夢華の言いたい放題

夢華の視点から見た出来事や特集

メールは便利 or 悪用される

2010-09-30 05:32:34 | Weblog
今、電話よりもメールを
使う機会の方が多いらしい。
企業のやり取りも
電話ではなく時間に
制約のない、メールが
普通になっている。

求人の応募者に対する
連絡事項でさえ
電話よりもメールを
用いる会社があるのは
不思議な気もする。

誰でも、今ではメールを
するのが当たり前?
若者は頻繁に必需品のように
使っているが・・・

電話は連絡が付かない
場合を想定して、あるいは
一件ずつ電話をするより
メールを配信した方が
簡単に済ませられる。
そういう考えらしい。

メールマガシンを始め
一斉配信のシステムを
一度使えば、面倒な事は
余りないから。
手軽で便利なメールも
悪用されるケースは多い。

ストーカーのように
付け狙われるのではなく
迷惑メールが頻繁に
削除しても、迷惑メールの
設定をしても、違うアドレスを
使って絶えず届く。

個人情報の管理が厳しくなり
企業も注意を促しているが
簡単に個人情報は流れている。

メールはインターネット
経由だから、全然知らない
悪質な第三者によって
ハッカーされている。
ごく普通に自分が発信した
メールからアドレスを知る。

あなたは、今までに
メールで嫌な経験をした事が、
ありませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女は感情的

2010-09-29 05:30:23 | Weblog
女は感情的な生き物だと
形容されている。
ヒステリーと言えば
女の代名詞として
使われる位に・・・

男が冷静沈着で
女は感情的だと
誰が決めたのだろう?
男性でも性格が女で
女性なのに性格が男の人も
世の中には居るのだ。

外見よりも性格で
その人を判断した方が
正しい気がする。
確かに、わめき散らしたり
感情的に怒り出す女は多い。
自分の気持ちを如実に表す。

TPOを弁える事が
いつでも出来る人なら
感情を自分でコントロール
するけれど・・・

どんな立場であっても、
周囲の目を気にする
必要がなくても
感情的に物事を進めて
上手く行かない方が
多いのは明らかなのに。

感情的に言いたい事を
言ってしまえば、自分自身は
すっきりするのだろうが・・・
それで物事は、おしまいに
ならないと気付いていない。

感情的な男も居るし
冷静な女も居るが、
とにかく旗から見て
見苦しい言動は避ける。
それが、大人の行動だと思う。

感情的な女性を
あなたは、どう思いますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失礼な対応

2010-09-28 05:38:58 | Weblog
同じ様に尋ねても
相手の対応や答え方は
千差万別である。
丁寧か、つっけんどん
ケンカ腰に喋ったり
感情的になり嫌味を並べる。

社会人になれば
相手が見えない電話や
接客時の応対の仕方は
失礼がないように
行動できなければ失格だ。
社会経験が長い、短いは関係ない。

しかし、意地悪な性格の人、
いい加減に答えるタイプ、
見ず知らずの相手でさえ
ほんの少し喋れば
どんな人物なのか分かる。

失礼な応対をしたら
その会社のTOPや
その店の店長に直訴する。
もちろん、相手の名前
どういう態度だったのか
具体的に説明することだ。

当然、電話をしてくる
相手は取引先やお客さんに
当たるのだから
クレームや失礼な応対は
その人のマイナス評価になる。

自分の言動は必ず
自分に返ってくる
というのを立証して
苦い経験をすれば、少しは
失礼な態度も改まるだろう。

人間は感情の動物だから
同じ様な事柄でも
言い方1つで怒らせたり
耳障りに感じるものだ。
自分が耳にしたり、されて
嫌だと思うことはしない。

これが出来れば殆ど
トラブルは減るはずだ。
失礼な人間は、どこでも
いつでも似たような事を
しているから気付かない。
哀れな人間に注意が必要だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

挫折 & 立ち直り

2010-09-27 05:34:24 | Weblog
人生は、挫折と立ち直りの
繰り返しである。
今までに挫折をした事が
1度もない人は、
殆どいないだろう。

挫折の種類はともかく
上手く出来ない、
考えていたとおりに
運ばないのは、世の常で
別に珍しい事ではない。

挫折をしない人間より
した方が、人の痛みは分かる。
挫折したまま、なかなか
立ち直れない人も居る。

何度も挫折を繰り返すと
段々、回復するのに
時間が掛かってくる。
停滞する期間が長くなれば
それだけ、時間を無駄に
過ごしてしまうわけだ。

人生の中で、ほんの数年は
一瞬のようなものだ。
しかし、挫折を繰り返すと
無気力になりがちで
精神的な気力が萎えると
行動する意欲は衰える。

立ち直っても、挫折は
何度も襲ってくる。
自分では以前より
強くなったと思っても・・・

立ち直れなかったら
暗黒の世界に浸って
孤独な自分に酔いしれる?
自分の世界に居る限り
居心地は決して悪くない。

それが長引くほど
世間の空気を吸うことに
とても苦痛を感じてしまう。
立ち直れる間は
何の問題もないが・・・

立ち直れなければ
ひきこもりや、鬱病を併発
する方向に進んでいく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

諦める時

2010-09-26 05:33:24 | Weblog
色々と試してやってみたが
やっぱりダメだった。
もう、どうしようもない。
そう思った時に諦める。

あるいは、これ以上やっても
時間の無駄だと悟ったり
年齢的にも厳しかったり
何らかの結果が出なければ
諦める場合が多い。

いつまでも悠長に、
し続けるだけの環境と
余裕があれば
続けるのだろうか?
そうとも限らない。

諦めれば今まで
やってきた事、
費やしていた時間が
無意味になってしまうのは
どうしようもないが・・・

その経験が、何らかの
役に立つ時が来るかもしれない。
人生に無駄な経験は
たぶん1つもない。
成功も失敗も、すべては
経験から学ぶのだ。

諦めるのは自分にとって
不本意な結果であっても
人生には決断しなければ
ならない時が、必ずある。
グズクズしていたら
時期を失ってしまう。

次のステップを踏む為に
諦めるのも必要である。
別の事に専念するとか
自分には向いていないと
分かっただけでも進歩がある。

あなたは諦める時、
屈辱だと思いますか?
それとも、これを励みにして
前に進んでいくタイプ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加