青ペンのIT事情

我が家の、PC関連の事件を紹介していきます

GMOあおぞらネット銀行 口座開設

2018年12月12日 20時49分15秒 | 知ってると得する?
GMOコインに口座を開設したので、ついでにあおぞらネット銀行にも口座を開設しました。 GMOコインに、無料で送金できます。 手数料がかからないのは、本当に助かります。 
11月22日にネットから開設申し込みをし、1週間後の30日にキャッシュカード到着。 こちらも、結構スピーディーな対応です。 黒と白が選べたのですが、財布が黒なので白にしました。 
キャッシュカードはVISAデビットに対応していて、先日開設したソニー銀行から乗り換えました。 デビットカードは2枚も必要ないので、ソニー銀行のキャッシュカードは引き出しで休んでもらうことにしました。 GMOあおぞらネット銀行の方のデビットカードは同じくVISAなんですが、タッチ決済に対応しています。 このタッチ決済、まだまだ使える場面が少ないです。 私の行動範囲ではローソンだけですね。 使い方は、こちらのサイトで詳しく説明されています。 磁気カードストライプとICチップ VISAタッチ決済と3種類のデビット決済に対応できます。 レジでタッチ決済をすると「ピッ!」と音がするだけなので、店員さんが「へっ?」みたいな顔をする時があります。 まだまだ知名度は低いのかもしれません。


キャッシュカード裏面


VISAデビットで利用した明細はネットで確認できます


ソニー銀行に「ほしいもの貯金箱」と言うエセつかいわけ口座がありましたが、こちらにはちゃんとしたつかいわけ口座があります。 しかも10個まで作れます。 また、VISAデビットに紐付ける口座を指定できます。 これが結構便利です。 指定したデビット用の口座に残金がなくなると、親口座から引き落とされます。 このつかいわけ口座、ソニー銀行も見習ってほしいところです。

コメント

Amazon Fire HD8 を購入しました

2018年12月01日 11時22分16秒 | Android
2013年10月から使っていたnexus7が、とうとう電源が入らなくなりました。 タッチパネルの感度の悪さは前々からでしたが、初期化(工場出荷状態)も何度もして何とか使っていました。 電源が入らなくなっては、どうしようもありません。 まぁ、あまり言うことを聞かなかったので投げつけた事もありましたが・・・・。(笑)

と言うことで、新しくタブレットを物色しました。 最近では、中華タブレットもまぁまぁのお値段しますね。 安さで魅力なのは、Amazon Fire シリーズ。 コスパ最高ですが、Amazon用にカスタマイズされたFire OSを使っているとようです。 元はAndroidらしいです。 ググってみると、Androidタブレットとして使う方法はあるとの事。 じゃあ、と言うことで、ポチりました。 HD8を選択。



ストレージは、16GBで十分ですね~ ¥8,980でした。

  


こんな箱に入ってきました。 付属品は充電器等々。 その充電器に使うmicroUSBケーブルですが、micro側がタブレットに入らず使い物になりませんでした。 ゴミ! まぁケーブルなんかはいくつも余っているので、問題ありません。 危うくタブレット側のコネクタを痛めるところでした。
一通り設定を終わらせると、「Amazon使ってくれ!」と言わんばかりの独特の画面が現れます。



これがまた、使いにくい。 「おすすめ」とか「ストア」とかいらんし。 今までAndroidで使い慣れているので、何とか普通のタブレットとして使いたい。 厚さもnexus7の倍ほどあって、持っていると結構重い・・・・・。(汗) しまった やっぱり7インチにしとくべきだったか・・・・。


ちなみに、Fire OS 6.3.0.1 第8世代です。


気を取り直して、Playストアを使えるようにしましょう。 方法は色んなサイトで紹介されているので、詳しくは書きません。

① Google Account Manager 5.1-1743759
② Google Services Framework 5.1-1743759
③ Google Play services 11.3.02 (030-161239932)
④ Google Play Store 8.3.75.U-all [0] [FP] 173942022 (240-480dpi) (Android 4.0+)

①→④の順にインストールします。 これで「Google設定」と「Google Play」が現れてくるはずなんですが、私の環境では「Google Play」しか出てきません。 まぁ、これだけでも何とかなります。
Google Playが使えると、ブラウザも日本語入力も変更できます。 ブラウザはPCもスマホもChromeを使っているので、ブックマークを共有するために当然Chromeをインストール。 デフォルトの「Silkブラウザ」は最初から使う気がありません。 メールソフトも同じく、Gmailへ。 
ランチャーもNova Launcherにすれば、普通のAndroidタブレットです。



【root不要】Fire HD 10のホーム画面をAndroid風にする方法!で紹介されている「ホームボタン」をタップしても元のAmazonホーム画面に戻らない設定を試してみましたが、私の環境では効果ありませんでした。 仕方ないので、「バックボタン」で戻ります。


SoCはCortex-A53


Androidバージョンは7.1.2です


重い以外は普通に使えるタブレットになったので、ケースを物色します。 7インチなら手に持って操作しやすいですが、8インチなので基本的に置いて使うことを考えてBluetoothキーボード付きのケースをAmazonで選びました。


セットしたとき


閉じたとき


キーボードとケースが磁石で固定されるようになっているので、持ち運びには注意が必要です。 商品レビューに、クレジットカード等の磁気ストライプデータが消える事があると書き込みがありました。 ケースだけで354gあり、HD8をセットすると700gを超えるので結構ずっしりきます。


キーボードの設定画面


キーボードレイアウト


英文用キーボードなので、「半角/全角」キーがありません。 日本語と英語入力の切り替えは「Ctrl」+「Shift」、漢字への変換は「Space」です。
ブラウザで検索する時に1つの単語を決定するのに「Enter」を使うと、その単語だけで検索を始めてしまいます。 スペースを挟んで複数の単語で検索する場合は、「Enter」を入力しないで「Ctrl」+「Space」で続けます。
これらの方法も色々試した結果で分かってきた事なので、他にもまだまだあるかもしれません。 何にしても、慣れるまでに時間を要しそうです。






その後システムのアップデートがあり、日本語と英語入力の切り替えは「Shift」+「Space」で切り替わるようになりました。 以前の方法では切り替わらないので補足しておきます。
コメント (2)