障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金~CFSとFM 認定事例

2012-07-26 | 社労士の日記
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

今月に入り、慢性疲労症候群(ME/CFS)や線維筋痛症(FM)など従来は障害年金の認定が難しかった傷病に対して、

日本年金機構が具体的な「照会様式」を年金事務所に周知しています。

慢性疲労症候群と線維筋痛症の「診断書の記載例」とも言える「認定事例」を入手しました。

医師へ診断書を依頼する際に、大いに参考になるものです。

しかし、上記傷病は、診断書の記載だけでは、障害年金の認定に即むすびつくとは限りません

上記傷病は、初診日の特定が非常に難しいからです。

当然、初診日の特定いかんによっては、納付要件を問われて不支給となる可能性はあります。

年金事務所を通して日本年金機構に確認したところ、提出した書類を審査する段階で、

初診日を大きく変更する可能性を示唆されました。

可能性は下記の通りです。

1 相当期間前の初診日(例えば、精神科・内科その他診療科へ初めてかかった日)
2 体調不良を顕著に感じ始めて病院へ行った日
3 「上記傷病の疑い」と医師に言われた日

「初診日の特定」には、医師の判断と本人の病歴状況等申立書の記載が重要です。

慢性疲労症候群と線維筋痛症の「認定事例」は、下記ホームページにアップしています。

よしの社労士事務所

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員です。

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金~治療の地域格差 | トップ | 障害年金~年金事務所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事