事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

軍師官兵衛 第四十一話 「男たちの覚悟」

2014-10-12 | テレビ番組

第四十話「小田原の落日」はこちら

なんと前回の視聴率は予想をはるかに上回って17.6%。まあ、台風のせいであろうとしても、いつも見ていないテレビをつけるときに見るのは大河ドラマだという層がたくさんいたということか。めでたいです。

ということで今回は利休切腹への経緯。もう誰も止められない秀吉を、かろうじてとどめるとすれば官兵衛と利休。そこを率先して利休が「齢七十……」だから引き受けたと。豊臣家唯一の常識人であった豊臣秀長の願いも虚しかった。

当時の“茶”というものが大名たちにどれだけの影響力があったかさっぱり。しかし彼の助命に多くの大名が動いたことを考えると、かなりのものだったんでしょう。超強力な政治評論家?為政者に直接ものを申しているあたりは、夜中に総理と会食している某新聞社の社主みたいな感じなのかな。

今回も茶碗がいろいろな思惑の象徴として大活躍。やはり。茶は深い。

映画ファンとして、利休の生涯は「利休」と「千利休 本覺坊遺文」が1989年に競作されたのでおなじみ。それぞれタイトルロールは三國連太郎三船敏郎という大看板。秀吉役は山崎努と芦田伸介でした。ちなみに、どっちの作品にも黒田官兵衛は登場しません(笑)。でも、ふたりの家がむちゃくちゃに近かったという話は面白かった。

その千利休を、伊武雅刀が演じたのはわたしの世代にとっては驚愕。いいんですよデスラー総統が茶人でも。でも、スネークマンショーでポール・マッカートニーを脅してサインをかすめとっていたあの人が、あるいはシンナーの吸い過ぎを職人に諫めながら自分もラリって行くあの人がとびっくり(笑)

天下統一を成した人間が、隣国へ攻め込むという話は一見自然に思える。なにしろ、当時の常識から言えば、戦いのごほうびは領土。でも、もうその与えるべき領土は存在しない。そうなれば朝鮮と明国を食っちゃえ!と思う人間がいても不思議じゃない。隣国にとっては迷惑な話。来週から、このご時世に朝鮮出兵をどう描くんだろう。

また台風は来ています。しかし関東にはまだ影響はないみたいだし、明日もお休みなのでバブルはないでしょう。16%あたりと読みました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「2ガンズ」 2Guns  | トップ | 「グランド・イリュージョン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「軍師官兵衛」第41回 (日々“是”精進! ver.F)
利休切腹、鶴松逝去… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410120000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック...価格:3,348円(税込、送料込)
『軍師 官兵衛』 第41回「男たちの覚悟」 (ふるゆきホビー館)
 天正18年、北条氏が領していた関東には、家康が入部することが決定。官兵衛は徳川本陣をたずね、関東移封の挨拶をします。 家康は、官兵衛の采配をほめたあと、関白殿下を諌める役をまかせたと発言。しかし、鶴松という跡継ぎのことしか見えなくなった秀吉は、...
【 軍師官兵衛 】第41回 「男たちの覚悟」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
官兵衛(岡田准一)の活躍で秀吉(竹中直人)は、ついに天下を統一するが、 大陸への進出という新たな野望をむき出しにし、官兵衛の説得も拒否、 おね(黒木瞳)を困惑させる。 利休(伊武雅刀)が厳しい言葉で諫めたところ秀吉の怒りを買い、三成(田中圭) の策謀...
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術41天下統一した秀吉の暴走に秀長は官兵衛と利休に後を託したが利休は切腹となり鶴松を... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第41話は官兵衛が北条を降伏させて秀吉の天下統一が果たされた。しかし秀吉は降伏した北条氏政を切腹させ、その領土を家康の転封という形にしたが、官 ...
軍師官兵衛 第四十一回 (レベル999のgoo部屋)
「男たちの覚悟」 内容 官兵衛(岡田准一)の説得により、小田原城は開城。 しかし天下統一を果たした秀吉(竹中直人)は、本領安堵を反故。 北条の領地を召し上げ、家康(寺尾聰)のものとする。 結果的に、国替えとなった家康に、官兵衛は頭を下げるしかなかった。 ....
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第41回「男たちの覚悟」 (真田のよもやま話)
先週は北条家の滅亡アーンド秀吉様迷走中みたいなラストで・・・。でもほら、決して絶対的な滅亡じゃあなかったみたいですよ、北条様。一時は謹慎の身であった氏直様の態度が神妙であると助命の後に大名として復活させられたらしいですし。それから、玉縄城主の氏勝様もい...
「軍師官兵衛」 第41回、男たちの覚悟 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第41回、男たちの覚悟。 利休、切腹! 官兵衛の制止も聞かず、秀吉は朝鮮出兵へ踏み切る。
軍師官兵衛第41話(10.12) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
天下統一を成し遂げた豊臣秀吉@竹中直人は最早誰の聞く耳も持たず、 秀吉の弟秀長@嘉島典俊の病死、千利休@伊武雅刀の切腹で 黒田官兵衛@岡田准一は孤立していく。 愛息鶴松の急死を嘆く秀吉は朝鮮出兵を決意、 官兵衛は制止することができなかったと うーん、官兵衛...
軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」~無謀! 無謀! 無謀! (平成エンタメ研究所)
「また官兵衛か。また小言か」  耳に痛い話を聞かされるので、官兵衛(岡田准一)を遠ざけたい秀吉(竹中直人)。  こうなると、逆効果ですよね。  秀吉は完全に聞く耳を持たなくなってしまう。  官兵衛の苦言が正論であるだけに言えば言うほどするほど、頑なになる....
軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・
軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」 (あしたまにあーな)
前回までで天下統一を果たした秀吉ですが、次の野望は大陸への進出というとてつもないスケールの戦を考え始めます。周囲が困惑しながらも必死に諫めようと努力するのですが、そのほとんどが徒労に終わってしまい、最後に残ったのが官兵衛と利休でした。 官兵衛が秀吉に意...
軍師官兵衛 #40「小田原の落日」、#41「男たちの覚悟」 (昼寝の時間)
公式サイト 秀吉(竹中直人)待望の実子・鶴松を産んだ淀(二階堂ふみ)の権勢は、正