中には教養の無い、さらに非常識な人がいますからねぇ~。。。

思い出しましたわ。。。 デンマンさんが実物の絵をコピーして記事の中に貼り出したら アメブロの“ファシスト管理人”が記事を未公開にしてしまったのですわねぇ~。。。

そうなのですよ。。。 “アメブロのファシスト管理人”と入れてGOOGLEで検索してみました。。。 その結果を見てください。


(gog40114.gif)

『現時点での検索結果』



あらっ。。。 たくさんヒットするではありませんか!



ファシスト管理人による「写真狩り」、「言葉狩り」に遭って、僕のかなりの記事が未公開にされているのですよ。。。 最近では、次の記事が未公開にされたのですよ。


(saiko01.jpg)

『日本最古のポルノ?』



あらっ。。。 上のリンクをクリックするとマジで未公開、削除されてますわねぇ~。。。



。。。でしょう!? でも、他のサイトではどれも公開されているのですよ。


(genjiero2.png)


『日本最古のポルノ?』on Denman Blog

『日本最古のポルノ?』on ライブドア

『日本最古のポルノ?』on FC2

『日本最古のポルノ?』on GOO

『日本最古のポルノ?』on EXCITE




つまり、アメブロのファシスト管理人には芸術に関する教養がないのですわねぇ~。。。



そういうことですよ。。。 だから、なるべく多くの人に読んでもらうためには、裸のレダにビキニを穿かせないとファシスト管理人による「写真狩り」、「言葉狩り」に遭って、記事が未公開にされてしまうのですよ。

。。。で、アメブロのファシスト管理人に芸術に対する理解が無い事をネット市民の皆様に訴えるために、今日の記事を書こうと思ったのですか?

それも一つの理由ですよ。。。 国際化しているブログサイトでは、教養のある読者が集まってくる。。。 例えば、Denman Blog ですよ。。。

“国際化している”とは、具体的には、どういうことですか?

ちょっと次のリストを見てください。

 

世界に広がるDenman Blog の訪問者

 


(wp20503b.gif)


(wp20503.gif)



これは2012年5月3日に調べた Denman Blog のアクセス数なのですよ。



あらっ。。。 52ヵ国のネット市民の皆様がアクセスしているのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。 最近では、どうなっているかと調べてみると、次のようになっているのですよ。

 

海外からのアクセス

 


(wp60603map.png)


(wp60603.png)

『ハワイに恋した敦子』@Denman Blog



これは2016年6月3日に調べた Denman Blog のアクセス数ですよ。



あらっ。。。 4年の間に、52ヵ国から123ヵ国に。。。 ざっと3倍弱ですわねぇ~。。。 それにアクセス数は日本だけでも 9,284人から 305,617人に。。。、つまり、約30倍に増えているのですわねぇ~。。。

そういうことですよ。。。 つまり、アメブロのファシスト管理人による「写真狩り」、「言葉狩り」に遭うと、真面目なブロガーは、どんどんと国際化されている教養のあるブログサイトに移ってしまうのですよ。。。

Denman Blog の管理人は「写真狩り」、「言葉狩り」をしてないのですか?

してません。。。 だから、真面目なブロガーが集まっているのですよ。

。。。ということは、アメブロの会員には、真面目なブロガーが少ないのですか?

少ない。。。 アメブロは“スパマーの楽園”みたいになっているのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。


 (すぐ下のページへ続く)


コメント

レダの卵を探して…(PART 2 OF 3)

2016-06-29 13:00:57 | ハワイに恋して客室乗務員になりました





 

レダの卵を探して…(PART 2 OF 3)



(ame60619a.png)

『拡大する』



これはアメブロの僕のブログの記事に“いいね”を付けてくれた人のリストですよ。。。



あらっ。。。 デンマンさんのブログの記事には、たくさん“いいね”が付いているではありませんか!

でもねぇ~、この“いいね”を付けた人たちは、ほとんどがスパマーなのですよ。。。 つまり、“ハワイに恋した敦子”のような悪質なスパマーになると“自動いいねスパムツール”を使って、読みもしない記事に“いいね”を飛ばすのですよ。

何のために。。。?

自分のブログのくだらない記事では騙され易い客をつかめないので、“いいね”を飛ばして、騙され易いブロガーを誘い込んで無料メルマガに誘ったり、いかがわしい商品を買わせて金儲けをたくらんでいるわけです。。。

それで、“いいね”に騙されるアメブロ会員が たくさんいるのですか?

いるのですよ。。。 ちょっと次のページを見てください。


(baka60626b.png)


『拡大する』

『実際の記事』




あらっ。。。 上の記事には“いいね”が 4,489個も付いているではありませんかァ~!



そうなのですよ。。。 この記事を書いた“ハワイに恋した敦子”という愚か者が悪質な“いいねスパマー”だから、これだけの“いいね”が付いている!。。。 要するに、これだけの“お返しの いいね”が付くほど、ハワイに恋した愚かな敦子が「自動いいねスパムツール」を使って“いいね”を無差別、多数の記事に飛ばしまくったのですよ。

ちょっと考えられないですわァ~。。。

もう、こうなると専門のスパマーですよ。。。 4,489個の“お返しの いいね”が付くには、おそらく、最低でも その10倍の“いいね”を飛ばしたはずですよ。

そうやって、アメブロ会員を騙して お金儲けをしようとしているわけですか?

そういうことです。。。 このような“いいねスパマー”だけでも、アメブロには上のリストで見るように、ごちゃごちゃいるのですよ。。。 要するに、真面目なブロガーはDenman Blog のある 「写真狩り」、「言葉狩り」をやってない Wordpress.com のような国際的なブログサイトに移ってしまうのですよ。

つまり、「写真狩り」、「言葉狩り」をやったら 真面目で良識のあるブロガーは表現の自由と言論の自由を尊重する国際的なブログサイトに移ってゆくということですか?

その通りですよ。。。 でもねぇ~、アメブロのファシスト管理人は聞く耳を持たないし、これまでにも全く反省してないので、そのような事をしても無駄なのですよ。

でも。。。、でも。。。、こうしてデンマンさんはアメブロのファシスト管理人が無教養だと批判しているではありませんか!

あのねぇ~、別にアメブロのファシスト管理人を批判するつもりは無いのです。。。 これまでにも何度と無く批判してきたのだけれど、批判するだけ無駄なので、これを読んでいるネット市民の皆様が、アメブロのファシスト管理人のような無教養な人間にはならないでください。。。、と言うささやかな期待をこめて、ちょっとだけここで触れたわけなのですよ。。。 (微笑)

。。。で、いったい、デンマンさんは何が言いたいわけですか?

だから、“レダの卵”に関わる絵画は、たとえレダが全裸でも、それは決してポルノではないと。。。 だから、教養の無いアメブロのファシスト管理人が、レダの全裸の姿が描かれている絵が記事に中に掲載されらとしても、決して未公開にする必要は無い!。。。と、言いたいのですよ。


レダ


(leda012.jpg)

ギリシア神話の女性である。レーダーとも表記される。
アイトーリア王テスティオスの娘で、スパルタ王テュンダレオースの妻。

本来は大地の女神でレートーと同一の存在だったと考えられている。

ゼウスはレーダーを愛し、白鳥の姿に化けて彼女を誘惑した。
鷹から逃れるために、白鳥の姿のゼウスはレーダーの腕の中に隠れた。
密通によってレーダーは卵を産み、卵からヘレネーが生まれた。
ヘレネーは後に「トローイアのヘレネー(トロイのヘレン)」として知られる美女になる。

同じ卵から、または別の卵からカストールとポリュデウケースが生まれた。
2人はディオスクーロイ(ゼウスの子の意)とも呼ばれる。
また、クリュタイムネーストラーが生まれた。

伝承によっては誰が誰の父親だったかは異なるが、一般的にはヘレネーとポリュデウケースはゼウスの子であり不死で、カストルとクリュタイムネーストラーはテュンダレオースの子であり死の運命があるとされる。

レダはテュンダレオースの子であるほかの娘も産んでいる。
ティーマンドラー、ポイベー、ピューロノエーである。

ほかの伝承では、ネメシスがヘレネーの母であり、やはり白鳥の姿のゼウスによって孕まされたとされる。
羊飼いがその卵を見つけてレダにあずけ、卵がかえるまでレダは注意深く胸に収めたという。
卵がかえると、レダはヘレネーを娘として育てた。
ゼウスはヘレネーの誕生を記念して、天空にはくちょう座を創造した。

芸術に描かれたレダ

レーダーと白鳥、あるいはレーダーと卵は、西洋古代美術において人気のあるテーマであった。

近代美術でも、有力なインスピレーションの源になった。





出典: 「レーダー (ギリシア神話)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 


レダと白鳥


(leda014b.jpg)

「レダと白鳥」という題材は、男女間の性愛よりも女性と白鳥の性愛を描いた絵画のほうがまだしも好ましいとする、現在の考えからすると奇妙にも思える16世紀の風潮によって広まった。

この題材で最初期に描かれた絵画の性愛描写は、当時の優れた画家たちが男女間の性愛を描いたどの絵画よりも露骨な性愛描写を伴うことがあった。
性愛を扱った版画である『イ・モーディ』が発表から数年後に、ローマ教皇庁から製作者の投獄、原版の破棄を命じられたことからも分かるように、その当時は男女間の性愛を描写することは危険な行為だったのである。

ルネサンス期になっても性愛描写は危険を伴うものであり、それはレダと白鳥をモチーフに描かれた、三枚の有名な絵画がたどった運命からも明らかである。

このテーマが描写された最初期の作品は、大部分がヴェネツィアで作製された版画だった。
私的に所蔵されていたもので、古代ローマの詩人オウィディウスの『変身物語』の記述を元にしている作品が多い。

また、ロレンツォ・デ・メディチは古代ローマ時代のサルコファガスと宝石を所蔵しており、そのどちらにも寝そべったレダのモチーフが使われている。

このモチーフを描いたルネサンス初期の作品として知られているのは、1499年に出版された『ヒュプネロトマキア・ポリフィリ』の挿絵に使われた木版画である。
この木版画には、勝利の車 (Triumphal car) を牽く人々など数多くの人が周囲にいるにもかかわらず、その車の中でレダと白鳥が情熱的に愛を交わす様子が描写されている。

また、版画家のジョヴァンニ・バッティスタ・パルンバが1503年ごろにレダと白鳥の性愛描写をモチーフにした版画を製作しており、これは人目のない田園での情景として描かれている。

他にもジュリオ・カンパニョーラ (Giulio Campagnola) の作であると考えられている版画があり、この作品ではレダの様子ははっきりとは描かれていない。

パルンバには、レオナルド・ダ・ヴィンチの習作の影響を受けて1512年ごろに製作したと見られる、地面に座って子供たちと遊ぶレダの版画もある。

絵画や版画だけでなく、小さな装飾品などにもこのモチーフは用いられている。
ベンヴェヌート・チェッリーニは芸術家としての活動初期にメダルを製作しており、その表面にアントニオ・アボンディオ (Antonio Abondio) が彫刻をしてローマの公妾に奉げたものが、現在もウィーンに残っている。

三枚の有名な絵画がたどった運命

1504年にレオナルド・ダ・ヴィンチは、地面に座って子供たちと遊ぶレダという主題の作品を描くために習作を始めたが、結局この作品は描かれてはいないと考えられている。
そしてレオナルドは1508年に、同じ主題だがまったく別の構成の絵画を描いた。
その絵画が、白鳥を抱擁して裸で立っているレダと大きな卵から生まれたばかりの二組の双子が描かれている『レダと白鳥』だった。


(leda013.jpg)

レオナルドが描いたオリジナルの『レダと白鳥』は現存しておらず、意図的に破棄されたと考えられている。
しかし多くの模写が残っており、オリジナルがどういった絵画だったのかを知ることができる。

ミケランジェロの作品にも、同じく現存せず意図的に破棄されたと思われる『レダと白鳥』がある。
1529年にフェラーラ公アルフォンソ・デステが、フェラーラにある自身の宮殿のために依頼した、レダと白鳥をモチーフとしたテンペラ画である。


(leda014.jpg)

この作品のためにミケランジェロが描いたラフ画は弟子のアントニオ・ミーニに渡された。

1533年にミーニが死去するまで、フランス人のパトロンのためにミケランジェロのラフ画を模写していたこともあって、このラフ画は百年以上保管されていた。

この絵画の構図は多くの模写、模造によって知られている。
コルネリス・デ・ボスの版画(1563年ごろ)、バルトロメオ・アンマナーティの大理石彫刻(バルジェロ美術館、フィレンツェ)、若年のルーベンスがイタリア滞在時に模写した2枚の絵画(1530年ごろ、ナショナル・ギャラリー、ロンドン)などである。

1530年ごろに描かれたこの作品で、レダはマニエリスムの特徴とも言える、長く引き伸ばされてねじれたポーズで描かれており(「蛇のような人体 figura serpentinata」)、これはその当時よく見られた表現手法であった。
さらにプラドにあるローマ時代の彫刻群はミケランジェロの作品であると、少なくとも19世紀までは信じられていた。

レオナルドとミケランジェロの『レダと白鳥』は、どちらもフランス王家が所有していたときに失われた。
絵画の所有者の死去後、残された道徳心の強い未亡人あるいは絵画の相続人によって破棄されたものと考えられている。

ルネサンス期における最後の有名な『レダと白鳥』は、コレッジョが1530年ごろに描いた、ベルリンの絵画館所蔵の緻密な構成の作品である。


(leda011.jpg)

この絵画はフランス王ルイ15世の摂政で、絵画収集家としても知られるオルレアン公フィリップ2世が所有していたときに大きな損傷を受けた。
彼の息子のルイも熱烈なまでの芸術愛好家だったが、自身の行動に対する周期的な道徳心の高下に悩まされており、あるときこの作品に描かれたレダをナイフで切り裂いたのである。
修復はされたものの、完全にもとの状態に戻すことは不可能だった。




出典: 「レーダー (ギリシア神話)」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




このように、現在、素晴らしいとされている芸術を制作した人々は、かつてはローマ教皇庁から製作者の投獄が命じられて、牢獄の中で命を落とす危険もあった。



その当時は男女間の性愛を描写することは危険な行為だったのですわねぇ~。。。

そういうことですよ。。。 その危険を冒してまで、芸術に打ち込んだ人々がいたわけですよ。。。 その人たちのおかげで、われわれは素晴らしい芸術作品を現在、目にすることができる。。。 それを、 「写真狩り」、「言葉狩り」をやって その芸術作品が紹介されている記事を未公開にしたり、削除したりするのは、芸術に対する冒涜ですよ。

そうですわねぇ~。。。 教養がない。。。非常識だと言われても仕方がありませんわねぇ~。。。

そうですよ。。。 ジューンさんのビキニ姿も芸術品ですよ。。。 うししししし。。。


(bikini08.gif)



(foolw.gif)

 (すぐ下のページへ続く)

コメント

レダの卵を探して…(PART 3 OF 3)

2016-06-29 12:59:56 | ハワイに恋して客室乗務員になりました


 

レダの卵を探して…(PART 3 OF 3)


【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ~。。。
あなたは、どう思いますか?

ところで、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”も芸術の“域(いき)”に達しようとしているのでござ~ますわァ~。。。

ええっ。。 どうしてかってぇ~。。。?

あたくしに人気が集まっているのでござ~ますわよう。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ~ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ~。。。
うふふふふふふ。。。

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよゥ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ~ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ~ますかァ~?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ~ますかァ~?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ~。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ~ますかァ~?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ~ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ~。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ~。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ~。。。



軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ~』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』



(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『白子屋お熊事件』


とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)



(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)



(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ



(juneswim.jpg)


(byebye.gif)
コメント

ごまをする

2016-06-29 12:56:45 | 英語・英会話
 

ごまをする

 


(chiwawa5.gif)


こんにちは。ジューンです。
お元気ですか?

“ごまをする”、という事を英語では suck up と言います。
動詞句ですよね。

“お世辞をいう”
“おべっかを使う”
“取り入る”
“こびる”

。。。という意味でも使われます。
次のような使われ方をします。


I hate sucking up to my mother-in-law!

義母にごまをするのは嫌いだ !




You don't need to suck up like this.

こんなふうにおべっかを使う必要はないわよ。


上の例文はカナダ人の夫が妻のお母さんの事を言っているのです。
下の例文は、わたしがボーイフレンドに言っているのですわ。うふふふふ。。。

最近では世界的に核家族が多くなって
義理のお父さんやお母さんと一緒に住むことは少なくなりましたが、
北米や英国では、夫がお嫁さんのお母さんと一緒に住むことが圧倒的に多いのです。

日本では、お嫁さんが夫のお母さんと住むことが多いですよね。
それで嫁と姑のいさかいが日本では問題になります。

上の例文は、このような家族構成の違いがよく表れています。


suck up

phrasal verb (動詞句)
Slang (俗語)

(意味) To support slavishly every opinion or suggestion of a superior

同義語: bootlick, cringe, fawn, grovel, kowtow,
       slaver, toady, truckle

砕けた言い方: apple-polish, brownnose, cotton

熟語では: curry favor,
       dance attendance
       kiss someone's feet
       lick someone's boots

SOURCE: http://www.yourdictionary.com/ahd/s/s0860900.html


ところで、どうして suck up が“ごまをする”ことになるのでしょうか?
調べてみたのですけれど、そのものズバリの回答を見つけることができませんでした。


suck

他動詞:

1. To draw (liquid) into the mouth by movements of the tongue and lips that create suction.

2a. To draw in by establishing a partial vacuum: a cleaning device that sucks up dirt.

2b. To draw in by or as if by a current in a fluid.

2c. To draw or pull as if by suction: teenagers who are sucked into a life of crime.

3. To draw nourishment through or from: suck a baby bottle.

4. To hold, moisten, or maneuver (a sweet, for example) in the mouth.

5. 卑俗語: To perform fellatio on.

自動詞:

1. To draw something in by or as if by suction: felt the drain starting to suck.

2. To draw nourishment; suckle.

3. To make a sound caused by suction.

4. 卑俗語: To be disgustingly disagreeable or offensive.

SOURCE: http://www.bartleby.com/61/9/S0860900.html


他動詞の4番目に“(飴を)しゃぶる”という意味があります。
これが、ごまをするに近いですよね。
つまり、“甘い思い”をするために“ごまをする”わけです。


(apple03.gif)

apple-polish も“甘い思い”をするために相手のリンゴを磨いてあげる事から“ごまをする”ことになりますよね。

でも、欧米人にとって最も分かりやすい説明は、なんと言っても他動詞の5番目の意味でしょうね。
これは卑俗語です。

同じ卑俗語に kiss someone's ass があります。
これは“ごまをする”という意味です。

この ass は“お尻”なんですよ。(笑い)
あるいは“お尻の穴”という意味です。

そういう所にキスをする事が“ごまをする”意味になるのです。
つまり、上の5番目との関連が伺われますよね。(苦笑)

では、日本語で“ごまをする”ことが、どうして“こびる”ことになるのでしょうか?

ネットで調べてみました。
次のような説明がありましたわ。


ごまをするという言葉の語源。

ごまをすり鉢ですると、鉢のあっちこっちにごまがつくことから、

あちこちの人にくっついてこびることをさしたのが語源とされる。

SOURCE:

http://www.musen.gr.jp/qr/1999/y199909index.html


あなたは、どう思いますか?
語源を調べてみるのって面白いですよね。

グローバル化に備(そな)えて英単語の語源を調べてみるのも、
あなたの英語学習のお役に立つかも知れませんよ。
あなたも改めて英語のおさらいをしてみてはいかがでしょうか?

ええっ?
時間もないしお金もないの?
だったらね、時間もお金もあまりかけずに英語を勉強する方法がありますわ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

『あなたの国際化をサポートしてくれる

無料英語学習サービス』


ネットをやっているあなたなら、いつでもどこでも無料で国際語を勉強する事が出来ます。
明日から始めることが出来ますよ。


(gal03.gif)

ええっ?英語もいいけれど、それよりも、人生にプラスになるような真面目に付き合いたい異性の相手が欲しいの?
何で。。。急に英語から男女交際の話になるの?
ちょっと飛躍していると思わない。。。?

でも、あなたがその気ならば良いところを紹介しますよ。
次のリンクをクリックしてみてね。

『あなたが素敵な相手を見つけることができる

真面目な結婚サイト ガイド』



(date100.jpg)

どうせ、付き合うのなら、家庭を持つべき相手。。。
そのような人を探すべきよね。
遊びだけの付き合いもいいけれど。。。
人生にプラスになるような付き合いならば、やっぱり素敵な結婚相手を見つけることですよね。
では、あなたの幸運を祈っていますよ。



(bare04e.gif)

Good luck!

バ~♪~イ


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『バンクーバーの寒中水泳』

■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

おほほほほ。。。

平成の紫式部でござ~♪~ますわよ。

またの名を橘卑弥子と申しますう。

くどいようですけれど、また現れましたわ。

ええっ、何で英語の記事に

顔を出すのかって?

あたくしも、英語を勉強して

ワーホリしたいのですわよ。

とにかく、まず、レンゲさんのように

バンクーバーに行こうと思うので

ござ~♪~ますのよ。

あたくしだけこのようなダサい

十二単(じゅうにひとえ)なんか

着せられて、こうしてブログに顔を出すのって

少し飽きてきましたわ。


(renge37.gif)

あたくしもレンゲさんのようにナウい水着を身に付けて

かっこよく登場したいのでござ~♪~ますのよ。

うふふふふ。。。

でも、あまりグチを言うと

デンマンさんに叱られてしまうので、

これぐらいにしますわ。


(bitegirl2.gif)

ちょっとこの漫画見てよ。

ワンワンちゃんがパンツに噛み付いてるのよね。

おもしろいでしょう?

あなたも笑って幸せな気分になりませんか?

次のリンクをクリックして覗いてみてよ。

『あなたが笑って幸せな気分になれるサイト』

『あなたもワクワクする新世代のブログ』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バ~♪~イ。



(surfing9.gif)
コメント

バカの壁の増設(PART 1 OF 3)

2016-06-28 11:28:07 | 太田将宏批判

 

バカの壁の増設(PART 1 OF 3)

 


(baka911.jpg)


(ireba03y.jpg)


(baka912.jpg)




(ohta03.png)

デンマンさん。。。。 どうして。。。、どうして、また、しつこくオイラを呼び出したのですか?


(kato3.gif)

オマエは僕に呼び出されるのが不満なのォ~?

できたら呼び出して欲しくないのですけれどォ~。。。

どうして。。。?

だってぇ~、またデンマンさんはオイラをケチョン、ケチョンに馬鹿にするのでしょう!?

いや。。。、僕はオマエを尊敬しているから、馬鹿にするようなことは決してしないよ。

デンマンさんがオイラを尊敬しているなんてぇ絶対に考えられません。

どうして。。。?

だってぇ~、今までにオイラをさんざ馬鹿にしてきたじゃありませんかア! 今日も“バカの壁の増設”というタイトルを書いて、オイラを馬鹿にしようとしているじゃありませんかア!

オマエも、そう思うのォ~?

もちろんですよ。。。 決まってるじゃありませんかア!

でもなァ~、僕は心の底では、オマエを尊敬しているのだよ。。。 とにかく、オマエと下らない事で言い合っても仕方がないので さっそく本題に入るから、まず次の小文をオマエも読んで欲しいのだよ。



(uncle006.gif)

V.T. による告発

Identity theft をしたデンマンこと加藤明氏へ。

君、デンマンこと加藤明は、太田氏に対し、君の時代遅れのBBSの件名のところで「加藤」を「太田」に変える所作にて何度もIdentity theft をしたね。

それにも拘らず本文のところを変えることが不能だったのを知らず、頭隠して尻隠さずの無様なcommentsが残されることになっていたね。

これで、君の知能程度は、笑止にも、その程度だという良い証例になってしまったではないか。

君の言うところによるところの、人は完全ではない、ということ自体は、言っても言わなくても自明であるが故に言っても言わなくても無意味ではあるが一応は正論としよう。

しかしである。それをもってして君のidentity theftの言逃れとしたり、更に、君の卑劣な行為を正当化することなどは出来ないということ、そのこと自体こそが当然であり、明白であるということではないか。

君の斯様な言訳は島国根性での仲良しクラブ内のうちわでのみで通じる虚言ではないか。

この程度の君の知能程度だから素直に太田氏に謝罪ができないのか。

君、デンマンこと加藤明は、私たち三人の誰もの理解に苦しむ御仁である。

太田氏に擦寄っておべんちゃらを言うのが通じなければ(そこには多少は君の本音も聞けないわけでもないが)、さもなくば、雲助の開直りになり、あること無いこと、一切の経過も知らずに想像に妄想を重ね、ただ太田氏を中傷、誹謗すれば事足りるという君の愚考は止めたがよかろう。

Identity theft をするような君、デンマンこと加藤明を相手にしている限り、何をされるか分からないので、我々は各々のPCではなく他の余っているdummyのものを専用し、皆で共用しているのであるよ。

ことわっておくが、我々は、Scarboroughに居住、或は、行き来しているが、我々のpen nameのinitialsは太田氏のものではないよ。

ところで、此処で序ではあるが、最後の太田氏自身の君宛ての文章の中で、小生について慮り、「以下は、ただ、私の記憶に頼って書いているので、fairnessを保つ為にも通常の文責だけではなく、私の知人の話した事についても、私が責任を負います。

彼に、もう一度これで良いか、と聞いて彼を煩わせるまでもないと思われるからです」、と書かれていたが、太田氏の記憶は正確であり、また小生の発言は小生の責任であるが故に、彼の配慮は無用だったと此処で明言しておくよ。




出典: 11ページ
『デンマンこと加藤明への抗議録』




デンマンさんは なんでV.T. による告発をここに書き出したのですか?



あのさァ~、オマエの事を記事で読んだ人ならば、このV.T. というのもオマエが成りすましているということを充分に知っているのだよ!

マジで。。。?

オマエは、自分が大型計算機のプログラマーであったことを誇りに思っているようだけれど、今時、旧式の大型コンピューターの保守の仕事を40年も続けてきた人間は時代遅れの生きる“化石”にも等しい!。。。 だから、オマエはインターネットの基本中の基本である IPアドレスがどういうものか?。。。ということも理解してない!。。。 それで、相変わらず他人に成りすまして、馬鹿やってるんだよ!。。。 オマエは、バレてないと思っているけど、この記事を読んでいる日本語が解る123ヵ国のネット市民の皆様は オマエが相変わらず馬鹿やってるのを見て笑っているのだよ!

うへへへへへへ。。。 やっぱり、IPアドレスを知らないとヤバいのですか?

当たり前だろう!。。。しかも、オマエは自分の周りに“バカの壁を増設”しているのだよ!

どうして、デンマンさんは、そのような根も葉もない事を言うのですか?

根も葉もあるのだよ!。。。 オマエはバカだから、「Identity theft をするような君、デンマンこと加藤明を相手にしている限り、何をされるか分からないので、我々は各々のPCではなく他の余っているdummyのものを専用し、皆で共用しているのであるよ」と言い訳しているけれど、オマエの事が書いてある記事を読んだ人は、そのような言い訳には騙されないのだよ!

マジで。。。?

あのさァ~、ちょっと次のリストを見てごらんよ。


(liv60616x2.png)


『成りすまし老人』

『レモンと孤独な老人』

『エロいローマ再び』

『孤独で寂しい太田将宏』




このリストはライブドアの僕の『徒然ブログ』に書かれたコメントのリストなのだよ。。。 日本時間で 6月13日の午後11時48分から16日の午前4時22分までのコメント表示したものだよ。。。 見れば分かるように 9件のコメントがリストアップされている。。。



このリストが、オイラがデンマンさんとネット市民の皆様を騙そうとしたという証拠なのですか?

そうだよ。。。

でも。。。、でも。。。、上のリストのコメントは、どれもオイラが書き込んだものではありません! (微笑)

それが大嘘なのだよ!。。。 オマエの人生は、言わば嘘で固められた人生なんだよ。

まさかァ~。。。?

まさかァじゃねぇ~だろう!。。。 上のリストの赤枠で囲んだ①番から⑧番までのコメントは、すべてオマエが書き込んだコメントなんだよ!

まさかァ~。。。!?

そのように、しらばっくれても、この記事を読んでいるネット市民の皆様も僕も騙されないのだよ!

どうしてっすかあああァ~。。。?

あのさァ~、どの記録を見ても、オマエの自宅のパソコンのIPアドレス (99.244.57.104) が、はっきりと記録されているのだよ!

あれっ。。。 IPアドレス (99.244.57.104) はオイラの自宅のパソコンのIPアドレスなのですか?

そうだよ。。。

その証拠でもあるのですか?

あるのだよ!。。。 次の検索結果を見てごらんよ。


(gog60607a.png)

『現時点での検索結果』



「99.244.57.104 太田将宏」と入れて GOOGLE で検索すると 162件ヒットするのだよ。。。 現在、上のリンクをクリックして結果を見れば 200件を越えているはずだよ!



マジで。。。? でも。。。、でも。。。、オイラの他にもトロント市のスカーバロー地区に住んでいる日本人は、結構いるのですよ。

だけど、僕のブログにIPアドレス (99.244.57.104)が割り当てられたパソコンを使ってコメントを書き込む愚かな日本人は、オマエしかいないのだよ。。。


(spy51205.png)

『実際のページ』



オマエは上の地図に示されたカナダのトロント市のスカーバロー(Scarborough)地区に住んでいる!


IPアドレスと個人情報

近年、個人情報保護やセキュリティの観点からIPアドレスは個人情報ではないのか、IPアドレスから個人情報やプライバシーを暴露されるのではないかといった懸念が多く見られるようになってきている。
但し、IPアドレスは公開されうるものであり、インターネットの仕組みはそれを前提として構築されている。

利用者が犯罪を犯した場合 (略) BBSの管理者やプロバイダなどのインターネットサービス提供管理者は、利用者のアクセス記録を一定期間保持することが義務付けられている。
日本の場合には、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)で規定されている。

例えば、ユーザーが殺人予告の脅迫行為や名誉毀損など何らかの損害賠償請求をされる行為ないし違法行為を犯した場合、警察ないし損害賠償請求の原告から裁判所に開示請求が出され、裁判所の許可によってそのIPアドレスを割り振られているプロバイダに連絡が入り、法的措置に基づいてIPアドレスを含むアクセスログとそれに伴う個人情報を開示するようプロバイダに請求する。

従って個人間ではIPアドレスで個人情報を取り出すことは不可能だが、警察への告訴や民事訴訟などの手続きなどを経ると当該IPアドレスを使用した個人を割り出すことができる。

またIPアドレスを使用した者の情報はプロバイダによって調べられるので、仮にあるIPアドレスを使用した者が何らかの不正を行ったことをそのIPアドレスから判明するプロバイダに通報するとプロバイダは基本的には内規に基づいて利用停止などの措置を執ることがある。

なお、刑事告訴や民事訴訟に至らないまでも、インターネット上でBBSやウィキなどのサービスを提供している団体が、迷惑行為や違法行為を行っている者に対して、IPアドレスで行為を制限することがある。

ネット上でのストーカー行為

上記のように特定捜査権の無いユーザーが現実世界での個人情報を特定する事はほぼ不可能である。

ただし、インターネット世界においてはIPアドレスは個人ユーザーのパソコンまたは個人契約のサーバを特定する物であり、掲示板やウィキペディアの投稿記録、ブログや各ホームページサーバー等で配布している来訪者解析システムを採用しているサイトには、来訪者のIPアドレスは残されている。

また掲示板やチャットではあらかじめ特定のIPアドレスを入力する事で対象となるユーザーの投稿をブロックする機能がついていることが多く、ウェブサイトに仕組まれたアクセス解析によってIPアドレス番号をもつユーザーが何時に来訪したかを調べる事も可能である。




出典: 「IPアドレス」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




つまり、オイラのパソコンとIPアドレス (99.244.57.104)は1対1で対応しているのですか?



その通りだよ! 現在、地球上の人口は72億人に達しているけれど、上のIPアドレスが割り当てられているパソコンは、オマエの自宅のパソコン1台なんだよ。 オマエは僕に対して“ストーカー行為”に等しい たくさんの迷惑コメントを書き込んでいる! それで、現在、オマエのIPアドレス(99.244.57.104)はちゃんと次のブラックリストにも載っているのだよ!


(hillary07.jpg)

『スパマー・ブラックリスト』



あれっ。。。 マジで上のブラックリストにオイラの IPアドレスが載ってるじゃありませんかァ!



だから、何べんもオマエに僕は言ったはずじゃないかァ! IPアドレスが分れば、オマエを特定することができるのだよ!

オイラは、デンマンさんの言う事が信用できません。

あのさァ~、頭のいい小学生だって、IPアドレスが判れば、そのパソコンは世界に1つしかない事を知っている。。。 つまり、オマエの自宅にあるパソコンには、オマエのプロバイダーから IPアドレス (99.244.57.104)が割り当てられているのだよ!

つまり、オイラが自宅のパソコンでコメントを書き込むと、デンマンさんのブログの記録に オイラのIPアドレスが記録されるのですか?

その通りだよ!。。。 もう一度コメントリストを見て欲しい。


 (すぐ下のページへ続く)





コメント

バカの壁の増設(PART 2 OF 3)

2016-06-28 11:27:24 | 太田将宏批判






 

バカの壁の増設(PART 2 OF 3)



(liv60616x2.png)


『成りすまし老人』

『レモンと孤独な老人』

『エロいローマ再び』

『孤独で寂しい太田将宏』




①番から⑦番のコメントを書き込んだ時刻に注目して欲しい。。。 ①番を書き込んだ時刻は日本時間で6月13日の午後11時48分、②番を書き込んだのが1分後の11時49分、③番を書き込んだのが、その2分後の11時51分。。。④番を書き込んだのが、その1分後の11時52分。。。、この後、オマエはウンコがしたくなったのでトイレに行ったのだよ。 (爆笑) そして 13分かけてウンコをたれて戻ってきて書き込んだのが ⑤番のコメントだよ。。。 午前零時5分に書き込んだ。。。



あれっ。。。 デンマンさんはオイラがウンコをするために席をはずしたことまで分かるのですか?

当たり前だろう!。。。 オマエガムカつきながらコメントを書いている最中に、急に腹痛をもよおした。。。 いつも下痢に悩まされているオマエが席をはずすのはトイレに立つ以外にないのだよ。。。

デンマンさんはオイラの健康状態まで解っているのですかァ~?

当たり前だろう!。。。 オマエは頭と胃腸の具合が可笑しくて頭痛と下痢に悩まされていると僕に話したことがあったのだよ。

デンマンさんは記憶力が抜群なのですねぇ~。。。 オイラは、すっかり忘れてしまいましたよ。

とにかく、⑤番のコメントを書いた後、下痢の腹痛に開放されて 気分が良くなったので、1分も経たずに⑥番のコメントを書き込んだのだよ。。。 その後2分後に⑦番のコメントを書いた。。。

やっぱり、時間的に見てもオイラが“デンマン 加藤明” と“読み人知らず”に成りすましてコメントを書き込んだというのが判ってしまうのですかァ~?

当たり前だろう!。。。 この記事を読んでいるネット市民の95%が 同じIPアドレスの個人用パソコンを使ってコメントを書き込んだら、同一人物が書いたものだという事を ちゃんと理解しているのだよ!。。。 ところが、オマエは、書き込む時間も、書き込む内容も、それに、オマエの文章の書き方まで、すべて同じ人物が書いたと思われるよな痕跡を ベタベタ、ベタベタと記録に残しているのだよ!。。。 もし、オマエがだよ、このような愚かな方法で よその家に泥棒に入ったら、すぐに警察に逮捕されてしまうよ。。。

そういうものでしょうか? でも。。。、でも。。。、「デンマンさんを相手にしている限り、何をされるか分からないので、我々は各々のPCではなく他の余っているdummyのものを専用し、皆で共用している」のです!

あのさァ~。。。 オマエはこの期(ご)に及んで まだそのような嘘をつくのォ~?

いいえ。。。 ウソではありません。。。 

V.T. はオマエの義兄だと言いたいのだろうけれど、オマエの心優しい奥さんの兄さんが、なんで日本に住んでいるのに、オマエの自宅にある余っているdummyのものを専用し、共用しているわけぇ~。。。?

だから、それは。。。?

そのような見え透いた嘘をつくんじゃないんだよ!。。。 しかもだよ、オマエと二人の娘と、心やさしい奥さんとの関係は次のようになってしまっている!




私は、この曲集を書き終えたとき、老人見習いから、正真正銘の老人になるのではないか、と思うこの頃である。
真の老人とは、もはや、失うべき何ものも無くなった人のことを言うのではないか。

長女は、私から去った。
次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。
家内と言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。


私には、S.Kierkegaard の言った、一番易しく一番難しいこと、すべてを捨てること、が、案外、無理なくできるのではないか。
いや、その時には、捨てるべき何ものも見当たらなくなった境地であろう。

その意味では、老人になる前に、不慮の死で亡くなった人は気の毒である。
私は、若い時に、死ぬのはいいが風邪をひくのは嫌だ、などと言って、粋がって与太をほざいていた。
今も、願わくは、あまり苦しむことなく死を迎えられたなら、それにこしたことはない、と考えている。


(kierke02.jpg)

Kierkegaard は、また、永遠とは有限が無限に出会う瞬間である、と言っていた。
私の人生に、かつて、そのような瞬間があったであろうか。
いや、それもまた、超越の命題であろう。

私の人生は、無明に迷ったそれに終わるのかもしれない。
しかし、私の背後には、母の祈りがあった。

ある麻薬中毒患者が、お母さん、僕は、こんな遠くまで来てしまった、と淋しげに呟いていたが、私は、麻薬中毒者ではないけれど、その気持ちが解かっている、と思う。
どのみち、人生は、rehearsal無しの、ぶっつけ本番なのである。

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/zgtLWAPaaMI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

しかし、私は、F.M.Dostoevsky の「白痴」にある、あの「イッポリトの告白」に書かれているように、もし、生まれる前に、この条件を知らされていたとしたならば、私は、生まれるてくることを肯(がえ)んじなかったであろう、とは思っていない。
私は、感謝して死ねるように、今からでも、心の準備をしておこう。

S.D.G

コーダ(蛇足):

私の懐疑なるものが、深いのか、深くないのか、私自身も知る由もない。
仮に、深かったとしても、そもそも、懐疑の深さというものは、誇るべきものであるのか、という疑問が残る。




【デンマン注:】 改行を加え読み易くしました。あしからず。

S.Kierkegaard: キルケゴール (1813-1855) デンマークの哲学者

S.D.G.: Soli Deo Gloria (ラテン語) To God Alone the Glory(英語) 神に栄光あれ。

F.M.Dostoevsky: ドストエフスキー (1821-1881) ロシアの小説家・思想家




56ページ Michel-Richard de Lalande
『後奏曲集(後書きばかり)』 作品3
著者: 太田将宏
初版: 1994年1月 改定: 2006年9月


【デンマン注】

これは本ではありません!
強烈なエゴの持ち主の太田将宏は、これが“本”のつもりで、このように書いていますが、この“原稿”は、どの出版社からも拒絶されて本になってません!

この男が愚かなのは、その事で出版社にイチャモンをつけて問題を起こしています。
すぐ下に出てくるボイジャー社長の鎌田純子さんとも、問題を起こしているのです!

悪いのは、もちろん、強烈なエゴの持ち主の太田将宏ですよ!
批判を素直に受けることができずに、行く先々で問題を起こしているのです!


『馬鹿やって人気?』にも掲載
(2015年8月18日)




心優しい奥さんの兄の V.T. は、オマエにたいして憤(いきどお)りを感じてはいるけれど、決してオマエを庇(かば)うようなコメントなど書かないのだよ! 長女は、オマエから去った。 次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。 オマエの奥さんと言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなる。。。 だから、V.T. はオマエに対してムカついている筈なんだよ!。。。 それがオマエには理解できない。。。 つまり、常識というものがオマエにはないのだよ!



そうでしょうか?

あれっ。。。 オマエは、まだ解らないのォ~?

だってぇ~。。。

オマエは、まだ言い訳をしようとするのォ~。。。? だったら、次の文章も読んで欲しい。


ボイジャーの社長 鎌田純子様

 

一方、私と致しましても、私のどこが鎌田様が仰った、

「太田将宏さまのご要望は非常に難しい内容のものばかりです」なのか、

分からない次第なのですが、他方、要は、会社の方針、

進捗状況に変化があったとか、無いからとか、その程度の文章も書けないのが萩野氏なのですね、

私の方は、鎌田様に「ご理解ください」、と言われようが、言われまいが、初めから解りようが無かったということなのです。

鎌田様が(4月6日のmailで)仰ったようには、「スタッフはそれをお伝えしようと文章を書いておりますが、うまく伝えられていません」なのではないのです(この場合の「スタッフ」は、萩野正昭氏ですね)、ではなかったはずでしょう。

ちなみに、私が日本で中間管理職にあった時、

斯様な無礼をはたらいた私の部下に始末書を書かせようとしてところ、

社長は彼に進退伺いを書かせ、その部下が漸く自分の非礼を謝罪し、

それで一件落着ということがございましたが、貴社では如何なのでしょうか。

私と致しましては、以上に関わらず、萩野氏に謝罪させることを

最終的な目論見でこれを書いているのではないことを此処に改めて釈明し、

鎌田様の「ボイジャーは太田将宏さまとコミュニケーションすることは無理だろうと思います」、

ということは早計に過ぎた、ということをご理解願いたい次第であるのです。

私は、鎌田様とは、齟齬をきたしたくはなかったのですが、

彼の態度を放置することは、私が不快な経験をしたのみならず、

貴社の品格にも悖ることかとも愚考し、

4月6日付の私からのmailのお返事も頂く機会もありそうも無く感じられることもあり、

今回、もう一度だけ(これ以上は執拗だと思われるのを避ける為)書かせて頂きました。

 

太田将宏 (2015年4月13日)




出典: 18ページ
『ボイジャー、ロマンサーへの抗議録』




あのさァ~、オマエは家族だけではなく、僕とも、それにボイジャーの社長の鎌田純子さんとも問題を起こしているのだよ! しかも、鎌田さんは「ボイジャーは太田将宏さまとコミュニケーションすることは無理だろうと思います」とまで言っているのだよ!



でも。。。、でも。。。、それは、オイラが悪いのじゃなくて、ボイジャーの社長の鎌田純子が悪いのです!

違うのだよ! オマエはエゴが強すぎる! 性格に問題がある! だから、コミュニケーションがうまく取れないのだよ!。。。 オマエが書いた上の抗議録は、愚かなオマエが自分の愚かさをネットで日本語が解る123ヵ国のネット市民の皆様に公開しているけれど、誰が読んでもオマエに欠陥があることが見え見えなんだよ!

やっぱり、オイラは“馬鹿の壁”に囲まれて“井の中の蛙”になっているのでしょうか?


(frog05b.gif)



当たり前だろう!。。。 あのさァ~、『だまそうとする老人』の中でも書いたように 人を騙すというのは、騙す本人が騙そうとしている相手に身を置き換えなければならないのだよ。。。 オマエは人を騙したつもりになっているけれど、相手は全く騙されてないのだよ!。。。 その事に、オマエは気づきもしないで、愚かにも、成りすましたままで、騙したつもりになっている。。。 だから、長女は、オマエから去った。 次女は、中立を保つ為に、この家に寄りつかない。 オマエの奥さんと言えば、日本語も通じなくなってから何年にもなるのは、当然の帰結なんだよ。。。


(ireba03y.jpg)

『だまそうとする老人』



結局、今日も、デンマンさんはオイラをケチョン、ケチョンに馬鹿にしましたねぇ~。。。



いや。。。 僕は決していオマエを馬鹿にしてない。。。 人間は、誰しも完璧ではないからねぇ~。。。 オマエにも、僕にも必ず欠点はある。。。 同様に、誰にでも長所があるものだよ。

あれっ。。。 デンマンさんはオイラの長所も認めてくれるのですかァ~?

もちろんだよ!。。。 オマエは立派な反面教師としての素質を持っているじゃないかァ~!



(smilerol.gif)


わァ~~ うれしいなあああァ~。。。

デンマンさんがオイラの長所を

認めてくれました。

やっぱり、デンマンさんは

“仏のデンマンさん”です。

しかもデンマンさんのおかげで

オイラは日本語が分かる

123ヵ国のネット市民の皆様の間で

有名になってしまいましたァ~。。。

こうなったら、もうスキップしてしまおう!


(smilejp.gif)

ワぁ~♪~ うれしいなあああァ~。。。

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン

もひとつおまけにィ~

ルンルンル~♪~ン

ランランラ~♪~ン



(laugh16.gif)

やれやれぇ~。。。

馬鹿とは付き合いきれません。

あなただってそう思うでしょう!?

でもねぇ~、見ていてください。

この愚か者が、

また手のひらを返したように

僕に成りすましてコメントを書きますよ。

とにかく、この男は

境界性人格障害の他にも

躁鬱病を患っているので、

ウツの状態の時には、

かなり落ち込んでしまうのですよ。

そうなると、また 悲観して

以前の状態に戻ってしまいます。

でも、仕方ないから、この孤独な男を

真人間にするために

付き合うことにします。

他に誰も相手にしないのですから。。。



(foolw.gif)

 (すぐ下のページへ続く)
コメント

バカの壁の増設(PART 3 OF 3)

2016-06-28 11:26:44 | 太田将宏批判


 

バカの壁の増設(PART 3 OF 3)


【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ~。。。
あたしは、太田さんの娘さんにも、奥様にもお会いした事はありません。
でも、娘さんは、二人とも カナダで女医さんになっているほどですもの。。。
娘さんにしても、奥様にしても、決して悪い人ではないと思いますわ。

それなのに、太田さんは 娘さんとも、奥様ともうまくやっていないという事は、
太田さんに、問題があると思うのです。

あなたは、どう思いますか?

とにかく、ネットには “めちゃキモい”人たちがウヨウヨしています。
太田将宏さんは、まだ良い方ですわ。

中には、まるで得意になって、愚かな事をして遊んでいる オツムの足りない人たちがたくさん居ます。
また、見かけは普通のブログでも、悪徳スパマーが手を変え品を変えて 悪徳サイトへ誘い込もうとしています。
また、スパムコメントで褒められると、ついついその気になって、相手のブログへ飛んでゆき、お返しに、あるいはお礼にと思って 読者に登録してしまったりするものですわァ。
どうか スパマーの思う壺にはまらないでくださいね。

悪徳スパマーは悪徳サイトへ誘おうと
てぐすね引いて待っているのですから。。。

悪徳サイトを利用して、
メールアドレスで登録したりすると、
あなたのメールアドレスは第3者や第4者に売られてしまう危険性があります。

あなたは、そのようなスパム・コメントや 成りすましスパマーには騙されないと思い込んでいるでしょう?
でもねぇ~、もしかすると騙されているかもよ。。。

とにかく気をつけてくださいね。

次回も、さらに面白い話題が続きます。
あなたも、どうか、また記事を読みに戻ってきてください。
では。。。


(hand.gif)


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

■ 『ちょっと心にぐっと来る動物物語』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


(hooker08.gif)

■ 『女に成りすますスパマー西元』

■ 『めちゃキモいナンパ野郎』

■ 『ヒラリーおばさんも嫌うコメント』

■ 『金儲けがすべてでいいのか?』

■ 『激ウザIPアドレス』

■ 『貧しいさもしい心の人』

■ 『スパマー・ブラックリストだよ』

■ 『スパマー道場』

■ 『音楽に向き合え!』


(satomi02.jpg)

■ 『自滅するナンパ野郎』

■ 『謎の3819人』

■ 『火星人さとみ』

■ 『月夜の笑子』

■ 『ハワイの彩萌』

■ 『キモい文字列』

■ 『キモい旅行好きのマイ』

■ 『キモい女子大生ユリ』

■ 『女になりたいスパマー』

■ 『キモい不幸な情報屋』

■ 『オマエ、何でもできるの?』

■ 『飛んで火に入る夏の虫』


(yuri02.jpg)

■ 『女子大生ユリの悩める夏』

■ 『謎の3819人がなぜ?』

■ 『カリスマホステス明日香の悩み』

■ 『ダメ社長の無知』

■ 『悪徳スパマーとファシスト管理人』

■ 『哀れなゆうたろう』

■ 『へのへのもへじスパマーと孫悟空』

■ 『殺意を振りまく女』


(yuri03.jpg)

■ 『アメブロのウザい女』

■ 『ネット馬鹿の不満』

■ 『スパマー石原誠二』

■ 『eeepaiotsuバカ』

■ 『西海岸からのスパム』

■ 『シドニーの悪女』

■ 『相変わらず馬鹿か?』

■ 『馬鹿やめたのね?』

■ 『馬鹿やめて久しぶり』

■ 『馬鹿やって人気?』

■ 『悪事千里を走る』

■ 『悪縁を断つ』

■ 『失意の太田将宏』

■ 『悪縁を切れ!』

■ 『心の平穏』

■ 『レモンと孤独な老人』

■ 『乙女の祈りと老人』

■ 『ピアノとお座敷老人』

■ 『孤独で寂しい太田将宏』

■ 『クラシックを愛すれど』

■ 『女性を愛せない老人ボケ』

■ 『ボダとキレた老人』

■ 『母という病』

■ 『日本人は嘘つき』

■ 『マジでピッタリ!』

■ 『成りすまし老人』

■ 『バカな大人にならない』

■ 『成りすまし老人の告白』

■ 『だまそうとする老人』



(juneswim.jpg)


(byebye.gif)
コメント

知ったかぶり屋

2016-06-28 11:23:38 | 英語・英会話
 

知ったかぶり屋

 


(bare02b.gif)


こんにちは。
いつも元気なジューンですよ。
ご機嫌いかがですか?
季節の変わり目は風邪を引きやすいです。
風邪をひかないように、気をつけてくださいね。

ところで知識を蓄えて、
そのことを自慢しすぎる人のことを“知ったかぶり屋” とか
“知ったかぶり” と言って日本語ではちょっと蔑(さげす)みますよね。

英語にも似た表現があるのですよ。
なんと言うかご存知ですか?

面白い言い方なんですよ。
ぜひ覚えておいてくださいね。

a know-it-all

このように言うのですわ。
直訳してみて、なるほどォ~、と思うでしょう!
実にうまい言い方だと思いますよね。

この複数形はどうなるのでしょうか?

know-it-alls

こう言うのですわよ。
マジで。。。うふふふふ。。。

“知ったかぶり屋の”という意味で形容詞としても使われます。
また、自動詞として使われることもあります。
知ったかぶりをしている、とか 利口ぶる、という意味になります。

では、どのように使われるのか?
ちょっと見てみましょうね。



(pant23.gif)

John is a know-it-all jerk

ジョンは知ったかぶりをした(利口ぶった)ばかな奴だわ。





(mwest11.jpg)

Mary always wears a know-it-all look.

メアリーっていつだって物知り顔なのよねぇ~。




Jim keeps up his know-it-all attitude.

ジムは知ったか振りな態度を取り続けているわ。




I am tired of that know-it-all boss!

あの知ったかぶり屋の上司にはもううんざりだわ!




I thought that he was just like a cocky, know-it-all.

私には彼がお高くとまった知ったかぶりの人間に思えたわ。




There he goes again...Mr. Know-it-all.

出たわよ、まただわぁ~。。。あの知ったかぶり屋よ。




Ted turns out an insufferable know-it-all.

テッドは鼻持ちならない(ごう慢な)知っ高ぶり屋だという事が分かったわ。


どうですか?
こういう使い方って面白いでしょう?

あなたも英語をおさらいしてみませんか?

ええっ?
時間もないしお金もないの?
だったらね、時間もお金もあまりかけずに英語を勉強する方法があるのよ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

『あなたの国際化をサポートしてくれる

無料英語学習サービス』


ネットをやっているあなたなら、いつでもどこでも無料で国際語を勉強する事が出来ます。
明日から始めることが出来ますよ。


(gal03.gif)

ええっ?英語もいいけれど、それよりも、人生にプラスになるような真面目に付き合いたい異性の相手が欲しいの?
何で。。。急に英語から男女交際の話になるの?
ちょっと飛躍していると思わない。。。?

でも、あなたがその気ならば良いところを紹介しますよ。
次のリンクをクリックしてみてね。

『あなたが素敵な相手を見つけることができる

真面目な結婚サイト ガイド』



(date100.jpg)

どうせ、付き合うのなら、家庭を持つべき相手。。。
そのような人を探すべきよね。
遊びだけの付き合いもいいけれど。。。
人生にプラスになるような付き合いならば、やっぱり素敵な結婚相手を見つけることですよね。
では、あなたの幸運を祈っていますよ。



(bare04e.gif)

Good luck!

バ~♪~イ


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』


(bnose2.jpg)

『バンクーバーの寒中水泳』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』


平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

おほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ますわよ。

くどいようですけれど、また現れましたわ。

ええっ、何で英語の記事に

顔を出すのかって?

あたくしも、英語を勉強して

ワーホリしたいのですわよ。

とにかく、まず、レンゲさんのように

バンクーバーに行こうと思うので

ござ~♪~ますのよ。

あたくしだけこのようなダサい

十二単(じゅうにひとえ)なんか

着せられて、こうしてブログに顔を出すのって

少し飽きてきましたわ。


(leo306.gif)

あたくしもレンゲさんのようにナウいレオタードを身に付けて

かっこよく登場したいのでござ~♪~ますのよ。

でも、あまりグチを言うと

デンマンさんに叱られてしまうので、

これぐらいにしますわ。

ちょっとこの面白い写真見てよ。


(dinner3.jpg)

このオニイチャン、デレデレしているでしょう?

きれいなお姉さんに首っ丈(くびったけ)なのよね。

ちょっと笑い出したくなるでしょう?

笑って言いのよう!うふふふふ。。。

あなたも、笑って幸せな気分になってね。

そういうサイトがあるのよう。

ちょっと覗いてみたら。。。?

じゃあね、次のリンクをクリックして覗いてみてよ。

『あなたのための、笑って幸せになれるサイト』

『あなたもワクワクする新世代のブログ』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バ~♪~イ。



(breakup5.gif)


(kissx.gif)
コメント

12歳少女の短命(PART 1)

2016-06-27 13:21:06 | 人生とは何か?
 

12歳少女の短命(PART 1)

 


(girl012.jpg)



(sky002.jpg)

その日、私は防波堤から砂浜に駆け降り、風に舞い上がって耳あてのついた帽子のような形になって、ふわふわと飛んでゆくコンビニの袋を追いかけていた。
母がコンビニで買ったアイスクリームを取り出したとき、風にあおられて袋が飛ばされ、私はそれを追いかけているのだけれど、母は防波堤に腰かけ、アイスを食べながらそんな私を見て笑っているのだった。

意外に遠くまで飛んだビニール袋に追いつき、ジャンプしてつかまえたとき、何かが走ってくる気配を感じた。
逆光でよく見えないその何かは、私の足元まで駆け寄って来て止まった。

何?
私が見下ろすと、それは黒い子犬で、その子も私を見ている。
くりくりした黒い瞳。


(dog101.jpg)

前世以来の再会だとでも言うように、その子犬は私をじっと見つめる。

私はドキドキしながら思わずしゃがんで、子犬の頭をなでた。
子犬はぶんぶんとシッポを振り、もっとなでてとばかりに小さな頭を私の手のひらにグイグイと押しつけてくる。

その間も、目はじっと私を見つめている。
私の中に何かが流れ込んでくる。
この子を連れて帰りたい!と思わず抱き上げると、私の腕の中で子犬は安心したように丸まった。

「つかまえてくれて、ありがとう」
声のほうを振り返ると、セーラー服の女の人が私の横にいた。
「ダイスケが人になつくの、はじめて見た」

女の人が両手をさしのべるようにすると、それに反応して子犬は私の腕をすりぬけて、ピョンと彼女の胸に飛び込んだ。
私は放心してしまって、ただそこに立ちつくしていた。

彼女は子犬の前足を持ち、「バイバイ」と振った。
私も「バイバイ」とつぶやき、遠ざかってゆく子犬を、姿が見えなくなるまで見つめていた。

「行こうか」
いつのまにか横に来た母に肩を叩かれた。
「見た? 今の犬見た?」
私は興奮していた。

「見てたよ。 あかりは犬、怖くないんだね」
「かわいい……」
私を見つめていた黒い瞳。
腕の中にいた温かみと重み。
それから私は街や海辺で犬を見かけると、じっと見つめてしまうようになった。


(hamabe03.jpg)

(写真はデンマン・ライブラリーより)




12-13ページ 『犬と私の10の約束』
著者: 川口 晴
2008年2月25日 第11刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋





12歳の“あかりちゃん”という女の子と、お母さん、それに“あかりちゃん”になついた子犬のお話なのですよ。



実に可愛らしい子犬ですわねぇ~。。。

そうです。。。そうです。。。 この話には続きがあるのです。


ごめんね、あかり。

おかあさんはあかりを置いて先に逝きます。

ソックスが生きているうちはソックスが私のかわり。
あかりを見守ってくれるよ。

そして、ソックスも、いつかはあかりより先に逝くでしょう。
そのとき、私はいよいよ念願の風になります。

いつかあかりは私を風みたいだってほめてくれたよね。
あれ、かなりうれしかった。
ちょっといたずらな風が吹いたら、私がそばにいると思ってください。


(foorin2.jpg)

それからもうひとつ。
『犬との10の約束』は覚えてくれてる?
あれにはつづきがあります。
それは約束ではなくて、『虹の橋』という詩です。
ソックスが先に逝ってしまったあとで読んでみてね。


(dog203.jpg)

『虹の橋』
動物は、死んだあとに虹の橋と呼ばれる場所で暮らします。
そこは快適で満ち足りているのですが、ひとつだけ足りないものがあります。
それは特別な誰か、残してきてしまった誰かがそこにはいないこと。
それがさびしいのです。

草原で遊び回っている動物たちのうち一匹が突然遊ぶのをやめ、遠くに目をやります。
一心に見つめるその瞳は輝き、からだはかすかに震えはじめます。
その子は突然草原を飛ぶように走り出します。
あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの特別な友だちは再会のよろこびに固く抱き合います。
そして、あなたを心のそこから信じているその友だちの瞳を覗き込みます。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
心からは一日も離れたことのなかったその瞳を。

じゃあ、元気でね。

芙美子 母より

 (写真はデンマン・ライプラリーより)




200-201ページ 『犬と私の10の約束』
著者: 川口 晴
2008年2月25日 第11刷発行
発行所: 株式会社 文藝春秋




子を持つ母親とすれば、やはり子供を置いて先に逝くことを考えて本当に身を切られるようにつらかったでしょうね。 しかも、子供はまだ10代の娘というのだから。。。なおさら後ろ髪を引かれるような思いでしょう。



あかりちゃんはまだローティ-ンで、しかも一人っ子だったでしょう。。。 お母さんはマジで心残りだったでしょうねぇ~。。。

あかりちゃんと子犬との出会いのエピソードは あかりちゃんの12歳の誕生日のことです。 その日、お母さんがゴールデン・リトリーバーの子犬をあかりちゃんにプレゼントするのだけれど、子犬を家に連れて帰るときに倒れて入院するのですよ。

何の病気ですか?

膵臓ガンです。。。 あかりちゃんのお父さんはお医者さんなのだけれど、膵臓ガンがかなり進行していたのにも気づかなかった。 結局、手遅れで、あかりちゃんのお母さんはあの世に逝ってしまう。 あかりちゃんは子犬の名を「ソックス」とつける。 可愛がって育てたのでソックスはあかりちゃんになついて大きくなる。 それでもやがてソックスが10歳になる頃に急に体が弱って、ソックスもあの世に逝ってしまう。

なんだか本当に可哀想ですわねぇ~。。。

あかりちゃんとお父さんで犬小屋を始末している時に、奥の方に封筒に入った書き置きが見つかる。 その書き置きがすぐ上で引用したお母さんの置き手紙ですよ。

魂ってぇ、やっぱり信じる人には感じられるものなのですわねぇ~。。。

そういうことです。。。

。。。でも、タイトルの“12歳少女の短命”というのは、どういうことなのですか? あかりちゃんは12歳の誕生日を迎えて、その後なくなってしまうのですか?

いや。。。 タイトルの“12歳少女の短命”というのは、あかりちゃんとは別人ですよ。。。 先日、記事で取り上げた怜美(さとみ)ちゃんのことです。


(sasebo91.jpg)

<iframe width="420" height="350" src="https://www.youtube.com/embed/1oQuoLZlbgQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

『12歳少女の死』



この事件では、日本中がずいぶんと騒ぎましたよねぇ~。。。 衝撃的な事件でしたわァ。。。



真由美ちゃんも覚えてますか?

もちろんですわ。。。 私は当時、宇都宮の女子高に通っていました。。。 クラスメイトの間でも、すごい小学生が出てきたというので、もっぱらの話題になりましたわ。。。 世代のズレというか。。。小学生の女の子がカッターナイフで同級生の女子生徒を殺してしまうなんて、とても考えられませんでした。

そうでしょうねぇ~。。。 あの事件は日本中を震撼させたと言っても、言い過ぎではなかったと思いますよ。。。

。。。で、デンマンさんも、この事件では衝撃を受けたのですか?

僕は、たぶんネットのニュースでこの事件を知ったと思うのですよ。。。 自宅にはテレビがありませんからね。。。 それで、しばらくたってから、この事件のことで記事を書いたことがあったのです。


(girl12b.jpg)

『東京が世界で一番生活費が

高い都市になると佐世保で

小学生女児が殺人事件を起こす』


(2005年8月26日)




事件が起きたのは2004年6月1日。。。 デンマンさんが初めて この事件のことで記事を書いたのは1年後ですわねぇ~。。。 で、どうして最近、また この事件を取り上げたのですかァ?



あのねぇ~、たまたま2週間ほど前にバンクーバー市立図書館で借りた本を読んでいたら、上の事件が取り上げられていたのですよ。。。 本を開いて読み始めるまで、この事件のことが書いてあるとは思わなかった。

つまり、しばらくぶりに、事件の全貌を知って、改めて衝撃を受けたのですか?

そうです。。。 怜美(さとみ)ちゃんは12歳で命を奪われてしまったのですよ。。。 僕が本を読んで衝撃を受けたのは、怜美ちゃんのお母さんの直美さんは、事件が起きる3年前に乳ガンで亡くなっていたのです。

あらっ。。。 怜美ちゃんが小学校3年生の時ですかァ~?

そうなのですよ。。。 それも5年間の闘病生活を続けたあとで亡くなっているのです。。。 お母さんが亡くなった時、怜美ちゃんには中学3年生の次兄と、徳島の大学に進学した長兄がいた。。。 幼い時に母親を失っただけに3人の子供たちの結びつきは強かった。。。

つまり、デンマンさんが冒頭で引用した あかりちゃんのエピソードと、その後に続くお母さんの手紙は、怜美ちゃんが12歳で命を奪われた事件を読んで思い出したのですか?

そうなのですよ。。。 たぶん、怜美ちゃんのお母さんは次のような手記を書いただろうと思うのです。



(mom101.jpg)

おかあさんは怜美(さとみ)を置いて3年前に先に逝ってしまったので本当に心残りでした。

二人のお兄ちゃんたちは、大人ではないけれど、
怜美と比べたら、もう大きくなっていたから、
おとうさんと 何とか力強く生きて行けると思いました。

でも、怜美はまだ小学校3年生でしたからね。。。
あなたを置いて あの世に逝かねばならないことを
本当に神様に向かってうらみましたよ。

どうして、わたしはこのような運命になってしまったのか?
神様がいるならば、なんとかしてくれるのではないか?

おかあさんは、本当に神様をうらみましたよ。

せめて、怜美がお嫁に行く姿を見てから逝きたかった。

おかあさんは、何度も何度も神様に祈りました。
でも、おかあさんの祈りは神様には通じませんでした。

だけど、今になって思うと、神様はやっぱり
おかあさんの祈りを聞き届けていたのですね。

こうして12歳になった怜美と、こちらで会うことができたのだから。。。

おかあさんがあまりにも心配して
怜美のことを想って寂しがるものだから、
神様は、とうとう おかあさんの思いを察して
怜美をお迎えに行ったのよ。

だから、同級生の久美ちゃんをうらまないでね。
あの子は決して悪い子ではないのよ。

ただ、魔がさしたのね。
。。。と言うか、神様が あの子に乗り移って
怜美を おかあさんの元へ連れて来てくれたのよ。

こうして怜美の元気な姿を見て
おかあさんは本当に心から安心することができたもの。。。

おかあさんは生前の苦しみも、
これまで3年間の寂しさも、やっと報われたような気がするわ。

これからは、怜美とおかあさんで“千の風になって”
おとうさんと二人のお兄ちゃんが
元気でいつまでも幸せな人生を送ってゆけるように、
見守ってあげようね。。。


(wind1000.jpg)

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/AwgJLNHUViU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>




どうですか、真由美ちゃん。。。 あの世にいる怜美ちゃんのお母さんの気持ちが解りますか?



デンマンさんは、あの世があると信じているのですか?

もちろん、信じてませんよ。。。 でも、怜美ちゃんとおかあさんで“千の風になって”、怜美ちゃんのおとうさんと二人のお兄ちゃんを見守ってあげているということは信じることができますよ。



(laugh16.gif)

 (すぐ下のページへ続く)





コメント

12歳少女の短命(PART 2)

2016-06-27 13:20:15 | 人生とは何か?




 

12歳少女の短命(PART 2)


【デンマンの独り言】


(kato3.gif)

真由美ちゃんは、現在ノース・バンクーバーでホームステーしながら
VCC (Vancouver Community College)にかよって
パン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいます。

ところで、真由美ちゃんも3人兄弟なのですよ。
すぐ上にお兄ちゃんがいて、
その上にお姉ちゃんがいます。

つまり、真由美ちゃんは末っ子なのですね。
佐世保で事件を起こした女の子の家庭と同じように、
両親は共働きで、夕食は 幼い3人の兄弟が
順番に作って自分たちだけの夕食を囲んだそうです。

真由美ちゃんがパン職人・ベーグル職人を目指すのも
そんな家庭環境で育ったからかもしれません。

でも、重大な問題も起こさず3人とも元気に成人し、
お兄ちゃんも、お姉ちゃんも今では結婚して家庭を持ち
子育てに励んでいます。

真由美ちゃんも、もちろん、バンクーバーで元気に頑張っています。

だけど、先生やクラスメートとの英会話には、今でもまごつくことがあるそうです。
外国語というのは習得するのが実に大変です。

あなたは英会話を勉強してますか?
できれば、英語を話している国へ行って英会話を勉強するのが一番です。

でもねぇ~、英会話を勉強する方法に王道はありません。
人それぞれです。。。
自分に合った勉強法を見つけるのが、英会話の上達の早道だと僕は思いますね。

同じことを同じように勉強しても、人によって上達が違うのですよ。
僕の経験で言っても、人によって、語学の才能というのはまちまちです。

太田将宏老人のように、40年もカナダに住んでいるのに
英会話が満足にできずに 4人に成りすまして日本語でブログにコメントを書きなぐって余生を過ごす人もいます。


なかには、日本語を忘れてしまうほど、英語にどっぷりと浸かってしまう人もいます。
20年以上英語圏で英語を話してますけれど、
僕は、漢字を忘れることはあっても、日本語を忘れることはありません。

もちろん、今でも、英語を話すよりも日本語を話す方が楽に話せます。
僕自身は語学の才能があるとは思ってませんが、
僕が、カナダ人と笑いながら話しているのを聞いていると、
真由美ちゃんには さっぱり 何を話しているのか解らないと言うのですよね。

僕がペラペラと英語を話しているように見えるのだそうです。
早くデンマンさんのように 英語がしゃべれるようになりたい、と真由美ちゃんは言います。

しかし、僕は、常に、英語を日本語のように しゃべれたら いいなと思っているのですよ。
外国語を母国語のように話すのは、本当に難しいと思います。

いずれにしても、真由美ちゃんは小さい頃からの夢が叶ってぇバンクーバーにやって来たのです!


(inflight2.jpg)


(airport1b.jpg)

現在、移住を目指して頑張っているところです。

ところで、あなたはバンクーバーに行ったことがありますか?

とっても素敵な街ですよ。


(stanley50.jpg)


(seawall3.jpg)


(seawall2.jpg)

世界で最も住みやすい街バンクーバー

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/TQqO1__1bzk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/g-fsEkcBAZM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/Ze0G_iBjyMI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


(wetsuit.jpg)


(wetsuit3.jpg)


(gastown20.jpg)

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/IH_5xsua-NQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


(canplace22.jpg)

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/-8HtDY9WRhU?feature=player_embedded" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ビデオを見ても、なんだかワクワクしてくるでしょう?

卑弥子さんが バンクーバーにやって来たのは 2008年の元旦の2週間ほど前でした。

クリスマスをバンクバーで過ごして、それから元旦の“Polar Bear Swim (寒中水泳)”に参加したのです。


(polar10.jpg)

<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/ThBHKGr0IoY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

上のビデオを見ると、まるで真夏のようでしょう?

ところが気温は確か2度ぐらいでした。 

水の中の方が暖かかったのです。

とにかく、バンクーバーには面白い人たちがたくさん居ますゥ。

あなたも、お暇と お金の余裕があったらぜひ出かけてみてください。

では、また興味深い、面白い記事を書くつもりです。

だから、どうか、あなたも またやって来てくださいねぇ~~。
じゃあね。


(hand.gif)




If you've got some time,

Please read one of the following artciles:




(biker302.jpg)

“ついに会えました”

“お天道様が見てます”

『真由美ちゃんのカナダ移住』

『真由美ちゃんのカナダ就活』

『ロマンと夢が広がる』

『カナダ就活と英語』

『カナダへの履歴書』

『真由美ちゃんの夢とベーグル』

『真由美ちゃんの命の力』

『迷い、決断、そして行動』

『夢と希望の光』


(juneswim.jpg)

『下着女装に負けない真由美ちゃん』

『真由美ちゃんの就活面接』

『真由美ちゃんのリクエスト』

『真由美ちゃん@とんでん』

『バンクーバーで面接』

『海外で面接』

『真由美ちゃん、読まれてるよ』

『真由美ちゃん@面接英会話』

『真由美ちゃん@教会』

『真由美ちゃん@バンクーバー渡航』

『真由美ちゃん@バンクーバー』

『心温まるスープ』

『大切な第一印象』


(santa85b.jpg)

『サンタ マユミちゃん』

『お汁粉@海外』

『お汁粉@カナダ』

『支払いでトラブル』

『風邪で甘えてる場合じゃねぇ~!』

『バレンタインのお菓子』

『結婚、仕事、人生』

『命の力だね』

『英語と真由美ちゃん』

『海外に目を向ける』

『カーネギーホールじゃないよ』

『やる気があれば道は開ける』

『ニャンニャンと人生』


(juneswim.jpg)

『ピラミス@美術館』

『夢のバンクーバー』

『バンクーバーの屋上で』

『オランダ移住』

『カナダ移住の夢』

『ディープコーヴ』

『浴衣のバンクーバー』

『黒豚テリマヨ』

『イタリアのベーグルとサルサ』

『花火大会』

『乙女老い易く学成り難し』

『真由美ちゃん@英語』

『真由美ちゃんダントツ』

『日本よい国天国だ!』

『やっぱりどこか狂ってる』

『日本で再会』


(utsunomiya10.jpg)

『乙女力@宇都宮』

『いい出会いの連鎖』

『笑顔の乞食おばさん』

『ニュートンの暗い秘密』

『新年@バンクーバー』

『スープキッチン@新年』

『猫と癒し』

『猫と犬と癒し』

『大通りde水の滑り台』

『イルカとワンちゃん』

『カワウソ@スタンレー公園』

『生パンツ系男子とベトナム兵』

『愛と癒しの涙』

『ダンスとノーベル賞』

『おもてなし』

『思い出ポロポロ』

『ロブソンの5月』

『ネットが不倫を連れて来る』

『ペットと良心』

『夢のデニッシュ』

『パンツァネッラ』



(surfin2.gif)


(dogs17.gif)


(girlxx.gif)
コメント

核の外野になった

2016-06-27 13:18:06 | お笑い・ユーモア・娯楽・ゲーム・音楽
 

核の外野になった

 


(himiko22.gif)

おほほほほほ。。。

卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。

また出てきてしまいましたわぁ~

どうしてもあなたに

お会いしたかったのですわ。

ええっ?あなたは

あたくしに会いたくないの?

そんな、つれない事を

言わないでくださいましよ。

ねっ?仲良くしましょうね。

ええっ?

下らない事を言ってないで

「核の外野になった」って

どういうことなのか早く話せ!

あなたは、そのように

きつい事を言うのでござ~♪~ますか?

分かりましたわよ。

考えてみたら、今日はそのことについてお話しようと思って

出てきたのでござ~♪~ますわ。

うふふふふ。。。



(himiko22b.gif)


あたくしもデンマンさんに言われてパソコンっつうモンを使い始めて、

こうしてネットをやっているのでござ~♪~ますわよう。

国際化しなさい、グローバル化しなさいって言われているのでござ~♪~ますわぁ。

だから、あたくしも国際化して、せいぜいキーボードを叩いて、

情報を世界のネット市民の皆様に向けて発信しているのでござ~♪~ますわよう。

ええっ?どんな情報を発信しているのかって。。。?

おほほほほ。。。

これから、その面白い情報をここに書くのですわよ。

まず、可笑しなタイトルから書きますわね。

実はね、あたくしがパソコンっつうモンを使っていて出くわした

面白い間違いをここに書こうと思い立ったのでござ~♪~ますわよゥ。

うふふふふ。。。

あたくしは、たまには中国の古典のことでも書こうと思ったのでござ~♪~ますわ。

それで、次のように書いたのでござ~♪~ます。

イメージがあまりにもかけ離れてしまって、

もう核の外野になった


これでは全く意味が分からないでしょう?

実は『漱石と虞美人草』という記事を読み返していたのでござ~♪~ますわ。

あなたも読めばお分かりになると思います。

ちょっと読んでみてくださいまし。。。


漱石と虞美人草

ここで悲しい愛の物語が始まるのでござ~♪~ますわよ。
項羽は愛妾の虞美人と信頼する部下と共に最後の宴を開いたのです。
そして、有名なあの「垓下の歌」を詠(うた)ったのでござ~♪~ますわ。


力は山を抜き、気は世を覆う。

時、利有らずして、騅行かず。

騅行かざるを如何せん。

虞や虞や汝を如何せん。



(himiko90.gif)

この虞美人さんはきれいな人だったのでしょうね。
項羽はもうこれまでだと思ったわけですけれど、虞美人には生きて欲しいと思ったわけなのでござ~♪~ますわよ。
この虞美人は虞姫(ぐき)とも呼ばれます。
虞は姓である(漢書)とも名(史記)であるとも言われていますわ。
「美人」も後宮での役職名であるとも、その容姿を表現したものであるとも言われているのです。
いわゆる側室か二号さんなのですが、小説やテレビドラマでは項羽の妻として描かれている事が多いようです。

でも、これほど有名な虞美人も項羽との馴れ初(そ)めについては、史記にも漢書にも一切記載されていないのでござ~♪~ますわ。
ただ垓下の戦いで、劉邦率いる漢軍に敗れた傷心の項羽の傍には、いつも虞美人がおり項羽は片時も彼女を放すことがなかったと紹介されています。
項羽が上の歌を詠ったあとで垓下から脱出するのですが、小説では項羽の足手まといにならぬようにと虞美人は自殺しています。

しかし、『史記』や『漢書』では、その後の虞美人については一切書いてないのでござ~♪~ます。
虞美人の自殺が語られるようになったのは、女性の貞節が口うるさく言われるようになった北宋時代からだと言われていますわ。
とにかく、自殺した虞美人の伝説は、ヒナゲシに虞美人草という異名がつく由来となったのでした。


(gubijin2.jpg)

どうですか?ケシの花ですわよねぇ~。
何とはなしに生々しい美しさですよねぇ~。
虞美人が自殺してその血を吸いながら、その場に咲いたのが虞美人草だそうですわ。
悲劇、悲恋を吸い取ったような妖艶で鮮(あざ)やかなヒナゲシの別名ですわ。

ところで夏目漱石の作品に『虞美人草』があります。
この作品を漱石自身は最も嫌悪していたそうでござ~♪~ますわ。

なぜ?

衆知のようにこの作品は漱石が大学教師を辞めて朝日新聞社の専属作家になった時の第一作で、極めて通俗性の濃い作品でした。
つまり、通俗性が強かったために嫌ったようですわ。この作品は勧善懲悪の小説です。

善玉は思索の人である甲野。悪玉は甲野の異腹の妹・藤尾です。
この藤尾が漱石の頭の中で“虞美人”あるいは“虞美人草の花”のイメージになっていたのでしょうか?
藤尾は魔性を兼ね備え、男を誘惑する女として登場します。

『虞美人草』は漱石の作品中、唯一の失敗作と見なされることの多い作品です。

なぜ?

その根拠としてかならず上げられるのが、作品の執筆を開始してから1ヶ月半ほどが過ぎた明治40年7月16日付で高浜虚子に書いた手紙でござ~♪~ますわ。


(natsume.jpg)


「虞美人草はいやになつた。

早く女を殺して仕舞いたい。

熱くてうるさくつて馬鹿気てゐる。

是インスピレーションの言なり」

(書簡番号771)


漱石がなぜこれほど嫌になってしまったのでしょうか?

あたくしは思うのでござ~♪~ますわよ。
歴史の中の虞美人のイメージと小説に出てくる“虞美人・藤尾”の通俗的なイメージがあまりにもかけ離れてしまって、もう書くのが嫌になったのでは。。。?

これは漱石にとって確かに失敗作だったようです。
なぜならば、漱石が新聞小説三作目に「三四郎」を書いています。
『虞美人草』で取り上げたテーマをもう一度扱っています。
失敗から学び、その原因を突き詰め、スタート地点に戻ってやり直すというのが漱石の生涯を貫く流儀でござ~♪~ましたわ。

漱石は『虞美人草』の通俗性をすっかり洗い落とし、装飾過多の文章を簡素化し、改めて『虞美人草』と同じテーマに挑んで「三四郎」を書いたのでした。

『漱石と虞美人草 (2007年5月18日)』より



イメージがあまりにもかけ離れてしまって、

もう書くのが嫌になった


あなたも読みながらお分かりになりましたか?

上の引用の中で赤字にした部分ですわよう。

どう?面白いでしょう?

ええっ?ちっとも面白くないの?

分かりましたわ。

じゃあね、下のリンクから興味がありそうなものをクルックして読んでくださいましね。



(surfing9.gif)

ィ~ハァ~♪~!

メチャ面白い、

ためになる記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ~ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Godiva Sayuri
(godiva05.jpg)

『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』



(bare04e.gif)

卑弥子さんが買い物に行くので

わたしが代わりに登場いたしました。

ネットには愚かな人がたくさん居ますわよね。

パンツにコカイン君は、相変わらず

下らないコメントを書いていますわ。

FC2のてんね君はデンマンさんのことを

告げ口する事に生きがいを感じているようでした。

でも、今では、そうする事の愚かさに

気づいたようですわ。

えっけん君と太田将宏老人は

ムカついたままコメントを書いてしまいます。

みっともないコメントになるだけです。

ええっ?そんなことより、

もっと面白い話がないのかって。。。?

卑弥子さんのお話だけでは

物足りないのですかぁ

だったらね、メチャ面白いお話を

あなたにおせ~♪~てあげますわ。

ちょっとこれ見てぇ~。


(kame01.jpg)

これ、何だと思います?

亀なのですわよ。

でも、これってずうっと昔の

奈良時代に作られたものなんですわ。

ど~お。。。何のために、こんなの作ったのォ~?

ちょっと面白いと思わない?

デンマンさんが、その事について書いているのよ。

もし関心があったら次のリンクをクリックして読んでみてね。

■ 『あなたの好奇心を揺さぶる亀石の謎』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』

わたしも読んだけれどねぇ、結構面白いのよゥ。

あなたも上のリンクをクリックして読んでみてね。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(polar20.jpg)


(bravo.gif)
コメント