夢華の言いたい放題

夢華の視点から見た出来事や特集

揺り籠から墓場まで

2007-04-19 10:41:23 | Weblog
揺り籠。 
赤ちゃんが寝ている。
墓場。 
文字通り、死んだ人が眠っている。
死は、老人が近い気がする。

しかし、健康な若い人でも。
死とは、隣り合わせだ。
いつ事故や、突発的な何かに。
巻き込まれて死ぬか。
誰にも分からない。

日本語は、沢山の表現方法がある。
ひらがな、カタカナ。
漢字。 外来語の横文字。
きちんとした言葉を話し。
書ける人が、非常に少ない。

赤ちゃん。 誕生したて。
手や足を触っても、気持ちがいい。
プクプクと丸くて。
フニャフニャして、触り心地がいい。
1番綺麗な肌。 皮膚をしている。
みずみずしい。 水分量が多い。

老人は、なりたくなくても。
誰でも、年を取ると必然的に
その年齢に到達する。
老いる。
昨日まで出来た事。
それが出来ない。

赤ちゃんは対照的に。
日に日に、色々な事が出来る。
成長して行く。

これだけ、老人の人口が増加し。
出生率が減少。
働く女性が増加。

乳児院や幼稚園と
老人ホームを、同じ所にすれば。
きっとお互いに、いい効果がある。
そんな気がする。

赤ちゃんと老人。
命の重さに、違いはない。

 <お知らせ>
夢華のHPアドレス  1度ご覧下さい! 

   http://u-go.to/yumekakobe

上記のアドレスをコピーして、貼り付けたら見れます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花粉症は、いつから? | トップ | 親友は、いますか? »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ダイエットマスター)
2007-04-19 10:53:24
こんにちは♪

検索からふらふらと、、、

また遊びに来ますね♪

応援クリック♪

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事