小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

今年お初のいもたき♪

2006年09月11日 | ・鶏肉
<いもたき・焼きナス・枝豆の黒コショウ炒め・白飯のおにぎり>
     

●いもたき
愛媛の秋の風物詩・いもたき。
『いもたき』とは秋に月見を兼ねて、「さといも」を「たき」(炊き)、
それを肴に大勢で河川敷などで宴会することです。
西条や川内・出合など愛媛のあちこちで見られますが、発祥の地は大洲らしい。
     
天気が良ければ鍋を縁側に出していただくこともありますが、
なんせ今はオットも忙しい時期なので、ゆっくりお家の中でいただきます♪

わが家のいもたきは大洲流。
三年ほど前に愛媛新聞に掲載されていた「直伝ふるさと料理・伊予の台所」から。
調味料の分量はわが家用《2人分》で紹介します。

サトイモは皮をむいたら塩でこすり、熱湯に入れてさっとゆでます。
油揚げは熱湯をかけて油抜きし、小さめの三角形に切ります。
しいたけは4か6等分に。
湯通しした板こんにゃくは半分の厚さにし、小さめの三角形に切ります。
鶏モモ肉は一口大に切り、油をひかないフライパンで焼き色がつく程度に焼き、
熱湯をかけてさっと脂を落とします。

だし汁(鶏がらスープ)3カップに里芋・油揚げ・しいたけ・こんにゃく・鶏肉を入れ、
材料が柔らかくなるまで煮ます。
砂糖大さじ1(わが家は小さじ1強)・薄口しょう油大さじ1と1/2・濃口しょう油
大さじ1/2・みりん大さじ1・酒大さじ1を加えて煮込んだら出来上がり。

具材の大きさを一口大にそろえることがポイント。
煮っ転がしや筑前煮とは違う、たっぷりの汁で煮る汁物料理。
とっても地味色ですが、彩りだけの為に人参を入れないで~。
これだけですっかり味が変わってしまう、こう見えてよくできた料理なのです。

今回は地元産の里芋ではありませんが、
出回る頃になったらぜひぜひ手に入れたいのが肱川産の里芋♪

昨年は中秋の名月にオットの同僚らを招いて庭でいもたきをしたけれど
今年も出来るかな?

●焼き茄子
     

●枝豆の黒こしょう炒め
     

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

シマトネリコが男前になりました♪

「オット君が好きやったよね」と、もぎたてのイチジクを届けてくれた小太郎父。
滅多にわが家には現れない父に、今日は小太郎からのお願い!!
「のび放題のトネリコをなんとかして~」
のこぎりにハサミ・脚立を出しての大奮闘で、見違えるほど樹形の整ったトネリコ。
邪魔になるところばかり切ってボーボー、
しかも樹形もすっかり崩れてしまって困ってたのよね~。
助かる!!

父の去った後、日の暮れるまで小さく切って袋詰めにした小太郎。
その作業中に何度道行く人に声をかけられただろう・・・
「すっきりキレイになったね」「枝が重そうやったよね」「いい風が通らい」
生い茂ってるのも日よけでイイや!と思ってたけど、見かねてる人も多かったのね。
台風の季節を目前に、しっかり手入れが出来て良かった~。
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水餃子で堂々手抜き♪ | トップ | ささみとキノコの梅肉蒸し »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のこのこちゃん)
2006-09-12 11:02:18
うわぁ~、まさに大洲のいもたき!!

さすが小太郎さん!!

お見事、拍手です。

母が毎年送ってくれるゆうぱっくのふるさと宅配便の大洲のいもたきセットには白玉だんごが入ってます。なんでも川原にぽっかり浮かぶお月様に例えてるとか・・・。風情はあっても邪道な気がしないわけでも。でも、小太郎さんちのはうちのいもたきとまさしく同じなので嬉しくて嬉しくて。

もう、秋ですね。

新サトイモの季節ですね。 (かきたま)
2006-09-12 11:04:35
ねっとりと美味しいサトイモ。うちのほうでは「いも煮」と呼びますが、大好きです。

ただし、人参は必ず入れていました。これからは入れずに作ってみます!



お父様に剪定してもらって、トネリコもスッキリ、良かったですね。私は甘え方が下手で、そんなふうに頼み事をしたことが滅多にありません。頼られて嬉しいこともあるんだなと、この年になってやっと分かりましたが、もう、甘える材料もないのです。代わりに孫たちが甘えてますが。(^_^)
Unknown (davos)
2006-09-12 12:56:23
いもたきっ♪

レシピがわかって嬉しい~。

私も以前一度だけ大洲まで食べに行った事があります。

うちも観月会をやってみようかな。



夏の間あまりに暑くて断念していた草引きを、昨日ようやくすることができました。

近所の方に「スッキリしたねー」とやっぱり言われました。あはは。みんな見てるのね。
Unknown (らぶママ)
2006-09-12 14:10:19
へぇ~「いもたき」と言うものがあるんですね。見た目は確かに地味ですが、地方色の濃い素朴な食べ物と言う感じ。私は田舎の無い人なんで憧れです!真似して作って食べて見たい!でも、椎茸が入っている!私は椎茸が好きなのに、主人が苦手・・。

でも椎茸を入れないと、味が変わりますよね~。主人が居ない時に作れば・・でも何時も居る。う~  

小太郎さんのお家の南天は、3年なんですね。家のはまだ購入したばかりで、葉も小さいですが今から楽しみです。でも、鉢植えのままかも・・。お花や木がいっぱいでスペースが無いのです。一箇所、辛うじて植えられそうな場所には・・オリーブの木が・・。家の周りは防犯用の砂利が敷き詰められているし。大丈夫かな~?
Unknown (のこのこちゃんへ、)
2006-09-12 17:04:52
お団子が入る所は多いみたいですよ。

実家のいもたきには入ってて、子供の頃は具の中で一番好きだったけれど

作る側になってみると、

汁はにごるし、団子でお腹がふくれるのもしゃくなので入れなくなりました。



これからますます里芋が美味しくなる季節。

具だくさんで温かいいもたきは、秋には欠かせない一品ですね。
Unknown (かきたまさんへ、)
2006-09-12 17:09:32
小太郎も実は甘え下手なのです。

これが長女の気質かな?なんてあきらめてますが

今回はあまりに困ってたので、甘えたというよりも頼んだという感じかな。

とにもかくにも、キレイに整った木を見ると

自分自身が美容院でさっぱりしてきたみたいで気分がいいです。



そちらではいも煮ですか。

たく=煮るという言い方はちょっと田舎臭い感じですが

かえってそういうのが気に入ってます。

人参も昔のように個性は強くないけれど、

全体のバランスを変えるには十分なクセはあるような気がします。

一度こちらの味を試して、比べてみてくださいね。
Unknown (kotorisuさんへ、)
2006-09-12 17:13:44
davosさんで来ちゃいましたね。

これじゃ小太郎も覚えられないじゃないですか~。



いもたきは小太郎もオットも好物だったけど

あれこれ試してなんとなく今ひとつのような気がしてたのです。

この新聞記事のおかげで、満足いくものが出来るようになりました。

特別なものは何一つないのだけど、絶妙なバランスがあるのでしょうね。

今年の中秋の名月はいつなんだろう。



夏場は暑いし蚊は多いので、伸びる勢いに圧倒的に負けてしまいますよね。

これからは暑さが言い訳にならないので

マメに手入れをしなきゃ!!

Unknown (らぶママさんへ、)
2006-09-12 17:18:32
わが家のいもたきには生のしいたけを使うのだけど

香りの強い干ししいたけじゃないから、汁もそんなにクセなく美味しいですよ。

あとは盛り付けで除けてあげるとか・・・

でも嫌いな人は、ホントにダメだからね~。

ダンナさまのを盛り付けてからしいたけを入れて一煮とか?!

お芋の美味しい季節にチャンスがあることを祈ってます♪



オリーブか~。

小太郎が欲しいと思ってる木の一つです。

どうです?育てやすいですか?

どういう場所で育てるのが良いのでしょう。

収穫できますか?

なんだか質問攻めですね!!

Unknown (☆YOUKO☆彡)
2006-09-12 19:06:27
こんにちは。

とーってもおいしそうないも炊き。



本当に日本人に生まれてよかったー!って思います。



是非是非、いっぱい作ってみんなで食べたい一品ですねー。

Unknown (Tomy)
2006-09-13 02:12:30
東北出身の友人たちが開いてくれた「いも煮会」

に参加したことがあります。

やっぱりこういうふうに大きなお鍋で里芋や鶏肉を煮て、外で楽しく食べたのを思い出しました~。

これはまた、人参は入れないのですね。

なんかわかるような気もします。

薄口と濃い口を使い分けて、これもポイントの一つかな?



去年のいもたき、めっちゃ楽しそうですね。

赤いウインナーが竹輪に~~!って、とってもかわいくて、あれは懐かしさでつい手が出ちゃいます。

今年もやれるといいですね~。
うちもしました~ (aspara)
2006-09-13 10:26:22
ちょっと涼しくなると、作りたく&食べたくなりますね。 お鍋が本格的ですてき!

毎回じゃないけど、白玉粉があったのでお団子も入れました。

出合のいもたきは、生卵からめた豚肉(だと思う。暗いからよく見えない)やタコも入ってます。 肝心のいもが洗いいもでイマイチなんだけど~

大洲の夏いもは、まじおいしいらしいですよ!

Unknown (YOUKOさんへ、)
2006-09-13 16:43:43
YOUKOさん、はじめまして♪

ようこそいらっしゃいました。

四季それぞれに食べたいモノも変化するけれど

松山の秋で私が一番に思い浮かべるのがいもたきです。

大鍋で豪快に作ると、食べるのも減っていくのも楽しみです。
Unknown (Tomyさんへ、)
2006-09-13 16:47:55
大きな鍋で作る料理って、その豪快さがまた美味しさを増す材料になる感じ。

今年もどーんと大鍋で作る機会があると嬉しいな。

わが家は6年前の秋に新築披露会をしたのですが

温かい料理としてどーんといもたきを用意しました。

20数名分の料理を用意しておくと冷めたものが多くなる中で

とっても喜ばれたのを思い出します。



あの、赤いウインナーがいいでしょ♪

最近ではあの体にわるそーな人工的な色を敬遠するけれど

あえてそれを使ってるのが郷愁を誘って人気ありました。

Unknown (asparaさんへ、)
2006-09-13 16:50:53
やっぱり秋はいもたきですね~。

大洲のいもたき、本物の味を体験してみたいなあ。

味付けや材料のシンプルさもさることながら、

やっぱり大洲の里芋のよさが大きいでしょうね。

太陽市でも手に入るかな?



本格的な鍋などとお褒めにあずかって光栄ですが・・・

ディックで買いました。

だからとっても安価だったのですよ。

本体は重い鉄製で木の蓋なのだけど、持ち手だけは熱を伝えない素材のようで

良く出来た鍋です。
Unknown (もぐぱく)
2006-09-19 13:04:09
小太郎さん、ちょっとオヒサです~。



いもたき、メッチャおいしそうで身を乗り出して

ぽーっとしちゃった(笑)

週末に行ったアジアン雑貨屋さんで、このお鍋とすご~く

似たものを見て、買おうか悩んだのよ~(笑)

やっぱり買えばよかった・・・

今の時期、お芋がおいしいのよね~。

私も きぬかつぎ のリベンジをしたので、近いうちに

UPしたいと思ってまーす!

Unknown (もぐぱくさんへ、)
2006-09-20 09:46:44
いい雰囲気出してる鍋だけど、とっても安く買ったのよ~。

おでんやいもたきの時には重宝してます。

まさにこれからの季節のお役立ち鍋だね!!

この手の鍋は、お庭ご飯にも良いよ~。どう?



地元産の里芋はまだまだこれからなのだけど

湿った土の着いた芋を見るとついつい手が出ます。

きぬかつぎは一番いもらしい味を楽しめる料理だよね。

ちょっと土の香りがするのも大好き。

記事になったら見にいくね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
芋煮 (かきたまの美味しいおいしい)
大好きなブログ、小太郎のまんぷく日記で「いもたき」と紹介されていました。「芋煮」は関東名? 材料   さといも   油揚げ   椎茸   こんにゃく   鶏モモ肉