青ペンのIT事情

我が家の、PC関連の事件を紹介していきます

EasyBCDで、デュアルブートローダをカスタマイズする

2012年05月06日 11時53分38秒 | ソフトウェア
先日のブートローダの件で、椰子さんから「EasyBCDを使ってみたら」と助言頂きましたのでやってました。

ファイルは、ここからダウンロードしました。



こんなファイルがダウンロードできるので、実行してインストールします。


起動画面


あれ? 英語表記だ・・・。(汗) さっきのサイトでは日本語表記だったのに・・・。
どこかに日本語パッチでもあるのかな?? まぁいいか・・・とりあえず使ってみます。


Add New EntryのLinuxタブでGRUB2を選択し、名前をUbuntuにしAdd Entryをクリックします




Edit Boot Menuで、Ubuntuが追加されました



View Settingsでも確認できます




Advanced Settingsで一応日本語を選択し、Save Settingsをクリックします



リブートします




おぉ、WindowsのブートマネージャでUbuntuが表示されました ここでF8キーを入力すると




セーフモード等に入ることができます



WindowsのブートマネージャでUbuntuを選択すると




ちゃんとUbuntuのブートローダが表示されます




私がやりたかったことが全部できて、スッキリしました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« NEC Lavi LL550/K 入手 | トップ | 勝手に電源が落ちるLL550/R »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (椰子)
2012-05-06 15:30:15
おめでとうございます。
睨んだとおりでしたね、私も参考にさせていただきます。
Unknown (青ペン)
2012-05-06 16:54:51
ありがとうございました。
また今後とも、ご指導お願いします。

この後、Ubuntuを12.04LTSにアップグレードしました。
ブートローダが上書きされたら また同じことを繰り返せばいいかと思っていましたが、ありがたい事にその心配は外れました。

Ubuntuがこの後どんどんバージョンが上がって行っても、何も気にせずにアップグレードできる事になりますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ソフトウェア」カテゴリの最新記事