ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

ラルベロのコレクター ブルーノ爺ちゃん

2020-08-24 00:43:57 | ラルベロ(店)での出来事

このブログで過去2回登場して頂いてる 

ラルベロ のコレクターさん“ ブルーノ爺ちゃん ”

伊達男 ご来店! → ここ  

ベニス:夏の楽しみ → ここ  

 

現在お歳は90歳 スタスタ歩き自転車にも乗り毎日元気に過ごされております

 

リド島にお住いのブルーノ爺ちゃんの日課は

夏場の午前中はリドにある海岸で日光浴

 

海のシーズンが終わると定期的に美味しいものをラルベロに持参してくださり

店内奥のトラットリア “ラルベロ” にて3人で食事をするのを楽しみにされている

 

残念ながら2020年はコロナでまだお越しいただいてないので

ここ数年の様子をアップ

 

コレクターさんだけあって色々Pinoの作品を持っていらっしゃいます

自分好みの作品を選ばれてはこうして額に入れてお家で飾っていただいてます

 

そしてスーパーミレフィオリ→ ここ を使った作品は

特別に18金の枠をオーダーされジュエリーになりました

ラルベロの奥の即席レストランでは毎回こんな感じで

ワイワイとランチを楽しんでいます

 

時にはPinoの助っ人:鉄職人のサンドロ爺ちゃんや → ここ

巨大ボンゴレのシルバーノ爺ちゃん → ここ も一緒

まるでPinoと愉快な仲間達

Pinoも彼らの事が大好きでまた彼らもPinoことが大好きなのです

いいな~こんな関係 過去記事をみるとほぼ10年前まるで昨日の事のようなのにな

月日が経つのは早いですね

 

時には私たちがリド島に行ったりも

リドにはこんな感じの海辺のカフェもあり~

 

まだまだこんな感じ続いて欲しいな~

コロナよ早くいなくなってしまえ~ 

なかなか彼らに会えないじゃない~

 

 

コメント

夏にぴったり!桃バラのヨーグルトケーキ

2020-08-17 00:47:03 | イタリア:食材、レシピ

お盆ですね日本は猛暑が続いているようですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

こんなに暑いときは料理で火なんて使いたいくないですよね

 

今年の夏はコロナでいっぱい時間があるので

今までやりたくてもできなかった事しようといろいろトライしてます

 

先日こんなん作りました~

オーブンなしで見た目も華やかそして意外と簡単につくれた

黄桃バラのヨーグルトケーキ

 

イタリアにはいろんな種類の桃が格安で手にはいります

1kg 約 200円~300円 (大きい桃が4個で約1kg)

これだけ安ければ失敗しても損失少ないので思い切って使えます(笑)

 

日本はフルーツ高いですからね生の桃はそのまま食べたいですよね

大丈夫!缶詰の桃を使ってもできますよ

 

以下レシピです

 

オーブンなし 直径22cm

材料

 

★桃のシロップ漬け  (生の桃がなければ缶詰でもOK)

大きい桃 3個  

水 400cc

白ワイン 50cc (なければ水でもOK) 

砂糖 70-80g

レモン果汁 半分

 

★タルト部分 

市販のビスケットなんでもOK 160g  バター60~70g

カカオ少々

 

★クリーム部分

ヨーグルト 250g

生クリーム 150g

砂糖 40~50g お好みの甘さ

ゼラチン 8g (4枚)

桃ジュース 50~80cc(上記シロップ漬け使うミキサー後)

 

★デコレーション

ゼリー部分

上記シロップ漬けをジューサーにかけて200~250cc

ゼラチン6g(3枚)

砂糖60-80g 味見しながら足すこと

ミントの葉っぱ

 

作り方

① 桃のシロップ漬け

桃を6等分~8等分してシロップが沸騰したら入れ約2~3分煮る

皮付きのままでも皮を取った状態でもどちらでもOK

皮付きの時は大きめに切ってください

 

注意

煮すぎないで固くもなく柔らかすぎることもなく加減をみて

出来上がりのケーキに包丁を入れた時に崩れずに切れる固さがポイントです

缶詰の桃ならこの分は飛ばせるので楽ですね~

 

②タルト部分 

ビスケット刻む→溶かしバター&カカオ混ぜる→型にひいて冷蔵庫で30-40分

 

③クリームの材料をボールに入れてまぜ最後に湯煎したゼラチンを入れる

 白クリームを桃風味にしたいときはシロップと桃をミキサーにかけて加える

 

タルト部分が固まっていたらクリームを流し込む→冷蔵庫で冷やし固める(約2~3時間)

  

④デコレーション

クリームが固まったら桃のシロップ漬けを薄く切り外側から内に向けて並べていく

あらかじめミキサーにかけた分量の桃とシロップに湯煎したゼラチンを混ぜたものを

バラの上に均等に流し込む

 

上記の分量を入れようと思ったらバラの花が隠れてしまったので

実際に使った分量は60~70ccくらい

冷蔵庫に入れてまた2時間

 

簡単なんですけどね固まるのを待つのがめんどうかな?

ほかの事をしながらやるといいかも

 

最後にあればミントの葉っぱ

これめちゃくちゃ合います

見た目もよくなるし口の中に広がるミントの香りがたまりません!

 

さー次は何作ろうかな~

 

似たようなレシピサイトがありました 

https://cookpad.com/recipe/2722094

 

コメント

夏です シーズン到来 これ何でしょう? 

2020-08-10 02:03:39 | イタリア:食材、レシピ

8月に入りベネチア観光客かなり増えてきております

 

毎年この時期は繁忙期で毎日時間に追われていることが多いのですが

今年はコロナでゆっくりのんびり夏を過ごしております

これもまた良し

 

イタリアの夏といえばトマト

手作りトマトソースを作る家庭も多いです

 

我が家も数年前からシーズン中1回は作っていたのですが

今年は時間がいっぱいあるのでこのところ毎週トマトソースづくりに励んでおります

 

先週は我が家でとれたトマトに市場で購入したものを合わせて4kg

 

なんと今週末は安くなってきたトマトを籠買いしてしまいました~

その量なんと10kg お値段も日本円にして1000円ほど

涙がでるほど安くてありがたい

もう少し先ならもっと安く買えるけど待ってられない~

 

さすがに一日では作り切れないので二日に分けて作業開始

 

このトマトソースづくりで重要な調理器具がこちら

“野菜こし器”

 

初めてこれを見た時 

使い方はもちろんの事何に使うものかよくわからなかった私

こんな感じでセッティング (このセッティング自体もよくわからんかった~)

 

足がついていて

 

それをお鍋にきちんと引っかけて

 

グルグルと手でひたすら回すだけ

“ そんな~めんどくさいやーん ”って最初は思っていたけど

使いかけると結構便利なのです

 

4kgのトマトはキッチンのシンク一杯

綺麗にあらって拭いてお鍋に適当な大きさに切って

適当に塩をして混ぜしばらくすると水分がでてきます

そしてにんにく、ニンジン、セロリを細かく切りすべて一緒に

火にかけます

 

トマトの水分だけですべての野菜が柔らかくなるまで灰汁を取りながら煮て

そしてここで登場 “野菜こし器”

少しずつひたすらグルグルまわしてこします

時々残った皮を取り出し

これは畑に投げ入れ肥やしにしちゃいます~

こしたトマトソースはさらに火かけて好みの状態になるまで煮詰めます

最後にオリーブオイルとバジリコ(バジル)の葉っぱを

手で小さくちぎって少し煮て終了

 

熱いうちに消毒した瓶に詰めて

あとは瓶の保存作業これで1年はもちます

 

正直手間暇考えると金額的には買ってもさほど大差ないけど

やっぱり美味しさが違う

味の濃いトマトソースをベースにパスタを作ると本当に美味しい!

 

4kgのトマトソースからジャム便8個分できました~

こんなことを毎週コツコツやっているわけです(笑)

時間ありすぎの2020年コロナの夏

来年はトマトソース作る時間がないこと祈るのみです(笑)

 

さすがに二日続けてつくると疲れました~

来週はトマトソースづくりお休みします

 

コメント