花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

イノベーションの種

2013年01月23日 | 学校
この温室は園芸科学科のTEAM FLORA PHOTONICSと
生物生産科のイチゴ班が実験に使っている光実験温室です。
よく見ると左側の煙突から煙が出ているのがわかります。
この温室は中が3つの部屋に区切られています。
そのうち右側の1つをチーム、真ん中と左側の2つをイチゴ班が使っています。
左の煙突から煙が出ているのはイチゴ班が自分たちの部屋を暖房で加温しているから。
イチゴは栽培の仕方によっては暖房を使うと冬でも春でも収穫することが可能です。
また新技術を経営に導入するには実際に栽培してみなければなりません。
この光景からいよいよイチゴ班の研究が実用化を迎えていることがうかがえます。
技術を農家に還元する、これぞ農業高校のプロジェクトという取り組みです。
ところがチームの部屋は無加温です。
新技術の種を見つけ出しては技術や商品提案をするという
研究スタイルのチームでは大掛かりな栽培は必要ありません。
だからチームの冬場の栽培は独自に加温するのではなく
すでに加温されている草花温室の隅を使わせてもらっています。
2チームの研究スタイルの違いが煙突にあらわれています!

ジャンル:
学校
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 2種類のサイネリア | トップ | 風邪の猛威 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
第1237話≪「eco japan cup 2012」受賞者の中に「青森県立名久井農業高等学校」≫ (HageOyaji通信)
 高校生のみなさん、(^◇^)ノ お~ぃ~ゲンキか!  みなさん、今年の「eco japan cup 2012」の受賞者が1/21に発表されましたが、その中に青森県立名久井農業高等学校 TEAM FLORA PHOTONICS が高校生で唯一受賞されています。  昨年の結果は下記をクリックしてお読み...