ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼、ワタクシ常に「一般人」




2014年08月22日 天皇、皇后両陛下のみか、皇太子、皇太子妃も静養を取りやめられたのに、安倍晋三首相は別荘に戻った というブログ記事に気付いた。
陛下がご静養を取り止められたというニュースはどこかで見たので、御心に頭が下がる思いをしていた。しかし・・・、言葉がない、引用だけしておく。

朝日新聞DIGITALが8月20日午後11時1分、「両陛下、静養中の予定を一部取りやめ」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「宮内庁は20日、広島市の土砂災害で大きな被害が出ていることを受け、天皇、皇后両陛下が静養のため22日から滞在する長野県軽井沢町での予定を一部取りやめる、と明らかにした。両陛下は、被害を心配しており、側近から状況報告を受けているという。両陛下は22~27日、軽井沢町に滞在するが、予定されていた野菜畑での散策やテニス、音楽会への出席は取りやめる。側近によると天皇陛下は救助活動中の消防隊員が殉職したことについても把握しており、多数の死者、行方不明者が出ている状況に心を痛めている様子だという」
◆ところが、安倍晋三首相は、どうだろう。8月20日午前7時22分、宿泊先の山梨県鳴沢村の別荘を出発、26分、山梨県富士河口湖町のゴルフ場に到着、8時2分、プレー開始、59分、プレーを切り上げ、9時19分、ゴルフ場を出発、10時59分、首相官邸に到着。いろいろな指示をした後、午後7時42分、別荘に戻ったという。---- 引用終り---

まさかと思うが、山梨県選出の自民党議員が鳴沢やゴルフ場でアベコベーションにゴマすってたなんてことは無いだろうな。その確認は地元紙の仕事だ。
このブロガー氏が書いている内容がその通りなら、こんな人物を自民党員達は黙って放置しておくのか。内閣改造とかのニュースもあるようだが、まずは頭をすげ替える必要がある。
国民有権者がとやかく言うより先に自民党自身が手を打たなければ、地方選は全滅だろう。自民党候補者を名指しで批判する材料として、ネットを駆使してこの事件を繰り返し発信する。その為にも板垣英憲氏が書いた内容のソースは確認しておこう・・・・

同じ内容の記事があった・・・・
同情したくてもこれでは同情できない
『7時26分、山梨県富士阿口湖町の「富士桜カントリー倶楽部」。森元首相、茂木経済産業相、岸信夫外務副大臣らとゴルフ。・・・(中略)・・・プレーしながら、これ以上続ければさすがに批判されると思って「ついてねえなあ」とぼやきながら切り上げたのだ。』 これはYahoo!が掲載した記事で、[公式] 天木直人のブログは休筆になっている。Yahoo!にはこの続編も掲載されている。

◇ 官邸の 総理の一日 からは日程が抜けている。
◇ 朝日新聞の 首相動静一覧 から、 安倍首相、ゴルフ中断し官邸へ 大雨で情報連絡室を設置(2014年8月20日12時48分)
首相動静watcher これは各紙の情報を集めているようで、根気の要る仕事だと思うが、今後も役に立ちそうだ。

広島土砂災害情報の全国版としてはNHKで時系列を確認・・・・
◇ 8月20日 4時10分 広島市内 土砂崩れの通報相次ぐ『広島市消防局によりますと、20日午前3時20分ごろから40分すぎにかけて、広島市安佐南区の八木地区と山本地区、緑井地区の3つの地区の住民から近くの裏山が崩れているという通報が相次いで寄せられているということです。消防で詳しい状況を確認しています。』
◇ 8月20日 6時25分 広島 土砂崩れ相次ぎ9人被災か
後はサイトから追えるから略す。
8月20日の早朝には山梨県鳴沢村の別荘にいて、この情報は知らなかったというなら、一国の総理がそんな場所で過ごしていることが問題だ、しかし今の日本の情報ネットワーク機能からはありえないし、静養中といえども別荘にはヘリコプターが待機していたはずだ。富士河口湖町から官邸までヘリで1時間40分もかかるとは初めて知ったが・・・
要は本人の資質と判断力の問題に過ぎない。自民党員も今度ばかりは身にしみて分かっただろう。

この人物に国家の命を、国民の命を、自衛隊員の命を、託すことは止めねばならない。 自衛隊法 「第二章 指揮監督 (内閣総理大臣の指揮監督権) 第七条  内閣総理大臣は、内閣を代表して自衛隊の最高の指揮監督権を有する。」

自分のホームページで 山梨県市町村のハザードマップ を更新しておいたが、広島市には 土砂災害への対応 というページがある。風化花崗岩(通称:まさ土)の事も書かれている。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )