信州諏訪発気まぐれ親父のブログ

信州から日々の情報・映画・草花・軽登山等‥気まぐれに情報発信していきます

安曇野 EX酒造「酔園」さんに寄る

2019-06-17 17:57:58 | 酒蔵探訪

以前より安曇野に行った際に寄って見たいな~と、思いながらついつい遠のいていた酒蔵があります

  

蔵元に行って思わず「えっ・・・・間違いないよね」と思ってしまいました。。。何と近代的な建物の酒蔵だ・・・間違いないよね

  

  

前もって連絡をして置けば見学・テイスティングも出来るのですが・・・今回は無よ!! と、取り敢えず酒蔵?内の店舗でお買い物

 ん~良い感じの「酒器」だね

と、此処でEX酒造さんの前身は「酔園酒造」さんで私も松本に長い事暮らしていたので良く知っているのですが、ずいぶん前に倒産

されたと伺っており・・・実は数年前にエクセルヒューマンさんが「EX酒造」として再開して居る事を知りました・・・

酔園の名前は残っており新酒鑑評会などでも毎年、受賞されているお酒を造るなど酔園を知る者には嬉しい事実でした なので今回も

蔵に来なければ求められない「ふかん」無濾過純米吟醸と純米吟醸原酒「逢醸」吟醸にごり「にごり酒」をチョイス

  そして・・・又もやってしまった「酒器」ついつい気になる酒器を見ると手が出てしまう・・又も増えてしまった

              サイドボード内の肥やしが(良い方が他に無いのか?)何時かの為に!! 等と思っています

                                      今宵は新しい酒器で一献楽しみますか・・・  

コメント

池田町 『夢農場』 にハーブを摘みに

2019-06-17 12:30:30 | 中信地方

¥久しぶりの全日休日となり、丁度女房も休みだったのでハーブを摘みに行かないか?(ほゞ私のブログネタ用)と・・・

  

南安曇郡池田町の『夢農場』さんへと向かった。 そろそろラベンダーも摘み頃かな~と 行ったのですが・・・

  

女房も一緒に行った義理の母も「ラベンダーは自宅にあるから」と・・・やはりな!とは思いました。。。 まっ!いいさ! では

 

  こっちだね「カミツレ」

先日のブログから解る通り私自身もどちらかというと今回は「カミツレ」に傾いていたのでOKなんですがね。 更に良い事に

 

ラベンダーはカップ一杯〇〇円なのにカミツレは無料!! (増えて困る事になる位の植物だからね~) では!!と摘み始める二人

  

此れが‥‥中々でして 花だけを摘むのですがいい加減積んでもこれだけ? 一向に袋が一杯にならない・・・・

私は大体が飽きっぽいので 

妻「まだ、取る~」 私「ん~もう撮ったから良いかな~」妻「そっちかい!!」 まっ!良いんじゃない? と引き上げる事に

 ポピーとカミツレ

さてさて・・・摘んできた、カミツレ「ハーブ・ティー」となるか?はたまた「サシェ」となるかは決まっておりません。 悪しからず

池田町「夢農場」さんは 第27回ラベンダー祭りを2019年6月8日~7月15日まで開催して居ます

                   期間中色んなイベントもありそうですよ!! 詳しくは  池田町 夢農場 をクリック

コメント

白樺湖周辺のレンゲツツジが見頃

2019-06-16 12:30:30 | 茅野市

 もうそろそろ良いだろうと

  

霧ヶ峰を目指しバイクを走らせる・・・白樺湖畔まで来ると丁度、見頃を迎えていました。 やっぱりね~そろそろの様な気がしたよ

 

暫く、湖畔の白樺林の中で撮影をし向かうは車山肩と一番の目的地は富士見台 此処からの「富士山冠雪とレンゲツツジ」が撮りたい

 

と、向かった物の、一番の目的地「伊那丸富士見台」は未だ、蕾・・・少し手前で撮ったレンゲツツジと富士山で 6月13日撮影

コメント (2)

大規模水田より梅雨時の富士山『雪化粧』

2019-06-15 12:30:30 | 富士観100景

仕事の中抜けの再、何時も通り「大規模水田」を通ると・・お!久しぶりに富士の姿が見えるな~

 ん?冠雪してる?よね・・・

 

  

が、数日前にwebニュースでこの時期としては珍しい富士山冠雪の記事が出ていたが見えずに居たので思わず「おお~~~~」

大規模水田の道を走り回るも 

明け方と違って何処からどう撮っても少々厄介な電柱と電線・・・・致し方ないのだが。。 消そうと思えば今の写真は消せるのだが

それをあってしまうと偽りの「画」になってしまうので諦めます  が・・・思いつき時間は?大丈夫だな!と・・・別の場所へと 

コメント

南信州 南箕輪に広がるフクロナデシコ

2019-06-14 12:30:30 | 南信地方

梅雨の晴れ間、思い付きで南箕輪村の「フクロナデシコ今年も見逃したな~・・・まだ、まにうかな?」・・・と

  

 中休みにバイクを飛ばす

中央道伊那インター迄は自宅から40分程 インターチェンジを降りればそれ程遠い場所では無いので向かうと・・・終わりかけ

ては居るが、何とかなりそうだ

権兵衛トンネルに通じる南箕輪村南原の国道361号沿いの畑 8年程前から飼料用トウモロコシから転換したそうです。

フクロナデシコの脇ではニゲラの花が丁度見頃を迎えていました ニゲラの花は特徴があり好きな花の一つです 

  

花後のドライフラワーもよく見かけますね  紫菜の花 初めて見ました

フクロナデシコの花畑は役40アールあり5月下旬から6月上旬が見頃だそうです 少し遅かったようですね    6月11日撮影

 

そして・・こんな花も満開でした!! カミツレ(カモミール)の花ですね カミツレか・・・行って見ようかな~~ 後日

コメント

山梨県都留市「桂林寺」さんの古木桜

2019-06-13 12:30:30 | 山梨県

雨に似合う花・・・紫陽花が筆頭に挙げられるが、今回は春「古木桜」でも伺った都留市『桂林寺』さんに・・・

裏庭の池の睡蓮が有名らしい

  

ピンク色が鮮やかな30輪ほどの花が、コイが泳ぐ水面を彩っていました。

 

池の奥は艶やかなもみじが、日本庭園にはもみじが似合いますね~春、伺ったときは桜にだけ目がいき裏庭までは気が付きませんでした

 桂林寺は室町時代の創建と伝え

られ戦国時代に郡内を治めた小山田氏の菩提(ぼだい)寺として知られているそうです。池は本堂裏の庭にあり、睡蓮の花は正午前には

完全に開き、夕方までには 

閉じてしまいます。 蓮との違いですね故に見頃は日中です 又、池の奥にはコウホネの花も数輪咲いていましたよ

  

 

少し昼休みの時間が長く取れたので此処まで足を延ばしてしまいました・・さて、急いで帰らねば!! 更に降って来そうです

コメント

八ケ岳アンブレラスカイ2019

2019-06-12 12:30:30 | 山梨県

 

梅雨の時期と言えば・・・「傘」 天気が宜しくないと気分も滅入る物です!が 今年も行ってくれていました リゾートナーレ

  

リゾナーレ八ヶ岳のピーマン通り150mの石畳の回廊には今年もホテルのコンセプトでもある「ワインリゾート」を意識した

 300本の傘が!!

 

梅雨空でも空を見上げたく 

 

なるようなイベントを開催して居ます 私は残念ながら移動手段が車やバイクの為、雨の日に開催される「雨の日ワイン」は

楽しめませんが・・・・雨の日こそ、湿気の影響でワインの香りが一段と華やぐと言います。ピーマン通りに出るキッチンカー

は一段とその香りフレッシュさを感じられるワインを取りそろえるそうです(運転手が居ればな~~) 

今年から新たに始まった高さ10メートルまで色と共にランダム飾られた傘は今にも空に舞い上がりそうです

   あえて雨の日に伺ってみました・・・・青空に舞い上がる傘も良いかな~と今になって思いますがね   7月7日迄の開催ですよ~

コメント (2)

原村 隠れ家的珈琲店「香芯(かしん)」

2019-06-11 12:30:30 | 日記

仕事の中抜けの際ふと思いつき、たまにはこの道を走って見ようかな~と・・・走って見ると???あれ?

 この場所にこんな珈琲店あったか??と その日は通り過ぎ、改め後日伺おうと思っていたのである日、今日でしょ!と

  

職場からの帰路の道を少しだけ外れ山の中の道に入る・・・・すると「自家焙煎珈琲の店 香芯」がありました。。

 入り口で靴を脱ぐスタイル

早速、店主の方と話をすると

私のご近所さんを古くから御存じの様で地元話で会話が弾みました。 今まで気が付かなかったのですが既にお店を始めて18年だと

いや~ 知らない所ってある物ですね~ 驚きです。 丁度お昼時間だった事もあり、なら出来るとの事でしたので注文

  

この日は少しだけ霧のまいている日で窓の外は・・・ 静かな時間が過ぎてゆきます ほゞナビ便りでは来れないだろうな、と思う

カレーを待つ間に店内に流れる軽音楽 夏の間はテラス席もあるので外での鳥のさえずりを聞きながらの、とくつろぎも良さそうです

  

しばしすると「カレー」が・・・へ~ロールキャベツか・・トマトの酸味?が利いたカレーでした 

    食後は自家焙煎の珈琲を・・・テーブルに置かれる前からフッと香りがしてきました・・・おお~良い香りだな~

          こだわりを持った焙煎をしているのでしょうね・・・ 森の中にひっそりと珈琲の香りと共に佇むカフェ

 

        マスターもどことなくホンワカした優しい感じの方です。 又、帰路の途中で寄らせて頂きたいと思います

コメント (3)

霧の白樺林

2019-06-10 12:30:30 | 日記

昼の仕事を終え、「さ~昼休みに入るか~」と、表に出ると・・・・職場の周りは霧中 「ほ~ほ~」ならば・・・・

 

標高1416mにある我が職場 昼間の霧は中々無いし、丁度、山ツツジも見頃ですし新緑も深緑に変わり始めた所

  

 職場の周りで撮影です

  

今日は流石に蝉の声は聞こえ

は聞こえません。。。数日前より昼の賑やかな事・・ そんな静かな森の中を散策します。 緑に囲まれた素晴らしい場所です

森の中には「ササバギンラン」の花が多く咲いていましたが今回は『霧の林』をメインにしたいので山野草は又、何れ・・・

コメント (4)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

2019-06-09 12:30:30 | 映画

神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め

世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢(渡辺謙)やヴィヴィアン(サリー・ホーキンス)、考古人類学者のアイリーン

(チャン・ツィイー)らが所属する、未確認生物特務機関モナークが動き出す。

以前テレビで番宣?の記者会見を見ていた最、とある記者の質問への返答で 記者『結局、ゴジラは善いヤツ?悪いヤツ?』

 監督『君は人間の道義を神に求めるのかい?』 正にゴジラを神として認識しているからこその姿勢にゴジラファンとして

感謝しかありません!! 思い返してみればゴジラに怪獣王の称号を与え、 英語名にGODを刻んだのもアメリカ人だった。

実は日本人よりも彼等の方がゴジラを崇拝していたのではないかと思いました。

以前の作品で悪者にしていた作品がありましたが・・・どうして?!!と、言う気持ちが抑えられませんでした・・

さて本題の話ですが・・・本当に良かった! 一点を除いては・・・ 

前作のゴジラの襲来で子供を無くした今作の主人公(博士)。その博士が怪獣を研究する組織を去ったあとも、残って研究を

続けた妻(女博士)。しかし、女博士は突如、人間が増えすぎて地球を壊しているといいはじめ、組織を裏切りテロリストの

手を借りて世界中の怪獣たちを復活させてしまう・・・世界各地に最新の巨大な基地を持つ組織「モナーク」一体とこが資金源

となっているかわからないレベルの組織です。その組織が、たかが数人のテロリストに全滅させられるという脆弱さ?

人類が駆逐されそうになり、再び協力し始める女博士、数億以上の人間が死んでいるであろうにも関わらず、組織の軍を使って

たった一人の娘を探しに行く博士・・・・、と、ストーリーが正直、この作品の一番の難点か?

怪獣のシーンは迫力が美しいシーンあってよかったけど、このファミリーの要素が邪魔をして入り込めないのが少し残念です

しかし!!ゴジラを単なるモンスターとしてではなく、人間への愛がある存在として描こうという意思がはっきり感じられ

キングギドラやモスラにもゴジラとはまた違う個性や意思が感じられるように描かれています。

ゴジラは加害者でありながら、人間が作り出した核兵器の被害者でもある・・・これがゴジラ映画の根本にあるので

それゆえにゴジラは名作とされているんだと思います(これを解釈して居ないとゴジラ映画は納得できません)

 作品の中でもチョコチョコと出て来た「髑髏島」

次回作への期待が膨らみます・・・が、次回作ではもう少し「モスラ」をリスペクとして欲しいなと・・・なので ☆☆☆☆

コメント