日々ふさおまき

走って跳んで歩いてます。

星人の宿 アスパラなど野菜の夕食

2010-06-14 23:45:10 | 旅行記
すっかり、一年に2度は食べないと我慢できない食事となった、
ここ富良野麓郷は別天地のペンション和田さん。
むっちゃんと言う料理人と、その昭和一桁の野菜作りに長じた
お母様の力が合わさって、大地の力がお皿の上に現れます。

18時30分に夕食はスタート。
テーブルに待っていたのは、

・にんじんサラダ



春雨が間でヒゲを伸ばしてアクセント、ドレッシングと
相まって食の世界へ舌を誘います。

・カマンベールいも餅と海老豆とアスパラサーモン



口取りとでも申しましょうか、3品が長皿にちょんと載ってます。
白と茶色と緑に紅、彩りも美しいラインナップ。

・ジャガイモグラタン



こういうお皿が、絶品になるのは、やはりおいしい素材を、
シンプルな調理で仕上げてくれるからでしょう。チーズがかりかりと
表面で鳴って、塩味のアクセント。ほわっと身がふくらんでいるのは
雪室で一冬すごしたジャガイモさんの底力でしょう。

・イカとアスパラ炒め



今日のディナーで、唯一の変化球。
イカのうま味は、野菜のうま味と対極にいる気がします。
アスパラがじゃじゃ馬を乗りこなせるのか?とどきどきしながら
口に運ぶと、自己主張の強い素材同士が仲良くやってるような
面白さがありました。

・コーンスープ



忘れてました、これもペンション和田さんの名物料理。
挽きぐるみのコーンを飲んでいただきます!という
重量級の汁物。スイートな夢よりも、ぐっさり頬張る
初め人間的野性が楽しめます。

・アスパラ3種の愉悦



アスパラが食べたいから6月にうかがいます!と自己主張はする
ものです。
皮を削った軸に水気がしたたっているのは、夕方取り立ての
新鮮さの証拠。アスパラの生です。ほとばしりますよ。
そして、茹でのふうわり感は台湾の天然塩で。
さらに、天ぷらでうま味の凝縮も楽しみました。

一夜の夢とは言いつつ、胃の腑に落ち着く頃には
もはや幸せ満点の浮かれ気分。楽しかったねと
(めす)に話しかけるのでした。


食後少し部屋に戻って読書。
21時近くなって完全に暗くなったところで、
外へ出ます。
そう、ここは星人の宿。ほしびとのやど、です。
ぐるりを演習林に囲まれ、隣家の光さえ届くことない
富良野の牧草地で、新月の夜に見上げた空は、
まさに星降る夜。
天球をごろりと寝ころんで、宇宙の一端を担うのでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 初夏の富良野へ アスパラ旅... | トップ | アイス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事