信州諏訪発気まぐれ親父のブログ

信州から日々の情報・映画・草花・軽登山等‥気まぐれに情報発信していきます

秋・田園寸景

2018-09-26 07:30:30 | 日記

 いつも通りの通勤路 いつの間にか稲刈りも大分進んでいるようです・・ 日に日に増える稲刈り後の田んぼ

 はぜ掛け米は自宅用か?

古い農機具は今は使われない 

時間と仕事だけに追われる最近の日々・・・ 余裕が無くなってきている自分がいます まっ…もっと大変な方も多いだろうし

 

コスモス揺れる秋の田園風家 通勤時の一服の安らぎを感じて・・・・ さて。。。今日も一日頑張るか~~~ 

 

コメント (1)

中秋の名月

2018-09-25 07:30:30 | 日記

仕事が終わり帰路に着く頃には「中秋の名月」も大分、高い位置にあり此れは・・・ススキとのコラボは難しいか?

 

と、思いながら帰路に着いていると思いだした「あの場所なら斜面にススキがあるし狙えるんじゃないか?」 当りでした!!

 

しかしながら、バイクには三脚を載せておらず手持ち撮影。 感度を上げているので画質が荒いのが気になるが。。。

 中秋の名月今年は「片見の月」とならない様(天気次第だが)10月21日の「13夜」11月10日の「十日夜」の月も愛でたいものです

コメント (2)

岡谷市 大衆中華「龍宝」

2018-09-24 07:40:55 | 日記

次の予定まで丁度時間が空いたのでお昼を頂いてからにしようと思い、さてと向かった先の和食屋さんが定休日

        

では、と岡谷の駅前まで向かう・・・ここもか・・・ならば、以前より気にはなって居たがはいっていないお店にしようと

 昔ながらの中華屋さん「味の龍宝」

ガラスケース越しの食品サンプルが如何にも古くからのお店感があって良いですね~ 食品サンプルはちゃんとお掃除しているらしく綺麗

店内に入ると時間もお昼時と在ってほぼ満席!!なので店内写真は遠慮しました。 地元の方が多いようですね~

   更に私のテーブルにも(相席良いですかね~)と、勿論断る訳も無く、あ~人気のお店なんだな・・・と思い注文 お昼限定のセット

ミニカツ丼  少し濃い目の味

と、ラーメンのセット

本当に「中華そば」と言う感じのスッキリやさしい味のアッサリしたラーメンです。少し濃い目のカツ丼との相性は良いですね

               地元の常連さんが多いお店なのでしょうね。お値段的にもボリュウーム的にも丁度良いお店でした 

コメント

MEGザ・モンスター

2018-09-23 07:30:30 | 映画

地球で最も深い海とされるマリアナ海溝以上の深海が発見され、探査チームが最新の潜水艇で調査に乗りだす。

チームは世紀の発見に沸き立つが、突如巨大な何かの襲撃を受け、動けなくなってしまう。深海レスキューダイバーの

ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)が助けに向かうと、200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ、

メガロドンが出現する。

夏も終わったこの時期にサメ映画?と思ったりしたんですが、意外とサメ映画って観ると面白いんですよね

最近だと、2年前に観たブレイブ・ライブリーの「ロスト・バケーション」以来だろうか。

さて、本題ですが、あのマリアナ海溝の底にはさらにその下に新世界があると言う設定です。一寸、興味深々

あの世界一の海底研究所のSF感もワクワクですよ。研究所のSF感がすごいからか、深海ってまるで宇宙ですね

外は死という世界の中で、外部から死にいざなうのが“メガロドン”な訳ですが、深海という場所に限っては

“メガロドン”じゃなくてもいいかな?とも・・・・だって、フェイクのあのダイオウイカでも窮地は有りでは?

そして戦いの舞台は、海上、そして海水浴場と移っていく。もうここまでサメがでかいと、よくあるサメ映画の

パターンが使えないかな?人の足が喰われるとかじゃなくて、人間も丸のみだし、いや数人、小型船も丸のみです

なので襲い方が大味。良く言えばスケールがでかいだけどね。まさに怪獣と戦っているような構図だです。

そういう点で大味に面白かった。ですが、もう少しスモールダウンしたリアルな恐怖ってのが鮫映画の様な・・・

しかしヒロインは美人だし、子役も達者なんだけどさ。一方で、ツッコミどころも多いのが難

何で大事な娘をわざわざ危険にさらす?絶対にそんな所に居たらダメだろう?完全な“死亡フラグ”なんかも多い。

ベタなフリばかりでニヤリとしてまうわ。そんなとこも割りきりで楽しみどころの一つかも知れません

メグが死に普通の鮫たちに捕食されている祭、メグの口の中から出て来た鮫は・・・もしかして? 次回作ありき?    ☆☆★

コメント

ザ・プレデター

2018-09-22 07:38:15 | 映画

家に届いた箱の中に入っていたもので遊んでいた少年は、謎めいた装置を起動させてしまう。装置からシグナルが発信され

さまざまな惑星で生物をハンティングしてきた地球外生命体プレデターがやって来る。地球に到着し狩りを始めて人々を震え

上がらせるプレデターに傭兵(ようへい)たちが対抗しようとするが、人知を超越した格闘や殺害のスキル、異種交配を経て

きたことで遺伝子レベルであらゆる能力がパワーアップした彼らに苦戦を強いられる

シリーズになって来ていますが正直、面白さでいうとこの作品単体だと微妙かもしれないですね

今回の新作は過去全ての作品がちょっとずつリンクして居たと思われます。とは言え、映画の伏線になる様なからめ方はして

いないので、知らなくてもそれなりに楽しめると思います。プレデターとのコンタクトを重ねている分最初の作品の様な得体

の知れない不気味さはなくなりましたが(それはそれで少し残念)、それはシリーズ物のさがとして受け入れるしか無いのか?

映画の最後に続編を匂わせる演出がありましたが、プレデターvs人間と言うくくりより、AVP3として繋げた方が面白いのでは

無いのでしょうか・・・パワードスーツのくだりから私的には続編は侵略してくるプレデターと人間の戦争とか起こりそうとか

想像ができたので、そうゆう続編の前フリだとすれば悪くないと思います。

             深く考えずに楽しめるアクションが見たい方にはおススメです。  ☆☆☆

コメント

森の中のオブジェ

2018-09-21 07:30:30 | 日記

何という事でしょう!!何時もの通り山に出かけ、写真を撮ろうと思うと・・・「ん?シャッターが切れない?」

 「あ~このマクロこのボディに使えないじゃん!!」そうなんです、久しぶりにボデイの軽いD-3100をと

引っ張り出して来たのですが・・・旧NikonのAIニッコールは使えなかった・・・更に悪い事にレンズを変えてみると

「ん?あ~~~SDカード未挿入!!?」 この前、娘が来た際、抜いて貸してあげたのを忘れていた・・・駄目だこりゃ!!

  「夏の思い出」

家まで戻ろうかとも思ったのですが諦め暫く山中を歩いて居ると気が付いた・・・スマホで良いじゃん!! 試してみるか

  「森の中の家」   

と言う訳で今回はスマホカメラの「画」で・・・こういう時は便利だなと。 不携帯の多い私が最近は持っています

 「森の番人」 携帯で万歩計?歩いてお得のアプリ

を始めてからちゃんと持ち歩いています・・・唯一行っているアプリかも? 

  「未知へのhoraana」

 「紅一点」         

しかし、カメラ機能を使いきれていない気がする・・別にそれが為に使って居る訳では無いのだもう少しちゃんとつかえたらな~

   「ホワイトハウス」

やっぱり、最後は茸ネタか? 半日山を歩いて居たのだがこの冬心配していた通り山の恵みは少ないです。

 時折、新聞には所々で出ている様な記事を見るが・・・私の「代」だけ?こお℃んなに茸が無いのは?例年最盛期の訳なのだが・・・

以前ほど頻繁には山に行っている時間も無いので行けるのは希少なのですが、これ程無いと少々ガッカリです(手ぶらでは帰って居ません)

コメント (2)

松本市 蕎麦の名店『弁天 本店』

2018-09-20 07:30:30 | 美味しいもの

松本散策に行った際、お蕎麦が食べたいと言うので・・・さて?どちらにしようか迷った末に、気取らない店が良いなと思い

 

縄手通りと緑町に面したこちらのお店に決めました。。20年ぶりかな? 『弁天 本店』昔からの名店です。

 明治10年創業と言いますから昔からの格式あるお店・・かと思いきや今は老夫婦と多分息子さん夫妻で経営されていると思います

     

時代を写すかのような昔ながらのショーケース   入り口の半すりガラスには庭の紅葉が日よけになり店内に木漏れ日を作ります

 片隅の彩り

テーブルにはやはり長野県 七味唐辛子

 

注文するのは迷う事無かれ「ざる蕎麦」変わらないな~ 蕎麦の風味は良いのですが腰の強い蕎麦を期待すると・・・

  そば汁は相変わらず少し濃い目のかと言って塩辛い訳では無く少し甘めの鰹の利いた汁。 蕎麦湯との相性が良いんだな~

    松本に居た頃を思い出す味でした・・・少しひいき目に思っていたのか?私の口が変わったのか・・・美味しかったです。

コメント

松本 プリン専門店『春夏秋冬(はるなつあきふゆ)』

2018-09-19 07:37:35 | 美味しいもの

松本市中町を歩いて居ると・・・ん!? プリンde カキ氷?!? これは気になるでしょ!! 横で女房は「あ~あ・・・」

 

お店前のプリンの形の看板

には「プリン専門店」の文字入口の扉は大きなスプーンの形で、扉の窓も大きなスプーンの形にくり抜かれた形

   

店内にはイートイン席がありました。迷わず店内で戴くことにする。が何にする? ショーケース内にはプリンが並んでおり

珍しいものでは、凍ったまま食べる焼きプリン・他にプリンソフト・飲むプリンもある・・・が!迷わず「プリンdeカキ氷」

   

女房と娘は違うものをチョイス クリームも滑らかでコーヒーのビターさも感じるがくちどけと共に感じるプリン・・・中々ですね

 プリンを薄く削った様な

プリンdeカキ氷 ふ~ん・・・なる程ね。。。。 プリンを凍らせ削り出しているんだね・・・一口頂いてみるとん~ん~~

かき氷では味わえない深い卵のコク、キャラメリセした餡が良いアクセントに、ほろ苦さも美味い

タレビンに入ったカラメルは好みで掛けられる様になって居たが・・・カキ氷に刺してあったので少々手が汚れるのが気になったが

    季節の食材を使った季節のプリンなどもありいつ来ても楽しめそうなお店でした。

              一寸したお土産にも喜ばれそうな物も多数あり又、来松した際には寄って見たい店舗の一つになりそうです

コメント (2)

大地の芸術祭 津南町

2018-09-18 07:57:01 | 新潟

最後は長野県との県境に位置する街、津南町を・・・と思いますが、時間的に余裕がなくなり一軒だけです。 済みません。。。

 

津南町と松之山の境にあたる場所にこの春も気になった構造物があります。これがその構造物なのですが、春には気になりながらも素通り

していました。 丁度、駐車場となって居ましたので確認しがてら見て見ると平成23年3月12日の長野県北部地震に因って土石流災害

を受けた「トヤ沢」に砂防ダムを造ったのだそうです。 少し変わった工法で トヤ沢砂防えん堤は正面から見て左から、重力式

コンクリートえん堤・鋼製セル式えん堤・INSEMダブルウォールの3種類の構造で出来ているそうです 正面の看板より で、モニュメントは

  

                                       渡辺 行久 サイフォン導入のモニュメント

集落の地下280mにわたって埋没されている水力発電用の暗渠のなかを流れる水の動きと音を可視化したそうです

地下に埋まっている発電所用の暗渠(地下に設けられた水路)の水の動きと音を可視化したもの。赤と白に色分けされた巨大なヘビの

 ようなパイプが地上をうねって居ます。 大地の芸術祭は既に終わってしまいましたが、作品数点は芸術遺産?として大地に残って

いるようです。津南町でも10作品位は公開されている様なので時間のある時かはたまたその方面に出かけた際には寄りたいと思います

コメント

大地の芸術祭 松之山エリア

2018-09-17 07:55:52 | 新潟

松之山エリアへと向かいます・・・、諏訪へと向かう通り道のみの鑑賞となってしまいます

     

     

廃墟を活かした作品です                      家の記憶 塩田 千春 

 

 一軒の家の中を蜘蛛の巣が張ったように糸が張り巡らされこの家の

これまで起こった人ではなく家自体の記憶がはりめぐらされているような面白い空間でした 次に向かったのもこの家の記憶なのか??

 

 

  

 

黎の家 手塚 貴晴     改装された民家の内部は寝室風呂便所に至るまですべて墨で塗り込められている。いろりの間には1000点

を超える調理道具が凝結したまま浮遊しています 2009年の作品らしく当時は此処で食事が出来たそうです 松之山エリア最後は

 入った瞬間は何も見えません

目が慣れるまで大分時間を要しました  最後の教室 クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン

一枚の写真では解らないのですが暗闇に閉ざされた向こうからは大型の換気扇の外からライトが照らされ換気扇の羽が回るたび

光が遮られ まるで映画「マトリックス」の様で面白いね!!と・・ この作品も2006年の物です

 

影の劇場 ~愉快なゆうれい達~ この作品は今年度新たに加わった作品です

暗闇に浮かび上がる教室の壁面に映るのは、骸骨やコウモリ、天使など、生と死の狭間をゆく生き物たちの影だ。幻想的でユーモラス

であり、子どもの遊びのように見えるが、光と影と戯れながら踊る生き物は、全ての生き物に普遍的に訪れる死を・・・・

         この「越後妻有 大地の芸術祭の里」も実は今日 9月17日が今年度の最終日となって居ます(間に合った~)

コメント