礫川全次のコラムと名言

礫川全次〈コイシカワ・ゼンジ〉のコラムと名言。コラムは、その時々に思いついたことなど。名言は、その日に見つけた名言など。

執筆賢金剛資瑜俗老廿九歳(1372)

2014-07-20 07:46:15 | コラムと名言

◎執筆賢金剛資瑜俗老廿九歳(1372)

 昨日の続きである。古典保存会から刊行された「古事記真福寺本」の下巻(一九二五)の末尾にある、山田孝雄による「解説」を紹介している。本日は、その四回目。昨日、紹介した部分に続き、改行した上で、以下が続く。

 上帖の終の方「古事記上廿丁」「古事記上廿一丁」とは左右相対して同じ合せ目にあり、その「廿一丁」の下に文字ありて「執筆賢瑜俗老廿八歳」とよまる。これは尋常にては撮影するを得ざりしを日光を透して特別にこれを写しとりたるものなり。中帖の「古事記中廿五丁」とある糊目の下にも、「執筆賢金剛資瑜俗老廿八歳」とあり。下帖の「古事記下十七丁」とある下にも「執筆賢瑜俗老廿九歳」とあり。以上の記入によりてこの本は賢瑜という僧が二十八歳と二十九歳との時に書写せしものなるを知る。この筆者につきては既に先輩の説きたる如く、同じ宝生院に伝ふる「秘蔵宝鑰巻上」の奥書に
  応安第三天十一月廿七日於尾州大須庄北野真福寺宝生坊書写畢金剛資賢瑜廿七歳
とある人なるべく、この秘蔵宝鑰は書籍のさまも筆迹もこの古事記と同じさまに見ゆれば、聊か〈イササカ〉も疑ふべき所なし。されば、この上中二巻は応安四年〔一三七一〕、下巻は応安五年〔一三七二〕の書写にして今を距る〈ヘダツル〉こと実に五百五十余年前の書写にかかるものなりとす。【以下、次回】

*アクセスランキング歴代20位(2014・7・19現在)
1位 2014年7月18日 古事記真福寺本の上巻は四十四丁    
2位 2013年4月29日 かつてない悪条件の戦争をなぜ始めたか(鈴木貫太郎)    
3位 2013年2月26日 新書判でない岩波新書『日本精神と平和国家』(1946)
4位 2014年1月20日 エンソ・オドミ・シロムク・チンカラという隠語      
5位 2013年8月15日 野口英世伝とそれに関わるキーワード           
6位 2013年8月1日  麻生財務相のいう「ナチス憲法」とは何か        
7位 2013年2月27日 覚醒して苦しむ理性(矢内原忠雄の「平和国家論」を読む) 
8位 2014年7月19日 古事記真福寺本の中巻は五十丁、下巻は三十六丁  
9位 2014年2月1日  多摩火薬製造所「勤労学徒退廠式」          
10位 2014年3月28日 相馬ケ原弾拾い射殺事件、一名「ジラード事件」(1957)

11位 2014年1月21日 今や日本は国家存亡の重大岐路にある(1948)    
12位 2013年12月9日 「失礼しちゃうワ」は昭和初期の流行語         
13位 2014年3月27日 日本の農業は最高に発達した造園(Gartenbau)       
14位 2014年3月29日 アメリカ最高裁決定、ジラードを日本の裁判権に服させる 
15位 2014年3月20日 戦時下に再評価された津下剛の農史研究         
16位 2014年1月22日 今や祖国日本は容易ならざる難局にある(1942)   
17位 2013年9月14日 なぜ森永太一郎は、落とした手帳にこだわったのか   
18位 2012年7月2日  中山太郎と折口信夫(付・中山太郎『日本巫女史』)  
19位 2014年4月14日 光文社版、椋鳩十『山窩小説 鷲の唄』(1947)   
20位 2014年3月7日  津村秀夫、『カサブランカ』を語る(1947)

コメント