晴耕雨読なくらし

じねんじょに夢をかけるおじさんの物語

立冬(りっとう)

2022-11-07 06:11:04 | 季節のたより
今日からは11月7日は二十四節気の一つ『立冬(りっとう)』です。
立冬は暦の上で冬が始まる日です。
立冬の頃は各地で紅葉が進み、
北日本では平地でも初雪の便りが聞かれる頃です。
北海道ではあちこちから雪の便りが届けられています。

立冬は秋分と冬至のちょうど中間にあたり、
昼夜の長短を基準に季節を区分すると、
この日から立春の前日(2月3日)までが冬となります。

昨日は作業場で前日の続きの作業だけ行いました。

すりおろしした自然薯をバッドに入れ冷凍している間は、
全日本大学駅伝をテレビ鑑賞です。
青学から駒沢への時代が移ったなと感じるレースでした。
4年で入れ替わる学生競技の難しさでしょうか。

仕上げは真空パックにして出荷まで暫く保存です。

 
今朝も腰の状況は芳しくないです。
午後からもう一度整形外科へ行って、
ブロック注射を打ってもらおうと思います。

< 秋の伊勢路駒沢勝ち次箱根 >
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 少しだけ動いてみた | トップ | 二回目のブロック注射を »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

季節のたより」カテゴリの最新記事